在日参政権のコペルニクス…鬼籍に入った最高裁傍論

国会でも菅内閣が在日参政権の方針転換を認めた。鳩山内閣が最後の閣議で決定した政府答弁書。コペルニクス的転回で悪名高い傍論を“追放”したが、報道各社は2ヵ月以上も沈黙したままだ。
画像

「談話を行うかどうかも含めて慎重に検討しているところです」

菅政権下で初めて行われた8月2日の衆院予算委で、仙谷官房長官は日韓併合100年にあわせた談話の“検討”を続けていると表明した。答弁は短く、内容に関しては未だ闇に包まれたままだ。

「様々な談話によって日本の外交に大きな問題を出したこともあり、扱いに関しては極めて慎重に、そして少なくとも与党内での議論・合意を含む手続きを強く要請します」
▼予算委で質問する松原仁議員8月2日(衆院TV)
画像

質問に立ったのは民主党の松原仁・衆院予算委筆頭理事だった。検討中の談話の文言は不明だが、松原議員は明らかに、それが自虐史観全開の内容になるという前提で質問した。

「政調と調整しているのか。国益に係ることを党側と詰めずにやっていいのか」

7月30日、民主党政策調査会の会合では一部議員から異論が出た。ここでも「国益」に言及しているのが特徴だ。仙谷の反日ポリシーから、談話が国益を損ねる内容であることは既に常識になっている。

「当然、与党のしかるべき部署との協議をすることになると思う」

▼会見する仙谷官房長官8月2日(政府ネット)
画像

衆院質疑の直後、仙谷由人は会見で与党内での協議を明言した。党内の権力闘争も絡んで暴走に歯止めが掛かる事態も期待できるが、売国議員だらけの民主党。予断を許さない状況である。

新売国談話の発表が予想されるのは、8月29日。併合条約発効から100年の日に当たるが、そもそも我が国の政府が改めて談話を出す必然性などない。

100年を節目としてキャンペーンを続けてきたのは、我が国の一部メディアや韓国などの反日勢力だ。最初から歴史歪曲が甚だしく、政府レベルでそれに乗じることが間違いである。
▼NHK反日スペシャル
画像

絶え間なく次から次にやってくる反日ウェーブだが、昨年来の大問題は、鎮静化に向けて前進した。

【参政権は違憲…答弁書を再確認】

「憲法93条第2項の解釈につきまして、平成22年6月4日付け当該質問主意書の答弁について、ご指摘の通り、答弁を行っております」

同じ2日の衆院予算委で、仙谷由人は文書に眼を落としたまま、そう語った。「答弁した通りに答弁した」という答弁…珍質疑の見本のようだが、予算委冒頭で改めて菅内閣から言質を取った意義は大きい。
▼予算委で答弁する仙谷官房長官8月2日
画像

質問したのは松原議員。そして質疑に登場した質問主意書とは、自民党の山谷えり子参院議員が5月27日に提出したものだ。それに対する政府答弁書は、民主党政権の方針を大転換する内容だった。

参照:参議院HP『5月27日付け 永住外国人への地方参政権付与に関する質問主意書』

質問主意書で山谷議員は在日参政権について、公務員の選定罷免に関する憲法15条1項、地方議会の住民選挙を謳った93条2項の政府解釈を求めた。

それに対し、鳩山前政権の全閣僚が署名した答弁書は、在日参政権を違憲とした平成7年の最高裁判決を丸々引用した末に「政府も同様に考えている」と結んでいる。

参照:参議院HP『永住外国人への地方参政権付与に関する質問に対する答弁書』

ポイントは園部逸夫判事が自ら俗論と突き放した傍論部分を無視したことだ。民主党が在日参政権付与法案の最大の論拠としていた悪名高い傍論を突然、引っ込めたのである。

過去の発言と比較すると違いは際立つ。今年2月9日の衆院予算委で高市早苗元沖縄・北方担当相が在日参政権に関して質問した際、鳩山首相(当時)は、こう答弁していた。

「平成7年の最高裁判決では、定住する外国人については、(略)議会の議員などに対する選挙権を付与する措置を講じることは、憲法上禁止されているものではないと解するのが相当であるとの結論が出ております」


