シナは国号を“中毒”と改めよ…汚染大国の周章狼狽

連日のようにシナの毒性輸出産品の問題が噴出している。加えて北京の大気汚染などを各国メディアが報道。シナ発の毒素が悪印象を広げる中で、中共は五輪防衛に必死だ。
画像

新たにシナ産毒物の標的となったのは、こども達だった。

小学校の給食メニューから一斉にキクラゲが消えた。横浜市教育委員会は3日、市内356校の給食食材に使う予定だったキクラゲから安全レベルを超す残留農薬が検出されたと発表。

問題の毒キクラゲはシナ産で、殺虫農薬「フェンプロパトリン」が基準値の2倍含まれていることが判明した。この種類の農薬は本来キノコ類には使用しないものだという。

毒素の検出は偶然だった…
▽残留農薬が検出されたキクラゲ(FNN)
画像

シナ産の冷凍野菜を不安視する声が高まる中、市教委が自主的に検査を行なったところ、基準値を大幅に超す残留農薬を検出。安全確保のため、急遽、給食への使用を中止したものだ。

市の学校給食の責任者は、こう語っている。

「量的な問題と、安定的に食材を確保していかなきゃいけないという部分では、中国産を使っているというのが実情。安いという部分はあるかも知れませ」

こども達の健康よりも安さを優先してきた結果だ。もしシナ産品の安全性を問う声が広がなければ、何のチェックもせず、児童の胃袋に押し込んでいた可能性が高い。これまでチェック体制は整っていなかったようだ。

“中華毒菜”が学校給食にも及んでいた…他の自治体では、果たして厳格な検査を行なっているのか?

毒キクラゲの被害は報告されていないが、米国ではシナ産毒食品が幼児を直撃した。

【シナ産毒食品の無限連鎖】

米国内で販売されていたスナック菓子がサルモネラ菌に汚染されていたことが発覚。FDA(米食品医薬品局)の調べで、メーカー側の自主回収が露見した格好だ。

メーカーの説明によれば、シナ産原材料を使用した調味料が原因である可能性が高いという。

汚染スナック菓子は2種類で、これまでに57人のサルモネラ感染が確認され、その多くが3歳以下の幼児と見られている。サルモネラ菌は食中毒を引き起こす主な要因だが、それが加工食品の調味料に含まれていたことは驚きだ。
▽北京のシーフード市場(ロイター)
画像

FDAは、6月28日にシナ産養殖魚など5品種の輸入差し止めを発表。エビ・ウナギといった養殖水産物に、使用が禁止されている抗生物質や抗真菌剤を検出したと報告。改めて消費者の間には米国内でシナ産品を不安が広がっていた。

汚染シナ産食材の連鎖が続いている。

米国では毒ペットフード事件を皮切りに、毒歯磨き粉や毒機関車トーマスなど、立て続けにシナ産品の毒入り事件が発覚。疑いの目が向けられている。
▽毒トーマスの風刺画
画像

対シナ強硬派の議員は7月1日に声明を出し「問題は氷山の一角に過ぎない」と指摘し、水際で防ぐ為の強力な新機関設置を呼びかけた。安価なシナ製品に蹂躙される我が国も見習いたいケースである。

日米で共通しているのは急増するシナ産品の輸入だ。その中、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、知的財産権の侵害や人民元に加え、シナ製品の安全性を問う声は、新たな通称摩擦を引き起こすと警告している。

もちろん中共側も黙っていない。

【シナ工業品の大規模リコール】

7月3日、中共外交部の定例会見で泰剛副報道局長は、各国で広がるシナ産品の安全問題について、こう言い切った。

「誤解の大部分は、メディアが大げさに取り上げ、心理的なパニックを引き起こしたことによるものです」
▽撤去騒ぎになったシナ製歯磨き粉(イザ)
画像

メディアの“誇張”による消費者の“思い込み”と言いたいようだ。科学的な検証データなど問題ではないらしい。この様な当局の誠意のなさ、開き直りが安全性への不安感を逆に煽る効果しかないだろう。

米国では、毒性品に続いてシナ製品の重大な欠陥が指摘され、波紋を広げている。

7月3日、米・高速道路安全局は、シナ製タイヤに交通事故を誘発する欠陥があるとして最大45万本のリコールを実施すると発表した。
▽リコール対象のタイヤメーカー(FNN)
画像

