朝鮮総連の毒キノコ狩り…三代目も見放す在日独裁一族

ついに独裁一族に法の網が掛けられた。金正恩に見捨てられた朝鮮総連。本国の後ろ盾がなくなる中、メディアを屈服させた“在日強権”も過去のものになろうとしている。
画像

5月12日早朝、京都府警を中心にした合同捜査員10人は、東京足立区内のマンションに突入した。マツタケの不正輸入に絡む強制捜査。いわゆるガサ入れだ。

間もなく、大勢の報道陣が待ち受ける中、捜査員に連れられて1人の男が出てきた。朝鮮総連のドン許宗萬(ホ・ジョンマン)の次男・許政道(ホ・ジョンド)容疑者50歳である。
▽自宅から連行される許政道5月12日(読売)
画像

最高幹部の親族逮捕は、朝鮮総連の長い暗黒史の中でも初めてだ。これを画期的と言わず、何というか…我が国の“歪んだ戦後”が、また一つ終わった瞬間でもあった。

深く被った帽子に大き目のマスク。不逞鮮人・許政道の素顔を確認することは出来なかった。朝鮮人犯罪者は報道陣に向かって「冤罪だ」などと喚いたが、そうならば堂々と素顔を晒せば良い。姑息だ。
▽外為法違反で逮捕された許政道(産経)
画像

素顔隠しは捜査陣による「政治的な配慮」と見られるが、一部メディアの配慮は異常だった。北朝鮮シンパの東京新聞は「政道=まさみち」と表記し、実名を完全に隠蔽した。

また複数のメディアが許宗萬のアジ演説を垂れ流した。一般の日本人が逮捕された場合、無実を訴える容疑者親族の声が大々的に紹介されることは絶対にない。明らかな人種差別報道だ。
▽次男逮捕で吠える許宗萬5月12日(毎日)
画像

過去の恫喝と贈賄を引きずったままなのか、反日メディアの“総連神聖視”は、少しも変わらない。そして、今回の事件も些末なマツタケの不正輸入事件として葬り去ろうとしている。

【朝銀破綻前に消えた総連隠し資金】

「本当に国ぐるみでやっていたのか」

押収資料を読み込んだベテラン捜査員は、そう驚いた。総連直系商社の過去10年にわたる取引書類。マツタケ関連の文書には、随所に「金正日将軍様の意向」という記述があった。
▽許政道宅の強制捜査5月12日(共同)
画像

ちなみに許宗萬ルートの捜査は昨春にスタート。関係20ヵ所の大規模捜索が行われたが、新聞社は全く報じず、労働新聞の非難で初めて事実が判明した。総連が絡むと途端にメディアは異常をきたすのだ。

参照:週刊文春Web2014年5月31日『日本紙が報じず北朝鮮がスクープ 総連強制捜査の怪』

逮捕された不逞鮮人・許政道は、この総連直系商社「朝鮮特産物販売」の従業員であったが、卸売会社では役員を務めていた。総連議長の息子がヒラ社員であるはずはない。実質的な経営トップである。
▽捜査車両に乗る許政道5月12日(産経)
画像

捜査で浮かび上がってきたのは、マツタケを介した金王朝と総連・許宗萬一族の密接で異常な関係だった。それは輸入販売利権の独占といったレベルで済む取引ではなかった。

我が国の市場で北朝鮮産のマツタケが目立つようになったのは、金丸訪朝の頃だったろうか…異常な高値に目を付けた金一族は、秘密資金を管理する朝鮮労働党39号室にマツタケの取引を預けた。
▽金一族と許一族の独占構図(産経)
画像

日本側で販売利権を獲得したのが、許宗萬一族だった。このマツタケ利権の独占に絡み、今回、金正日と許宗萬が密約を交わしていた疑いが浮上した。捜査の本丸と言える部分だ。

許宗萬は、金正日への巨額融資を行った見返りにマツタケ利権を獲得したと見られている。問題はカネの出元で、朝銀の破綻処理前に駆け込みで平壌に120億円相当が流された可能性が高いという。
▽朝銀西信用組合本店(wiki)
画像

朝銀破綻では我々日本人の血税1兆円以上が投入された。そして、総連本部ビルの売却問題で判る通り、不正融資と判明した627億円がまだ返済されていない。

借りたカネも返さず、学校をタダにしろなどと喚いているのが、朝鮮総連だ。恵んでくれた日本人様に謝意も表さず、在日朝鮮人をタカリ乞食に貶めているのが、許宗萬ら総連幹部である。

【民間団体のショボい抗議声明】

「議長宅への家宅捜索とは前代未聞だ」

総連の幹部構成員は、そう言って絶句した。3月26日、東京杉並区にある許宗萬の自宅に強制捜査のメスが入った。総連トップの私邸が“聖域”だった時代は、とっくに終わりを告げたのだ。

朝鮮総連は設立以来、議長は「大使」と同格であり、その自宅は「大使公邸」に等しく、外交特権が適用されるなどと主張。我が国の警察の捜査権が及ばないと鼻息も荒く訴えてきた。

