独裁者と対話する狂気…ゴールは金正日の強制排除

米朝の雪解けムードが演出される中“日本孤立論”が不気味に台頭しそうだ。だが、誤りは独裁者を対話相手と認めたことにある。何度も再燃する危機に終止符を打つのは、金正日の排除しかない。
画像

ビル・クリントンは報告を聞いて震えあがった。

1994年5月19日

リポートしたのは米統合参謀本部シャリカシュビリ議長、在韓米軍総ラック司令官、そしてペリー国防長官。

朝鮮半島で戦争が勃発すれば、北朝鮮はソウルに向け12時間内に5,000発の砲弾を浴びせる。

最初の90日間で米軍兵士の死者は5万2,000人。韓国軍の死傷者は49万人。最終的な犠牲者数は100万人を超え、その中には8万人から10万人の米国人も含まれる…


核関連施設へのサージカルストライクを検討していたクリントンは、報告を受けて姿勢を180度転換させる。

対話の模索だ。

そして、6月15日、特使のカーター元大統領がDMZを越え、平壌に入る。
▽板門店を越えるカーター元大統領(CNN)
画像

第二次朝鮮戦争をギリギリで回避させたカーター訪朝である。

翌16日、米東部時間午前

クリントンを含む米中枢の要人は、テレビにかじり付いていた。CNNの衛星中継を見る為だ。

画面に登場したカーター元大統領は、金日成がIAEA査察官の駐留継続に合意し、使用済み核燃料の再処理凍結を約束したことを明かす。ライブでのインタビューだった。
▽金日成とカーター元大統領
画像

危機は一瞬にして去り、米朝枠組み合意へと加速する。

ベーカー元国務長官は「北朝鮮の脅しに対してパニックに陥った」と痛烈に批判するが、クリントンは100万人の命を救ったことになる。

そして平壌に乗り込んだジミー・カーターは8年後の2002年にノーベル平和賞を授賞。キューバ訪問や北朝鮮訪問など「平和の使者」としての高い評価が受賞理由だった。
▽カーター・金日成会談94年6月(CNN)
画像

カーター訪朝が、推定100万人の犠牲者回避につながったことに異論はない。だが、その先に大きな悲劇が起きた。大惨事である。

米朝枠組み合意の翌年にあたる95年から98年にかけて北朝鮮国内では大量の餓死者が発生。その数は300万人にのぼると見られている。

100万人と300万人。

米朝激突で想定された100万人の犠牲者数には北朝鮮側の死者数は含まれず、軽々しい比較はできない。だが、ノーベル平和賞を頂戴して誇らしげなカーターの笑顔を見る時、そこに強い違和感を感じざるを得ない。

国際社会は、300万人を見殺しにしてしまったのではないか?

もし、94年の段階で金日成・金正日親子の排除を決行し、成功していたならば300万人の犠牲者は生み出されなかったのではないか?
▽カーター元大統領:昨年12月(AFP)
画像

果たしてカーターは多くの命を救ったのか、それとも…

【壮絶な300万人餓死説の根拠】

1990年代、日本はバブルの宴が去った後の湯冷ましのような世相に覆われていた時期。その頃、日本海の向こうで壮絶な飢餓地獄が続いていたことを想像するのは容易ではない。

300万人という膨大な餓死者の数に、統計的なデータの裏打ちはない。最高位脱北者・黄長ヨプ氏が示しているのは、350万人だ。

その中で確実なのは150万人で、それは黄氏が平壌で朝鮮労働党幹部から聞いた犠牲者数である。

95年…党員5万人を含む約50万人の死亡確認
96年…11月の時点で約100万人の死亡確認


黄氏は97年2月に亡命した為、その後の犠牲者数は直接確認していないが、報告をあげた党幹部は97年・98年で合計200万人が餓死するとの見込みを示していたという。

合わせて350万人という膨大な餓死者の数に対して、韓国では「誇張だ」「亡命者の言うことは信じられない」という声が巻き起こった。しかし、別の調査でもそれに近い犠牲者数が弾き出されている。

韓国のNGO「同胞助け合い仏教運動本部」は、中朝国境で難民1,700人から聞き取り調査を実施。1万人のサンプルを集めた結果、栄養失調などによる死亡率は実に28.7%に上ると判明した。

