安倍首相は民主右派を狙え…国防の危機に立つ瀬なし

ラストを飾った首相演説は1万人の大歓声を浴びた。参院選大勝でも、我が国の命運を決するラインには届かなかった。内戦で深手を負った民主党。参院が姿を変えるのは新党結成だ。
画像

「誇りある国を創る為に憲法を変えて行こう」

安倍首相は、そう締めくくって16日間の選挙戦を終えた。7月20日、最後の演説先は秋葉原だった。伸晃の報告では、聴衆の数は1万人に上ったという。
▼アキバ演説に集まった国民7月20日(撮影筆者)
画像

伝説になった昨年の総裁選、衆院選のアキバ演説。日の丸がガンダム・カフェ前を埋め尽くした。そんな幻のような光景を直接見ようと、週末の秋葉原界隈に出掛けてみた。

午後6時半頃、UDX脇から駅に近付いて愕然とした。余り人影がない。疎らと言うにも程遠い。我が国終わったな…と途方に暮れつつラジオ会館別館で涼んで、もう1度戻る。
▼大阪市内で演説する細野7月19日(東スポ)
画像

画像間違えた。こちらは7月19日の民主党大幹事長モナ夫の大阪演説だ。現場に居合わせた記者によると、聴衆は「ほぼゼロ」だったという。サクラも散る選挙戦だ。ある意味、幻の光景である。

一方、秋葉原は、候補者らの演説が始まった午後7時過ぎになると、一気に人が増え始めた。小旗に加え、大型の日章旗も目立つ。夕焼けから夕闇に変わり、いい雰囲気だ。
▼演説する下村文相ら7月20日
画像

新藤義孝総務相らが演説する頃になると、駅前のスペースは満杯状態。向かいのビルの壁際まで人で埋まっていた。もう身動きがとれない。1万人規模を舐めていた。安倍首相の撮影も遠過ぎて失敗…
▼秋葉原に駆け付けた安倍首相
画像

アキバ演説と言えば麻生さんだが、街宣車には名前を記した垂れ幕もない。G20財務相・中央銀行総裁会議でモスクワ滞在中。それでも声の出演するという裏技で“縄張り”を守った。



安倍首相演説も大盛況で滞りなく終わった午後8時過ぎ、アクシデントが発生。機材を撤収中のNHK等のクルーに「帰れコール」が沸き起こる。前回に比べ、人数も勢いもあったという。
▼撤収するNHKなどを大糾弾(撮影筆者)
画像

ポイントは、車道を挟んで街宣車の正面。報道陣向け規制スペースの周りだ。午後6時前から、コアなファンが陣取っていた箇所である。一部始終を見たが、本当に自然発生的に起きたものだった。



メディアが絶対に報じないアキバ演説の実態だ。反マスコミの潮流は、急速に流域を広げ、確実に強まっている。特に若いメディア関係者は、深刻に捉えなければ、未来を失うだろう。

地上波の生放送をザッピング(死語)するのも、平時では選挙特番ぐらいになってしまった。

【出口調査の精度をチェック】

午後8時ジャスト、参院選出口調査の結果が一斉に発表された。終盤予想に比べて、自民党も民主党も議席数を減らしている。自民党は66~67議席と各局で差が少ない。民主党は20を割り、16という厳しい数字も出た。

NNN 自民党…67議席 民主党…16議席
JNN 自民党…66議席 民主党…18議席
FNN 自民党…67議席 民主党…17議席
TXN 自民党…66議席 民主党…16議席



続いて、元第三極の「みんなの党」はJNNやTXNが8議席で横並び。注目の「日本維新の会」はNNNやFNNの出口調査では7議席だが、ANNは9議席と分析した。

与党を構成する公明党は10~11議席で、終盤予想と同じだ。自民・民主から流れた議席は、どこに向うのか…都議選で漁父の利を得た代々木が参院選でも党勢を伸ばしそうだ。

小沢一郎率いる生活の党と社民党は、出口調査フリップの枠外に零れ落ちたので、不明である。

自公の過半数越えで、ねじれは解消だが、今回の参院選では、もう一つのハードルに注目が集まるはずだった…

【“改憲勢力”の新たな分布図】

「122」という参院過半数をめぐる攻防は、ひとまず終わった。次に参院で焦点となるのが「162」。大袈裟に言えば、我が国が受ける占領支配を終結に導く運命の議席数だ。

公示前から「自・公・維・み」の議席数が3分の2を上回るか否か、注目されていた。4党に新党改革2議席を加えた非改選は71。つまり、今回の参院選で91議席獲得すれば3分の2に達する。
▼選挙戦序盤の情勢(読売)
画像