違憲とした本論は完全に無視し、傍論部分を丸々引用。また3月末に閣議決定した政府答弁書でも同様の主張を繰り返していた。今回の政府答弁書とは真逆だったのだ。

参照:衆議院HP3月31日『永住外国人への地方参政権付与に関する質問に対する答弁書』

約2ヵ月間で、最高裁判決の取り扱い方が極端に変わった。180度転換を「ブレる」とは言わない。これは普天間移設クラスのシフトチェンジだ。

更に政府答弁書は、傍論の追放だけではなく、在日参政権の危険性にも及んでいた。

【極論ではない「国境の島ジャック」】

山谷えり子議員は質問主意書の中で、対馬市議会や与那国町議会が参政権反対の意見書を採択したことも取り上げ、安全保障問題に繋がる恐れを指摘。それに対して政府側は、こう答弁している。

「我が国の国境付近に位置している対馬市や与那国町においては地理的な環境から住民に不安を与えるとの認識があるなど、地方公共団体においても多くの意見があることは政府としても十分に理解しており、こうした関係各方面の意見も十分に踏まえつつ対応する必要がある」

官僚スタイルの答弁だが、国防問題に一定の理解を示し、地方自治体で相次いで採択した反対の意見書にも留意。国境の島に外国人の政治的影響力が及ぶケースへの“配慮”も窺える。これも大きな前進だ。
▼日本領土を強調する対馬の貼紙(ロケットニュース)
画像

在日参政権反対派は、最高裁判決の主文に基づく違憲論に加え、国防上の懸念も重ねて提起した。しかし、これまで推進派は安全保障面の問題を“妄論”として退けていた。

朝日新聞が4月末から連載したネット批判特集『扇動社会』は、国防上の懸念について“誤った情報”の流布と切り捨てた。その歪んだスタンスは推進派勢力に共通し、民潭も「デマ」と断言、嘲笑していた。
▼参政権反対のデモ行進2月
画像

だが、今回の答弁書で民主党政権は、参政権付与が国防問題に繋がるとの「認識」を「理解」したのだ。この新たな政府見解が推進勢力に与えるダメージは大きいと想像する。

一方、この政府答弁書の取り扱いに関しては疑問点も多い。

【騒がれなかったコペルニクス的転回】

答弁書が閣議決定したのは、6月4日。記憶に新しいが、この日は午前中に民主党の代表選が開かれ、午後に菅直人が首班指名を受けた。つまり、鳩山内閣として最後の閣議で決定したのだ。
▼鳩山内閣、最後の閣議6月4日(AP通信)
画像

ルーピー政権、最後の最後の大転換である。政府の継続性から、署名の“捺し逃げ”には何の問題もないのだが、その後の展開が奇妙だった。

政府答弁書は閣議決定しても、直ちに内容が発表されることはない。衆参HPで全文を公表するのは暫く経ってからだ。山谷えり子議員のHPに答弁書の全文がアップされたのは6月16日。国会が閉会した日である。
▼熱弁ふるう山谷えり子議員6月9日
画像


参照:山谷えり子参院議員HP国会での活動報告6月16日『【質問主意書】一問一答形式(5月27日提出、政府答弁書6月4日)』

質問を提出した議員に情報が届いたのも遅れ気味のようだったが、一般的に知られるまで更に長い時間がかかった。答弁書をテーマにした櫻井よしこ氏のコラムが載った週刊新潮の発売は7月22日だった。

参照:櫻井よしこブログ7月29日『政府は外国人参政権を諦めていた』
画像


山谷議員の公表から実に1ヵ月以上が経過…その間、反日メディアは意図的に抹殺したと想像するが、参政権潰しで大活躍していた産経新聞も、この大転換した政府答弁書を記事に取り上げることはなかった。

取るに足らない政府答弁書なのか…実際に内容をチェックすれば、櫻井氏が指摘するように民主党が「参政権を諦めた」と解するのが妥当。極めて重要な政府答弁書に他ならない。
▼6月4日付けの政府答弁書
画像

先の参院選では「たちあがれ日本」や自民党、国民新党などが参政権反対を掲げて選挙戦に臨んだが、その時点で既に民主党政権は方向転換済みだったのだ。何か狐につままれた気分である。

【参政権策動の舞台裏を暴け】

「新たな逆境である。それでも民団は、決して屈することなく、このたびの参議院選挙に際しても、そして今現在も、各政党や有力国会議員への働きかけを継続している」

7月28日付けの民潭新聞は「『地方参政権』は逆境に屈しない」と題した社説を掲載した。昨夏から今春にかけての勢いは掻き消え、自ら「逆境」と認めている。
▼参政権反対1万人武道館集会4月
画像