3人に1人という恐ろしい数だ。
▽栄養失調で保護された子供たち
画像

更にその数値を、総人口2,200万人から軍人・警察・農民など“安全圏”の900万人を差し引いた1,300万人に当て嵌めると、餓死者数は370万人。黄氏の350万人説と近い人数となった。

ただし現在では98年の餓死者はやや軽減したと見積もられて黄氏も下方修正し、餓死者数は約300万人の定説となっているようだ。

完全なデータが得られるのは、北朝鮮の体制変換が行われた後になるが、重要なのは大量の餓死が仕組まれたものだったことだ。

【同胞大量殺人の主犯・金正日】

1993年、日本は冷夏に見舞われ戦後最悪のコメ不足に陥った。いわゆる平成コメ騒動だ。同じように朝鮮半島の各地も冷夏で作況が落ち込んだ。翌94年、北朝鮮では干ばつが発生。食糧不足の下地が出来つつあった…

そして95年、北朝鮮は水害に見舞われる。大規模な洪水が各地で発生し、作物は壊滅的な被害を受けた。これが飢餓地獄の引き金となる。

危機的な状態について北朝鮮は当初「共和国に対する悪質な誹謗である」と強弁していたが、やがて世界に向け救援を訴えかける。

各国からの食糧支援が行われ、我が国からも50万トンのコメ支援が実施された。加藤紘一が暗躍した援助活動である。

ところが合計100万トンの緊急食糧支援は実を結ばず、実際には翌96年に100万人単位の餓死者を出している。送られた食糧は何ら有効に使われなかったのだ。

その理由が徐々に明らかになる…
画像

中央政府は食糧配給において1995年と1996年に、政治的理由でいくつかの恐ろしい決断を行っている。第一には、東側の港への全ての食糧輸送を中止したのである。第二には、状況証拠しかないものの、1996年の悲惨な収穫の直後に、北東部以外の地域にも一時的に公的配給制度を中止したと思われるのだ。
アンドリュー・S・ナチオス著『北朝鮮飢餓の真実』290頁

ここで鍵になるのが「出身成分」「配給制度」という北朝鮮の特殊事情だ。冬季は極寒の地となる東北部には、敵対階層にあたる国民の多くが押し込められている。彼らが頼りにするのは当局からの配給のみだった。

金正日はその時、悪魔的なアイデアを思いつく。自分に敵対する国民の抹殺だ。

チャウシェスク大統領夫妻が処刑されて以来、金日成・金正日親子は、自国民の叛乱に極端に怯えるようになっていた。ルーマニアと同様、北朝鮮国内にも独裁体制を恨む人民が一定の割合で存在する。

動揺階層・敵対階層と呼ばれる国民だ。

金正日は、食糧危機を乗り切ると同時に、これらの敵対階層に打撃を与える奇策に打って出る。手段は簡単だ。配給をストップさせれば飢えて死ぬ…

計画的な大量殺人であった。金正日による“餓死殺人”とも呼ばれるものだ。
画像

ヒットラーの虐殺は別の民族だったが、金正日のケースは、ポル・ポト同様、同じ民族による大量殺人だった。共産主義というシステムは、かくも酷い独裁者を生み出すものなのか…

朝鮮総連は沈黙しているが、東北部一円には日本から帰国した元在日朝鮮人が多く押し込められていた。そして連れて行かれたままの日本人妻も多く含まれていたと見られている。

3・3反日集会でも総連関係者は“弾圧”などと喚きながら、金正日崇拝を前面に打ち出していたが、実際には、飢え死にさせるという大弾圧を行ったのが、金正日だ。そこで“人権”という言葉は余りにも空しい。

歴史にifはないが、もし94年の段階で、国際社会があらゆる手段をもって金親子の独裁体制を追及していれば、少なくとも計画された飢餓地獄は起こり得なかったのではないか?

