壱万円札の中の朝鮮断交…『21世紀の「脱亜論」』

近代日本が誇る知の巨人は、朝鮮が大っ嫌いだった。悠久の歴史の中で実は何度も出現していた「脱亜論」。大陸への愚かな幻想、熱望と失望の無限ループから脱出する時がきた。
画像

誰もいなかった。市民はおろか、1人の衛士もいなかった。ビルマ・ラングーンの中心部にあるアウンサン廟。ダウンタウンの喧騒が幻であるかのように、そこは静寂に包まれていた。

建国の英雄アウンサン将軍ら独立の志士9人が祀られる聖廟。これまで長い間、封鎖状態にあったが、2年前の6月に一般開放された。83年に南鮮の閣僚が北工作員に爆殺された現場としても知られている。
▽アウンサン廟2014年12月
画像

封鎖措置は、爆弾テロ事件が直接の要因ではなかった。民主派がアウンサン廟を集会場所に使用することを避ける目的で、軍事政権が国民を締め出したのだ。それは独立の志士達にとっても不幸な時期だった。

再開の際、政府はこの廟を新たな観光名所にすると説明していたが、まだ外国人旅行者の認知度は低いようだ。しかも、大通りにある正面ゲートは閉められたままで、裏から入る仕様になっていた。
▽廟の背後から回り込む歩道
画像

この中途半端さが、現政権が進める「民主化への不安」を現しているのかも知れない。それでもアウンサン廟が“復活”し、誰でも参詣できるようになったことに満足している。

我が軍がスカウトし、全幅の信頼をおいたアウンサン将軍。彼らインディペンデンス・ヒーローを讃えるビルマ。その存在は、教育課程で受けた捏造自虐史観を覆す決定打となった。

1981年、ビルマ政府は7人の日本人に「アウンサン勲章」を授与した。国家最高の栄誉を贈られたのは、鈴木敬司陸軍大佐ら南機関の中心メンバーだった。
▽アウンサン勲章の授与81年1月4日
画像

参照:H19年10月7日エントリ『南機関とビルマ独立義勇軍…「三十人志士」武人の絆』

村山富市は、歴史学的な定説も根拠もないまま、大東亜戦争に“侵略戦争”のレッテル貼りをし、謝罪した。誰に対して? その独断とビルマが贈った最高勲章は、どうあがいても整合性がつかない。

“植民地支配”…ビルマにも仏印にもマライにも、まして支那・朝鮮にも当てはまらない。多大な損害と苦痛を与えた“アジア諸国”とは一体、いつの時代の、どこの国の指すのものなのか?

【歴史に刻まれた複数の「脱亜論」】

「二十一世紀の現代に蘇った『脱亜論』は、日本が特定アジアという<反日エリア>からできるだけ距離を保ち、独立を目指す台湾を起点にして、フィリピン、インドネシア、ベトナムなどの東南アジア、ミャンマーからバングラディシュ、インドへと向かう南アジア、さらに中東に連なる『開かれたアジア』へと、経済と安全保障の軸足を移行することに他ならない」(6頁)

我が国が置かれた今の状況を的確に踏まえたうえで、未来への道を指し示す新しい脱亜論が登場した。西村幸祐さんが世に送った渾身の新著『21世紀の「脱亜論」-中国・韓国との決別』だ。
画像

私たち日本人であれば、誰でもその名を耳にしたことがあるだろう福澤諭吉の「脱亜論」。西村さんの新著は、130年前に書かれた著名な論文を読み解きながら、現代の「脱亜論」に挑んだものである。

知らなかったことばかりだ…「脱亜論」は明治18年(1885)に『時事新報』に掲載された2200文字に満たない短い社説だった。そして、発表時に世論を沸騰させるものでもなかったという。

「実は、『脱亜論』が有名になったのは第二次大戦後の、しかも一九六○年代になってからで、大東亜戦争後にいわば<一億総懺悔>の一環として否定的に論われるようになったのである」(前掲書37頁)

恐らく、多くの日本人が知っている「脱亜論」は、本来関係のない「脱亜入欧」といったスローガンと共に、ネガティブな文脈で取り上げられたものだろう。

福澤諭吉の「脱亜論」を大東亜戦争の敗北と直結させて論じることの愚かしさを本書は、簡潔に暴き出す。「脱亜論」とは、我が国の長い歴史の中で繰り返し登場した思想だったのである。

