習近平が泳ぐ“絶望の海”…江沢民に奪われた首脳会談

中共戦闘機が出現したのは、東シナ海の盗掘現場上空。資源漁りに直結する過激な軍事行動だった…その中、江沢民が主席格でプーチンと会談。習近平に逆包囲網が敷かれた。
画像

「常軌を逸した近接だ」

緊急の囲み取材に応じた小野寺五典防衛相は、強い口調で批判した。東シナ海上空で中共軍の戦闘機2機が5月24日、相次いで自衛隊機に異常接近。防衛当局は一時、緊迫した状況に陥っていた。
▼記者団に答える小野寺防衛相5月25日(産経)
画像

中共軍の戦闘機Su-27は警告もなく、僅か30㍍まで接近した。これは威嚇飛行を超えるレベルの軍事行動で、平時ではまず有り得ない。現場は我が国のADIZ内側、いわゆる中間線の上空と見られる。

最初の異常接近は24日午前11時頃に発生した。海自のOP3C画像情報収集機に2機のSu-27が急接近。その1時間後には、空自のYS11EB電子測定機に対し、約30㍍の距離まで接近した。
▼中共軍Su-27戦闘機5月24日昼(防衛省)
画像

「このように接近するような中国戦闘機の航行は未だかつてなかった」

自衛隊幹部によると、警戒監視目的で外国機に接近する場合は「数百㍍が常識」だという。しかも2機のSu-27は、ミサイルを搭載し、自衛隊機の後方に回り込んだ。戦後初のケースである。

「偶発的な事故につながる可能性がある危険な行為だ。搭乗員の報告によると、戦闘機にはミサイルが搭載されていた」
▼ミサイルは高性能のR-73と見られる
画像

防衛省が公開した写真には、Su-27の搭載する空対空ミサイルが鮮明に写っていた。この中共戦闘機の臨戦態勢が示す意味の重大さに、大半のメディアも与野党の政治家も気付いていない。

公海上で警告もなく、後方から戦闘機にロックオンされるという絶体絶命の状況。その機体に空対空ミサイルを確認しても、自衛隊機は何も出来ないのだ。日本人操縦士の生命を誰がどう保証するのか…
▼米海軍制服組トップと会談5月27日(時事)
画像

集団的自衛権を巡り、妄想と夢想で練り上げたような神学論争をリピートしている場合ではない。

【盗掘現場めぐる東と南の攻撃】

「日本側の危険な行動は国際法と国際的な規範に違反しており、誤った判断や空中での不測の事態を容易に招くものだ」

外交ルートを通じた我が国の抗議に対し、中共国防部は逆ギレして非難した。自衛隊側が先に危険行為を行ったというのだ。その上で「日本側が全責任を負う」と恫喝する。無謀な、苦しすぎる弁明だ。
▼30mまで接近された空自YS11EB(同型機)
画像

Su-27は、マッハ2を超すスペックを誇る。対して接近を受けた自衛隊機はいずれもレシプロ機。第4世代の主力戦闘機が情報収集機に煽られたのなら、それこそ空戦史に残る大事件である。

中共側はロシア海軍との演習に自衛隊機が干渉したと主張する。メディアは何の注釈も付けないが、中露演習の実施海域は、東シナ海の北部で、長江河口附近の沿岸だ。同じ東シナ海でも遠く離れている。
▼異常接近事件の現場空域(日経)
画像

実際に30㍍の無警告異常接近が起きたのは、白樺ガス田など中共の盗掘施設が乱立するエリアだった。CNOOC(中国海洋石油総公司)が管理する“石油利権の海”だ。
▼中間線附近の資源盗掘現場(file)
画像

ベトナム中部ダナン沖に石油リグを不法設置したのも、このCNOOCである。完全にリンゲージする南と東の海洋。自衛隊機への異常接近も、CNOOCに絡む凶暴な軍事的プレッシャーだった。

今回の中露演習は、当初、尖閣諸島の北西海域で実施されると予告された。自衛隊が5月22日に国内で初めて行った離島奪還訓練は、明らかに“尖閣沖演習”に対抗する意味があった。
▼公開された離島奪還訓練5月22日(共同)
画像

ところが、ベトナム沖侵攻後は一転し、南シナ海にエリアを移すと明言。緊迫の度合いを一気に引き上げる威嚇行為だ。それが蓋を開けてみると、演習エリアは長江河口附近の上海沖だったのである。