問題が指摘されたのは、米国の販売会社が5年前から輸入しているタイヤで「ガム・ストリップ」と呼ばれる断裂を防ぐ加工が不十分だという。このタイヤが原因で死亡事故が発生したことから、販売会社がタイヤメーカーを相手に損害賠償請求の訴訟を起こしている。

数年前にあったファイヤー・ストーン訴訟と似た構造だが、今回、問題のタイヤを製造したのは浙江省の老舗メーカーで、40年前に設立された国有企業。技術は別にプライドだけは人一倍である。

メーカー側は「訴訟目的の創り話」と一蹴しているものの、米国内で拡大するシナ産品への安全性問題は、食品から工業製品全般に向けられ始めているようだ。
▽浙江省のタイヤメーカー本社(FNN)
画像

これに対抗してか、中共宣伝機関は 7月4日、米モトローラ社の携帯電話が爆発して死亡者が出たと報道。少々無理のある因縁だが、米中でイイ感じの泥仕合になってきた。更に両者ヒートアップして頂きたい。

中共外交部が「メディアが大袈裟に…」と強弁しているのは、大袈裟かどうかは別に、実態を踏まえた発言だ。

【主婦層もシナの毒素に関心】

毒キクラゲやタイヤリコール問題は、新聞国際面のベタ記事扱いではなく、我が国でもTVメディアが伝えている。

水際で防がれた毒キクラゲ事件はFNN『スーパーニュース』がリポート付きで詳しく報じていた。かなり手厚い内容だ。例の偽ディズニーランド報道から潮目が変わったようで、シナ絡みのネタを連発。
▽反響を呼んだ偽ディズニーランド(AFP)
画像

理由は単純で、シナ関連項目の毎分視聴率が良いのだろう。夕刊ニュースのメーンの客は主婦層だが、明らかにF2層(35歳~49歳)F3層(50歳~)の関心を集めていると見る。

中共の暗部や実態など、何の情報を持っていなかった世代だ。媚中メディアによって築かれたクリーンなイメージが崩れ、振り子が逆に振れつつあるようにも思える。冷めるのも早いので過度な期待は出来ないが、中共の化けの皮が一部剥がれたのは確かだ。

その一方で米国同様に、欧州のメディアも盛んにシナ絡みの話題を取り上げている。海外通信社が着目しているのは「食の安全・コピー天国」に加えて「大気汚染・水質汚濁」だ。
▽上空から見た北京市内(ロイター)
画像

北京の汚れた空に関心があるようで、APやロイターなどが相次いで報じ始めている。中には、キャプションを読むと実は「haze=靄」だったり、どうみても黄砂だったり…と濡れ衣もあるが、先進国の住人にとってシナ工場地帯の大胆な煤煙はショッキングなようである。
▽視界不良の北京市内…靄で(AFP)
画像

もちろんシナ人の健康被害を心配してのものではなく、それらの報道が先に見据えているのは北京五輪の開催だ。

【車両100万台の大下放政策】

ドイツの週刊誌は、北京市内の深刻な大気汚染をリポートし、参加選手に悪影響を及ぼす可能性を書き立てたという。また英国の水泳チームは大会直前まで北京入りしない方針を表明。豪州の五輪委も同様の見解を示している。
▽北京と無関係な地域の煤煙(ロイター)
画像

こうした動きに対し、中共サイドは敏感しているようだ。

6月19日付けの毎日新聞は「北京の大気汚染 大幅に改善」とタイトルを打って北京五輪委のコメントをフィルターなしで垂れ流していた。ある意味、こんな記事も“公害”のひとつだ。

それによると工場の移転が進み、この10年で「青空が見える日」が約2.5倍に激増したという。一件落着…

ところが7月4日、北京市は8月中旬2週間に渡って市内から100万台の車両を締め出す計画を発表した。来年の同じ時期に開催予定のオリンピックを睨んだ実験だ。
▽北京市内の幹線道路(AP)
画像

狙いは、その実験期間中に自転車レースなどを行ない大気汚染のイメージを払拭することにある。北京市内の交通量がどの程度か不明だが、100万台の一時追放は都市機能をマヒさせる大胆な措置。統制国家ならではの離れ業「車大下放」である。

