その名はF機関:完全版…大東亜戦争の英雄・藤原岩市

旗印は自由と友情…藤原岩市大佐が率いた「F機関」には大東亜戦争の大義が包み込まれていた。若き陸軍参謀の貴い志は、戦後アジアの大国に満開の花を咲かせる。新たな写真を加えた完全版で再掲。
画像
昭和16年12月8日、日本時間午前1時30分。

わが帝国陸軍第18師団の佗美支隊はマレー半島のコタバルに上陸し、日英開戦の火蓋が切って落とされた。これは真珠湾攻撃の1時間50分前の出来事であった。

その報せを受け、バンコク市内にいた一人の大使館職員は、それまで秘していた身分を明かし、直ちに作戦行動に移る。帝国陸軍の諜報エリート・藤原岩市少佐だった。

藤原岩市氏こそ、アジア解放・諸民族団結の大御心を実践した大東亜戦争の英雄の一人である。そして彼が率いた「F機関」の軌跡に、大東亜戦争の真の崇高な目的が集約されていた。
画像

その活躍は昭和41年、本人の手でまとめられた『F機関』(原書房)の中に詳しく書き残されている。

昭和6年に陸軍士官学校を卒業した藤原岩市は、広東攻略戦に第21軍参謀として従軍した後、16年に南方総軍参謀としてマレー作戦に参加する。それが我が軍のマレー快進撃を陰で支えた

開戦直前に藤原少佐に与えられた指令は、東アジア各地にあったインド系秘密結社IIL(アイアイエル)との接触だった。バンコクでIILの指導者と密会を重ね、日本軍への協力を取り付けた藤原少佐は、開戦直後、秘密結社の指導者・プリタムシン翁を伴って飛行機で最前線に降り立つ。
▼大東亜戦争緒戦のマレー快進撃
画像

このプリタムシン翁は、戦場でインド人同士が混乱することを危惧して、腕章を巻くことを提案していた。誰にでも判る簡単な目印だ。アイディアとして浮かんだのが「F」のマークだった。

それは、フリーダム、フレンドシップ、フジワラの頭文字。僅か11人のメンバーで始まったF機関の誕生である。とりわけ「フレンドシップ」は、この機関の特徴を物語るものであった。

【非武装で北緯1度へ疾走する】

F機関が進めたのはマレー半島に暮らすインド系住民への宣撫工作であった。つまり、白人植民地からの解放を旗印に、東亜民族の団結を謳い、日本軍への協力を求めるものだ。

「私達の仕事は、力をもって敵や住民を屈服するのではない。威容をもって敵や住民を威服するものではない。私達は徳義と誠心を唯一の武器として、敵に住民に臨むのである」

藤原岩市氏はF機関の立場を、そう説明する。この言葉に偽りはなく、F機関メンバーは、一貫してほぼ丸腰で活動を続けていた。
▼マレー半島・イポーのF機関本部
画像

F機関は、英領マレーのアロースターに最初の陣地を獲得するが、ここでもたらされた些細な情報が、後にインド史をも塗り替えることになる。

我が軍が快進撃を続ける中、その地方に取り残された英軍の一部隊があった。イギリス人将校一人のほか、兵士は全員インド系だという。

そこで藤原機関長とインド人指導者プリタムシン翁は車にインド国旗を付けて、敵陣に乗り込み、イギリス人将校に投降を要求。武装解除に成功する。
▼インド兵に投降を呼び掛ける我が軍部隊
画像

インド人兵は、糸車の描かれた国旗を見て、愕然とした。そして、藤原機関長はその場で演説を始める。

「諸君!私はインド人将校との友好を取り結ぶためにきた日本軍の藤原少佐である」

この言葉がヒンドゥー語に訳されると兵士たちは、どよめいたという。そして完全な武装解除が行われたが、その際、率先して兵士に指令を出す一人のインド人将校の姿が藤原機関長の目に留まった。

