通州事件の捜査ファイル…封殺された虐殺70周年

シナ人兵が暴虐の限りを尽くした通州事件から70年から経った。女性や子供までもが標的となった虐殺の現場とは…シナ人特有の非道な殺害手法は南京の捏造宣伝を解き明かす。
画像

支那駐屯歩兵第二連隊の桜井文雄小隊長は、信じられない光景を目の当たりにした。

「『日本人は居ないか』と連呼しながら各戸毎に調査してゆくと、鼻に牛の如く針金を通された子供や、片腕を切られた老婆、腹部を銃剣で刺された妊婦等の屍体がそこここの埃箱の中や壕の中などから続々出てきた。

ある飲食店では一家ことごとく首と両手を切断され惨殺されていた。婦人という婦人は十四、五歳以上はことごとく強姦されて居り、全く見るに忍びなかった」


これは兵士が垣間見た惨状のごく一部である。

盧溝橋事件から約3週間後にあたる昭和12年7月29日、シナ人による凄惨極まりない日本人虐殺が起きた。歴史教科書から抹殺された通州事件である。

日本人約380人が暮らしていた狭いエリアの中で、実に260人が犠牲となった…

武装したシナ人の群れは、駐屯する我が軍の関係施設を攻撃しただけでは収まらず、居留民の家をすべて襲撃。略奪・陵辱・惨殺など残虐の限りを尽くした。人のなせる業ではない。

それらの残忍な行為は、中共が捏造する虐殺ストーリーと重なる。つまり、戦後に脚色した“南京の惨劇”なるものが、シナ人の処刑スタイルそのままであることを皮肉にも浮かび上がらせる…

【本当の“屠城”は通州城にあった】

通州は現在、北京市内の一区であるが、事件当時は別の行政区であった。位置は、北京中心部から約20キロの地点だ。

通州は古くからある街だが、事件が起きたのはごく限られたエリア内だった。城壁に囲まれた通州城の中で悪鬼のごとき残虐行為が長時間に渡って繰り広げられたのだ。
▽通州城内の地図(『大東亜戦争への道』より)
画像

中共は南京捏造ストーリーで「屠城」なる言葉を用い、でたらめな宣伝を続けている。城門を閉じ、その内部で殺戮が行なわれたとする物語だ。だが、実際の「屠城」とは正に通州城の中で起きていた。

更に、記録から修羅場を俯瞰してみよう…

事件発生翌日の7月30日午後、現場に入った天津歩兵隊の萱島隊長は、こう語っている。

「旭軒(注:飲食店)では四十から十七~八歳までの女七~八名が皆強姦され、裸体で陰部を露出したまま射殺されて居り、その中四、五名は陰部を銃剣で突刺されていた。

商館や役所に残された日本人男児の屍体は殆どすべてが首に縄をつけて引き回した後があり、血潮は壁に散布し、言語に絶したものだった」


とりわけ凄惨を極めたのが、通州城北門近くにあった旅館・近水楼だったという。第二連隊歩兵隊の桂鎮雄隊長代理は、数少ない目撃者だった。
▽通州城内北東エリア(『大東亜戦争への道』より)
画像

「近水楼入口で女将のらしき人の屍体を見た。足を入口に向け、顔だけに新聞紙がかけてあった。本人は相当に抵抗したらしく、きものは寝たうえで剥がされたらしく、上半身も下半身も暴露し、四つ五つ銃剣で突き刺した跡があったと記憶する。陰部は刃物でえぐられたらしく血痕が散乱していた。

帳場や配膳室は足の踏み場もない程散乱し、掠奪の跡をまざまざと示していた。女中部屋に女中らしき日本婦人の四つの屍体があり、全部もがいて死んだようだった」


【シナ人特有の猟奇的な殺害方法】

また桂鎮雄隊長代理は、猟奇的な殺害の跡も目撃している。

「一年前に行ったことのあるカフェーでは、縄で絞殺された素っ裸の女の屍体があった。その裏の日本人の家では親子二人が惨殺されていた。子供は手の指を揃えて切断されていた。

南城門近くの日本人商店では、主人らしき人の屍体が路上に放置してあったが、胸腹の骨が露出し、内蔵が散乱していた」


内蔵引き出しや陰部突刺などはシナ人特有の残虐な処刑スタイルだろう。その中でも特異な「胸腹部断ち割り」という残虐な殺害方法を前述の桜井小隊長が目撃している。

「陰部に箒(ほうき)を押し込んである者、口中に土砂をつめてある者、腹を縦に断ち割ってある者等、見るに耐えなかった。

東門近くの池には、首を縄で縛り、両手を合わせてそれに八番鉄線を貫き通し、一家六名数珠つなぎにして引き回された形跡歴然たる死体があった。池の水は血で赤く染まっていたのを目撃した」


数珠繋ぎにして引き回した上での殺害は、各所で行なわれていた。旅館・近水楼でも女中ら殺戮のあと十数人の男女従業員と宿泊客が麻縄で繋がれ、銃殺場に連行された。

その日本人大量処刑の模様は、発生直後には確認できなかったが、当日偶々宿泊していた同盟通信社の安藤利男特派員が命からがら城外へ脱出。後日になって蛮行が明らかになった。

しかし、なぜ安全だった筈の日本人居留地でシナ人武装勢力の蛮行を許してしまったのか。誰も虐殺の嵐を食い止める者は居なかったのか…

そこに通州事件の計画性を見て取ることが出来る。

【不安定だった北支の勢力地図】

日本人居留民を襲ったのは国民党軍ではなく、冀東防共自治政府の保安隊と武装した黒服の学生団だった。当時の華北の状況は複雑だが、それが事件を引き起こす重要な背景でもあった。

満州事変は昭和8年5月の塘古(タンクー)停戦協定をもって紛争状態に一応の終止符を打つ。これによって満支の境界が明確になる一方、広大な非戦区(緩衝地帯)が設けられた。
▽満州国南部に広がる緩衝地帯(前掲書より)
画像

国民党にしても北支の軍閥を抑え切れず、極めて不安定な状況だったのだ。その中で昭和10年11月、非戦区内地域の実力者で日本寄りの殷汝耕(いん・じょこう)が通州で自治宣言を発表。年末には冀東防共自治政府が誕生する。

通州のすぐ西側には冀察政権。冀察とは河北省と察哈爾(チャハル)省を指す。ちなみにチャハルはモンゴル人の有力部族である。
▽冀察・冀東政権の支配地域(前掲書より)
画像

この冀察政権(政務委員会)は、南京政府の行政院直属機関であったが蒋介石の影響力は弱く、かつて馮玉祥の部下だった宋哲元(そう・てつげん)が支配していた。

そうした政情不安な北支で盧溝橋事件が起き、地域は一気に騒然となった…

通州事件直前の7月25日、26日には我が軍への攻撃が相次ぐなど一部で戦闘が勃発。廊坊・広安門事件である。そして28日には天津で大規模な衝突も発生。通州の日本守備隊も北平(現・北京)南部の南苑に主力を送っていた。

通州城一帯に残っていたのは、藤尾小隊40人、山田自動車中隊50人などで、憲兵を加えても110人程度だった。

「武力の空白」が生まれていたのだ…

【10倍規模の兵力が未明に襲撃】

7月29日未明、冀東防共自治政府の保安隊が通州城内の日本軍民に突如、攻撃を仕掛けてきた。奇襲である。しかも保安隊は本来、友軍に等しい存在だった。隙をついた“寝返り”である。

