尖閣訪問“十烈士”の決意…同行拒んだ反日メディア

電撃的に魚釣島を訪問した10人の日本人有志。同行して迫力ある映像を捉えたのは外国の通信社だった。一方で、反日メディアは意図的に尖閣から距離を置いた。
画像

「自分の信念に従って上陸しました。日本政府は、尖閣が自国の領土であることを行動として取ってこなかった。それを志ある日本人がやることは当たり前の話です」

魚釣島を訪問した後、8月19日午後4時過ぎに石垣島に戻った荒川区の小坂英二区議は、メディアの質問に対して堂々と受け答えた。反中共系デモで馴染み深い小坂区議がNHKに登場するのは痛快だ。
▼取材に応じる小坂区議8月19日(NHK)
画像

大東亜戦争末期に起きた疎開船「千早丸」襲撃・遭難の悲劇。洋上慰霊祭は8月19日早朝から行われた。乗船した普天満宮の権禰宜が執り行う厳粛なものである。
▼魚釣島沿岸に到着した慰霊船団(AFP)
画像

その後、相次いで10人が海に飛び込み、魚釣島の土を踏んだのは、午前7時40分過ぎだった。小坂区議は作業着にライフジャケットをまとい、岩場まで泳いだ。突発的な訪問について、小坂区議はこう語る。

「過去の慰霊祭では約束通り上陸はしなかったが、もう限界、堪忍袋の緒が切れた」
▼同じ船にはイリハム氏の姿も8月18日(AFP)
画像

限界とは、シナ人不法上陸をめぐる政府の対応に関してだった。不逞シナ人へのカウンター・アクションであるよりも、屈中姿勢の政府へのデモンストレーションの意味合いが濃かったようだ。
▼石碑前で合掌する訪問メンバー(ロイター)
画像

小坂区議は手持ちの日の丸を岩場に掲げるなど2時間ほど滞在。他の上陸メンバーと共に読経をあげたという。島で慰霊を行いたいとの思いは果たされた。

【尖閣史に刻まれた集団訪問】

この日、魚釣島を訪ねたのは小坂区議のほか、茨城・取手市の小嶋吉浩市議や鈴木章浩都議ら5人と地方議員と水島総幹事長ら「頑張れ日本」のメンバー5人。この中で先陣を切ったのが水島幹事長だった。

「これから上陸します。魚釣島の船着き場付近に突っ込みます」
▼海中に入る水島幹事長(AFP)
画像

そう宣言すると水島幹事長は「第一桜丸」から海に飛び込んだ。魚釣島の岩場まで距離は10㍍以上。命綱は付けているが、ライフジャケットはない。波は荒く、岩礁で激しく砕けている。
▼ロープを用い相次ぎ上陸(ロイター)
画像

「頑張れ日本」は侵犯船事件以降、「第一桜丸」を中心に尖閣周辺での集団漁業活動を行っているが、メンバーが島を訪問するのは初めてだ。水島幹事長は19日夜の会見を含め、中心的な役割を担っていた。
▼会見する訪問メンバー8月19日(共同)
画像

「あえて上陸することで日本人の志を示したと思っています。日本は尖閣を中国の手に渡してはならないという心意気を、全国に発信できたら成功と言える」

小嶋吉浩市議は会見でそう語った。この席で水島幹事長が、どのような発言をしたのか既存メディアは伝えていないが、主張に食い違いはないだろう。尖閣を守るという意志で貫かれた行動だ。
▼会見する小嶋市議8月19日(ANN)
画像

会見では尖閣対応をめぐる政府批判など憂国発言が噴出した模様だが、詳細な内容を伝えた報道機関はなかった。帰国した不法侵入シナ人の暴言を垂れ流す編集方針とは実に対照的である。

第一報の時点からメディアは意図的に、訪問した10烈士が軽犯罪法違反容疑に問われる可能性をクローズアップしていた。沖縄県警は20日夕方になって「立件見送り」を明らかにしたが、当然の処置だ。
▼八重山署前の共同取材8月20日(ロイター)
画像

