加藤紘一テロルの自己責任…反日朝日が隠す極左暴力

帰国した加藤紘一が朝日新聞のイベントで再びテロ評論家気取りの発言。言動封殺テロの背景と断じるのは「時代の空気」…それはネット言論に怯える朝日新聞と同じ問題のすり替えだ。
画像

自民党の元派閥領袖が参加して吠えたのはサヨクの市民集会だった。

朝日新聞阪神支局襲撃事件から20年を迎えた5月3日、兵庫県で開かれたイベントに加藤紘一がパネリストとして姿を見せた。筑紫哲也と肩を並べての登壇だ。

この集会は朝日新聞労組の主催で毎年開かれ、20回目を数えるという。今年の討論テーマは「『愛国』の自由を問う」。新聞報道によれば、加藤は壇上で、こう語っていた。

「日本の誇りとは何なのか、という点に結論が出ないまま、近隣諸国と対立する『闘うナショナリズム』が強まってきている」
▽シンポジウムの模様(朝日新聞)
画像

どうやら討論では、テーマに掲げられているように、愛国心やナショナリズムに絡んだ現代日本の風景が論じられたようだ。

イベントのフライヤーには、昨年起きたノンフィクションライター溝口敦さん長男刺傷事件や富田メモ日経新聞火炎瓶事件、そして加藤邸焼き討ち事件を取り上げた後、こう疑問が提示されていた。

これらの暴力の背景には、ちまたにあふれる「愛国心」を垣間見る思いがします。「愛国心」が暴走すると、それを持たない者への憎悪や暴力に結びつきがちです。
▽イベントの告知(主催社HPより)
画像

いきなり事件から無理やり引用した「愛国心」攻撃だ。これではまるで、前後の文脈から、日経新聞や加藤紘一に「愛国心」が欠如していると断定しているではないか…

文句はない。正しい認識だ。

愛国心を朝日新聞の労組が、どう取り扱おうが一向に構わない。しかし、朝日サイドは、20年前の「赤報隊」事件を最大限活用して、強引に自らの主張にリンクさせている嫌いがある。

【永遠に被害者を演じたい朝日新聞】

5月3日、襲撃事件の起きた朝日新聞阪神支局では、拝礼所が設置され、殺害された小尻記者を悼んだ。命日に先立って同支局内の資料室では遺品などを揃えた展示会が催されていた。

そこでは、ここ20年間の政治家・報道機関への暴力の歴史がパネルや映像で紹介されているという。
▽支局資料室の展示風景(人民網)
画像

朝日新聞の記事によれば「暴力」として挙げられているのは、長崎市長銃撃事件や加藤紘一宅焼き討ち事件などのようだ。ここでも加藤紘一は悲劇の主人公になりきっている。

5月1日付けの社説でも朝日新聞は「赤報隊」事件を取り上げたが、ミスリードも甚だしかった。テロ事件と右翼を結びつけるのは、お家芸の範囲内だが、実際には巧妙に隠しているものがあった。

極左テロだ。

その社説では、執筆者は5・15事件から浅沼委員長刺殺事件、『風流夢譚』事件など、軍事クーデターと右翼テロを故意に混同させて長々と紹介した後、こう書き飛ばしている。