【ゴールは金正日体制の終焉】

6ヵ国協議の2・13合意に根本的な誤りがあるとすれば、それは金正日を対話の相手と認めたことだ。米国務省は94年、そしてオルブライト訪朝に至った2000年と同じ轍を踏もうとしている。
▽訪朝したオルブライト国務長官(当時)
画像

国際社会は冷静に北朝鮮という国家の欠陥部分について改めて考えるべきだ。

金正日は対話の相手ではなく、排除目標である。

独裁政権を叩き潰さなければ、北朝鮮問題は幾度となくぶり返されることになる。それは94年、または2000年の経験から導き出された結論だ。

これまでの安易な対話は、その場しのぎでしかなく、北朝鮮問題を根底から覆すには至らなかった。自明のことだ。深刻なトラブルの殆ど全ては金正政権が生み出したものである。

恐らく、今後の6ヵ国協議で、我が国の独自のスタンスが鮮明になる場面が見られるだろう。
画像

なぜ他の4ヵ国と温度差があるのか?

「日朝間には拉致問題というトゲが突き刺さっているから…」とするのは余りにも表面的だろう。

日本人が見出したのは、拉致問題の背景にある金正日政権の邪悪な性質だ。拉致事件というショッキングなフィルターを通して、政権の本質を多くの国民が垣間見たのである。

知ってしまった、という表現の方が正しい。

翻って他の4ヵ国はどうか?

米国民は政府の調査能力に比べて、余りにも知識が乏しく、関心も薄い。ロシアはそれ以下で、極東の小さな国はアナザー・ワールドだ。中共は政府の情報コントロールで、本質どころかアウトラインについても北朝鮮の事情をしらない。

唯一可能性があるのは韓国で、伝統的に北朝鮮の暗黒体制について学んできた。実際に矛を交えた兵士も存命中だ。しかし、太陽政策によって意図的にダークサイドは隠され、逆のイメージが築かれている。

この各国の温度差が、そのまま交渉担当者の姿勢として、協議のテーブルに反映されているのだ。

果たして、国民の声を背にした我が国のスタンスが愚かだと言えるのだろうか?

決して愚かでもなければ、“強硬”などでもない。

邪悪な政権にNOを突き付けることは、それが本当に危険な連中であるが故に勇気のいる行動だが、賞賛されるべき態度だ。「核の放棄が最優先だ」としたり顔で論じる者もいる。しかし問題はあくまでも、核開発を推進した金正日政権の性格である。

「核」とは金正日のドレスケースにある1着の衣装に過ぎない。

独裁政権が巻き起こした危機を完全なセーフティー・ゾーンに引き戻すには、独裁者本人を強制的に排除する必要がある。
画像

ここで我が国が強く主張しなければ、北の邪悪な体制は再び温存されてしまうだろう。当面の事態打開の為に、怪物と取引する事こそ愚かだ。

金正日体制にピリオドを打ち、恐怖支配を終焉させる。

それがゴールだ。

関係国が日和見的な態度を示しても、我が国は最後まで堂々と悪に闘いを挑み、意志を貫徹しなければならない。そこで最も頼りになるのは日本国民の声なき声だ。


      〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

参考文献:
アンドリュー・S・ナチオス著『北朝鮮飢餓の真実』(扶桑社)
島田洋一著『アメリカ・北朝鮮抗争史』(文春文庫)
黄長ヨプ著『金正日への宣戦布告』(文藝春秋)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

じょーい
2007年03月13日 17:54
独自の(強力な)国防体制が整っていない国の声は通り難いのでしょうか。
日本は、総力を挙げて北朝鮮の共産主義体制を崩壊に導かねばなりません。アメリカ、ロシア、中国はしたたかに様子を伺っています、日本が負けるか北朝鮮が負けるか。
この幕の終演が近づいていることは、国内での運動激化やアメリカでの反日騒動が物語っています。
我が国は天皇制護持と同様、戦後最大の危機に瀕しております。
国民よ、今覚醒しなければ日本はなくなってしまうかもしれないのです。一刻も早く目覚めなさい。
ホイド
2007年03月13日 18:00
まさに仰る通り金の首を取りに行くしかないでしょう。しかし我が政府は昨日の報道の通り、安倍(もはや見損なったので敬称は略)は従軍慰安婦問題で謝罪を行い、特亜は喜び勇んでいる。おそらく安倍も米国の心変わりに追従して又北の悲劇を先送りしようとしているように思える。米国は何と邪悪な国家なのであろうか。本日はあまりにもショックが大きい一日であった。
蓮華
2007年03月13日 18:17
「戦争は外交の一手段であり、一定以上の軍事力を所持していない国家は外交が未成熟であると同義。軍事力を強化して初めて一人前の国家と成り得るのだ」西村眞吾議員が著書でこの様な事を言っていました。その通りだと思います。国民の意識を変え、目先に迫った犯罪国家に備えなければ、永遠に続く恫喝からは逃れられないのではないでしょうか。
fuyuneko
2007年03月13日 18:30
蓮華様