その人物が、INA(=インド国民軍)の創設者となる歴史的人物モハーシン大尉であった。この時、運命の歯車が少しでも狂っていたら、シンガポール攻略もインパール作戦も形を変えていただろう。

【インド兵を感動させた昼食会】

アロースターの町は、権力の空白で風紀紊乱が著しかった。インド人やマレー人の不逞分子がシナ人商店や家を襲って、財産の収奪を始めていたのだ。

町に入った藤原機関長は、惨憺たる光景を重く見て、モハーシン大尉に治安維持を取り仕切るよう申し出る。驚いたのは当の大尉だ。昨日まで敵だった外国人に警備を任せるとは…

藤原機関長はこう述懐している。

「私は絶対の信頼と敬愛を得ようとすれば、まず自ら相手にそれを示す必要があると信じた」

インド人兵にとって、白人に代わってやってきた日本人は信頼に値するアジアの仲間であった。それは藤原機関長が何気なく開いた昼食会で、いっそう鮮明になる。
▼モハーンシン大尉
画像

12月17日、藤原機関長は、IILメンバーやインド人将校、下士官全員を集めてささやかな昼食の機会をもった。テーブルにあがったのはインド料理だった。

藤原機関長本人によるとその昼食会は「インド人将校の間に驚くべき深刻な感動を呼んだ」という。特にモハーシン大尉は感激のあまり椅子から立ち上がりスピーチを開始した。

「戦勝軍の要職にある日本軍参謀が、一昨日投降したばかりの敗戦軍のインド兵捕虜、それも下士官まで加えて、同じ食卓でインド料理の会食をするなどということは、英軍の中ではなにびとも夢想だにできないことであった。

 藤原少佐の、この敵味方、勝者敗者、民族の相違を越えた、温かい催しこそは、一昨日来われわれに示されつつある友愛の実践と共に、日本のインドに対する誠意の千万言にも優る実証である」


他の兵士も満面に共感の意を現し、割れるような拍手を送ったという。そして藤原機関長はフォークを使わず、素手でカレーを平らげた。伝説が生まれた瞬間であった。

山下閣下にINA創設を要請】

我が日本軍はマレー半島の各地に投降を呼びかける宣伝ビラを撒いた。そして、そのビラを大切に握りしめて投降してくるインド兵が後を絶たなかった。

マレーに張り巡らされたインド系住民のネットワークが、一方で日本軍の進撃を支えたのだった。余り知られていない史実である。

F機関は同志となったインド兵を宣伝員として密かに敵エリアに送り出し、インド人部隊の説得に当たらせた。これは危険な賭けだった。宣伝員のインド兵が英軍にわが軍の情報を内通する可能性もあったからだ。

しかし、杞憂だった。数十人の宣伝員のただ一人、寝返ったり通牒したりする者はいなかった。それについて藤原機関長は、こう述懐している。

「例え一時でも一抹の懸念を持ったことを恥じた。つい2週間前まで英国王に絶対忠誠であったインド人将兵が、反英独立闘争の逞しい心理戦戦士に一変するとは、民族の魂の偉大さをまざまざと悟らされた」
▼2008年に発刊されたF機関とINAの研究書
画像

藤原機関長は現地部隊と本国司令部との狭間に立たされる、いわゆるアラビアのローレンス的な苦悩を感じることもあった。

しかし、我が日本軍の首脳は愚かではなかった。アジア民族の連帯は大御心に添う大東亜戦争の本旨だった。それを証明する出来事が起こる。

昭和16年の大晦日、藤原機関長はモハーシン大尉から重要な申し出を受けた。それはINA(=インド国民軍)の創設を願い出るものだった。重大な問題だ。要求の中には「INAを日本軍と同盟関係の友軍と見なす」といった条文もある。

だが、全てを受け入れた藤原機関長は、その足で山下奉文将軍の司令部を訪れ、認可を取り付ける。インド兵を信頼していたのはF機関だけではなく、名将・山下奉文閣下も同じだった。
▼英軍が降伏した山下・パーシバル会談
画像

