暴発と爆発のシナ暗黒大陸…広州大暴動「血の3日間」

広州で3日間連続した農民工の大規模暴動。迫真の映像がネットに流出する中、各地では公安や党支部を狙った爆発事件が連続した。天安門事件22周年の直後、シナ大陸に狂乱の風が吹き寄せる。
画像

シナ南部の最大都市・広州市郊外の大規模騒乱で、ついに中共軍が動員された。6月13日未明、現地に入ったのは広州軍区の兵力2,700人。一部情報によると騒乱エリアは軍事管制下に置かれたという。

これまで特警や武装警察など1万人規模の弾圧部隊員を投入したにも係らず、当局は騒乱を鎮静化させることが出来なかったのだ。住民暴動が頻発するシナ大陸だが、軍の派遣は稀で事態の深刻さを物語る。
▼市街地を行進する武警部隊6月13日(ロイター)
画像

匿名を条件でCNNの取材を受けた実業家は、街では治安部隊が展開する中でも強奪や暴行が横行し、緊迫した状況が続いていると明かした。また別の住民はRFAに対し、こう語る。

「午後8時以降、すべての道が封鎖されているので誰も外出することが出来ない」

夜間外出禁止令が出ていることは確実だが、それがどの程度の広がっているのかは不明だ。最初に騒乱が発生したのは、広州市郊外の増城市新塘鎮。6月10日の午後9時過ぎだった。
▼公安車両を襲撃する群衆6月11日(茉莉花革命)
画像

「治安隊員に蹴られた」

路上で衣類を販売していた夫婦が当局に雇われた人物に暴行を受けたのをきっかけに、騒ぎが拡大。集まった群衆がレンガやペットボトルを公安に投げつけ始めたという。

混乱は一時終息する気配を見せたが、11日未明には再び投石が始まり、騒乱状態に発展。その規模は数千人に膨れ上がり、公安車両20台以上を燃やすなど大規模な暴動に発展した。
▼破壊された公安車両6月11日(茉莉花革命)
画像

6月11日の段階で、増城市内に展開する特警の装甲車両が確認されている。しかし暴動は終息せず、拡大の一途を辿り、附近の村にも飛び火した。

【妊婦をリンチ殺害…拡散する噂に激高】

暴動3日目を迎えた6月12日、新塘の街の目抜き通りで抗議デモが発生。出稼ぎの農民も加わり、規模は数万人に達したという推計も出ている。非道な中共の治安当局でも青褪める多さだ。

緊急動員された治安部隊員は催涙弾を発射し、排除を進めたが鎮静化・制圧に失敗。大群衆は車両襲撃に留まらず、公安施設にも押し掛け、火を放った。焼き討ちである。
▼火を放たれた公安車両6月11日(ロイター)
画像

新塘の複数の公園が怒れる群衆に占拠された他、一部が警戒ラインを突破し、附近の村に進出。暴動は周辺エリアにも広がった。現地からの情報によれば死傷者は100人を超え、数百人が拘束されたという。

10日夜に始まった騒乱は、中共軍派遣と外出禁止令で当局側が抑え込んだ模様だ。だが、群衆の不満は何も解消されず、14日も治安部隊総動員の厳戒態勢が敷かれている。
▼市街地に結集した群衆6月12日(ロイター)
画像

破壊と銃声にまみれた「血の3日間」…露天商の夫婦への暴行という一見、ささいな出来事だった。それが大規模暴動に繋がった背景には、通信網による噂の拡散とシナ特有の階級社会があった。

夜の路上で腹部を抱えて倒れ込む1人の女性の写真がネット上にアップされた。四川省出身の王联梅さん、20歳。画像からも彼女が妊婦であることがハッキリ判る。
▼路上に横たわる王联梅さん6月10日(茉莉花革命)
画像

10日夜に起きた暴行事件の証拠写真だ。スーパーの前で露店を開いていた王さんに、当局が雇った人物が場所代を請求。トラブルの末、夫と共に公衆の面前で激しく殴打された。見せしめの制裁リンチだ。

ところが、周りにいた同業者が一斉に抗議。その場で乱闘が始まったという。王さんは後に病院に運ばれた模様だが、噂は瞬く間に広がっていった。

「妊婦が蹴り殺された…」
▼群衆と対峙する治安部隊6月12日(ロイター)
画像

夫が殺害されたという情報も同時に流れる。騒乱の拡大に慌てた地元政府は翌日、王さん生存を強調したが、一部の住民は「真実の隠蔽」と反発。11日の暴動拡大の要因になった。

