河野談話が産む大嫌韓時代…検証結果に南鮮が恫喝予告

国会最終日に提示される河野談話検証の結果報告。漏れ伝わった情報に早くも捏造派は火病寸前だ。反日暴走加速の南鮮と慰安婦のウソを知った日本。過去最大規模の激突が幕を開ける。
画像

「河野談話を毀損した場合、強硬な対応を取る」

南鮮外交通商部は6月15日、緊急談話を発表し、日本側の動きを牽制した。「強硬な対応」が、在京大使の召還レベルで済むのか、それ以上になるのか…今週末にも両国の激突が始まる可能性が高まってきた。

山田宏議員の歴史的質問を受け、4月に始まった政府による河野談話の検証作業。その報告書は6月20日を軸に衆院予算理事会に提出される見通しになった。

「日韓の間で一定のやり取りがあった」
▼山田宏議員の歴史的質疑2月22日
画像

複数の国内メディアによると検証報告書には、そのような表現が盛り込まれているという。これは産経新聞が今年の元日にスクープした「談話合作」を裏付けるものだ。

河野談話発出の直前まで日南両政府は、水面下で調整を続けていた事実が判明。南側は細かい表現に至るまで談話の文言を添削・修正し、最終的に「軍の関与」を認める内容にエスカレートした。
▼慰安婦協議に臨む伊原局長4月16日(共同)
画像

この春に2度開かれた局長級“慰安婦”協議で、外務省側は当時のやり取りの詳細を南側に示したものと見られる。協議のテーブルで具体的な証拠を突き付けたのだ。

パク・クネ政権にとって大打撃となる内容を含んでいたことは確実である。報告書には外交電文の細かい内容まで記載されないと見られるが、クネ政権の動揺は激しい。
▼チンド入りしたパク・クネ4月17日(AP)
画像

「河野談話は基本的に、日本政府の自主的な調査や判断に基づいて発表されたものだ」

南鮮外交部の緊急談話も「最終的な日本側の判断」を強調するに留まり、当時の政府間やり取りは否定していない。そこに南鮮側の脆さが浮かぶ。

【談話添削の実態は暴かれるか】

「談話を毀損する検証結果を発表した場合、旧日本軍の慰安婦問題の歴史的な真実や責任に対する国内の権威ある識者の主張や資料を積極的に示していく」

南鮮外交部は、そう息巻く。かなり興奮している模様だが、検証結果を受けて安倍政権が河野談話を「高く評価」することは有り得ない。パク・クネ政権の火病発症は確定的だ。

南鮮の「権威ある識者」とは誰なのか、積極的に示さなかった資料とは何なのか、実に興味深い。これを機に外交圧力を高めるのであれば、それは河野談話が圧力で生まれた事実を追加証明することになる。
▼南鮮慰安婦研究の権威:左下2004年(朝鮮日報)
画像

「強制性の認定をはじめ細部に至るまで韓国の意向を反映させたものであり、談話の欺瞞性を露呈した」

産経新聞の元日スクープは、両政府による「擦り合わせ」といったレベルを越え、南鮮側が猛圧力を掛けてきた事実を暴き出している。談話原案への修正要求は10ヵ所に及び、日本側はほぼ丸呑みした。

「慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たった」

河野談話の核心である「軍の関与」を認めたセンテンス。原案では「軍の意向」だったが、南鮮側は「軍の指示」に書き換えるよう求め、最終的には「強い要望」を意味する「要請」に落ち着いた。
▼スタッフ募集広告1944年7月(京城日報)
画像

「心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる」

ここにある「反省の気持ち」は、南鮮当局の添削指導で新たに書き加えられたものだった。一方で、日本側が拒否したのは「全ての慰安婦が意に反して集められた」という南鮮の捏造史だった。
▼実際の日本人慰安婦(file)
画像

拒絶するのは当然だ。慰安婦の大半を占める日本女性は内地の公娼から慰安所に勤務先を変えたケースが多かった。しかし、南鮮の交渉担当閣僚は慰安婦の“強制連行”にこだわり、不満を覗かせたという。