一部メディアは公示後も「162」のハードルを超すとの見方を伝えていた。確かに「自・維・公・み」各候補の当選予想は、90議席を凌ぐ。しかし、公明を含めた計算は間違いだ。

「かたくなに自民党が集団的自衛権を行使できる国防軍にこだわれば、今後の議論は広がらない」

選挙戦終盤の7月16日、公明党の山口那津男は、そう言
い放った。憲法9条を本尊にして中共の侵略を歓迎するのが、カルトの大方針だ。最初から相容れない。国軍復活が自主憲法制定の大義である。
▼宮古島分屯基地での演説7月17日(朝日)
画像

「我々は9条を改正し、その存在と役割を明記していく」

安倍首相は15日、インタビューで明言した。自衛隊の存在明記とは国軍化であり、その為の9条改正。領土だけではなく、国民の生命と財産を守るうえでも早急な国軍復活が必要だ。

今回の参院選で「自・維・み」の枠組みで3分の2に達することは叶わなかった。次回の参院選まで3年間待つのか…ここで諦めてはダメだ。公明党用済みの隠れた“改憲勢力”が存在する。

衆参に点在する民主党のいわゆる保守系議員たちである。

【詐欺商店に2度客は来ない】

「狂言か自作自演のたぐいではないか」

敵対する陣営からは誹謗中傷も飛び出す。民主党東京選挙区の鈴木寛は7月14日、菅直人の“城下町”吉祥寺駅前で30代の女に襲撃された。政治テロではなく、加害者は泥酔状態だったという。
▼精密検査を訴える鈴木寛7月15日(産経)
画像

事件が起きたのは午後6時半頃。夕方に女が深酔いしてたのも妙だ。警視庁の調べによると女は空のペットボトルで鈴木寛の額を叩いたという。かすり傷でも不自然だが、鈴木は精密検査が必要と訴えた。

有田芳生や菅直人が公然と党執行部を裏切り、慰安婦捏造派の大河原雅子を支援。街宣車の上から罵り合った民主党内紛は、これから裏話が続々と出てきそうだ。今回、都内の選挙戦は異様だった。
▼維新政党・新風への選挙妨害が続発(J-CAST)
画像

海江田万里は、20議席を割っても引責辞任しない方針である。勝敗ラインの引き下げや反執行部への牽制球…周到に布石を打ってきたのではなく、単にポスト不在で「現状据え置き」が実状だ。

「やはりあの人はバッジを外して市民運動に戻るべきだ、即刻」

菅直人についても長島昭久元補佐官などから、厳しい批判が相次いだ。「韓国に学べ」と元総理が落選運動を有権者に呼び掛けたのだ。ネガティブ・キャンペーンは民主党オリジナルの選挙戦術でもある。
▼衆院選で追突事故の菅直人12月(共同)
画像

選挙戦の前半は、ルーピーの売国発言が非難を浴び、後半戦は、チョクトが日本人らしかなぬ“喪中提訴”などで不興を買った。しかも東京選挙区の“民主内戦”では、野戦司令官のように振る舞った。

こんな民主党にどんな未来があるのか、長島元補佐官は今夜じっくり考えるべきだ。渡辺周元防衛副大臣や松原仁元拉致担当相らも同じである。
▼普天間視察する長島元補佐官6月(FB)
画像

以前と違い、民主党は1度オープンして、客から大クレームを受けた“商店”だ。有権者はパッケージと中身が違うことを知ってしまった。ブランドとして既に終わってる。

【安倍応援団が願う国軍復活】

「そもそも1回の参院選で自民・公明両党で『3分の2』ということは全く目指していない。選挙の勝敗とは全く関係ない話だ」

安倍首相6月17日、訪問先のポーランドで記者団に答えた。参院選後の“改憲勢力”結集を訴え、民主党内の“改憲派”に秋波を送ったのだ。重要な総理ワルシャワ発言である。
▼ワルシャワ訪問中の首相6月16日(共同)
画像

民主党は、占領憲法の護持を主張する“マッカーサー教徒”が多数を占めるが、領土議連メンバーら“改憲派”も少なくない。安倍首相は彼らに秋波を送るのではなく、具体的に揺さぶるべきだ。

参院選中盤の7月14日、中共海軍のルージョウ級ミサイル駆逐艦2隻とジャンカイII級フリゲート2隻が宗谷海峡を突破したことが判明した。中共軍艦の宗谷海峡通過は史上初の事態だった。
▼中共ルージョウ級ミサイル駆逐艦7月13日(統幕)
画像