今後、付与法案が議員立法で出される恐れもある。しかし傍論を追放した政府答弁書の署名を受け、民主党政権が閣法として上程する可能性は、ゼロに等しくなった。推進派にとっては正に逆境だ。

今回の政府答弁書は民主党の急旋回を示すものだが、同時に、今年4月頃から閣僚や党幹部クラスの「参政権推進発言」も激減した。党内で何があったのか、そして推し進めていた真の理由は何か?
▼推進派急先鋒の川上義博参院議員2月(JNN)
画像

「政府与党が永住外国人への地方参政権付与を推進しようとする意図は何か明らかにされたい」

山谷議員は質問主意書の第4項で、そう問い質したが、政府からの回答はなかった。小沢一郎が韓国政府・民潭と裏取引した…といった密約説も不十分で、納得できるものではない。
▼参政権を主導する小沢一郎を糾弾1月
画像

9月14日に予定される民主党代表選では8年ぶりに党員・サポーターが投票権を持つ。在日外国人にも門戸が開かれていることから、憲政史上初めて総理大臣の決定に外国人が加わる異常事態になった。

政治資金規正法の趣旨に反する総理大臣の選出だが、その点に疑問を投げ掛けた7月31日付け読売新聞の記事に、看過できない記述があった。

「民主党はかつて、永住外国人への地方選挙権付与問題をテコに、在日韓国人党員などを増やそうとしたことがあった」
▼3年前の参政権よこせ民潭デモ
画像

それ以上の詳細な記述はないが、記事化するにあたってウラを取っているのは確実だ。民主党は党勢拡大の為に日本国民固有の権利を安易に売り渡そうとしたのである。

もちろん党員・サポーター獲得作戦は、一部に過ぎず、在日参政権を強力に推進した大きな理由は、別にあるだろう。反民主党陣営は今後も、在日参政権推進の裏側を追及してゆかなければならない。

真の理由を炙り出すことは、売国政党=民主党の素顔を完全に暴くことになる。



  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

画像

参考記事:
■イザ8月2日『日韓併合の首相談話 「与党と協議」と官房長官』
■イザ8月2日『民主・松原氏、日韓併合の首相談話「与党の合意を前提にせよ」と牽制』
■産経新聞7月30日『民主政調で「日韓併合談話」に異論』
■イザ6月4日『政府答弁書・外国人参政権では国境の町の意見も踏まえる』
■民潭新聞7月28日『<社説>「地方参政権」は逆境に屈しない』

■神奈川新聞6月18日『法案提出されなかった外国人参政権「議論なく、うやむやに」』
■朝日新聞H20年12月12日『民団、民主・公明支援へ 次期衆院選 選挙権付与めざす』(魚拓)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 56

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

日本人
2010年08月04日 08:15
民主党のサポーターには外国人もなれることが問題です。政権与党の代表を選ぶことはすなわち日本の首相を選ぶことです。外国人に日本の首相を選ばせてよいのでしょうか?

党のサポーター、選挙応援から外国人を排除することにより、民主党の多くにとり外国人への地方参政権付与のメリットは失われると思います。

民主党の要綱を変え、外国人サポーターの違法性を指摘し続けることが大事であると思います。

民主党本部に電話はつながりにくいですが、大きな声を上げ続け、民主党の心得違いを正していきましょう。
Frank
2010年08月04日 08:33
過去の世界史上、繁栄した国家が崩壊する、そのような分岐点に現在の日本は位置しているように思われます。

が、朝鮮人ごときに如何こうされるほどヤワな日本ではない、と信じております。
風来坊
2010年08月04日 09:04
この問題に対する政府見解は確かにコペルニクス的転回をしたのでしょうが、根は日本解体を目論んでいる政権のこと。いつまたブレ始めることやら?
根本的解決は民主党から権力を剥奪すること。それが我々日本人の責任であり、それ以外に解決策はない。

「国益に係ることを党側と詰めずにやっていいのか」という松原議員の質問も、ちょっと見には“まとも”である。しかし、「国益に係わることを民主党に諮ること自体が大間違い」だと私は思う。松原議員自身のブレ具合からみても、何はともあれ“打倒民主党!!”こそが喫緊の課題であるに違いない。
2010年08月04日 09:45
「在日特別許可」ですから日本に都合が悪ければ「許可取り消し」で良いのではないですか、事業では「認可取り消し」「許可取り消し」なんて簡単にやる。
何故「韓国人」「朝鮮人」が「在日」出なければいけないのか、只の外国人にするのが一番判りやすい。
何十年住んでいようが外国人を「外国人」扱いをして悪い事は何も無い。