保安隊はまず長官公署を襲い、親日派とされる殷汝耕を拉致。続いて残留する守備隊に集中砲火を浴びせた。その時、守備隊には重火器がなく、軽機関銃・小銃・手投げ弾などがあるのみだった。

襲撃してきた保安隊は千数百人の兵員規模を有し、また重装備でもあった。冀東保安隊は設立以来、機関銃や野砲まで備え、保安隊という名称からは想像できない程の戦闘能力を備えていたのだ。

日本守備隊は敢然と応戦したが、10倍規模の武装勢力を前になす術なく、居留民を守ることは到底不可能であった。また城内には通州特務機関のメンバーもいたが、一個中隊規模の保安隊兵に襲撃され、2人の少年給仕を含む機関員全員が壮絶な最期を遂げた。
▽守備隊本部があった城内西部(前掲書より)
画像

居留民を守る勢力が壊滅する中、シナ人兵は城内で蛮行の限りを尽くしたのである。修羅場から脱出できた者はごく僅かで、正に「屠城」と呼ぶに相応しい光景であった。

日本守備隊の主力が奇襲攻撃を知って通州城に帰還したのは、発生から丸一日が経過した30日で、時すでに遅く、城内には目を覆う惨状が広がっていた…

戦後の歴史からは抹殺された通州事件だが、当時は陰惨な事件の概要が国内に伝わるや、日本国民は憤慨し「シナ討つべし」の世論が澎湃と巻き起こったという。

無抵抗の婦女子までを残忍に殺害したこの事件が、その後の日支紛争に与えた影響は大きい。

一方で、なぜ友軍であったはずの冀東保安隊が、日本居留民を襲撃するに至ったのか?

【事件は計画的な叛乱だった】

通州事件は、冀東保安隊の兵舎が日本軍機によって誤爆されたのを受けて叛乱を起こした、との説がかつては有力だったという。シナ人の蛮行をも日本の責任にする自虐史観だ。

事件2日前の7月27日に誤爆が発生している。通州の宝通寺エリアには第二十九軍の部隊が常駐していた。我が軍は宝通寺部隊一掃のため攻撃を加えたが、その際、支援に来た関東軍の爆撃機が誤って冀東保安隊幹部訓練所に爆弾を投下。数名の犠牲者を出す不幸な事態が起きた。

しかし、誤爆を知った通州特務機関の細木機関長は、冀東政府の殷汝耕を訪ねて陳謝。さらに誤爆現場に急行して弔意を示し、28日には保安隊幹部に対し状況を説明・釈明し、慰撫に務めている。

この誤爆が大規模な組織的行動に繋がったとする説は元々根拠が薄かったが、戦後になってシナ側の資料で準備周到な蜂起であることが判明した。

冀東保安隊第一総隊の張慶餘(ちょう・けいじょ)は『冀東保安隊通県始末記』などで、事件が第一総隊と第二総隊(総長・張硯田) による計画的行動だったことを明かしているという。
▽後に中将まで出世した宋哲元(ウィキペディア)
画像

保安隊のトップは明代からの秘密結社・哥老会(かろうかい)を通じて冀察の宋哲元と極秘会談を行い、叛乱の機会を窺っていたのだ。

また同時に、国民党の謀略宣伝機関「南京放送」が繰り返し、日本軍壊滅の偽情報を流していたことも一般兵員の動揺を誘ったと見られている。

我が軍が冀東保安隊内部の不穏な動きを察知できていなかったことは、明らかなミスだ。しかし、華北の状況が不安定である事実は周知だった。それは他方で、偶発的に盧溝橋事件で紛争に巻き込まれたことを逆説的に裏付けているだろう。

【通州を知れば南京の嘘が見える】

我が国の有志の中でも、南京を語る際に、反論の手段として通州事件を取り上げるケースが見受けられる。シナ人兵の鬼畜ぶりを物語る通州事件をもって、南京捏造宣伝を迎撃するものだ。

しかし、南京と通州はまったく次元が異なっている。

南京攻略戦は正規軍による一大首都決戦であり、戦争史に残る激烈な城塞陥落であった。一方で通州事件は、隙をついた叛乱兵による残虐な事件である。

「通州事件があったから南京事件が起きた」とする意見は、敵側捏造宣伝の土俵に乗るものだろう。
▽グーグルで見る現在の通州城エリア
画像

通州事件の“重要性”は、そこに垣間見られた猟奇的な良民殺害の手法だ。南京プロパガンダで振りまく“日本鬼子”の所業なるものは、すべて通州において表面化していたものだった。

例えば「鼻に針金を通して引き回す」などの蛮行は、旧来の我が軍にはないもので、シナ人の伝統的な陵辱スタイルであることは明確だ。中共は南京捏造で様々な「残虐性」を考案しているが、それらはシナ人の伝統に源している。

南京の捏造残虐ストーリーとは、通州事件で実際に起きた惨劇の裏返しだ。そのモデルケースとして、すべては通州で“再現”されていた…

通州事件の惨劇を知ることは、南京プロパガンダの嘘を透視するうえで極めて重要である。


      〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

***************
【side story】
本エントリは中村粲著『大東亜戦争への道』(1990年転展社刊)に全面的に依拠しています。本文内では引用ページを記しませんでしたが、同書「第11章 北支をめぐる日華関係」「第13章 盧溝橋事件の真相」を参考にしています。

参照:
支那事変「 廊坊事件・通州事件」
真中行造氏HP『通州事件・南京事件・尼港(ニコウ)事件その他』
誰か昭和を思わざる『惨たるかな通州事件』

この記事へのコメント

だめ狼
2007年08月05日 11:02
これは…
言葉が見つかりませんね。
これを日本のメディアが報道したらどうなるんだろう?
有り得ない事ではありますが。
どうせ、特アの糞虫も「日帝の捏造」とか言い出すんだろうしなぁ…
なんとかならんか、この状況…
2007年08月05日 12:02
通州事件もそうですが、いわゆる三光作戦も当時の日本軍からすると考えられない作戦ですね。三光とは殺光・焼光・槍光を指すと言われていますが、元来日本語にこの様な語句はなくまた、占領地域を焦土化するメリットもありませんね。通州事件に通じる殺光・焼光・槍光などはむしろ中国人特有の虐殺方法ではないでしょうか?
現役保険営業マン
2007年08月05日 13:17
こんにちは。
通州事件がここまで残虐非道を極めたものとは…。
火力・兵力ともに絶望的な状況だったにもかかわらず、必死に応戦した皇軍兵士のことや畜生に殺された現地法人の無念さを思うと、このような事件を歴史から抹殺したことは許しがたいですね。
日本人
2007年08月05日 13:25
通州事件の蛮行そのものを、シナ人はそのまま南京に置き換えていたのは既に多くの人が知っていることと思います。自分達がやっていたことをそのまま日本人もやったであろうと。奴らの残虐さは、その後の台湾の虐殺や、文化大革命でも明白です。そしてチベット、ウイグルでの蛮行など上げたらキリがありません。そして奴等は嘘つきです。日本軍が拷問して死んだ男の写真という捏造写真も、その拷問器具はシナ伝統の器具でした。南京の嘘を吹聴する奴等には通州を突きつけていけばいいと思います。
A
2007年08月05日 14:48
>通州事件