中共軍艦はロシア海軍の演習に参加していたのだが、その規模は16万人を超え、極東海域ではソ連崩壊後最大。しかも演習は7月5日から20日まで、我が国の国政選挙の公示期間にピッタリ合わせた。

残された時間は多くない。長島元補佐官らは、貴重な時間をゴミ政党の議員として無聊に過ごしてはならないだろう。果たして、党を割る気概とガバナビリティがあるのかどうか…
▼民主党を完全に隠した電力総連の候補
画像

民主党の内紛は、東京バトルだけではない。安愚楽牧場産の詐欺フェストには「30年までの原発ゼロ」が明記され、電力総連が猛反発。労組内にも深刻な亀裂が走った。

3分裂以上で、民主党が社民党化する期待も膨らむ。1本釣りしたいのを堪えて、改憲派新党の結成に導くのが早道だ。新党結成による参院会派の変化が、自主憲法制定の鍵になる。
▼安倍首相のアキバ演説会場7月20日
画像

昨秋の総裁選から20日のアキバ演説まで、なぜ多くの草の根保守系が、立場を超えて安倍首相を支援したのか?

それは国軍の復活であり、ひいては我が国が真の姿を取り戻す為だ。




最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参考記事:
■読売新聞7月20日『「アベノミクス」に審判…参院選、21日投開票』
■東スポ7月20日『民主聴衆発表できない!? 細野氏投入も演説閑古鳥』
■イザ7月17日『ネット選挙区ウオッチ 候補者殴打で“暴言”飛び交う』

■イザ5月9日『首相、憲法96条論議で民主党分裂狙う 参院選大敗で政界再編も』
■イザ6月17日『安倍首相 民主の改憲勢力取り込みへ「維新失速」背景か』
■時事通信7月17日『改憲勢力3分の2の可能性=クリアなら公明、みんなが鍵』
■産経EX7月16日『自民「70」視野 圧勝見通しも「改憲勢力」ほど遠く』
■読売新聞7月6日『憲法改正派3分の2可能性…参院選序盤情勢』

■イザ7月14日『中露、宗谷海峡を相次ぎ通過 海軍艦艇計21隻』
■イザ7月16日『日本近海でソ連崩壊後最大の軍事演習 プーチン大統領が視察』

この記事へのコメント

2013年07月21日 20:31
平野達男は、2位に大差をつけて当確が…岩手小沢王国は崩れたが、素直に喜べない。

自民比例は、佐藤正久政務官と衛藤晟一補佐官に当確。気になる赤池さんは、NNNの出口調査では13位。完全に圏内入りしている。

維新の比例は3議席と予測。中山さんは2位につけ、安心できそう。
2013年07月21日 20:51
JNNによると岡崎トミ子は3位で及ばず。みんなの党候補が2位に滑り込む勢い。まだ開票率は低く、不透明かも。

西田昌司議員も素早い当確。三重の高橋千秋は敗れた。岡田の地元なので、ダメージは大きそう。東京選挙区で落選した場合、細野が引責とか。海江田は無傷なのか。
2013年07月21日 21:08
出口調査で三重の高橋千秋は2位だが、NHKは自民の当確を出していなかった。四日市周辺の開票まで大勢不明か。
マツキヨ
2013年07月21日 21:41
いろいろ衝撃が走りますが、一番のびっくりは山本「脱原発」太郎が受かりそうなこと(当確レベルなのだが)。有名人に票が集まった結果なのでしょうか。愚民の巣窟・東京ならではの結果ですかねww
2013年07月21日 22:20
東京は山本太郎に加えて代々木も当確…5議席中、極左が2議席。公選法違反で繰り上げとかあるかも知れないけど、6着なら細野引責を示唆。

山梨は輿石東が推した無所属がかなり引き離されたが、責任問題はなさそう。
2013年07月21日 22:23
代々木“躍進”の背景は、都議選と同じく、反消費税。税金引き揚げに有権者が反発するのは当たり前かと。メディアは、消費税に賛成した立場から、アベノミクス批判票と解説。
2013年07月21日 23:23
動画リンクありがとうございました。
中山恭子さん、赤池誠章さん、やや苦戦が伝えられていましたが無事当確しましたね。
ネットを通じた活動も以前より成果が上がっている気がします。
2013年07月21日 23:49
撮影と投稿、お疲れ様でした。
赤池さんの最後2日間くらいの動きに注目ですね。ネットの拡散力を知るうえで、ちょっとしたデータが欲しい感じ。