かくして昭和16年12月31日、INAはマレー半島の片隅で産声を上げた。間もなく…そのインド人待望の国軍は、シンガポール陥落直後に公然と姿を現すことになる。

そして、その軍隊はインド独立の巨大なうねりをもたらすことになる。

【5万人を魅了した大演説】

昭和17年2月15日、シンガポールは我が軍によって陥落し、夕方には英軍のパーシバル将軍が降伏文書にサインして戦闘は終結する。

翌々日、英軍のインド兵捕虜をF機関が代表して接収することになった。市内のファラ公園にインド兵が集められた。その数に、日本軍が驚愕する。

交戦中、英軍のインド兵は多くて1万5000人と推定していたが、実際には5万人いたのだ。公園はインド兵で埋め尽くされた。
▼ファラ公園に集まった大群衆
画像

「親愛なるインド兵諸君!」

5万人を前に藤原機関長は堂々の大演説を行う。

「シンガポールの牙城の崩壊は、英帝国とオランダの支配下にある東亜諸民族のしっこくの鉄鎖を寸断し、その解放を実現する歴史的契機となるであろう」

満場の聴衆は熱狂状態に入り、言葉が翻訳される度に、拍手と歓声で言葉が継げなかったという。そして、こう続けた。

「そもそも民族の光輝ある自由と独立とは、その民族自らが決起して、自らの力をもって闘い取られたものでなければならない。

 日本軍はインド兵諸君が自ら進んで祖国の解放と独立の闘いのために忠誠を近い、INAに参加を希望するものにおいては、日本軍捕虜としての扱いを停止し、諸君の闘争の自由を認め、また全面的支援を与えんとするものである」

▼大群衆を前に堂々演説する藤原機関長
画像

そう宣言すると全インド兵は総立ちになって狂喜歓呼した。40分にわたる大演説は、INAにとって歴史的契機になると同時に、インド独立運動史に残る歴史的な宣言になったという。

昭和17年4月、藤原機関長は帰任の指令を受けて南方戦線から離れることになった。送別の宴で藤原機関長は、INA将校から額に納められた感謝状を贈られる。

そこには「幾十万の現地インド人の命を救い、その名誉を守った」と最大限の感謝の言葉が綴られていた。

翌朝、INA軍楽隊が吹奏する中、藤原機関長の乗った飛行機はシンガポールの空に消えていった。これをもってF機関は使命を終えた。

だが、置き土産は余りにも大きなものだった。祖国解放の国軍となったINAは、より巨大な軍隊になり、日本の降伏後もインド独立の中核となったのだ。

【征け、デリーへ…インパールの絆】

F機関解散から2年…藤原参謀は、インパールで再びINAと巡り会う。

しかし、そこには盟友のモハーンシン将軍(大尉から昇進)の姿はなかった。戦時下のベルリンから来日を果たしたインド独立の巨星チャンドラ・ボースが全軍を率いるリーダーとして登場していたのだ。
▼スバス・チャンドラ・ボース将軍
画像

インド北東部のインパール攻略戦で、藤原岩市参謀は地獄を見た。戦闘は悲惨な結果に終わるが、そこにあったINAの存在を忘れてはならないだろう。

合い言葉は「チェロ、デリー」(征け、デリーへ)。祖国を目前にしたボース将軍の気概は凄まじく、日本軍の転進を許さなかった。

「日本軍が作戦を断念しても、INAは作戦を続行する。死傷の続出、補給の途絶も進軍を中止する理由にならない。全軍魂かいになっても祖国への進軍を止めないのが革命軍の本領である」
▼インド国民軍の婦人儀仗隊
画像

インパールの戦いは、INAの視点から追うと、まったく様相が異なる。なぜ、この作戦が進められたのか…それはF機関をはじめ、日本軍がINAとの約束を果たす為でもあった。

