東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS Mr.売国奴=野中広務の無惨…六四訪支団が誘う反日情報戦

<<   作成日時 : 2013/06/05 16:19   >>

ナイス ブログ気持玉 95 / トラックバック 7 / コメント 21

対支ODA6兆円を操った売国奴界の元大物・野中広務が黒い晩節を更に汚す…田中・周会談当時、野中は永田町と無縁だった。我が国を覆う反日プロパガンダの洪水。情報戦は激しさを増している。
画像

第二次天安門事件24周年に合わせ、超党派のヨレヨレ訪支団が、北京に招待された。メンバーは野中広務を団長に、仙谷由人(落選)、古賀誠、白浜一良(朝鮮カルト)、穀田恵二(代々木)らである。

“錚々たる”売国奴の集まりだ。この野中訪支団は、6月2日に支那に入り、翌3日には、24年前の殺戮現場に接する北京大会堂で中共の党幹部から労いの言葉を受けた。
▼24年前の6月3日大会堂近くの光景
画像

反日プロパガンダの恒例行事だが、大屠殺の記念日に合わせて媚中派を歓迎するという中共側のスケジューリングは、大胆不敵である。しかし、そこで野中の口から妄言が飛び出したのは予想外だった。

「双方が棚上げし、そのまま波静かにやっていこうという話だった」

中共党序列5位の劉雲山と虐殺現場近くで会談した野中は、そう記者会見で話した。かつて尖閣問題の“棚上げ”で、日支双方が合意していたと言うのである。余りにも奇抜な反日プロパガンダ発言だ…

「田中元首相から当時の状況を明確に聞いた生き証人として明らかにしておきたかった」
▼会見する野中広務6月3日(JNN)
画像

野中が今回創作したストーリーは、昭和47年(72年)に田中角栄と周恩来が交渉した際、双方が“棚上げ”で合意したという荒筋だった。それを野中が直接、角栄から聞いたのだと言い放つ。

因みに劉雲山は20年前に党中央宣伝部に抜擢され、李長春に次ぐナンバー2の地位にあった党幹部。即ち、思想宣伝・反日プロパガンダ工作担当の政治局常務委員だ。情報戦のプロである。
▼反日プロパガンダ担当委員・劉雲山
画像

だが、中共側が用意した設定には最初から、無理があった。読売など各紙の報道によると、野中が角栄から直接聞いたのは、72年の正常化交渉直後だという。なぜ、メディアは直ぐに矛盾を指摘しないのか…

反論するのも呆れるレベルの明白な大嘘である。

【地方議員に“極秘交渉暴露”…】

昭和47年当時、野中広務は一介の京都府議会議員でしかなかった。京都副知事に就任したのが、その6年後。中央政界への進出をはかり、衆院補選で自民党の公認を得たのは、昭和58年のことである。

角栄から直接聞いた時期が、報道通り47年秋であれば驚天動地の減少だ。当時の総理大臣が自民党系の府議会議員ごときに日支間の超極秘交渉をバラしたことになる。最初から無理があった…
▼見事なへつらいっぷりの野中6月3日(共同)
画像

更に、田中角栄は野中だけに語ったのではなく、複数の人間がいる場所で明かしたというのである。劉雲山との懇談で野中は、こう語ったと説明する。

「お互いが話し合いができる道を、また求めるまでは、そのまま波静かにやっていこうという話し合いがあったということを、田中先生から、箱根の研修会で聞かせて頂きました」
▼会見で時事放談する野中広務(FNN)
画像

自民党は今でも箱根で研修会を開いている。青年部や地方議員を温泉街に呼んでセミナーを開き、平河町からやって来た党幹部が話したりするのだ。大勢の研修生が拝聴する講習会の形式である。
▼箱根研修会で講演する谷垣総裁(22年当時)
画像

田中角栄が“超極秘交渉の内容”を暴露した際、野中の他にも多くの“研修生”がいた。その誰もが今まで一切明かしていない。そして、野中自身も急に思い出した…エピソード設定が余りにも陳腐だ。

そもそも、野中は「棚上げで双方が合意」したと主張している。田中角栄の一方的な発言ではなく、極秘裏だったとしても、我が国と中共の当事者が互いに確認し合うものである。
▼上海空港の田中角栄と周恩来72年
画像