NHKによるとトミ子は接戦。みんなの党候補に当確が出ているが開票率90%でトミ子2着。民主党執行部の引責も東京確定まで延々引き延ばし。
2013年07月22日 00:07
赤池さんの件、確かに知りたいですね。
色々収集してみます。
そして、トミ子落選の見込みに!!!
これは心底嬉しいですw
2013年07月22日 00:44
祝!12時過ぎからトミ子落選インタビュー受け付け開始。2位に5000票くらい差を付けられた。民主党東京でも敗北…海江田は続投示唆した後、帰宅?細野切って終わりか。

安愚楽訴訟・海江田ルートの公判は、次回、8月19日に予定。続投の方が良いのかも。
祝!岡崎トミ子落選!宮城県民GJ!
2013年07月22日 01:26
TBSの選挙速報が酷過ぎる件
笑てはいけません(笑)

安倍首相に完全論破される関口宏
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21410819
風来坊
2013年07月22日 08:50
祝・民主党へのレッド・カード!!
参院選の結果に心からお祝い申しあげます。

ルーピーを筆頭とした“反日・烏合の衆党”なのだから当然といえば当然の結果でしょう。
長島、渡辺周、松原らに「党を割る気概とガバナビリティがあるのかどうか…」とのご指摘ですが、この程度の党に籍を置いたこと自体が、それもこの段階に至るまで反旗も翻さなかったこと自体が彼らの限界なのでしょう。今後彼らが安倍総理に貢献することがあるとしても単なる“数合わせ”としての貢献しか出来ないと思います。

アキバでの「帰れコール」は痛快至極!
「メディアが絶対に報じないアキバ演説の実態」なので全く知りませんでしたが、ネットでの拡散に期待です。
風来坊
2013年07月22日 09:00
(追)
赤池氏に関する前稿での報告に感謝します。自民党山梨県連の仕打ちに憤慨し、我が一族に赤池氏への投票を呼びかけました。当選して本当に良かった。
水平弧
2013年07月22日 09:20
日本の夜明けかも知れませんね。水平弧が北アルプス上空にあらわれた。岡崎トミ子が落選。真っ黒な日本政界に一筋の明るい兆しかも知れません。

【富山】何か良いことありそう!?…北アルプス・雄山上空に水平の虹「水平弧」(写真)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130722-00001562-kitanihon-l16
写真=雄山や浄土山上空に現れた虹状の現象
http://amd.c.yimg.jp/amd/20130722-00001562-kitanihon-000-1-view.jpg

ミスターセクハラ・落選売国議員
2013年07月22日 09:28
公選法違反の証拠動画

<高橋千秋>公選法違反するわ、落選するわ<民主・三重>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21410937
2013年07月22日 13:19
自民大勝、いや良かった良かった。
と言いたいのですが…。

