日朝拉致交渉の非情…将軍のチェスゲームに応じるな

7日から始まる日朝交渉。難航が予想されるが、取引材料に飛びついて再び金正日の“非情なゲーム”に引き込まれてはならない。拉致交渉を有利に進めるには警察的手法が必要だ。
画像

3月4日夜、ハノイに宋日昊(ソン・イルホ)が姿を現した。7日からスタートする日朝作業部会の北朝鮮側代表だ。

当初、北京やジャカルタ、シンガーポールなど様々な交渉場所が持ち上がっていたが、結局、日朝対決の舞台はベトナムの首都ハノイとなった。

新たな激突の場としては、北朝鮮の出先機関が多い北京よりも好ましい。

ハノイ国際空港に到着した宋日昊は、さっそく記者団に揉まれたが、不敵な笑みを浮かべただけで、決して手の内を見せることはなかった。

「どんな問題を協議するかは、まだ作業部会が進んでいないので、今は何も話したくないです」

また、見通しについて質問されると…

「結果はやってみないとわからない。そういう質問はしないでください」

もちろん日朝作業部会は難航が予想される。北朝鮮がどのような手練手管で挑んで来るのか、見えていない。しかし、これまでの「拉致は解決済み」との一方的な主張を終始するのであれば、6ヵ国協議は座礁する。
画像

交渉をわざと決裂させ、北朝鮮が「日本責任論」を声高に叫ぶ可能性もあるが、一方で、北朝鮮が我が国に対して新たな揺さぶりをかけてくる恐れもある。予断を許さない状況だ。

宋日昊は2日に北京に入った際、作業部会での拉致問題交渉に難色を示していた。

「今回は拉致協議ではない。拉致については、原則論しか話せない」

しかし、日朝作業部会の核心は、入り口に該当する拉致問題であることは明らかで、部会の実態は、日朝拉致問題交渉だ。

【今交渉でも黒幕は必ず現れる】

その日朝拉致交渉で、宋日昊のカウンターパートナーとなる日本側の代表が原口幸市大使だ。肩書きは、日朝国交正常化担当大使。御歳66である。
▽原口大使(2日:代表撮影)
画像

原口大使は、交渉に先立って基本的なスタンスを、こう語っている。

「先方は過去の清算に関心があるだろうが、我々にとって最大の問題は拉致であり、すべての拉致被害者を早く帰してほしいと強調する。拉致問題の解決がなければ国交正常化はできず、過去の清算も国交正常化の枠内でしか実現できない」

当然である。原則を貫き、一歩も譲ってはならない。

また原口大使は、交渉相手の宋日昊について、こう評価している。

「大変よく日本のことを知っている。タフなネゴシエーターだ」

宋日昊vs原口幸市の直接対決は、昨年2月の日朝包括平行協議以来、1年ぶりとなる。

原口大使は宋日昊について、金正日政権中枢から権限を与えられた形で参加してくるだろう、との認識を明かしている。

しかし、先のエントリで述べたように、拉致事件に関して北朝鮮側で実際の交渉権限を持つのは、秘密警察=国家安全保衛部の高級幹部だ。今回のハノイ交渉にも必ず姿を見せる。

姜東権(カン・ドンゴン)、陳日宝(チ・ニルボ)といった本名不明の秘密警察高官が交渉の裏を取り仕切るものと見られる。
▽ハノイに現れた北朝鮮代表団(時事=AFP)
画像

ニュース映像を見ると、宋日昊の背後に、金日成バッジを付けた2人の北朝鮮当局者が映り込んでいるが、その中に秘密警察幹部が含まれていることはない。

正真正銘の黒幕である。

恐らく、平壌=北京=ハノイといった代表的な順路を辿らず、北京=香港=サイゴンなどの複雑な経路で極秘裏にハノイの北朝鮮大使館にやって来るものと見られる。

連中こそが、本当の交渉相手だ。

その一方で、日本側からは原口大使に公安関係の幹部が同行しているのか、どうか…不安要素は多い。

【日本側の交渉3段階対応とは何か】

麻生外相は3月3日、福岡市内の講演で、日本側が強い姿勢で交渉に臨むことを示した。

「拉致の話が進まない限り、1円も払うつもりはない。万景峰号の話でも(港を)開けるつもりはない」
▽講演での麻生外相:3日(NNN)
画像

拉致問題の進展がない限り、我が国が支援に乗り出さないことは理解されつつある。6ヵ国協議の合意直後に「バス乗り遅れ論」や「カヤの外論」で牽制した反日メディアも公然と支援開始を主張することは避けている。