「実は福澤の『脱亜論』は、日本にとって四回目の『脱亜論』だった。一回目は聖徳太子が小野妹子を遣隋使に派遣して、隋の皇帝陽帝へ『日出ずる処の天子…』という国書を届けた時である」(前掲書5頁)

2回目は菅原道真の遣唐使廃止。3回目は荻生徂徠による朱子学への反旗と西村さんは説く。重要な指摘だ。つまり、5回目となる「脱亜論」の出現は必然なのである。

実際に、5回目の「脱亜論」は、私たちの目の前にあった…

【名指し批判されたアノ国】

「書店の一角を占めるヘイト本を目にするたびに私が嫌な気分になるのは、そこに不穏な気配を感じるからだろう」(週刊朝日1月16日号)

ほんの半年程の間に、我が国の既存メディアでは“ヘイト本”という滑稽な造語が罷り通るようになった。改めて指摘するまでもなく、レッテル貼りされた書籍の殆どが、中共・南鮮の真実を伝えるものである。

なぜ反日メディアや時代遅れの御用有識者が、定義も曖昧なまま“ヘイト”を濫用するのか…西村さんの新著では明解に説明されている。一刀両断だ。

「ここ数年の韓国、中国に関する書籍が爆発的に売れたのも、学校教育やマスメディアを通して知ったこととは別の真実があると、多くの人が気づき始めたからである。
 決して一部のメディアが囃し立てるように排外主義的な<嫌韓>や<反中>という記号の氾濫ではなく、マスメディアが報じてこなかった韓国や中国を知っていく過程だったのである」(前掲書22頁)


『21世紀の「脱亜論」』は、メディア論ではない。今の大嫌韓時代は、反日メディア等による事実の隠蔽・歪曲が産み落とした側面も強いが、背景にはより大きな歴史的な流れが存在している…

その流れを捕捉したうえで、西村さんは“5回目の脱亜論”を提唱しているように読み取れる。ここで改めて、知っているようで知らない福澤諭吉翁の「脱亜論」の一節を抽出してみよう。

「我日本の国土は亜細亜の東辺にありといえども、其国民の精神は既に亜細亜の固陋を脱して西洋の文明に移りたり。しかるにここに不幸なるは近隣に国あり、一を支那と云い、一を朝鮮と云う」(『脱亜論』)
▽1880年代のソウル南大門大通り
画像

福澤翁の見つめたアジアは、現在の地域とは大きく異なっている。当時のアジアで独立国家と呼べるのは、我が国や清、タイなど一握りで、インドは英国に飲み込まれ、強大なオスマン帝国は瀕死状態だった…

そうした時代背景があるにせよ、福澤翁はハッキリと名指しして批判した。意図的だったのか、捏造自虐史観の論者が隠した2つの国家。「脱亜論」の「亜」とは、支那・朝鮮に他ならなかった。

【130年前からの警告】

「支韓両国は其伝染の天然に背き、無理に之を避けんとして一室に閉居し、空気の流通を絶て窒息するものなればなり」(『脱亜論』)

福澤翁は、近代文明を「麻疹」に例えたうえで、流行防止に躍起になるよりも国民に対し、免疫を与えるのが知識人の努めだと説く。一方、支那・朝鮮は流行を避け、ただ閉じ籠っていると指摘する。

『21世紀の「脱亜論」』には、原文と西村さんの手による現代語訳が併記されている。この訳文が実に分かり易く、途中から現在の中共・朝鮮批判を読んでいるかのような錯覚に陥るほどだ。

本書では、当時の東アジアをめぐる国際情勢や福澤翁が朝鮮に期待し、失望する過程も解説されている。それもまた明治18年、即ち日清戦争が始まる9年前と現在の周辺環境がオーバーラップし、興味深い。
▽日清戦争勝利記念の日比谷凱旋門
画像

巨額の私財を投じ、諺文(朝鮮文字)の復活や開化派を支援したことでも知られる福澤諭吉。かつて熱烈な親韓派だった明治期の智の巨人が導き出した結論とは何か?「脱亜論」の末尾に明記されている。

「我は心に於いて亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり」

痛快だ。この福澤翁の論説を「明治の嫌韓流」と名付けても差し支えないだろう。西村さんは「有名な末尾」と説明するが、吊り目で“ヘイト本”などと連呼する手合いは「脱亜論」に触れたことがあるのか?