まったくの同感です。いったい何時まで我々をイライラさせる気なのでしょう?憲法がない国だってある。いっそのこと廃憲にしてしまえ!
阿倍心臓
2007年03月13日 20:09
さあ、謝罪したぞ! 慰謝料は南の同胞に預けてあるから遠慮なく受け取ってくれ!! 次はお前が拉致被害者を帰す番だ!!! さあ、早く返してくれ!!!! 
ごんべえ
2007年03月13日 22:17
確かに日本ほど北朝鮮を正しく認識している国はない。そして、金正日を強制排除しない限り問題は何ひとつ解決しない。
日本にはそのことを世界に知らしめる義務がある…これから餓死させられる北朝鮮人民のためにも。
駱駝
2007年03月13日 22:45
阿倍はん!へんに謝罪するから相手は喜んでるし大きく採り上げるし。ますます嵩にかかってきよりますわ。ため息が出ますわ、ほんま。
阿倍/麻生体制で歯止めが出来ないと・・。

 ワシのような頭の悪いアホでさえ とーの昔から思ってました。 「最強の軍事力がものを言う」と。

慰安婦・南京問題にしても シナ(系)の団体がスクラムをくんで情報戦仕掛けているわけだから こちらも負けじとやらなきゃいけないんじゃないの。
異常な状況にあるわけだから。

ワシは知りたい! 核武装の支持はどの程度か。 是非とも知りたい。






fuyuneko
2007年03月13日 23:03
NHK安倍首相コメントですが、大騒ぎになってますね。どう解釈するか?とにかくあれは中共工作であり、日米を切り離す工作ですよね?ここでつっぱねて、誤解が誤解を生んでいる米国メディアに火に油を注ぐことをして国民に火をつけられたら、それこそ思う壺。訪米までは適当に交わして、大統領会談で、「あれは売春婦です。」と言ってくれないですかね~。やはり外務官僚とかが動いてももうダメみたいなので。ここは首相が代表して訪米時にトドメを指す。

そうなってくれないかな~。

それにしても、河野洋平はあまりにも卑怯だ!
神谷晃良
2007年03月13日 23:15
批判を恐れず自身の思う所を述べます。私は、アネモネさんとは、全く意見を異にします。何故、自国民を何百万人も意図的に餓死させる為政者(金日成、金正日)を、他国民の日本人である我々が、「金政権打倒すべき」と考えなくてはなら無いのですか。所詮は、内政問題では無いですか。『謝罪しろ!反省しろ!賠償しろ!』と、強請りたかって来る、意地汚い見苦しい民族を、自ら何百万人と減らしてくれたのじゃ無いですか?日本人の私からすれば、金日成様様です。これは、いつまでも在日朝鮮人の傀儡であるサヨクに、牛耳られている日本人自身にも言える事ですが、自らの力で体制なり、国の在り方なりを変えられぬ民族・国民が悪いのですよ。日本人は、金政権によって餓死させられた何百万人の北朝鮮民族を悼む必要など無いです。為政者も民衆も、所詮はその程度の能力しか持ち合わせていない民族なのです。脳無火病もとい、盧武鉉擁する韓国も同様です、もうじき二回目の経済破綻です。朝鮮人に独立国を運営する、能力は無いと見ます。
あらら
2007年03月13日 23:45
↑ネット中毒者の表れです
現実と妄想の区別がつきません
実力と無能の区別もつきません