70年代に目立ったのは、左翼の過激派のテロだ。企業や役所を爆破する事件などが次々に起きた。

そんなテロと暴力の流れの中で、80年代に起きたのが赤報隊の事件だった。


たった2行で軽く流した70年代の過激派テロについて朝日新聞は風化させたいようだ。実際に、市民を恐怖に陥れた我が国のテロリズムは、左翼集団によるものだった。

【無差別殺人の嵐…極左テロの系譜】

70年代の極左テロは2系統で発生している。ひとつは日本赤軍。海外のケースだが、犯人は日本の極左だ。

1972年5月30日…テルアビブ空港乱射事件。死亡者24人。負傷者90人超。

そして国内をテロの恐怖で覆ったのが、東アジア反日武装戦線の連続爆破事件だ。複数の犠牲者が出たケースは2件。

1974年8月30日…三菱重工ビル爆破事件。死亡者8人。重軽傷者120人超。

1976年3月2日…北海道庁爆破事件。死亡者2人。重軽傷者約80人。
▽三菱重工ビル爆破の現場(警察庁HP)
画像

これ以外にも東アジア反日武装戦線は、帝人や鹿島建設、三井物産などを標的に連続企業爆破テロを起こしている。更に、御召し列車爆破未遂事件や殉国七士廟爆破事件など70年代に我が国でテロの嵐を吹かせた。

テロリズムを語る上で、重要なのは、ターゲットが無差別がどうかだ。我が国には伝統的に政治家を狙った一人一殺テロの系譜があるが、そこには無関係の巻き込まないという了解が存在する。テロと言うよりは暗殺だ。

それに対して、極左テロ集団が起こしたのは、通行人をも巻き込む無差別テロだった。朝日新聞が軽く流した70年代の極左テロでは合計200人の死傷者が出ているのだ。

それを敢えて語らないのは「右翼=テロ」の印象を読者に押し付けたいが為である。

更に指摘すると、我が国で起きた重大な言論封殺テロは、筑波大学の五十嵐一助教授刺殺だ。

『悪魔の詩』事件である。イスラムを風刺した本の翻訳者が白昼のキャンパスで襲われるという最悪の言論封殺だった。加藤紘一邸の焼き討ち事件と、どちらが重大で深刻か?

【失言暴言に気付かない加藤紘一】

長崎市長射殺事件に絡んでも加藤紘一は、報道カメラの前でコメントを繰り返していた。まるで今やテロ評論家の趣きだ。

昨年8月15日の焼き討ち事件の4ヵ月後、加藤紘一は1冊の自著を世に送った。『テロルの真犯人』という思わせぶりなタイトルだ。
画像

書評で内容の一端が紹介されていたが、それによると加藤紘一は「真犯人」として「時代の空気」を挙げているという。逮捕された堀米被告や、その背後関係を問うことなく「時代の風潮」が焼き討ち事件の背景だと言いたいようだ。

“加害者”の稚拙なすり替えであるが、果たして加藤紘一の政治家としての言動に問題はなかったのだろうか?

今年初め『報道2001』に出演した加藤紘一は、北朝鮮問題を論じる中で、次のような主旨の事を語っていた。

「金正日は天皇陛下と同じようなものですから」

崇拝されているという文脈の中での発言だったが、不敬極まりない比喩だ。畏れ多くも天皇陛下と、独裁者を並べるとは何事か。

発言した本人は気が付いていないようだが、こうした何気ない言葉の中にこそ、加藤紘一という売国奴が批判される問題の根っこがある。
画像

実際には「時代の空気」などではなく、政治家としての姿勢そのものに嫌われる原因が潜んでいる。

気が付いていないのは自分だ。

3日のサヨク集会に参加する直前、加藤紘一は相棒の山拓と特亜歴訪を続けていたが、先月29日の中朝国境視察に続き、妄言を吐いていた。

【反日コンビ 土下座外交の神髄】

反日売国の凸凹コンビ=加藤紘一と山拓は、5月1日、ソウルを訪れ、宋旻淳(ソン・ミンスン)外交交通相やハンナラ党の朴槿恵(パク・グンへ)前代表と相次いで会談した。
▽宋旻淳と会談する紘一・山拓(NNN)
画像

その際、加藤紘一は朴槿恵に対し、いきなり“従軍慰安婦”問題で謝罪する。

「韓国人女性の人権と気持ちを傷付け、お詫びしたい」

まさに土下座外交の真骨頂である。口にしたのが慰安婦なのか「従軍付き」なのか、報道からは判らないが、まったく意味のない謝罪だ。しかも発言は、政治的な思惑から出たもので、ポーズに過ぎない。
▽余計な発言をする加藤紘一(NNN)
画像