過去16回、尖閣を訪問した石垣市の仲間均市議は13回も書類送検されている。船舶安全法違反といった別件で罪に問われたのだが、それが異常だった。

2年前の侵犯船事件以降、仲間市議が冤罪でペナルティを受けることはなくなった。不逞シナ人を無罪放免にする一方、自国民を断罪すれば、世論は沸騰する。尖閣を取り巻く状況は変わっているのだ。
▼灯台附近の丘を登る訪問者(ロイター)
画像

そうした変化に気付きながら抗っているのが、反日メディアである。今回の10烈士の行動は、改めてメディアの異常性を浮き彫りにした。

【同行取材で最接近は外国通信社】

シナ人の不法上陸劇では、香港・フェニックスTVのクルーが乗船した。通常の同行取材とは異なり、ご丁寧に公務執行妨害の証拠映像まで公開するファナティックな中継リポートだった。

それに対し、今回の大規模な洋上慰霊祭に日本のメディアが同行するのか否か、注目された。現段階では判別不能の部分もあるが、ほぼ予想通りとも意外な結果とも言える。
▼岩場で日の丸振る訪問者8月19日(NHK)
画像

総勢20隻を超す慰霊船団に同行し、映像を公開したのは、共同通信とNHK、日経新聞だった。これが意外な点だ。熱意とは無関係で資料として残す必要性に迫られただけの可能性も捨て切れない。

同行取材で最も迫力ある映像を捉えたのは、フランスのAFP通信。アントニー・バウザー記者は、水島幹事長の乗る漁船に乗船、海に飛び込む瞬間もキャッチした他、事前インタビューも記事化している。


参考:AFP8月19日『尖閣・魚釣島に日本人10人ほどが上陸』

民放各局は壊滅的だ。船舶からの映像を使っているのはANNだけで、他の系列は空撮のみ。沖縄に系列局を持たないNNNなどは、AFPの映像をクレジット付きで使用する始末だった。

民放は各局とも沖縄系列局の取材力が強くないが、同じ日に起きたシナ国内の官製デモには、内陸部の奥地まで記者を派遣しているケースもあった。バランスを欠いた取材姿勢が透けて見える。
▼成都でリポートするTBS記者8月19日(JNN)
画像

更に新聞報道を調べると、スタンスの問題では済まない疑惑が浮上する。慰霊船団同行がハッキリしているのは産経新聞と日経新聞。20付け産経新聞の1面トップ写真には撮影者の名前も刻まれていた。

予想通りだったのは、朝日新聞と毎日新聞だ。

【正念場迎えた反日メディア】

「公務執行妨害にあたるような抵抗はなく、妥当な措置だ」

朝日新聞は17日付の社説で不法シナ人の強制送還を評価。実行犯側の自供や海保側の証言があるにも係わらず、巡視船へのコンクリ片投擲を公務執行妨害に該当せずと断言した。



その一方で、日本人有志による慰霊訪問については “市民”の声を取り上げて「地元に困惑が広がった」などと間接的に批判。取材は、社機からの空撮のみで、海面から水平方向に撮影した画像はない。
▼社機による空撮19日午後(朝日)
画像

一方の毎日新聞も、同行取材は行わず、ロイターの画像を堂々と転載。そして何故かJNNと同じく、官製デモの取材に成都に取材班を派遣…奇妙すぎる偶然の一致だ。
▼独自取材した成都の官製デモ8月19日(毎日)
画像

朝日と毎日の報道姿勢はまるで示し合わせたかのようである。シナ人が不法侵入した8月15日から、尖閣諸島はホットスポットと化した。慰霊船団の尖閣訪問は取材対象としてバリューが高い。

とりわけ、お盆の1週間は、省庁の休みで「発表もの」がなくなり、ニュース項目を埋めるのも四苦八苦の状態。報道機関では“夏枯れ”と呼ばれる時期に当たる。
▼毎日新聞の掲載写真(ロイター)
画像

その中、敢えて朝日と毎日は取材班を整えなかった。尖閣をめぐる日本人の積極的な活動を矮小化させただけではない。重要なのは「同行しなかった」という事実を中共に向けて発信したことなのだ。