「国民に、一部の女性は自発的に慰安婦になったという印象を与えるわけにはいかない」

少なくとも当時の盧泰愚政権は、自国民の間に流行した捏造ストーリーが史実と掛け離れていることを知っていた。だが、現在のパク政権は、20年前よりホラー風味を増した残酷時代劇を鵜呑みにしている。

南鮮は嘘の自家中毒で一歩も引き下がれない状況に陥っているのだ。

【自称軍団総出の“史実狩り”】

「一体どこからそんな話が出てきたのか」

元性奴隷を名乗る南鮮女は6月16日、ソウル地裁前で身体を仰け反らせ、拳を振り上げて吠えに吠えた。どこから出てきたのか…とは、こちらが言いたいセリフだ。
▼怒鳴り声あげる自称慰安婦(JNN)
画像

報道カメラの前で怒鳴り声をあげたのは、鄭福寿(チョン・ボクス)と思われる。演技は迫力満点だが、殆どパーソナル・データが不明で、所属するナヌムの家もHP上で経歴を公表していない。

この日、地裁には自称軍団9人が勢揃いした。最近では滅多に見られない貴重な総出演シーンだ。ナヌムの家側が、いかに気合いを入れているか、よく判る。そこで出演者は、こうコーラスした。

「朴教授の本はウソだ」
▼地裁に集結した自称軍団6月16日(JNN)
画像

嘘吐きが嘘と指摘するものは、真実である。自称軍団は、世宗大学の朴裕河(パク・ユハ)教授が著した『帝国の慰安婦』の出版差し止めを求め、提訴したという。

『帝国の慰安婦』は、朴教授本人の抄訳を読む限り、吉見善明を批判する一方、慰安婦が奴隷的だったと指摘するなど決して親日的な研究書ではない。しかも出版は昨年の8月である。
▼取材受ける朴裕河教授'13年7月(時事)
画像

唐突に猛非難を浴びせ始めた背景は不明だが、南鮮では慰安婦捏造ストーリーに沿わない言説を封じる動きが強まっている。朴教授はその標的になった格好だ。

余談だが、反日発狂コラムとして笑われる毎日新聞の『憂楽帳』は、6月14日に朴教授を紹介し、南鮮の変化に期待を寄せていた。余りにも抜群なバッドタイミングで、疫病神としか思えない。
▼糾弾集会で吠える金福童6月17日(Nis)
画像

一方、2人目の差し替え首相候補に指名された文昌克(ムン・チャングク)が、日本統治や慰安婦問題に関する過去の発言で袋叩きに遭遇にした。中央日報主筆だった文は、2005年のコラムでこう訴えたという。

「1965年の日韓請求権協定で賠償問題は終わった」「過去にしがみついている私たちが恥ずかしい」

総バッシングを受けた次期首相は15日に記者会見を開き、ジャンピング土下座を披露した。相変わらずの謝罪パターンに見えるが、2005年当時は特に問題視されなかったことに注目だ。
▼次期首相の公開謝罪6月15日(聯合)
画像

伝統的に反日色の濃い中央日報でも以前は、主筆が慰安婦問題で正論を述べることも可能だった。しかし、今では絶対に許されない。南鮮社会の反日暴走はそこまで常軌を逸しているのだ。

それは我が国と対照的である。

【安倍首相と国賊の間接論争】

「自分のやったことについて、付け加えることもなければ差し引くこともない。静観する姿勢だ」

政府による再検証チームの設置表明から約4ヵ月、主犯の河野洋平が初めてコメントした。老害左翼誌『世界』で捲し立てた安倍首相への人格攻撃に比べ、驚くほど言葉が少ない。
▼人格攻撃始めた河野洋平5月29日(毎日)
画像

冷静を装っているが、内心はガクブルのはずだ。なぜなら、現段階で既に判定アウト、絶体絶命である。河野洋平は、平成9年の朝日新聞のインタビューで、こうハッキリ語っていた。

「談話の発表は、事前に韓国外務省に通告したかもしれない。その際、趣旨も伝えたかもしれない。しかし、この問題は韓国とすり合わせるような性格のものではありません」

発表直前に通告した可能性はあるものの、作成過程で南鮮側と調整した事実はないと断言しているのである。この朝日新聞とコラボしたウソが、検証結果で暴かれることは確定している。
▼パク・クネ表敬した河野’13年2月(聯合)
画像