しかも、この末尾には、前段に支那・朝鮮との付き合い方についてのアドバイスが記されている。それは現代の我が国の対中・対鮮外交に関する提言と言っても良い。福澤翁は未来人か予言者だったのか…

「支那、朝鮮に対しても隣国だからと特別の配慮をすることなく、まさに西洋人が接するように、国際的な常識と国際法に従って処置すべきである」(前掲書208頁*西村さんの現代語訳)

130年前からの警告だ。外交当局者もメディアも「脱亜論」の箴言を拳々服膺すべきである。

【無限ループからの脱出方法】

「必要なのは、私たち日本人を排斥し攻撃する、ごく一部の国々となるべく離れ、最小限の交際のみにするという行動だけなのである」(前掲書157頁)

今は、5回目となる「脱亜論」の季節だ。我が国の歴史の中で、繰り返し起きていたと認識することが重要に思える。それを反感・反発、ましてやヘイトといった正体不明の言葉では片付けられない。

『21世紀の「脱亜論」』は、現在の日本社会に怒涛のように広がる“反中・嫌韓”について、文明論的なアプローチを試みたものだ。感嘆すると同時に、戦慄せざるを得ない。

「反響を呼ばなかったのは、当然だろう。つまり<脱亜>は、当時の輿論においても、当然に近い考え方だったからだ」(前掲書47頁)

発表当時、福澤翁の「脱亜論」が大きな話題にならなかったのは、さして目新しい論調ではなかった為だという。時代の空気を反映した“穏当なエッセイ”だったのだ。

ところが、明治中期には「興亜論」がメーンストリームに躍り出て、日露戦争後は、大アジア主義がブレイクする。ロシアの南下や清朝の自壊という要因があるにせよ、福澤翁の警告は忘れられてしまった。

繰り返す歴史…脱亜論が過去4回登場したように、支那・朝鮮に近付こうとする気運もリピートするのではないか。これが『21世紀の「脱亜論」』を読んで戦慄した部分である。

何十年先か、何世代先か、再び日本人は、支那大陸に憧れを抱き、接近することあるのではないか? 戦後30年を経て、パンダ・ブームから“中国熱”が再発したケースは、記憶に新しい。

ループする歴史…日本人が脱出する方法はあるのか。その手掛かりが『21世紀の「脱亜論」』には記されていた。「海洋民族としての日本人・海洋国家としての日本」という位置付けだ。
▽「いずも」甲板上の防衛相訓示3月(時事)
画像

DNA解析で判明した日本人と漢族・朝鮮族との大きな違い、稲作の伝播ルートに見られるミステリー、そして沖縄に見出した神道のプロトタイプ。最先端の研究が、大陸への幻想を打ち砕く。

「日本は古来、西側の大陸ではなく南方の海へ大きく開かれた世界観をもっている海洋国家だった」(前掲書66頁)