私はこの恐ろしい事件をネットで知りました。去年ぐらいです。
母に聞きましたが、全く知りませんでしたのでとても驚いていました。
この事件が教科書に載らないとは一体どういうことなのでしょう!
犠牲になった日本人の方たちのことを考えるともうなんと言っていいか分かりません。
日本人は、あのような危険で野蛮な所には行ってはいけなかった。福沢諭吉が書いたように全く日本人とは違う。

今はネットがあるので、この事件のことを中学生など学生でも知っている人は増えているようです。増えて欲しいです。
古田
2007年08月05日 16:13
良く調べられたものです、日本軍が敗れたと聞いた、中国保安隊が「通州事件」日本人・朝鮮人を285名を殺害と教と教わりました、酷い状態だった様です。虐殺は中国の伝統だから弱みを見せると危険だと、子供心に植えつけられたものです。
中華自体を今の人は近代国家が存在したと勘違いされますが、昭和10年代には未だ「8馬賊」・匪賊・雑軍が大陸で利権を争って居ました子供の漫画でも沢山有りました。中国の人も日本軍も1馬賊の様に考えて居たんでは無いかと、シナ事変に従軍した叔父も漏らしていました。通州の状況は悲惨なため公開されず、日本軍のみが後始末、結果が「通州事件」が表面に出ず、之の裏返しの「南京事件」が作られる訳ですから公開して置けば~と悔やまれますね。
しかし当時から、日本軍は悲惨な場面や残酷な死亡場面は「不許可」と軍自体が教育も考慮「子供」や「兵士」が見た場合、復讐と言う概念を心配して紙面に出さないようにしていましたが、それを今のマスコミは「弾圧」と呼んでいる気が致します。

神谷晃良
2007年08月05日 16:45
通州事件を知っている者からしたら、このブログ上で取り上げられてきた数々の中共の非人道的な所業も納得できます。中国人の残虐性。それが南京大虐殺などの、中共政府の捏造史で日本人に復讐心が向けられる。それを恐ろしく感じています。それが北京五輪を控えて、中国と米国で「南京災禍」という映画で世界中に広められる。皆さんは恐ろしくありませんか?

戦後レジームとは、朝日新聞が戦前に為した、(中国共産党と結んでの)戦意高揚報道の責任逃れの為に現出された自虐世界観であり、朝鮮人の、植民地支配されて強制連行されて来た可哀想な民族と言う虚構史によるものに思えて仕方がないのです。朝日を潰すのは現実的でないと仰るだめ狼様。でも、トヨタや本田が相手じゃない。生殺与奪の権限は政府にあります。殺せなくても決定的なダメージ位与えられないものですか?日本国の閉塞感は自民党が原因と言うより、朝鮮人が巣くう朝日の存在が主因に思えて仕方がないです。サヨク野党は朝鮮利益代弁党にしか見えない私です。他に行けないのです。
ジュドウ
2007年08月05日 16:55
始めまして。私もこの事件については先日本を読んで知ったばかりです。このことが日本では公にされてない事に憤りを感じます。しかし、今中国と経済で密接な関わりを持っている日本では、”タブー”なのでしょう。非常に残念でなりません。現在に生きる我々は、過去からの命の連続性のおかげで今を生きている訳ですから、通州事件で犠牲となった祖父達に対して私達は、何かしら敬意を払うなり、中国政府と戦うなりの方法をとるべきです。でも”タブー”を破ってしまえば、おそらく今の日本の”生活”が成り立たなくなるのでしょう。慰安婦問題にせよ、安倍政権のおかげで日本は戦中の日本人を悪人に仕立て上げるような事しかしてませんから、今更通州事件の話題をもちだしても逆に油に水を注ぐ事になるでしょう。ひじょうに難しい問題だと思います。しかし、だからこそ、ブログやら何かでこういった情報を書き留めておくことは重要だと思います。これからも拝見させていただきます。

アサピー嫌い
2007年08月05日 18:28
とある講演会で(左翼の主催ではありません)、
戦中、日本人が中国人一家を虐殺した、という話を聞かされました。
その虐殺のやり方というのが、母親を強姦した後、子供の前で木に逆さ吊りし、陰部に花をさして酒盛りする、という非道なものでした。
その講演者は、「日本の兵隊さんにも子供がいる。帰国すれば自分の子供は可愛がるのに」などと、憤りつつ言っていた。
それを聞いて、心の底から悲しくなったが、結局中国人のやったような仕業を日本兵になすりつけていたんですね。
許せない!
マルコおいちゃん
2007年08月05日 18:29
「陵辱」、「内臓引き出し」はシナの代表的刑罰ですから、シナ人にとってはごく当たり前の行為でしょう。それは「南京事件」の捏造描写に反映しているばかりではなく、国共内戦、「二二八事件」、「文革」などでも繰り返されましたし、現代においても猟奇的事件の際、リピートされるシナ社会のエートスに基づくシナ人特有の「言語表現」であると思います。

しかしそれにつけても中共の「愛国教育」により培養されたエートス・シニカがすでに満々とその水位を高め噴出する機会を待っているかと思うと心底恐怖を覚えます。その「言語表現」がわが国土で大規模に再現される日が絶対にないことを祈るばかりです。

反日ファシズムを打倒せよ!
忘れ雪
2007年08月05日 18:46
このエントリーを良く書いて頂きました。
この通州事件は、左翼歴史学者にとって表に出せない歴史ですね。

教科書、年表等では抹殺、または歪曲しているから、殆どの方は知らない。
その理由は明白です。
戦前の日本は「一方的に侵略した絶対悪」 という左翼史観が壊れるからですね。
この事件は簡単に申さば、
「シナ人による日本人大量虐殺事件」 でありますから。

第二次上海事変に至っては、本末転倒の結果が書かれています。
おそろしや、左翼歴史学者。
のっぽパン
2007年08月05日 19:11
支那人の根底にある残虐性を証明する事件ですね。この事件を歴史に埋もらせてしまってはいけませんし、中狂のさじ加減ひとつでは、平成の通州事件が起きないとも限りません。支那人の残虐性をオブラートに包む、媚中マスコミ・政治家・経済人・文化人などは、もしもの時に責任を取れるのでしょうか。甚だ疑問です。

通州事件を伝える新聞記事
読売新聞
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/umdb/newspaper1000/jpeg-s/01111.jpg
東京朝日新聞
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/umdb/newspaper1000/jpeg-s/02754.jpg
sdi
2007年08月05日 19:19
>アネモネさま
ここに来る方々なら、名前と概要くらすいはご存知だろうと思います。ただ、私もここまで詳しく調べたことはありません。ありがとうこざいます。

当時の日本(大日本帝国)は冀東防共自治政府と国民党政府に対して、盧溝橋と通州でおきたことを公表した上で宣戦布告すべきだった、といまさらながら思います。
特亜消尽
2007年08月05日 19:41
通州事件を公表しておけばルーズベルトが死那へ肩入れするのを合衆国議会が赤信号を灯していたでせう。残念!
ナルト
2007年08月05日 19:51
アネモネさん、こんにちは。
「通州を知れば南京の嘘が見える」・・・なるほどと思いました。
誤解を覚悟で言いますと、通州事件をいかに使うかですね。
南京事件の反論として使うというより、支那人の処刑方法、残虐非道な行為の内容に彼らの文化が現れており、それと日本人の文化からくる処刑方法などを比べれば、「南京大虐殺」のウソが浮き上がってくるということですね。
これだけでも本一冊くらいにはなりますね。
風来坊
2007年08月05日 20:20
緻密な歴史講義ありがとうございます。盧溝橋や通州の教訓が生かされていたなら、「慰安婦問題」も、ここまでやられ放しになることはなかった筈。残念です。

最近思うのですが、”捏造超大国・シナ”は食えたものではないが、それ以上に、捏造にいとも容易く乗せられる日本人が何と多いことか!
手口を変えた振り込め詐欺が後を絶たないのと同根なのでしょうね。
クリスタルレモン
2007年08月05日 23:03
まったくシナ人の残虐さには言葉が出ない。
南京のプロパガンダをするときに、自分たちの基準で語るから日本人から見て無理があるのですね。
元韓流主婦
2007年08月05日 23:19
埋もれていた、いや隠されていた歴史のこんな真実があったのか、とショックを受けています。そしてここに披露して下さった事に感謝しています。外見は一見似ている東アジア人の風貌ですが、片や肉食動物、片や草食動物の感がある中国人と日本人。政治家を筆頭に人をだまし貶めることに良心の呵責を感じるなどという思考回路は全くなく、それどころか、「良心」という概念などはじめから存在していないですね。日中友好の文字に吐き気さえ感じるこのごろです。アメリカではマイクホンダと中共の手先機関が組んで、かつての米兵の捕虜への賠償を引きだそうとの画策が蠢きだしているとか。中国が何としても日本をたたきのめし、世界から孤立させたいとの意図が感じられて仕方がありません。現代の中国人が、反日教育によっての日本への飽くなき復讐心と、たぎるほどの嫉妬心を、捏造映画や、サッカーなどの試合に見る意地汚さに見て取るのは、私だけではないですよね。中国はあと何十年後か、もっと先には、台湾だけでなく日本をも属国としているのでは、と危惧するのです。
鈴音
2007年08月05日 23:40
日本人の悲劇は、2000年も前からこんな蛮族に侵略され続けているという事です。やまとこころは風前の灯ですね。日本人同士が自分の事しかなく救いようがありません。でも最後まで、真実を発信し続けるべく努力したいと思います。こういう記事を載せる駅売りのミニ新聞でもできないものでしょうか?
ミナミ北朝鮮
2007年08月06日 00:10
 中国の歴史小説を読むとその残忍さに驚く。四肢に縄を結んで四方へと馬に鞭打って八つ裂きにしたり、口や耳に溶かした鉛を流し込んだり、舌を抜き肛門や陰部に棒を貫いたり、妊婦の腹を割いて胎児を引きずり出したり、凡そ日本人の常識では有り得ない残忍さだ。清の清太后を描いた映画で題名は忘れたが、王の寵愛を受けていた女性に王亡き後、清太后の陰惨な仕返しが始まると云うのがあった。手足を付け根から切断し、自殺出来ないように舌を抜き 大きなカメに入れ 便所の下にカメごと据えるのだ。生き延びたければ上から落ちてくる大小便を食べるしかないのだ。最後は狂い死にすると云う背筋の凍る話だった。清時代以前の売春宿でも 幼い内に親から買ったり、攫ってきた女児が逃げ出さないように目を潰して女郎に仕立て上げたりとおよそ日本では考えられない残忍さだ。纏足(てんそく)も子供のうちから足を布で縛り上げ成長しないようにして成人女性でも15センチほどの足にしてまともには歩けない性の玩具扱いにする悪習だった。日本人は斬首くらいしかやらない。
ナポレオン・ソロ
2007年08月06日 00:15
 通州事件は何回聴いても前進の血が沸騰するような怒りを感じますが、こういう日本居留民を的にした国府軍の北伐部隊の仕業とされる事件は他にも、済南事件、第一次上海事件、第二次上海事件、南京事件(所謂大虐殺とは別)と多く有ります、済南事件は、通州事件とそっくりの事件ですが、昭和の初めに起こっていますから、日本はこの事件を教訓に出来なかったということになります。

 東条英機が書いたといわれる戦陣訓も、こういった日中戦争での、シナ軍に捕虜にされた日本軍兵士への残虐な扱いを聴いて、元勲山県有朋が、生きて虜囚の辱めを受けるべからずと云ったのを元にして居るそうです、つまり「捕まったら悲惨な死に方を強要されるのは100%見えているのだから、捕まりそうになる戦況なら、自決しても良い」ということです。
ミナミ北朝鮮
2007年08月06日 00:18
 追伸
中国では 今でも 「人肉」を食べる習慣があるそうです。 詳しくはサイト「 中国人のテロ伝統 」を是非見て下さい。 また 朝鮮でも 「胎盤」を食べるのは 当たり前らしいです。出産後の 後産(出てきた胎盤)はモッタイナイから 食べちゃうそうです。滋養強壮に良いそうです。
ナポレオン・ソロ
2007年08月06日 00:21
 戦争は如何にも避けるべき事ではありますが、こういう生命や人権に対するメンタリティや、戦争の作法しか知らない凶悪な面を持つシナ人を何かで規制しうると考える方が空しいでしょう、彼等に、法律は通じないのは自明の理です。

 そう言う意味から、憲法9条があれば=非戦に徹すれば=端から降伏すれば、敵が侵略や残虐行為を止めると主張する輩は、平和主義云々ではなく、日本民族絶滅を画策している工作員レベルの連中であると見做すべきなのです、シナ人の殺人を楽しむが如き残虐性に変わりがないのは、博多の中華料理店一家の皆殺しで明らかでしょう。

 そういうシナ人を3000人も誘致しようと云う民主党を、目先の「生活」の為に大勝ちさせたのですから、私は何も民主党支持者には期待しないことにしました。
梅昆布茶
2007年08月06日 04:01
こういう教育から抹殺された歴史は、親から子へ志かと伝えれれるべきですね。 支那の残虐な殺人・拷問の文化は、忠実なる属国の朝鮮やベトナムにも伝わってたことが、欧米人の著書に残されてます。 朝鮮で行われていた拷問を「人類への挑戦だ」と表現した宣教師なども居ました。 日本人には生理的に受け付けられない所業です。 

ネットには、あの一家惨殺事件で、母親の殺し方が、中国伝統の殺人ゲーム・少しづつ身体を切り落として、絶命させた方が負け・だった形跡があるとかいう話も出回ってますね。 今も支那人の残虐性は全く変わっていないと確信しています。
taro
2007年08月06日 04:49
本当に言葉もありません、
媚中政治家は死んだ方が良い、
自民が信用ならないからといって安易に民主党に票入れたヤツは恥じるべき。