報道された「一定のやり取り」という表現が盛り込まれるだけでも河野洋平のデタラメな言い分を突き崩すに充分。談話発表から今に至るまで、国賊・河野は日本国民に嘘を吐き続けているのだ。

「国民に著しく礼を失している」

売国奴は老害誌で、そう安倍首相を中傷した。日本国民に対して礼を欠いているのは自分だ。一方で河野は、シナ国民や朝鮮人には礼を尽くしている。
▼答弁する安倍首相6月9日(産経)
画像

「河野洋平元議長と言えば、今や知らない人は居ない存在だろうと思います」

6月9日の参院決算委で、老害誌の河野発言を代読した労組系議員に対し、安倍首相は異例の河野評を示した。談話を巡って「渦中の人」になっていることを念頭に置いた答弁だ。そして、こう指摘した。

「信念を少し丸めて、その場を取り繕ったとしても、後々大きな禍根を残すこともある。それは政治家として不誠実ではないか」
■当該発言は14分15秒から


河野談話を批判する際の重要キーワードが「大きな禍根」だ。安倍首相が無意識で口にしたとは思えない。この間接的な討論は、検証結果に大きな期待を抱かせるものだった。

【河野談話が産み落とす大嫌韓】

「最終週ではなく、悪くとも6月9日の週に報告して頂きたい」

山田宏議員は5月28日の衆院予算委で、検証報告書を早めに出すよう求めた。内容を精査し、国会で審議する必要がある為だ。しかし、検証報告書の理事会提出は会期末にズレ込んだ。
▼質問する山田議員5月28日
画像

19日夜までに山田議員が報告書を読み込み、翌20日に質疑することが可能なのか。最終日に予算委が開かれるケースは殆どなく、今国会での慰安婦問題に関する集中審議は絶望的である。

それでも「日・南合作」が明らかになった瞬間、南鮮は大騒ぎを始めるだろう。また報告書が玉虫表現に終始した場合は、逆に日本の世論に火が付く。検証結果によらず両国の対立が激化する構図だ。
▼ソウル市内で繰り返される抗議’12年(新華社)
画像

反日メディアは最近の“嫌韓本”ブームを批判的に取り上げるが、それらの殆どが現状を直視しない旧世代の雑な印象論で、聞くに値しない。焦点を意図的にズラし、主な原因を隠して論じている。

第三次嫌韓時代の出発点は、李明博の竹島不法上陸だけではない。ほぼ同時に大不敬発言が飛び出したことが重要だった。ところが、“嫌韓”批判のいずれもが、この重大事件に触れていない。
▼その後、TVメディアは完全隠蔽…’12年8月
画像

続いて日本国民がショックを受けたのは、パク政権が推し進める「ディスカウント・ジャパン」だった。欧米やシナで繰り広げる我が国の地位失墜政策。その核が、捏造慰安婦である。

ベストセラー書籍や売れ筋の雑誌を通じ、幅広い層の日本国民が、慰安婦問題のウソを知るに至った。7年前のホンダ決議の頃とは様相が一変、まして20年以上前の騒動初期とは比べ物にならない。
▼日常的になった書店の風景5月(朝日)
画像

売春婦の物語を「性奴隷20万人大虐殺」に書き換えた南鮮。対して、最初から嘘物語だったと知った日本。両者の溝は深く、もはや妥協点も落し所も見当たらない状態だ。

しつこい謝罪要求が嘘に基づくとを知った多くの日本人は、再び政府が屈服することを許さないだろう。河野談話は、妥協の産物でも和解のサインでもなく、列島と半島の間に敷設した機雷だった。
▼ソウルで講演する河野’13年2月(聯合)
画像

第三次嫌韓時代は、朝鮮勢力のウソに荷担し続ける既存メディア批判の色を濃くしながら今後、拡大・定番化する。20年の歳月を越え、河野談話が産み落とした「終わりなきブーム」の始まりだ。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

関連エントリ:
2月21日『河野洋平に捧ぐ歴史的質疑…“特定慰安婦秘密”の断末魔』

参照:
朴裕河FB2013年7月30日『韓国で慰安婦問題に関する新しい本を出しました。ちょうど先日日本で講演の機会があったとき、この問題をめぐる日本での議論に添って本の内容の一部をまとめたのでアップしておきます』