それでも韓国側は、加藤の土下座に最大級の賛辞を送ったという。

「我々が望んでいることをしてくれる」

韓国サイドは、土下座に満足だろう。しかし、その一方で名誉を傷付けられる者が居ることを加藤紘一は、知らねばならない。英霊の名誉を守ろうとする者は、このような謝罪に痛みを覚える。

加藤紘一は自ら敵を作っているのだ。それを「時代の空気」などと評するのは愚かしい。敢えて言うなら「テロルの真犯人」とは、自分自身だ。

そのような他者への罪のなすり付けは、朝日新聞や筑紫哲也にも見られる。

【今や「反日」は重要なキーワード】

極左テロをひた隠した朝日新聞の件の社説は、後半部で突然のように、我が国の今の世相に噛み付く。

赤報隊が使った「反日」という言葉は、いまや雑誌やネットにあふれている。自分と相いれない意見を「反日」や「売国」と決めつける。そうした一方的なレッテル張りが、問答無用の暴力を誘い出してしまう。

長々と「テロ=右翼」のレッテル貼りをした挙げ句の言説だ。呆れる社説だが、そこに反日ファシストが抱く恐怖感、孤立感が透けて見える。

加藤紘一同様、朝日の反日論説員は自分たちが、現代の日本社会でマイノリティになりつつある事態を、狼狽しながら感じ取っているようだ。

「反日」というキーワードは、未だ一般社会で市民権を得ているとは思えないが、政治思想や姿勢をチェックする上では、重要な概念になっている。それは「愛国・憂国」の対義語では決してない。

日本を貶める一方で中朝韓の特亜3国と連携する人物や現象、思考回路を端的に表わすものでもある。その意味では、朝日新聞やTBSなどは、代表的な「反日」だ。

連中は、祖国を深く愛して苦言を呈してるのではない。ただ、東アジアに残された冷戦構造の中に何時までも浸っていたいだけだ。その構図が崩れた時、思想的な敗北が決定する。
▽5・3集会のポスター(主催者HPより)
画像

3日のイベントで筑紫哲也も、朝日社説と同じような認識を表明している。

「事件当時、赤報隊の(犯行)声明文は衝撃だったが、現在の右派言論はこの程度の内容を当たり前のように語っている」

「右翼と世の中の差がどんどん縮まっている」


思想の左右は絶対的なものではなく相対的だ。中心軸は常に時代と共に変動するものだ。かつて大きく歪んでいた我が国の言論状況は、ようやく平衡を取り戻そうとしている…

風向きが次第に変わりつつある事に、本当に気付いていないのであれば、政治家としての加藤紘一も、ジャーナリストとしての筑紫哲也も失格だ。

逆に気付きながら、ミスリードを続けていれば尚更、悪質だろう。いずれにせよ、進路もなければ退路もない。

朝日新聞も反日妄言男も、コーナーに追い詰められている事実を直視せよ。


     〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

参考記事:
朝日新聞5月3日「愛国の自由」テーマに討論 20回目の「5・3集会」

東京新聞5月4日『阪神支局襲撃から20年 暴力に屈せぬ姿勢を』

朝日新聞社説5月1日『阪神支局襲撃20年―言論はテロに屈しない』(魚拓)

参照:
言論の自由を考える5・3集会

この記事へのコメント

のらりひょん
2007年05月05日 02:34
いつもながら鋭いエントリーに感服します。

テロルの真犯人は加藤紘一、ご指摘の通りですね。それにお道化者のエロ拓がついて行っている、そんな感じです。二人とも、韓光煕の『我が朝鮮総連の罪と罰』で総連のお友達と暴露されているのに、行動がそのまんまで笑いたくなるのですが、そういうことを知らない人が多いのですよね。このブログを見る人も、もっと多くなってほしいです。
maumau
2007年05月05日 02:52
> いきなり事件から無理やり引用した「愛国心」攻撃だ。これではまるで、前後の文脈から、日経新聞や加藤紘一に「愛国心」が欠如していると断定しているではないか…
>
> 文句はない。正しい認識だ。