さすがに北朝鮮寄りの姿勢は分が悪いのだろう。様子見の姿勢だ。

日経新聞の2日付け記事によると、実際の交渉過程で、我が国の対北ワーキング・グループは「3段階方式」で臨むという。

1:北が拉致問題を“未解決事案”とし、調査継続を認めた場合
追加制裁をせず、協議を続ける

2:具体的な進展が認められた場合
核施設凍結の対価としてエネルギー支援

3:拉致問題が解決に至った場合
国交正常化に応じる

日本政府が示している拉致問題解決の条件は3点。
「全ての拉致被害者帰国」「真相究明」 
「拉致容疑者の引き渡し」


いずれも遠い道のりに見える。中山恭子補佐官(拉致問題担当)も3日の講演で、やや悲観的な見方を示している。

「北朝鮮は今回も(作業部会で)『拉致問題はすべて解決した』という言い方を続けるだろう」

多くの北朝鮮ウォッチャーの見方もほぼ同じだ。この点でやはり、拉致問題解決は袋小路に入り込んでいると見ざるを得ない。

更に、拉致問題が危険水域に陥るのは、北朝鮮が突っぱねて来た場合だけに留まらない。逆もあり得る。

【サプライズこそ危険な兆候】

北朝鮮外交の特徴は、相手に予想外の衝撃を与えて動揺を誘うことだ。常にではないが、時折、そうした外交戦術を打ち出して来るケースがある。

北のサプライズ外交である。
画像

小泉訪朝では、曽我ひとみさんがサプライズに該当した。

小泉前首相サイドは、当日に拉致被害者何人か安否情報を出してくると事前に分かっていた。しかし回答には、日本政府が安否情報を求めていた被害者名簿に含まれていなかった女性の名前が登場する。

ソガ・ヒトミ

日本メディアも公表直後には人物特定が出来ず、カタカナで伝えていた…誰も想定していなかったのだ。

曽我さんを敢えて生存者の1人として名前を出してきたのは「他にもまだまだ拉致した日本人がいる」というサインだったと指摘されている。
▽安倍首相と面会した曽我みとみさん(2月25日)
画像

この展開に日本側は強いショックを受けた。そして、その後、北朝鮮のペースに引き込まれていったのは周知の通りである。

今回も同様の揺さぶりがあるとは考えられないが、決してゼロではない。「よど号」グループ関係者などで動きがある可能性も棄てきれないのだ。

【金正日の非情なチェスゲーム】

これまでの交渉で卑劣だったのは、9・17小泉訪朝以降、金正日が我が国に対し、自ら拉致した日本人を「駒」のように扱って来たことだ。例えるのも不愉快だが、拉致日本人を用いたチェスゲームのようである。

生存を認めた拉致被害者本人や、その家族を使って、非情なゲームを行ってきた。我が国がそれに応じてしまった事にも問題があるが、責めるべきは金正日の非道ぶりだろう。

現在、拉致問題は行き詰まっている。その一番大きな要因は、金正日が動かす「駒」を使い切ってしまったことにある。北朝鮮側が差し出す材料が底をついたのだ。

困った挙げ句に出してきたのがニセ遺骨だったが、いかんせんパンチ力が弱過ぎた。

こうした過去の交渉パターンを踏まえると、新たなフェーズで北朝鮮側が再びチェスゲームを開始してくる恐れがある。しかし、日本政府は絶対にそのゲームに応じてはならない。時間稼ぎに活用され、振り回されるだけだ。

日本サイドは、これまで金正日が行ってきた非情のチェスゲームを外交交渉の一環として捉えてはならない。
それは正に、人質を盾にした籠城犯の手法そのものである。

人質犯との交渉パターンを学んだ外務省の高官など、誰一人いないだろう。その意味で、秘密警察幹部が登場する裏の交渉では公安関係者による対応が望ましい。

元から真っ当な外交ではない。日本のマスコミも識者も、正常な外交ルールから外れた日朝交渉の事実を国民に知らしめるべきだ。

拉致をめぐる北朝鮮外交に応戦するには、イスラエルとパレスチナゲリラとの折衝が参考になる。かつてイスラエルはゲリラ側との交渉を有利に進める為に、拘束したゲリラ組織の幹部を「駒」にした。

人質交渉である。

もし、日本が取引材料になる北朝鮮関係者を拘束・逮捕していれば、恐らく拉致事件の解決は違ったものになっていただろう。例えば、外務省が慌てずに2001年5月に金正男を拘束していれば、充分に取引可能だった。
画像

実に、残念だ。我が国は千載一遇のチャンスを自ら手放してしまった…

朝鮮総連幹部の一斉検挙で、人質交渉を行うこともあり得るが、総連は現在では吉林省の朝鮮族と同レベルの扱いを受け、本国でもゴミ扱いされ始めているという。

総連の大物幹部を拘束しても金正日は“見殺し”にする公算が高い。有利な取引材料とは言えない趣だ。

では、どうすれば良いのか?少しばかりだが、交渉を前にした日本側の策が見えてきている。

【金正日謝罪発言のウソを突き崩せ】

3月4日付『産経新聞』は一面でスクープを報じた。実に興味深い内容だ。

『日本人拉致、総書記が指揮か 蓮池さん「直轄幹部と面識」』と題した記事で、蓮池薫さんが元幹部との面識を初めて警察当局に証言したという。

元幹部とは、日本人拉致を行ってきた北朝鮮の秘密機関「対外情報調査部」=35号室の責任者クラスで、具体的に姜海龍(カン・へリョン)元副部長という名前・役職名を挙げている。

2月22日に国際手配されたハン・クムニョンら2人の工作員の上司にあたる人物だ。
▽対日課ハン・クムニョン工作員
画像

更に記事は、姜海龍の浮上で警察当局は金正日が9・17日朝首脳会談で、金正日が拉致事件について「一部跳ね上がり」の犯行とした説明は虚偽性が強まり、金正日の指揮の下で行われたとの見方が高まった…と伝えている。

他社は後追いせず、産経のスクープ1本で打ち止めだったが、日朝交渉を前に、実にインパクトの強い記事だ。

金正日は拉致事件について「特殊機関の一部の妄動主義、英雄主義に走ったもの」と主張、関係者を処罰したと言明していた。

妄動=分別を欠いた行動(岩波国語辞典)

「わけが分からなくなる主義」という説明こそ意味不明だった…

これも産経1紙しか報じていないが、警察庁の漆間長官は3月1日の会見でも「35号室の関与は金正日の謝罪の基盤を崩すものだ」と語っている。

7日からの日朝拉致交渉では、これまでの捜査の積み重ねを元に、日本側が北朝鮮を追及、「拉致問題は解決済み」とする北の主張に対し、容疑者の引き渡しなどを改めて要求するシーンもあるのではないか…
▽5日ハノイに向け出発する原口大使ら(FNN)
画像

交渉の舞台裏は報道からもなかなか見えて来ない。しかし、警察の捜査手法が入り込むのであれば、そこに微かな希望を見出したい。北朝鮮に対しては通常の外交手法よりも、警察的な落とし方、攻め方が効果的だ。

新しい局面を求めるなら、日本代表団には「容疑者の引き渡し」で一点突破を図る策もある。

そして、何よりも以前のような支援をチラつかせる外交に立ち戻ってはならない。国際世論など気に懸ける必要は一切ないのだ。

堂々と正義を振りかざし、犯罪国家に挑め。


      〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

参考記事:
イザ!3月1日~「金総書記の謝罪崩れた」 指導員2人手配で漆間長官

イザ!3月4日~日本人拉致、総書記が指揮か 蓮池さん「直轄幹部と面識」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

なんとかしろ
2007年03月05日 17:30
在日朝鮮人全員と日本人拉致被害者交換といっても北は興味ないか?

日本にとっては一度で二度おいしい取引。そかし、北は日本に寄生している自国民を金のなる木としかみていない。日本に迷惑かけ、嫌がられているのを知っていても助けようとしない。北に連れて行って、強制収容所に入れてくれ。
ナルト
2007年03月05日 17:40
アネモネさん、こんにちは。
いつもながら丹念なる記事敬服します。
今回の交渉は難しくなりそうですね。
しかし、朝鮮総連の幹部どもは、北朝鮮本国からゴミ扱いされ始めたというのに、熱心に本国擁護の運動を展開して、日本人の恨みを増大させていますね。
いい加減北朝鮮に帰るなり、韓国に亡命するなりして、日本を汚すのはやめて欲しいです。
HOIDO
2007年03月05日 18:01
有りもしない核をちらつかせ世界を恫喝する。全世界は何故金の首を取りに行かないのであろうか。ヤクザ以上のヤクザ国。戦前の日本ならもっと出来たでしょうね。いざと言う時に米国は頼りにならない。核装備をして軍備を増強するしかないでしょうね。
こしあん
2007年03月05日 18:16
アネモネさん、皆さん、こんにちは。
アメリカは北のテロ支援国家外しに拉致の解決を絡めてきたそうですね。一方、日本の警察庁としては、拉致は一部の人間の仕業ではなく、金正日の直接の命令で行われたと認定するとか。アメリカの裏切りがなく、この線でいくなら、北がゼロ回答で突き進むのは困難だと思われるのですが。
梅昆布茶
2007年03月05日 19:40
アネモネさん、いつも勉強させて頂いてます。日本は政治家も害務省も、ええとこのボンボンの集団ですから、北朝鮮などのヤクザ国家に簡単に翻弄される様には、とにかくイライラさせられます。やっと最近になって多少錬度が上がってきたとはいえ、無能役人の面子のために待たされ、税金の無駄遣いされる国民はたまったもんじゃありません。いっそのこと、朝鮮人嫌いのヤクザの親分あたりに交渉させた方が、上手く解決が早そうだと思ってしまう。
反・反日
2007年03月05日 22:27
アネモネさん、いつも新しい記事を楽しみにしております。
北朝鮮がやってることは「ゆすり」「たかり」ですね。しかも相当のプロですね。
でも、それが許されちゃならんですよ。しかも「特殊機関の一部の妄動主義、英雄主義に走ったもの」だと?「はい。そうですか。」と納得すると本当に思っているのかな?何を寝ぼけたことを。。。笑いのネタにもならない。完全に舐められているとしか思えない。

極論かもしれませんが、中華思想の連中に舐められない為には、「核」を真剣に考えた方が良い。それだけで、充分な恫喝になると思う。

駱駝
2007年03月05日 23:49
拉致家族のことを想うと・・・・
言葉に表せないですよ。30年ですよ30年。
いつまで続くのでしょうねー!

戦後長きに渡る腑抜外交がそもそも今日をもたらしたのかなー。なんというか八方美人的外交じゃあなー。

冷静にみればやはり軍事ということになるわな! 核! これしか残ってないはナ最後は。

なんせ話の通じない国が何カ国も近くに陣取っておる。レイプが趣味だというような連中だしな。ヒョイと動かせないんだからどうにもこうにも。
神谷晃良
2007年03月06日 00:08
『過去の清算は必ず受け取る、在日弾圧も追及』『謝罪と保障必ず受け取る』朝鮮新報とか言う、朝鮮総連機関紙が主張しています。字数制限のあるこのコメント欄に、それ以上の言葉を引用するのは控えます。まるで餓鬼が発する様な言葉が並びます。当時としては公娼として、合法だった売春婦まで日本のせいにして、『謝罪と賠償』を集ろう(たかろう)としている意地汚い民族です。そんな奴等とどんな交渉ができるのだろうか?他人の遺骨を平気で送り付けてシラを切ろうとしていた糞民族のどんな言葉を信ずるのでか。時間と労力の無駄。そう考えざるを得無い気がします。完全なる拉致問題の解決とは一体どのような状態を指すのだろうか?朝鮮人の言葉や差し出してくる資料など信用できない。では軍隊(自衛隊)を突入させて一人一人調べます?死亡の確認。或いは生存していても、コテコテに洗脳されているであろう拉致被害者を、生きたまま全て奪還する事など果たしてできるのでしょうか?現実問題としては、その解決は極めて厳しい問題だとは思います。だからこそ日本政府も日本人もこれを高らかに掲げる必要があるのです。
神谷晃良
2007年03月06日 00:30
私個人の本音を言えば、北朝鮮など国交正常化するメリットなど感じません。『朝鮮人(中国人)とは関わるな』。『脱亜論』は正しかったと、今更ながらに福沢諭吉の見識の高さの驚かずには居られません。人のせいにばかりして、謝罪と賠償ばかり要求する、意地汚い民族に関わっていられる程、日本人は暇も余裕も無いのですよ。『朝鮮人と関わると負ける』。時間と労力が無駄になる。ホントに鬱陶しい奴等だと思いませんか?振り返れば、日清・日露・2.26から始まる軍国主義。全て朝鮮がらみです。日本人は朝鮮人と関わりを持ち始めて、如何ほどの血を流したのだろうか?『脱朝鮮』。過激な発想ですが、「卑屈卑劣卑怯な朝鮮思考の一掃」。今後日本人が掲げるべき国是の一つの様な気がします。
神谷晃良
2007年03月06日 01:07
昨日TBS、関口宏の番組で、朝鮮総連の日比谷野音占拠(合法、東京高裁お墨付き)と反日デモ報道が華麗にスルーされたのにがっかりしながら、家族で熱田神宮に参拝して来ました。車で一時間弱の距離です。私達は、伊勢神宮はしょっちゅう遊びに、もとい参拝に行っているのですが、よく考えたら地元と言うべき「熱田さん」には参拝して居なかった。以前から「行かなきゃね」と話合っていました。同じ神宮つながり。「お伊勢さん」程のスケールは無いですが、雰囲気はとてもよく似ていました。何故かは知らないですが、境内を歩くととても清々しい気持ちになります。参拝をして、くるっときびすを返すと、何かさっぱりした気分にさせられます。その境内で、あの(在日)朝鮮人達の『在りよう』を思い浮かべると、如何にこの国や、日本人の側(そば)に相応しくないか判ります。熱田神宮を訪れていた方々は、伊勢神宮を訪れていた方々より信仰心が厚い人が多かった様にも感じられました。日本人に、この「在りよう」を教えた方が神武天皇であるとして、朝鮮人にあの「在り様」を教えた者は、どの様な人物なのだろうか?
ごんべえ
2007年03月06日 06:56
新たなフェーズのチェスゲームは大いにあり得る。日本は、これに対抗するだけのスタッフを揃えているのだろうか?
いっそのことアネモネさんがスタッフに加わったらと思うが…このブログの読者諸氏もきっと賛同すると思う。
アサピー嫌い
2007年03月06日 12:24
今朝のニュースで、米朝交渉ではアメリカが北に対して、大変なおモテナシぶりだったそうだ。
金次官は、最高級料理を振舞われたり、ミュージカルを鑑賞したり、
終始ご機嫌の様子だったとニュースでは報じていた。
北に対し、「テロ支援国家」を宣言したアメリカのこの裏切りようは、いったい何なのだ?
いつのまにか優位に立っていた北朝鮮。
拉致被害者家族は、はらわたが煮えくり返る思いで見ているのではないだろうか?
2007年03月06日 13:33
>なんとかしろ様
直ちに交換したいですね。これまで北本国が受け入れなかった背景は、送金ですが、ホンネでは邪魔者三国人…
>ナルトさま
こんにちは。かなり難しい立場になりました。どういう策があるのが極めて憂慮せざる得ない感じです。
>HOIDOさま
ホントに9条さえなければ、直ちに我が国が鉄槌を下せたと思います。それよりも前に北朝鮮が暴走することなかったかも
>こしあん様
こんにちは。金正日一派の組織犯罪に落とし込むのは規定の路線と思われますが、初めて鮮明にしたようです。ただ北は強硬な態度で出そう。
>梅昆布茶さま
交渉者の顔だけ比較しても我が国はお上品…対する相手の人相はとてもマトモじゃない。ヤクザ国家には相応の脅しが効くと思われますね。
>反・反日さま
ここまで舐められては到底黙ってられない。米国が揺らぐなら我が国は再び核武装論で対抗軸を作るべきです。決して極論だとは思いません。
2007年03月06日 13:34
>駱駝さま
拉致被害者家族の高齢を考えると、今後の1年は、若い層の1年と違うのだと思います。これ以上、遅らせるわけには行きませんね。極端に走っても異常ではありません。
>神谷晃良さま
熱田神宮すてきですね。重要な神社です。国交正常化があるとしても、金正日政権である限りは絶対ノーです。まあ、国民も許しませんが…
>ごんべえ様
いやいや、情報を多少まとめているだけですので…それとは別に対北強硬派の論客は踏ん張り所で、共同戦線を張って国難に挑むべきと思います。
>アサピー嫌い様
どう甘く見てもライスに深謀遠慮があると思えません。国際社会に誤ったメーセージを送るだけです。裏切りが明確になる前に牽制すべきでしょう。

この記事へのトラックバック

  • 恐るべき日本の柔構造社会!金正日の拉致指令と朝鮮総連の集会

    Excerpt: 産経新聞が1面トップで報じた「日本人拉致、総書記が指揮か 蓮池さん『直轄幹部と面識』」というニュース、意外なことに他メディアがフォローしていない。ネットでもそれほど話題となっていないようだ。 一.. Weblog: 酔夢ing Voice - 西村幸祐 - racked: 2007-03-06 04:59
  • Fioricet plain pill.

    Excerpt: Fioricet prescription. Info on fioricet abuse. Fioricet. Fioricet c.o.d.. Cheapest fioricet. Weblog: Fioricet online. racked: 2008-10-29 08:46
  • Zoloft.

    Excerpt: Zoloft common side effects. Zoloft and alcohol. Generic zoloft. Zoloft. Weblog: Side effects of zoloft. racked: 2008-12-17 19:36
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 日朝拉致交渉の非情…将軍のチェスゲームに応じるな 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Tessi grein var skrifud nakvamlega Hins vegar, ef tu vilt.. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 21:58