管理人様板汚し失礼しました
アホは無視して頑張ってください
神谷晃良
2007年03月14日 00:23
>あらら様
願わくば、実力とか無能とかの区別の付け方を教えて頂ければ幸いです。
餓死させられた何百万人の北朝鮮民族が痛ましい。だからと言って、金政権打倒しても、次の為政者は、盧武鉉か第二の金日成が現れるだけの様な気がします。政権打倒しただけで、後は知らん顔なんてできますの?日本国民の税金から何百億円何千億円何兆円と復興援助しますのか?それをやりたいお国は、お好きにどうぞ、と言うだけです。日本人がそれに加担する事は、何十年後かに、朝鮮民族から「第二の朝鮮植民地化」位に言われるだけでしょう?と考えるだけです。あらら様こそ、他人意見のあら捜しなど為さらぬ様。こっちも、批判を受けるのは承知の上で書いています。私自身も、完全に正しいとは思えてはいないです。
豆鉄砲
2007年03月14日 01:01
付き合い方の問題なんですよね。日本が経済力に見合う軍事力を持ち、圧倒的な武威で拉致被害者を返還させ、南北朝鮮人を日本から追い出して一歩も入れなければ、南北朝鮮には存続してもらった方が都合が良いし、必要なら軍事的互恵関係を結んでも問題ありません。

とりあえずF22を軽く100~150機欲しいと思っています。2兆円必要で、遺棄科学兵器処理を断ると丁度2兆円です。F22を150機持って交戦権を回復し、まだ返さなければドンドン軍拡、核武装、さらに投下。当事者がこのぐらいの覚悟を示さないと、アメリカもそのうち切れますよ。もう半分切れてますけどね。
ラプターファンの神谷晃良
2007年03月14日 01:18
>豆鉄砲様、
F-22に関して、禿げ上がる程同意します。2兆円でいけますの?パチンコ税の課税強化でいけませんかね。書き逃げみたいで恐縮ですが、もう寝ます。おやすみなさい。
元空自仕官
2007年03月14日 01:58
お詫び・脳ミソがバーチャル過ぎる方が居るので、低次元、且つ、不適切なコメントをお許しください

国家の定義 国民の生命と財産を守る...
ご自身の家族や大切な人が拉致された場合、現実を直視してみましょう。金正日政権をほっとくような国家、同胞[考え]ではいけません。
めっ!戦争はゲームじゃありません!