支那は母の国ではなく、朝鮮は兄の国などではない。そうハッキリと認識した時、繰り返し西側の大陸へ引き寄せられる負のループから抜け出して“解脱”できるのではないか。





最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

祝!4月2日発売
『「21世紀の「脱亜論」ー中国・韓国との訣別』(祥伝社新書)Amazon購入ページ

http://www.amazon.co.jp/dp/4396113986

この記事へのコメント

em
2015年04月02日 20:02
更新ありがとうございます。
我が国において、中韓特に韓国と関わる時、それは国難の時です。
ついに戦後レジュームから脱却する大チャンスが到来していますので私も乗り遅れないよう、このブログを読んで勉強しています。
2015年04月03日 01:27
>em様
こちらこそ、コメントありがとうございます。まだ復帰直後なんで、拙い部分もあるかと。時局の問題についても以前と同じ感じで取り上げるつもりですが、ちょっと浦島的な感覚もあったり…
朝鮮人にコケにされバカにされた日本人
2015年04月04日 20:04
民主党が2007年度参議院議員総選挙で大勝した際のYahoo掲示板での在日韓国人によるものと思われる書き込み資料です。
投稿者:スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)04時32分31秒
 計画通り民主党が参院選で過半数を獲得。いよいよ始まりますね。
自民党独裁弾圧政治の終わりの始まり。我々虐げられてきた在日同胞の権利拡大の始まり。最近はネットのおかげで90年代以前なら使えたネタが通じにくいですが民主党さんにはがんばってもらいましょう。 まず短期的には在日同胞のお年寄りへの年金支給実現が急務です。生活保護だけでは本当に最低限の生活しか補償できないのが現実です。差別と弾圧の苦難の時代を乗り越え、我々三世四世が暮らせる基礎を気づき揚げてきたアボジたちに、豊かな老後生活を提供しなければならないですね。多くの日本人同様に税金をしっかり払ってきたわけだし、これまでの差別の歴史を考えてみたら我々にも年金をもらう資格はあるし日本政府にもその責任があります。在日同胞への年金支給がいちばんの優先です。
 その次は地方参政権獲得へと山を作っていきましょう。各地のコリアンタウンを基点に、組織的に民主党議員を支援していく体制はすでに整っていますが、足りないものがあれば、各支部ごとにまとめて本部に頼んでください。  民主党の中での雰囲気醸成や意見の舵取りなどは、同胞議員の先生たちがきちんと動いてくれる予定ですから心配ありません。また北韓同胞との連携も必要になってきますので、支部長レベルでの会合等調整をお願いします。
朝鮮人にコケにされバカにされた日本人
2015年04月04日 20:06
投稿者:ハナ 投稿日:2007年 7月30日(月)04時44分54秒
スヒョンニム
 本当に素晴らしいことです。こんなにも早く民主党が過半数とれるなんて!
 まだ参議院ですから油断はできません。次の衆議院選挙で民主党が過半数議席を獲得できるかどうかが我々の将来を決める大きな鍵になるでしょう。これからの日本の政権は民主党に任せるべきですよね。
 グローバル化した現在ですから我々在日コリアン以外にも在日外国人は日本に多いし、長く住んでも選挙で投票もできないから生活を良くしたくても声が届かない。
 差別と弾圧の苦難の時代を乗り越え、我々三世四世が暮らせる基礎を気づき揚げてきたアボジたちに、豊かな老後生活を提供しなければならないですね。これは本当にそのとおりですね。
 日本人はのうのうと年金もらって暮らしているのに、同じように長年日本に住み、払いたくもない税金を払っている我々のアボジたちの中には、本当に悲しい生活をしているかたたちも多いです。
 昭和ー平成時代にかけて、日本に貢献してきたではないか。それなのに、日本人ではないというだけで年金ももらえない。同じ年の日本人がちゃんともらっているのに。
 民主党はその点、在日コリアンへの年金支給を明言してくれてるし、私たちにも選挙権がもらえる可能性が高い。これが本当のグローバリズムというものですよね。
朝鮮人にコケにされバカにされた日本人
2015年04月04日 20:07
Re: いよいよ 投稿者:とにる 投稿日:2007年 7月30日(月)07時05分31秒
 まま、感情論は置きましょう。我々の目的が実現したら好きなことを言えるはずですから。今後、年金と参政権獲得のキーとなるだろう民主党各議員への献金準備なども準備は順調です。くれぐれも違法にならないように、日本人の感情を刺激しないように、慎重に進める必要があります。
 最近とくに若い日本人の間での「嫌コリアン感情」は無視できないものがあります。各支部で、韓流コンテンツやウリマル講座などを使って、そこで次回の衆院選で民主党に投票してくれる日本人を増やしていきましょう。今の私たちはまだ直接投票ができませんから帰化した同胞の支援と理解ある良心的な日本人たちの協力が必要です。
朝鮮人にコケにされバカにされた日本人
2015年04月04日 20:09
そうですね 投稿者:スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)07時49分30秒
今までは、我が同胞たちは比較的攻撃的な声闘というやりかたを使ってきましたが今後はそれだけでは難しい状況になりつつあります。これからの日本社会を背負う 日本人の若者世代をどう理解させていくかが大きなポイントです。
 お人好しな日本人の気質をうまく利用していく必要があるのです。今までの「私たち在日はこれほど差別されてきた被害者なのです」という事実を伝えるだけでは日本人の若い世代は一歩引いて疑います。これからは「私たち在日も日本に貢献していきますから手を取り合いましょう」というメッセージが必要でしょうね。
 日本に対して姿勢を低くするのは我々の自尊心が傷つくものですがそれも数年の辛抱です。生活保護支給に関してはもうすでに問題なく支給してもらえる状態を勝ち取っています。同じ条件の日本人がいたら我々のほうが有利なやりかたです。  これは申請の時にどうやればいいかがマニュアルになっていますからまだ知らない人がいる地域は各支部から配布をお願いします。