中共側が知っていて当然の事柄なのだ。野中に言われて、今の中共指導部が「初めて耳にした」と驚く筋合いのものではない。本当に“棚上げ合意”があったならば、中共が交渉秘録を公にすれば済む。

手練手管の中共指導部にしては、設定が雑だ。

【中共軍を援護射撃する戦争屋】

「尖閣諸島は日本固有の領土であり、現に有効支配している。中国との間で棚上げや現状維持を合意した事実はない。棚上げすべき問題も存在しない」

菅義偉官房長官は6月3日午前の定例会見で、そう語った。時間的には野中広務による六四大屠殺24周年記念会見より前である。官房長官の発言は、中共軍幹部の妄言に対する返答だった。

「当面解決できない場合は棚上げし、対話による解決策を探るべきだ」
▼中共軍副参謀総長の基調演説6月2日
画像

シンガポールで開催された第12回IISSシャングリラ・ダイアログ(アジア安保会議)で、中共軍の副総参謀長・戚建国は6月2日、そう主張した。また過去の尖閣“棚上げ”を「賢明な選択」とも評している。

菅官房長官は、この戚建国発言を明確に否定したのだ。中共側は最近になって尖閣“棚上げ論”を前面に押し出し始めていた。それに対し、日本政府が真っ向から否定するという構図である。
▼菅官房長官の6月3日午前定例会見(NHK)
画像

その渦中で、元官房長官の肩書を持つ野中広務が、いきなり横槍を入れ、事実無根の“尖閣棚上げ論”を「実は日本側が隠していた」と放言。中共による反日プロパガンダの片棒を担いだのだ。

隣に座る仙谷由人も負けを認める本物の売国奴である。野中広務は、日本人の血税6兆円を対シナODAに流し込んだ張本人だ。それだけでも地獄堕ちだが、この期に及んで国土まで差し出そうとしている。
▼売国奴トリオ揃い踏み会見6月3日(FNN)
画像

政界を引退した耄碌爺の戯言では済まない。中共を利するだけではなく、潜水艦が尖閣沖で追尾劇を繰り返す一触即発状態の中、日本人の生命の危機を招き入れる発言だ。絶対に許すことは出来ない。

そして、用済みの元政治家を巻き込んだ中共プロパガンダに加担する反日メディアの悪意も見逃してはならない。昭和47年秋に野中広務が地方議員だったことなど古い国会便覧をめくれば直ぐに判る。

中共が史実を歪曲する“尖閣棚上げ論”で、3年前の侵犯船事件以降、メディアが延々と隠している重要な事実があるのだ。

【ケ小平“棚上げ発言”の真相】

「尖閣諸島についてどう思うか?私のところに、いろいろ言ってくる人がいる」

昭和47年9月27日、日支首脳会談で、田中角栄がそう切り出したのは事実だ。外務省が公開した外交記録に記されている。そして田中の発言を受けて周恩来は、こう言った。

「尖閣諸島問題については、今回は話したくない。今、これを話すのはよくない。石油が出るから、これが問題になった。石油が出なければ、台湾も米国も問題にしない」

これに田中は何も答えなかった。やり取りの背景は、まず1968年に東シナ海の大陸棚に石油が眠る可能性が浮上。70年9月の台湾国漁船魚釣島侵入事件を経て、71年末に中共が領有権を突如主張し始めたのである。
▼北京の田中角栄と周恩来72年9月25日
画像

そして、実際に「棚上げ発言」があったのは、昭和53年(‘78)10月25日、日支条約批准書の交換の為にケ小平が来日した時だった。ケ小平は、こう答えている。

「両国政府が交渉する際、この問題を避けるというこ とが良いと思います。こういう問題は一時棚上げにしても構わないと思います。10年棚上げにしても構いません。我々の、この世代の人間は知恵が足りません」
▼記者質問受けるケ小平S53年10月
画像

メディアでも繰り返し評論家やコメンテーターが引用する発言だ。しかし、これが記者の質問を受けた答えであった事実は、伝えられない。記者クラブ側の質問は、こうだった。

「尖閣列島の帰属について我々は、日本固有の領土である、信じて疑わない、という立場にあるわけですが、トラブルが中国との間に生じて大変遺憾に思っているわけです。この点、副総理はどう考え、この問題についてどうお考えになるか?」