つい最近でも中国のチワン自治区で1万7千人以上に不妊手術強制してたことに対する暴動がおこったばかり、
http://www.sankei.co.jp/kokusai/china/070523/chn070523000.htm
自国で現在進行形で行われてる非道を隠し棚に上げて、金の為に嘘をついて日本を貶める。
こんな国と友好なんぞ出来る訳がない。
江戸前
2007年08月06日 06:06
今朝日テレのニュースの中で韓国人の原爆慰霊の話で「強制連行により日本にいた2千○人の朝鮮人被害者の・」と報道された。また嘘捏造かとテレビを投げたくなった。すぐ日テレと番組宛に強制連行と言われる徴用の時期と朝日新聞にのった人数等を書き併せて植民地と併合をごっちゃにするなと怒りのメールを送った。間違った報道にはすぐ抗議するべきだと思うがマスコミの数ヶ月にも及ぶ安部卸宣伝活動同様戦争に関して嘘を100回言えば真実となる状態だ。ユーキャンが盛んに宣伝していた読売系が出した戦争DVDの始まりも満州事変からで失望した。通州事件を語りそれをDVD化したのであれば戦争の見方が違うであろう。この事件を風化させてはいけない。全国の空襲被害もほとんど語られない。2月の東京下町の空襲だけが被害だと思っているいい年した大人も多い。しかもその空襲も原爆同様無差別殺戮をしたアメリカが悪いを通り越し戦争をした日本が悪いと教育されている。U22のサッカー中国戦の酷さも結局マスコミは一切報じない。
江戸前続き
2007年08月06日 06:12
なぜここまでマスコミ全体が反日活動ばかりなのか。本当に危機感を通り越してもはや今の日本の状態は恐怖だ。格差社会だとの宣伝が多いが、貧富云々などではなくネットとマスコミの格差拡大被害は甚大だ。せっかくネットで真実を知った人が増えたと思ったが同時に極端に左に世論をシフトさせようとするマスコミの力が強固になりそれに操作された国民がここまで多いのかとげんなりである。
与えても奪うことしか考えない人間にはそれなりの何かが待ち受けている。因果応報、林真理子のエッセイにあったが「人は必ず自分の過去に復讐される、忘れた頃に」とある。
先人達の苦労や願いを忘れ己の利益しか考えず反日宣伝活動に協力した輩に本当に天罰が下ってほしい。
ナポレオン・ソロ
2007年08月06日 06:16
>ミナミ北朝鮮様
 投稿時期がバッティングしてますね、スミマセン。
masashi
2007年08月06日 08:21
身の毛もよだつ通州事件
それをはるかに上回る
米国の原爆投下
しかし日本人は天皇陛下の御言葉のように
耐えがたきを耐え
忍びがたきを忍び
米国と共に
世界平和のため努力してきた
それを今特定国が何とか
崩そうとあの手この手で
かく乱を試みる
今 日本人は何が真実か
しっかり見極めて世界平和に
貢献している日本国を維持し更に
発展させなければ
日本の未来どころか世界の未来も無くなる
久間氏の”しょうがない”は
そうゆう日本の諸事情を包み込んだ
ため息と想う
原爆被害者の無念を想うとき
胸が痛くなる
どうぞ安らかにお眠りください。

nagamasa69
2007年08月06日 08:35
南京捏造における残虐ストーリーはいわゆる“投影”とか“投射”というものですね。彼らにしか思いつかないストーリーは彼ら自身の残虐性を証明するものです。
nagamasa69
2007年08月06日 08:36
南京捏造における残虐ストーリーはいわゆる“投影”とか“投射”というものですね。奴らにしか思いつかないストーリーは奴ら自身の残虐性を証明するものです。
時々来る通行人です
2007年08月06日 08:39
「日本人の悪行を告発する!」というブログに行って
「”通州事件”について教えてください」
と書き込めばよいのですね
ミナミ北朝鮮
2007年08月06日 10:27
 南京虐殺とやらも共産軍が革命戦争時 中国国民や国民党軍に対して行った虐殺や、80年代までの文革などの革命運動下の残虐事件から大衆の視線を逸らし、不満を日本に向ける為の一連の宣伝工作だ。現在でもチベットや少数民族への圧制、農民の強制移住など中国政府の 姿勢は変わらない。三光作戦など日本の軍隊小説には 何処にも出ては来ない言葉だ。「 光り 」は日本人にとっては「善~神」のイメージしかないもので焼き尽くす・殺し尽くす・滅し尽くすなどと云う悪のイメージには使わないだろう。原典は共産軍の用語らしい。
名無しの経営者
2007年08月06日 10:51
朕は時運の趨く所、堪へ難きを堪へ、忍ひ難きを忍ひ、以て万世の爲に太平を開かむと欲す。

総力を將來の建設に傾け、道義を篤くし、志操を鞏(かた)くし、誓て國體の精華を発揚し、世界の進運に後れさらむことを期すへし。

日本の戦後体制は、この先帝陛下の詔勅に要約される。

「堪へ難きを堪へ、忍ひ難きを忍ひ」とは言え、通州事件は何回聴いても怒りで全身の血が沸騰する。戦陣訓の「生きて虜囚の辱めを受けるべからず」は、支那軍に対するものだ。「捕えられ惨殺されるよりも、自決しろ」ということだった。(ナポレオン・ソロ)

昭和10年代の支那は、国家ではなく8馬賊・匪賊・雑軍が支配する社会であった。当時、日本軍は残酷な死亡場面は教育上、公表を不許可にし、子供や兵士が見た場合も、復讐を心配し、紙面に出さないようにしていた。

通州事件は余りにも残虐・悲惨であったなため公開されず、日本軍のみが後始末した。その結果表面に出なかった。(古田)

支那人の残虐・非道な文化は、朝鮮などの属国にも伝えられた。まことに、文化や民度の低い人々とは、付き合いきれないということだ。
ジェラード
2007年08月06日 11:14
戦争というものは、普通の人間を狂人へと変えるのです。そこには中国人とか日本人の区別はありませ
ん。どの時代のどの戦争にも残虐行為はあったと思います。だから、われわれは戦争そのものを反対していかなければならないのです。憲法9条は日本の宝です。みんなで守りぬきましょう。
名無しマヘル神信者
2007年08月06日 11:42
ジェラードさん。例の件どうなりましたかね
ナポレオン・ソロ
2007年08月06日 15:32
>>戦争というものは、普通の人間を狂人へと変えるのです。そこには中国人とか日本人の区別はありません。
 戦争するにも、作法と云うモノが存在して居ましたが、蒋介石を首領とする国府軍を始めとするシナ大陸を割拠した軍閥、馬賊、匪賊の類こそ、この作法を最も守らない連中だった事は有名です。

 特に国府軍の中でも、北伐軍の悪辣さとその野蛮さは群を抜いています、彼等の襲撃対象は一般民衆です、この事件の様に居留邦人も多く犠牲になっていますが、最大の被害者は誰有ろうシナ大衆でしょう、彼等の暴威にシナ大衆が日本軍に庇護を求めていた情況がある位です。

 戦争とは国家間でお互いの大義の帰趨を賭けて行われるモノならば、彼等のやっていたことは、唯の盗賊の為の虐殺行為であり、シナに跳梁跋扈していた集団の中で、最も正統性があるとされた彼等自身でさえ、犯罪集団に他ならないワケです、正に「シナの戦争に大義無し」なのです。
ナポレオン・ソロ
2007年08月06日 15:33
 民族性はその社会の有り様で時代の変化に従って変化、定着しますが、少なくともシナ人の文化には「人を殺す際に、出来るだけ苦しめて殺す」趣味が歴史的に有ることは、前漢の高祖劉邦の正妻呂后が、劉邦亡き後、愛妾であった戚夫人の四肢を切断、目を刳り抜き、耳を潰して、便所で飼い殺しにした史実から有名です、清の西太后も同じ事をしたと聴きますから、そう言う趣味は、漢民族だけではなかった様です。

