東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢一郎出馬の“絶望決戦”…脱民主党で挙国態勢を

<<   作成日時 : 2010/08/28 03:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 85 / トラックバック 15 / コメント 26

まさか小沢一郎が本当に出馬するとは…事件捜査中の被疑者を総理候補にする狂気の民主党代表選。メディアの報道は過熱するが、どちらが最後に笑っても、それは日本人にとって絶望的な争いだ。
画像

「小沢先生が立候補の意思を固めたという報道があるが、私は、たいへん良いことだと思っている。小沢先生も大いに発言して貰いたい」
▼官邸で発言する菅直人8月26日(NHK)
画像

民主党代表選の小沢出馬表明に対して菅直人は、歓迎の意向を示した。そんなワケはない。本心では相当、ムカムカしているはずだ。菅グループのベテラン議員は、こう言い放ったという。

「最悪の事態だ。民主党崩壊の始まりだ」

民主党の崩壊は日本人にとってベストな事態だが、現在の民主党執行部は小沢の出馬表明に衝撃を受けている模様だ。菅直人にしても強力・凶悪な対抗馬の登場は予想外だったのか…

「私の一存で小沢氏を民主党に入れた。小沢氏を支持するのが大義だ」
▼記者団に囲まれ満足の前首相8月26日(時事通信)
画像

8月26日午前、報道カメラの前に現れた鳩山由紀夫は、小沢一郎の支持を打ち出した。つい先日まで菅内閣を支えると言い切っていた人物の素早過ぎる変心ぶりだ。さすがルーピーである。

仲介役として立ち回った末に方針を180度転換…そんな前首相は、風見鶏とも伝書鳩とも揶揄されている。どっちも的確な表現で面白いが、6月の小鳩退陣から3ヵ月も経っていない。
▼こう宣言したのが前々月…(NNN)
画像

偉そうにメディアの前で喋るルーピーも烏滸がしければ、引責辞任して間もない2人の復活&跋扈を許す民主党も恥ずかしい。政権を担う大政党として有り得ないお粗末な状況。この時点で末期的である。

【伝書鳩は官邸に何を運んだのか】

ルーピーズの軽井沢研修会も必要以上にメディアが殺到したが、小沢本人が講演する8月25日の政治セミナーにも報道陣が大集結。ここで出馬表明があると予想されたが、その代表選には触れず仕舞いだった。
▼セミナーで講演する小沢一郎8月25日(産経新聞)
画像

やはり出馬は小沢一派のブラフに過ぎないのではないか…そう思えたが、事態は講演後の菅・鳩山会談で一転したという。25日夕方、鳩山は 前日に小沢と話し合った内容を直接伝えるべく、官邸に乗り込んだ。

役割としては正に伝書鳩。出発する鳩舎は小沢の元にありそうだ。しっかりとエサを与えられているようにも見える。毒饅頭かも知れないが…
▼軽井沢の鳩山・小沢コンビ8月19日(読売新聞)
画像

この官邸での会談で前首相は後任者に小沢の要職起用を求めた。繰り返すが、引責辞任してから3ヵ月未満である。しかも、小沢が希望した要職とは副総理か幹事長だという。大胆過ぎる要求だ。

菅直人が即決快諾するはずもなく、代わりに用意した役職が党最高顧問。渡辺恒三がそうだったように、顧問などは、お役御免の一丁あがりポストだ。小沢が受け入れることは考えられない。
▼ルーピーとの会談終えた小沢8月26日(時事通信)
画像

そして会談の結果を受けて帰巣したルーピーが翌朝、小沢に詳細を報告。直後の出馬表明となった…というのがメディアの解説だが、どうも中途半端だ。そもそも駆け引きが成立している気配がない。

実際、小沢一郎が出馬を決意したのは、代表選で鳩山グループの支援を取り付けた為だ。あくまでも数の論理で動く小沢一郎は、代表選で有利な土壌がなければ絶対に立候補しない。

【水面下で進んでいた小沢の工作】

民主党の各グループは、自民党の派閥とは違って1議員が重複しているケースもあり、報道各社で微妙な誤差がある。小沢グループは140人から150人とされ、党内最大規模を誇る。

これに鳩山グループの50人〜60人を加えると200人を突破。民主党所属の衆参議員は412人で、実に半数に迫る規模だ。対して菅直人支持を明確にしている3グループは、約120人しかいない。
▼民主党のグループ勢力図(時事通信)
画像

小沢優勢、菅劣勢の状況だ。反小沢の声が圧倒的な世論をバックにした菅直人が有利とする強引な分析もあるが、民主党は世論など気に懸けない。小沢の暗黒パワーは地方議員や党員にこそ通用しそうだ。

さらに小沢は26日中に羽田グループや旧社会党グループの赤松を訪ね、相次いで前向きな返答を獲得した。この2つのグループが支持に回れば、約50人を自動的にゲット。破竹の勢いである。
▼小沢支持を明言するパンデミック(FNN)
画像

一気呵成に菅包囲網を広げている印象だが、表面的に動いたのが26日であって、小沢による根回しは既に進んでいたと想像する。BSフジの報道番組に生出演した鳩山の言動に変化が現れたのは8月23日だ。