記者クラブの代表質問者が、ツッコミを入れたのである。それを反日メディアなどは「来日した際の発言」として、あたかも福田・ケ会談のやり取りであるかのように扱っている。
▼記者会見を終えたケ小平S53年10月
画像

そして、この記者が指摘した「中国との間に生じたトラブル」に関しては一切口をつぐむ。

【棚上げしたのは中共の武力侵攻】

「漁船二百隻といっても、実際には軽機関銃で武装しており、ある意味で民兵組織に属していたことが海上保安庁からの報告でわかっている」(杉本信行著『大地の咆哮〜元上海領事が見た中国』64頁)

昭和53年4月12日、シナ漁船約200隻が突如、尖閣周辺に姿を現し、うち数十隻が領海に侵入してきた。中共武装漁船の大規模襲来。第1次尖閣クライシスの始まりだった。

関連エントリ:平成24年5月17日『石原都知事“信念の尖閣航路”…直談判で挫折した34年前』

日支条約の交渉が最終段階に入る中、中共は海上民兵を使い、武力で威嚇してきたのだ。記者が指摘した「トラブル」とは、この武装漁船団襲来事件に他ならない。
▼尖閣沖に襲来したシナ武装漁船(琉球新報)
画像

来日の半年前に発生した武力侵攻について、ケ小平は言い逃れできない立場にあった。そこで苦し紛れに言ったのが「棚上げ」なのだ。本末転倒の腐り切った逃げ口上である。

記者会見の応答だったこと以前に、既存メディアは直前の武装船団事件をひた隠しにする。「大人の知恵」でも猿知恵でもない。尖閣軍事作戦の責任者が、侵攻そのものを「棚上げ」で覆い隠そうとしたのだ。
▼新幹線に乗るケ小平S53年
画像

極端な例えにすれば、クウェート侵攻で矢面に立つフセインが国際社会に対して「侵攻は棚上げにしよう」と放言した感覚だ。偉そうに「棚上げ発言」を紹介する識者は決して直前の事件を指摘しない。

これは、中共武装監視船の尖閣沖展開を「国有化以来」と断定的に報じるメディアのトリックと同じだ。尖閣周辺が風雲急を告げたのは、菅政権時の侵犯船事件からである。

【野中が導く情報戦の泥沼】

「野中広務元官房長官のような人の意見に耳を傾けるよう要求する。共通認識に背いた日本の行為が現在の緊張の根源となった」
▼さっそく野中発言を引用して攻撃(JNN)
画像

中共外交部の報道官は大屠殺24周年にあたる6月4日の会見で、野中の嘘を用いてさっそく恫喝した。反日人士の言葉をフィードバックさせる手法は、南鮮も中共も変わらない。

「私はそれを言うために行ったのだから、発言の撤回などしません」

帰国した野中広務も、強気の姿勢を崩さない。準レギュラー出演のTBS系反日プロパガンダ番組で、更にいい加減な発言を連呼しそうな予感がする。
▼会見する野中広務6月3日(FNN)
画像

しかし今回、中共は明らかなミスを犯した。1972年当時の野中広務の肩書を取り違えただけではない。武装船団事件は野中が言う“棚上げ合意”の6年後で、“合意”を思い切り破ったのは中共側になる。

辻褄を合わせるなら、福田・ケ会談の78年10月過ぎにする必要があった。ボケている野中も計算できなかったのか…これは習近平新指導部のケアレスミスだ。
▼野中売国訪支団と工作担当部幹部の懇談
画像

訪支団に加わった野中や古賀、その子分の山本幸三を自民党が即刻除名するのは当然である。同時に、問題の箱根研修会参加者を聴取して野中の捏造証言を軽く覆さなければならない。

反日メディアが野中を担ぎ上げる前に、嘘を白日の下に晒すのだ。しかも、迅速に行う必要がある。

日支冷戦のホットスポットは尖閣周辺海域だけではない。中共を支援する反日メディアの悪意によって今、すべての日本国民が「情報戦の海」に突き落とされた状態にあるのだ。


  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参照:
外務省HP『尖閣諸島に関するQ&A』
日本記者クラブHP1978年10月25日『ケ小平 中国副首相記者会見(PDF)』