参照:新華社5月8日『ロシアと中国の海上軍事演習、5月中旬に南シナ海で―露軍報道官』

こうした2ヵ国共同の軍事演習で、直前まで実施エリアが二転三転することは前代未聞だ。軍当局者の連携が不調だったという程度ではなく、舞台裏は確実に大混乱していた。
▼中露演習開始式に臨む2人(AP)
画像

「中露蜜月」を内外に見せつけるべく、習近平は威信をかけてプーチンとの首脳会談に臨み、合同演習の開幕セレモニーに連れ立って出席した。しかし、プーチンはその期待を裏切る大胆な行動に出る…

【上海“首脳会談”の格調】

中露首脳会談が行われた5月20日、プーチンは上海で意外な人物と会談した。2代前の中共トップ・江沢民だ。あの生ける屍・反日ゾンビが、いきなり大舞台に登場したのである。

驚愕の事態だ。中共トップは引退後、公の場に姿を現さず、政治に関する個人的見解も示さない。まして、外国首脳と会談することなど絶対にない。それは建国以来の不文律だった。
▼プーチン・江沢民会談5月20日(時事)
画像

起きてはならないことが、習近平が久々に足を踏み入れた上海で起きたのである。一部には、江沢民に恩を売る目的で習近平指導部が用意したという見方もあるが、違う。

習近平にとってはハプニングであり、不愉快な出来事だ。江沢民が昨年7月にキッシンジャーと対面した際は、中共外交部が内容を公表していたが、今回、最初に伝えたのはロシアの通信社だった。
▼江沢民と対面したキッシンジャー昨7月(新華社)
画像

また、キッシンジャーと会ったのはホテルの宴席で、立ち話に過ぎなかった。だがプーチンとの対面は、巨大壁画やソファー・骨董品風のテーブルなど共産国家定番の首脳会談スタイルだった。

それは、習近平が目を覆いたくなるような苦々しい光景だ。習近平指導部は、拘束した石油閥のドン・周永康に続き、背後に君臨する江沢民周辺もターゲットにし、包囲網を狭めていた。
▼死亡説覆す江沢民復活劇'11年10月(AFP)
画像

最も緊迫した局面で、江沢民が曲芸を決めたのだ…そこから、習近平が直面する「非常事態」を読み取ることが出来る。

【蛇に睨まれたカエル主席】

プーチンと江沢民が上海でコンタクトする可能性について、習近平指導部は事前に関連情報を把握していたはずだ。そして、プーチン訪問の直前まで妨害工作を続けていたと推測する。

しかし、黒い努力は報われず、前例のない会談は実現してしまった…江沢民サイドの対ロ外交が中共指導部を上回ったのだ。習近平の限界が露呈した。一方、クレムリン側にも思惑がある。

「ロシアのガス部門にとって歴史的な出来事となった」
▼上海に到着したプーチン5月20日(AP)
画像

プーチン訪支の最大の目的は、天然ガスの卸売り契約締結だった。10年にわたって難航した交渉が漸く前進したのだ。パイプラインの新設など石油閥が利権を握る分野である。

ロシアのガスプロムと大型契約を取り交わすCNPC(中国石油天然ガス集団)は、かつて周永康が率いていた党直営コンツェルン。習近平指導部は昨年からCNPC幹部を相次ぎ汚職で摘発し、外濠を埋めた。
▼指導部時代の周永康'11年3月(ロイター)
画像

周永康が握っていた資源利権は切り崩され、旧石油閥は追い詰められたはずだった。本来なら江沢民の出る幕などない。ところがプーチンは江沢民に恭しく対応した。それが何を意味するのか?

旧来の石油閥も江沢民一派も健在で、復権する余地すらある。それが、プーチンと江沢民の首脳会談まがいの対面シーンが解き明かすものだった。形勢逆転…追い詰められているのは習近平だ。
▼上海の晩餐会場5月20日(ロイター)
画像

習近平指導部は昨年末、周永康を拘束した。しかし、報道は不正確で、実際は自宅軟禁の状態だという。そして半年以上、連行することも逮捕することも出来ずにいる。

中共指導部の独裁的で絶大な権力は、引退した政治局常務委員1人を無効化する作業など容易だ。薄熙来失脚に続き、一気に周永康を狙い撃った。ところが、事態は殆ど進展せず、停滞中だ。
▼公判生中継で反撃した薄熙来'13年8月(ロイター)
画像