参考動画:


参考記事:
□ANN6月16日『「日韓で一定のやり取り」河野談話“検証”一部判明』
□産経新聞(共同)6月16日『河野談話「日本が主体となり作成」 韓国外務省、文言確定に関与せずと主張』
□朝鮮日報6月16日『慰安婦:日本政府「河野談話の原案、韓国と協議」』
□日経新聞6月16日『韓国外務省「河野談話は日本が主体的に発表」 』
□日経新聞6月15日『韓国外務省「河野談話毀損なら資料を提示」 』

□産経新聞6月15日『言論の自由押しつぶす韓国の“民族至上主義』
□毎日新聞6月14日『憂楽帳:タブーへの挑戦』

□毎日新聞5月29日『河野談話:検証作業「静観」 河野氏が初言及』
□ZAKZAK6月10日安倍首相、河野洋平氏に反論「大きな禍根残した」 慰安婦談話を示唆か』

この記事へのコメント

トリトン
2014年06月17日 22:49
河野洋平はバカですね。
国会に参考人招致されずに済んだのは、安倍総理が
OKしなかったからなのに、その恩も忘れて安倍総理を批判するなんて、やっぱり恩を仇で返す朝鮮人メンタルなんだなぁ。

こいつは偽証罪とか国家反逆罪で逮捕してもいいんじゃないでしょうか?
2014年06月17日 23:26
こんばんは。

南朝鮮とその妾どもの嘘を「事実」として扱ってきた国のこれまでが異常なのであって、その嘘と嘘つきを糾弾することはきわめて常識的な行為です。

常識的な国家になることを拒む連中は叩き出すしかありません。
まみぃらぶ
2014年06月18日 15:19
南朝鮮の人々も頭がおかしいのか悪いのか、事実を知らされてないとしても、この情報時代で物事を知らないって無いのでは?知識人が少なすぎるのかしら。いくら、南朝鮮の国民に言っても聞く耳を持たないから駄目でしょうね。
自国の知識人がちゃんと教えてあげないと。いつまでたっても堂々巡りな気がします。
日本人
2014年06月18日 15:40
日韓・外交戦争に打ち勝つ方法は「徹底的に反撃」 元大手商社マン直言
安倍晋三政権は今週中にも、日本と日本人を貶め続けている慰安婦に関する「河野洋平官房長官談話」の検証チームの調査結果を取りまとめる。日本の地位を低下させる「ディスカウント・ジャパン運動」を展開する韓国は、日本側を強く牽制しているが、この外交戦争にどう打ち勝てばいいのか。注目の新著『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』(ワック)を出版した、大手商社「豊田通商」で韓国担当を長く務め、現在は独立して商社を経営、日韓問題研究家でもある松木國俊氏に聞いた。
「自虐教育で育った無知で卑屈な政治家が、日本人の誇りも自覚もなく、波風が立つのを恐れて、韓国が捏造した歴史を受け入れた談話を発表した。これが日韓関係を悪化させ、日本と日本人の名誉を失墜させた」
松木氏は「河野談話」について、こう喝破した。大学卒業後、商社マンとして韓国を担当し、ソウル駐在も経験するなど、約40年間も日韓関係の現場にいただけに、その言葉は鋭く重い。
河野談話は、ずさんな聞き取り調査のまま、韓国側の要請を受けて発表されたことが発覚している。韓国側は当時、「これで過去の問題は決着する」と示唆していたが、約束は守られず、いまや朴槿恵(パク・クネ)大統領が先頭に立って、世界中で「告げ口外交」を展開している。
 安倍政権は、河野談話の作成過程に関する調査結果について、「国会から求めがあれば、(結果を)報告する考えであるとともに、(国民に向けて)公表する可能性も検討している」(質問主意書への政府答弁)。さらに、韓国側から要請があれば説明する考えだ。
日本人
2014年06月18日 15:42
これに対し、韓国外務省当局者は15日、安倍政権が、談話の趣旨を「傷つける結果」を発表した場合、反論や資料を提示するとともに、対抗措置をとることを示唆した。
冷静な歴史検証すら認めない、偏狭な「反日」姿勢を感じるが、松木氏は前出の著書で、韓国の李承晩(イ・スンマン)初代大統領が「反日」の歴史捏造を始めたと解説している。
「日本が戦後、朝鮮半島から引き揚げたため、経済基盤を失った韓国は世界の最貧国となった。韓国国民の不満は鬱積した。李氏は、李王朝の後継者を排除して大韓民国を建国したため、政権の正当性が問われた。そこで、『李王朝は日本に滅ぼされた。日本統治時代は地獄だった。大韓民国軍が人々を救った』という歴史捏造を始めた」