思わず吹き出してしまいました(笑
吉田
2007年05月05日 03:30
山崎、加藤両氏を除名できる自民党であれば、国民の信頼を勝ち取れるだろう。
軸足を国外に置いた国会議員は淘汰されて当然であるのだから。

まずは、異常に分かりやすい両氏の処分が急がれる。
憂国防人
2007年05月05日 08:17
加藤紘一の風貌が,遙か米国の地で不可解極まる”従軍慰安婦騒動”を執拗に展開しているマイク・ホンダとやらの面構えと瓜二つであることに気が付いた.ついでにいうなら,こやつらはいずれも,史上最悪の独裁者=金豚正日の体型と似ている.いかにも酒肥りしたような,過剰な贅肉に包まれた醜悪な面構え・・・人間の本質は,少なからずその風貌に反映されるものなのだ.類は友を呼び,そして類は酷似していく.それは悪霊や魑魅魍魎の犇めく地獄界においても,一貫した法則であるのだろう.
マルコおいちゃん
2007年05月05日 08:38
永遠に被害者でいたい朝日、ちょうどどこかの国々のようで笑えます。いや笑ってる場合じゃない。
カトちゃんには殺意を覚えます、もとい笑意、または尿意と訂正させていただきます。
名無しの経営者
2007年05月05日 10:18
マスゴミは、日本国内に、世界の非常識を作り上げた。ネット世代は、それをおかしいと指摘しているだけだ。

自国を愛せない言語空間は、どう考えてもおかしい。陛下を、キムジョンイルと同列にする人物をバカだと言えないのは、どう考えてもおかしい。

在日は暴力団には成れても、右翼には成れない。在日は、同和には成れない。これは、定理だ。従って、在日右翼や、在日同和を、朝日や毎日が作ると、ネット世代は、おかしいという。当たり前だ。

日本国民の税金をどう使うかは国民が決める。国民の多数は、朝鮮売春婦や人権蹂躙国に使って欲しくないと思っている。ネット世代は、その当たり前の考えを発信しているだけだ。

自由、民主政治、法治社会に反する行為に対しては、社会は制裁を加える。反日ファシストのレッテルを貼られても仕方あるまい。

加藤・筑紫・朝日論説員ら反日勢が、その非合理性と反社会性によって、批判されるのは自由社会の健全性によるものだ。
アサピー嫌い
2007年05月05日 11:39
最近、極左の資金源となっている『ピースボート主催の世界一周の旅』のポスターが激増しているのが気になります。
ピースボートの実態を何も知らない商店主が、店さきに貼る事を許可しているようです。
そういえばつい最近まで、筑紫哲也がポスターの広告塔となっていた(現在は掲載されていない)
ピースボートの世界の旅は、船内で宿泊し様々な『勉強会』が催されるとのこと。
どんな『勉強会』かは知る由もないが、このような『極左主催の世界旅行』が堂々と公に宣伝されていることに危機感を感じる
駱駝
2007年05月05日 11:53
こやつらの (思考)回路は狂ったまま停止したということか。 なりたくても なれないのが普通だ。昨日今日世に出た訳じゃあるまいに。いったい何をしていたのだ。主義主張以前の問題だ。