 ジェラード君は、殊日本のことになると極めて曖昧な話でも決めつけで有ったことになり、シナや朝鮮の事となると「世界は皆平等、誰でもやっている」になる様で、真に便利な価値観をお持ちのようですな。

 くたばれ卑劣漢。
ysbee
2007年08月06日 16:10
緻密な調査に舌を巻きます。
南京事件があれだけ騒がれているのですから、まったく片手落ちですね。私たちブロガーの武器は「真実を明かすこと」。それだけで充分あちらの非を追求できます。貴重な情報とデータ、ありがとうございました。勉強になります。

私の方でも、とんでもない情報を発見しまして、例の大西記者の息がかかっていると推察できるのですが、徹底した反日プロパガンダビデオを、ニューヨークタイムズのトップページに貼ってありました。ぜひご覧になってください。ぶっとびます。
その蜩
2007年08月06日 16:23
欧米では既に無かったことなされてるんですが、実は同様の事件は当時の中国で度々おきてました。これはその時のターゲットが日本だっただけで、当時は外国人排斥運動が盛んでこの事件の前に米人の居留地(修道施設?)が同様の焼き討ちにあって、相当数が虐殺されてます。その前はイギリスだったとか。
で、当時の新聞に昨日はイギリス、今日はアメリカ、明日は日本か?と皮肉めいて載ってたそうですが、まさにそのとおりになったのがこの事件だそうで。
ちなみに、イギリスもアメリカも、当時の中国への大援助国で、日本も貧しいながら蒋介石率いる民国政府に結構な金額の融資をして踏み倒されてます。
当時の極東専門家は中国人は恩を仇で返す傾向があり、その額が大きいほどしっぺ返しも大きいから不介入不干渉で放置しておくので一番だと結論付けてます。
a
2007年08月06日 17:42
清の時代にも義和団という匪賊馬賊が外国の居留民を襲撃する事件が頻発し、西太后もこれを支持した。
学校の歴史の事業でも習う義和団の乱です。
(最近のサヨク傾向にある学校の授業で取り上げられているのか知りませんが)
そこで日本、米国、ロシア、英国、フランス、ドイツ、イタリア、オーストリア・ハンガリー帝国の
8ヵ国により世界初の多国籍軍が結成され、これの鎮圧にあたりました。
通州事件の前から外国居留民の襲撃が行なわれていたんですね。
だめ狼
2007年08月06日 18:43
ま た オ オ ニ シ か !
無駄話
2007年08月06日 21:38
通州事件は日本人にはもっと周知徹底すべきだ.これは単なる虐殺事件ではない.
 我々が認識すべきは通州事件の残虐性だけではなく,起きた事件を時系列的に把握すべきである.また,日本が将来中国に屈すれば同様の虐殺事件が日本中で起こることも自明の如く予測できるのである.

 盧溝橋(7月7日)->通州事件(7月29日)->第二次上海事変(7月下旬より種々の衝突)と兵力投入の遅れを見れば,日本が事変拡大に躊躇していたことは明らかである.
 日本の侵略性を言い立てる党派は日本が戦闘に勝ったことを侵略性の証拠として指摘するが、これは木を見て森を見ない論法である.
taka
2007年08月06日 22:46
>ジェラード
>戦争というものは、普通の人間を狂人へと
>変えるのです。
自分で見てきたかのような物言いだなぁ。
戦争体験あるのか?
我々同様戦争体験無いのなら、確証の無いこと言うな。

>そこには中国人とか日本人の区別は
>ありません。
日本兵は朝鮮人軍属が混じる前の日本軍は、
正解No.1のモラルとモラールが自慢だった。
つまり南京みたいに一般人見捨てて逃げたりしなかった。日本人とシナ人、朝鮮人とは明確な違いがあるのだ。いい加減なこと言うな。
お前やっぱり、大東亜戦争のこと、知らないんだろ。

>どの時代のどの戦争にも残虐行為は
>あったと思います。
これはおk。米国の、原爆投下や民間人対象の空爆は残虐行為だな。国際法違反の虐殺だ。勉強したな。

ちなみに日本の虐殺行為は、シナと朝鮮の自己申告しかない。物的証拠が無いな。
お前、証拠持ってるのか?ぜひ見せてくれ。
物的証拠。
taka
2007年08月06日 22:50
>続くぞジェラード
>だから、われわれは戦争そのものを
>反対していかなければならないのです。
勝手にしろ。
だが、戦争は外交手段の一つだ。
日本国内の民間人が他国の軍隊に虐殺されたら、俺は、当然報復戦争を支持する。
お前は勝手に反対してろ。

>憲法9条は日本の宝です。
>みんなで守りぬきましょう。
憲法9条のせいで、日本国内の民間人が他国の軍隊に虐殺される事を事前に、止められん。
そんな憲法などいらん。
国は国民在ってこその国だ。


ってことでジェラードへの攻撃はおしまいにして...
今回の記事って、時の日本政府(幣原内閣?)が強く抗議しなかったので、以降日本人民間人がシナ人に狙われる原因となったって記憶あります。(一寸記憶に自信なし。)
先ず当時の内閣の弱腰を怒れって意図でなく、今回の従軍慰安婦決議で、通州のような抗議しないという過ちを繰り返さないようにしたいと、思いを強くした次第です。
ナポレオン・ソロ
2007年08月06日 23:25
 通州事件が起こったのが、S12年6月ですが、後に日華事変と呼ばれる蒋介石による、上海陸戦隊への不意打ち攻撃が始まったのが同年8月14日です、この2ヶ月の間、散々日本の居留民が狙われて居るとの噂が高く、用心の為に終結していた処へ、イキナリ7万余の兵力での襲撃でした、その後双方が兵力を増強して、結局日本軍25万に対して、シナ国府軍75万という3倍の兵力の戦いとなったのですが、ナント、兵力が1/3に過ぎない日本軍が、2ヶ月後には、ナチスドイツの軍事顧問を戴いたシナ国府軍の本拠である大場鎮を突破します、結果シナ軍側の戦死者は50万以上と云われています、その時にナチスドイツの軍事顧問団も戦死していますが、日本軍も建軍以来最大の戦死者を出しています。

 この後、敗走する国府軍の中から、蒋介石や唐智生などの司令官が逃亡して軍は大混乱に陥ります、彼等の多くは、中立安全地帯とされ、南京市民の多くが避難していた南京城に逃げ込みました、此処で、南京大虐殺をでっち上げられているワケです。
ナポレオン・ソロ
2007年08月06日 23:26
 多くの兵士を喪った日本軍の怒りを思えば、是くらいの行為なら自分達なら当然すると云う事ですが、死人の多くは、軍服を脱いで市民に成り済ました兵士であり、しかも、逃亡する下級兵士を後ろから撃ち殺したモノが大半とのことでした。

 この戦いに、共産シナは一切関わりがないし、観た筈もないのです、其れが証拠に、日中国交正常化の際に、挨拶に来た社会党の代議士に向かって、毛沢東が「日本が国府軍と戦って呉れたお陰で、国府軍が弱体化して、我々が勝つことが出来た」と言い放っています。
神谷晃良
2007年08月06日 23:26
ジェラード。
>日本国民の良識に安心しました。国民の審判は下されました。安部政権は責任をとるべきです。 (ジェラード)
参議院選自民党大敗が明らかになるや否や嬉々として一番乗りのコメントをして来た時点で、確信を持ちました。ジェラードの薄笑いの表情が透けて見えるますね。『安倍総理大臣は日本国の国益に叶った総理大臣』、『絶対辞任すべきでない』と。