習近平が土壇場で二の足を踏む理由は、指導部内の権力闘争といった抽象的な表現では説明がつかない。もっと物理的な要因、即ち「軍の動向」が鍵を握っていると確信する。

【“対テロ戦争”の本当の敵】

「以前は居なかった場所に公安がいます」

北京在住の人権活動家は、そう明かす。北京市の公安当局は5月23日、最高レベルの第1級警戒態勢を布告。武装車両部隊を組織すると共にヘリによる上空からの監視活動を強化した。
▼北京中心部を旋回する公安ヘリ5月9日(ロイター)
画像

戒厳令下のような非常事態だ。海外メディアは、ウルムチ爆発事件を受けた「対テロ警戒」だと当局発表のコピペ報道を繰り返すが、規模が大き過ぎる。度を越えた首都警護態勢だ。

東トルキスタンには原理主義的なグループもなければ、銃器類の横流しを受ける武装組織もない。当局がテロ犯と連呼するETIMも、今では架空の組織に過ぎない。
▼北京の検問所を増強5月20日(ロイター)
画像

首都・北京で大規模なテロ攻撃を行うようなウイグル系の組織が存在しないことを中共指導部はよく知っている。そうであれば、習近平は誰からの攻撃に震え上がっているのか?

答えは政敵だ。史上最弱の中共主席は、最強の政敵と対峙している。習近平が具体的な情報をキャッチしてるか否か不明だが、上海閥と一蓮托生の軍長老が反旗を翻すことを恐れている可能性が高い。
▼北京中心部に展開する部隊5月16日(ロイター)
画像

政敵が行動に踏み切るタイミングは、周永康の逮捕だ。その為に習近平は、一族郎党を次々に摘発しながらも、本丸の周永康を逮捕できないでいる。

当初、チャイナ・ウォチャーの多くは、習近平が周永康逮捕で「虎叩き」の幕を引き、石油閥と妥協するシナリオを有力視していた。だが、半年間の迷走は、落し所を失ったことを示しているのだ。
▼上海CICAの習近平とプーチン5月21日(AP)
画像

反習近平の動きは、クーデターや民衆暴動といった分かり易いスタイルを取らないだろう。それは、より直接的な、北京の深部を狙ったテロ事件となって顕在化する。




最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参考記事:
□産経新聞5月24日『北京、テロ受け厳戒態勢 全警官の休暇停止』
□産経新聞5月26日『警告なしで相手に発砲も 対テロで北京警察』
□毎日新聞5月23日『中国:北京市の警戒、最高レベル…公安当局』
□WSJ5月26日『中国の反テロ特別行動、全国展開へ-新疆ウイグルの爆弾事件で』

□産経新聞5月25日『日米監視に“不満”噴出? 憲法に縛られた自衛隊を挑発か』
□共同通信5月22日『奄美で自衛隊が離島奪還訓練 中ロも合同軍事演習』

□ロイター5月22日『ロシアのガスプロム、中国への天然ガス供給契約に調印』
□ロイター5月23日『周永康氏問題めぐる中国の激しい権力闘争、四中全会前後に決着か』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 67

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

福澤諭吉
2014年05月27日 21:32
福沢諭吉は、当初は朝鮮の文明開化に期待し、自ら朝鮮人の留学生を受け入れたり、ハングルの普及に尽力したりしたが、朝鮮人や支那人を知れば知るほど嫌いになり、最後は完全に愛想を尽かし、謝絶を決意したのだ!
今の日本の国民と政治家こそ、この「脱亜論」を読み直し、「脱亜論」を実践しなければならない!
捏造歴史に血道を上げるのが支那と韓国である。

たとえば国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。

もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

日本は、「東アジア」の悪友と謝絶せよ。
1965年まで日本は韓国と国交がなかったが、その頃の日本は高度経済成長で大変良い時代だった。
1972年まで日本は支那と国交がなかったが、その頃の日本は高度経済成長で大変良い時代だった。
日本の高度成長にブレーキがかかったのは、韓国や支那と付き合うようになったからだ!
隣の国だからといって付き合う必要なんて全くないし、むしろ付き合わない方が良いのだ。
マキャべリ
隣国を援助する国は滅びる。
「韓国とかかわるな!――韓国とかかわると人も国も必ず不幸になる-Kの法則」
そして、マスコミやレイシストしばき隊などは、【「日韓断交」デモ】や【「移民受け入れ反対」デモ】のことを「ヘイトスピーチ」や「差別的デモ」などと罵倒したり報道したりする!
「お隣だからこそ韓国とは関わるな!」



JCIA
2014年05月28日 11:24
【飛鳥逮捕】栩内香澄美とパソナの件を芸能界の重鎮がもみ消そうとしてるらしいぞ!!!あの広域指定暴力団※※※が政財界に圧力をかけてるとの情報も!!!これ事実なら日本の闇は相当深いな…
週刊誌やゴシップ誌がASKA容疑者と栩内容疑者、そして南部社長との“ズブズブな関係”を取材する裏で、ワイドショーなどのテレビでは「パソナ」の名前はおろか、南部社長の実名を報じるところは少ない。一連の薬物疑惑を暴いた「週刊文春」(文藝春秋)を番組内で使うも、「パソナ」の文字は黒塗りで消される始末だ。
そればかりか、TBSは栩内容疑者がパソナグループではなく、カウンセリング会社の「株式会社セーフティネット」に勤務し、同社の山崎敦社長の「彼女は優秀な人材で、将来の幹部候補だった」とする“美談”を放送。別の週刊誌記者は「確かに彼女はセーフティネットの所属ですが、問題の本質はパソナグループとの関係にある。それをあえてそらそうとしている」と憤慨する。
キー局の報道番組ディレクターが重大証言する。
実は芸能界の実力者とされるK氏が、パソナグループから世間の関心をそらせようと画策しているというんです。K氏と南部社長は昵懇の仲。いろいろほじくられるとマズイことでもあるのでしょう。だから、テレビ局のためにわざと山崎社長のインタビューをセッティングして、南部社長まで話が行かないよう仕組んだのです」

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20140527-00010001-nkcyzo
下朝鮮は敵だ!
2014年05月29日 02:40
日米の軍事機密が韓国を経て
「中国に筒抜けになっている恐れがある」と
韓国 裏切り疑惑 米軍ブチ切れ寸前 中国に軍事機密を漏洩か スパイ活動の「手先」に  中国のスパイ行為に、日米両国をはじめ多くの国々が激怒している。米連邦大陪審が先週、中国人民解放軍のサイバー攻撃部隊「61398部隊」の将校5人を米企業へのスパイ行為で起訴したが、氷山の一角なのだ。こうしたなか、中国の卑劣な諜報活動の実態に加え、韓国が中国の手先となって軍事機密流出に関与したという疑惑情報を入手した。ジャーナリストの加賀孝英氏が緊急リポートする。以上、冒頭より/ 夕刊フジ 平成26年5月28日号
反キムチ
2014年05月29日 02:44
宗主国のためならと
日米の軍事機密が韓国を経て「中国に筒抜けになっている恐れがある(米情報当局関係者)」と警鐘を鳴らす紙面だ。当ブログも指摘し、良識層の皆様が気づいて来られた危惧でもあるため、事実としても今さらさほど驚く理由もないのだが。世の中には、未だお気づきになられていない方々がおられる様子なので、あえてのお知らせします。
、「中国人スパイ」が様々に各国の情報を「さらに驚愕すべき情報を報告したい。韓国が日米を裏切って、軍事機密情報を中国に流出させた疑惑が浮上しているのだ」と。「中国スパイ」の幾つかの行状に触れてこの指摘がある。

「米国情報当局の関係者がいう」(紙面)として、「米軍や韓国軍が保有しているF15戦闘機やF16戦闘機のレーダーシステムなど、米国の最高軍事機密が、韓国を通じて中国に流出した疑いが出ている」と。いわば、日米の軍事機密が中国共産党に筒抜けになっているのではないか、との指摘である。
事実に即した指摘に違いない。それも韓国(南朝鮮)による情報筒抜けの数々は、北朝鮮からの潜入スパイの諜報行為や一部の不心得者による漏洩(ろうえい)のレベルと謂うよりは、大統領の朴槿惠(パク・クネ)氏をはじめ政府ぐるみで、もっと謂えば国家ぐるみで隷中化しているためと観れば、事の本質が判りやすくなるのではないか。いわば、宗主国のためなら「何でも」という、おぞましいメンタリティの回帰が露骨なまでに窺えるからだ。「南朝鮮」それ自体が全く信用に価しないのである。