参考記事:
■時事通信6月4日『尖閣「日中が棚上げ」=田中元首相発言と野中氏−共産党序列5位と会談』
■時事通信6月4日『尖閣「棚上げ」は「歴史の事実」=中国』
■産経新聞6月4日『野中氏の「尖閣棚上げ」合意指摘、外相と官房長官が全面否定』
■産経新聞6月3日『野中氏が“棚上げ論”共同認識と回顧 新華社報道』
■産経新聞6月3日『中国の尖閣領有権棚上げ提案に「領有権問題はそもそも存在しない」菅長官』
■FNN6月4日『野中氏、「尖閣棚上げ日中合意」との見方 中国メディアは速報』
■石平のチャイナウォッチ6月4日『【緊急寄稿・拡散大歓迎】 野中広務氏のあるまじき発言を糾す!
■人民網6月4日『劉雲山氏が野中広務元自民党幹事長らと会見』
■読売新聞6月4日『尖閣問題「棚上げ」、田中首相に聞いた…野中氏』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 95
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
昭和20(1945)年 ? 大東亜戦争・沖縄戦: 陸戦隊指揮官大田実海軍少将が海軍次官宛に、後世有名...
今日は何の日 6月6日 昭和20(1945)年 ? 大東亜戦争・沖縄戦: 陸戦隊指揮官大田実海軍少将が海軍次官宛に、後世有名になった「沖縄県民斯ク戦ヘリ」の電報を打電。 ...続きを見る
草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
2013/06/06 06:30
中国、日米離島奪還訓練の中止要請 日米「特定の国想定していない」
中国は日米離島訓練を阻止した裏には、尖閣諸島を実効支配を否定しないということを表明したと受け止められても仕方ない。 中国は野中(元自民党幹事長)氏まで利用して、尖閣諸島棚上げ論をすすめているが... ...続きを見る
草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
2013/06/06 21:45
1494年 - スペインとポルトガルの間でトルデシリャス条約が締結。新大陸における両国の境界を定める...
今日は何の日 6月7日 1494年 - スペインとポルトガルの間でトルデシリャス条約が締結。新大陸における両国の境界を定める。 ...続きを見る
草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
2013/06/07 06:09
在特会からのお知らせ その159
★ 1000円寄付のお願い ★ ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 最近の在特会は、活動の幅が広がったことにより必要経費がかさんでいること、また裁判関連の費用も今後さらに負担が増すことが予想されるなど、財政的に黄色信号が灯り始めているのが実情です… ...続きを見る
反日ハンター seesaa猟友会
2013/06/08 09:52
両陛下、迎賓館を訪れられて、フランス大統領にご挨拶。犬HKN7、米中首脳会談のみ・・・。シエとぬぽ
今日の犬HKの夜のニュースも、冒頭は米中首脳会談でした。そんなに米中首脳会談って、今の日本に重要ですか?。昨日のN9でも、冒頭から延々とやっていました。二人の特派員の解説が長かった。片方の女性支局長は、俳優田中邦衛の娘だとか?w。オランドフランス大統領が訪日しているこの時期に、中国習近平国家主席の訪米を、冒頭から延々報じる犬HKの感覚が理解出来ないです。犬HKN9は、終わりの方でオランド大統領の独占インタヴューだけを流しました。両陛下も出席された(と言うか、主催の)、歓迎式典の様子も一切無... ...続きを見る
きらやまと・さらいにこ
2013/06/08 22:38
野中訪中団は「土改連」つながりでは?
&nbsp; 先日訪中し、尖閣諸島について 「領有権問題棚上げの日中合意があった」 と中国側に立った、実に怪しい発言を行っている野中広務元官房長官の意図について、マスコミは色々と報道しているものの、何故か全マスコミが触れていない部分がある。 &nbsp; それは6月2日〜4日の訪中団の面子に関して、 何故このメンバーなのか? という部分である。 &nbsp; 野中氏に同行したのが、古賀誠自民党元幹事長、仙谷由人元官房長官、穀田恵二共産党国対委員長、阿部知子衆院議員(... ...続きを見る
賭人がゆく (Yahoo!ブログ)
2013/06/09 15:22
louis vuitton outlet
Mr.売国奴=野中広務の無惨…六四訪支団が誘う反日情報戦 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Το ?ρθρο αυτ? γρ?φτηκε το ακριβ?? Ωστ?σο, αν θ?λετε να δε?τε σχετικ? ?ρθρα μπορε?τε να δε?τε τι? πληροφορ?ε? εδ?:louis vuitton outlet,http://www.fortsask.ca/fortsask/lv.aspx ...続きを見る
louis vuitton outlet
2013/11/09 22:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
仙石や野中など国益を損ねている人間にど〜して議員バッジを付ける資格があるのか何よりそこが理解出来ない。