『憲法9条は日本の宝』とジェラードが言う以上、日本国民にとっては厄害以外何物でも無い様な気がします。私には、『憲法9条は朝鮮人の宝です』にしか読めません。

憲法9条改正反対に拘る社民党福島みずぽ共等や、9条ネットとかの者共等は、自分達の主張が朝鮮人の為のものでは無い事を証明すべきです。私にはジェラードの手先にしか看做せません。

「腹を断ち割って内蔵をぶちまける」。そんな殺し方も中国人はするのですね。それは知らなかったです。『無防備都市宣言』をしているサヨク共等は、確信しているのでしょうか。『中共人民解放軍に占領されても、自分や家族は通州事件の犠牲者みたくなら無いって』。それでは奴等は、もろ中共のスパイです。

スレ違い大変スマソの神谷晃良
2007年08月06日 23:43
TBS膳場貴子のニュース23のあのキャスター達の対応は何ですの?三沢だっけ?
BPO放送倫理機構の裁定が出ました。『捏造は無かったが、重大な落ち度があった』。これを報じた直後、キャスターやアナウンサーは一言「謝罪なり、お詫びなり」の謝罪と反省の態度を少しでも見せるのが、スジでは無いですか?何よ、あの不服そうな表情は?それで、TBSにはどの様な処罰や制裁が加わるのですか?これで終るとしたら、視聴者や不二家関係者を余りに馬鹿にしているとは思いませんか?『原爆しょうがない』のたった一言を、あれ程叩きまくって、大臣を辞職せしめたTBSは、自らの捏造報道他企業追い落としに関しては、何らかの『ケジメ』をつけるべきでは無いですか?できないのなら、安倍総理大臣につけて貰うべきです。勝負はこれからです。
ゴメン後少しだけの神谷晃良
2007年08月07日 00:17
しかし、サッカーU-22に於ける中国人観客の日本人観客に対するあの暴力行為も、マスゴミ、日本の報道機関は一切報じないのでしょ?北京五輪を控えて、本来なら日本国民に対し、復讐心憎悪に燃える中国人に対する警戒心を喚起させるべきでは無いですか?

『ぼさっとしてと、通州事件みたいに、手足を切り取られ、腹を断ち割られ内蔵ぶちまけられるから、北京五輪を見に行くのなら充分中国人には気をつけろ』云々と。

それを一切黙殺するマスゴミ群。日本国民の安全など、全く重視していない事が良く判ります。この業界は誰が支配し、牛耳っているか想像付きますね。きっとジェラードみたいのがうようよいるのでしょうか。以後自重。
伊勢の小太郎
2007年08月07日 00:25
いつも貴重な情報ありがとうございます。ここの常連方々にもお礼申し上げます(勉強させていただいていると言う意味で)。
初めてコメントさせていただきますが、
私は途方にくれますが、この国は日本ではなくなってしまっているのでは?三島先生がおっしゃた様に。「・・・無表情の経済大国」私たちの子供たちは地下にもぐるしかないのでは?
明治維新自体の不完全さ(侍から試験エリートへの変化による昭和の悲劇)、戦後の言い古された状況、この100年以上の歴史を克服するのはおそらく後世の(われわれが会うことのできないくらい後の)日本人?(このまま指をくわえて北京五輪を眺めて《しかも多額の援助資金を貢いで》)台湾・沖縄を見殺しにして、果ては本土も財界とマスコミ・官僚・政治家が中南海の言いなりに。・・・中共の自壊によるさまざまな紆余曲折はあるにせよ・・・このような方向にあるように5年前より考えております。(その当時は私の妄想と思っておりましたが)

伊勢の小太郎
2007年08月07日 00:27
(前承)
何か、普通のサラリーマンでもあらゆる意味で参加できるムーブメントを起こさなければ打開できないのではと常々愚考しております。
ネットを覗いておりまして感じるのは、非常に考えの深い方々が多く存在することです。それぞれの方々が可能な範囲で共闘でききる何かが欲しいと思います。
少し時間をかけても来年の前半に何か。

ワケノわからないことを失礼しました。

今後とも有益な取材活動を期待しております。
自身の活動の糧とさせていただきます。

日本はある意味特殊な国なのでしょう。
ただ、対外的にはその特殊性よりは、民主・自由・機会平等を強く打ち出すことが良いのではと。その意味でも、ウイグル・モンゴル・チベットの独立自治を欧米に向けて発信していくことが一つあるのではと考えます。
アネモネ様もこの辺のエントリをお願いいたします。(昨日外岡先生は北京五輪反対のデモ行進を大阪で実施されました。)
伊勢の小太郎
2007年08月07日 00:33
最後の間違えを訂正させてください。お名前のところですので。外岡→殿岡先生。お詫び申し上げます。
しろ
2007年08月07日 15:49
自分の無知ぶりに愕然としました。本当に基本的な事しか学べてなかったようです(日本上層部の腐敗や捏造等)

読む間怒りで顔が熱くなり、そのまま情けない事に泣きそうになりました。人間の尊厳云々の前に一つの他の命への礼儀すら かの国には無いのでしょうか
知る機会を与えて下さったブログ主様には本当に感謝致します


左翼が大切にしている九条ですが、作られた経緯は米国が日本の牙を抜き飼い慣らす為という事に関しては如何お考えなのでしょうか?「大嫌いな米国」が「大嫌いな日本」を飼う為だから複雑な心境はあれど万歳、ですか?

関係は無いのですが在日韓は半島から「蛆虫」と罵られる程嫌われているそうですね。権力者から帰ってくるなと言われ特権請求については何を言ってるんだと呆れられて…
今現在甘やかされきってる彼らがもし日本から美味しい餌を取り上げられたら(日本人としては最高の展開ですが)民族の誇りの為帰化を望まぬ彼らは'何処'に帰るのでしょうかね

通わせて頂きます
戯れ言失礼しました
憂国士団
2007年08月07日 18:44
シナ人の残虐性と南京大虐殺を関連付けるのは、弁証法的に多少無理があるように思える。

しかしながら、司馬遷の「史記」に出て来る漢の高祖夫人呂后の、戚婦人に対する「耳鼻を削ぎ、手足を切り落とし、喉を薬で潰し便所の中に落として『人豚』と呼ばせた」という故事などを鑑みると、4千年の残虐アイディアに関しては我々の想像力の外にあることは否めまい。
2007年08月15日 13:28
大変勉強になりました 今後ともよろしくお願いします
2007年08月15日 13:29
大変勉強になりました 今後ともよろしくお願いします
たかの
2007年08月20日 02:43
このエントリーの内容がそのままミクシィコミュニティに転用されていますのでお知らせします。
確認された時点でこのコメントの削除をお願い致します。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=21861297&comm_id=232653
倭猿
2007年11月02日 14:55
日本は悪者です
倭猿
2007年11月02日 14:58
日本は悪者です
真の憂国士
2007年12月04日 14:18
侵略された側の反撃(通州事件)の惨状を
もって
大陸での侵略戦争や日本兵自らが証言する
残虐行為等を否定することはできません。
日本人としては
開き直るのではなく認めるところは認めて
こそ説得力を持つと思います。
嘆きの一国民
2008年01月02日 17:56
洗脳教育を受けた元日本兵の証言は認めるまえに疑うべきでしょうね。
嘆きの一国民
2009年06月23日 18:36
>倭猿