前記の人が言われている様に民主党には日本と外国の区分がつかない「日本の議員」がゴマンと居る、矢張り党の「底」は旧社会党の残滓がこびりついているのですから、民主党解体まで日本人が頑張るしかない。
憂国子
2010年08月04日 11:03
民主党が政権与党を握っている間は、何でも揉め事です。外国人は外国に「お邪魔・お世話」なっている立場を守らせないと駄目ですね。ある方に伺いました。
松原 仁氏は小沢「一新会」に入会したそうです。
 私もよく民主党に電話差し上げますが、「居留守」を
使われます。「お話中」です。その時・暗躍中と判断指数と判断しております。
みちお
2010年08月04日 19:39
M党は「二重もしくは複数国籍を認める方針」に方向転換しただけではないですか。
M党だって馬鹿ではない。「外国人参政権が困難であることぐらい分かった」というだけのことです。
しかし多重国籍を認めてしまえばそれらの問題は一挙に解決する。
日本にとってはその方が始末が悪い。
一刻も早くM党を政権から引き摺り下ろさねばなりません。
2010年08月04日 23:28
>日本人さま
万年野党のミニ政党でも問題がありますが、投票・選出がイコール内閣総理となれば違法。司法の専門家が分析すれば違法性がより明らかになると思います。

>Frankさま
半島人に負けるワケがありません。それでも、連中に味方する反日日本人が多いのが現実です。日本人自身による“内部侵蝕”が結果的に国を歪め、滅ぼす恐れはあるでしょう。

>風来坊さま
菅直人は6月の代表質問で明確に否定しませんでした。ブレる可能性はあります。特にカルトの連合を視野に入れた政局になると大復活するかも知れません。油断大敵ですね。
2010年08月04日 23:29
>猪さま
多くが密航者としてやってきた歴史的経緯が、被害者を騙る捏造神話の原動力になっています。全員ではありませんが、不法入国者である以上、「ただの外国人」にさえなれないのかも知れません。

>憂国子さま
松原議員は国会ヤジの訓練なども行う「小沢ブートキャンプ」の班長だとも指摘されています。それだけに参政権推進の真の背景・動機を知っている1人でしょう。

>みちお様
多重国籍の問題に加え、危険な外国人住民基本法もあります。法案を主導した円より子も国会からめでたく追放されましたが、民主党は国家解体の法案を複数隠し持っているのが現状です。
足軽
2010年08月05日 09:57

民主党のサポーターとやらには、外国人でもなることが出来る?。従って党首選挙に投票出来る?
民主党よ正気か。
一国の政党の党首戦で、外国人勢力にお伺いをたてるなど絶対にあってはいけない事だ。
恐らく、外国人参政権を諦めたので、その代わりとしてやるつもりなのであろう。つまりは民主党の株主のようなものにするつもりか?。
しかしこの政党、外国人参政権問題は諦めたようだが、反日・国家解体はまだ諦めてないことは、はっきりとした。
断固とした態度を維持せぬはばなるまい!。
憂国子
2010年08月05日 10:25
>アネモネさま
ご指導ありがとう御座います。手を弛めてはイケマセンネ。足軽さまの仰る「株主」共感いたしました。株主が
大損する様な策があれば良いのですね。日本人の行動でしょうか?!私も微力ながら頑張ります。大和民族として。「日本は日本人のもの」ですから。生意気失礼しました。
花うさぎ
2010年08月05日 12:25
アネモネさん、ご苦労様です。

我々「反対派」は普通ならもっと喜んで良いはずですが、あの民主党のことだ、信用ならないと、警戒する声が圧倒的ですね。

祝杯あげようかと思ったけど、とてもそんな雰囲気ではないです(^^;。
2010年08月06日 02:32
>祝杯あげようかと思ったけど、とてもそんな雰囲気ではないです(^^;。
花うさぎ 2010/08/05 12:25

仰るとおりです。参院選で奇跡的な民主過半数阻止を成し遂げられただけで、(それだけでも大変な戦果でしたが)状況は、余り変わっていない様にも思えます。選挙直後、アネモネさん共々あんなに慶び合った千葉火炎瓶景子法務大臣落選も、民間登用という予想もつかなかった形で法務大臣続投です。