「結論をそこで出したわけでもないんです」
▼発言がブレ出した鳩山8月23日(FNN)
画像

それまで条件付きで菅再選を支持していたルーピーだったが、いきなり白紙撤回し、小沢マンセーに終始。水面下で小沢支持にシフトしていたのは明らかである。

この日から菅直人は当選1回の議員を官邸に招待し始めていた。代表選での囲い込みが目的だが、そこでも小沢の切り崩しに直面。3日間続いた懇談会に参加した1回生議員は87人だった。
▼新人議員との対話に臨む菅8月24日(産経新聞)
画像

菅直人は衆参新人議員156人を差別なく招待したはずだが、大半が来なかった。党代表から官邸に御招待されながら、拒絶することは有り得ない。小沢一派の圧力がダイレクトに影響したのだ。

旧経世会の正当な後継者らしい強引な切り崩し方だが、ここでちょっとした疑問も浮かぶ。小沢スタイルとは、自分は黒幕に徹して“軽い神輿”を担ぐことだ。本人が出馬する必要など全くない。

その理由を手際よく説明できるのが「訴追逃れ論」だ。

【捜査は継続中…小沢は被疑者のまま】

「小沢氏は強制起訴を免れるために首相を目指そうとしているのではないか」

菅代表を支持する議員は、そう指摘する。ところが敵陣営からだけではなく、小沢の側近議員も強制起訴を回避することが目的とし、こう語っている。

「検察審査会の問題を抱えていなければ、今回の出馬はなかった」

憲法75条は、国務大臣は総理の同意がなければ訴追されない、と謳っている。国務大臣に含まれる首相の起訴には本人の同意が必要と解釈するのが一般的だという。
▼東京地裁前の「起訴相当」決議文4月(産経新聞)
画像

陸山会事件をめぐる東京第5検審の議決は10月にずれ込む見通しだ。検審メンバーは完全に入れ替わっているが、小沢による新たな説明もなく、前回の全員一致「起訴相当」と同等になる可能性が高い。

不可解な先延ばしや小沢の腰巾着・辻恵が陰で政治圧力をかけたことも気になるが、もう一方の東京第1検審の議決を受けた特捜部の捜査も遅れに遅れている。
▼不当圧力が判明した辻恵(NNN)
画像

7月8日付の「不起訴不当」議決で特捜部は形式的な捜査を再開。小沢サイドは臨時国会終了後の8月6日以降に4回目の事情聴取に応じるとしていた。代表選前に行われる予定だったのだ。

しかし小沢サイドが応じず、次の聴取は代表選後に行われることになった。代表選出馬を見込んで小沢サイドが先延ばししていた裏シナリオも透けて見える。

既存メディアも「訴追逃れ論」を取り上げているが、その表現は「カネの問題がくすぶる中…」などと大甘だ。特捜部の捜査は継続中なのだ。小沢一郎は現時点で被疑者に他ならない。
▼会談を終えた小沢一郎8月26日(産経新聞)
画像

また「首相の訴追逃れ」は絶対ではないとの見方もある。憲法75条は検察の不当な圧力を避けることが主旨で「検審の結論は検察の判断とは性質が違う」とする解釈もあるという。強制起訴可能論だ。

参照:読売新聞8月26日『小沢氏が首相になった場合、憲法上は起訴困難か』

実際の判断は不透明だが、強制起訴というシステムの誕生から間もなく、首相が被疑者として司法論争のテーマとなる異常な事態。そうした状況を作り出す民主党という政党も初めから正気を失っている。

【赤と黒では、日本があぶない】

小沢首相の誕生が最悪なら、菅首相の継続も最悪だ。どちらもワースト過ぎて実に甲乙が付け難い。産経抄によると民主党内には菅vs小沢の一騎打ちを「赤と黒の争い」と冷ややかに見る者もいるという。

スタンダールの代表作『赤と黒』の場合、服装の色から赤=軍人で黒=聖職者だが、民主党のケースではアカは極左の菅・仙谷陣営で、クロは犯罪者チームの小沢・鳩山・輿石となる。
▼軽井沢で顔を揃える三悪人8月19日(読売新聞)
画像

面白い例えだが、クロの中にも相当数のアカがいて、アカの中にもクロい連中が多いので複雑極まりない。さらに赤でも黒でもベースは反日売国であるから始末に終えない感じだ。

これを特亜目線で捉えるとどうなのか…

李明博は売国談話をプレゼントしてくれた菅政権を高く評価しているという。ついでに在日参政権に熱心な小沢一郎も嫌いではないが、北朝鮮もテロ支援で菅直人に借りがある。

中共から見れば、ゲリラ戦隊の総司令官を自称する小沢一郎に軍配が上がりそうだ。習近平も小沢が大好きに違いない。最近も伝書鳩ルーピーが北京詣をしていた。
▼隔月で訪支する“反日伝書鳩”8月17日(共同通信)
画像

強引に分類すると、中共派が小沢陣営、半島派が菅陣営だ。つまり民主党代表選は、中共vs上下朝鮮の代理戦の構図。しかも、どちらが勝ってもさしたる不利益はない。余裕綽々、高見の見物である。

悲惨なのが我が国だ。小沢だろうが菅だろうが、反日政策の進行は止まらず、国益を損ね続けること確実。 総理大臣を決める政権与党のボス選びに「日本派」が欠けている…
▼政治セミナーに登場した小沢8月25日(ロイター)
画像