援蒋ルートの断絶だけではなく、そこには崇高な目標があった。チャンドラ・ボースを筆頭にインド兵はビルマの山岳地帯で死力を尽くして戦い抜く。日本にとっては悲劇的な戦いであったが、決して無益な作戦行動ではなかった。
▼インド領内に進軍したINA部隊
画像

この作戦を戦い抜いたことでINA兵士は、インド国民から熱狂的に支持されたのだ。その事実は、大東亜戦争の本質を明かすものである。

【巨大な城塞に響いた独立の声】

インパール作戦で冒されたマラリアの発作で藤原岩市参謀は入院していた。その病床で終戦の大詔を聞く。この時、自決した何人もの同志がいた。そして、共に戦った仲間の多くが散華していた。

生き残った藤原参謀には、また過酷な運命が待ち受けていた。軍事法廷に呼び出されたのだ。その法廷はインドの首都デリー。出発の前夜、藤原参謀は隠し持っていた青酸カリを棄てた。ある決意を胸に秘めていたのだ。

「わがインド工作は単なる謀略ではない。陛下の大御心に添い、建国の大理想を具現すべく身をもって実践したことを強調しなければならない」
▼ボースの遺刀を寄贈する藤原参謀S43年
画像

デリー市内のレッドフォート(旧ムガール朝の城)に収監された藤原参謀は、裁判で主席弁護士を務めるデサイ博士から、そっと囁かれる。

「インドの独立は程なくまっとうする。そのチャンスを与えてくれたには日本である。独立は30年早まった。これはビルマなど東南亜諸国共通である。インド国民は、これを深く肝銘している。国民は日本の復興に、あらゆる協力を惜しまないだろう」

博士の言う通りだった。英国によるINA軍事法廷は、インド国民の独立へのうねりを呼んだ。昭和20年11月に第1回の法廷が開かれた時、主要都市では民衆が蜂起し、カルカッタでのデモは10万人に膨れ上がった。

「インド万歳」を叫ぶ民衆の声は、収監中の藤原参謀の耳にも届いたという。
▼藤原参謀が収監されたレッドフォート
画像

2回目の法廷では、ゼネストが起こり「INAの英雄を救え」の大合唱が続いた。そして、遂には英軍の艦船20隻が叛乱軍に奪われる事態にも発展する。

英国植民地政府は、第3回法廷でINA全将校の釈放を決定。その約1年後にインドは悲願の独立を達成する。

その歴史的な変革を藤原参謀は首都デリーの小さな部屋から見守っていた。不思議な運命である。

【グローリアス・サクセス】

藤原参謀は、インドからシンガポールのチャンギー刑務所に移送される。旧帝国軍人が不当な裁判で次々に死刑台に送られた地獄だ。極東軍事裁判にも増して、そこは英軍の復讐の場でしかなかった…
▼INA部隊を閲兵する東條首相とボース将軍
画像

そこでも1年以上にわたり、藤原参謀は尋問されるが、ついに罪に問われることはなかった。戦時下でも武器を持たずに行動していたことがギリギリの局面で参謀を救ったのだ。

英軍の尋問者たちは、常に訝っていた。

「貧弱な組織で、グローリアス・サクセスを収めたと言っても誰が信じようか」
▼インパール戦線の日本・INA連合軍
画像

藤原参謀は自分達が持っていたものは少なかった、と答える。そして英国軍には決してなかったものが日本軍にあったと断言する。

「英国も和蘭も植民地域の産業開発や道路や病院の整備には目を見張る業績があった。しかし、それは自分たちと一部の特権階級のためにだ。絶対の優越感を驕って現地住民に対する人間愛がない。

 私は、私の部下とともに、身をもって、敵味方、民族の相違を超えた愛情と誠意を、硝煙の中で、彼等に実践感得させる以外に途はないと誓い合った。そして、至誠と信念と愛情と情熱をモットーに実践これを務めたのだ。私はそれだと思う。成功の原因は」