尤も、あそこで民主党に過半数を取られていたら、やはり即効で外国人参政権は、決められていた様な気がします。その意味では今回の参院選は、最低限ではあるが効果としては充分の戦果と言うべきものかも知れません。抽象的で済みません。

それにしても、日本国内に於ける朝鮮人問題は、何故これほどまでにタブー視されているのですか?その事自体が恐ろしくて仕方が無いです。

朝鮮人とは、それ程までに恐ろしい存在なのかと。

例えば、予算委員会に於ける谷垣自民党総裁の『民主党敗因分析』。 テレビでちらっと見た限りに於いては、外国人参政権の事に触れていないです。

消費税反対を声高に掲げた社民や、共産そして公明党までも議席数を減らしたのは紛れも無く、『外国人参政権賛成政党』だからです。

みんなの党があれ程躍進した陰には、外国人参政権反対政党だからと言う理由がある筈です。「外国人参政権反対1万人集会」に党首として参加したのは、彼、渡辺善美代表だけでした。ユーチューブで彼の演説を見ましたが、良い事言っています。反民主非自民の時流に乗った事もあるのでしょうが・・・。

参院選改選議席第1党党首ですら、迂闊に外国人参政権問題を口に出来ない、或いは報道されない恐ろしさは、一国民有権者としては、恐ろし過ぎます。

2010年08月06日 03:03
テレビ報道でもそうです。いつも定点観察しているNHKニュース7、ウォッチ9そして、テレビ朝日報道ステーションでも一切、朝鮮学校授業料無料化決定も(これに関しては、橋下大阪府知事がぶち切れています)。朝鮮併合100年に向けた、管総理大臣の『管談話』も全く報道されません。

それでいながら、藩其文国連事務総長のナガサキ・ヒロシマ訪問に関しては大々的に報じています。

史上最低の国連事務総長。彼は、国連事務総長の「立場を利用して、韓国・朝鮮人の為に」、日本の核武装論を抑える為にやって来たに過ぎません。朝鮮人とは、組織や地位を、自分達の利益のみの為に利用する生き物です。彼らに公正・中立と言った概念はありません。(今じゃ国連職員の30%は、朝鮮人だそうです)。

話が逸れました。今日のNHKニュース7など、韓国日本のアンケート調査です。お互いの国で一番先に思い浮かぶ人物は誰ですか?と。

伊藤博文と、ヨン様。

お互いに国に好感を持っていますか?

日本58%?。韓国28%とか?。忘れますた。が、こんな感じです。

そんな電波垂れ流し時間があるのなら、管談話とか朝鮮学校無償化やれよと。今週担当しているのは、エース武田真一ではなく、土日版担当の野村正育。ちょっと調べて見ましたが、彼はチーフアナウンサーだそうです。武田といい、野村といい、日本国民の事実上の税金を貪りながら、やりたい放題です。彼らの責任では無い事は判っていても、怒りはテレビ画面上に写る面(ツラ)に向かいます。

何れにしても、朝鮮問題に関してNHKの糞ぶりは目に余ります。テレビ朝日やTBSの比では無いです。民放は、日本国民視聴者から直接、「視聴税」は徴収していませんもの。

2010年08月06日 03:56
既にNHKには、朝鮮人の役員が誕生したそうです。次の会長はその朝鮮人になるかも知れませんね。次の組長の呼び声高い、若頭が朝鮮人の山口組とどっこいどっこい恐ろしさのNHKです。

朝鮮人とは、組織の内部に侵入すると恥じも外聞も無く強引に自己増殖して行く生態を持っているとの事。そう言った意味では、帰化人が90人以上存在すると言う、民主党議員集団の恐ろしさは、想像を絶します。

鳩山・小沢の巨額脱税や、政党助成金横領疑惑や政治資金規制法、キャミソール荒井、レン・ホー(どこが苗字でどこが名前か判らないw)事務所費問題など等、数限りない疑惑や不正に関しては、国民有権者に対して、最低限の説明責任すら負わない民主党の糞議員共等が、民主党両議員総会では、管直人総理大臣に対して参院選敗北の責任を問う声ばかりであったのは、驚嘆の一語です。

民主党の糞議員共等は、ちゃんと『責任』と言う日本語知っているやないかと。しかし、その責任は日本国民有権者に対するものでは無く、民主党内部だけのものと言う事に、度し難い怒りがこみ上げます。