混乱を覚悟しての実験だろうが、逆に、それだけ現在も大気汚染が深刻である事実を示している。中共当局は、なり振り構わず汚染都市の悪印象をはね除けたいようだ。

そうした表向きのキャンペーンと同時に、地下で暗躍するのが中共の悪辣な遣り口…

【世銀が圧力に屈し環境汚染を隠蔽】

英国のフィナンシャル・タイムズ紙は3日、世銀の報告書が中共の圧力で環境汚染に関わる記述の一部を削除していたとスクープ。

「中国の公害のコスト」と題した報告書で、報道によれば3分の1が検閲後に削除されたという。圧力をかけたのは中共衛生部と環境保護総局で、深刻な健康被害を著したデータなどが闇に葬られたようだ。調査に携わった関係者は、こう話している。

「世界銀行は、この情報を公開しないよう要請された。非常にデリケートな問題であり、社会不安を引き起こす可能性があった」

最も深刻な部分が丸ごと削り取られたのは明らかだ。この報告書の性格は不明だが、世銀の年次報告書は様々なシンクタンクが引用するなど格式が高い。しかし、都合次第で実態を粉飾するようである。

それに加えて興味を引いたのは、このニュースを報じたAFP通信の関連画像だ。アスファルトかコンクリの地面に見えるが違った…男性が手にしているのは釣り竿。
▽釣り竿を持った男性(AFP)
画像

北京の運河だという。一面を謎の浮遊物が覆い尽くし、あるはずの水面はまったく覗いていない。別の写真ではボートが浮いているので、確かに水面のようだ。北京のどこを走る運河が知らないが、壮観である。
▽北京市内の運河(AFP)
画像

こうした写真が日々世界中に配信されているのだ。北京が慌てふためくのも無理はない。以前、ネット上で転載されているシナの汚染写真を見て衝撃を覚えたが、今やそのショックを各国の多くの人々が共有しているように想像する。

体制矛盾や政治理論で追い詰めても中共は馬耳東風だ。しかし実態をリアルに捕らえた写真は、ベトナム戦争がそうであったように、時に予想外のダメージを与えるものだ。

更に、シナの猛毒は輸出産品となって身近な所にも迫っている。
▽シナの麻薬事犯服役囚監獄(トップ写真も)
画像

日本でしか通用しない語呂合わせだが、その国号は「中国」よりも「中毒」が相応しい。

自家中毒で北京政権が末期症状に陥るのは勝手だが、外部への拡散はご免だ。


     〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

参考記事:
FNNスーパーニュース7月4日『横浜市で学校給食用の中国産キクラゲから基準値のおよそ2倍の残留農薬検出』(魚拓)
FNNニュースJAPAN7月4日「中国製タイヤに安全上の欠陥」アメリカ高速道路交通安全局、最大45万本リコールへ(魚拓)
産経新聞7月5日『今度は調味料からサルモネラ菌…米、深まる中国不信』

AFPBB7月4日『北京、五輪準備で路上から車両100万台を締め出し』
AFPBB7月4日『中国政府、環境問題で世銀に圧力』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

キラーT細胞
2007年07月05日 12:39
 中共の環境破壊の深刻については承知してゐたものの、北京の運河の写真には改めて仰天しました。いくら車を百万台「下放」したところで、実態を覆ひ隠す事なんて不可能です。それなら五輪はいつその事開催した方が良いかも知れませんね。中共の化けの皮が一枚残らず剥がれる切掛けになるでせうから。
KY
2007年07月05日 12:43
 何でしょうね、毎日新聞のあの露骨なシナチスへの阿諛追従は?
 全く空気が読めていないと言うか・・・
2007年07月05日 13:30
「中国」→「中毒」。座布団三枚!
T2
2007年07月05日 14:21
チェルノブイリの石棺を更に覆うドームを作る計画があるようですが、そんなドームを中国全土にしたい気持ちです…
ちゅ~か(っていうか)人民今日は毒
2007年07月05日 14:27
中毒ってピッタリな愛称ですね。いつもは死那と呼んでますが改めようかなwww
梅昆布茶
2007年07月05日 14:41
躊禍塵民恐我国→多大な公害禍の公開を躊躇して愚民がますます塵を撒き散らし、それでも尊大な態度を突き通す国

調味料の中国産原料でサルモネラ菌感染とは恐れ入った。 そんな微量でか・・・ 七味なんて使えなくなるワナ。 以前、輸入香辛料の放射線殺菌がどうのこうの言われてたが、こういう背景があったんだと判った。マスゴミは一切報じなかったがねぇ。
JETER_II
2007年07月05日 16:12
BSE問題で大騒ぎしてた人たち何処いちゃったんですか~~
出番ですよ~~~
名無しの経営者
2007年07月05日 16:25
他に怪しいと思っているのは、スーパーで売られている、支那産蜂蜜だ。それは、ミネラルや酵素を取り除いた「精製はちみつ」と呼ばれているものだ。

支那ではミツバチが集めた蜜を熟成する前に採蜜(夕搾り)し、加熱濃縮して出荷する。支那産は、「精製はちみつ」なのだ。

ドイツでは1931年からこの酵素が破壊されていないものを「はちみつ」と規定している。英国でもEUでも「はちみつ」と言えば、自然の恵みに何も足さず、何も引かない天然はちみつのことを指している。

02年度統計によれば、わが国のはちみつ消費量の95%が輸入だ。この87%(全消費量の83%)が、支那産なのだ。

公正取引委員会は、「はちみつ」を「みつばちが巣に蓄え、熟成した甘味物質」と定義している。食品規格を定める国際機関「コーデックス委員会」(事務局・ローマ)は、「精製はちみつ」に当たるものを 「はちみつ」と認めていない。

国内養蜂家からも、「精製はちみつ」に、天然品と同じ表示が許されることには反発が出ている。支那産は蜂蜜ではない。
K8
2007年07月05日 17:10
ケロッグのシリアルビスケットを食べていて、ふと気がつきパッケージにのってたお客さま相談に電話しました。シナ産の蜂蜜が使われているそうです。原料の産地は表示するよう、シナの原料は使わないようお願いいたしました。生活からシナを取り除くのはむづかしいです。思わぬものにシナ産が使われています。消費者が意識を高め、買わないことです。スーパーでシナのものを買おうとしている人に「シナ産は危ないですよ」ということにしてます。

近所の100円ショップ、刺激臭がする上、目も刺激されます。接着剤などに有害物質が使われていると思われます。ここで平気で食品を買う人が多く驚きです。

中国=中毒は言いえて妙です。反日中毒、大国中毒。図体のでかい中毒患者に世界が迷惑です。
現役保険営業マン
2007年07月05日 17:29
こんにちは。
パナマの毒かぜ薬以降、急速に中毒製品の危険性がクローズアップされてきましたね。
おそらく隠し切れないほど事態が深刻なのでしょう。
今後一層の追求をするべきです。これ以上毒を世界中にぶちまけられたらたまったものではありません。
sdi
2007年07月05日 17:50
ここまで悪化したのを放置できる、という神経に対する言葉が見つからない。
冷戦終結後、ソ連はじめ旧COMECON諸国の環境対策の低劣さが報道されて驚いたが、そのとき環境保護団体はどれくらいその問題をとりあげたただろうか。実際のところ、旧COMECON諸国の生産力が見掛けほどでなかったため公害の「量」がたいしたこと無かったので「経済が上昇すれば環境対策も行なわれるから問題なし」という論調だったように記憶している。
今回の「中毒」問題は「経済が上昇しているのに環境対策が行なわれない」という事態だ。北京政府の首脳部が声を張り上げても、実際に「元」や「ドル」のたんまり入った財布を握っている連中が「環境対策になんて1元も使いたくない」と意思表示しているということだ。環境悪化が原因で、彼らの財布が大打撃をうけるか、彼らの生命が直接脅かされるようにならないと、環境対策なんてなされないのではないだろうか。そんな事態になったら、とっとと「中毒大陸」から自分たちだけエクソダスするような気もするが。
古田
2007年07月05日 17:52
中毒~中毒毒菜狂我国ですね、賛成します。
チャチャ
2007年07月05日 18:57
今から20年以上前、まだ日本人観光客が少なかった頃、桂林で川下りのツアーへ参加しました。途中船の上で昼食となり、鍋料理が出ました。食後に係りの人が航行中の船から川へ残飯を捨てていたのを最近思い出しました。田舎だけでなく都会でも皆川へ物を捨てるのですね。電車の中でも果物など食べてゴミが出るとそのまま足元に捨てているのを見て驚きましたがマナーは相変わらずなのでしょうかね。
風来坊
2007年07月05日 19:13
国名「中毒」はピッタリだ。世界にあらゆる毒素をばら撒いている。
指導部そのものが、自分たちの食品は輸入物に頼っているそうだから、何をかいわんや!!
思想汚染、医・衣食住汚染、大気・水質汚染…全てがダメだということは、かの国の人間がダメだということ。その人間を除去しない限り解決はあり得ない。
まだ引き摺っている神谷晃良
2007年07月05日 23:29
食べてしまったものは「しょうがない」です。遺憾、まだ引き摺っていますね。貧乏人の私達家族は、ずーっとしいたけは、中国産しか食べて来なかった様な気がします。質より量と言う感じで、極最近まで。ホント、しょうがないです。先日ネットニュースで、「人間の頭髪で醤油作製」って見出しだけ見て、ぶっ飛んだ記憶があります。怖くて中の記事は読まなかったですけれど。香港ディズニーランドでの食堂で、灰皿を店員に要求したら、足元に落とせと、指で合図されたとか。ランド内の通り脇で平気で野糞する若い大陸からの女性とか(ホンマかいな)。『汚す』と言う行為に何の躊躇もしない中国人。更に『周囲や他者に対する愛しみの欠如』。トルキスタン核実験、女性狩り強制堕胎、子供誘拐奴隷工場、毒入り食品、パナマ咳止め薬で死亡者300人以上。恐ろしいのは、『日本人を殺すは正義。愛国無罪』。南京事件の映画を全国上映して、今も日本人への復讐心を煽っています。中共人の心の在り様が、北京の運河だと思えてなりません。
>かの国の人間がダメだということ。その人間を除去しない限り解決はあり得ない。
恐ろしい結論ですが、やはり私もそこに辿り着きます。
教訓垂れたくなった神谷晃良
2007年07月05日 23:51
胡錦濤、温家宝。「先ずはおのれ等の心に木を植えろ」。話はそれからです。

しかし、ここ数日で判った事は、IAEAもBPOも、まるで機能していないと言う事ですね。TBSのあの陰湿な声のナレーター。「しょうがない」、『原爆投下の容認とも受け取れる発言』。印象操作編集手法が何一つ変わっていません。TBSも心に木を植えろ。ってか?

>全てがダメだということは、かの国の人間がダメだということ。その人間を除去しない限り解決はあり得ない。

そっくりそのままTBSにも当てはまりそうです。鮮人メディアは、何処まで行っても鮮人メディアです。器ごと一気に変える!数年先の日本人の安全保障に関わって来そうです。スレ違いスマソの私です。
ナポレオン・ソロ
2007年07月06日 06:29
 「シナチス」(同意!)追従の記事を書いた毎日新聞ですが、経営危機が相当なレベルのようですね、MBS等の放送局は持っているが、キー局ではない、構造的な経営体質もある・・売上部数は3位でも、経常利益は読売の1/7程度、理由は様々なんでしょうが、社内も揺れている様です、そも消費税が上がったら、新聞界全体が倒産の危機に陥る構造らしい、毎日は例え3%でもアウトの公算とのこと、元毎日の経営人が書いた「新聞社」(新潮新書)に詳しい。

 余所が売国・反体制なら、その反対をやれば良いと思うのですが、報道系の上層部は反日タレントばっかりですからね、今更手遅れと言った処なんでしょう、でもだからといって、シナの毒シリーズの輸出を過少報道、報道不作為では、報道媒体である事さえ否定している事にナリはしないか、正確でいち早い報道で社会を護るのが報道機関の本来の務めの一つでしょう、其れをしない報道機関は、唯の宣伝媒体に過ぎない、簡単に云えば、本紙より挟んである宣伝チラシの方が価値がナンボか高い。
仕事前に大急ぎでの神谷晃良
2007年07月06日 06:58
>簡単に云えば、本紙より挟んである宣伝チラシの方が価値がナンボか高い。

禿げ上がる程同意です。家など正にそれです。最初に見るのが、スーパーのチラシです。

中日ファンであった私は、2~3年前に、東京新聞の糞っぷりに気が付いて止めました。プロ野球ファンは、巨人の4番に朝鮮人?韓国人?が就任した時点で止めました。勝った負けたが気にならなくなった私は、毎日平穏な日々が続きます。スレ違いスマソ。
なずな
2007年07月06日 07:03
いつも格調高い日本語で重要な情報を発信して下さいまして、有り難うございます。毎日、応援クリックさせて頂いています。一度読んだだけで済ますのは惜しい程、内容が濃いので、一日に何度も読む事もございます。友人とメイルで感想を良く交換いたします。
さて、一つお願いがございます。ホームページのトップ写真が白黒写真で、デザインが手錠の五輪大会みたいで、おまけに背景が真っ黒なので、見る度に暗くて悲しいです。いつか御都合がつく様でしたら、日本人の本来の笑顔の様な暖かい感じのする写真なりデザインになる様、御考慮願えませんでしょうか。どうか宜しくお願い申し上げます。
ミナミ北朝鮮
2007年07月06日 07:13
椎茸やキクラゲから農薬・・・日本人には理解出来ない事だ。椎茸もキクラゲも自然食品のイメージが強く 日本製の物には まず「農薬」は絶対使ってはいないハズのものだ。考えられるのは栽培時ナメクジなどが付くとキズモノになるので殺虫剤を使ったり、乾燥後 虫がつくのを予防するためにクスリを使うのだろう、タップリと・・・日本の常識では思いも依らない物にも危険な農薬などが使われている可能性がある。検査機関はこういう想定外の薬品まで調べているのだろうか?主婦連なども「お仲間」の中国関連には騒がないらしい。
中国産椎茸の安い輸入品の乱入で国内農家は打撃を受けている。この際、輸入禁止でもすれば良いのだ。
2007年07月06日 07:43
>キラーT細胞さま
こんな汚い運河があったのか、と驚き…日本のカメラマンはどうして辿り着けないのか不思議です。
>KYさま
中共絡みでは朝日より毎日新聞の方が出稿が少ないようで媚中レースでは先頭かも知れませんね。
>珍さま
駄洒落で長々と引っ張ってみました。
>T2さま
偏西風の流れで我が国の風上にあるのが不幸です。こればかりは動かせませんからねえ…
>ちゅ~か~様
拙ブログでは「中共」としか呼称しないので、余り関係なかったりするのが難点です。
>梅昆布茶さま
どう考えても超微量なハズですが、実害は確か。放射能殺菌まで登場するとは過去にも問題があったようですね。
>JETER_IIさま
米の牛肉輸入再開で発狂していた方々のお里が知れる事態ですね。
2007年07月06日 07:44
>名無しの経営者さま
95%輸入はかなりの偏り。しかも偽装ハチミツ…底上げハチミツが露見したように、その業界は抜け道だらけのように見えます。
>K8さま
歯磨き粉ではいきなりダイソーが引っ掛かったし、格安食材は調味料を含めて疑った方がよさそうな感じですね。
>現役保険営業マンさま
お早うございます。あの毒シロップが先鞭をつけたようですね。小さな穴に思えましたが、今や防波堤が決壊したようにも見えます。
>sdiさま
情報制限はこうした環境問題で有効に作用しそうです。環境ビジネスが利権の温床に変われば、劇的な転換となるのでしょうが…
>古田さま
写真の「毒」の文字がインパクト強かったもので…普通名詞と変わらないですけれども。
>チャチャさま
一昔前の普通客車は床がゴミで埋もれて大変だったとか…人の多さから排出量は仕方ない部分がありますが、要はマナーですね。
2007年07月06日 07:44
>風来坊さま
ホントに目一杯、毒素の詰まった国…あらゆる面で汚染のレッテル貼りが可能に見えます。シナ人の性質にまで遡る問題です。
>神谷晃良さま
「心に木を植える」…良いですね。中共のミニ版は我が国の問題組織に多そう。労組がその筆頭に挙げられるように思えます。
>ナポレオン・ソロさま
毎日新聞は朝日の陰に隠れていますが、カルトと接点など実は大きな問題を孕んだ新聞社。実部数があるのが由々しき事態です。
>なずな様
ご支援有り難うございます。ダークな印象は当初からの路線ですが、絶賛系のネタになると確かに違和感がありますね。
>ミナミ北朝鮮さま
防腐剤ではなく殺虫成分だったのが問題ですが、毎度クレームつける方々はシナ絡みだと沈黙するから真にフシギです。
n.taro
2007年07月06日 08:14
昨日のテレビ朝日昼の情報番組でも 中国からの輸入食品について話題になっていた、、
テレビ朝日が選択した4品目の調査だ 公の検査機関に持ち込み 日本で禁止されている薬品が使用されてないか検査したところ
意外な結果が出た すべて合格、、
まぁ シナの出先機関みたいなテレビ局の番組ゆえ信用できないが、、 出演していたコメンテーター達は 日本は食糧の自給率が低い 故に輸入は避けられない 日本の進んだ技術を持ち込み生産管理の面で協力すべきだなどと のたまっていたな~
蝦夷守
2007年07月06日 11:12
中毒、いいですね。ついでに、中華人民共和獄、略して、中獄なんてのもどうですか?
愚老
2007年07月06日 14:49
シナの毒が世界に回りだしていますね。恐ろしい気がします。
昨年孫が生まれて、いつも息子の嫁に言うのは『貴女は高くても良いから、日本の食材を食べるように』と口癖のように言っている。母乳から変なものを孫に授乳させたくないから、と。
たぶん世間の皆さんは、儂と同じような対策を個人的には採っているのではないか。問題は業務用に混じった”毒”の発見でしょう。これについては、個人の領域を超えた”力”が必要で、こうした問題提起を繰り返し遣って行かねば、シナ外務報道官のように、「何ぬかしてんねん」(関西弁)と、開き直られたお仕舞になる。
あの国に倫理観を求めるのがどだい無理な話で、敗戦直後数年の日本の闇市状態で、遣った者勝ちを、今後五千年の歴史繰り返すでしょう。(補足:言うまでもなく闇市の撹乱覇者は、もう皆さんはご存知でしょうけど)
森本
2007年07月06日 18:33
浙江省のタイヤメーカーでしたか。SK-2やソニーのデジカメに難癖をつけて日中をパニックに陥れたのが浙江省の商務局でしたね。SK-2の件は日本側のポジティブリストへの露骨な報復でした。いまだに商品への信頼は回復されていません。今回の一連の「中毒」騒動に対して中共がどのように逆ギレするか、ヒヤヒヤものです。
アセアン
2007年07月06日 20:30
今回はこういう国の人達と仲良くしたい人からのコメントがありませんね!
樅野
2007年07月06日 20:32
アネモネさま、こんばんは。
中国改め中毒とは、言いえて妙ですね。
あの国は政府も政府なら人民も人民です。
これだけ環境が汚染されていても一言も自分の国をよくしようという行動が見られないのですから。
こんなことは言いたくないのですが、あの国で環境破壊による死者がいくら出ても、自分は同情できないし、自業自得としか思えませんね。
しかし、最近になってこのような環境関連のニュースが沢山出てくるのは、何かあるのではないかと勘ぐってしまいます。
海と愛
2007年07月07日 09:08
中国は民度が低い。日本の戦後の混乱時代と同じに見える。しかし、13億人の国。目が離せませんな。
熊猫fanfan
2007年07月07日 15:23
北京の大気汚染は深刻すぎ。日本でも光化学スモッグ警報出るくらいですから、現地はとてつもなく危険かと。
北京オリンピックは死人出るんじゃないすか。選手のみならず、シナを訪れた海外からの観客含め、汚染大気に免疫の無い世界各国の人々が、ばたばたと・・・・ってな事態になるやも。
特に屋外競技のアスリートには影響大きすぎ。
マラソンや長距離、トライアスロン選手は、この大会最後に引退を考えている選手以外は、ボイコットしないと選手生命縮めるんじゃ?
水の競技もかなりやばいのでは?アホなシナ政府のことだから、塩素濃度バリバリ上げて『没問題アル』とか言いそうだな。選手村の食事もかなりアレかと。
即効性は無くても後遺症が出たりして・・・
ここは、各競技団体はアスリートの健康を考えて、同時期に他国での世界選手権開催を考慮したほうがいいんじゃ無いでしょうかねぇ?