民主党代表選は殆どの日本人にとって絶望的な決戦だ。いま問われているのは「脱小沢」云々ではなく「脱民主党」である。



   〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

画像
******************
 【Side Story】

西村幸祐さん監修の『歴女が学んだホントの日韓関係』(北山京氏著・青林堂)が発刊されました。一部ネットユーザーの間で知られた伝説的サイト「コリアン・ジェノサイダー」が現代風のタイトルで復活です。

本書は、日韓翻訳掲示板で繰り広げられた“大論争”を軸に、歴史の真実を暴いていくネット小説。竹島・日本海をめぐる激論を皮切りに、埋もれていた日韓近代史の闇にも深く斬り込みます。途中に挿入されたコミックのパートも判り易く学べます。
画像

掲示板の論争に巻き込まれた女子高校生が懸命に応戦、論破するというスリリングな小説スタイルですが、エンコリに参戦した方なら、本当に半島人が支離滅裂な妄言を吐き続けていたことを知っているでしょう。

本書では、韓国が国家ぐるみで歴史を捏造し、国民が虚構の歴史を信じきっている様が浮き彫りになっています。「深い溝がある」とされる日韓両国の歴史認識。論争が終わる気配はありませんが、そもそも戦後の半島人が「ダミーの歴史」を埋め込まれていたことに原因があるのです。

この辺りの考察は歴史学者の守備範囲外のようですが、とても重要なことに思えます。そして、NHK&電通が仕掛けた韓流ブームの裏で、ネット上では熾烈な論争が行われていたことも、多くの国民に知って貰いたい日韓現代史の1ページですね。