現場の目撃情報だけでは噂の広がりも限定的だったかも知れない。だが、決定的な証拠写真の確保が状況を劇的に変化させた可能性がある。発達した通信網と無関係ではないのだ。

【ネットに映像氾濫…ジャスミンの蕾】

路上に倒れた妊婦…それを誰が撮影し、どのような手順で通信網にアップしたのかは不明だ。暴動の発生段階ではシナ版の偽ツイッター「新波」が機能し、情報統制が効かなかった。
▼集合住宅から騒乱跡を撮影6月11日(茉莉花革命)
画像

中共のネット統制は予め指定した禁忌ワードには魔力を発揮するが、党幹部や人権活動家以外の個人名には直ぐ対処できない。当局が規制するまでの隙を突いて拡散したと想像する。

恐らく拡散の媒体になったのは、携帯端末だ。途上国では通信費不要の赤外線通信による画像・動画の交換をよく見掛ける。1人が画像を入手すれば、周囲の複数がコピーして入手できる仕組みだ。
▼襲撃を受けた公安車両6月12日(ロイター)
画像

また携帯のSMSも頻繁に使われる。中共でネット発の革命は期待できないが、携帯を手掛かりにした反体制情報の共有には淡い希望を抱く。シナ部品で安くなった携帯が北京を脅かすなら痛快極まりない。

一方、ネットが無力だったとも言い切れない。YouTubeには広州暴動のリアル映像が多数アップされている。規制が強まったと思われる6月12日の映像も含まれているのだ。



解像度や音質から携帯のカメラで撮影したものがメーンだろう。シナ版の偽YouTube「youku」経由も多く、オリジナルの特定は難しいものの投稿する手段は完全に失われていなかった。

チュニジア発の政府転覆スタイルが中共に伝播することには相変わらず絶望視しているが統制を突破するケースは局地的に起こり得る。加えてシナ版のジャスミン革命を志す者たちも予想外に健闘している。
▼詳細な情報を伝える注目blogトップ画像
画像

シナ国内の民衆蜂起を支援する「中国茉莉花革命発起者」というブログは、広州暴動に関しても14日までに20本の記事をアップ。中には75枚の画像を集中掲載したものもあった。

参照:『中国茉莉花革命发起者』

中共のサイバー部隊からDoS攻撃を受けているのか異常に重く、アクセス困難なケースが多いのだが、情報と画像の収集能力は驚異的だ。潰される前に複数のミラー設置など防衛策を薦めたい。
■最初の夜の騒乱を捉えた動画

そして今回の広州大暴動で、もう一つの見逃せない要素が、内陸と沿岸の“争い”だった。

【“三級市民”10万人のレジスタンス】

「同郷の妊婦が公安に殴打された」

敏感に反応したのは同じ四川出身の出稼ぎ労働者だった。露店を営む同業者も同郷の者が多かったという。そして12日に規模が膨れ上がったのは、四川の出稼ぎ農民が一斉に参加した為だった。
▼路上で介抱される王さん6月10日(茉莉花革命)
画像

暴徒化した一部は公安車両に加え駐車中の自家用車も破壊。車を運転していた広州市民が群衆に包囲され、ガラスを割られるケースがあった。また銀行や商店も標的となった。

低賃金で重労働に従事する四川の農民工。90年代から沿岸部でも有数の豊かな都市として知られる広州の市民。圧倒的な格差が、導火線に火を付けたのだ。
▼ビルの窓ガラスも破壊6月11日(茉莉花革命)
画像

「彼らは周りから差別や虐待を受けます。上司や地主、地域の住民。彼らは第二、あるいは第三級市民として扱われているのです」

RFAの取材に、そう背景を指摘する者もいる。虐げられる内陸出身者の一斉蜂起だ。震源地となった新塘に暮らす四川人は約10万人。中共軍派遣は、膨大な人数の叛乱を予測した結果に違いない。
▼広州郊外を行進する特警部隊6月13日(ロイター)
画像

同じ広東省の潮州では、陶器工場で働く四川出身の親子が賃金の未払いに抗議した所、逆に暴行を受けて重傷を負う事件が発生。怒った同郷の労働者らが6月6日に一斉蜂起した。

抗議に立ち上がった農民工は約1万人で、地元政府の庁舎を取り巻き、車両を焼き討ちにしたという。こちらは四川人vs潮州人の構図だ。広州暴動は、その余震が収まらない中で起きたのだ。
▼潮州の大規模騒乱6月6日(大紀元)
画像

格差社会どころではなく、本物の階級社会だ。共産国家では農民は農民のまま、赤い貴族の子は貴族だ。現在、中共幹部は農民工の暴発に警戒感を抱いているが、それを揶揄するシナ版アネクドートもある。