そもそも、今の時期に気温39度にもなる様な都市で8月に開催など、IOCはアホのすくつですかねぇ。
憂国防人
2007年07月13日 07:05
少なくとも,蒋介石-経国親子には,支那古来の崇高な哲学や”公”の精神が宿っていた.しかし,1949年,悪貨(共産党軍)が良貨(国民党軍)を駆逐してしまい,1972年以降は日米両国が共にこの恐るべき悪貨の増殖に手を貸してきたのである.その結果,”私”腹を肥やすことしか頭にない共産党幹部と地方の役人どもが,支那全土を腐敗した死菜で覆い尽くすこととなったのである.戦後支菜大陸に於ける反共勢力の衰退は,人類史に於けるまことに忌まわしい汚点としか形容しがたい繁共を招来してしまったのだ.

この記事へのトラックバック

  • ▼我ら腐海の住人は絶滅する運命アル

    Excerpt: 网易〓〓 【断子〓〓的“〓展”之路(子孫が絶える&ld... Weblog: フテキセツなフ゛ロク゜ racked: 2007-07-05 12:22
  • 米下院での「慰安婦」決議案の採択に抗議活動-闘う地方議員 

    Excerpt: 2007年6月26日、米下院外交委員会は、慰安婦問題に関する対日非難決議案を可決した。この決議案は、我が国の首相に対して公式謝罪を要求するものであった。 私たち日本の地方議会議員は、日本の最も重.. Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN racked: 2007-07-05 15:51
  • ドロ沼年金問題-あきれた労組の実態」

    Excerpt: ■「ドロ沼年金問題 あきれた労組の実態」 2007/07/04 毎日放送 http://www.mbs.jp/voice/special/200707/04_8799.shtml .. Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN racked: 2007-07-06 12:40
  • 「土用の丑の日」とグローバリゼーション

    Excerpt:   ここ最近、私は「グローバリスト」という概念をよく取り上げます。   しつこいようですがグローバリストというのは、「利益の極大化を実現するために、国内への影響を顧みず、海外に積極的に進出し、もしく.. Weblog: 日々是勉強 racked: 2007-07-11 00:53
  • 北京五輪推薦果物品評会で注目集める、タイの果物

    Excerpt: 赤いレンブ、黄色いマンゴー、ピンクのタマリンド、緑のグァバ――2008年北京五輪推薦果物品評会に参加したタイの果物が多くの人の注目を集めた。タイの農業省MOF(農民市場機構)と北京市果樹産業協会は2.. Weblog: 中国ニュース racked: 2007-08-03 20:44
  • 学習できないってのは致命的かもね

    Excerpt: ……一昨日は、アレな上司に泥棒の疑いをかけられたって事ですが。昨日も、濡れ衣をかけられました。 イベント用に大量に入荷したブツを倉庫に持っていたのですがその量が足りないと電話がかかってきました。…….. Weblog: 銀色の弾丸 racked: 2007-08-08 07:29
  • 北京五輪期間、空気の質がよい「好天」が続く見込み

    Excerpt: 北京五輪組織委員会は26日、「北京2008年五輪・パラリンピック環境報告(2... Weblog: 北京2008、北京五輪なんでも情報 racked: 2007-09-30 12:01
  • Farmers insurance.

    Excerpt: Home owners insurance. Weblog: Dental insurance. racked: 2009-01-09 09:36
  • Car insurance in canada.

    Excerpt: Lesson plan car insurance. Car insurance. 10 year old car insurance. Weblog: Car insurance. racked: 2009-01-09 20:05
  • Federal direct student loans.

    Excerpt: Federal direct student loans. Federal student loans for parents. Federal student loans. Federal stud.. Weblog: Federal direct student loans. racked: 2009-01-10 07:14
  • Bankruptcy home loans.

    Excerpt: Countrywide home loans. Country wide home loans. Hud home loans. 40 year home loans www.thepayloan.c.. Weblog: Countrywide home loans. racked: 2009-01-11 22:07
  • 神奈川中古車買取査定センター

    Excerpt: 中古車査定シュミレーションページです。大手数社から同時に一括査定ができます。 Weblog: 中古車買取査定 racked: 2011-10-07 08:35
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: シナは国号を“中毒”と改めよ…汚染大国の周章狼狽 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Dieser Artikel wurde die genaue jedoch geschrieben, wenn .. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 22:38