同書では、慰安婦だけでなく、徴用工の強制連行も事実と違うと、具体的証拠を挙げて指摘している。韓国人がウソを根拠に「反日」で突き進む根底には、朝鮮半島独特の「恨(ハン)」という精神文化があるという。
日本人
2014年06月18日 15:49
「李王朝の約500年は、王族も貴族も血で血を洗う抗争の連続だった。負けた側は恨みを決して忘れず、その復讐を子や孫に委ねた。祖先の恨みを晴らすことが何より大切な行為とされた。韓国人は過去を水に流さない。“憎悪と恨み”は生きるエネルギーだ」
最悪に近い日韓関係だが、松木氏は日本側にも問題があるという。
「私が商社の韓国担当になった約40年前は、韓国にも日本統治時代の真実を知る人が残っていて、まだ良かった。ところが、反日教育で育った世代が社会の中心になり、歴史捏造や反日攻撃が激化し、自己増殖した。こうしたなか、朝日新聞などのメディアが韓国の言い分を垂れ流し、日本の政治家が事実も確かめずに『とりあえず言い分を認めてやれ』と謝罪をしたため、事態はさらに悪化した。『河野談話』を発表した河野氏の罪は大きい。勲一等旭日章を剥奪すべきだ」
朴大統領は、習近平国家主席率いる中国と連携して、「日本叩き」を続ける構えだ。日本はどうすべきなのか。
松木氏は「日韓は『外交戦争』『歴史戦争』の段階に突入している」といい、こう続けた。
「韓国は情念で動いており、日本が『誠意を持って話し合おう』としたら、相手の思うツボだ。日本の外務省が事なかれ主義で頼りにならない以上、民間人中心で歴史の真実を示していくしかない。韓国人が『自分たちの歴史がいかにウソだったか』『これ以上やったら自国がマズイ』と気付くまで、徹底的に反撃するしかない。この本がその一助となればいい」
韓国とは断行すべき、福沢諭吉の遺訓を守ろう。
toho
2014年06月18日 20:43
海をバックに映っている慰安婦は韓国人ではないのですか?
反層化
2014年06月18日 23:12
福岡リサイクルショップ殺害事件が【 角田美代子事件 】 並 に ヤ バ か っ た !!! 犯人中尾伸也の正体は※※※※※!!! 
被害者が埋められてた犯人の実家 (ポスターに注目)
ttp://uproda.2ch-library.com/797705uCT/lib797705.jpg
犯人夫婦が経営してた店 (三色旗に注目)
ttp://i.imgur.com/EmjhPYi.jpg
日本人
2014年06月19日 20:34
韓国LINE、株式上場計画中に通信傍受の件をバラされ上場中止の危機www ⇒ 森川亮社長が異例の火消しコメントw
LINE、上場検討 11月にも日米で
[3日 ロイター] - 韓国の検索サイト最大手ネイバーの日本子会社で、スマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)向け無料対話アプリを手掛けるLINE(ライン)は、早ければ11月にも日米で新規株式公開(IPO)を実施する方向で準備を行っている。ブルームバーグ通信が3日、関係筋の話として報じた。
韓国国情院がLINE傍受
仮想空間はとうに戦場。国家の「傭兵ハッカー」たちが盗み、奪い、妨害し、破壊する無法地帯で、日本も巻き込まれた。
2014年7月号 [サイバー戦争の「臨界」]
月下旬、官邸内に衝撃が広がった。韓国の国家情報院(旧KCIA)が、 無料通話・メールアプリ「LINE」を傍受し、収拾したデータを欧州に保管、分析していることが明らかになったからだ。 韓国政府のサイバーセキュリティ関係者が、日本の内閣情報セキュリティセンター(NISC)との協議の場であっさり認めた。
日本人
2014年06月19日 20:35
システムに直接侵入するのではなく、通信回線とサーバーの間でワイヤタッピング(傍受)するから、 「通信の秘密」を守る法律がない韓国側は悪びれない。だが、LINEの登録ユーザー4億人余のうち日本人は5千万人。その通話データなどが韓国にすべて送られ、丸裸にされているのだ。
「指名手配」隣国ハッカーの脅威
そればかりか、LINEの日本人データが、SNS(交流アプリ)などを提供する中国の インターネットの「巨人」テンセント(騰訊)に漏れた疑いがあるのだ。LINEは韓国最大の検索サイト、ネイバーの100%子会社であり、 ………