「このままだと中国で共産革命が起きてしまう」
▼湖北省利川で住民と対峙する武警部隊6月9日(AFP)
画像
都市住民への敵視姿勢は、象徴的なものに過ぎない。農民工の怒りと不満の矛先は明確に、地元政府=党支部へ向けられている。

【標的は公安と党…連続爆破事件に震撼】

広州市新塘の大規模暴動では、地元政府の庁舎も焼き討ちにあった。12日夜の襲撃で炎上したと見られるが、修復作業は進まず、無残な姿を晒している。
▼炎上した新塘の政府庁舎6月14日(ロイター)
画像

最初に騒乱が起きた新塘鎮大敦村の共産党支部も標的になった。建物は無傷のようだが、門扉は押し潰されている。村を支配する最高意思決定機関。出稼ぎ労働者も、どこか伏魔殿なのか知っているのだ。
▼襲撃跡が残る共産党委員会6月14日(ロイター)
画像

シナ各地では先月から政府庁舎・公安施設を狙った爆発事件が相次いでいる。端緒となったのは、5月26日に発生した江西省撫州市のケースで、しかも連続爆破事件だった。
▼江西省撫州市の爆破事件現場5月26日(ロイター)
画像

午前9時過ぎから約30分の間に政府庁舎2ヵ所と市検察庁舎で連続爆発が起きた。当局は5人が負傷と発表し、審理に不満を持つ地元農民の犯行を仄めかしているが、爆発の規模は大きく、疑問点が多い。
▼撫州市の大規模な爆発・炎上5月26日(新華社)
画像

そして6月8日、山東省徳州市で公安局のビルが炎上。翌9日には河南省鄭州市公安局と湖南省来陽市の公安施設で爆発が起きた。当局は一部の爆発について火薬類の不始末と説明するが、真相は不明だ。
▼炎上する徳州市公安局ビル6月8日(半島網)
画像

翌6月10日、今度は天津市の共産党委員会と市政府庁舎の前で爆発が起きる。事故ではなく明らかな爆破テロで、現場には爆破物の破片が散乱。武装警察が緊急出動する事態となった。



相次ぐ爆発事件は地域も状況も異なり、関連性は見当たらないが、時間的には異常な密度だ。我が国のメディアはシナのスイカ爆発を取り上げる一方、深刻な公安施設の連続爆破事件は殆ど無視している。

海外メディアも似たようなものだ。第2次天安門事件の22周年を迎えた6月4日、カメラは通常警備で平穏な広場の風景を追った。そこでアクシデントが起きる確率はゼロに近く、余りにも無意味だった。
▼22周年を迎えた天安門広場6月4日(共同通信)
画像

暗黒大陸シナの実像は別の所にある。それは党支部や公安を狙った爆破事件であり、広州郊外で起きた「血の3日間」だった。相次ぐ騒乱に絡んで中共人民法院の幹部は12日、扇動者に向け、こう宣言した。

「死刑判決および即執行も辞さない」

’89年の春と何が違うのか…冷酷で非道な素顔は党の創設から90年、一貫するものだ。むしろ、国際社会の歯止めが利かなくなった今、状況は悪化している。


  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1
政治ブログランキング

画像
******************
【Side Story】

■路上で倒れている女性が被害者=王さんなのか、不明瞭な部分もありましたが、後日、当局が事態鎮静化を意図して公表した写真)と照合した結果、横顔が非常に似ていたことから当人と断定しました。
▼入院・治療中の王さん?(香港アップル日報)
画像


■6月11~13日の画像でロイターとクレジットしたものの中には、ネットに流出した投稿画像が含まれています。

■YouTubeで「新塘」を検索すると多くの動画がヒット。オリジナルの特定は難しい状況です。興味深い動画としては激しい銃声が入っているものがあります。無音の後、1分30秒くらいから発砲音が聴こえます。