参考記事:
■産経新聞8月28日『鳩山グループが迷走 結束の危機』
■産経新聞8月28日『小沢陣営、党員・サポーター票取り込みへ始動』
■産経新聞8月26日『【小沢氏出馬】政治生命の危機、鳩山氏の支持、首相の「脱小沢」で最終決断』
■読売新聞8月26日『要職起用に菅首相が難色、小沢氏の闘争心に火?』
■時事通信8月26日『「菅VS小沢」多数派工作が激化=グループ会合相次ぐ−民主代表選』
■時事通信8月26日『鳩山グループ、結束に不安=旧社会、民社系の動向も焦点−民主代表選』
■スポニチ8月26日『“急がば回れ”小沢氏、代表選出馬見送り?』
■読売新聞7月28日『小沢氏、地検聴取を応諾…8月6日以降を希望』
■【産経抄】8月21日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 85
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(15件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
私怨の民主党代表選 またも国民置き去り!?
 今日は最後に細切れぼやきもあります。 死刑の刑場公開と、朝鮮学校無償化。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1週間前、私はブログにこんなことを書きました。 「『菅VS小沢の... ...続きを見る
ぼやきくっくり
2010/08/28 04:59
祝! 京都朝鮮第一初級学校の前校長、都市公園法違反容疑で送検さる
それでもボクはやってない スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]出演:加瀬亮;瀬戸朝香;山本耕史;もたいまさこ;役所広司東宝(2007-08-10)おすすめ度:販売元:Amazon.co.jpクチコミを見るわしが反日ハンター・神功 正毅(じんぐう まさたけ)ぢゃ。読者諸君にうれしい.... ...続きを見る
反日ハンター
2010/08/28 07:46
一阿の 「こぼれ話し」 3
 お盆の頃になると、親しい友人と鎌倉光明寺境内にある久保正大(まさたか)兄の墓参りをする。「潮願院本誉浄海正明居士」仏の名前である。 ...続きを見る
ガラス瓶に手紙を入れて
2010/08/28 09:54
朝鮮高校無償化、与党で再協議へ
  拉致実行組織の学校に日本人の税金投入?   政府は「正気を取り戻せ!」朝鮮   高校無償化絶対阻止へ行動を!  昨夜更新された「救う会」副会長の 島田洋一氏のブログ に「 朝鮮学校への税金投入問題で動きー一旦、民主党政調に 」という次のような情報が掲載されました。 >「本日午後、民主党政策調査会のある有力議員から、救う会全国協議会に入った連絡によれば、朝鮮学校への国庫補助(無償化)について秘密裏に検討してきた文科省「専門家会議」の報告が、来週火曜日(31日)に公表されるという。  川端達夫文... ...続きを見る
花うさぎの「世界は腹黒い」
2010/08/28 11:07
日韓併合 菅談話に苦言を呈する韓国人
日韓併合100年にあたり発言された愚かな菅談話。この菅談話に対して、日韓併合当時を良く知る韓国人が苦言を呈した。その韓国人とは、1928年、朝鮮半島北部の感興生まれの崔三然(さい・さんぜん)氏(81歳)。 ...続きを見る
風林火山
2010/08/28 23:35
倉本聰氏「歸國」で今の日本を痛烈に批判! 
 英霊は怒り、悲しみ、絶望している!   俺たちは「こんな日本」の為に自   分の命を捧げたのではないぞ! 連日のあまりの暑さに随分と時間がかかってしまいましたが、8月14日にTBSで放映された倉本聰監督・脚本によるドラマ「歸國」の録画をやっと見終わりました。いや〜、やはり良いドラマに仕上がっていたと私は思います。これも一人でも多くの人に見て欲しいと思いました。「日本の為に散華された英霊がいまの日本をみたら」、それは当然のように「怒り心頭」だとは思いますが、それをどう表現しているかが、さすがと思... ...続きを見る
花うさぎの「世界は腹黒い」
2010/08/29 06:17
テレビの役割・小沢さんの「原点へ回帰」
 先日、民主党の代表選のときにテレビ局は両陣営を招いて政策の討論会をしては、そしてそのとき双方の支持者が言いたいことを言いっぱなしにならないように、何人かの識者も参加させるべきと書いた手前、今朝の同種のテレビ番組を見て見ました。・フジテレビの「新報道2001」 出演は民主党副代表の山岡賢次さんと総理補佐官の寺田 学さん、元三重県知事の北川正恭さん&nbsp; 「原点回帰」を訴えて小沢さんさん推した山岡さんも、マニフェストに無理な所があれば、修正しても良いと言っていました。&nbsp;詰まり菅さん... ...続きを見る
普通のおっさんの溜め息
2010/08/29 16:03
テレビの役割・小沢さんの「原点へ回帰」
 先日、民主党の代表選のときにテレビ局は両陣営を招いて政策の討論会をしては、そしてそのとき双方の支持者が言いたいことを言いっぱなしにならないように、何人かの識者も参加させるべきと書いた手前、今朝の同種のテレビ番組を見て見ました。・フジテレビの「新報道2001」 出演は民主党副代表の山岡賢次さんと総理補佐官の寺田 学さん、元三重県知事の北川正恭さん&nbsp; 「原点回帰」を訴えて小沢さんさん推した山岡さんも、マニフェストに無理な所があれば、修正しても良いと言っていました。&nbsp;詰まり菅さん... ...続きを見る
普通のおっさんの溜め息
2010/08/29 16:03
民主党議員を応援して,民主党を消滅させよう
◎兵法三十六計 支那の兵法書『三十六計』において、敵の内部抗争や内部矛盾に付け込んで勝つ方策は二通りある。 ・ 「趁火打劫 」 (ちんかだこう)三十六計の第五計。 「火に趁(つけこ)んで劫(おしこみ)を打(はたらく)く」 相手の弱みや内部抗争につけ込んで攻め滅ぼす計略である。いわば「火事場泥棒」、「首吊りの足を引っ張る」。 ・ 「隔岸観火」 (かくがんかんか)三十六計の第九計。 「岸を隔てて火を観る」 敵の内部矛盾が高まっている時、敢えて静観して敵の自滅崩壊を待つ計略である。「濡れ手で粟」を狙う... ...続きを見る
賭人の独り言
2010/08/30 02:16
それだけは絶対させない!小沢が立候補したわけ
  狙いは「権力と金」の再奪還という茶番劇  幹事長時代 の 党費使途洗い出し  虎の尾 を 踏んだ仙石 ・ 枝野氏!  世論の85%以上が「小沢NO!」と言い、僅か三ヶ月前に鳩山首相と共に幹事長を辞任した小沢一郎が、9月の民主党代表選に立候補すると表明して大騒ぎになっている。この「世間の常識は政界の非常識 究極版」の理由は、産経が報じた「沈黙の小沢氏「次の一手」に爪研ぐ?! 深まる軋轢」の中で述べている次の理由が一番しっくりくる。  産経新聞8月30日朝刊5面の記事スキャン画像 (画像クリック... ...続きを見る
花うさぎの「世界は腹黒い」
2010/08/30 06:31
オザワに取って最も目障りで潰したいのは「保守」
小沢一郎を保守と認識するのは”昔の”小沢を引きずっている人間であろう。民由合体以降のオザワはリベラルそのものである。 オザワが保守でないことは自身もこう言っていることから明らかであろう。 「安倍元総理が言っていた保守なんて、紙切れ一枚のペラペラなものだ」 (週刊アサヒ芸能10/08/26号 「小沢一郎が仕掛ける「最後の大戦争」!」より引用) これがオザワが個人的につきあいのある議員・文化人や作家といった限られた関係者に語った本音肉声である。あえて安倍氏の名を上げたのは彼ら「真正保守」をオザワが意... ...続きを見る
一筆斬撃brog帳
2010/08/30 19:13
Otsu PARCO and Dangers2  〜赤誠、天をも哭(な)かす
Real Action Heroes 九能龍信メディコム・トイ(2007-06-09)おすすめ度:販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る天乞-あまごい 1 (電撃コミックス)著者:ていか 小鳩アスキー・メディアワークス(2010-01-27)おすすめ度:販売元:Amazon.co.jpクチコミを見るクイーンズゲイト 赤銅... ...続きを見る
反日ハンター
2010/08/30 20:32
国旗・国歌のない陸上自衛隊の火力演習?
  西村慎吾氏が「怒りでズバリ!」   標語「守りたい人」 を 「国」 に 変えろ!   音楽隊 は 何故マーチ を 演奏しない?  8月30日の「殉国七士墓と富士総合火力演習」と題した西村慎吾の時事通信が素晴らしいのでそのまま転載します。氏の最近の通信は、以前にもまして文章がきつく戦闘的になっていると感じますが、それだけ現在の民主党政権に対するフラストレーションが溜まりに溜まって爆発寸前なのでしょう。ほとんどの人がそうだと思いますが。 29日は私は「祖父まご会」に出席していて、学徒動員の女性の... ...続きを見る
花うさぎの「世界は腹黒い」
2010/08/31 02:38
 女子マラソン優勝の原選手とゼッケン No.83の男子選手
 一昨日の北海道女子マラソンで原裕美子選手か優勝しました。 32キロ手前で並走していた宮内宏子選手を振り切って、原さんの独走状態になりました。 いや正確に言えば原選手についている選手がいました。 平行して行われていた男子マラソンの選手です。 ゼッケン No.83。 北海道大学構内に入る手前で原さんはサングラスを捨てました。 苦しそうな顔、マイクに入って来る激しい息づかい、多分もう一杯一杯になっていたのでしょう。 まだ余裕のありそうな男子選手は原さんと就かず離れず走り、彼女が給水を取りやすいように... ...続きを見る
普通のおっさんの溜め息
2010/08/31 17:58
政界再編最終章突入―猛獣・小沢一郎よ、最後に“日本人”の気概を見せよ
尾田栄一郎氏の『ワンピース』が4週休載だとか、日本代表新監督にザッケローニだとか、そういう話題で仲間内で盛り上がるのは楽しい。しかし、今の日本には、そろそろそういうことで盛り上がる余裕がなくなってきている事実がある、という暗い書き出しで始めてみる。ちょうど1年前のこと。衆議院総選挙で自民党が119議席という再起不能の大敗を喫し、鳩山由紀夫率いる民主党が308議席を獲得して政権に就いた。当時このブログで書いた記事を読み返すと、私がかなりの危機感を持って民主党政権登場への警鐘を鳴らしていたこと... ...続きを見る
八田修一・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占...
2010/08/31 19:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
皇室観・国家観・日本人観何を取っても日本人にプラスする要因を持って居ない人、完全に中国・韓国の政権になりそうですね。
「赤」と「黒」もピタリと当てはまりますが、双方とも日本の「垢」とも言えます。