 年金支給や参政権は自民党政権では無理でしたが民主党政権なら実現できます。日本の政治を我々が動かすことができる時代がこれから来ます。目の前の気になることは少し目をつむって将来の我々の大きな勝利のために進みましょう。とにかくこれから2年は忙しくなります。次の衆議院選挙は2009年の9月。ここでも民主党に過半数を獲得してもらう必要があります。そのためには良識ある日本人をもっとたくさん増やす必要があります。
朝鮮人にコケにされバカにされた日本人
2015年04月04日 20:10
この記念すべき2009年のために戦後我々の同胞たちは日本のマスコミ各社に同胞を送り込み日本人の良心の改革を進めてきました。その結果が今回の選挙でようやく出てきましたね。  数年前から日本帰化も強化していますから、同胞有権者も増えていますし白先生や金先生のように日本国籍を獲得して立候補することもできるようになりました。両方から攻めていきましょう。我々のアボジたちができなかった「革命」が我々の世代で実現しようとしています。民主党にはそのための重要な道具として動いてもらいましょう。
朝鮮人にコケにされバカにされた日本人
2015年04月04日 20:11
投稿者:とにる 投稿日:2007年 7月30日(月)08時20分48秒
 しかし予想していたより早かった気がします。ある意味では自民党に感謝する必要がありますね。自民党の族議員たちが自分の利権を守るのに必死で普通の日本国民が日本の政治に興味を持たないように政治家が自分の腹だけを肥やせるようにし続けてきたからこそ同胞たちの日本マスコミ改革とうまく合って日本の世論を誘導できるようになったのですから。
 今回は民主党の先生がたが頑張って社保庁の年金問題を公開してくれたおかげは大きいですね。日本のオンモンに「漁夫の利」というのがありますね。日本と中国が我が韓半島を奪い合ううちにロシアが横から奪い去ろうというものですが、これからは日本人同士で利権の奪い合いをしている横から我々がそれを奪い去るという構造です。与野党と官僚が利権の奪い合いをしているところから我々が美味しいところをいただける。日本の一般国民も今は年金や不祥事なんかの目の前のことだけしか見てませんしね。マスコミもそういうところをどんどんやりますから都合がいいですよ。笑いが出るくらいです。
 とにかく日本の左派はまだまだ利用できます。とくに日本が嫌いな日本人がいるというのはおもしろいですね。十分使えます。 日本憲法改悪反対派の議員たちをもう一度洗い出しましょう。護憲派の人たちは我々と考えが似ていますから、まだ利用できます。同じような人たちは自民党にもいます。
朝鮮人にコケにされバカにされた日本人
2015年04月04日 20:13
 落選議員に活動資金を献金するといった方法で良心を目覚めさせることも簡単でしょう。民主党にはかつて北韓の辛先生の擁護をしてくれた人たちもいますし。 注意しなければいけないのは民主党内の一部の保守派ですね。民主党は圧勝したといえ党内は一枚岩でないところも多いので。ただし基本的に相手は日本人です。一度信用させれば継続して信用し、その上でこちらのつらい状況を涙ながらに語れば心底同情してくれます。こういった点をうまく使いましょう。
朝鮮人にコケにされバカにされた日本人
2015年04月04日 20:15
ターゲットは? 投稿者:Revolution2009 投稿日:2007年 7月30日(月)10時02分11秒 今後の日本人良心改革のターゲットは予定通り年配層や年寄りと女性ということでいいんですよね?
 最近うちの店でもハングル講座を始めて日本人女性が入ってくるから、韓国文化の紹介に少しずつ日本の戦争中の蛮行やこれまでの政治家の妄言などをまぜて紹介しながら私たちが年金や参政権をもらえない理由を教えています。その上でぜひ日本人として民主党を応援してくれるよう言っています。民主党なら日本人にとっても我々にとっても両方に都合いいですよね。ただ、とにるニムの言うとおり、韓国文化に興味のある日本人でもこっちの話しをまじめに聞いてくれるのはやはり年配や年寄りですね。若い女性などに日程の話しをしても、けっこう困った顔されたり今の私たちには関係ないと言われたりすることもありますよ。
 この前年金の話しをして、日本で暮らすわたしたち在日韓国人のおじいさんおばあさんには年金をもらえず苦しい生活をしている人たちも多いですと話しをしたら、日本人だって年金の保険料を払ってなければもらえないよと言われました。そうなんですか?でもそれだって我々の差別の歴史を考えたら日本は払うのが当然!
朝鮮人にコケにされバカにされた日本人
2015年04月04日 20:16
投稿者:Revolution2009 投稿日:2007年 7月30日(月)14時22分19秒
 しかし日本人はおもしろいですよね。謝ることが美しいと思っているんですから。講座の生徒が言ってましたが日本には濡れ衣を着るという思想の文化があるそうです。他人の罪を自分が変わって処罰されるところに喜びを感じるようです。だからすぐ何かあるとスミマセンと言うのかな。この前講座が終わってトッポギとマッコルリを出してあげたらみんなスミマセンと言ってましたよ。なんで謝るんでしょうね?アリガトウではないの?
 民族的マゾヒストなんでしょうかチョッパリは(^^)そんなのだから戦争に負けるんですよね。アベ首相が言ってる美しい国というのは、日本人全員が全韓国人に謝る国のことですよきっとね(^^)マスコミ対策 投稿者:スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)15時49分54秒
 あるかたからマスコミ対策は大丈夫なのかと聞かれましたが大丈夫です。ここ数ヶ月の報道を思い出してください。  自民党の不祥事や失言などは大いに報道されましたが民主党の失言や不祥事はほとんど流れなかったでしょう。ときどき冷や冷やした状態はありましたがテレビ局に新聞雑誌など主要なメディアのほうは本部のほうで抑えてあるようです。  またマスコミ各社に勤めている同胞たちも自民党の不祥事は徹底的に報道して民主党の失言などはやりすごすような体制ができていますから心配ありません。  なにより日本人はテレビと新聞を信用しますからこの辺は大丈夫でしょうね。大手新聞社やテレビ局はすべて抑えてあるとのことです。愚民対策とでも言いましょう。知らないのは一般日本人だけというなんとも可哀想な状況ですね♪       
素浪人
2015年04月05日 22:19
これから起きるであろう第五の脱亜主義・潮流を確実に実現させて、それを未来永劫、大和民族有る限り続けて行きたいですね。