参考記事:
■読売新聞6月14日『中国・広州近郊の大規模暴動、14日も厳戒』
■CNN6月14日『中国・広州郊外で労働者らが連日デモ 治安部隊と衝突』
■WSJ6月14日『中国増城市の暴動で治安警察が厳戒態勢―12日夜にも発生』
■AFP6月14日『中国・広州で1000人規模の暴動、ネット上のうわさが発端』
■サーチナ6月14日『広州デモの群衆が暴徒化、軍2700人投入、夜間外出禁止令も』
■時事通信6月14日『暴動の町で夜間外出禁止=警官ら1万人が警戒-中国広東省』
■大紀元6月14日『広州市で参加者1万人の暴動、死傷者情報も 当局「死刑も辞さない」と糾弾』
■RFA6月13日『Hundreds Detained in Guangdong』
■毎日新聞6月14日『広州郊外で暴動 1000人以上が警察車両など襲撃』
■J-CAST6月13日『広州で1000人規模の大暴動発生 パトカー次々と破壊し、建物に乱入』
■朝日新聞6月13日『中国・広州で3日連続暴動 労働者の不満が爆発』
■WSJ6月13日『中国で社会騒乱相次ぐ―天津で爆発、広州では暴動』
■大紀元6月12日『增城大规模抗暴持续 警车被烧』
■大紀元6月9日『1万人抗議活動へ発展 賃金不払いと傷害事件きっかけに=広東省潮州市』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 99

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

花うさぎ
2011年06月15日 09:32
アネモネさん

さすがだ!(^^)。
タイの日系社長より
2011年06月15日 10:40
この記事のまとめ方は、実に要領を得ていて、すぐに情勢が理解できたので助かりました。
ありがとうございます。
もう、中国へ製造業の投資をするには危険な時期にさしかかったのは、事実のようです。
DA
2011年06月15日 11:00
素晴らしい記事。
そして分析です。
ありがとうございました。

日本のマスゴミは見習えと言いたい。
020117970339
2011年06月15日 20:07
東(ひむかし)の 野にかぎろひの 立つ見えて
かへり見すれば 月かたぶきぬ 

柿本人麻呂

225149714461.tumblr.com
菅首相の異常な演説
2011年06月16日 03:09
菅首相「(俺の顔が)本当に見たくないのか?x3 なら法案通せ!ウェーハッハ」(動画あり)2011/06/15

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4752171.html
3:50-4:30まで

この記事へのトラックバック

  • 尖閣諸島を守る石垣集会、18日開催

    Excerpt:   南・西・東シナ海でキバを向いた支那中共   「蒙古 の 祖国復帰 、 釣魚島 の 回収   沖縄 を 取 り 戻 す 」支那高官 が 主張  「中国の不当上陸を許さない-尖閣諸島を守る集い」が6月.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」2 racked: 2011-06-15 09:36
  • パチンコは国を滅ぼす

    Excerpt: 『レジャー白書2010』によれば、パチンコの参加人口は1720万人、2009年の市場規模は21 兆650億円だという。 Weblog: 風林火山 racked: 2011-06-15 19:24
  • 「必殺仕事人」が懐かしい

    Excerpt:   花うさぎの「世迷い言」(29)   菅直人 、 日本国民の怒り を 知れ!   今こそ恨み を 晴らすぞ! と 叫ぼう ・ 私の記憶違いかも知れないが、たしか岡田民主党幹事長は今週中に両院議員総会.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」2 racked: 2011-06-16 09:16
  • 「日本人の誇り」 藤原正彦氏著

    Excerpt:   日本人よ、覚醒し、奮起せよ!     誇り を 取り戻す には 東京裁判 の 否定   自主憲法 の 制定 、 祖国 の 自主防衛!  昭和十六年十二月八日、日本は西太平洋に浮かぶハワイ真珠湾に停.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」2 racked: 2011-06-17 07:09
  • 覇権狙う中国の腹黒さ

    Excerpt: 数週間前、関西から東京への新幹線のホームに、見覚えのある人物とすれ違った。 Weblog: 風林火山 racked: 2011-06-18 00:13
  • 「節電」で子供を洗脳か:資源エネ庁

    Excerpt: 「節電ヒステリー」の拡大も、ここに極まれり。 資源エネルギー庁はどういう料簡で子供たちに「節電」洗脳を行なうつもりなのだろうか。 japan.internet.com   6 月 15 日 6 時 3.. Weblog: 賭人がゆく (旧・「賭人の独り言」) racked: 2011-06-18 01:22
  • 「日本を守り抜く!」国民集会&デモ行進

    Excerpt:   恵隆之介氏「日本を守ろう!国民会議」が主催   沖縄尖閣 を 守れ 、 日米同盟強化 、 中   国 の 侵出抑止 、 自衛隊配備 を 訴え! デモに乳母車って頑張れでお馴染みの光景になりました。.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」2 racked: 2011-06-18 08:22
  • 【必見】 中国 VS ベトナム 青山繁晴

    Excerpt: アジアにおける戦争の危機が迫っているという。 Weblog: 風林火山 racked: 2011-06-18 23:53
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 暴発と爆発のシナ暗黒大陸…広州大暴動「血の3日間」 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Makala hii iliandikwa halisi Hata hivyo, kama unataka ku.. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-11 02:00