「徹底的に戦う」
▽強制捜査に激怒する許宗萬3月26日(時事)
画像

この時も許宗萬は、集まった報道陣を前にアジ演説を繰り広げた。そして、捜査が日朝関係に影響を及ぼすと絶叫。北朝鮮シンは一斉に「これで拉致被害者の帰国が遠のく」などと脅しに同調した。

「我々に対する公然とした挑戦だ」

総連議長宅のガサ入れ翌日、我が国のメディアは、北朝鮮が声明を発表したと大きく伝えた。この報道では、平壌政権が公式に反発したように受け取れる。しかし、実態は違った。
▽許宗萬自宅の強制捜査3月26日(共同)
画像

北朝鮮ウォッチャーの重村智計教授によると、声明を発表した「海外同胞支援(援護)委員会」は、いわゆる民間団体なのだという。北朝鮮の公的機関ではないのだ。

北朝鮮からの強い抗議は、政府声明や労働新聞の論評で、民間団体の“声明”は、余りにも弱すぎる。「政府も党も関心なし」と表明したに等しい、と重村教授は指摘する。
▽捜索された総連直系商社5月12日(産経)
画像

慌てたのは朝鮮総連サイドだ。件の「支援委員会」が泡沫団体であることを知っている。平壌に対し、効力のある声明を求めたと見られるが、反応は鈍かった。見捨てられたのだ。

【三代目に無視された許一族】

朝鮮総連のドン許宗萬は昨秋、8年ぶりに北朝鮮に渡った。ストックホルム合意の制裁解除で1人恩恵に預かった格好だ。捏造紙などは、功労者の凱旋かのごとく好意的に報じた。
▽北朝鮮に向け出国する許宗萬'14年9月(朝日)
画像

この演出過剰な出国ショーの少し前、ひっそりと北朝鮮に向かう母子の姿があった。許宗萬の妻と長男・次男。ファミリーは平壌で顔を揃え、金正恩と対面する算段だったのだ。

許宗萬の長男は、総連中央本部の組織局第2副部長として権力中枢に座り、人事を監督する。対して、次男の政道は支部の副委員長に過ぎず、裏で資金運用を担当していた。公安筋は、こう明かす。

「本国や海外を自由に行き来させるため、わざと本部の要職に就けなかったのだろう」
▽京都に移送された許政道5月12日(産経)
画像

自由の往来が出来なくなった父親に代わり、密使役を務めていた模様だ。これまでの捜査では、北工作機関225局トップに宛てた内部報告書も事務所から押収されている。つまり、北のスパイなのだ。

許宗萬一族の訪朝は、そうした活動の成果を三代目に直接報告する初の機会だった。しかし、予期しない事態が平壌で起きた。金正恩は、雁首揃えてやってきた許一族との対面をキャンセルしたのである。
▽帰国した許宗萬'14年10月(ANN)
画像

「金第1書記と会いましたか?」

帰国した際、そんな質問が飛んだが、許宗萬は明言を避けた。結局、滞在を延長しても金正恩との対面は実現しなかったのだ。朝鮮総連に走る衝撃。深刻な動揺が広がった…

更に追い討ちをかけるように、総連の後ろ盾だった姜周一(カン・ジュイル)の急死が伝わる。姜周一は225局で総連を指導してきた人物で、山崎拓や加藤紘一の親友でもあった。
▽万景峰号で船内指導を行ったのが姜周一
画像

しかも、姜周一が死亡したのは、許宗萬の平壌滞在中だった。到着直後の宴会には姿を見せていたものの、1ヵ月足らずの内にガンで死亡したという。何らかのトラブルで処刑された疑いはないのか…

【工作機関の存続は許されない】

金庫番・許政道の逮捕を受け、総連本部は5月13日、緊急会見を開いた。TBSなど報道各局は、この会見を垂れ流したが、そこで興味深い事実が判明した。

居座りが決まった本部ビル内での毎度変わらない会見。バックの壁に掲げられた肖像画は、金正日と金日成の2人だけで、金正恩の顔は見当たらない。
▽総連本部での恫喝会見5月12日(共同)
画像

対面キャンセルでブチ切れた許宗萬が、正恩の肖像画を剥ぎ取り、便所のゴミ箱に叩き捨てた…と想像したのだが、実際は、元からなかった。昨年春の会見を確認した所、やはり二代目までしか居ない。
▽昨年3月に行われた総連会見(時事)
画像

北国内では3年前に正恩の肖像画が配布されたものの、未だ一般化していない。総連の対応も本国に準じたものと見られる。しかし、かつて率先して金正日の肖像を掲げ、忠誠を誓ったのが総連だった。

三代目の襲名で、総連がマンセー路線の先頭に立つとの見方もあった。正恩の実母・高英姫は鶴橋出身の密航2世。実母の極秘情報を握る総連中枢が、正恩に対して優位を保つことも充分可能だ。
▽お蔵入りになった記録映画(RENK提供)
画像