英国人は最後に、こう言った。

「貴官に敬意を表する。自分はマレー、インドに20数年勤務して来た。しかし、現地人に対して貴官のような愛情を持つことが遂に出来なかった…」

戦後、藤原岩市参謀は自衛隊創設と同時に入隊し、陸将を務めた後、昭和61年に世を去った。厚い友情で結ばれたモハーンシン将軍とは、昭和29年にインドを訪問した時に再会している。
▼再会した藤原参謀とモハーンシン将軍
画像

将軍と一緒にシーク教徒の聖地ゴールデン・テンプル(黄金寺院)に招かれた英雄は、万を超える群衆から歓迎を受け、盛大な式典が行われたという。

現地の新聞には大きな見出しが踊っていた。

「INAの産みの親フジワラ元帥がゴールデン・テンプル往訪」



  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1
政治ブログランキング

画像

*****************
【Side Story】
平成18年の開戦記念日にあわせたエントリーは、後半部分をカットしたもので、オリジナルはイザ版に前後編でアップしました。

本エントリは、誤字脱字を訂正しましたが、加筆はなく、新たに“入手”した画像を差し込んだものです。

本年の大東亜戦争メモリアル記事は、近々改めてアップする予定です。

一部の新しい写真は、平成20年8月15日に発行された『インド国民軍を支えた日本人たち』(企画:日本会議事業センター 発行:明成社)から拝借しました。こちらも絶版の『F機関』と同様に素晴しい内容の本です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 105

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

花うさぎ
2010年12月09日 13:43
素晴らしい!

当時このエントリーを読んで感動したものでした。よくぞ復刻してくれました。

この復刻もシリーズ化して改めて紹介して欲しいです。
風来坊
2010年12月09日 18:20
開戦記念日にふさわしいエントリーに再び巡り会えて感激です。
あれからもう4年経ちましたか。当時、『F機関』と『ハリマオ』のエントリ-に感銘し、市立図書館で両者の本を探し当て、藤原やハリマオ・谷豊の活躍の詳細を知ったわけですが、彼らはまさに“大東亜の御心”をそのまま体現した軍人であり日本人だったと思います。
安手の価値観で、口を開ければ“大東亜”を非難する左翼人士に是非とも読ませたい本です。
スレ違い済みません
2010年12月09日 22:13
笑いどころのようです。
 ↓ ↓ ↓


ノーベル平和賞に対抗 “茶番劇”孔子平和賞に失笑 本家同様、受賞者不在
2010.12.9 21:04

http://sankei.jp.msn.com/world/china/101209/chn1012092107004-n1.htm

 「孔子平和賞」受賞となった台湾の連戦元副総統の代理として、トロフィーを受け取る少女(左)=9日午後、北京市内(共同) 【北京=川越一】中国の民主活動家、劉暁波氏に対するノーベル平和賞授賞に対抗して、急遽(きゅうきょ)設立された「孔子平和賞」の授賞式が9日、北京市内で行われた。初代受賞者に選ばれた台湾の連戦・中国国民党名誉主席は受賞を拒絶。本家と同様、受賞者不在というおまけがついた“茶番劇”に、報道陣から失笑がもれる一幕もあった。

 「孔子平和賞は長い間準備してきたものだ」「連戦氏は当代の平和に貢献した」「(劉暁波の)3文字とは関係ない」-。選評委員会の譚長流委員長(北京師範大博士)が顔を真っ赤にして訴えた。

 孔子が論語の中で述べた「和をもって貴しとなす」の心を設立理由に挙げ、ノーベル平和賞への対抗措置であることを否定。だが、パンフレットには「ノーベル平和賞は世界中の人々に開放され、少数派の推薦で決めてはならない。同賞は多数派とは言い難く、不公平さ、誤謬(ごびゅう)は免れない」と明記されている。

 インターネットを通じた投票に基づいて選出したといいながら、サイト名や調査期間の公表を拒否。台湾メディアが連戦氏の受賞拒否についてただすと、「拒絶などできない…」としどろもどろに。同氏に正式に通知すらしていないことも明らかになり、最後は無関係の少女にトロフィーを渡してお茶を濁した。