話を外国人参参政権に戻すと、先日横綱白鳳が、自身の全勝優勝に関して、今上天皇陛下からねぎらいのお言葉を賜ったと、紋付袴姿で金屏風を背に涙を浮かべて、記者会見を行っていました。

美しい日本語を話し、日本の伝統文化を尊重し、天皇陛下を敬愛している白鳳。暫し、彼がモンゴル人である事を忘れてしまいます。

在日モンゴル人には、外国人参政権を与えても良いかな?w。と、思えてしまう事が、普段日本人のお人好しぶりに辟易している、私自身の情けないところです。

人情なんてそんなもの。外国人参政権は、在日朝鮮人共等の、半世紀以上に渡る日本での在り方、生き方が問われているに過ぎないです。

作禮而去。

この記事へのトラックバック

  • 日本が朝鮮にした恐ろしいこと!

    Excerpt:    「日韓併合は日本の誇り」大反響!   謝罪と賠償を ! アイゴ~~ワシ等   の自尊心が 傷ついてしまったヨ~  去る7月15日から17日までの3日間、文京シビックセンター1階展示ホールで開催さ.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-08-04 07:00
  • 意見書文例:「朝鮮学校無償化」への反対意見書 *利用、改変可*

    Excerpt: ◆◇◆今般の主旨◆◇◆ ●今般、当ブログのコメント欄で下記のような記事と関連事項のご紹介、ならびに意見書送信のご提案がございました。... Weblog: 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】 racked: 2010-08-04 09:13
  • 一阿の  「英人の見た海軍兵学校」 9

    Excerpt: (最後に、兵学校の生徒が激しい訓練だけを受けていたのでないことを少し述べよう。) Weblog: ガラス瓶に手紙を入れて racked: 2010-08-04 09:13
  • 前原放言で判る「き○がい集団」民主党代表選

    Excerpt: 前原国交相が民主代表選に関して 「気概ある人は手を」 と言いながら、自身は出馬しない由。芸能人の披露宴に出席する気概はあるが、もう政治に対しては気概が抜けたのであろう。 “ カンカン娘 ” ならぬ 奸.. Weblog: 賭人の独り言 racked: 2010-08-04 09:56
  • 中国人 大量生活保護申請の実態

    Excerpt: 国会で朝鮮学校の無償化が可決するようだ。 Weblog: 風林火山 racked: 2010-08-04 21:12
  • 「金が欲しい!」総連の涙ぐましい工作

    Excerpt:    産経が連日の一面トップのスクープ!   50万無償化署名に日教組 、 JR総   連など民主支持組織が全面協力!  日頃の主張を曲げてまで何としてでも「金が欲しい」。朝鮮総連の涙ぐましい工作の模.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-08-05 07:31
  • 革マル派議員を持つ民主党は何を考えているのだろう

    Excerpt:  3日の衆議院予算委員会で自民党の平沢勝栄さんが表記の問題を取り上げていました。・平沢さん:下記のような内容のJR総連、JR東労組には革マルが相当浸透と政府答弁書&nbsp;が存在し、民主党内閣はJR.. Weblog: 普通のおっさんの溜め息 racked: 2010-08-05 16:12
  • 日本人四千人以上を虐殺した「朝鮮進駐軍」!

    Excerpt:    謝罪談話・朝鮮高校無償化を断固阻止せよ!  民団 も 総連 も 日本人 に とって「恩を仇  で返す」存在であることを忘れるな!  しつこく憲法違反が明確な外国人参政権を要求し続ける在日大韓民国.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-08-06 05:12
  • 広島原爆忌 ver. 2.0

    Excerpt: 初等科の皆さん、お元気ですか?。園長の真・愛国無罪です。今日は広島に原子爆弾が投下されて65回目の原爆忌です。今から65年前、昭和20年(1945年)8月6日の8:15に広島に原子爆弾「リトルボーイ」.. Weblog: 愛国学園 racked: 2010-08-06 08:20
  • 山谷先生の外国人地方参政権に係わる質問主意書の件、いまだ報道なし

    Excerpt: 山谷えり子先生の外国人参政権に関する質問趣意書件、不報道のままです。 マスコミは報道の義務を放棄しました。 マスコミ人を攻撃するネタにさせていただきます。 マスコミ業界関係者の皆さん。もう逃げられませ.. Weblog: 美しい國 racked: 2010-08-11 04:14
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 在日参政権のコペルニクス…鬼籍に入った最高裁傍論 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Atik sa a te ekri nan Liv la egzak la Sepandan, si ou vle.. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-11 01:41