2010/08/28 09:06
小沢、管、何れが勝っても日本の末期であることに変わりはない。にもかかわらず、メディアは管への支持が小沢を圧倒しているとの調査結果を伝えている。狡猾な世論誘導である。
設問が【あなたは二人のうちのどちらを支持しますか?…(答え) A小沢、 B管】となっているから、管支持が圧倒しているのだろう。
これは設問形式が間違っている。回答に「A小沢、B管、Cどちらも支持しない」という選択肢さえ設けていれば、調査結果は全く違ったものになる筈である。

日蓮は、「信仰と政治が神仏の意に沿っていないと、神仏から七難の裁きを受ける。七難とは、@地震、A非時風雨、B旱魃、C飢饉、D悪疫流行、E自壊叛逆、F他国侵逼である」と説いた。
民主党なる神仏をも恐れぬ売国集団の天下になって僅か1年の間に、既に六難に襲われた。民主党に天下を取らせている限り、七番目の「他国侵逼」に襲われるのも時間の問題である。

故にも、「小沢でもない、管でもない、民主党に代わる政権」を樹立する以外に日本の未来はない。今まさに日本人が決断する時が来た。
風来坊
2010/08/28 10:21
いろんな意見があると思いますが.....
東京地検特捜部を作ったのは、アメリカ政府。アメリカは、時に自分たちに都合の悪い人物をターゲットにして操作します。例えば田中角栄、鈴木宗男。
そして今回は小沢一郎。なかなか彼を逮捕できないのは、事件そのものがでっちあげだからです。
中国人も朝鮮人も警戒しなければならない人種であることは当然ですが、だからといってアメリカは善人で日本を愛してくれているなどとノー天気なことを言っていては、ますますアメリカの国債を買わされますよ!
そのアメリカと対等の関係を模索しようとしているのが小澤さんです。一度小澤さんに首相をさせてみたらどうですか?小澤さん以外はアメリカのくびきをとることができません。
このメッセージが消去されないことを願っています。
六道輪廻
2010/08/28 15:45
ここ暫く、胡散臭い民主党の権力闘争ネタに首を突っ込む事は避けていました。日本国民の生活そっちのけで、ドロドロと見苦しくて鬱陶しい。

元々鳩山前総理大臣が辞任する際、管直人新政権は、直面する参院選を乗り切る為だけの選挙対策暫定政権と看做されていた筈です。

民主党が勝てば、直前まで幹事長として候補者擁立に奔走した小沢一郎幹事長の功績。仮に負ければ、管新政権の責任追及で、どちらにしても小沢前幹事長返り咲き。の、シナリオは読まれていました。

その線で行けば、小沢一郎民主党代表戦出馬は規定路線と言えます。

検察審査会の訴追逃れの代表選出馬?今更、検察庁が何ぼのものですか?仮に強制起訴されたところで、有罪にされる可能性は低い筈です。秘書達が立件起訴され有罪になって尚、議員辞職せず国会の証人喚問にも応じず、のうのうと生きさらばえて居る小沢一郎前幹事長にとって、検察審査会など恐るるに足らない筈です。