東トルキスタン・チベットを侵略した「中国」は何者なんだろ
愛国者
2010年07月24日 01:02
日本軍は、もっと残虐行為を実施したから、文句を言えないな
愛国者
2010年07月24日 01:06
日本軍の重慶爆撃、南京大虐殺、731部隊をなぜ非難しないのですか???これらは、事実です。
わたしは、日本家のこどもです。
2010年12月06日 16:40
朝鮮・中国に限らず、まともに信用してはダメってことだけは、ハッキリ言える。

日本人≒身内  朝鮮人≒他人

一般家庭と一緒だと思います。

本当に困ったときに助けてくれるのは、両親や兄弟、家族なんです。

最後は身内の世話になるものなのです。
わたしは、日本家のこどもです。
2010年12月06日 17:12
家族が一丸となって、朝鮮家や中国家などと対峙していかないと…、いまの日本家は近所からどうな風に見られているのでしょうかね。

あちこちでさ自分の家族(日本家)の悪口や自虐てきなことを言ったり、身内の誰かを馬鹿にしたりしている人達とかは、他人から見ればどう映ると思う?

私だったら、単純に「変な家庭」と思うし、「このひと信用できない、気をつけよう」って思います。

青春時代に、フォークギター持ってピースサインしていた世代、官総理や岡田さんと同年代のひとはもっとしっかりして欲しいです。

尖閣問題で恫喝されたときの官総理のびくびくした顔、今でもハッキリ覚えてます。完全にビビッててこっちが情けなくなりました。

外交会談でもへらへらしたり、しっかり相手の目を見て臨んでください。

通りすがり
2010年12月12日 00:44
日本も中国もロシアも一緒。
朝鮮やチベットへの侵攻、中立条約を無視して太平洋戦争末期に侵攻してきたロシア。
ただね、今の尖閣諸島問題に対する日本政府の対応には失望、中国もそんな事してたら何れは潰れるし国際的な恥。少なくとも日本は戦後60年一切他国に侵攻していない。これは誇れる。中国は見習え
sakiyomi17
2010年12月22日 00:47
私のブログも通州事件を何度か取り上げました。
新しい情報ありがとうございます。 無断ですが転載します。
日本人にもっと知らせなくてはいけません。http://blogs.yahoo.co.jp/tydm1543/18375778.html
犠牲者のために真実を・・・!
2012年01月17日 00:26
「満州で星くずと散った子供達の遺書」という本を高校生の時たまたま見つけ、は日本人なら必読です・・・!これを読んで、満州にいた一般の日本人の子供達がいかに驚くべき思いやりが深い子達であったか、息を飲み読み切りました。この衝撃的な本を知った後、また、こんな事もあったのかと知りいたたまれない思いです・・・!

ソ連軍は満州に侵攻し、日本人女性を強姦、殺害しまくりました。その際、中国人、朝鮮人の所にも連れて行き、集団輪姦しました。この本にも、妊娠してしまった女性が恥じて高井戸に飛び降り自殺する人が後を絶たなかった、と書かれています。

子供達は-20℃、30℃の中、夏服のまま学校の中で飢えながら、助け合い、靴下を貸してあげたり、死にかけの子供に一番良いお肉のラーメンを、自分の服を売って食べさせてあげたり、死ぬ前に丁寧に母親に感謝しながら、自分の着物と布団をたたんで亡くなりました。

お母さんが攻撃の中、亡くなる直前、しっかり勉強しなさい、と言い残したことで、お腹がすいて極限の中、ゴミ焼却炉の横でずっと本を読んで勉強し続けていた子供・・・。
命からがら半島経由で逃げようとしたら半島で朝鮮系の人に囲まれ殺されそうになり、孤児の子供が、「待って、僕は何も失うものが-ないから僕を殺して!」とかばったが朝鮮系の人の怒りは収まらな-かったなどとも書かれています。
犠牲者のために真実を・・・!
2012年01月17日 00:27
あと、私は大学受験の時、予備校で映像で見る世界近代史、というので、南京虐殺の証拠写真、と言われているものを見ましたが、その中に、裸で後ろを手で縛られて泣いている10代の少女が大々的に載っていてその周りで取り囲む兵士っぽい服の人達の写真を見て、衝撃を受けましたが、「その服が日本軍のものとは誰も分かっていないけど、そんな服を着てそんな事をするのは当時日本兵しか出来なかったからほぼ間違いないだろう」と解説されました。

今思えば、顔立ちからして、中国にいる人には見えず、日本人に見えていたし、満州にいた日本人が軍事侵攻にあった時の写真にしか思えません。
犠牲者のために真実を・・・!
2012年01月17日 00:31
この子供達は世界の誰よりも尊敬に値する、本当に驚異的な思いやりと崇高さを持っていて、一度読むと、衝撃に息を飲み、止められず、涙なしには読めない本です。

満州で星くずと散った子供達の遺書
http://www.amazon.co.jp/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E3%81%AE%E6%98%9F%E3%81%8F%E3%81%9A%E3%81%A8%E6%95%A3%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E9%81%BA%E6%9B%B8%E2%80%95%E6%96%B0%E4%BA%AC%E6%95%B7%E5%B3%B6%E5%9C%B0%E5%8C%BA%E9%9B%A3%E6%B0%91%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80%E3%81%AE%E5%AD%A4%E5%85%90%E3%81%9F%E3%81%A1-%E5%A2%97%E7%94%B0-%E6%98%AD%E4%B8%80/dp/4946513469


朝鮮引揚げの時も日本女性大勢が朝鮮人に強姦された。実際は、日本人が一番戦争による強姦の犠牲が多いと言える。

満州から日本へ帰れず亡くなった方は30万人。
ちく
2012年09月08日 21:00
今年、亡くなったおばちゃんの話で
戦争中、おばちゃんが上海で働いてた時
料理店で、お偉いさん幹部?の毒殺暗殺事件に
遭った話をしていたことが気になり、
ネットで何か情報がないか捜してる時に
「通州事件」を目にしました。
こんなことが起きてたなんて、
知りませんでした。
もの凄くショックです。
たった何十年前に起きた事件なのに…
中国や韓国の歴史の授業はもの凄く
勉強してるように聞きますが
日本の教科書には「通州事件」って
聞いたことがないから、載ってないんですよね?
日本もつい最近の過去の歴史を
勉強をしないといけないと思います。
日本人はちょっと平和ボケしてると思います。
日本人!
2012年09月19日 18:33
日中関係が緊張を増して、日本人は平和ボケから脱するべきです!
日本の教科書に載せるように文部科学省に電凸と
教科書の出版社にも電凸してみます!
驚きました。
2012年09月23日 19:27
通州事件って初めて知りました。南京事件として教えられてきたことは、実は、日本人が被害者だったなんて。。。。
言われてみれば、南京事件の人数もおかしいと思っていました。原爆を落とした連合軍が非道にならないため、人数を水増しして、日本の方が非道であることにする必要があったとは聞いていましたが、中国は、自らの残虐性を隠蔽するために、日本に犯してもいない罪を押しつけたのですね。東京裁判の偽善性を含め、日本は教育と情報発信を強化する必要がありますね。
 犠牲者のご冥福をお祈りします。

この記事へのトラックバック