各々の地元で抗議をするとか、日本を壊す議員は除名出来る法案を作るだとか、
外側の事より内側での自由と言う名の履き違えた温床によって、
より問題が深刻化されたものだと考えます。

これこそ大逆事件として処分すべき問題だと思います。
名無し
2013/06/05 18:35
アネモネさんの仰る通り、まさに情報戦の様相を呈してきましたね。反日マスコミに負けないよう真実の情報を拡散していかなければならないと痛感いたしました。日本は絶対に勝つと信じています。
yosinaripon
2013/06/05 20:36
>名無し様
売国発言するとメディア露出が増えるという構造に問題が…一方、4月に北京入りした加藤紘一にしても仙谷にしても、選挙で有権者に叩き落とされたことを中共は理解できないみたい。

>yosinariponさま
中共の反日工作は劣化しつつも余り変わらないのですが、参院選に向けて国内の反日勢力が、なり振り構わぬ情報戦を仕掛け続けています。しかもピークは公示直前になるでしょうね。
アネモネ
2013/06/05 22:54
シナの諺に「隣国の無能な使者がきたら歓待し、有能なら冷遇せよ」とありますが
野中 仙石 古賀とあまりに屑すぎて戦略にもなりません。
まあ天安門の魔除けに使われた特定日本人でしょう。

 
-d-
2013/06/05 23:27
やっぱり野中は何時まで経っても野中だった
いくら貰ったのか知らんが、自民党が一番腐ってた頃現役で最悪の腐臭を放ってた野中らしいわ。
売国奴 野中
2013/06/06 02:23
ゾンビを退治しよう
、獅子奮迅の活躍を続ける安倍首相が背後から鉄砲で撃たれないようにと思っていたが、早くも足を引っ張るBKDが現れた。
2日の赤旗紙上で96条改正に反対し、「憲法の平和主義は世界遺産」と述べた古賀誠元自民党幹事長は靖国神社遺族会の会長でありながら媚中派であり、加藤紘一は今年の1月に赤旗紙に登場し、野中広務は平成21年に登場している。
これに自分の選挙区と全国3000箇所に江沢民の銅像を建てようとした二階俊博を加えたら、そうそうたる自民党BKDの揃い踏みである。
既存メディアは媚中を止めようとしない。
ゾンビ
2013/06/06 02:29
死ぬまで売国奴・野中広務
売国奴というのは、自国の国益をないがしろにして敵対する国の利益のみを主張する輩を言いますが、この野中は正に売国奴中の売国奴という事になります。
こんな奴は本当に早くくたばって欲しいものです。どれほどわが国の国益を毀損したら気が済むのか。
どうしたら、こんな悪党面になるのでしょう? 誰だって高齢になれば「好好爺」(こうこうや)などと呼ばれて人相は良くなるものです。しかし、この人物だけはいつまで経っても悪党面ですね。根っからの反日売国奴が自民党政権の中枢にいた訳ですから、本当に恐ろしい限りです。
 どうして、こうも中国共産党が喜ぶことを、わざわざ支那に出かけて行って喋るのだろう。中国共産党の機関紙『人民日報』は4日にこの野中訪中を一面トップで伝えた。早速この野中の売国発言を取り上げ、「日本政府は野中氏の呼びかけに耳を傾けるべきだ」などと評価した。
何で、こんな老いぼれ野郎の与太話を政府が聞く必要があるのか。本来なら国家反逆罪で逮捕して牢獄にぶち込まなければならない人間です。このような人間がいることで、どれほど日本が迷惑を受けるのか。この男は考えたこともないのでしょうか。
死人に口無しと言うか、そもそも外交文書とは両国が印鑑をついたものがなければダメでしょう。証言ほどあてにならないのは、慰安婦の件でも明らかではないですか。この野中も嘘をついていると言うよりは、高齢で頭がボケてしまっているのではないか。
しかし、現在の安倍政権は本当に安心して見ていられます。かつての自民党には媚中派と呼ばれる奴らがウヨウヨいて、本当に気味悪かった。何故、自由民主党が言論の自由も民主的選挙もない共産党独裁国家とあのように親しかったのか?
余程裏で美味いことがあったのでしょう。巨額なODAなどの資金が国内に還流して政治家の懐に入っていたのかも知れません。

