侵犯船ビデオ流出の“漂流”…激突現場に謎の船影発見

“門外不出”の侵犯船ビデオが流出。全編40分を超す映像には、逆撮影するシナ人や現場海域を徘徊する謎の船影が映り込んでいた。上映会に参加した民主党議員の嘘も発覚。“流出の元凶”は菅政権だ。
画像

「またエンジンの回転が上がりました」
「本船に船首を向け、挑発的な動きを見せています」


シナ侵犯船が11管の巡視船「よなくに」に激突する瞬間の模様が明らかになった。石垣市・久場島沖、9月7日午前10時15分。撮影していた海上保安官は驚くように、こう叫んでいる。

「あ、本船に当てました」
▼「よなくに」に対する攻撃の瞬間
画像

侵犯船による体当たり攻撃が海保側にとって意外だったことが判る発言だ。「よなくに」右舷後部に衝角攻撃を加えた侵犯船は、さらに逃走を続ける。

編集済みショート・ビデオの限定上映から5日、現場海域で海保が撮影した映像が流出。YouTubeにアップされた。これまで6本の関連映像が確認されている。
▼侵犯船の後方に久場島が見える
画像

映像は6編合わせて約44分30秒。当日、侵犯船を追尾して久場島沖に展開していた巡視船「よなくに」「みずき」「はてるま」の3隻から撮影されたものだ。

11月1日の秘密会でプレミア上映された参考映像の7倍近いボリュームで、事件当日、現場で指揮船の役割を果たしていた「はてるま」が撮影した素材も含まれている。
▼前方の「みずき」と侵犯船を撮影
画像

「みずき」が強行接舷して侵犯船に乗り込む様子や、延々と挑発行動を続ける詹其雄の姿など「国民が激高する」シーンは映っていない。それでも、実際の映像には多くの情報が仕舞い込まれていた。

【攻撃直後にシナ人が挑発ポーズ】

「本船、そうとう動揺している。本船の動揺、激しい。よなくにの動揺が激しい」

状況説明をしているのはビデオカメラを回している「よなくに」の海上保安官だ。「動揺している」とは何を示しているのか…この時、シナ侵犯船は停船した状態だった。
▼この状態で「本船動揺」の説明
画像

「該船ポジション、北緯26度01.7東経123度37.1」
該船とはシナ侵犯船「閩晋漁5179」を指す。映像には停船後、侵犯船が網を引き揚げる様子も克明に写っている。これだけで3年以下の懲役・400万円以下の罰金に処せられる外国人漁業法規制法違反だ。
▼網を引き揚げる侵犯船
画像

「よなくに」は、侵犯船が停船したのを確認し、前方に回り込む。そしてクレーンを引き揚げた侵犯船は、エンジンをフル回転させた為か、突然、黒煙を吐き上げる。激突は、その約45秒後だった。

侵犯船がほぼ直進して「よなくに」左舷後部に激突してきたことは明らかだ。侵犯船デッキのシナ人数人が衝撃で揺らぐ様子も見えるが、その際、全員が舷側を掴んでいる。不測の衝突ではなかった。
▼激突の寸前、甲板にシナ人が並ぶ
画像

「連絡する。連絡する。中国漁船が本船船尾に衝突した。相手船がぶつけてきた」

1回目の攻撃後、侵犯船は「よなくに」の背後から右舷側に回り込んだ。そして、操舵室から出てきた上半身裸の男が右腕を下から突き上る。指までは確認できないが、これが挑発するポーズだ。
▼右端2階部分に挑発ポーズの人物
画像

その後、侵犯船はスピードを上げて逃走。一連の映像からは「よなくに」が侵犯船からの攻撃を全く予期していなかったことが判る。続く2回目の攻撃は、更に激しく、凶暴なものだった。

【侵犯船は「みずき」を追い回して激突】

「よなくに」へのアタックから約40分後。侵犯船と並走していたのは巡視船「みずき」だった。大音量のサイレンとシナ語による警告。侵犯船の凶暴性を認識し、警戒を強めていたことも窺える。
▼接近する侵犯船2階部分にタバコくわえる男
画像

並走する両船の距離は、目測で10㍍程だ。操舵室の入口付近に立つ船長らしき人物はタバコをくわえ、眺めている。2回目の攻撃は、その男が操舵室に入った直後だった。

「向けて来るぞー」「おい、停まれー」
「来る、来る」「来るぞー」

▼「みずき」体当たりの瞬間
画像

海上保安官がそう叫んだ5秒後、侵犯船は「みずき」の右舷後部に激突する。甲板の手すりポールが折れ曲がる瞬間も鮮明にキャッチ。また侵犯船のシナ人が寸前にデッキから退避していることも判る。

「ヒトマルゴーロク(10時56分)、該船は本船・巡視船『みずき』に接触した。衝突してきた」



この2回目の攻撃を撮影していたのは「みずき」だけではなかった。同時に追尾していた指揮船「はてるま」船上から撮影された映像もYouTubeにアップ。その映像から侵犯船の悪質性が判った。

2回目の攻撃を受ける前、「みずき」は侵犯船と並走し、直進しているように見えるが、実際は左に舵を切っていた。衝突をさけようと旋回していたことが白い航跡に刻まれている。
▼大きく左に舵を切る「みずき」
画像

侵犯船は、それを追って左に大きく舵を切って激突してきたのだ。後方から撮影した「はてるま」の映像がなければ、激突前に海上保安官が発した「向けて来るぞ」という言葉の意味が正確に判らなかった。

極めて凶暴な行為である。証拠映像は一部にせよ、侵犯船の犯した罪が軽微ではないことを浮き彫りにしている。そして、同時にビデオ上映会に参加した反日議員の嘘も暴き出した。

【衝突は潮の影響…TBSの捏造報道】

「向こうが逃げまどって、当たっちゃったということだ。衝撃があるような当たり方じゃない。ぶつかる瞬間はカメラの位置からして見えない」

11月1日の上映会で映像を視聴した民主党の小林興起は、そう言い放った。侵犯船が逃げた末に当たり、衝撃もなかったと断定。最も問題なのは、ぶつかる瞬間が見えなかったと発言したことだ。
▼視聴後に証言する民主党・小林興起11月1日(JNN)
画像


いったい小林興起は、何の特殊映像を見たのか…「みずき」のケースは当然としても「よなくに」左舷に激突したことは誰の目にも判る。また福島瑞穂は、こう表現していた。

「『パカー』とものすごい形でぶつかってというイメージで思っていたが、コツンじゃないけど、まあ、とにかく当てて逃げるという印象ではありました」
▼記者に説明する福島瑞穂11月1日(JNN)
画像

文字にすると判り難いが、実際の福島発言には「激突」を「コツン」と矮小化するニュアンスがあった。反日色の強い議員が事件の悪質性を薄めるコメントを述べていたのは偶然ではない。

上映会でビデオを視聴した30人中、民主党議員は概ね公開に反対し、小林興起のように明らかな虚偽報告で国民を欺いていた人物もいたのだ。視聴を認められた議員として許されざる事実歪曲発言である。
▼上映会で中央に陣取る小林興起(ANN)
画像

また今回のビデオ一部流出で、TBSが悪質な捏造報道を行っていたことも確定した。9月20日の「ニュース23」ではビデオを見た政府関係者の証言を、こう伝えていた。

「船長が故意の衝突を否定すれば、公判維持は難しい。潮の流れなど、外部の要因であることは、完全には排除できない」

参照:TVでた蔵『TBS:9月20日(22:54)放送NEWS23X』

■「よなくに」攻撃の証拠映像


「潮の流れ」などと無関係であることは一目瞭然。この“政府関係者”は政権内の民主党議員と想像するが、事実と完全に相反する証言だ。これを報じたTBSも同罪である。

当時は、中共が声高に詹其雄の即時釈放を要求。党宣伝機関も釈放キャンペーンを強めていた時期だった。TBSの報道は中共の意向に沿い、匿名証言を使って事実隠蔽を図ったものだ。
▼「みずき」攻撃の瞬間を後方から撮影
画像

当日の状況が明らかになった今、改めて報道の根拠を問う必要がある。そして今回のビデオ流出では捏造証言の判明だけではなく、新たな疑問も浮上した。

【2度の攻撃で謎の船舶が近くを航行】

侵犯船による2回目の攻撃の際、「みずき」の船上に、もう1台のビデオカメラがあることが映像で判った。激突の瞬間、左舷後部にハンディカメラを手にした海上保安官が映り込んでいる。
▼「みずき」甲板で撮影する海上保安官
画像

流出した映像よりも間近で撮影している。これが上映会で視聴されたものようだが、少なくとも2系統のビデオカメラが存在。事件当日の映像が5種類以上あることが確実となった。

そして、石垣島で目撃情報があった侵犯船のシナ人船員によるビデオ逆撮影も一層の真実味が帯びてきた。「よなくに」が接近した際、侵犯船のデッキでカメラを手にした男が映り込んでいたのだ。
▼左端にカメラ構える人物
画像

構え方からビデオカメラではなく、恐らくパチカメだ。船体の動きに合わせ、移動しながら撮影を行っている。暢気に記念写真を撮っているようには見えない。

意図的に相手国の巡視船の装備、または海上保安官を撮影している可能性が高い。漁船にデジカメを持ち込む船員がいても不思議ではないが、工作船という指摘も多いことから再検証する必要がある。
▼侵犯船左舷に移動して撮影
画像

そして今回の流出ビデオ最大の謎は、侵犯船の近くに正体不明の船影が映り込んでいることだ。「みずき」攻撃後、侵犯船はエンジン全開で黒煙を上げながら逃走している。その前方に注目だ。
▼左側の水平線下付近に船影
画像

画面左側に、小さな黒い船影らしきものがあった。黒煙の一部かとも思えたが、形状は一定で小型漁船に見える。より遠くには海保巡視船の白い船影が確認できる。この黒い船影は、海保の船舶ではない。

さらに「よなくに」攻撃後に逃走する侵犯船の前にも一瞬だが、正体不明の船影が映り込んでいた。より鮮明で、形状もハッキリ分かる。反り上がった舳先さから同タイプのトロール漁船だろう。
▼侵犯船の前方に船影が確認できる
画像

事件当日、領海を侵犯したシナ船は約30隻だったことが国会答弁で明らかになっている。しかし、これまでに攻撃現場附近に別のシナ侵犯船が徘徊していたという報道は皆無だった。

攻撃時に2隻が現場海域に展開し、そのうち1隻は監視役だったのではないか…。この謎の船影が詳しい映像解析でシナ船と判明すれば、事件が計画的・組織的だった疑いも濃くなる。
▼上映会後に質問受ける議員11月1日(時事通信)
画像

やはり証拠映像は、たった1回、秘密会で上映するだけではなく、専門家を交えて徹底検証すべきなのだ。

【激務遂行する海上保安官の勇姿】

流出ビデオがYouTubeにアップされたのは、11月4日夜と見られる。5日午前1時前後、2NNで尖閣ビデオの古いスレッドがトップになり、そこにURLが張り付けられていた。

まさかの映像流出である。本物か否か、疑う余地はなかった。YouTubeにアップしたユーザーの正体から探ったが、この映像を提供する為に新規登録した人物であることくらいしか判らなかった。
▼攻撃後に「よなくに」右舷を逃走する侵犯船
画像

そして2ちゃんで祭化状態が続く中、 午前2時過ぎから海上保安庁の鈴木久泰長官ら幹部が集まり、対応協議が始まったことが判明。フェイク動画であれば、緊急幹部協議が開催されることもない。

海保側は捜査当局内部から流出した可能性が高いとして調査を開始。しかし、海保は10月に本庁で保管する映像を全て消去。現時点では石垣海上保安部と那覇地検にしか存在しないとしている。
▼侵犯船の背後にも巡視船が見える
画像

焦点は映像の内容よりも流出経路に移っている。責任問題が浮上することは避けられないが、この流出ビデオと捜査協力者に危険が及ぶ警視庁外事3課の極秘ファイルを同列に論じることは出来ない。

事件直後に一部公開する必要があった海保ビデオを封印し、抹殺を図ってきたのは首相官邸である。細野豪志がビデオ非公開の密約を中共指導部と交わしたという報道もあった。
▼「みずき」後方を航行する巡視船
画像

この流出をめぐって鈴木長官を含め、海保関係者が処罰されるようなことがあってはならない。責任が問われるのは馬淵国交相。菅内閣による情報統制がなければ、発生しなかったアクシデントなのだ。

最初に投稿されたYouTubeの映像は早くも一斉削除されているが、既に英語タイトル版も登場している状態で事実上、回収不能…自粛モードだったテレビ各局も朝になって軒並み映像を使い始めた。
▼投稿動画を放映するNHK
画像

この流出映像に刻み込まれていたのは、シナ侵犯船の悪質性や詹其雄を釈放した仙谷-菅ラインの不当性だけはない。そこには遥かな海で命懸けの任務を遂行する男たちの姿があった。

彼らは9月7日以降、今この時も尖閣海域で警戒活動を続けている。それが予想を越えた激務であることを流出ビデオで知った。大臣の椅子にふんぞり返る輩が海保関係者を詰問し、裁くことなど許されない。


  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1
政治ブログランキング

参考記事:
■Gigazine11月5日『尖閣諸島沖での中国漁船衝突問題、オリジナル映像がYouTubeに流出か』
■産経新聞11月5日【尖閣ビデオ流出問題】「出所調査しないと…」午前9時の海保長官会見が急きょ、中止
■AFP11月5日『尖閣ビデオ流出か、ユーチューブに6本投稿』
■時事通信11月5日『尖閣ビデオ、ネット流出か=内部が関与? 海保調査-44分、国会提出より長く』
■FNN11月5日『尖閣沖中国漁船衝突映像流出 民主・川内博史議員「政府にとってマイナス評価につながる」』


【Side Story】(追記12時過ぎ)

YouTubeに最初アップされたsengoku38(仙谷左派?)さんのオリジナル動画は完全に削除されました。ユーザーによるアカウント削除は本当なのか…映像権利者からの要請であれば、政府側が「本物」とお墨付きを与えたことになります。馬淵国交相は会見でも「本物」と明言しなかったのですが…

AFPが記事で紹介している英語タイトルのコピー版は5日昼現在、削除されていません。「SENKAKU」で、YouTube検索すれば確実にヒットします。今のところ、豊漁状態。ニコ動も同じでしょう。

『TRUTH OF "CHINA INVASION OF SENKAKU ISLAND " 3』
また産経新聞によるダイジェスト版などは「報道の自由」を理由に視聴制限されることはないと思います。

http://video.jp.msn.com/?mkt=ja-jp&vid=f1c0f93d-2ac3-4656-a879-08574f00a754&from=ja-jp&fg=dest

この記事へのコメント

花うさぎ
2010年11月05日 11:21
こんなに短時間でよくもこれほどの洞察、素晴らしいです。さすがアネモネさん(^^)。
2010年11月05日 11:28
むむ、なぜかコメントエラーが出てしまったので、再度コメントを試みます。

アネモネさん、高画質の動画付きでUPしてくださり感謝です。

TV番組では不明瞭だった衝突音がクリアに聴けますので、大変有難いです。

これを国民から隠し通そうとした現在の内閣に罪は非常に大きいですね。
蓮華
2010年11月05日 11:31
ネットは情報拡散能力は既成メディアの比じゃないですね。
私も保存して海外にバラ撒いた一人ですが、
一時間足らずで派手に拡散して行ってるのを見て驚きました。
煽動能力に欠けるネットですが、やはり負の拡散能力は圧倒的です。
2010年11月05日 12:14
>花うさぎ様
ちょっと動揺しつつ、慌ててアップしました。映像をチェックしたら、けっこう色々なモノが映り込んでいて驚きです。侵犯船サイドからのカメラ撮影まで入っていました。

>現役保険営業マン様
TV報道は2回の激突シーンが中心で、挑発ポーズ等には触れていない模様ですね。海保提供素材ならもっと高画質で、細部検証が出来そうです。

>蓮華さま
それが一番、重要な作業です。映像チェックが手一杯で、まだZIPファイルも保存できていないのですが、有志による徹夜の大活躍で、この映像がネット上から全て消えることはなさそうですね。
kenn
2010年11月05日 12:16
小林興起ほんとみっともない。杉本彩と遊んでるのがお似合いです。
2010年11月05日 12:23
>kennさま
小林興起の捏造証言は、大問題にすべきでしょう。「衝突が見えなかった」映像とは何なのか…謝罪で済むレベルではありません。

■前エントリのコメ欄で速報して頂いたいhanayonさま、tiamatさま、有難うございました。

■仙谷由人は早くも海保制裁に言及していますが、公安3課ファイルの拡散とは、随分対応が違います。視聴可能な映像に関して追記しました。
roserobe
2010年11月05日 12:57
有り難うございました。
解説と分析よく判りました。
有り難うございます。
にゃんこ
2010年11月05日 13:15
こんにちわ・・
 始めてコメントさせて頂きます。そして余りの素晴らしさに感謝致します。トラックバックをさせて頂きたいのですが、出来るかどうか不明ですので、リンク?させて頂きます。失礼致しました・・。

風来坊
2010年11月05日 13:30
先ずは、投稿者の憂国の情に心から感謝します。
そして、アネモネさんの「この流出をめぐって鈴木長官を含め、海保関係者が処罰されるようなことがあってはならない。責任が問われるのは馬淵国交相。菅内閣による情報統制がなければ、発生しなかったアクシデントなのだ」との御意見に全面的に賛成します。二言目には「政治主導」を口にする内閣なのだから、責任問題を問うのであれば、総理を含めた関係大臣の首をすげ替えるべきでしょう。

このビデオを見てつくづく思ったことは「シナの非を詰る前に、先ずは、国を守る法体系の整備を!」ということです。目の前で堂々と網をあげていても、あるいは巡視船に向かって突進してくるシナ船に対しても我が方からは何も手出しできないのでは、敵がやりたい放題の狼藉におよぶのは当然です。日本の漁船が同じことをしたらどういうことになるか、政府も国民も真剣に考えるべき時期が来ました。
roserobe
2010年11月05日 13:36
この記事を拙ブログに転写貼りつけさせてください。
宜しくお願いします。
LiX
2010年11月05日 18:31
初めまして、

>「本船、そうとう動揺している。本船の動揺、激しい。よなくにの動揺が激しい」
>状況説明をしているのはビデオカメラを回している「よなくに」の海上保安官だ。「動揺している」とは何を示しているのか…この時、シナ侵犯船は停船した状態だった。

本質的な問題ではありませんが、船体が波やうねりで文字通り動き揺れることを「動揺」と言います。精神的なものは関係ありません。
例えば、
船体動揺、荒天について - 商船三井フェリー
http://www.sunflower.co.jp/cargo/safety/index.shtml
などをご参照。
恐らく該船停止中に画像がぶれていることの説明だと思います。
はじめ
2010年11月05日 18:53
管理人様
わかりやすい解説をありがとうございました
tarisman
2010年11月05日 21:13
素晴らしい解説です。

>大臣の椅子にふんぞり返る輩が海保関係者を詰問し、裁くことなど許されない。

そのと~り!
2010年11月05日 21:45
>roserobeさま
こちらこそです。拙文ではありますが大歓迎です。

>にゃんこ様
有り難うございます。TBはランダムで保留扱いされるケースが発生し、ご迷惑をおかけしています。最近は中共からの攻撃が鎮静化。

>風来坊さま
あたたかいご支援、励みになっております。侵犯が激増する中での攻撃事案だったことが問題で、今後、どう対処すべきか…映像かを見た政府・国民は真剣に考える必要があります。
2010年11月05日 21:45
>LiXさま
ご指摘、有り難うございます。その通りだと思います。悩んだ部分が納得できました。映像の実況は、目前で発生した物理現象の捕捉で、心理面は無関係ですね。

>はじめ様
こちらこそです。

>tarismanさま
メディアの報道も告発者探しに偏り過ぎている感じ。荒くれ船長を無罪放免した政府に「仙石38氏」の罪を問う資格はなしですね。
Frank
2010年11月05日 23:48
今、エントリを拝見しました。

風来坊様も御指摘の通り、

>この流出をめぐって鈴木長官を含め、海保関係者が処罰されるようなことがあってはならない。責任が問われるのは馬淵国交相。菅内閣による情報統制がなければ、発生しなかったアクシデントなのだ。

私はむしろ上の引用の公判の部分に重きを置きたい。

>この流出映像に刻み込まれていたのは、シナ侵犯船の悪質性や詹其雄を釈放した仙谷-菅ラインの不当性だけはない。そこには遥かな海で命懸けの任務を遂行する男たちの姿があった。

一人の日本人として、心から謝意を表したい。

それにしても、
マスゴミのニュースの論調が「機密漏洩」であったり「誰が犯人か」、という方向に流れていることにどうしようもない憤りを感じています。

こんなに早くアネモネ様の解説を拝見できたことに感謝します。
アオイ
2010年11月06日 08:28
解説ありがとうございました。
プレミア上映を見た議員が、ようつべにアップされるまでの間に何を喋ったかを調べると、どういう立場かわかって面白いですね。小林、みずぽはさもありなん。
この様な状況にありながらまだ経済を優先させようとする人々は、佐藤正久議員によれば、

古人曰く「国破れて山河あり」とのことだが、これは「国破れて商人あり」か。

ということなのでしょう。

su
2010年11月06日 20:43
政治的にノンポリで、ミーイズムを謳歌してしていましたが、片目を開けざる終えませんん。一応民主党に一票を投じた者です。
ブログにコメントしてます。
http://ameblo.jp/sige0809/entry-10697694234.html

------(一部だけ引用しますね。)
誰が、こんな愚かな人々で構成されている政府を選んだんや。俺か?そう俺もや。
なんとかこの、素人政治家で構成された政府を引きずり降ろさないと、国家権力という巨大な力を無免許運転に近い素人が操縦する恐ろしさ、このままでは日本は大変なことになるぞと、ミーイズムを暫く謳歌した俺も気がつきそうになってきた。

しかれど、真実が明らかになった影響は大きいぞ。
「決断力を欠いた日本政府構成者は」免罪されて、「大人の度量から隣人に配慮した」と評価もされかねないぞ。

だって、この未曾有の事態にも、「客観的な証拠」がるにも関わらず、中国を庇い中国の名誉を重んじ、中国の無垢の民(あはは)に殴られるにまかせていたのは、キリスト様の教えの伝承、マタイ伝汝右の頬を打たれたら左の頬を向けよを、国家的に実行したんでしょ。
それは、キリスト教が布教されてる、欧米諸国、そして、その旧植民地国の人々の心情に訴えようとした戦国官房長官の深謀遠慮なのだとは冗談だけどね。

中国政府が倒れかねない位大きな事件になるのではと思うが、今の段階では言い過ぎだろうか?

NHKは、その後、平和なニュースが流れてる。(^^;
政府よ!勇気ある告発者を処罰するなよ。
roserobe
2010年11月06日 22:22
この流出の真相は判りませんが、もし海保の職員であれば憂国の士は情状酌量にしないといけませんね。切腹覚悟でなされたサムライです。嘆願署名ですね。少し気が早すぎます。お赦しを。
コトシコソ
2010年11月07日 09:39
詳しい解説で状況がよく解ります。有り難うございます。
はるか離れた洋上で展開された戦闘映像に驚くとともに海保の命がけの奮闘に頭が下がります。
あの映像を闇に抹殺するなど当事者は絶対許さないと思います。
それにしても支那は恐ろしい国です。
あの激しい体当たりは「コツンと、、」とか接触とかの生やさしいものではなく スクリュウや梶を破壊させ航行不能にすることを目的にした突撃では無いでしょうか。(高速船では水中部分に球状船首なる長い突起部があります)
しかも時期が万博最終月で世界が注目しています。
中国政府も当初ビデオの公開を迫った報道をしていました。

Z旗
2010年11月07日 15:42
政府が普通の独立国としての対応をし、ビデオを公開していれば良かっただけの話。
全ての非は中華共産帝国にあることが明々白々となった。
我が政府の情報の隠蔽こそが大問題。
この際、全てのビデオを公開すべき。

流出者捜しや、インターネット規制は本末転倒も甚だしい。

義憤に駆られ、国民の知る権利に応えてくれた義挙に心から感謝する。
たかじんの何でもありあり委員会
2010年11月07日 16:47


そこまで言って委員会(たかじん)出演した元海上自衛官が情報元は明かせないが(尖閣ビデオ)モリで突こうとした映像があることを暴露した。

ここのサイトで何時でも観れるよ 
拡散よろしく

たかじんの何でもありあり委員会
http://takajinari.seesaa.net/

この記事へのトラックバック

  • 尖閣を守っている海上保安庁の皆さま!国民のほとんどは、貴方がたの味方です!

    Excerpt: ≫この動画は ユーザー により削除されました。 ( ユーザー って、勝手な思い込みかも知れないけど、例えば私、 イザ のユーザーに当たるのではないの?私は イザ から見たらどう言われる立場なの?どなた.. Weblog: 民主教・汚沢教に断固反対します! racked: 2010-11-05 13:11
  • 尖閣衝突動画、ネットに流出

    Excerpt: 海上保安庁撮影の本物が6本   「正義の味方、月光仮面がいる」   佐々淳行氏が「特ダネ」で言及!   海上保安庁が撮影した本物の尖閣衝突事件のビデオがyou tubeに流出しています。2ちゃんねるの.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-11-05 13:19
  • 隠蔽されてた尖閣沖 中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突ビデオが流出!~ 流出犯を逮捕すべきか? 投票開催中!

    Excerpt: ←はじめにクリックお願いします m(__)m 説明は不要でしょう。既に見た方多いでしょうが、拡散協力です。 流出犯人(?)には、勲章を贈るべきですね。 参考記事:【尖閣ビデオ流出問題】.. Weblog: うぃすぱー・ぼいす racked: 2010-11-05 13:40
  • 海保の尖閣ビデオが流出?:11/4に YouTube へ 動画が Up された

    Excerpt:  「APEC直前に、誰かが尖閣ビデオを動画サイトで流すかも知れぬ」など漠然と想像していたら、どうやらそれが現実化したようだ。政府(海上保安庁)が YouTube に著作権侵害で削除要請したら、それらを.. Weblog: 陸奥月旦抄 racked: 2010-11-05 15:29
  • 在特会からのお知らせ その36

    Excerpt: ◆第三期 在日特権を許さない市民の会 会長選挙要綱 について━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─11月2日(火)発行の在特会メルマガ特別便にてお知らせしたとおり第三期在特会会長選挙.. Weblog: 反日ハンター racked: 2010-11-05 18:09
  • 「公開された」尖閣ビデオ

    Excerpt: 期待通り、漏洩という形ながら尖閣ビデオが公開された。しかし、2回の衝突の映像はあるものの肝心の海上保安庁の職員が閩晋漁5179に乗り込んで拿捕する場面までの映像が無い。続編はある.. Weblog: 一人人海戦術 racked: 2010-11-05 18:53
  • 日本国民垂涎無修正動画世界的流出

    Excerpt: とうとうやってくれました。ついに待望のビデオ大々的公開。世界に発信!しかも核心部分ノーモザイク。 Weblog: オンラインカジノを攻略しよう! racked: 2010-11-05 20:23
  • 【参考資料】中国漁船衝突事件と「瓦解戦」

    Excerpt: 中国漁船衝突事件のビデオ、私も今朝早く観ました。 現在の日本は、いわば「ノーガード戦法」で、魑魅魍魎な国際社会というリングに立っているようなものだと思います。それを現場がギリギリの所で踏みとどまり、守.. Weblog: ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」(イザ!版) racked: 2010-11-05 21:43
  • 尖閣=1000兆円の資源が眠る海~石油は日本の生命線~

    Excerpt: 1000 兆円って、桁が違うんじゃない?と思ったあなた、 いやいや、これで正しいんです。 これも、マスゴミが報道しない事実の一つですね。 私も尖閣問題が起こるまで知りませんでした。 こんな重大なことを.. Weblog: 日本にかける虹 racked: 2010-11-05 22:46
  • 【必見】 国連信仰という愚かなる虚妄 Part2 【要拡散】

    Excerpt: 国連に関して驚くべきは、1994年に国連創設以来初めて会計監査が行われたが、その監査責任者C・パシケの報告書には「国連が世界で最も腐敗している機構だという結論に達した」そうだ。 Weblog: 風林火山 racked: 2010-11-05 23:45
  • 佐波優子さんが最優秀藤誠志賞を受賞

    Excerpt:    遺骨収集9年間の思いを感動的な文章に   日本中 の 元将兵の方々 に 日本人か   らの多くの感謝 の 気持ち を 届けたい  あの田母神俊雄閣下が二年前に受賞したアパグループ「真の近現代史観.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-11-06 05:18
  • 尖閣諸島衝突事件流出ビデオが既に削除されている

    Excerpt:  オイラ飲みに出ている日以外は夜更かしができなくなって、尖閣諸島衝突ビデオ流出に出遅れました。  そんでもう削除されているわけだが、これがネットの世界ではゾンビの如く生き返るんですね。  .. Weblog: すきま風 racked: 2010-11-06 06:55
  • 尖閣ビデオ:ネット流出か…44分、2度の衝突場面

    Excerpt: 今日は「雑誌広告の日」 だからって広告では ありません。 どうやら本物ビデオが YouTubeにお出ましのよう。 <本当の尖閣.. Weblog: 自分なりの判断のご紹介 racked: 2010-11-06 12:59
  • 尖閣ビデオ流出・問われる菅内閣の姿勢

    Excerpt:  尖閣ビデオ流出。一番良かったのは逮捕時公開ですが関係者が意図して秘かに流出したのとすれば、次善の策と思います。中国と戦略的互恵関係を目指す政府は知らなかったにして、事実を世界に知らせるのですから。 .. Weblog: 普通のおっさんの溜め息 racked: 2010-11-06 16:49
  • 悪を倒すのは悪行? ~尖閣諸島沖衝突事件の映像、ネットに流出す

    Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。特撮ヒーロー物や勧善懲悪物のドラマでは善のヒーローが悪人、悪の組織を倒すのが定番だが、現実には法律上で悪とされている行為によって権力者の悪行や不公正が暴かれること.. Weblog: 愛国学園 racked: 2010-11-06 21:49
  • 自由と人権・アジア連帯集会 11.6

    Excerpt: 中華帝国主義の脅威にさらされているアジアの人々と連帯し、自由と平和を守るため、11月6日に『自由と人権アジア連帯集会&デモが行われた。 Weblog: 風林火山 racked: 2010-11-07 01:52
  • 11.6『自由と人権 アジア連帯集会』& デモに4500人!

    Excerpt:   普通の日本人が本当に「怒った!」   記録破りの集会&デモ参加者!   「支那」 を アジア と 連帯して包囲網  頑張れ日本!全国行動委員会(田母神俊雄会長)が呼びかけた11.6『自由と人権 ア.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-11-07 10:16
  • 「尖閣ビデオ」が、YouTubeに公開された、かも知れません。(再編集)尖閣ビデオの正体

    Excerpt: 少し風邪気味で、今日は早めに寝ようと思って寝床に入りました。しかし、直ぐに寝付ける筈も無く、何気なく携帯2chを開いたらこれだもw。起きて来ますたw。どうやら、「尖閣ビデオ」がyoutubeに流出した.. Weblog: きらやまと・さらいにこ racked: 2010-11-07 14:15
  • 【緊急】本当に危ない!重大ニュース!【要拡散】

    Excerpt: 尖閣流出ビデオ騒動のドサクサにまぎれて、地方都市では日本解体が着実に進行している。 Weblog: 風林火山 racked: 2010-11-07 22:25
  • 【尖閣】ついに産経「イザ!」も言論統制を始めた

    Excerpt: 昨日からエントリーを登録しようとしているのだが、こんな ERROR ばかりが出てくるのである。 「人を不快にさせる恐れのある表現が含まれています」 その内容は、尖閣ビデオ流失に関する民主党政権の対応に.. Weblog: 賭人の独り言 racked: 2010-11-08 01:35
  • 「日本軍」は千載一遇のチャンス!

    Excerpt:    まだ30%もある「内閣支持率」の怪?  民主党政権 を 倒すの は 「草 の 根 の 行  動」 これ以上続 け ば 日本 は 自壊する  昨日のエントリーで紹介しきれなかった画像と動画を掲載し.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-11-08 10:41
  • 尖閣クーデターは止まず 「法を犯した」民主さん有罪 ― 尖閣事変4

    Excerpt: -------------------------------------------------------------------------------- 尖閣クーデターは止まず 「法を犯した」.. Weblog: 欺瞞的善人の悲哀 racked: 2010-11-17 23:55