http://facta.co.jp/article/201407039.html
韓国は敵だ!直ちに断交せよ。
2014年06月19日 20:38
韓国政府、ついにLINEの通信内容をハッキングしていた事を認める!!!! さらに、その全データが中国にも漏れた可能性も!!!! 安倍内閣に衝撃が走る!!!! 敵国に個人情報を垂れ流すゴミアプリを未だに使う人間はもはや売国奴!!!! 国会で問題視され日本中で全削除の流れに!!!! 2ch「知ってた」「知ってた」「中国韓国と関わるのは全て自己責任」
5月下旬、官邸内に衝撃が広がった。韓国の国家情報院(旧KCIA)が、無料通話・メールアプリ「LINE」を傍受し、収拾したデータを欧州に保管、分析していることが明らかになったからだ。韓国政府のサイバーセキュリティ関係者が、日本の内閣情報セキュリティセンター(NISC)との協議の場であっさり認めた。
システムに直接侵入するのではなく、通信回線とサーバーの間でワイヤタッピング(傍受)するから、「通信の秘密」を守る法律がない韓国側は悪びれない。だが、LINEの登録ユーザー4億人余のうち日本人は5千万人。その通話データなどが韓国にすべて送られ、丸裸にされているのだ。
韓国は敵だ!直ちに断交せよ。
2014年06月19日 20:40
「指名手配」隣国ハッカーの脅威
そればかりか、LINEの日本人データが、SNS(交流アプリ)などを提供する中国のインターネットの「巨人」テンセント(騰訊)に漏れた疑いがあるのだ。LINEは韓国最大の検索サイト、ネイバーの100%子会社であり、 ………
韓国政府のサイバーセキュリティ関係者が、日本の内閣情報セキュリティセンター(NISC)との協議の場であっさり認めた
福澤諭吉
2014年06月19日 20:49
韓国国情院がLINE傍受

仮想空間はとうに戦場。国家の「傭兵ハッカー」たちが盗み、奪い、妨害し、破壊する無法地帯で、日本も巻き込まれた。

2014年7月号 [サイバー戦争の「臨界」]
5月下旬、官邸内に衝撃が広がった。韓国の国家情報院(旧KCIA)が、無料通話・メールアプリ「LINE」を傍受し、収拾したデータを欧州に保管、分析していることが明らかになったからだ。韓国政府のサイバーセキュリティ関係者が、日本の内閣情報セキュリティセンター(NISC)との協議の場であっさり認めた。
システムに直接侵入するのではなく、通信回線とサーバーの間でワイヤタッピング(傍受)するから、「通信の秘密」を守る法律がない韓国側は悪びれない。だが、LINEの登録ユーザー4億人余のうち日本人は5千万人。その通話データなどが韓国にすべて送られ、丸裸にされているのだ。
そればかりか、LINEの日本人データが、SNS(交流アプリ)などを提供する中国のインターネットの「巨人」テンセント(騰訊)に漏れた疑いがあるのだ。LINEは韓国最大の検索サイト、ネイバーの100%子会社であり、 ………
竹中平蔵は売国奴
2014年06月19日 21:04
☆竹中平蔵パソナ会長 TV出演で顔を真っ赤にして逆ギレ
URL http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150778/1
■「失礼だ!無礼だ!」
「なぜ諮問会議などで民間議員という名の民間企業の経営者が、自分の会社の利益になるような提案をするのか」
これに竹中はシレッとこう答えた。
それ(その考え)はおかしい。企業の代表としてではなく、有識者として入っているんですよ」
ならば企業の代表を辞めたらどうか」と突っ込まれると、「どうしてですか?」と逆質問。揚げ句に自分のことを棚に上げてこう言い放った。
「(自分が入っている)経済財政諮問会議や産業競争力会議は違うが、政府の審議会は利益代表を集めた利益相反ばかりなんです。それをつぶさなきゃいけない」
語るに落ちるとはこのことだが、三橋氏がパソナグループの取締役会長の竹中も“同じ穴のムジナ”だという趣旨で言い返すと、顔を真っ赤にして逆ギレした。
「私はそれ(労働規制緩和)に対して何も参加していない。派遣法について何も言っていない。根拠のない言いがかりだ。失礼だ!無礼だ!」
:引用終了
竹中悪蔵
2014年06月19日 21:06