しかし、密航2世が“国母”である事実は、裏目に出た。金正恩は、高英姫の記録映画を封印し、履歴を徹底的に隠す方針に転換。出自を知る朝鮮総連は逆に厄介な存在でしかないだろう。

そして、密航1世と共に歩んだ金日成やバブル期の上納金に驚嘆した金正日とは決定的に違う。金正恩にとって在日朝鮮人は、海外同胞の一種に過ぎない。
▽偶像化に熱心な三代目4月(ロイター)
画像

総連本部ビルの転売に政治的な配慮があったとすれば、それは誤りだ。継続使用が可能になっても、北本国が喜んで譲歩することはない。総連への圧力も温情も、対北カードとして既に効力を失っている。

「違法で非道な逮捕劇」

許宗萬一族への捜査について総連側は、そう激昂してみせた。しかし、最高幹部に警察の手が及ばなかった従来の対応こそが違法だったのだ。タブーは昔日の遺物である。
▽朝鮮総連への抗議活動(file)
画像

不透明な対北取引の全容解明に向け、本部ビルの強制捜査に躊躇する理由はない。続いて、各地に点在する総連支部も軒並み捜索する必要がある。恫喝に屈し、謀略を許す時代は去った。

朝鮮総連の構成員は、日本列島に寄生する毒キノコだ。全国の警察は法に基づき、最後の1本を採り終えるまで徹底的に狩り尽くせ。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参考記事:
□産経新聞5月14日『金正日氏が許議長にマツタケ利権独占密約、朝銀破綻駆け込み「120億円」貸与の見返り』
□産経新聞5月14日『総連「秘密資金=マツタケ利権」カラクリ判明』
□読売新聞5月13日『マツタケ取引文書に記載「金正日将軍様の意向」』
□産経新聞5月12日『拉致再調査中断示唆した非難の裏に「秘められた」“アキレス腱”』
□産経新聞5月13日『朝鮮総連議長次男が主導か 役員務める企業内で不正輸入会社運営…マツタケ仕入れノートも自宅から押収』
□東京新聞5月12日『朝鮮総連議長の次男逮捕 マツタケ不正輸入疑い』
□産経新聞5月13日『「密使役」「金庫番」… 資金運用、送金の重責担う?』

□ZAKZAK3月27日『朝鮮総連議長、家宅捜索 「拉致再調査」圧力に日本「3枚目」のカード』
□産経新聞3月29日『長男は“裏”人事、次男は秘密資金運用…北朝鮮模した許氏一家「支配」、捜査が直撃』
□産経新聞3月26日『北の“集金マシン”許宗萬体制に捜査のメス 拉致再調査に「圧力」』
□産経新聞10月21日『「正恩」に会えず、最大理解者の後ろ盾機関も風前の灯火で「朝鮮総連」危機』
□産経新聞10月31日『総連の後ろ盾…北朝鮮工作機関トップが死亡 日本人拉致に関与 日朝関係に影響も』

この記事へのコメント

町工場の親方
2015年05月16日 21:18

朝鮮総連、マスコミ、与野党の政治家

醜悪、ドス黒い過去の癒着、腐れ縁が明るみに出るか。
今まで考えられなかったような、朝鮮総連のドン許宗萬(ホ・ジョンマン)の次男・許政道(ホ・ジョンド)の自宅の、家宅捜索が行われました。
安倍総理も思い切った行動に出た、と驚きました。

>最高幹部の親族逮捕は、朝鮮総連の長い暗黒史の中でも初めてだ。これを画期的と言わず、何というか…我が国の“歪んだ戦後が、また一つ終わった瞬間でもあった。

さる4月26日、日比谷公会堂における、「北朝鮮による拉致被害者救出、全国大会」、に出席された安倍総理、(訪米の日で飛行機を羽田に待たせて参加)、「強い処置で臨まねばならない」、と決意表明をされました。
会場は、「家族会」、「救う会」、「特定失踪者調査会」、の会員たちの、もうこれ以上待てない、という切羽詰まった空気が感じられました。
小泉訪朝以降、13年近く経ったにも関わらず、何ら進展はなく、家族も老齢化し、被害者のご両親には亡くなった人も何人もおり、政府は本当にやる気があるのか、との思いが会場に集まった人の気持ちでした。

>【朝銀破綻前に消えた総連隠し資金】

朝銀救済について、平成14年、
「朝日新聞を叩き潰す掲示板」 に書いたものの一部をご紹介いたします。

朝銀問題の底なしの闇。

朝銀に対する、国、及び地方自治体の調査並びに、公的資金投入の実態を知り、呆れ返りました。私にこの、あまりの酷さを教えてくれたのは、次の二冊の書物でした。
1.野村旗守 「゛金縛り゛になった金融庁」 雑誌 「諸君」 2000年12月号

2.長谷川慶太郎、佐藤勝巳 共著 「朝鮮統一の戦慄」


町工場の親方
2015年05月16日 21:23
これらの書物を読んで得たものは、担保価値の殆ど無い土地を対象に、個人に百十億円を越す金を貸し付ける、というようなことをした挙句債務超過になった大阪朝銀に対して、検査もせず、したがって違法な逮捕者も出さずに三千億円からの公金が投入されていたという事実でした。
これについては、政権与党、自民党で絶大な権力を持つ、野中広務が、「面倒を見てやれ」 と言った結果だと言われています。国内の他の信金等の破綻に際しては、監督官庁の検査の結果、五千万、一億円程度の不正融資に関連して、何人もの逮捕者が出ています。
このようなことが通れば、もはや我が国は、法も正義もモラルも無い、無法国家と成り果て、誰もが税金を払うのが馬鹿馬鹿しくなり、日本国民同士の信頼、国民の国家に対する信頼が失われ、社会が崩壊してしまいかねません。(それを望んでいる人間、勢力が、この国に少なからずいるのは事実ですが) 幸いにも、「築地」(=朝日新聞) の大好きな国々と異なり、言論の自由のある我が国では、例え少数であるにしろ、このような事実を取り上げる、雑誌(新聞はダメです)と書籍があり、また少数派であるにしろ、「朝銀問題を考える超党派の会」 所属の、西村真悟、上田清司、小池百合子、代議士のような、勇気ある人々がいることが救いと思っていました。

今回2ちゃんねらーのツワモノが、行政訴訟を起こすとのことで、喜ぶと共に、その行動力と勇気に対して、心から敬意を表する次第です。しかし、逆にこのような無法を見て見ぬふりをし、内心公的資金投入に賛成の売国奴議員もいます。それとともに、新聞、TVは、雪印、日ハム等の不正についての報道では、連日大騒ぎするくせに、このような巨額の金が絡む、重大な問題の実体は報道せず隠します。
町工場の親方
2015年05月16日 21:27

『金縛りになつた金融庁』、をご紹介いたします。

「゛金縛り゛になった金融庁」より。

話は十月四日、永田町の衆議院議員会館に自由党の西村真悟議員を訪ねたところから始まる。
朝銀の話をするつもりはなかった.現在調査中のある案件について、偶然、西村氏も関係しているらしいことを知り、情報のおこぼれにでもあずかろうと軽い気持ちで行ったのである。

話の流れで朝銀の話題になった。西村氏は私がこの二年余り朝銀問題にかかわっていることを知っている。

「ところで朝銀のほうはどうなった?」と訊かれ、「はあ、いまはもう役所レベルの話ですから、こっちのほうにはさっぱり情報が降りてきません」と答えた。
「そしたら、金融庁呼んだろか」と、代議士はその場で秘書に電話をかけさせてくれた。
 
(※:呼ばれた方は辛い立場です。国会議員に、「説明に来い」といわれた場合、いくら嫌でも、「お断りします」、「嫌です、行きたくありません」、とは絶対に言えず、行ったところで相手が納得するような、筋のとおった説明は何一つとしてできないのですから。)

以下、「諸君」12月号から、要点と思われるところを書きます。(本来は[諸君」を読むのが一番よいのですが)〕

・・・・朝銀大阪に投入された公的資金は、三千百一億円、この当時国民の関心が低かったこともあって、朝銀大阪から朝銀近畿への事業譲渡は、ほとんど情報開示のないまま速やかに完成した。三千億円を超える税金が投入されたというのに、何の議論も起きないまま、殆ど無風状態での吸収合併だった。









町工場の親方
2015年05月16日 21:33
しかし、今年になって、遅ればせながらこの朝銀大阪の事業譲渡に疑義を呈する声が出始めた。朝銀大阪が法定限度額をはるかに超える違法融資を行って破綻しながら、当時の経営陣が誰一人として、経営責任を問われていないなどの事実が、昨年春、(4月25日)、放送された、「サンデープロジェクト」、などによって指摘されている。
例えば、大阪の高槻駅から徒歩五分ほどの距離に、現在は大型ゲームセンターと駐車場になっている、六百坪の広大な空き地があった。この土地は九七年に競売にかけられ、現在は東大阪市にある会社の持ち物になっている。
所有権が移転するまで、この土地の持ち主は、大阪の朝鮮商工会の幹部を務めたことのあるN氏だった。破綻した朝銀大阪の筆頭大口貸出先である。八七年に所有権を取得してからというもの、N氏はこの土地を担保に莫大な額の融資を引き出している。具体的には次のような融資だ。

1997-1990住銀リースから50億円
1988住友銀行から5億円
1988朝銀大阪から7億円
1990神戸商銀から12億円
1990-1992朝銀大阪から112.5億円

近所の不動産屋に訊いたところ、この土地はバブルのピーク時でも坪五百万円を超えることはなかったという。(※:地価、ゴルフ会員権は現在、バブルピーク時の一割以下になっています)
この土地の登記謄本をめくってみると、八九年十二月に住銀リースが十五億円の融資枠を設定した時点で各金融機関からの融資枠の合計は五十三億五千万円に達しており、その後も融資を続けた、住銀リース、九十年に十二億円の融資枠を設定した神戸商銀は、預金者に対する、背任行為を犯していたことになる。





町工場の親方
2015年05月16日 21:39
しかし、これらの背任などは、その後の朝銀大阪がおこなった乱脈融資に較べれば、物の比でない。
朝銀大阪はすでに担保割れしていたこの土地に、八回にわたり、じつに百十二億五千万円の融資枠を設定しているのだ。
これなどは代表的な例だが、明らかに背任と思われる朝銀大阪の不審融資は他にもいくつも見つかった。

しかし、朝銀大阪からは誰一人として逮捕者が出ていないのだ。同時期に破綻した信用組合では、せいぜい数千万円から一億円の不正融資で続々と経営陣が逮捕されているにも拘わらず、である。

たとえば、九七年には、大阪信用組合で十分な担保をとらないまま、元理事長のファミリー企業に一億円の融資をしたとして、関係者七人が逮捕されている。また東海信用組合では、回収の見込みのない約五千万円の融資をしたとして、前理事長ら三人が逮捕されている。九八年には、三福信用組合で、無担保で七千ご百万円を融資したとして、元幹部ら三人が逮捕されている。

ところが、たった一人の個人に百十二億五千万円もの、無担保同然の融資をした、朝銀大阪では、破綻原因究明のための検査が入ったにも拘わらず、だれ一人として逮捕者が出ていないのだ。---なぜなのか。まったくもって不可解な話と言わざるを得ない。
繰り返し言うが、朝銀大阪の破綻処理にすでに三千億円を超える公的資金、すなわち我々の血税が投入されているのである。


町工場の親方
2015年05月16日 21:47
これに対する回答としてはこれまでなされていたのは、朝銀が民族系金融機関であるということと、自治体に検査能力がない、という二通りの説明だった。
朝鮮総連では、朝銀職員を総連本体や朝鮮学校の職員と同じく総連専従職員と位置付け、組織と祖国に絶対服従を誓わせている。

さらに、最近まで朝銀幹部は他の総連職員と同様、本国で政治学習のための三ヶ月にわたる合宿を義務づけられていた。

金日成と金正日父子に対する忠誠教育を受けるためである。だから、彼らはきわめて口が固いのだ。内部告発がいっさいおこらないのもこのためである。
そして、この鉄壁の守りの朝銀大阪を調べたのは、専門検査官に較べれば素人同然といっていい、大阪府の金融課だったのだ。-----
しかし、2000年4月から法改正になり、朝銀を含むすべての信用組合にたいする検査権限か自治体から金融監督庁、(現金融庁)、に委嘱されることになった。
検査がプロの手にゆだねられたのである。これでようやく不正の追求が始まるだろうと思っていた。
・・・・その後金融庁検査部の係官とやり取りがあった後 ・・・・この瞬間、この半年ここ半年ばかり私の頭の中にあった、もやもやとした霧のようなものが一気に吹っ飛んだ気がした。何のことはない、金融庁は破綻朝銀の検査など、何一つやっていなかったのだ。そして、今後も検査に入る予定はない、という。ようするに、全国朝銀の再編成に投入される公的資金の算定は、遅くとも三月末日までに各自治体が出した検査結果をもとに行われるということだ、(金融庁は今後も検査に入る予定は無いと言っているのだから、そう考えしかないだろう)。





町工場の親方
2015年05月16日 21:52
さらには自治体には検査能力がないことがすでに自明になっているのだから、投入される公的資金の算定は朝銀側が自己申告した数字をほとんどそのまま鵜呑みにしておこなわれる可能性が高い、ということだ。

・・・・つまりこういうことだったのではないか。朝銀、というより、その上部団体である朝鮮総連は、検査のゆるい自治体に権限があるうちに、すべての破綻原因に関する検査を完了させようとした。そして、どういうわけか金融行政の側も、検査が速やかに完了するよう、後押しした、(その理由に関しては、後で触れる)。ところが、先述の、「サンデープロジェクト」、などによって、世論の盛り上がりが予想されたため、この直後の公的資金投入をとりあえず見送った。

そして対外的には、マスコミなどを通じて誤解を招きやすい曖昧な情報を意図的に流布し、「検査権限が金融監督庁移ったため、現在は破綻原因に関する厳正な検査がおこなわれている」、という幻想を抱かせる。少なくとも私はそう解釈していたし、当時、朝銀問題に関心を持って調査していた、自由党、(現保守党)、の小池百合子、民主党の上田清司、(現埼玉県知事)、議員からも、「そのように理解していた」、との確認をとった。


町工場の親方
2015年05月16日 21:58
それはそうだろう。金融庁は、「朝銀に関しては専門の検査チームを派遣して厳正に検査しております」と、鉄面皮にも言い張ることができるのだ。ところが、そのじつ、彼らがやっているのは、「今検査事務年度の目標である信用組合の存続可能性に関する集中検査」、という名目の受け皿機関、(すでに合併している朝銀近畿も含む)、に冠する検査だけで、公的資金投入額の算定の基準となるべき肝心の破綻朝銀の試算査定など、何一つやっていなかったのだ。

だとすれば、これは最初ら、朝銀と金融行政、即ち、朝鮮総連と日本政府のできレースだったということになる。何のことはない、彼らは世論の反発を警戒して、時機をうかがっていただけなのだ。つまりあれだけ批判の多い、「朝銀大阪方式」、の合併計画が、当時の検査スタイルをそのままで、今度は全国いっせいに再現されようとしている、ということなのだ。

したがつて、当初の予想通り、朝銀への公的資金投入額は一兆円前後に達するだろう、ということになる。しかも、誰一人として経営責任が問われぬままに・・・・。

道理で、最初、金融庁職員たちと話がかみ合わなかったはずである。彼らは私の質問を核心部分から逸らそう逸らそうと誘導していたのだ、(最初からそのことに気づかなかった私も相当お目出度いが)、道理で、「検査のプロ」、たる金融監督庁が検査に入ったにもかからず、一人の逮捕者も出ないはずである。

彼らは破綻原因究明の本格的な資金トレースなど、一切やっていなかったのだ。道理で、検査権限が金融監督庁に委譲されるとの情報が入っても、いっこうに朝鮮総連から焦りの声が聞こえてこなかったきずである。彼らは絶対に不正が発覚しないことを知っていたのだ。


町工場の親方
2015年05月16日 22:08
・・・・そしてさらに重要な問題は、朝銀が単なる民族系金融機関ではない、ということだ。我が国に向け弾道ミサイルを発射し横田めぐみさんに代表される多数の日本人を拉致しておきながら、「やっていない」、と言い張る、あの北朝鮮直系の金融機関だということである。
さらに、朝銀のなかにある無数の架空口座が脱税の温床になっていること、朝銀と北朝鮮をつなぐ糸が朝鮮労働党在日秘密党員である、「学習組」、という秘密結社であること、 朝銀から捻出された巨額の不正資金が主に万景峰号によって、北朝鮮に運び込まれているいること、などの事実が総連元幹部の証言によって、次々に判明してきている。日本からの送金がピークに達したとされる、80年代後半から90年代初頭の時期に北朝鮮の核開発が浮上してきたというのは、果たして偶然の一致なのか・・・。

そして公的資金投入のタイミングについてだが、私は、世紀の変わり目である今年十二月から来年一、二月までの時期が有力だと思う。それは北朝鮮との国交回復と微妙にリンクしてくるはずだからだ。北朝鮮との関係修復にとりわけ熱心なことで知られ、「影の総理」、とまで呼ばれたあの大物政治家が、 「二十世紀の問題は二十世紀中に解決する」と公言している以上、北朝鮮との国交回復も目前かもしれない。その際にはやはり一兆円規模という巨額の戦後補償がヒモ付きODAで北朝鮮に流れ、その利権をめぐって政治家たちが鵜の目鷹の目になっているのだ、などという説がまことしやかに流れたこともある。・・・・今考えなければならないのは、現実に発覚した、朝銀破綻処理に関する朝鮮総連と日本政府の、「密約」、をどうするか、ということだ。


町工場の親方
2015年05月16日 22:14
西村真悟氏は、現在衆議院の懲罰委員長という立場にあり、今国会での追求は難しいという。こんどは、昨年七月と今年三月の衆院大蔵委員会で朝銀問題について、熱を込めて追及した、小池百合子議員、上田清司議員 などを訪ねた。(まったくの偶然であるが、じつは上田氏の部屋を訪ねた十月十七日の朝、私の前に先客があった。全国朝銀の統括機関といわれる在日本朝鮮信用組合協会の三人の幹部たちだった。

彼らはこれまでなされてきた朝銀に対する疑惑報道が、いかにいい加減な取材に基づいたデマ報道であるかを滔々と説明して帰ったという。何か虫の知らせでもあったのだろうか)、私は、金融庁が破綻朝銀に関する検査をまったくやってないという事実を両氏に告げた。

その結果、上田氏の提案で、超党派の朝銀問題対策チームをつくる必要があるということになった。呼応したのは先ほどの西村議員や、自民党の平沢勝栄議員らである。彼らは、今国会中、金融庁と金融再生委員会に対し、三月末日までに自治体が提出したはずの十三破綻朝銀に関する検査結果を公表するよう、要求するだろう。さらに、金融庁が破綻朝銀の検査をしなかった理由、事業譲渡の時期などについて問いただすはずである。今度こそ誠意ある回答をいただきたいものだ。

平成十四年九月十六日、(小泉第一回訪朝の前日)東京・日比谷公会堂で行われた、「救う会」主催の、「総理訪朝緊急国民大集会」、において、小池百合子代議士が話した言葉。

「北朝鮮に対する日本の態度は異常である。なぜ<朝鮮民主主義人民共和国>という呼び方をしなければならないのか。ヨルダンもレパノンも、もっと長い正称があるのにもかかわらず、それらについては一向に問題にされず、北朝鮮だけをそのように呼ばないと注意を受けるのか?
町工場の親方
2015年05月16日 22:19
私も司会をなさっている桜井よし子さんも、元キャスター、マスコミ関係者であったが、拉致問題のみならず、私がここ何年も重点的に取り組んできた、朝銀救済問題について、多くの新聞、TV、等マスコミから取材を受け、それに対して、詳しく実状を説明したにもかかわらず、マスコミはその問題について、殆ど報道しない。報道しようともしない。

私が今喋ったことは、絶対に報道されない」、と報道関係の歪んだ自己規制に対して、強い不満をぶつけていました。
この言葉に対して、ほぼ満員の聴衆から、盛大な拍手がなされました。

「歴史にIF」

もし、
たまたま、野村旗守氏が、西村真悟・代議士を議員会館の部屋に訪ねなかったら、(私の予測では、革マルに関することでなかったのかと思います)、

西村代議士が、「金融庁呼んだろか」、と言って電話をかけなかったら、

雑誌、「諸君!」、編集長が野村氏の論文を載せなかったら、

その後の歴史は全く変ったものになったでしょう。


機会が来たら、我々も佳子妃を慰安婦に送る!」
2015年05月17日 02:30
韓国マスゴミ「日本沈没しろ!機会が来たら、我々も佳子妃を慰安婦に送る!」

★コラム 
 チョン・ジェハクが見る世界
 イルカの曰、
 2020年の日本東京オリンピックはない!
 デイリージャーナル(韓国語) 2015/05/15
 http://www.dailyjn.com/news/articleView.html?idxno=26478
天の意志を先に言うことは難しく、
機会が来たら、我々も佳子妃を慰安婦に送る...
2015年05月17日 02:33
天の意志を先に言うことは難しく、
これまで口を閉じて暮らしてきたが、
イルカが日本の運命を言ったということで、
筆者もその天の意志を解いて日本人に伝える。
「日本は滅びる!」
日本が滅ぶべき理由は
数え切れないほど多い。最も根本的な理由から
真因する暴悪なその習性まで、
人類愛的な思想がなく、ただ自分だけあり、
侵略蛮行に対する誤りも反省もない国。
そして、その日本列島の中で血を分けて生きる
極悪非道な人種に対する判断と分析は、
日本と日本人は‘人類の敵’という点であった。
彼らの優れた職人精神と主君のために命を
草芥のように考える武士道精神は
日本だけのための精神であるだけ。
ただ、周辺国と人類に向かっては敵と的だった
だけである。
恩知らずな浅はかな精神と意識で
発展しただけである。
したがって、そのような精神状態の中で
頻繁に見られる現在の日本首相安倍の言動は、
日本精神の低質と悖倫性を表わし、
そのモデルをよく見せていると言えるだろう。
したがって、日本はまもなく
人類の公敵になることが明らかである。
機会が来たら、我々も佳子妃を慰安婦に送る..
2015年05月17日 02:35
筆者は普段
『日本滅亡は天罰である』と言っている。
これまで日本には天罰と理解するしかない
数多くの大地震があり、その大地震は
日本の悖倫(倫理に背くこと)が極に向かうたびに
警告のように発生したという点であった。
今度はイルカが日本の大地震を予告して
いるという。先月10日、日本,茨城県鹿島付近の
海岸にイルカ156頭が集団で死んだ状態で発見
されたのである。
これに対して日本メディアでは大規模な地震の
前兆ではないのかという分析が相次いで出た。
2011年の東日本大地震が発生する6日前に
イルカ50頭が日本東部の海岸で全滅したまま
発見された例があったためである。
機会が来たら、我々も佳子妃を慰安婦に送る...
2015年05月17日 02:36
専門家たちはイルカと鯨が地殻プレートの動きと
関係がある‘地球電磁気場’の動きに最も敏感な
動物なので、地震の‘早期警報’になる可能性が
あると分析する。
実際、2004年12月の南アジア大地震直前に
鯨170頭余りがオーストラリアとニュージーランドの
浜辺に集まったし、2011年2月のニュージーランド,
クライストチャーチ地震の時も2日前にイルカ107頭
が大量死した。
『日本が海底に沈む』という兆しは
富士から出ている。
富士山周辺にとても塩辛い海水が泥土のように
流れ出ているということは、すでに日本列島に
深々と海水が入り込んだという意味である。
そこにイルカが予言した大地震。
間もなく日本は国を構成できない程、
小さいかけらに分裂するだろう。
機会が来たら、我々も佳子妃を慰安婦に送る.
2015年05月17日 02:38
従軍慰安婦という人類史上空前絶後な希代の
悖倫を犯した日本は、この方々を
『売春婦あるいは戦争を経験した女性』と表現する。
ところが、
これが単に首相安倍の口から出たのではなく、
日本人全体の見解と理解するしかないのは、
日本が過去の歴史に対する反省を十分にしたので、
これ以上の謝罪は必要ないと考える日本人が
過半数を越えるという点である。
したがって、天罰は日本人全体にあたると言える。
日本は公開的に鯨を捉えて捕食する人種である。
笑わせるようにも全世界の人が極力反対する
鯨の捕食を彼らは『海洋研究』と主張する。
あたかも『従軍慰安婦』を
『戦争を経験した不幸な女性』と表現する道理と
同じである。
もし機会が来れば、私たちも
日本王室の佳子姫を
慰安婦に送るしかない。
機会が来たら、我々も佳子妃を慰安婦に送る...
2015年05月17日 02:40
テレビで放映されたイルカの集団虐殺場面が
浮び上がる。血で染まった赤い海。
棒と熊手にあたりもがいているイルカ。
日本のある漁村で広がったことであった。
そのイルカが日本大地震を予告している。
しかし、まだ早い。
もっとエネルギーが集まらなければならない。
富士山一帯をひっくり返す9.1の地震でなく、
日本列島を沈没させるマグニチュード10の
地震が必要である。
絶対に日本列島をひっくり返してもらいたい。
笑止にも、日本は
2020年東京オリンピックを準備しているのである。
しかし、その頃、日本はすでに
地球上から消えているだろう。
祖先の神かも知っている人種 に
同情 はない。
機械翻訳)
機会が来たら、我々も佳子妃を慰安婦に送る...
2015年05月17日 02:47
もし機会が来れば、私たちも
日本王室の佳子姫を
慰安婦に送るしかない。
何、バカ言ってんの????
韓国マスゴミのゲスのぷりは
世界でも異常だろう・・・
キ・チ・ガ・イだわ!
このチョン・ジェハクという輩は
再三、こんなゲスな文を挙げて自己満足する。
このレベルで、韓国では”詩人”なのだという。
彼の経歴は
http://forum.chosun.com/bbs.message.view.screen?bbs_id=1010&message_id=1171224
自由論客連合副会長、詩人、


愛信
2015年05月19日 12:26
【愛信情報市場逆リツィート・ランキング】
http://aixin.jp/grtrnk.cgi


嘘も100回言えば本当に成ると信じて、息を吐く様に嘘を吐く支那朝鮮資質に支配された
反日売国テレビ局・マスコミとの情報戦争に大勝利するために、広げよう情報共有の輪

この記事へのトラックバック

  • 韓国国会議員選挙の選挙人登録開始まであと6ヶ月を切る

    Excerpt: 反日ハンター・神功正毅です。韓国国会議員選挙の選挙日程が決定しました。選挙人登録の開始が11月15日から開始されます。民団HP/「在外選挙」政策討論会…参加促進へ制度改善 ... Weblog: 反日ハンター racked: 2015-05-17 01:12
  • 櫻井よしこ VS 福島瑞穂

    Excerpt: 5月13日放送のBS日テレ【深層NEWS】で、「櫻井よしこ vs 福島瑞穂 歴史認識や憲法で激論」と言う番組があった。 Weblog: 風林火山 racked: 2015-05-17 11:22
  • 韓国人が御皇室に暴言犯罪予告

    Excerpt:   「ヘイトスピーチ」とかいうのを取り締まれ!と言っている人に質問。 これはどうですか?   『保守速報』さんの記事、 .. Weblog: 賭人がゆく racked: 2015-05-17 13:16
  • 「佳子(内親王)を慰安婦にしよう! あと、日本は東京五輪までに消滅する」韓国のネット新聞

    Excerpt: 韓国メディアが、秋篠宮佳子様を「慰安婦にしよう」だそうです。書いたのは、韓国公務員文芸賞とやらを受賞した中学教師の編集員。元々は、先ごろ茨城県の海岸で打ち上げられた150頭余りのイルカの意思を伝えると.. Weblog: きらやまと・さらいにこ racked: 2015-05-18 20:36
  • 特亜3国 恐怖のシナリオ 言って委員会

    Excerpt: 2015年5月17日の「そこまで言って委員会NP」は、「恐怖! 中国・韓国・北朝鮮 ;穏な動きを解明SP」というお題であった。 Weblog: 風林火山 racked: 2015-05-18 21:30
  • 韓国をテロ国家・韓国人をテロ容疑者とみなすことに躊躇するな

    Excerpt: 日露戦争後の日韓併合前に、日本の首相伊藤博文が朝鮮人に暗殺されたことを覚えている人は多いと思う。 Weblog: 美しい国への旅立ち racked: 2015-05-19 04:27
  • 従軍慰安婦の虚偽を世界へ発信

    Excerpt: 韓国による歴史捏造により、世界の反日マスコミが日本を非難している「強制連行された従軍慰安婦」の問題に関して、孤軍奮闘している日本人、谷山雄二郎氏の新しい動画を紹介したい。 Weblog: 風林火山 racked: 2015-05-20 22:00