安倍政権の言う我が国のかたちと言うのが、イマイチ分からないのですよねぇ…。
日本人
2013年07月22日 22:48
TBSで放送事故、関口宏の公開処刑www
安倍首相に完全論破される関口宏( 朝鮮人)
日本人
2013年07月23日 13:51
参議院選挙は自公与党の大勝利となり、ねじれが解消されました。民主党の一番の大敗の原因は3年余りの政権運営があまりにもお粗末であり、東日本大震災への対応は非常にまずいものだった。菅首相を始めとする民主党政権は、やってはならない事をやり、やるべき事を行わなかった。
その内の一つがSPEEDIの情報を公開して被曝を防げなかった事であり、国会でもその責任が追及されていた。
SPEEDI情報を情報公開するのは文部科学省の役割でしたが、原子力安全委員会に役割を押し付けてしまった。その為に大幅に公開が遅れましたが、その責任者が今回参議院選挙に立った鈴木寛候補だった。
参院選東京都選挙区候補者の鈴木寛は、政権入りしていた2011年、SPEEDIのデータを公表させずに首都圏の住民を被ばくさせた人物。」として批判した。今回ネットがどの程度影響力があるのかも注目されています。
特に酷かったのが、東日本大震災に直面した菅首相であり、官僚を怒鳴り散らすだけで全く孤立してしまった。菅首相は市民活動家出身であり江田の官房長官も弁護士出身であり、大組織を運営した事がない。大組織を動かすには人望が必要であり組織の支持を集めなければ成りません。しかし万年野党だった国会議員がいきなり政権を取って首相になっても霞ヶ関を動かすのは大変だ。
今回の参議院選挙では、民主党の鈴木寛候補と無所属の山本太郎候補の争いに注目していましたが、現職二議席を鈴木寛候補一人に絞った安全策をとったのですが、それでも票が割れて無所属の山本太郎候補が勝った。SPEEDIの批判が効いたのでしょうが、鈴木寛候補はネットを通じて反論すべきだったのだ。しかし反論できなかった。多くの人を被曝させた責任は大きい。
二階堂進
2013年07月23日 21:18
>東京都選挙管理委員会はこれ把握しているのでしょうか?
これを放置してしまったら、今後の選挙戦は何でもありになり、選管の存在意義が無くなってしまいます。
[記事が挙げている問題点]
1.20時以降のビラ配り。
2.選挙当日にストリーミング放送を使い候補者の投票を呼びかける。
山本太郎陣営、公選法違反の疑い次々 前日の20時以降ビラ配り、当日にネット中継 : J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2013/07/22179921.html?p=all
2013年7月21日に投開票のおこなわれた第23回参議院議員選挙で当選を果たした山本太郎氏の選挙運動が「公職選挙法(公選法)に触れる」との疑いが持ち上がっている。
ネット選挙解禁の波に乗り、ネット活用が勝因と各紙で分析されている山本氏だが、型破りの選挙運動には問題もあったようだ。
「事実であればアウトの可能性が高い」
日本人
2013年07月23日 21:42
関口宏がサンデーモーニングで投票日当日に選挙違反発言
関口宏氏の個人的な見解かもしれないですが、参院選投票日当日の生放送、かつねじれ解­消が争点の1つである今回の選挙で、この発言はいかがなものかと。このあと投票へ行こ­うとしている人たちへの誘導になりかねない気が。
関口氏のこの発言は公職選挙法違反に相当する。警視庁は早急に調­査すべし。
日本人
2013年07月23日 21:47
TBS安倍首相VS関口宏氏の「直接対決」「トラップ仕掛けた」総理の大勝利?「はい、わかってますよ。サンデーモーニングでもしっかり皆さんで勉強しました」の関口宏は自民党改正草案9条一項を問い質さずに沈黙
2013年7月21日夜に放送したTBSの参院選選挙特番でそれは起きた。司会者の関口宏さん(70)がかなり不機嫌な表情で憲法改正について聞いたところ、安倍首相が「改正草案で憲法9条の一項、二項、どこを変えたかご存知ですか?」と逆に質問を返した。これに対する関口さんの返答と表情が笑えてしかたがない、というのだ。
層化
2013年07月23日 22:05
創価学会の「選挙」と「功徳」について斬り込んだ池上彰の動画は、わずか1日で動画再生回数が28万回を超えている!
■動画
池上彰 vs 公明党・創価学会 【池上彰の参院選ライブ 2013】
http://www.youtube.com/watch?v=BHhurRSLPkg
日本人
2013年07月23日 22:46
中核派(朝鮮色が濃い反日極左殺人テロ集団の総力決起支援を受けた山本太郎について。
山本太郎は、反日極左殺人テロ集団の総力支援を受けた他、選挙違反を連発していたにもかかわらず、投開票の翌日7月22日に、テレビで「引っ張りだこ」になっていた!
しかも、英雄扱いだ!
選挙期間中に山本太郎が選挙違反を連発していたことは、なぜか指摘しない。
山本太郎陣営、公選法違反の疑い次々 前日の20時以降ビラ配り、当日にネット中継
J-CASTニュース 7月22日(月)19時35分配信
嫌韓人
2013年07月23日 23:56
山本太郎、斉藤まさし、北朝鮮
【参院選総括】激戦の東京選挙区で大穴、山本太郎が当選できた理由
その指揮をとったのが、市民の党代表の斎藤まさし氏だ。市民の党は毛沢東主義の集団で、北朝鮮とも関係が深い。 2011年にはよど号ハイジャック事件の犯人の息子を三鷹市議に擁立しようとしたこともある。また同党には、菅直人元首相や鳩山由紀夫元首相など民主党議 員から巨額な資金が流入していたことが明らかになっている。
【参院選】山本太郎氏 「力を貸してくれた人を裏切ってその人たちに命を狙われるのが怖い」★
これから、山本が「反核」で最初に関わりを持った左翼暴力集団の中核派と選挙を表で仕切った「市民の党」の間で主導権争いが起こるだろうが、中核派は表には出て来れない。
山本は当選してしまったので、これから中核派との関係を隠さなければならなくなった。
何せ、公安お墨付きの中核派団体NAZENの呼びかけ人でデモを先導する人間だ。
山本も選挙を仕切った「市民の党」も、中核派と手を切ることを考えているだろう。
邪魔になったんだな。選挙では利用できたが。「反核」もトーンダウンする。
「市民の党」が操る北朝鮮の傀儡が「反核」ごときでぼろを出すことは許されない。

この記事へのトラックバック