国家間における拉致被害者が存在することは 戦争中と同等であります。掲載記事のとうり、金政権打倒は 我が国の立場として正論の見解です。



北之茂良助
2007年03月14日 03:32
北核は、体制維持ためのもの。
これじゃ、思惑通り…。

「孤立孤立」がどこからの工作かは存じませんが、わが国だけでも毅然とした態度でいなければ。


まあ、こんなアフォやってて核問題進展するんでしょうかね。北とともに殲滅でいいんじゃないですか?
「政府、「現金禁止」原則破り北の要求に40万ドル支援」(中央日報)
かず
2007年03月14日 06:30
金政権を他の国が倒してもまた同じことになると思います。誰かが取って代わるだけ。民族の意識の中に『みんなのため』が生まれなければ、自力で国を作れなければいつまでも問題は解決しません。同じ民族の韓国や在日が活動すれば良いと思うが頭のレベルが北と同じなので難しい。中国もそうだが反日してる場合じゃないよ。外国は精神的に成熟していない。日本人のところに来るまであと何世紀待つていればいいのかね?
じょーい
2007年03月14日 10:06
>神谷晃良さま
ご説ごもっともなところもあります。
確かに北朝鮮の国民が何万人飢えて死のうがあくまでも内政問題であり、他国が介入すべきことではないと思います。
しかし、この共産主義体制を叩き潰さなければ我が国の安全保障は常に危機に晒され続けることになるため、崩壊に導けと書いたのです。もちろんこの背後には支那が連なってきます。支那もろとも壊滅に追い込めれば一番いいのですが。
しかし、丸腰というのが何とも痛いです。
キラーT細胞
2007年03月14日 15:22
>神谷様、豆鉄砲様
残念ながらF22を幾ら購入しても、威力は発揮出来ませんよ。何故なら、我が自衛隊のレーダーサイトが殆ど無防備だからです。一朝有事の際、ここを破壊されたらどうなるかは説明不要でせう。
思ふに、我が国は豊かになり過ぎたのです。だから今なほ世人は物事を本気で考へようとしない。前にも書いたかと存じますが、御隣さんからミサイルが飛んで来るか、それに匹敵する出来事が起きない限り、日本は目が覚めませんね。悲しい事です。
神谷晃良
2007年03月14日 21:48
今北産業、意味知らない。私は、未だこのページから動けません。仕事しながら一日中考えていました。イラクフセイン政権打倒を掲げて、実行したアメリカブッシュⅡ政権はどうなったのか?イラクはより良くなったのか?北朝鮮金政権に対しても、同様な気がして仕方が無いのです。(北)朝鮮民族自身が、その「あり方」を変えぬ限り、自ら「心を入れ替えぬ限り」いつまでも変わらないと思うのです。金正日や盧武鉉と同じ様な者が次の為政者になるだけ。「韓国が今の様な状況にあるのは、(400年以上前に)豊臣秀吉が攻めて来たからだ。」と、能無火病もとい、盧武鉉大統領が平然と発言する民族です。何もかも日本人のせい。朝鮮民族に対する、善意や譲歩、施しや援助は尽く『無駄』否それ以上『仇』『ブーメラン』として返す民族です。だから日本人は、これ以上絶対に、あの民族に関与してはダメだと思うのです。しかし、その「あり方」が問われているのは、日本人自身も同様だと思います。
ネット中毒、バーチャル脳の低脳の神谷晃良
2007年03月14日 22:15
キラーT細胞様が、いみじくも語られています。「>F22購入しても、その威力を発揮できない」。別の意味で同意します。日本人自身も、その「心の在り方」「日本人の在りよう」を変えぬ限り、たとえラプターを得ようが核を手にしようが、(それらを持つ)意味が無い、と思うのです。朝鮮人や中国人に「どうせ、日本人には核は撃てない。その兵器は使えない」と見透かされる様ではダメだと思うのです。『日本人は、本当に核を撃ち込んで来るかも知れない。それを使うかも知れない。』とビビらせてこそ、初めて核やその他の装備を持つ意味があると思うのです。私が、口を極めて、朝鮮人や中国人を悪し様に罵っている理由もそこに有ります。日本人として怒りを露わにする。「波風、嵐を呼び起したい」、のです。しかし、>お隣さんから、ミサイルが飛んでくるか、それに匹敵する出来事が起きぬ限り、日本は目が覚めませんね。悲しい事です。諦めちゃダメです。諦めたらそこで終ります。ミサイルが飛んでくる前に、何とかする!個々の志ある日本人が、でき得る範囲内で、最大限努力する!何とかなる様な気がして仕方が無いです。

この記事へのトラックバック

  • 金正日後の北朝鮮――各国の本音(日経コラム)

    Excerpt: 日経のオンラインに「NET EYE」というコラムがあって、結構気に入っている。一ヶ月に一度しか更新しないのが残念だけどね。今月の題目は金正日後の北朝鮮――各国の本音(日経)であった。更新日時が3月12.. Weblog: 3番目の落書き帳 racked: 2007-03-15 08:26
  • 食料危機!!世界的に悪化の懸念 需要急増や環境問題で

    Excerpt: <食料事情>世界的に悪化の懸念 需要急増や環境問題で5月3日19時36分配信 毎日新聞 世界の食料事情が大きく悪化するのではないかとの懸念が広がっている。中国などの経済成長や発展途上国の人口増で食料需.. Weblog: ブログアフィリエイト!!自由のブルース racked: 2007-05-04 00:38
  • Hydrocodone.

    Excerpt: Hydrocodone. Weblog: Hydrocodone. racked: 2008-10-31 01:00
  • Wife sucks horse cock.

    Excerpt: Horse cock sucking. Horse cock in women. Black horse cock. Weblog: Blowing a horse cock. racked: 2008-11-30 11:38
  • Sugar daddy scrapbooking kits.

    Excerpt: Sugar daddy for me. Sugar daddy scrapbooking kits. Meaning of sugar daddy. Be my sugar daddy. Sugar .. Weblog: Application sugar daddy. racked: 2008-12-03 10:10
  • Ephedrine.

    Excerpt: How to remove pseudo ephedrine. Weblog: Ephedrine effects. racked: 2008-12-03 23:18