死ぬまで売国奴・野中広務
2013/06/06 02:41
野中、仙谷、古賀、穀田…顔ぶれを見ただけでヨレヨレ訪支団の素性が丸見えです。
出発に先だち、シナ様からは発言内容について一字一句レクチャーを受け、且つカネをしこたま受け取っての訪支だったに違いありません。
しかし野中の大誤算は、当時の生き証人が今も健在であることを忘れていたことでした。見え見えのウソをしゃあしゃあと吐くところなんぞ、すっかりシナ人になりきってしまったようです。
我が国が憂うべきは、慰安婦・領土・歴史認識等々すべての面で“内なる敵“をウヨウヨと抱えていることだと思います。
風来坊
2013/06/06 08:33
“臭気ふんぷん”の野中発言を検証する
田中・周恩来会談で尖閣問題で「棚上げ合意」があったとする自民党元幹
事長・野中広務の誤算は、まだ「生き証人」がいっぱいいることを失念し
ていることであろう。
72年の会談に携わった外交筋は「死人に口なしだと思ったら違う。本筋を
知っている人は多い。」と、合意の存在を真っ向から否定する。事実筆者
も田中角栄から尖閣への言及について「あのまま帰ったら、右翼に殺され
ちゃうから触れただけだ」と聞いたことがある。
野中は中国ペースに引きずり込まれたか、自らそのペース乗ったかのいず
れかであろう。疝気筋の“ねつ造”は国益を害すること甚だしい。
北京の記者会見における野中発言は、1972年9月の日中国交正常化首脳会
談直後に箱根で開かれた自民党田中派の青年研修会で、田中が「尖閣諸島
の領有権について日中双方が棚上げを確認したと」語ったというものである。
田中は外務省の中国課長・橋本恕(のち中国大使)の徹底的なレ
クを受けて、すべてがピシリと頭に入っていた。天才政治家が命がけで
行った交渉である。理論武装は完璧であり「棚上げ合意」などという、日
本の対中外交にとって致命的な発言をすることはあり得ない。
尖閣は日本固有の領土であり、交渉の対象にはなり得ないのだ。
杉浦 正章
2013/06/06 15:30
尖閣「生き証人」のうさん臭い告白
野中広務元官房長官と鳩山由紀夫元首相の姿が、ぴたりと重なってみる。
尖閣諸島(沖縄県石垣市)を「侵略しに来ている」(外務省幹部)中国へ
と、のこのこ出かけ、相手の意向に沿った発言をするところなど、そっく
りである。
「当時のことを知る生き証人として、明らかにしたいという思いがあった」
野中氏はこう語るが、どうもうさん臭い。野中氏によると、昭和47年9月
の日中国交正常化から間もないころ、箱根で開かれた自民党田中派の研修
会で田中角栄首相(当時)から直接聞いたことだという。
だが、現職の首相だった田中氏が、当時は一介の京都府議だった野中氏
(衆院初当選は58年)らに重大な「国家機密」を漏らすだろうか。研修会
で語られた話が、今回の証言まで一切表に出なかったというのもあまりに
不自然ではないか。
筆者は、野中氏が自分の主義・主張を通すために論点を誇張したり、事実
関係を無視したりする場面を何度も見聞きしてきた。
「君らと違い、戦争を知る世代として言うが…」
野中氏は現役時代、若手政治家らの外交・安全保障に関する自由な議を、
この一言で封じてきた。
阿比留 瑠比
2013/06/06 15:56
▼野中氏は当時の田中角栄首相から直接聞いたというが眉唾である。日本
側の外交記録には一切ないという。公式でない首脳発言だったとしても、
首相ともあろう人が軽々にしゃべるとは考えにくい。ミステリードラマで
はないが「誰かそのことを証明できますか」と聞きたい。
▼百歩譲って田中氏がそう語ったとしても、中国要人に「ご注進」するこ
とではない。案の定、中国側は大喜びで国営通信やテレビを通じ、発言を
伝えた。官房長官や自民党幹事長として、国益を守るのに腐心した方では
なかったのか。(産経抄)
日本人
2013/06/06 16:01
不思議なことは、同行した山本幸三のことがほとんど取り上げられないことです。水間政憲さんのブログ意外に取り上げられたブログに遭遇したのはここのブログだけです。
現職の国会議員ですし、もっと問題になるはずです。
kamekichi
2013/06/06 17:04
NHKの解体8割以上が求める【my日本 意識調査】「ニュース番組が一番ひどい!!」「反強制的に視聴料金を徴収する組織としては明らかに問題があり、国家と国民の為に成らない番組編成が多い」反日NHKは解体
みなさまからいただいた受信料は反日偏向報道番組に大切に活用させていただいています。
犬HK
2013/06/07 15:52
NHKの解体 8割以上が求める【my日本 意識調査】
国内最大手の政治経済系SNSサイトの株式会社my日本(本社:東京都千代田区、代表:西田省人)は、政治に関心の高いmy日本会員7万人に対し、NHKについてのアンケートを実施しました。