中共シンパに定期的に求められる「表態=態度表明」である。これは中共が指示するのではなく、シンパが媚び諂うものだ。かつて仙谷由人が、うっかり口走った「柳腰」に相通じる。
▼魚釣島に泳いで渡った烈士8月19日(ロイター)
画像

こうした中共シンパは、日支間で懸案が持ち上がると「大局を見据えた冷静な対応」を日本側にだけ要求する。「大局」の正体はいつまでも不明で、実際は「リアクションするな」と言っているに等しい。

その末に危機的状況が立ち現れたことを直視しなければならない。果たして反日メディアは、今後も安全保障問題で中共独裁政権を支持する姿勢を貫き通すのか…いきなり正念場がやってきた。
▼戦没者を追悼する訪問メンバー(ロイター)
画像

竹島・尖閣の“同時発火”。歴史認識が巧妙に味付けされた国防問題で、これ以上一線を譲り続けるのは難しい。今、波状攻撃を受けているのは、反日メディアだ。

  

最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

****************
【side story】
暫く休止していましたが、何事もなかったかのように更新しようかと…まだ丁寧にコメントをお返しする余裕もないのですけれど、突如、我が国を軸に北東アジアが激動期に入るかどうかのターニングポイントがやって来た予感がします。

最大級の問題は、李明博の不敬暴言。エントリ上ノータッチですが、もちろんスルーしているのではなく、事の重大性に激しく動揺している状態です。

参考動画:
YouTube産経新聞『尖閣の魚釣島に日本人10人上陸 慰霊祭参加の都議ら』(チャンネル桜提供映像)


参考記事:
■産経新聞8月19日『戸惑いと共感 海保「止めようがない」、地元「当然やるべき」』
■共同通信8月19日『日本人10人、尖閣上陸 都議や県議ら、海保が事情聴取』
(↑)リンク先から動画へ
■日経新聞8月19日『尖閣上陸は茨城の市議ら10人 海保が事情聴取』
(↑)リンク先から動画へ
■時事通信8月19日『尖閣、日本人上陸に苦慮=早期収拾の思惑外れる-政府』
■時事通信8月19日『日本人10人尖閣に上陸=日の丸掲げる、地方議員ら-政府許可せず、沖縄県警聴取へ』
■日刊スポーツ8月19日『日本人市議、区議ら10人が泳いで尖閣上陸』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 99

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

八目山人
2012年08月21日 05:26
テレビや新聞を読んでいるだけでは、何がどうなっているのか全く分からない。

片山さつき議員のブログには、日本人がこんな事をするなんて中国人と同じだ、という書き込みも出るくらいで、本当の所はなんなんだろうと思っていました。
AFPやロイターの報道の方が正確に報じているなんて、とんだお笑いです。
本当のことが良く分かりました。ありがとうございます。
風来坊
2012年08月21日 09:07
不逞シナ人をお咎めなしで放免したり、東京都の上陸申請に対しては申請書の書式も示さないで結論を先送りしたり…民主党政権は堕ちるところまで堕ちてしまいました。洋上慰霊祭に同行しなかった我が国のメディアもこの政権と同罪です。
それにひき替え、上の最後に掲載されているチャンネル桜の動画には涙が出ました。
中村
2012年08月21日 20:45
戦争は始めたときからどうやって終わらせるかを考えねばならないのは事実だが、民主は対支那(中国とは呼びたくない)・対韓国いずれも日本が引く形での落し所を探しているようにしか見えない。
それが証拠に対支那の尖閣の問題にしても、対韓国の天皇陛下に対する無礼や竹島の問題にしても対抗措置を検討はしていても、実施はしていない。検討は日本国内向けのポーズに見える。
今は引くべき時ではない。徹底的に押し出すべきときです。
敵は内外にあり。民主には嫌でも支那・韓国と戦うように仕向けねばなりません。
素浪人
2012年08月21日 23:29
いや、感心しました。ここまで、尖閣慰霊祭問題で、反日マスゴミの分析をしているブログも無い様に思います。捏造放送教会(通称:NHK)の放送も、酷いものです。支那人の喚きを、わざわざ訳して字幕で表示している、それも執拗に。本当にこいつらは許せません。打倒マスゴミ・反日日本国籍者(日本人とは敢えて呼びません)、これこそ、日本国民決起ののろしとなるでしょう。
2012年08月22日 01:58
>八目山人さま
外国の通信社が手厚く報道するのは、2年前の尖閣デモ報道と同じ構図ですね。前夜の出港時、石垣島にいた記者が同行せず、翌夕の帰りを待つという“取材態勢”にはビックリです。