しかし、仮に代表選を制して小沢総理大臣が成ったとして、そこから先の展開が想像がつかないです。

彼は、一度だけ自治大臣(1986年)に就任しただけの専ら党務に明け暮れた党人です。心臓病を患っており、国会会期中も欠席を続け、近くのホテルで寝てばかりの御仁だそうです。党人と言えば聞こえは良いですが、結局の所、政権与党の陰の場所で利権を漁る政治ゴロです。

国会答弁、予算審議に対応できるのですか?小沢前幹事長自らが国会の雛壇に立とうと言う事は、それだけ追い込まれた証とも思えます。

生良大和
2010/08/28 16:45
>そのアメリカと対等の関係を模索しようとしているのが小澤さんです。

これが、小沢信者の典型的な支持理由ですが、小沢の言動のどこからこんなことが言えるのか、是非詳しく説明してもらいたいものです。

小沢にしてみれば、アメリカは、最近金をくれないが、支邦はくれるからアメリカから離れます、と考えてようにしか見えないのですけどね。
あと、在日参政権が欲しい民団が、アメリカ離れを出汁にして小沢支持を打ち出しているのでしょう。

bibcat
2010/08/28 16:56
(続き)
行き着く先は、自自公連立離脱をちらつかせて突然死させた(正式には不整脈、一説には脳血栓破裂)、小渕恵三元総理大臣の二の舞か、それとも「説明責任」と追求され続けた挙句の、覚悟の自殺の松岡利勝の二の舞か?

それとも、中川昭一元財務金融大臣の様に、辞任辞職に追い込まれた挙句の暗殺か?(嘘w)

何れにしても、国会議事堂の雛壇には小沢一郎前幹事長が「剛椀」と称する嫌がらせ政局で死地に追いやられた者達が、おいでおいでと手招きをしている風情にも見えます。

とは言うものの、小沢一郎前幹事長は前述の方々の様な潔しを旨とする、『在るべき日本人としての在り方』を有していません。一般的な日本人には想像つかない手段があるのか?一体全体どのような手段を講じて、国会を乗り切るつもりか想像つかないです。

ただ言える事は、小沢政権(仮)になったら、外国人参政権の可能性はぐっと近くなる気はします。

敗色濃厚となったら、管総理大臣は解散してやれば良い筈です。そうすれば、小沢チルドレンなど吹き飛ばせるのに・・・。全然想像がつかないです。

生良大和
2010/08/28 17:06
こんばんは。
またまた民主が無知、無能、無策の集合体であることをこの権力闘争で明らかになりましたね。

この国を破滅させないためには、まず脱民主することですね。
現役保険営業マン
2010/08/28 19:51
>六道輪廻 2010/08/28 15:45

朝鮮人として日本人コンプレックスを持っていた小沢君の技量もあると思うが大物に成り得た一番の理由は田中角栄氏の側近の一人であったことと民族コンプレックスを持っている絶好のターゲットとしてCIAが利用してバックアップしていたことです。世界中の諜報機関が周知であるほどの常識です。事実を把握している中国が小沢君を取り込むことも国際政治の力学からすれば普通のことです。小沢君は中国と親密になることで米国と中国を天秤にかけています。米国から独立するためには「中国と同盟すればいい」と周囲に漏らしています。中国は日本を丸裸にするためにはあらゆる手段を選ばないのです。

東京地検特捜部は米国の影響が皆無ではありませんが現場では小沢を捕まえたい意欲は強いと思います。上層部は保身ばかり気にするものです。

小沢政治とはもともと金がかかりすぎる手法で成功を収めています。よって綺麗な金だけでは権力を維持できないのです。ご本人は麻痺しているので犯罪という認識はないと思います。
事実君
2010/08/29 00:01
小沢君は彼の視点で愛国心らしきものはあると思います。戦後米国から搾取され続けた実態を把握していることで朝鮮族が日本を変えて救うという歪んだコンプレックスから生まれたものと分析されています。中国はソコに付け入ることができたのでしょう。小沢君が政界から退いても日本は変わらないと思います。憲法改正も重要ですが先進国並のスパイ防止法を制定しスパイを取締る機関を強化をしない限り第二の小沢君が複数控えていると思います。
事実君
2010/08/29 00:16
>中国人も朝鮮人も警戒しなければならない人種であることは当然ですが、だからといってアメリカは善人で日本を愛してくれているなどとノー天気なことを言っていては、ますますアメリカの国債を買わされますよ!
六道輪廻 2010/08/28 15:45

ここまでは仰るとおりです。日本は真にアメリカから独立すべきでしょう。問題なのは次の一文です。

>そのアメリカと対等の関係を模索しようとしているのが小澤さんです。
同上

小沢はじめ民主党の売国奴はアメリカとの対等の関係を模索しているとは思えません。
縦から見ても横から見ても、
「いままでアメリカに従属していた。これからはシナに従属する。」
と言っているようにしか聞こえないわけです。
しかも、日本の国益のためではなく個人の利権のために。

アメリカのくびきをとる必要はありません。その代償としてシナにくびきをとられるのであれば。
Frank
2010/08/29 01:52
話しは変わり、赤と黒の件ですが、