2010年12月09日 23:51
こんばんは。
大東亜戦史の秘話をありがとうございます。マレー半島の上陸とその後の快進撃には、そんな裏があったのですね~。勉強になりました。
2010年12月10日 01:04
>花うさぎ様
予てからのリクエスト、有り難うございました。イザ版に未カット編を掲載していたのを思い出して、まとめてみた次第です。実は書き終えた原稿ファイルが破損、サルベージ不可能となった為の緊急措置だったのですが、時局と無関係の2~3編は復刻できるかな…

>風来坊さま
もう4年前になるんですね。初期より、お世話になっています。完全版とは名ばかりで、その後、手に入った資料は僅かでした。一方でボースの“名誉回復”に伴ってINAのリスペクトが進み、海外発の新事実が出てくる予感もします。
2010年12月10日 01:09
>スレ違い~様
もう大爆笑です。孔子お笑い大賞でしょうか。壮大なギャグにも見えます。中共はこのところ、失態続きですね。10日のオスロ官製抗議でも何かやってくれそうで、期待が高まります。

>現役保険営業マン様
こんばんは。やはり緒戦のマレー快進撃は、世界を驚かせるに充分でした。前線の活躍が続いたことと工作機関という性格上、一般的な戦記物からは割愛される傾向にあるようです。日露戦争時の明石大佐のケースと比べると不思議な感じはあります。
2010年12月10日 07:29
アネモネ様、

いつも本物の歴史の詳細を記しいただきて心より御礼申し上げます。

現時点においては、おかしい考え方の政権下ではありますが、そのおかげで、平和ぼけしている方々に真の歴史を伝えることができたと思います。また、良き愛国心をも創るきっかけになったこととも思います。

ここひと月にて潜在的憂国人を数多知ることができました。今の日本は先人たちの偉業によりて築き上げられたことが伝われば、今をしてまで眠っておられる先人らも喜んでくれると思っています。

いつも貴重なるトラックバックをありがとうございます。

世界で一番、戦争に強い国は、日本です。強大な軍事力を以てしても最後は精神力勝負です。

いつもありがとうございます。


まつかぜ
2010年12月10日 11:08
驚きと感動をもって拝読しました。大東亜戦争の持つ世界史的な意味、崇高な理想をあらためて認識しました。
有り難うございます。
反日電波アジア支配
2010年12月11日 23:23
▽[政治]タイの反日ドラマ終了
 タイの反日ドラマ「プラチャンバーンPrachanbaan」が10日にようやく終了しました。
 バンコク在住の方からいただいたメールでは、最後は日本軍を裏切ってタイ人華僑勢力と協力して生きていくことを決意した女性兵士が幸福になるという結末だったそうです。
なるほど、中共に組していれば幸せですよ、という宣伝なわけです。中共~タイ~ラオス間に高速鉄道、北京と結ぶ計画を京華時報が宣伝しているのと符号します。
中共は東南アジアへの経済支配を強めていくでしょう。それなのに日本企業はノー天気に反日ドラマにCMを出すとは目先の利益しか考えていないということでしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=8gwxT20LZcc


    ∧__∧
    ( *イ∀)  ヒドイ、ヒド過ぎる!
   .ノ^ yヽ、
   ヽ,,ノ==l ノ
    /  l |
"""~""""""~"""~"""~"
よろしく
2010年12月15日 11:24
『 F機関 』を映画化して欲しいです
実写はレベルが低く安っぽい映像になるので、アニメで映画化して欲しいです

本当なら、黒澤明に実写で映画化して欲しかったけど。。。
しげる
2010年12月21日 20:48
初めて知り感銘を受けました。
日本はインドともっともっと関係を深めるべきですね。安倍首相は素晴らしかった。

この記事へのトラックバック

  • カルタゴは何故滅んだのか?!