回答者の9割以上が考えており、その内の8割以上が解体を求めていることが分かりました。
・中国、韓国に対して同情的な感じがする。朝日新聞と同じ二大非国批判マスコミであると思う。
 もう少し、国民の立場に立って報道すべきであると思う。
・ニュース番組が一番ひどい!!
・視聴料を徴収し、反日放送を繰り返すNHKは日本の公共放送ではない。
・受信料を国民から無条件で徴集し、国営放送局と名乗っているにも関わらず、 日本国の国益に何ら供与していない。
・国民から公共放送だからというだけでお金をむしり取り、国を貶める放送を国外にも流している。NHKは公共放送とはいえ立場上は国営放送の役割も担うべき。国会の管理が行き届かず誤ったプロパガンダに利用されるのであれば解体されるべき。
寄せられたコメントは以上のようなものがありました。
日本人
2013/06/07 16:05
NHK「週刊みなさまの声」2013.5.27(月)〜2013.6.2(日)で、5月31日放送の『「NHKニュース おはよう日本 けさのクローズアップ“ヘイトスピーチ” 日韓友好の街で何が・・・』が【反響】463件で第1位となった。
第1位となったNHK“ヘイトスピーチ”特集への【反響】463件の内容は、「放送内容への意見等」となっている。
このようなNHKによる極端な偏向報道に対し、視聴者から抗議の電話、メール、FAX、手紙などが殺到した!
いったいNHKは、どういうつもりで、ここまで一方的でバレバレな偏向報道を行ったのだろう?
可能性の一つとして考えられるのは、民主党議員の有田芳生による働きかけだ。
日本よりも韓国や北朝鮮が好きで、在日から違法献金も受け取っている民主党議員の有田芳生は、「NHKニュース おはよう日本」で5月31日に“ヘイトスピーチ”特集が放送される前日の5月30日からツイッターで番組内容を宣伝していた。
aritayoshifu/有田芳生 2013/05/30(木) 19:48:42
明日朝7時からのNHK「おはよう日本」でヘイトスピーチについて10分ほどの特集が放送される予定です。日本の現状が国際的にも批判されていることなどが紹介されます。 NHKで報じられるのは、初めてのことです。
また、日本よりも韓国や北朝鮮が好きで、在日から違法献金も受け取っている民主党議員の有田芳生は、「ヘイトスピーチ」という言葉を流行語にしたいと宣言している。
日本人
2013/06/07 16:19
自民党のパチンコ議員岩屋たけし祭り
日韓スワップ延長反対の意思表示を!
どうやら自民党内部の親韓派が日韓スワップ延長の働きかけをしているらしい。
皆でスワップ延長反対の意思表示をしよう。
その中で一番疑惑が濃い人が岩屋たけし。
ただし本人は否定。(肯定したら議員生命オワリ)
が、過去の発言などを見ればパチンコまみれなのは確実のよう。
http://stoppachinko.blogspot.com/2011/06/blog-post_04.html