チナ人はスパイ
2014年05月29日 02:48
、「日本には約5万人の中国人スパイが入り込んでおり、政財官界をはじめ、あらゆる情報が盗まれている」と。「全国の自衛隊基地の近くにはいつの間にか情報収集工作拠点が作られている」と。「機密情報を扱う中央省庁の出入りの企業がいつの間にか中国系資本に乗っ取られ、関係者はがくぜんとしている」と挙げている。特に、加賀氏が「自衛隊基地の近くには」と挙げておられる事例については、綾瀬市、大和市(いずれも神奈川県内の厚木基地近く)での工作拠点の存在を、敷島調査隊はこれまで二カ所探知している。
 一つは閑散とした中華料理店であり、来客もさほど無いのにどうやって経営していられるのかと。通常の目でも疑問が生じるほどの例の存在である。もう一つは当ブログがそう呼ぶ「通名教会」であり、こちらは宗主国と朝鮮系(通名牧師ら)のコラボと観られ、件の拠点でも亜賊のみ(と観て良いほどの)出入りが頻繁だ。
一部妨害に遭いながらもさらに三つ目、四つ目と思(おぼ)しき拠点を掌握中だ。いずれもが、現実に自衛隊宿舎から一キロ以内の地点に存在しているのが印象的だ。
また未だ一例のみの検知だが、件の「騒音訴訟」に参加している“住民”の中に、事実上の不法滞在者であった支那人が在留資格を得るための「後見人」になっている人物が居ることも調査隊によって判明している。同訴訟への関与が深い千葉恵子氏(前参院議員、民主党政権での元法相)の影も「チラホラ」どころではなく、ズッポリと見えて来る。「日本弱体化」「防衛妨害」にこれら全てがつながっていると。そう観れば判りやすくなる。
韓国は敵だ!直ちに断交せよ。
2014年05月29日 02:54
靖国神社大鳥居にハングルで「犬畜生」
★鳥居の柱にハングルで「犬畜生」 
 靖国神社で許し難い蛮行を確認
 2014.05.28
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140528/dms1405281820011-n1.htm
246万6000余柱の英霊が眠る靖国神社
(東京都千代田区)で、何者かによる
許し難い蛮行が確認された。
神社の入り口に立つ大鳥居の柱に、ハングルで
相手を中傷するような落書きがされていたのだ。
他の神社でも、ハングルで日本や日本人を罵倒する
ような絵馬が奉納されており、インターネット上には
これらの画像がアップされている。
一体、誰が日本人の魂を傷付けようとしているのか。
落書きが見つかったのは、東京メトロ九段下駅側から
靖国神社の本殿へと続く参道の入り口に立つ大鳥居
(第一鳥居)。高さ25メートルに達する鋼管製のもので、
国内最大級の規模を誇る。
1974年に再建されたもので、21年の創建当時は
「空を突くよな大鳥居」とも歌われた。
ベストFAMサンエース合同アシストグループ
2016年06月15日 01:35
戦犯精神異常小杉辰男飯田俊之金山守今野余代小杉文子

この記事へのトラックバック

  • 中共の対日戦略 櫻井よしこ

    Excerpt: 毎度のことながら、中共による日本の領空や領海侵犯がエスカレートしている。 Weblog: 風林火山 racked: 2014-05-27 21:18
  • 京の夜明けは近い2 ~京都府京丹後市のXバンドレーダー基地、着工す

    Excerpt: 反日ハンター・神功正毅です。 「良いか、杉作、日本の夜明けは近いぞ」(鞍馬天狗)のように京の夜明けが一段と近まりました。 5月27日午前6時に京都府京丹後市のXバンドレーダー基地が着工しました。 京都.. Weblog: 反日ハンター seesaa猟友会 racked: 2014-05-28 02:19
  • 韓国・朝鮮は滅ぶべし

    Excerpt:   集団的自衛権の憲法解釈については無理に今国会中に通さなくてもいいのではないか、そう思うようになった。   何故かと言うと、まず来年は在韓米軍の撤収と言うイベン.. Weblog: 賭人がゆく racked: 2014-05-29 04:30
  • 中国、こんどは「アジア開発銀行」の別働隊を画策して日米に敵対

    Excerpt: 元人民銀行長「日米中心のアジア開発銀行に限界…中国が主導を」2014年04月28日09時12分 [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] comment24 hatena0 . .. Weblog: 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN racked: 2014-05-30 06:12