☆「竹中平蔵氏は李明博韓国元大統領のブレーンだった」 経済評論家の三橋貴明氏がラジオ番組で明かす
URL http://news.livedoor.com/article/detail/8904056/
経済評論家の三橋貴明氏が竹中平蔵氏は韓国元大統領の李明博氏のブレーンとして深く関わりがあったことを明かした。
朝鮮ゴキブリ
2014年06月20日 15:18
火曜日
火曜日




河野洋平
およそ政治家と名前のつく人間でこんな卑劣で姑息な行動をとる人間が今まで 存在したことがあるか?
そもそもこの談話の内容に関して、あるいはこのような内容のものを発表することに
対して、国民にも一切の説明もなく、国会においてもまったく議論されず、
それどころか閣議も行われず、河野洋平という支那朝鮮の工作員のような下劣な
男の独断で行われたということが問題なんだよ。
しかも、その独断的な行為のあとであっても選挙などで民意を問う機会があれば
まだしも、こいつはわざわざ自分の属していた内閣が不信任案を可決されて、
その後の選挙で負けて下野することが決定してからこの談話をコソコソと発表したんだよ。
およそ政治家と名前のつく人間でこんな卑劣で姑息な行動をとる人間が今まで
存在したことがあるか? おそらくこの男だけだろう。まさに朝鮮ゴキブリだ。


日本人
2014年06月21日 00:03
5月下旬、官邸内に衝撃が広がった。韓国の国家情報院(旧KCIA)が、無料通話・メールアプリ「LINE」を傍受し、収拾したデータを欧州に保管、分析していることが明らかになったからだ
これが本当だとすると、これは大変なことでもある。なぜなら、韓国の政府機関が勝手に日本人の情報を傍受して情報を盗んでいるということになるからだ。
日本人のユーザーは約5000万人近くいるということだが、5000万人ものユーザーの情報が韓国の情報機関に筒抜けであるというのは、韓国という国が反日国家であることを考えると、非常に薄気味悪く、恐ろしいことだ。
マスコミはこの件についてはいっさい報道していない
日本のマスコミもまたこういった危険性があることを広く日本国民に知らせ、注意を喚起しなければならない事態であると言える。
LINEは韓国企業だと韓国の新聞が言っている
この問題をさらにややこしくしているのが、実はLINEという会社は日本企業を装っている韓国企業であるという指摘だった
もともとこのLINEというサービスは、NHNという企業傘下のNHNジャパン(100%子会社)で企画・運営されたものだったが、このNHNそのものが韓国のネット企業である。
つまり、LINEは開発者やサービス運営は日本人がやっているとしても、親企業が韓国企業で、LINEアプリの発案者も韓国人なのだから、実質的には「韓国企業」であるというのが、大方の見方なのである。