反パチンコ
2013/06/07 17:23
6月6日、東武東上線大山駅南口で、有田芳生が街頭演説を行ったのだが、そこに集まっていた【支持者?】たちが韓国国旗(太極旗)や北朝鮮国旗(藍紅色旗)を振りながら「韓国のために頑張れー!」、「マンセー!」、「有田先生、我らのためにがんばってください!マンセー!」と声援を送った!
その様子がYou Tubeに掲載されているので、是非ご覧ください!
■動画
民主党6月6日都内一斉街宣 東武東上線大山駅南口(1)熊木美奈子都議 有田芳生参議院議員2013/6/6
http://www.youtube.com/watch?v=sQBHiRc9CAA

マンセー
2013/06/08 13:26
NHKが中国監視船の「漁船襲撃」を隠蔽―「頑張れ日本!全国行動日本のマスメディアが逐一報じる中国の監視船の尖閣諸島沖における「接続水域航行」「領海侵入」だが、二十六日の監視船三隻による領海侵犯だけはいつもと一味違った。なぜならそれは魚釣島周辺の領海で操業する日本漁船への「取締り」を目的としたものだったからだ。
この日、尖閣諸島周辺の領海では、保守系政治団体「頑張れ日本!全国行動委員会」のメンバーや一般参加者らを乗せた日本の漁船4隻が航行していた。
海上保安庁の巡視船の見事な連係により、漁船団は固くガードされ、監視船は手も足も出せなくなり、最後は撤退を余儀なくされたのだった。
ところがこの日、共同以外のマスメディアは監視船の「侵入」「退去」は報じたものの、監視船の漁船襲撃事件(あるいは海保による監視船排除)には一切触れなかった。
現実として中国の武装船団は公然と領海を侵犯し、海保巡視船をもものともせず、日本の漁民の生命と財産を脅かそうとしたのである。現地では緊迫感が充満したが、メディアがこれほど鈍感(危機感欠如)だから、一般国民はいつまで経っても国の危機の到来に気付けずにいる。メディアに猛省を促したいところだが、ただそうした中、NHKについてだけは「鈍感」というより「良識」を問題にしなければならない。
なぜならNHKのカメラも現地にいたからである。その日のNHKテレビニュースを見ると航空機から撮影していた。

犬HK
2013/06/08 15:48
韓国在住の米国人女性、容姿重視の社会風潮に「耐えられない!」と帰国
韓国は昨年ブラジルを抜いて世界最大の美容整形国家となり、国民1人当たりの美容整形回数世界最多となった。米国人のアシュリー・ぺレスさんは20代の女性作家。韓国で英語を教えていたが、あまりにも容姿にこだわる韓国の社会が嫌になり、仕事を辞めて帰国を決意した。

「私は背が高すぎるし、太り過ぎだし、色黒。韓国人の美的水準からは大きく懸け離れている」とペレスさん。ダイエットのために黒豆とブドウ、ダイエット飲 料しか取らない同僚や、ほんのちょっと色が黒いだけで同級生から「アフリカ市長」というあだ名でからかわれて泣いている小学生を目撃し、外見を過度に重視 する韓国に嫌気が差したという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130606-00000033-rcdc-cn

嫌韓
2013/06/08 18:46
野中が目を瞑ってしゃべっているのは、自分の本心に逆らって、ウソをついているからではないでしょうか?あまりにも異常な目閉じ会見です。死後の地獄の場面を脳裏に浮かべながらの会見だったのでしょう。
アルマジロ
2013/06/09 17:57
の中も朝鮮パンパンババーと一緒ということで
パンパン
jj
2013/06/14 20:07

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

Mr.売国奴=野中広務の無惨…六四訪支団が誘う反日情報戦 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる