渡嘉敷島“屠殺者”は神だった…軍命令の捏造史観に幕

教科書検定で沖縄集団自決の嘘が薄まった。決定打は昨夏の「軍命令偽造」当事者の真相告白だ。“屠殺者”と非難された旧軍人こそ村民にとって神に等しい偉人だった。
画像

「終戦直後から沖縄のマスコミは日本軍を悪く書こうとするクセがあった。渡嘉敷の集団自決も赤松が命令しているんだ、こう言いよったんですが、赤松大尉は集団自決命令はしていないんです。保証人は、渡嘉敷の住人全部です」
金城武徳さんの証言、2006年5月

来年の春から高校で使用される教科書の検定結果を文科省が30日、公表した。最も大きな変化は、大東亜戦争末期の沖縄戦・集団自決に関する記述だった。

どのように変わったのか?

『清水書院:日本史B』
「なかには日本軍に集団自決を強制された人もいた」

「なかには集団自決に追い込まれた人々もいた」

▽画像:NHK
画像

記述の中から「日本軍に」という主語が消えた。以前の表記にウソがあったのだ。当然のことである。

昭和50年代、歴史教科書に突如として出現した「日本軍の命令による集団自決」という捏造史に対し、文科省が検定意見を付けたのは今回が初めてだった。

「日本軍が集団自決を命じたという根拠は揺らいでいる」

文科省が検定意見を挟んだ理由は、そのような主旨からだった。わが軍が“絶対悪”でなければならない反日メディアは、涙ぐんで反発しているが、まだ文科省の説明は甘い。

「根拠が揺らいでいる」ではなく「完全に潰えた」のだ。

【「兄の無実が証明された」と歓喜】

文科省教科書課は主に二つの理由を挙げているという。

ひとつは、一昨年8月、元日本軍の守備隊長らが起こした名誉毀損裁判。さらに、近年出てきた日本軍による自決命令がなかったとする説。文科省はまだ「説」との認識だ。

「国から遺族補償を受けられるよう、守備隊長から集団自決を指示されたと嘘を付いていた…」

名誉毀損裁判は、大江健三郎の捏造本『沖縄ノート』の記述などに対し、座間味島守備隊長だった梅澤裕元少佐、そして渡嘉敷島守備隊長だった故赤松嘉次・元大尉の実弟・赤松秀一さんらが起こしたものだ。
▽会見する梅澤裕元少佐(NHK)
画像

30日の検定結果を受け、梅澤元少佐は、次のように語られていた。

「教科書が修正されると聞いてとても嬉しい。軍が住民に自決を命じるなどというとんでもない事がこれまで教科書に書かれ、それを教わった子どもが成長することを非常に心配していた」

また、赤松大尉の実弟である秀一さんは、こうコメントしている。

「兄はすでに亡くなっているが、兄の無実が証明できて、これほど嬉しいことはない」
▽会見する赤松秀一さん・左端(NHK)
画像

真実は認められ、捏造史は破られた。

【言論界が造り出した沖縄捏造戦史】

日本軍による自決命令という偽造日本史は、昭和25年に沖縄タイムス社が発行した『鉄の暴風』を出発点にしているという。

更に、昭和45年に出版された大江健三郎の『沖縄ノート』では真実であるかのように描かれた。
画像

大江健三郎は、実名こそ伏せたものの渡嘉敷島守備隊長だった赤松嘉次元少佐を「屠殺者」「戦争犯罪者」と中傷。大江は現地に一度も足を踏み入れず、既出の文書などを巧みに繋ぎ合わせただけだという。

これに対し、作家・曾野綾子さんは、現地での徹底取材に基づき『ある神話の背景』を上梓。大江の嘘や「軍による命令」の虚偽を暴いた。昭和48年の刊行だ。
▽『ある神話の背景』(PHP文庫)
画像

その時点で、既に捏造史は覆されていたのだった…

また平成12年には、生き残った島民・宮城初枝さんの真相告白を、娘の晴美さんが1冊の本『母の遺したもの』に纏め出版、反響を呼んだという。

大江健三郎のフィクション沖縄戦史は、無惨に砕かれ、一昨年の裁判に至っていた…

一方で、今年度になって検定意見が付けられたことに違和感を持つ向きもあるだろう。文科省が理由に挙げる訴訟の動きは2年前からである。

断言する。決定打となったのは、昨年春から夏にかけて行われ、8月15日に公表された「照屋証言」だ。

【水島総社長の衝撃インタビュー】

昨年8月27日付け産経新聞1面を「集団自決の真相」が飾る。

それはチャンネル桜社長の水島総氏による決定的なインタビューに端を発していた。援護金の資格認定に携わった当人・ 照屋昇雄さんの決意の真相告白であった。

照屋昇雄さんは元琉球政府社会局援護課の職員として、全真相を知る立場にいた人物である。

それは、どのようなものだったのか?

『正論』2006年11月号に、証言を獲得した水島総氏の手記が掲載されている。「妄説に断!渡嘉敷島集団自決に軍命令はなかった」と題された取材報告記である。この内容は、衝撃的なものだった。
画像

TVカメラの前で、軍命令ではなかったことを証言するという人物がいる…

水島氏がそう知ったのは、昨年5月。直ちに取材クルーを編制して渡嘉敷島へと向かった。

現地で証言したのは『ある神話の背景』にも登場する金城武徳さん。金城さんが語る当時の状況は凄惨のひと言に尽きる。

昭和20年3月28日午後3時。ついに米軍の迫撃砲が被弾し始めると、村長は訓示をして万歳を三唱。その後、村人はグループに分かれ、配られた手投げ弾を突ついて自決する。金城さんの手投げ弾は不発だった…

飛んできた迫撃砲も当たってくれないし、結局、我々は生き残って、六百名ほど、軍の部隊本部に行って機関銃で殺してもらおうと移動したんです。却って怒られた。「軍人が戦(いくさ)をするんだ、なんでこんな早まったことをしたのか。生きられる限り生きるのが住民じゃないか。」ということで怒られた。 (前掲誌324頁)
▽米軍撮影の渡嘉敷島
画像

当時の島には軍と共に防衛隊も結成され、武器を所持していたもようだ。そして水島氏は、こうストレートに訊ねる。

-では集団自決は、軍の命令じゃないんですか?

はい、違います。これは軍の命令ではないです。これはですね、自分たちで、やっぱり普段からそういう教育しかされてないもんだから、鬼畜米英に捕らわれたら、女はどんな辱めをうける(かわからない)。男はドラム缶に入れて丸焼きにされる。だから早く死んどかんといけないという教育だけしか、小さいときからされてないから、皆が同意でやった。

 しかし、マスコミとかが言いたい放題で、軍の命令で集団自決しているんだ、ということを言うんです。軍の命令ではないです。
(前掲誌325頁)

【真相と捏造を明かす照屋証言】

渡嘉敷島から沖縄本島に戻った翌日、水島氏は、ついに元琉球政府職員・照屋昇雄さんにインタビューを敢行する。照屋さんは、島民が援護金の対象となるよう、赤松大尉の“命令書”を作った直接の関係者だ。
▽照屋昇雄さん(正論ウェブサイトより)
画像

-なぜ今六十一年経って、当時のことを話すことを決心されたのですか

私はね、本当、今までね、口をね、何十年間 全部封鎖しておりましたよ。で、渡嘉敷村のこと、座間味村のことが嘘で報道されて、嘘、言ってるんですよね。赤松隊長や座間味にいた梅澤隊長、少佐ですね、あの人は。この方なんかにすまない、すまないと思いながら、今まで、もう歯くいしばって…
(前掲誌326頁)

戦後、照屋さんは援護法認定調査の為に渡嘉敷島を訪れ、島民にアンケートを出すと同時に聞き取りも行っている。その数は「100から200名…」に上った。

-その百名以上の方の中に、集団自決が軍の命令だと証言した住民は
いましたか

一人もいないですよ。一人もいない。これは断言します。女も男も全部集めて調査しましたよ。だって無いのに。

軍の命令があったっていうのは、僕は、沖縄タイムスの記者が自決のあったサイパンかどこかの記事を引用してね、書いたんじゃないかと思いますよ。
(前掲誌327頁)

勘違いしていたが、「命令書」という表現すら捏造だったのだ。それは「住民に告ぐ」として「降伏せず米国人をやっつけて…」と書かれたものだったという。

戦後、その文書を渡嘉敷島の村長が書き、赤松元大尉の自宅に持ち寄る。そして赤松元大尉は、署名して判を捺す。そうすれば困窮する島民を救えると判っていたのだ…

照屋さんは赤松元大尉の人柄を、こう語る。

赤松隊長が、私が命令したということにしようと十字架を背負ってくれた。赤松隊長さんは、村民からは、神様みたいな方だった。非常にいい人、私も、会ってみてそう思います。(略)

悪いことを僕が引き受けましょうって、いかに善い人であるかね、本当に十字架を背負ってね、僕らは毎日手を合わせておりましたよ。だってこの人に責任負わせて苦しめているでしょ、新聞に赤松隊長の悪口見たりするとね、心が張り裂ける思い。
(前掲誌329-330頁)

自ら重い十字架を背負った赤松元大尉を“屠殺者”と非難して村民を苦しめ続けていたのは、いったい誰か?

【偉人・赤松大尉を顕彰してきた渡嘉敷村】

水島氏の渡嘉敷島リポートでは島内の“奇妙な風景”を紹介している。渡嘉敷村の歴史民俗資料館には、赤松大尉の軍刀や恩賜の銀時計などが丁寧に展示されているという。
▽現在の渡嘉敷島(同村の公式サイトより)
画像

水島氏は問い掛ける…大江健三郎が言うような“屠殺者”であれば、村人が展示を許すはずがない、と。

実に、不思議だ。

その展示物を実際に見れば、誰でも捏造史に疑いを抱いたろう。そして真実がどこにあるか、見当が付いたのではないか…マスコミも現地取材をすれば直感できたに違いない。

壮大な虚構が築かれていたのだ。

そこでは、照屋さんらが軍命令と偽って援護金の受給に奔走したことなど「小さな嘘」に過ぎない。皇軍を“悪の軍隊”としたい反日メディア・売国勢力が総出で、国民に「偽りの戦史」を押し付けてきた…

それこそが戦後の日本に刻まれた壮大な虚構だ。

恥ずかしいことに『朝日新聞』社説は、こう書いている。

文科省は検定基準を変えた理由として「状況の変化」を挙げる。だが、具体的な変化で目立つのは、自決を命じたとされてきた元守備隊長らが05年、命令していないとして起こした訴訟ぐらいだ。
参照:『朝日新聞』3月31日社説「集団自決―軍は無関係というのか」(魚拓)
もちろん『朝日新聞』は、照屋証言を知っている。まるで、自分たちが「ない」と言えば「世間には存在しない」とでも思っているかのようだ。

ひと昔前は一面でその通りだったが、今は違う。国民が情報を得る手段は多様化している。たとえ朝日が周章狼狽して「ない!」と絶叫しても、真実は暴かれてしまう。
▽検定済みの新教科書(NHK)
画像

捏造の中心となった『沖縄タイムス』は31日、検定結果を受けて論説を掲載したが、照屋証言で全てが覆ったことは一切、触れていない。もうひとつの地元主要紙『琉球新報』も同じだ。徹底的な無視である。

だが、照屋証言を気にしてか、論調を「広い意味での軍の強制」にすり替えている。嘘がばれると、広義の解釈を持ち出すのは、“従軍慰安婦”と同じ構図だ。

反日メディアが束になって国民を洗脳しようとしても無理なご時世である。

【日本の誇り赤松大尉の御霊に合掌】

また、反日メディアは「沖縄戦の実相が歪められてる」と反発しているが、何も検定で集団自決や沖縄の悲劇が打ち消されたワケではない。集団自決の悲劇が「軍による惨劇」と歪曲されていた箇所が一部是正されたのだ。

悲惨な現実があったことは、誰よりも赤松元大尉や梅澤元少佐がよく知っている。梅澤元少佐は、昭和34年から沖縄への慰霊の旅を続けてきたという。悲劇の場所にも何度なく訪れたろう。

現地も訪れずに書いた『沖縄ノート』を約50万部も売って泡銭を得た大江健三郎とは人格の差があり過ぎる。

文学者なら、その時の現地住民の恐怖、決意、苦悩に思いを巡らせ、戦争のリアルを俯瞰することが大切だ。しかし、大江は「悪い軍人がいました」で、思考停止している。その低脳でノーベル賞とは恐れ入った。
▽南京で歓待される大江健三郎
画像

現行の残虐政権・中共を褒め讃える大江健三郎のような愚か者が居ることを日本人として恥ずかしく思う。

その一方、重い十字架を半世紀以上も背負った赤松大尉や梅澤少佐のような立派な軍人が我が国に居たことを今、誇らしく思う。

赤松嘉次大尉の御霊に合掌




最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

*****************
【side story】
正論11月号の水島総さんのリポート全文が「チャンネル桜」のサイトから読めます。紹介しきれなかったソテツ地獄などの赤松大尉が決意するに至った背景なども語られています。

参照:
【桜・ニュースダイジェスト第2号2006.10.28】『妄説に断!渡嘉敷島集団自決に軍命令はなかった』(前編)

【桜・ニュースダイジェスト第3号2006.11.3】『妄説に断!渡嘉敷島集団自決に軍命令はなかった』(後編)

ウェブ正論「渡嘉敷島集団自決、軍命令を否定する証言 元琉球政府の照屋昇雄さん」

『沖縄ノート』約50万部…は櫻井よしこ氏の『日本ルネッサンス』からのデータです。

参照:
櫻井よしこブログ2007年1月11日「 沖縄集団自決、梅澤隊長の濡れ衣 」

また曾野綾子さんの名著は昨5月にWAC出版からも『集団自決の真実』と改題され復刻されています。
画像


参考情報:
イザ3月31日『沖縄戦集団自決、「軍命令」を修正教科書検定』

渡嘉敷村公式サイト「なんでもデータ」

この記事へのコメント

ウージー(中々寝付けず)
2007年04月01日 04:41
この照屋さんの話、去年mumurさん
(現:25o'clock管理人・25時さん)
の所で見たとき、涙でキーボードがgdgdになったのを覚えています。
そのときの記事↓

http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50607776.html

この証言が、まさか国を動かす事になろうとは……もっと先の事になるだろうと思っていただけに(獅子身中の糞蟲議員とかプロサヨクとかetc)思わず「よっしゃぁぁぁぁ!」と叫んでしまいました。
先日の靖国関与の話と共に、やっと真実が力を出し始めたのは日本国民として嬉しい限りです。
そして大江は、赤松隊長に自分が著書で書き綴ったような仕打ちを何度も何度も喰らい続ける悪夢に魘されながら地獄に落ちろ!
神谷晃良
2007年04月01日 07:29
おはようございます。判り易い記事です。知らなかった事を一杯教わりました。ウージー様のコメントと合わせて、何か「良心」が日本国の向きを変え始めた様な、そんな思いにさせられます。教科書からの、沖縄戦での「強制」の排除には、そんな経緯があったのですか?心が温まり、勇気付けられます。それはそうと、今私が用があるのは、大江健三郎です。教育基本法改正案可決の際、「今の政治家、子供の事を考えていない。市民の中には、与党のやり方見てある『覚悟』をした人もいる」と、テロ予告宣言した人物です。「僕は、朝鮮人が羨ましい。日本人の私には、帰るべき朝鮮が無い」。「自衛隊員は、私達同世代の恥」。「石原慎太郎氏が当選した事は、東京都民の恥」。まだまだ、ありまっせ。しかし割愛。南京大虐殺記念館に赴いた際、展示物ひとつひとつに、計百回以上頭を下げ。中共人を感激させた大間抜け。日本国民の恥晒し。こいつの沖縄戦に関する大嘘が証明された事は、温家宝の訪日の際には、南京大虐殺論議で、歓迎してやろうと手薬煉引いている私にとって、心強い根拠となります。でも、アネモネさんの心温まるエントリを汚しましたね。御免なさいです。
鮎川龍人
2007年04月01日 09:17
本当に素晴らしいエントリです。
読みやすく、良くまとまっています。
勝手ながら私のブログでも紹介させて戴きます。
誇らしく、嬉しい想いで一杯です。
恥ずかしながら涙を抑えられませんでした。

ただただ感謝です。
モグラ
2007年04月01日 11:19
今の自分に赤松大尉のような十字架を背負う覚悟があるだろうか。この人はどのような教育を受けた人なんだろう。それにしても曾野綾子に読めて、大江健三郎に読めないなんて。ノーベル文学賞?て何なのだ。文学等は権威は不要という事か。
監視員
2007年04月01日 12:23
いやー、記事をつい朗読してしまいましたよ。
素晴らしい!。
これぞ 「 日 本 人 」 のメンタリティーだね!。
しかし嘘ぶく輩からはどいつもこいつも 「 特 亜 三 国 人 供 」 のメンタリティーがプンプン臭ってくる。
正に 腐 敗 臭 だ。
大将
2007年04月01日 12:24
その水島社長が実際に運営している
日本文化チャンネル 桜
が、本日21時より無料放送スタートします!
(スカパー241チャンネル)

http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1433

新装開店特番討論として、チャンネル桜代表の水島総と各番組の
キャスター達が集い「国際情報戦争を我々はいかに戦うべきか?」
をテーマに議論します。

今日から無料なので、少しでも良識ある日本人の方に
見て頂きたいです。
ともに日本を立て直していきましょう!
現役保険営業マン
2007年04月01日 13:05
こんにちは。
…左翼と侮日作家・反日新聞が作ってきた虚構が崩れ去ろうとしておりますね。嬉しい限りです。
自ら罪人呼ばわりされることを引き受けた赤松大尉の勇気には頭が下がります。
ごんべえ
2007年04月01日 13:48
長い道のりだったが教科書がやっとマトモな姿に近づいた。曽野さんの早くからの努力や生き証人の勇気ある証言が報われた。

大江説は元々が捏造なのだから彼が反証出来る筈もないが、言論活動を停止すべき…もっとも、知的責任の欠片すらない大江にそれを望むのは無いものねだりか?自説への反論にはダンマリを決め込むのが大江ら反日ファシストの処世術だ。
古田
2007年04月01日 15:46
酷い教科書で勉強していたのですね。戦争に就いて学校で教わると言う事も有りませんでした。兵隊さんが頑張って居るのは伝わりますが、戦争を煽る教育や今の中国、韓国の様な相手を誹謗する「卑怯」な教育は受けませんでしたね終戦前に「朝日新聞」?「読売新聞」?が応募で集めた「鬼畜米英」位でしょう。後は「撃ちてし止まぬ」「欲しがりません勝までは」「パーマは敵だ」、ましてや自国を貶める「恥ずかしい」事は先生も教えないのが「常識」のようでした。
マトモな教科書で子供を育てて欲しいですね。
通行人A
2007年04月01日 15:47
沖縄に関しては一歩前進といったところでしょうか。

ですが多方面では著しい後退も見せているようです。
ちらと報道を見たところでは、南京事件に関してはまた実現不能な数字が幅を利かせ始めたようです。

日本の教育はまだまだ不安な状況に置かれているようです。
名無しの経営者
2007年04月01日 17:48
塩野七生氏は、異教徒でありながらローマ史を書き上げた女性である。1960年安保改定反対デモに参加した時のことを、書いている。安保改定議案が議会を通過したというのにデモ隊は、勝利したと口々に叫んでいたと。そのときデモ隊には理性がなくなっているのを悟ったという。

塩野氏は、後に中曽根康弘氏に、改定案を読んでデモに加わったのかと聞かれて、もちろん読んでいなかったと答えた。

現在団塊の世代の、反日傾向は、それ以来のものだ。ただし、彼らの反日の根拠は、妄想・幻覚の類である。今日、また彼らが抱いていた思いが、妄想・幻覚の類であったことが、アネモネ氏によって完璧に証明された。
take
2007年04月01日 18:11
赤松元大尉のご冥福を祈ります
理を枉げて村の住民の生活のため、あえて泥を被った人の比べ、マスコミとサヨクの非情さが判ります
赤松元大尉の温情を自分達の思想、考えを広めるために利用した罪は許されるものではありません
2007年04月01日 20:50
>ウージー様
照屋さんの勇気ある告白が、結果に結びついたようです。ホッとしているのではないでしょうか。文科省の判定には問題が多いですが、少しずつ動い初めています。
>神谷晃良さま
覆い隠されていた日本人の良心が、多少ですが表面に現れてきたような感覚ですね。まだ教科書には是正の必要が多いですが風圧をかければ必ず捏造史は消えていきます。
>鮎川龍人さま
こちらこそ有り難うございます。本当に赤松元大尉の名誉回復の動きが出てきて良かった…まさに日本軍人の鑑です。
>モグラさま
このような思い十字架を背負える人間はほんのひと握りでしょう。背景には強い覚悟と高尚な精神が必要です。ノーベル賞作家とは天と地の開きがあります。
>監視員さま
誇らしい日本人がいた事を教えるのが教育の役割です。その逆を行って立派な人間形成が果たせるのか…問われる所です。
>大将さま
水島社長の熱意と行動力が教科書の嘘を変えたと思います。桜を国民が応援する方法はないのか、効果的なアイデアがあれば良いのですが。
2007年04月01日 20:51
>現役保険営業マン様
反日勢力が総ぐるみで虚構を築いてきましたが、情報の裾野が広がった今は、過去同様には行きませんし、またそうさせてはならないですね。
>ごんべえ様
生存者の告白でギリギリ間に合った感があります。真実を訴えてきた方々の行動が結果をもたらしました。大江に科すペナルティは名誉毀損だけで良いのか考えもの。「民族制裁」が必要です。
>古田さま
渡嘉敷島の件だけでもいったい何万人の生徒が“教育”されてしまったのか…本当に捏造を煽っていた連中の罪は重い。誰がどう責任取るのかも問いたい所です。
>通行人Aさま
そうなんですね。南京では「30万人」の数字を踊らせた教科書があるとか…文科省検定を検定する大掛かりな有志組織が必要に思われます。
2007年04月01日 20:51
>名無しの経営者さま
塩野さんもまた実に素敵ですね。団塊世代の一部には、極端に歪んだ反日反国家思想が根付いているとも言われますが、ホントにそう思います。何の本を読んでももうダメなんでしょうか…
>takeさま
偉人を鬼畜呼ばわりした老害サヨクこそ、これから罪に苛まれるべきです。照屋さんのコメントに従えば、島民を本当に苦しめ続けたのは、連中ということになります。
ジェラード
2007年04月02日 08:43
日本軍が集団自決を強要した事実を証言する生き残りの方々が亡くなられるのを待っていたかのように歴史が塗り替えられていく。恐ろしいことです。わが国が戦前のような軍部独裁国家とならないように皆で頑張って声を上げていきましょう。
古田
2007年04月02日 09:59
ジェラード君「戦前の軍事独裁政権」て何?政治が戦争を煽り、軍人が戦争を回避する役目をしたのが何で「軍事独裁」、東条内閣は「戦時中」に変ってるんだぞ!毛沢東、スターリンが変ったと思うか、いい加減に戦前は「軍事独裁」なんて単語を日本相手に使っていた国が有ったか?位の事位調べてモノを言えよ。
駱駝
2007年04月02日 14:18
非情反日左巻き陣に位置する糞どもには「感動」などはありゃせん。

我々日本人は先人に頭を垂れ感謝をし 赤松大尉に真の強さを見 ひれ伏し 自ずと謙虚になるのです。誇れる先人をもち心が洗われます。
通りすがりの神谷晃良
2007年04月02日 19:52
take様、駱駝様。
少し違います。サヨクもマスコミも左巻きも、「非情」なのではありません。「卑劣」なのですよ。
稗野糟糠
2007年04月03日 08:33
NHKがトップニュースとして(左の立場から)これを取り上げたのは公共放送として許せない。NHK総ての施設を爆破して消滅するに値する。
渡嘉敷島人
2007年04月12日 20:56
島内の生き残りは誰一人として直接命令があったと言う人はいません。本当は島民の指導者が早まったことをしてくれたと思っています。小さな島ですから、はっきり言うと困る人、家族が出てきます。
 マスコミは自らが作り上げた話を守りきるため、どのように話しても都合がいいようにしか報道しません。マスコミに登場する団体等も皆仲間内で、いつものメンバーの意見しかみられません。マッチポンプ的な紙面づくりだと思います。競合関係にある他紙さえもキャンペーン紙面作りでエールを送る始末です。
 渡嘉敷島に「白玉の塔」の慰霊碑がありますが、そこの刻銘は軍人軍属→防衛隊→一般住民の順となっており、自決の命令を下した軍人を先に祀るのはなぜでしょうか。また島には玉井村長等本土風の姓に変えた方も多くいます。これも変ではありませんか。島の人がほんとのことを話すと一番困るのが「沖縄タイムス」と「鉄の暴風」です。マスコミに攻撃されるのがいやなので、渡嘉敷島の人々はこれからも話すことは無いと思います。
戦争犯罪の追及者
2008年03月18日 12:38
戦後政治の最大の過ちは、日本人は、自らの手で、岸信介を絞首刑に処すべきではなかったのか。
戦争犯罪のトップが返り咲いたから、霞ヶ関の犯罪者は、
反省もなく、戦前の国粋主義的教育をめざして、
国家財産をくいつぶし、国家を破産させてしまった。
戦争犯罪の追及者
2008年03月18日 12:38
戦後政治の最大の過ちは、日本人は、自らの手で、岸信介を絞首刑に処すべきではなかったのか。
戦争犯罪のトップが返り咲いたから、霞ヶ関の犯罪者は、
反省もなく、戦前の国粋主義的教育をめざして、
国家財産をくいつぶし、国家を破産させてしまった。
sleptboo912
2015年06月19日 06:21
お早うございます。
この記事をブログにリンクさせていただきますので、どうかご理解のほど宜しくお願い申し下げます。 有難うございます。 http://ameblo.jp/sleptboo912/entry-12040560590.html

この記事へのトラックバック

  • 教科書検定ー集団自決に軍関与を削除

    Excerpt: 【主張】沖縄戦 新検定方針を評価したい (産経新聞3/31)  来春から使われる高校教科書の検定結果が公表され、第二次大戦末期の沖縄戦で旧日本軍の命令で住民が集団自決を強いられたとする誤った記述.. Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN racked: 2007-04-01 06:21
  • 「集団自決に軍関与」高校教科書から削除

    Excerpt:  今日は細切れぼやきもあります。 海曹がイージス艦情報持ち出し、靖国新資料社説、日本人も奴隷にされていた、カナダ下院でも慰安婦決議案、日中同時生放送「朝生」。 まずは表題の件。 高校教科書検定が終了... Weblog: ぼやきくっくり racked: 2007-04-01 14:27
  • ・文科省が沖縄戦集団自決について「軍の強要」に検定意見 ~本当に教えるべき事は何か~

    Excerpt: 日本史「沖縄戦集団自決」、「軍の強要」に検定意見:読売  文部科学省は30日、来春から使用される高校中学年向け教科書の検定結果を公表した。  日本史では、沖縄戦の集団自決に関する記述について.. Weblog: アジアの真実 racked: 2007-04-01 23:50
  • 浅野陣営、選挙違反濃厚? しかし開き直り

    Excerpt: 先回の記事でお伝えした 浅野都知事候補を応援しすぎで公選法に抵触しちゃってると思われる。 らくちんランプさん この方から、 ろくな専門知識も無しに他人のブログを批判していると、その内誰から.. Weblog: 楯追人.blog racked: 2007-04-02 08:54
  • ■沖縄集団自決教科書から「軍命令」削除!

    Excerpt: ●沖縄集団自決教科書から          「軍命令」削除! ■沖縄集団自決は「軍命令」ではなかった! 軍命令説は遺族年金受給の為の口裏合わせ だったと、多くの証言者が.. Weblog: 日本の心を育むネットワーク racked: 2007-04-02 13:34
  • 歴史歪曲許さぬ「集団自決修正」問題ー高教祖、沖教祖

    Excerpt: 高教組・沖教組は赤松大尉が生前渡嘉敷村から要望があり、慰霊祭に参加のため那覇に到着された時、抗議を活動をし、それを阻止した団体です。     赤松さんのその時の無念を思うと許せません。 <.. Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN racked: 2007-04-03 17:56
  • Free thumbs of naked grannies.

    Excerpt: Free thumbnails of naked grannies. Older naked grannies. Weblog: Free thumbnails of naked grannies. racked: 2008-11-14 12:51
  • Gay sugar daddy.

    Excerpt: La shawn barber s corner bush the sugar daddy. Sugar daddy kits. Gay sugar daddy. Sugar daddy lyrics.. Weblog: Sugar daddy. racked: 2008-11-14 15:22
  • Ambien abuse.

    Excerpt: Ambien latest side effects. Ambien. Photo of ambien cr. Suicide ambien. Discount ambien. Buy ambien... Weblog: Ambien manufacturer. racked: 2008-11-24 09:05
  • Buy propecia.

    Excerpt: Generic propecia. Natural herb reverse impotence from propecia. Propecia finasteride precautions amp.. Weblog: Generic propecia. racked: 2009-03-14 03:34
  • Acomplia.

    Excerpt: Acomplia. Weblog: Acomplia. racked: 2009-03-16 16:27
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 渡嘉敷島“屠殺者”は神だった…軍命令の捏造史観に幕 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Tessi grein var skrifud nakvamlega Hins vegar, ef tu vil.. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 21:44