日本人
2014年06月21日 00:09
しばらくは、LINEの使用をいっさい止めるべき
つまり、LINEは韓国企業が親会社で、韓国人が発案して、日本人の開発者に命じて作らせたものである。それを、日本経済新聞が「純国産」と書いて、多くの日本人が日本製品だと思い込んで使っているということになる。
情報誌「FACTA」は、これを「『韓国籍』を消すLINEの覆面」と言っているが、LINE社自身も自分たちが韓国籍であるというのを消し去っている痕跡があるのだという。
そんな中で、韓国の国家情報院がLINEを傍受しているという話が出てきているというのが全体の流れである。
LINEが傍受されているのかどうかは、当事者が「されていない」「暗号化は機能している」と主張しても信用できないと言われるのがオチなので、第三者の検証を待たなくてはならない。
情報誌「FACTA」も、「弊誌は調査報道を旨とするメディアです。掲載した記事は確証があるとお考えください」と断言しているわけで、報道紙がそうまで断言する以上、事実確認と検証は必要だろう。
日本人
2014年06月21日 00:23
日本は乗っ取られたような状況になっている
中国・韓国は、激しい勢いで日本をおとしめに来ている。牙を剥いている。もう日本は、これまでの低姿勢一点張りの外交スタイルから得られるものは何もなくなった。
すでに日本は乗っ取られたような状況だ。テレビ・新聞・雑誌は韓国の横暴を絶対に問題視せず、韓国の横暴に立ち上がろうとしている日本人の方を問題視するような姿勢だ。
テレビは、サブリミナル手法を使い、洗脳手法を使い、執拗に韓国礼賛を押しつける。あなたが洗脳されなくても子供や女性が洗脳されていく。
女性誌は韓国崇拝のツールになっているのは、今ではよく知られるようになった。
日本女性は、女性誌に洗脳されて、薄気味悪い韓国崇拝をするようになっているのである。(女性雑誌こそが、日本女性を洗脳する最先端のツールだった)
マスコミがすでに報道機関ではなくなってしまったことは、すでに多くの日本人は気づいた。マスコミは、今やマスゴミと嘲笑すらされる存在だ。
さらには2009年から2012年までは、民主党政権が徹底的な日本破壊を行って、弱りゆく日本をさらにどん底に突き落とすような真似をした
その売国奴たちが中国・韓国に利する政治を行って、日本人をないがしろにしていた。その上に、中国・韓国の激しい反日が日本を叩きのめそうとしているのが現在の状況である。
だから、最近になって日本人の中で大きな反中・反韓感情が吹き出ているのだ。多くの日本人は、中国・韓国が日本の本当の敵であることに気づいたのである。
卑屈な外交で侵略されるなら、毅然と国交を断絶するべきである。
反朝日
2014年06月21日 03:11
河野氏の独断が災いの種蒔く
河野談話を検証する有識者チームの報告書により、20年以上も国民の目から隠されてきた談話の実態が白日の下にさらされた意義は大きい。産経新聞が繰り返し報じてきたとおり、談話は歴史の厳密な事実関係よりも、強制性の認定を求める韓国側への政治的配慮に基づき、日韓両国がすり合わせて合作していた。また、当時の河野洋平官房長官が政府の共通認識を踏み外し、独断的に「強制連行」を認めてしまったことも改めて確認された。
バカ
2014年06月30日 02:07
【売国奴の河野洋平の土下座銅像を同時に多数製作して、日本全国に同時設置したら良い! 怒る日本人は、この像に唾を吐いて鞭を打て!】

 河野洋平が全日本人に対して土下座して謝罪している銅像でも作って、ハチ公前にでも置きたい!

 河野洋平の銅像と謝罪声明文(例):
 「売国奴しました。反日在日朝鮮人(韓国人)から政治献金をもらいたくて、日本を外国へ売りました。全日本人に対して謝罪致します。慰安婦問題は捏造でした。慰安婦問題は存在しません。慰安婦達はプロの売春婦であり詐欺師でした。まんまと彼女達に騙されて河野談話を発表してしまいました。河野談話を正式に撤回致します。お許しください。この通りです。唾を吐き掛けたり、鞭打っても構いません。煮るなり焼くなり、好きなようにしてくださいませ。(土下座)」

 南宋帝国が滅亡する原因となった、【売国奴】宰相の秦檜は、土下座姿の銅像を後世に製作・設置されて、今でも、彼を憎む中国人から、打唾されたり鞭打たれたりしているのである!
 河野洋平も秦檜と同じように土下座姿の銅像を製作・設置されて、打唾されたり鞭打たれたりすれば良い!
 衆議院議長だった彼の名誉を剥奪せよ!
 河野洋平に与えられた勲章「勲一等旭日章」を剥奪せよ!

この記事へのトラックバック