    Excerpt:   カルタゴは何故滅んだのか?!  カルタゴ(現 チュニジア 共和国)は紀元前250年頃、地中海に覇を唱えていた大国でした。  第2次ポエニ戦争に負けて、戦勝国から武装を解除させられ、戦争を放棄するこ.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-12-09 13:46
  • ホモ監督に制作された、左翼が大好きな名作映画『 二十四の瞳 』について

    Excerpt: ←はじめにクリックお願いします m(__)m 私は子供が出てくる映画を最近よく見ます。名作として知られる『二十四の瞳』(1954年)を少し前に見て、前から書こうと思ってましたが、この映画は戦後左翼.. Weblog: うぃすぱー・ぼいす racked: 2010-12-09 14:03
  • 大東亜戦争開戦記念日の今日

    Excerpt: 開戦の記念日今日はつつしみてひと日居りなん敷島の地に Weblog: 愛国の煙草 racked: 2010-12-09 19:40
  • やはり出てきたソ連。

    Excerpt: 賢明なる日本国民の皆様、これが普通の状態です。 Weblog: 愛国の煙草 racked: 2010-12-09 19:41
  • 自国は自国で護る。開戦記念日の今日。

    Excerpt: 今日は開戦記念の日。 Weblog: 愛国の煙草 racked: 2010-12-09 19:42
  • 【中井氏非礼発言】国会の事務所に血判付き抗議文

    Excerpt: >【中井氏非礼発言】国会の事務所に血判付き抗議文 脅迫視野に捜査 警視庁 2010.12.9 13:14 Weblog: 愛国の煙草 racked: 2010-12-09 19:43
  • 孔子平和賞?受賞者不在//

    Excerpt: ここまできたら泣けてきます。 Weblog: 愛国の煙草 racked: 2010-12-10 01:47
  • 財政政策の問題点

    Excerpt: Tweet こんなニュースがあった。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101204-00000038-mai-bus_all <住宅エコポ.. Weblog: ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ racked: 2010-12-10 03:23
  • 靖国の御霊に感謝と安寧を誓う国民大集会Ⅲ」  

    Excerpt:    高金素梅に二度と日本の土は踏ませない!   靖国会で自警団を組織 、 7-8月       の 二ヶ月間 、 靖国神社 を 守った! 「靖国の御霊に感謝と安寧を誓う国民大集会Ⅲ」が8日、文京区民.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-12-10 07:26
  • 孔子様もびっくり!!

    Excerpt: 民主活動家のノーベル平和賞受賞なんて許せん!!と中国共産党は怒り狂ってるのですね。 諸外国が何と云おうと、民主主義や人権なんて絶対に認めないぞと。確かにそれを認めちゃ、共産党一党独裁国家は成り立たない.. Weblog: 愛国画報 from LA racked: 2010-12-10 13:22
  • 血判

    Excerpt: 毎日変わる、新しい情報をチェック!話題に困ったら………******トレンドが1分でわかる。毎日更新情報!******その名はF機関:完全版…大東亜戦争の英雄・藤原岩市 東アジア黙示録 ... >.. Weblog: アスガルド racked: 2010-12-10 21:08
  • 世界を脅し自国民も恫喝する滑稽な国

    Excerpt:   「頑張れ日本」が中国大使館に緊急抗議行動   民主化 は ウイークポイント の 核心?   オタオタ し みっともない支那 の 対応 「民主化」というウイークポイントの核心に触れたからでしょうか?.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-12-11 07:28
  • 反日マスコミに対し「偽計業務妨害」を適用できる環境が整いつつある!

    Excerpt: 民主党を意図的に脅迫する人間がどうもいる模様だ。 下の記事を読んで、真正日本人だと思えるであろうか? 日本人になりすましによる右翼なりすまし事件のような気がしてならないのだ。 Weblog: 美しい国への旅立ち racked: 2010-12-11 07:57
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: その名はF機関:完全版…大東亜戦争の英雄・藤原岩市 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,ini ditulis tepat Walau bagaimanapun, jika anda mahu mel.. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-11 00:49