日本人じゃなく地球人になりたい!(ごく潰し清美の言?) 聞いたとき理解不能だったな。
80の婆さん「地球に住んでたら皆そうやないか。土星なら土星人や」

9条が60年間平和をもたらした! 妄想癖があるのかと信じたよ。あまりのアホさかげんで屁も捻らんな。

この国で3度のメシを喰へて 父祖に感謝もなく 「反日」を叫ぶ似非日本人ども。自分がイヤにならないのかね
俺の家族でなくてよかったよ。
kuriki
2007年05月05日 12:15
こやつらは歴史を捏造してまで祖先に唾を吐き国家を蹂躙してきた。なぜ特亜三国に帰化しないのか?不思議でしょうがない。日本人からは蔑視の対象物・汚物でしかないということを理解しろ。
梅昆布茶
2007年05月05日 12:40
70年代の極左テロ、久しぶりに思い出しました。自分の生まれ故郷も、赤軍派のテロ事件に巻き込まれた思い出があります。小規模ながら地元の警察署が爆破され、警察官1人が重症を負う事件があったんです。当時まだ幼かった自分は、毎週その警察署の前を通って習い事の教室に通っており、翌週からは遠回りして通わされました。 数年後、警察官が父親の同級生の家(官舎)に遊びに行った際、隣にその爆破で被害に遭った方が住んでいて、偶然会ったのですが、身体に残る酷い傷跡に驚いて固まってしまいました。友人の母親から、その方があの爆破事件で被害に遭われた警察官だと聞かされました。更に、別の友人宅に誕生会のお呼ばれしてたのが、急に中止になったことがありました。中学生になって初めて事情を聞かされたんですが・・・なんと友人宅の直ぐ近所に赤軍派のアジトがあったそうで、警察が近辺を一斉捜索していたんだそうです。友人が幼稚園児の頃、かわいがってもらってた近所のお兄ちゃんが、大学生になって赤軍派に変身していたそうです。
以上、幼い頃の思い出話でした。
キラーT細胞
2007年05月05日 13:27
加藤や山タフが未だに自民党に在籍してゐる事が不思議でなりません。彼らを切る事が出来ない様な為体だからこそ、公明党といふ「延命装置」を外す事が自民党には出来ないのでせうね。そもそも政権与党の甘い汁吸ひたさに、あらう事か社会党と手を組んだ時、自民党の運命は決つたのだと思ひます。政界再編によつて、真の保守政党が生まれれば良いのですが、それまで国際情勢が待つてくれるかどうか。私は悲観的です。
ごんべえ
2007年05月05日 13:44
朝日の催しに招待されるようになったら政治家もおしまい。だから辞職するのがベストなのだが、厚顔無恥な加藤らが自ら辞めることは決してない。
一方、選挙で落とそうにも、今の選挙制度では落選させることも出来ない。
自民党が公認する加藤・山拓・河野らの選挙区には“らしい対立候補”がいない。よって選挙民は彼らに投票しないのであれば、“らしくない候補者”に投票するか棄権するしかない。
結果、彼らの得票率は60~70%に達している。落選の心配はさらさらない。しかも比例区との重複立候補で“必ず当選”する仕組みになっている。

よって、彼らを落選させるには、①選挙制度の改革か②自民党の不公認、の二通りの方法しかない。
二つのうちで手っ取り早いのは不公認にすること(非公認ではない)。そのために①改憲への賛否、②北朝鮮(総連を含む)制裁強化への賛否、この2点で踏み絵をさせればよい。
郵政ですら踏み絵をさせ、刺客まで送ったのだから、この2点で同じことをすればよい。
そうすれば、選挙民も選択の幅が広がる。
安倍総裁は是非とも決断すべきだ。
とおる
2007年05月05日 14:49
中国共産党によるテロ支配、そして、北朝鮮の政治犯収容所などのテロ支配に、従順な加藤氏や朝日新聞は、テロ支援者です。
暴支庸懲
2007年05月05日 15:52
 己の延命しか考えず、発言、即、法となるような体制の頭目であり、人類の敵である独裁者金正日と、立憲君主たる天皇陛下を同列に扱うとは何たる不敬、何たる謬見であろうか。

 加藤はいらない。
暴支庸懲
2007年05月05日 15:52
 己の延命しか考えず、発言、即、法となるような体制の頭目であり、人類の敵である独裁者金正日と、立憲君主たる天皇陛下を同列に扱うとは何たる不敬、何たる謬見であろうか。

 加藤はいらない。
古田
2007年05月05日 16:03
異常なのが自民に居るのか、自民が異常なのか、小泉さんが「自民をブッ壊す」と言ったらハエがポトポト落ちて来た。勲章貰い落ちていく奴、文句を云いながら出てくオッさん、首相時代と同じ意見も無く去り行くオヤジ、それでも未だ「自民木」に噛付いている3、4匹からもはぐれた大幹事長、副総理崩れのコンビ、之を生かしておくのは日本人の恥、選挙区の皆さん「蝿叩き」で落として下さい、その前に自民党も考えないと、5,6匹の為に「死に体」に成っては困るでしょう。
筑紫のコマーシャルボーイじゃ、もう目が浮いていて自分の意見など無いのですから引導渡してやるのも親切の内。
神谷晃良
2007年05月05日 17:26
阪神淡路大震災直後、あの山口組でさえ本部庭先を開放して、救援物資の配布を行っていた頃、当時ピースボートの活動員であった辻元清美は、印刷機を持ち込んで有用情報と称してピースボートの宣伝ビラを配っていました。ピースボートは日本国の法律が及ばない航海上でドラッグと乱交パーティーをしている。って噂を聞きましたが実際はどうなんでしょうか?辻元はピースボート内、元赤軍派幹部の男と内縁関係に有る筈です。それが日本国国会議員の先生様です。洒落にならんて。多くの被災者がその下で生きながら焼かれて立ち上がる瓦礫の神戸市街の映像を見た筑紫哲也の一言。『温泉街みたいですね』。この一言に彼の人間性が、見え隠れします。大規模災害救助に際し、自衛隊の存在を黙殺し続けた首相と副首相と衆議院国会議長が村山富市、河野洋平、李高順もとい土井たか子です。普段人権だ平等だと騒いでいるサヨクの本質が垣間見える証左だと思いませんか?
神谷晃良変形態
2007年05月05日 17:51
済みません。話が逸れました。今まで自分達に異見する者達に、散々『軍国主義』『右翼』とレッテル貼りして言論を封殺して来た朝日新聞が、いざ自身が批判反撃されると『反日朝日』とレッテル貼りしていると、右翼テロを連想印象操作して被害者、弱者を装っています。「散々今まで他者を攻撃しておきながら、責められると弱者を装う」。正に朝鮮人メンタリティーそのまんまです。「鬼畜米英。神国皇国日本」。「欲しがりません勝つまでは(朝日がオリジナル)」「北は地上の楽園」「ポルポトはアジア的優しさ」「スターリンは優しいおじさん」「独島を韓国に譲って友情島と名づけよう」(女系天皇に反対意思を示された三笠宮寛仁殿下に対し)『そろそろ発言を控えては如何か』。中国から都心に向けた核ミサイル、『一発だけなら誤射かも知れない』。二百万人のチベット大虐殺を『中国西部大開発は素晴らしい』。朝日新聞は今まで、一体何人の人の命を啜って来たのか?私は何の力も持たない、一日本人に過ぎ無いですが、何としても、こやつの息のの根を止めたいです。ところで民主党石井紘基議員の在日朝鮮人による暗殺事件は何故スルーなのでしょうか?素朴に疑問です。
北之茂良助
2007年05月05日 18:36
北海労働新聞(自称北海道新聞)でも、富田メモに絡んだ火炎瓶投入事件のようなものを書いても、つくる会放火事件はスルーなんて記事がありました。先日の長崎市長銃撃事件然り、保守派=テロリストという印象操作に必死なんでしょう。ネットでしばしば見られる、保守派=統○○会信者、ニート、低学歴のようなレッテル張りと根は同じ。もう論で勝てないので、最期のあがきなのでしょう。
加藤、山崎、河野etcなぜ自民党にいるのか。前政権のように変な方向に自民党を壊さなくてもいいから、こっちをなぜ切れないのか。
阪珍
2007年05月05日 18:55
そもそも、阪神支局の事件は外部の人間の犯行なんだろうか?一時期、「あれは猟銃自慢してたら暴発した」という説が流れたことがあったが・・・。もちろん、記帳かなんかに行ってきましたよ。「珊瑚」と書いてね。


