反日狂奔パク政権の死相…臨終を迎えた告げ口外交

対日外交の敗北でパク・クネ政権への批判が噴出した。起死回生を狙って切った前大統領叩きのカードも返り血を浴びる始末…無能認定の大統領が次に繰り出すのは更なる反日強硬策だ。
画像

米国内の温度差を身に沁みて感じたのは、洋公主本人だったに違いない。ワシントンD.C.でもロサンゼルスでも、安倍首相の訪問に先回りする形で悪態をつく洋公主とマイク・ホンダの姿があった。

我が国の反日メディアは、この洋公主をクローズアップして大袈裟に報道したが、米国メディアの扱いは低調だった。ホンダ決議の頃のヒステリックな取り上げ方とは、比べ物にならない。
▽米議会前に現れた宣伝隊4月29日(毎日)
画像

米国内の慰安婦捏造団体は、安倍首相の訪米スケジュールに合わせ、繰り返し抗議パフォーマンスを行った。報道写真では、それなりの規模に見えるが、騒いでいるのはプロの運動家ばかりだった。

急激に冷めた“慰安婦熱”は、数字にもハッキリと反映された。米グレンデール市の抱き込み工作を行った南鮮系組織KAFCは、首相の議会演説に狙いを定め、大規模な宣伝戦を仕掛けた。
▽傍聴席に据えられた洋公主(AP)
画像

それはワシントン・ポスト紙に巨大広告を掲載するというもので、4月初めから募金活動を展開していた。目標は、7万5000ドル。ところが、期日までに集まったのは、3000ドル余り…

実に、目標額の4%しか集められなかったのだ。4月28日付のワシントン・ポスト等には、真珠湾攻撃をコラージュした見当違いの広告が掲載されたが、これは中共系の「反日連合会」によるものだった。
▽中共スポンサーの反日広告
画像

KAFCは宣伝戦が失敗に終わっただけではなく、組織としても岐路に立たされた。慰安婦捏造団体は元から人権運動とは無縁で、集金ビジネスがメーンなのだ。それは朝日植村遺族会も同様である。

さらに米国の慰安婦捏造団体は、影のビックスポンサーからも見放される可能性が一気に高まった。ついに“歴史問題”で、パク政権がブレたのだ。

【無能の烙印捺されたクネ政権】

「我々の外交は歴史問題に埋没せず、別の次元の目標と方向を持って進めている。目標達成のために努力して欲しい」

5月4日、青瓦台の首席秘書官会議でパク・クネは、そう発言した。“歴史問題”について引き続き追及するものの、経済や安全保障などの分野では対日協力関係を推進するという。

画期的な方針転換とは言えない。しかし就任以来、捏造慰安婦問題を包丁代わりに振り回してきたクネ政権が、ブレた瞬間である。急に弱腰になったのだ。
▽南米外遊中のクネ4月16日(聯合)
画像

原因は主に2つある。ひとつは、クネの中南米外遊中に開かれた日支首脳会談。習近平が安倍首相に対して見せた薄ら笑いは、クネの胃や咽に強いダメージを与えた。予想外の微笑だったのだろう。

そして、安倍首相の訪米がダメ押しとなった。南鮮が官民メディア総動員で妨害を試みた議会演説が成功裏に終わったこともよりも、日米両首脳の親密ぶりが、クネの機嫌と体調を悪化させたと推測する。
▽ホワイトハウスの歓迎式典4月28日
画像

具体的には、安倍首相とオバマがリンカーン記念堂を散歩した一件だ。両首脳のランデブーは短い時間だったが、事前のスケジュールにはなく、通訳も挟まない異例のものだった。

2人きりの散策は日本時間の4月28日未明に行われた。前日に帰国したクネは、その頃ベッドで熟睡中。翌朝目覚めたら、バッドニュースが飛び込んできた格好だ。弱りに目に祟り目である。
▽リンカーン記念堂の両首脳4月28日(AFP)
画像

雲隠れするのも無理はない。当初1~2日の安静を命じられたというクネだったが“静養期間”は延びに延び、公務の復帰したのは、ブレブレ発言のあった5月4日。機能不全は実に1週間に及んだ。

身内から愛想を尽かされるのも、当然だった。雲隠れ中、パク政権の忠実な番犬・朝鮮日報が、いきなり手の平を返してきた。4月30日付の社説で唐突に、こう罵った。

「韓国外交が過去2年あまりの無能と無気力から脱却し、国家の生き残りの戦略を掲げ、これを行動に移していくべき時だ」

クネの咽と舌だった朝鮮日報が、政権発足以来の外交を「無能と無気力」と切って捨てたのである。

【無様に終わった告げ口外交】

「政府の対日、対米外交の戦略の不在と失敗を指摘せざるをえない」

噛み付いたのは、番犬だけではなかった。安倍首相の訪米を機に、与党幹部からも外交の不手際を批判する声が公然とあがった。クネ政権は急速に求心力を失いつつある。
▽現地訪問で沈没船遺族が猛反発4月16日
画像