特亜三国がこの地上から消滅してくれたらベストなのは言うまでも有りませんが!
kusuko
2015年04月06日 08:35
ネット上で『脱亜論』現代語訳というと、「isa」こと諫山陽太郎氏(『マンガ・特撮ヒーローの倫理学―モノ語り帝国「日本」の群像』の著者)によるものが有名ですね。

元の"isaの同時代フィールド・ノート"は消えてますが、以下の再録で読めます。

脱亜論試論(isa訳脱亜論他一編、再録)
http://plaza.rakuten.co.jp/isanotiratira/diary/200604190000/

また、諫山氏が大学在学中に朝鮮総連のオルグを受けて、危うく北朝鮮に拉致されそうになった体験談「知・拉致等ダイアリー」も興味深いです。
その時の誘い文句は
「行って、自分の目で見なければ批判なんかできないよ」
だったそうです。
http://plaza.rakuten.co.jp/isanotiratira/diary/?ctgy=8
親日
2015年04月06日 20:52
「翁長知事の娘は、上海市政府に勤務する中国人と結婚していて、上海在住」という情報が官邸にあがっている。このラインで今後、中国が翁長県政を後押ししていくことを、日本政府は最大限に警戒していかねばならない

↑らしい。上海の特派員さん、旦那の(本当の)素性きいといて~うちの警備局にあげるよーん。
あ~あ~
2015年05月13日 08:09
自分も10代の頃は諭吉さんと同じようにアジアの発展の為と思ってたんですけど、結局同じ考えに到着。脱亜論。学校で聞いた事ある程度でした。ちゃんと読んでおくべきだったと後悔。知識は宝。

この記事へのトラックバック

  • 韓国の朴大統領 李氏朝鮮時代の「閔妃」と同じではないか

    Excerpt: 私は、韓国朴政権が追い込まれた、ダブル土下座外交に、李氏朝鮮時代の閔妃を見る。 日本は、李氏朝鮮時代の閔妃がロシア側についたせいで、日清・日露戦争に追い込まれたのだ。 Weblog: 美しい国への旅立ち racked: 2015-04-02 19:50
  • 特別永住者の通名廃止まであと3ヶ月

    Excerpt: 反日ハンター・神功正毅です。今日で特別永住者の持つ「外国人登録書」の通名欄のない「特別永住者証明書」への切り替え期限まであと3ヶ月となります。News U.S. 中国・韓国・在日朝 ... Weblog: 反日ハンター racked: 2015-04-08 00:00