>神谷晃良

一つ言えるのは、石原都知事に名指しで批判されたと勘違いして何故か激怒した貝原が、自衛隊出動要請を「それ(出動要請)は土井さんと石井(一)さんに伺ってから」と躊躇していた事実。
神谷晃良
2007年05月05日 19:06
>加藤、山崎、河野etcなぜ自民党にいるのか。前政権のように変な方向に自民党を壊さなくてもいいから、こっちをなぜ切れないのか。

安倍総理大臣は、思想的には小泉前総理大臣よりかなり右の政治家の様な気がしますが、如何せん優し過ぎます。小泉前総理大臣の様には非情になれない筈です。そう妄想してみます。郵政造反議員に対する「お帰りなさい」は、そんな優しさから出た、不用意な発言だったと思っています。「女性は子供を生む機械」。柳沢発言言葉狩りの野党議員に対して、徹底して謝罪して彼、柳沢大臣を庇った、その手法からも想像されます。安倍さんって立派だなと、当時思いましたが、その優しさが、弱点にもなりそうな悪寒です。ド素人が少し悲観しています。
北海鱈
2007年05月05日 21:23
蚊豆(かとう)君もかつては、幹事長を張ってたのに、かとーの乱で、小心泣きべそ者が喝破されて、左翼反日に買われるまでに、落ちぶれたのですね。反日朝日等も蚊豆君を重用するとは、反日売国左翼朝日も落ちぶれましたね。
現役保険営業マン
2007年05月06日 01:15
こんばんは。
>いきなり事件から無理やり引用した「愛国心」攻撃だ。これではまるで、前後の文脈から、日経新聞や加藤紘一に「愛国心」が欠如していると断定しているではないか…
文句はない。正しい認識だ。
>>同感です。日経新聞や加藤にあるのは「売国心」と「走狗イズム」です。
ア…加藤には「不敬の心」もありますね。常にわが国と国民のことをご配慮くださる陛下を金何とかというくそ虫野郎と一緒にするのですから…。

この記事へのトラックバック

  • 日本共産党の志井委員長が日本会議を名指しで批判

    Excerpt:  新聞各紙で報じられましたが、5月2日、日本会議国会議員懇談会の有志議員が「新憲法制定促進委員会準備会」(座長・古屋圭司自民党衆院議員)を設立し、現憲法を全面改正するための「新憲法大綱案」をまとめ、公.. Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN racked: 2007-05-05 07:19
  • つくづく嫌になるTBSの韓国下僕ぶり

    Excerpt: 9日放送のこの番組が、韓国系スタッフによる事は間違いない。司会に南原を起用。「世界模範例」で、わざわざ、2例も、韓国が挙げられるようだ。 そしてこれが、許せないところ。 驚くなかれ…。(画像.. Weblog: 時事問題ショートコメント! racked: 2007-05-07 07:21
  • 笑える加藤紘一

    Excerpt: http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/79834散々テレビでデマを言ってる言論テロリストが言論の大切さを訴えるんだとさ Weblog: ラサのブログ racked: 2007-08-27 17:44
  • Acomplia getpharma the real pharmacy.

    Excerpt: Best pharmacy to buy acomplia. Weblog: Acomplia. racked: 2009-03-08 05:22
  • Pornstar soma.

    Excerpt: Soma without prescription. Soma. Watson soma. Coupons for soma by chicos. Weblog: Soma without prescription 180 count. racked: 2009-03-08 11:45
  • buy viagra online

    Excerpt: once again you outdid yourself Weblog: buy viagra online racked: 2009-03-18 14:53
  • buy tramadol

    Excerpt: once again you outdid yourself Weblog: buy tramadol racked: 2009-04-07 00:13
  • buy viagra

    Excerpt: once again i outdid yourself Weblog: buy viagra racked: 2009-04-07 02:35