夜明けの前が一番暗いとも言います。
一回朝鮮人小沢で日本が真っ黒、もとい真っ暗になった後、日本の再生が始まるものと信じたいです。

>国会議事堂の雛壇には小沢一郎前幹事長が「剛椀」と称する嫌がらせ政局で死地に追いやられた者達が、おいでおいでと手招きをしている風情にも見えます。
生良大和 2010/08/28 17:06

これ、多分日本人なら誰もが見える風景でしょうが、シナ人や朝鮮人には、ましてその体を流れる血が100%朝鮮人の小沢には絶対に見えないに違いない。
Frank
2010/08/29 03:02
>これ、多分日本人なら誰もが見える風景でしょうが、シナ人や朝鮮人には、ましてその体を流れる血が100%朝鮮人の小沢には絶対に見えないに違いない。
Frank 2010/08/29 03:02

本当ですか?Frank様にも見えているのなら、何か凄く嬉しいです。やっぱり、「日本人固有の意識」って存在するのだなって。

小沢一郎前幹事長が自民党を離党したのが、18年前の事だそうです。当時は、土地バブル崩壊の直後で、金融機関の不良債権処理が喫緊の課題であった時節でした。

本来なら、国家を挙げてこの不良債権処理に当たるべき「時」であった筈です。しかし当時は、小沢一郎主導に拠る、『二大政党制確立こそ、真の民主主義国家』を名目の権力闘争に、国民の耳目が集められてしまいました。

今回も全く同じです。リーマンショック直後、本来なら国際的な金融不安や、海外需要激減に対して国家を挙げて一丸となって、対処すべきであったのです。それが、テレビマスゴミ業界の一方的な、時の政権麻生自民党政権叩きもあっての政権交代でした。

「政権交代すれば全てが旨く行く」みたいな。

で、結局この有様です。振り返って見れば、此処20年来の日本の低迷を招いたものは、小沢一郎始めとする元自民党経世会の落ちこぼれと、旧さきがけ出身者の似非保守、そして旧社会党の人権ゴロ共等の暗躍では無かったかと総括してしまいます。

小沢一派は、幹事長と官房長官そして、財務委員長のポストを要求しているそうです。一度権力の座に着いた者共等にとって(つまり小沢一派)は、民主党の主導的立場からはずされた事に耐えられないのでしょうね。

経世会vs社会党の戦いにも見えます。どちらが勝っても後に来るのは、報復人事や粛清の嵐。修復など可能なのですか?

生良大和
2010/08/29 04:35
(すみません、字数オーバーなもので・・・)
民主党の者共等は、私達にとって想像も着かない事をやって来ます。例えば、参院選1ヶ月前での総理交代とか、管談話とか・・・。

仙谷官房長官辺りは、例えば、民主党代表選最中の検察審査会「起訴相当」を前倒しして、ぶつけて来るかも知れません。その為の千葉景子でもある筈です。

何れにしても、今まで(良くも悪くも)親しんで来た日本の政治とはかけ離れた、権力闘争が見られるかも知れませんね。

多分それは、中国や朝鮮半島で見られる類のものである可能性もありそうです。やつ等は、日本人の発想をしていないですもの。

ところで、

「アメリカと対等」とか言う言葉が飛び交っていますが、私自身からすればありえない話です。憲法改正、スパイ防止法そして、核武装無くしてアメリカと対等など無いです。それは中国に対しても、同じ事。

だったら、アメリカのポチでいる方がずっとマシだと思います。

私の好きな2ch上で以前、面白い言葉がありました。

『アメリカのポチでいれば、えさが貰える。中国の犬になったら、鍋で食われる』。けだし名言に思われます。

もうこんな時間w。作禮而去。

生良大和
2010/08/29 04:54
民主党の石井一議員は、公明党の事をとても嫌っていたと聞いています。(当たっていますか?)


この議員は、本来小沢一郎と近い立場だとも聞いています。

にもかかわらず、石井一は管直人側の陣営に就いたそうです。

もしかして小沢一郎は、すでに自身が民主党代表に就任した際の公明党との連立約束を取り付けていて、それに石井一が反発したのかも?

民主党は消滅
2010/08/29 17:59
小沢と鳩山の関係者で
利権に関わる者
会計に関わる者
ヤバイ件に関わったのか
2000年以降みんなへんな死に方をしてるのは偶然か
検死もしていない
ちゃんと検死をしてほしい
2010/08/30 03:25
もしかして反米=親中って思い込んでるんですか?皆さん。
六道輪廻
2010/09/01 12:37
自公党って、そんなに素晴らしい光に満ち溢れた政党なんですか?
崩れ行く帝国、滅び行く帝国、そうアメリカ合衆国の債権をなぜ血税で購入し続ける事に、なぜそんなにこだわるんですか?値崩れを起こすものを買い控えるというのは、人間の本能です。なぜ自分達を犠牲にしてまで合衆国を支えなければいけないのですか?
自公党は更に米国財務省証券を買い続けますよ!