>風来坊さま
島での慰霊が当初の焦点でした。桜が提供した「祈りの姿」が重要かと。この営みに対しても「遺憾」と表現する官邸や、同列で論じるメディアの姿勢は、実に際立っています。
2012年08月22日 01:58
>中村さま
確かに、初めから「落し所」を探る意図が感じられます。政府内にいるのは、どう立ち回るか…考えている連中ばかりで、国家の大計など微塵もないように見えます。

>素浪人さま
侵犯船事件をめぐる国民のピュアな反応を反日メディアは体感しています。報道全般から見た直感的な印象なのですが、これまでと違って瀬戸際の焦りが滲んでいるように感じます。
とと
2012年08月22日 12:03
朝日新聞は溝脇ってカメラマンが撮った泳いでる水島社長の写真が
20日朝日新聞の長官一面で載ってましたよ
2012年08月22日 23:41
>とと様
情報ありがとうございます。ネット上の検索が足りず、濡れ衣を…あとは、時事通信が不明です。AFP通信との写真提携から見送っただけなのかも知れません。

この記事へのトラックバック

  • 尖閣上陸日本人を貶めるシナメディア

    Excerpt: 昨晩 (8/18) から今朝にかけての当地(香港)のTVニュースでは、「がんばれ日本」有志と国会議員、地方議員による尖閣慰霊祭と上陸の映像を延々と流していた。 ニュースタイトルは、 「右翼赴釣島」 。.. Weblog: 賭人がゆく racked: 2012-08-21 03:33
  • 尖閣侵犯の香港保釣=過激“民主派”の実像、駄目対応の日本政府

    Excerpt: さて、いままでの日本の報道では、香港保釣メンバーについて詳しい説明が為されていないようなので、今回TVに露出していた人物を中心に述べてみたい。 8/18 の香港TVニュースでは、釈放されて香港に帰って.. Weblog: 賭人がゆく racked: 2012-08-21 12:32
  • 「全国一斉日韓国交断絶国民大行進・関西」のお知らせ

    Excerpt: 全国一斉日韓国交断絶国民大行進・関西 9・23全国一斉日韓国交断絶国民大行進 その時は、いま 反韓の声、列島を覆う! 韓国による天皇陛下冒涜を絶対に許すな! 李明博の竹島「不法入国」糾弾! .. Weblog: 反日ハンター seesaa猟友会 racked: 2012-08-21 19:30
  • 【尖閣】慎太郎知事に責任転嫁する日刊”環球時報”ゲンダイ

    Excerpt: 朝日新聞は人民日報日本版と揶揄される。それ以上に親中色を強めている日刊ゲンダイは環球時報日本版と呼べる。 その日刊ゲンダイが尖閣問題で石原知事叩きを行っているが、それは中国マスコミの論調と一致している.. Weblog: 一筆斬撃blog帳 racked: 2012-08-21 22:21
  • 9月の三宮定例街宣のお知らせ

    Excerpt: 三ノ宮定例街宣 日時:9月2日(日) 午後3時から午後4時半 場所:神戸・三ノ宮アーケード街東側出入口歩道周辺      (JR・阪急・阪神・市営地下鉄「三ノ宮」下車 徒歩3分) テーマ:.. Weblog: 反日ハンター seesaa猟友会 racked: 2012-08-22 19:37
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 尖閣訪問“十烈士”の決意…同行拒んだ反日メディア 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Ovaj ?lanak je napisan ta?no Me?utim, ako ?elite vidjeti .. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 22:15