対日外交の敗北は、いよいよ明白になり、誰も隠し通すことが出来なくなったのだ。しかし、尚もクネは嘘を吐いてまで我が身を守ろうとした。4日の会議では自信たっぷりに、こう息巻いたという。

「誠実な謝罪によって近隣諸国と信頼を深めることができる機会を生かすことができなかったことは、米国でも多くの批判を受けている」

捏造慰安婦問題で謝罪しなかったことで安倍首相は米で非難されていると言うのだ。同様に我が国の反日メディアも印象操作の捏造報道を繰り返したが、もちろん現実は違った。
▽議会演説終えた安倍首相4月29日(AP)
画像

「安倍首相の和解に関する建設的なメッセージに感謝している」

米国務省のスポークスマンは5日の定例会見で、そう答えた。クネの「米国で多くの批判」発言について問われた際、やんわりと否定して見せたのだ。

平気で嘘を吐く大統領。そして自らの政権維持や人気取りの為に米国を利用する…今更ながら米外交当局は、慰安婦問題とやらが人権問題とは何ら関係ないユスリ&タカリの材料に過ぎないと気付いただろう。
▽ソウルでの米南首脳会談'15年4月(ロイター)
画像

ちょうど1年前のソウル訪問でまんまと騙されたオバマ大統領に至っては、怒り心頭ではないのか。露骨に遠ざけることはしないにせよ、米でクネが「信頼できるパートナー」として再浮上する余地はない。

就任以来、鳴り物入りで進めてきた「告げ口外交」は、破綻したのだ。

【大統領が持つ2枚のカード】

「国民に心配をかけて申し訳ない。検察の厳正な捜査で疑惑の真偽を明らかにしてほしい」

たったそれだけだ。自らの肝いりで就任させた首相が2ヵ月で辞任したにも関らず、パク・クネは短いメッセージを発表したのみだった。会見で陳謝する意思は毛頭ない。

「不正腐敗の摘発は国家の命運が懸かった課題だ」

辞任した南鮮首相・李完九(イ・ワング)が力説したのは、3月半ばのことだった。その僅か1ヵ月後に、不正腐敗疑惑の渦中の人物となり、表舞台から逃走した。
▽任命状受け取る李完九2月(聯合)
画像

李完九は、2012年末の南鮮大統領選でクネを支援した功績で側近となった。巨額の裏金が選挙資金に回された疑いも指摘される。クネを直撃する爆笑シナリオも噂されるが、過度な期待はしない方が良い。

そもそも李明博の「資源外交」追及で、検察を動かしたのはパク・クネだ。産経新聞の加藤達也前支局長起訴と同じく、これも国策捜査だった。欧米や我が国のような先進国とは常識が異なる。
▽遺体で発見された疑惑の政商4月9日(SBS)
画像

パク・クネが標的にしたのは、南鮮石油公社。盟友の習近平がCNPC(支那天然ガス集団)のトップを狙い撃ちにしたケースと似ている。案外、中共に媚を売るパフォーマンスだったのかも知れない。

違ったのは、捜索直後に不審死を遂げた政商の遺体から、香ばしい「贈賄メモ」が発見されたことだ。そこには、クネの側近3人の名前が記しされていた…
▽遺体から押収された謎のメモ
画像

真相が解明されるとは思えない。国策捜査として始まったのだ。検察の動きは鈍くなるだけだろう。重要なのは、ここでクネが切り札を使ってしまったことである。

南鮮大統領は、自動的に支持率を急上昇させる魔法のカードを2枚もっている。1枚は「反日カード」で、もう1枚が前大統領の「犯罪追及カード」だ。
▽青瓦台を去った李明博
画像

クネは、李明博叩きのカードを切って、見事に失敗した。そして歴代政権と違って、クネ政権は発足時に反日カードを使っている…残る手札は、もうない。

だが、これでクネ政権が態度を翻して我が国に急接近する可能性は0%だ。2枚目のカードを切ってしまったからこそ、後は反日姿勢を強めるしか策がないのだ。

【史上最大の竹島上陸作戦】

「世界遺産登録の基本精神に反する」

南鮮外交部長・尹炳世は5月4日、我が国の「産業革命遺産」について正面切って反対を訴えた。ユネスコの推薦勧告が明らかになった直後に妨害工作を宣言したのである。

ちょうどこの日、ユネスコの事務局長が南鮮を訪れていた。尹炳世は急遽面会を求め、国家として反対する方針を直接申し入れたのだ。捏造史を元に難癖をつける…反日クレーマー外交は何も変わらない。

「歴史問題は断固として対応する」
▽安倍演説に激怒する尹炳世5月1日(聯合)
画像

クネ政権の外交が批判に晒される中でも、反日強硬派・尹炳世に反省は見られない。この男は一方で「経済・文化面での日本との協力」を表明していたのだが、言行が一致しない。

そもそも南鮮が対日外交で“歴史問題”を分離することは不可能だ。安全保障面でも南鮮の捏造史が既にドス黒い影を落としたまま、解決の糸口が見えなくなっている。
▽千年恨発言のクネ’13年3月(NHK)
画像

5月6日付の聯合ニュースは、今月下旬に南鮮軍が島根県・竹島周辺で軍事演習を行うと報じた。しかも、今回は竹島上陸を前提にした大規模な訓練になるという。

報道によると演習には駆逐艦など10隻に加え、最新鋭対潜ヘリやP-3C、そして空軍戦闘機も参加。海軍陸戦部隊を竹島に揚陸させるプランだという。
▽竹島沿岸に侵入した南鮮艦艇'13年10月(ロイター)
画像

クネ政権下では一昨年10月、占領後初めてとなる特殊部隊の竹島奪還演習を実施している。今回はそれに続くものだが、問題は演習が行われる時期だ。

同じ5月下旬に開かれるシャングリラ・ダイアローグで、日南防衛相会談が模索されている。実現すれば4年ぶり、クネ政権では初となる。それに平行して竹島上陸演習を強行する可能性が浮上…
▽“竹島奪還作戦”の演習'13年10月(ロイター)
画像

“武力行使”で我が国を威嚇する中、防衛相会談で北朝鮮問題を話し合うという。国際常識からも、あり得ない。いったい南鮮の敵はどこの国なのか…そこに、クネ政権の本質を見渡すことが出来る。

クネ政権が絶叫する“歴史問題”の背後にあるのは、我が国に対する敵視政策。今や北に代わって、日本が最大の仮想敵国になっているのだ。中共に媚を売るのも、軍事的な後ろ盾が欲しいからである。
▽竹島に上陸した南鮮特殊部隊(ロイター)
画像

そして我が国も、日本海の向こう側に、もうひとつの仮想敵国が出現したことをハッキリ認識し、毅然と対処して行かなければならない。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参考記事:
□産経新聞5月6日『韓国軍、竹島周辺で訓練へ 今月下旬に2日間』
□産経新聞4月30日『首相演説標的の「慰安婦」広告募金、目標を大きく下回る』
□J-CAST4月30日『安倍演説「米国で大好評」で焦る韓国 「日本に押されている」と政府批判』
□日経ビジネス5月7日『朴槿恵外交に噴出する「無能」批判 「日本の孤立化」に失敗、ついに身内も「NO!」』
□日経新聞5月4日『韓国大統領「対日外交、歴史問題と別次元で推進」』
□読売新聞5月8日『米、韓国大統領の「安倍演説」批判に同調せず』
□ZAKZAK4月28日『内政も外交も袋小路に迷い込んだ朴槿恵政権 韓国メディアは総攻撃』
□ZAKZAK5月5日『「外交敗北論」打ち消す朴大統領 対日2トラック戦略を強調』

この記事へのコメント

2015年05月09日 23:15
こんばんは。
南北朝鮮およびシナはわが国にとって害悪でしかありません。

南北朝鮮およびシナは外国ではなく、「害国」と正しく区分しなくてはなりません。
ゴミ屑おはらい
2015年05月10日 08:28
土俵際に追い詰められたクネ大統領が最悪の立場から浮上して逆転する為の一番切り易いカードは前大統領明博の疑惑にたいする大規模な切り込ですかね?
身内でも土壇場に成れば捨て駒にする。
一時的な延命措置でクネ支持層の韓国保守勢力からの反発が強そうで起死回生の一発とは成り難そうだ。

では韓国保守層、左派層両方を満足させて国民からの支持率回復の妙薬とは如何に?

答えはクネ大統領の母親殺しの犯人在日の存在に有るのでは?
恨の文化は伊達では無い。
このカードは強力で立ち位置関係無しに韓国民の絶大な支持を取り付ける事は確実だ。

戦後政権日本国・日本は未だ占領下
2015年05月10日 08:51
 朴大統領は、日米と協力して戦争を終わらせようとしているのではないでしょうか。

 大日本帝国が領土を放棄して日本国となった、というのが一般の認識ですが事実は異なります。
 
  日本国 <日本帝国<大日本帝国
イングランド<イギリス<大英帝国

 日本国憲法99条には天皇憲法遵守義務があり、ために天皇は日本国の定められた国事行為以外のことはできない、つまり、大日本帝国の統治権行使が不可能になりました。
 講和条約を締結したのは大日本帝国の一領域である日本国であり、帝国内他領域への権利を放棄して規定された領域での自治を認められたに過ぎません。
 大日本帝国自体は講和条約未締結、戦争は終わっておらず、全領域は今も占領下にあると言うことです。(停戦状態)
http://nadesiko-action.org/?page_id=5813&cpage=12#comment-12257

(99条のために天皇は講和条約に署名できず、
ために戦争は正式に終わっていない、というのは
高齢者には良く知られた事実。
日本国と大日本帝国の判別如何に関わらず)

 戦争を終わらせるには、帝国政府復活の要があり、そのためには選挙・被選挙権を持つ朝鮮国との連携が不可欠。逆にこれを妨げるために連合国は熾烈な反日工作を朝鮮で繰り広げてきました。独立を守るために戦ったものを、WGIPごときで事実を知る戦前戦中世代が洗脳されるはずもありません。事実を語れば敵国条項に抵触し殺される。汚い戦争は今も続いています。
 
 
戦後政権日本国・日本は未だ占領下
2015年05月10日 08:52
日米はこれを終わらせることを先の歴史的会談で宣言し、だからこそ米国は何一つ糾弾せずに和解した日本に感謝するわけです。(こんな事実を公になれば米国の評価はがた落ち)今後、日韓関係の修復に全力を尽くすはずです。
 法律上は今も敵国なので、希望の同盟「へ」。
正式に同盟国になるのは講和条約締結後になります。

 リンカーン記念館ツアーはまさに和解の象徴。奴隷解放を成し遂げたリンカーン。キング牧師の有名な演説がなされた場所でもあります。自身、黒人白人の和解の象徴であるオバマ大統領が、自ら、かつて人種差別撤廃を求めて戦った日本の首相をそこに案内した。
 WE HAVE A DREAM。
 リンカーンは政府紙幣を発行したために暗殺されたとも言われています。戦争や諸問題は国家間の争いではなく、国際金融によって引き起こされている、との認識は世界各国が共有しているはずで。日米は和解し共に、国際金融と戦う、との決意表明だったはずです。

 韓国と争うのは、敵前で同士討ちをやってるようなものです。日韓が争うように仕向ける工作は今後、熾烈さをますと思います。
コピペすいません
2015年05月10日 12:06
女性だって戦う

日本国民に必要→「他人事からの脱却!」「誰かがやるだろう思考からの脱却!」

コリアンにやりたい放題にさせてはいけない。

【拡散】 朝鮮人の組織票で旭日旗消去事件! 日韓署名戦争勃発!

■他人事でほっといてはいけない!慰安婦ねつ造工作の二の舞!

■朝鮮人の虚偽による反日工作を許せない方はご署名をお願いします!

日本帝国海軍と海上自衛隊の名誉回復にため署名をお願いします!
https://www.change.org/p/wargaming-net-world-of-tanks-let-s-rebirth-the-navy-flag-of-japanese-rising-sun-in-world-of-warships

【WoWS】World of Warships 旭日旗消去事件 ★1 
http://wktk.2ch.net/test/read.cgi/netgame/1431169681/
2015年05月10日 17:49
パククネ政権は、対日カードを使い切っています。最初から、”慰安婦”と”捏造世界史による対日本人屈服要求カード”のみ。韓国が、特にアメリカ合衆国で慰安婦を叫べば叫ぶ程、アメリカ合衆国の”洋公主問題”が表沙汰になります。アメリカ人は、これ以上許しません。捏造世界史などそれこそ犬HKを恫喝して、犬HKスペシャルで、ネット上では最早常識となっている、”統治前と後の朝鮮半島写真館”でも放送すれば、永らく韓国民を騙していた韓国政府は内側から一発で潰せます。が、日本国日本国民としては、潰れても困ると言う微妙な間合いです。

最終的には、”靖国参拝波動砲”も控えていますし。

韓国人共等を、潰さず寄り付かせずの微妙なさじ加減が、ここ暫くの戦術です。

風来坊
2015年05月11日 10:32
そもそも朴槿恵ごときを選んだのが南鮮の間違いだった。
文字通り「雌鶏晨す(ひんけいあしたす)」のオバサンであるに違いない。
もっともアレに代わる指導者を捜せと言われても、あの国には、ねえ~…?

この記事へのトラックバック