市場のスタンス、それはドル売りです!ドル買いではありません。ドル売りこそ日本に巨万の冨をもたらします!
六道輪廻
2010/09/01 12:46
>>六道輪廻

CIAに用済みとされ、世界各国でカルト認定された創価学会公明党と自民党の連立がいいとは誰も思っていないでしょう。小沢が何者か?正体も分からない赤い君が小沢を応援することは勝手なことだけど、無知度をコメントで自慢するのは良くないと思う。物事は君の小いさな赤い世界観で動いていないのだから。とりあえず小沢を応援する前に「なぜ妄想と現実はとてもずれているのか?なぜネットに書かれていない事実がたくさんあるのか?なぜ共産主義が衰退したか?」小沢と飯でも食って教えてもらって下さいな。
赤狩
2010/09/02 03:49
>>六道輪廻

朝鮮人と赤共はなぜ世界で受け入れてもらえないか?
君はそれが分からないから洗脳がとけないのだよ。
赤狩
2010/09/02 03:53
私は戦後日本が共産党独裁国にならなかったのが何よりよかったと思うけれど、アメリカが悪の象徴のように思う人たちはやはり中共国や朝鮮が理想の国だろうか。アメリカの悪の手から逃れるにはいったいどうすれば日本が安全におれるか。その手立てがまずしっかりしなければ、ただアメリカから手を切ればいいだけのような論議では単なる青臭い書生の論でしかない。
K/M
2010/09/03 22:59
朝鮮人と赤共はなぜ世界で受け入れてもらえないか?って、日本では同じです。

左翼や過激派の赤共がよくやる内ゲバと称するリンチ殺人事件。実は、殺されているの大抵日本人だから。

今では、革マル派、中核派、解放派、赤軍派、これらの組織は、全て朝鮮人の団体です。極左団体の内ゲバは偽装で、殺されているのは日本人活動家だけだから。

朝鮮人が組織の実権を握り続けるために、権力闘争を仕掛けては日本人活動家を、内ゲバで「抹殺」しているのです。

一番判りやすい例が、連合赤軍のリンチ殺人事件。「総括」と称して殺されて埋められた同志12人は、全部日本人ばかり。殺して生き残ったのは全部朝鮮人。

革マル派執行部と中核派執行部が、日本労働党(朝鮮総連)の指導下で共謀し、極左団体内の邪魔な日本人活動家を、派間抗争に見せかけて殺害することもよくあります。これは彼らの常套手段。

日教組も、プロ市民も、中核派も、民主党幹部も、みんな在日朝鮮人。そうそう赤とは違いますが、今では創価学会も幹部は全部在日朝鮮人だそうです。

これが真相。

日の丸君が代問題とは、形を変えた在日朝鮮人問題なのですよね。

朝鮮人と赤共は同じ。
2010/09/04 00:35
総裁選に出る資格もない小沢、いくら良いことを言っても、日本国総理が被疑者では、日本も終わりだ。やる事をやればいいのならやくざでも、まだすごいことをやる。小沢がなれば、即民主党応援は中止だ。
憤慨する国民
2010/09/04 09:25
私は大日本帝国復活を願い、男系男子の天皇家の存続を願っている者であり、また日本はIAEAを脱退し、日本は核を持つべきであると考えている者ですが、なぜ私は赤なのですか?

数ある回答者の中から、赤狩さん、あなたからの回答を望む。さあ、答えられるなら答えください!あなたは日本人の仮面をしたアメリカ人です!

六道輪廻
2010/09/04 11:28
>六道輪廻
赤狩さんではないけれど、答えてあげます。

口では大日本帝国の復活を願い、男系天皇を信奉する右翼の振りをしながら、ドル売りを奨励してドル資産価値を暴落させて、アメリカを怒らせアメリカとの対立を煽るその姿勢。まるで戦前の朝日新聞みたいです。

極右を装った極左ですね。赤そのものです。自分で気が付かないのですか?

見方を変えれば、中共の犬にも見えます。朝日新聞か犬NKの関係者ですか?どっちにしてもあなたつまらないです。

赤狩さんではないけれど、今後の事はおざーさんとご飯でも食べながら教えてもらって下さいな。

もう、来なくていいです。

赤狩りさんではないけれど
2010/09/04 20:08
私はドル売りを暴落させるほどの力はありません。
今なぜ、世界中のマーケット関係者はドルを売っているのでしょうか?
なぜ世界中で唯一日本だけがドルを無理やり買わなければいけないのでしょうか?このコメント欄では皆さん、ただひたすら「アメリカとの関係が大事とか、アメリカと仲良くせねば」などと言いますが、なぜアメリカからの独立を模索しようと考えないのか?
日本がアメリカから独立して最も困るのはアメリカ自身であって日本ではありません。
あなたは私に「もうこなくていい」と書いた。私が言うことが正論であるから答えずらいのですか?
逃げるな!尻尾をまいて逃げるな!自分と意見が違うからといって仲良しクラブの中に閉じこもるな!
あなたに聞く。なぜ世界中の人がドルを売ろうとしているのか、理論的に答えよ!
赤狩りさんではないけれど、と称する者へ。
2010/09/06 12:30
>六道輪廻
>赤狩りさんではないけれど、と称する者へ。

↑は民主小沢支持のようですが、ブログによくあるタイプの荒らし(暇人のかまってチョン)です。IPアドレスによると、過去、アッチコッチで、荒らしてます。もともと荒らすことが目的の反日なので、議論なんて成立しません。
情報提供A-163
2010/09/06 14:18

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

小沢一郎出馬の“絶望決戦”…脱民主党で挙国態勢を 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる