中共海軍・国産空母の衝撃…シーレーン防衛危うし

国産空母の建造計画を中共が遂に認めた。赤い星マークの空母は何を狙うのか?それは我が国のシーレーンを脅かし、東アジア海域の軍事バランスを激変させる新たな脅威だ。
画像

国会に相当する全人代が開かれる中、中共では国威発揚を狙った不敵な計画が相次いで発表されている。

11日までに国防科学技術工業委員会は中期的な宇宙計画を示し、5年後の月面着陸を打ち出した。本格的にシナ人が月を荒らし始めることになりそうだ。

計画によれば、年内にも月面を周回して撮影を行い、土壌を分析。2012年に月面着陸を実現させるという。最終的な目的は、ウランなど資源を手に入れることだと見られている。

中共の資源パラノイアここに極まれりといった感覚だ。

また米誌ニューズウィークが先月報じたところによれば、中共は4月にも月に向けた人口衛星を打ち上げるという。狙いは月面に存在するヘリウム3の採掘、獲得だとしている。ヘリウム3は核融合発電の燃料となる物質だ。

計画の実現には月面掘削機の開発など高いハードルがあり、膨大な資金と技術開発力が必要とされるが、専門家は「不可能ではない」と指摘する。

このまま中共の体制が温存されれば、人類は月面に五星紅旗が突き立てられ、無惨に表面が掘り返される光景を目の当たりすることになる。悪夢のようだ…

1月の衛星攻撃兵器(ASAT)実験に続き、宇宙空間をも脅かす中共の覇権主義は、この先、更に鮮明な姿を現すことになるだろう。

その一方で、中共の海洋覇権も着実に足場固めが進められている。これこそ、近い将来の確実な脅威だ。

【ついに中共が空母建造を公式表明】

「関係部門が全体状況を総合的に考慮し、真剣に検討する」

3月8日の記者会見で中共外交部の秦剛副報道局長は、国産空母の建造計画を初めて公式に認めた。
▽会見する秦剛8日(NHK)
画像

これは7日付けの香港紙『文匯報』の報道を受けての返答だった。『文匯報』は、中共海軍中将の話しとして、中共初となる空母保有に向けた研究開発が進行中で、2010年までに完成する見通しを明らかにしていた。

空母保有は中共の海洋戦略を劇的に変えるものと見られてる。仮想的国である我が国は、最大限の警戒を抱き、海上防衛を抜本的に見直さなければならない。

『文匯報』に語ったのは、全人代に出席している中将で匿名を条件に明かしたという。空母が完成すれば、台湾・尖閣を含め、東アジアの軍事バランスに大きな影響を与えることになる。
▽7日に報じた『文匯報』(NHK)
画像

匿名の中将は、中共の海洋覇権を危惧する声に対して、こう言い切ったという。

「外国に干渉する権利はない」

『文匯報』は中共系の香港紙だ。7日の報道を受けて、空母保有を公式表明する段取りが整えられていたと考えられる。全人代を強く意識した国威発揚の一環だ。

外交部の秦剛も会見で開き直り、恫喝するような発言をしている。

「中国は広大な周辺海域を抱えている。海上の安全と領海の主権、海洋権益の保護は軍の神聖な職務だ」

何が神聖な職務か…東アジアの海域を「戦争の海」へ変えようとしているのが、現在の中共だ。

3月4日に公表された2007年度の中共の軍事費は、前年より17.8%増加した約3,500億元、日本円にして約5兆4,000億円にのぼっている。実に10年以上に渡り2ケタの伸びが続く。

しかも武器購入費など重要項目が除外されていて、軍事費の総計は公表された数字より遥かに巨額と見られている。
▽講演での中川政調会長2月26日(NNN)
画像

先月、中川昭一政調会長が中共の軍拡に強い懸念を示したが、この発言を受けて中共外交部の秦剛は28日の会見で、こう放言していた。

「中国の脅威を絶えずわめく本当の目的は何か聞きたい」

異常な軍事費の伸びと不透明性が脅威でなくて何か?それを言うならば、日本のメディアが脅威をわめかない真の目的は何なのか問いたい。

このまま中共の軍拡を放置しておけば、必ず我が国にとって危険な状態が出現する。それは東アジア全体のパワーバランスに不安な影を落とすものだ。

取り分け警戒しなければならないのが、今回、保有宣言が行われた中共初の国産空母が醸し出す脅威だ。

【艦載機大量購入の謎が解けた】

数年前の中共軍の内部文書では空母について、こう書かれていたという。

「中国は2020年までには空母を保有する」

実際は違った。それよりも10年早い2010年に空母が登場する公算が高まってる。これだけを見ても異常な軍事増強・近代化のスピードが理解できる。

これまでも中共はウクライナから旧ソ連の空母「ヴァリヤーグ」を購入するなど海軍力に空母を組み込む野心を見せていた。

オーストラリアから買いたたいた「メルボルン」や旧ソ連製「ミンスク」「キエフ」の3隻はスクラップ同然の老朽艦だった。しかし、カジノ・ホテル用だとして運び込んだ「ヴァリヤーグ」は新たに艤装し、練習艦として活用することがほぼ明らかになっている。

それらは国産空母製造、保有を睨んだ布石だった。

中共が建造を進める空母はどのようなものか?

シナ国内のサイトに掲げられていた空母のイメージ図がある。誰が何の資料を基に描いたものか不明だが、様々なページに転載されている。
▽国産空母イメージ図(中國評論新聞網より)
画像

飛行甲板はストレート形状で、カタパルトは2基。エレベーターは4基とする情報もある。

艦載機の有力候補は、ロシア製の艦上戦闘機スホーイ33(SU33)だ。ロシア空軍の主力戦闘機SU-27に装備を追加し、主翼・尾翼を折り畳めるようにしたものだ。

昨年11月、中共軍がスホーイ33を最大で50機、約25億ドルで購入することが判明。防衛庁(当時)は事実関係の確認を始めたとと耐えられた。空母と密接に絡んだ艦上戦闘機である。
▽スホーイ33
画像

その際、スホーイ33購入の意図は明確ではなかったが、今回、中共が空母保有を公式に表明したことで、現実の脅威として浮かび上がることとなった。

参照:イザ!11月6日『進む中国軍近代化 艦上戦闘機調達へ露製50機 空母計画に関連か』

では、中共初の国産空母は、どこに向かうのか?

【国産空母が睨む海域はどこか】

沿岸海軍から近海海軍への転換…中共海軍の増強は、台湾有事での優位性を睨んでいる。また沖縄海域を直接威嚇する要素もあるだろう。

中共海洋戦略を推量する時、第一列島線・第二列島線の概念が重要となる。その中で、国産空母の完成は、第一列島線内の覇権確保を意識したものと考えられる。
▽第一列島線・第二列島線(ウィキペディアより)
画像

計画では2010年までに第一列島線に強固な防衛線を敷くことを想定しているようだ。空母完成の時期は見事に符合する。

狙いは、恐らく台湾ではない。

空母の軍事的な性格は、紛争発生地への緊急展開能力にある。そして、米海軍が頻繁に行うような係争地への威圧行動だ。

最初の国産空母が何処を母港とするかで、おおよその目的がハッキリするが、海南島の可能性が高いのではないか。海南島の三亜ではバース工事が進み、受け入れ態勢が整いつつあるとも伝えられる。

そこに配備されるのは艤装が終わった「ヴァリヤーグ」と見られていたが、実際には国産空母の母港となるのではないか。

国産空母は、南シナ海に睨みを利かすだろう。だが、現実には「睨み」などといった生易しいものではなく、中共は南シナ海の制圧を意図していると考えられる。

南シナ海には、フィリピンやマレーシア、ベトナムが領有権を主張する南沙諸島(スプラトリー諸島)が存在する。中共は一部の島に建造物を造り、着々と実効支配を進めている。
画像

その南沙諸島に最も近い中共海軍基地が海南島だ。空母の展開能力を考えれば、そこに配置するのが最も“効果的”だろう。

更に、尽きない不安要素がある…

【日本のシーレーン防衛が危うい】

南沙諸島は地図で見る限り、ボルネオ島の北、バラワン島の西に点在している。

しかし、中共が主張する領海は更に南に広がっている。

中共政府の公式サイトに掲げられている地図をよく眺めると、茶色で示された国境線はブルネイの南西にまで伸びていることが判る。
画像

その一番南に「曽母暗沙」という文字が読み取れる。

聞き慣れない名称だ。暗沙とは岩礁ですらなく、海底に存在する岩山を示すらしい。中共は、この海面下の岩を自国の“領土”と主張しているのだ。

気が狂った国だ…

これによってボルネオの沿岸までも領海と主張、マレーシアと領有権争いをしているという。そして、この異常な海の国境線は、上記の第一列島線と重なり合う。

つまり、計画通りならば、中共は2010年までに、このエリアも支配下に置く算段だ。空母保有はそこまで計算したものだろう。

中共海軍は南シナ海全域の制覇を目論んでいる。

我が国にとっても非常事態だ。南シナ海の南部は、マラッカ海峡から続くシーレーンの要である。そこが脅かされて有事となれば、大打撃を受け、一瞬にして死活問題が発生する。

中共は無駄な兵器にカネを注ぎ込むような真似はしない。空母を完成させたら必ず最大限活用してくるだろう。そして中共の軍事プレゼンスは一気に高まる。

海自が太刀打ち出来る相手ではなくなる…

国産空母の進水が予定通り3年後であるのならば、我が国に与えられた時間は余りも少ない。


      〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

参照:
『中國評論新聞網』

『文匯報』3月7日該当記事

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

蓮華
2007年03月12日 06:01
海軍力に力を入れているとはいえ、支那の成金趣味のような軍拡・一夜漬けの演習でいきなり世界の海軍列強国に挑むとはあまりにも浅はかかと・・・支那は虐殺や騙し討ちのような一方的に自分達が有利だったり、卑怯な手口は得意ですが、正面きっての喧嘩はどうなんでしょうね?彼等の全く進歩の無い4000年の歴史からも侵攻戦は得意のように見えないのですが。
豆鉄砲
2007年03月12日 06:47
カタパルトでフランカー打ち上げられたら16DDHにスキージャンプ付けても無意味ですね。私も皆さんもいよいよ生殖能力を奪われてシナ人の奴隷になり、臓器を摘出されて生きたまま焼かれるか、人体の不思議展に展示されます。もう自主防衛は物理的に間に合いませんからね。この状況で反米やってる人たちは実にお気楽で羨ましいとさえ思い始めました。私も反米やろうかなと(ゎ
アサピー嫌い
2007年03月12日 08:14
今朝のNHKで、≪中国の地方議会の議員がブログを立ち上げ、市民の声を聞いている≫、
というような場面を取材していました。
それでいて近年、インターネットの言論弾圧を中国政府が行っていることなど全く取り上げようとしない。
こういう取材によって、いかにも中国が日本と同じような民主国家であるかのごとくに印象操作している。
何も知らない日本人は、中国とは話せばわかりあえる国家だと勘違いしてしまうだろう。
fuyuneko
2007年03月12日 08:39
国政選挙で国防は票を稼げないというとんでもない状態をなんとかできないですかね?どう考えても、要因は違えど、第二次世界大戦勃発前のドイツと似ているような気がするのですが。。。おそるべきのん気な国なんだ。。。
現役保険営業マン
2007年03月12日 09:38
おはようございます。
何と!!中国が攻撃型空母を建造ですか。
…由々しい事態です。物資輸送の大半を海上交通網に依存している我が国にとっては非常に危険です。
空母と艦載機が生み出す広範囲の制空海圏の重要性を、島国である我が国はかつての戦争でいやというほど分かっているはずなのに…。
「海軍国防思想」を唱えた佐藤鉄太郎がこの現状を見たらさぞ嘆くことでしょう。
ssgn
2007年03月12日 10:31
常時戦力化するには数隻必要なわけですが、日本としては座視できない事態ですね
094型弾道ミサイル原潜の建造も気になります

中国がそのうち内部崩壊するのではないかという意見もありますが
先日産経に掲載された米専門家の分析は
中国は今のような共産党一党独裁体制を少なくとも50年は続けられるだろうという物でした
その根拠として、各地でデモや農民一揆が発生しているが
それらを武力で押さえ込める体制が非常に強固であることなどが挙げられてました
中国が軍拡を行なってもどうせ崩壊するのだという楽観は非常に危険です

戦車一台、戦闘機一機でさえケチって防衛予算を浮かせようとする我が国は
危機意識が欠如しています
2008年北京オリンピック、2010年上海万博までは大人しくしているが
(衛星破壊の暴挙があったわけですが)
それ以降、中国はどう出てくるのか注視する必要があると思います
ごんべえ
2007年03月12日 11:17
シナの拡張主義・覇権主義は宇宙にまで及んでしまった。
膨大な軍事費をバックに、日本には300基以上、台湾には1000基以上のミサイルを向け、領土領海を侵犯し、果ては空母までをも…。
それでいて「シナは平和を希求している。脅威ではない」と自賛している。脅威かどうかはあくまでも他国が判断するもの。武装する本人自身が「脅威だ」と言うバカはどこにもいない。

汚い根性に加えて果てしない軍拡が続くのでは「20年位の間に何番目かの州になってしまう」という中川氏の懸念はもっと早まってしまう。
直視し、発言・行動しなければ日本人は滅びます。
2007年03月12日 15:20
>支那は虐殺や騙し討ちのような一方的に自分達が有利だったり、卑怯な手口は得意ですが、正面きっての喧嘩はどうなんでしょうね?

それこそ、史実的に考えてみても“正面きっての喧嘩”を戦争段階までやっていたのは旧日本軍だけなんです。中も米も“何をどうやろうが、勝てばいい”という意識なんです。

“正面きっての喧嘩”を美や是とするのは現在の世界ではあまり良い考えではないです。

現在、米国内で進行している“中・米同盟化”の流れを他の国を巻き込んで潰さない限り、我が国は間違いなく、10年掛からずに潰されます。日本人は奴隷か粛清の道を選ばされますよ。

たとえ後の歴史で“悪”の判断を下されようが中の目標が東アジア覇権であり、自分達以外の民族の粛清である事はチベットや東トルキスタンを見れば一目瞭然なんですから。

在米中民族に金銭的なバックを得ている米国議員に何か期待するのも間違いです。
直視し、発言・行動しなければ日本人は滅び...
2007年03月12日 15:20
“アイツは敵”この言葉を言い、実践できる人間が出てこない限り、我々日本人は間違いなく、虐殺されるでしょう。もはや全ての事柄において、“先送り”も“事なかれ”も通用しないんです。それを理解できるのは日本人だけだったという事を理解する時が来たとう事だと思います。
駱駝
2007年03月12日 15:55
なにしろ野蛮人のやることだから空恐ろしい。
嘘つきシナのいうことはすべて空々しい。

ゾンビの親戚まがいが日本にウジャウジャ這い上がってきたらどうする。
そこらじゅうで通州事件が・・ああ怖!

マスコミは当てにならんし 政治家の中には責任感危機感なんてさらさら持ち合わせていない奴がいるし。(反日の糞どもに税金食い潰されると想ったら腸が煮えくりかえる)
 テレビのコメンテータか なんか知らんが どいつもこいつもアホバカ吼えよって。
竹村健一もボケてたが。 寺島実朗他なんて輪をかけたバカで口から出まかせ言っておる。エリート面だけは吹かしておる。
 高学歴(いわゆる一流大卒)の族にあまりにもボケがおおすぎるな。いかに当てにならないか。 愛国心乏しきものは去れ!

北之茂良助
2007年03月12日 18:12
>異常な軍事費の伸びと不透明性が脅威でなくて何か?それを言うならば、日本のメディアが脅威をわめかない真の目的は何なのか問いたい。

ナイス突込みですね。脅威をわめくどころか、中共のわめきを喜んで報道しているようにも見えます。実際のところ、今でも都合の悪い記事を書くと記者が追放されるとかはあるのでしょうか?

私は、現在の国際情勢である限り中共は滅びないと思います。ソ連という前例を教訓にしていないはずはありません。そして、ソ連は自国民からも衛星国からも見放されて崩壊していきましたが、中共はわが国を含む世界各国から、超大国になるようにお膳立てをしてもらっているようにさえ見えます。
今回の慰安婦問題では中共は大して騒いでいない感じで、その「微笑み」ぶりがあまりにも不気味です。

>ごんべえ氏
私が他にも書きたいことを書いてくれてましたね。
中共はわが国にとって危険国家である、と思わないバカはたくさんいます。北朝鮮の存在価値は、このことから目をそらすのに有効なのかもしれません。
fuyuneko
2007年03月12日 18:38
マスコミは完全に中共の工作活動が終了しているから、こんな情けない有様なのではないでしょうか?あの少し前の女子十二楽なんとか言うのも中共のプロパガンダ工作ではなかったのではないでしょうか?

一日でも早く喧嘩ができる政治家を揃えて、当面は経済力で中共を強請るしかないですね。

ところで、台湾有事はよく上海万博の後だとか聞きますが、このソースはどこが出どこなのでしょう?

PS:温首相に民主主義の議会で演説なんかさせるな!何を考えているだ?
hunting time
2007年03月12日 19:25
>ところで、台湾有事はよく上海万博の後だとか聞きますが、このソースはどこが出どこなのでしょう?

私もこの件の曖昧さは非常に危惧しています。

個人的にはオリンピックや上海万博は判りやすさとして挙げられているだけな気がします。

中の軍事行動承認は米国内での工作ひとつだと思います。

明日であってもおかしくはありません。

そういう状況を誤魔化す為に流している情報のひとつではないでしょうか?

最近の米・中の歩み寄り(今回の慰安婦も含みます)を見ていると本当にそう思います。
CNNの反日アンケートに異常発生!!
2007年03月12日 19:40
現在チョンの工作活動を生中継
http://edition.cnn.com/2007/WORLD/asiapcf/03/04/japan.sexslaves.ap/index.html
もちろん No
今朝はNOが86%、何度もしつこくてすみません

現在16時から18時までで50万もYESが増えた!!どうなってんだ!?
18時頃から、急激に増えたな。

17:39 ┃ 1,269,174 │ 20,704 │ 15% ┃ 7,044,185 │ 22,413 │ 85%
18:24 ┃ 1,872,446 │ 603,272 │ 21% ┃ 7,076,637 │ 32,452 │ 79%
18:47 ┃ 2,307,119 │ 254,201 │ 25% ┃ 7,094,045 │ 10,604 │ 75%

もちろん“NO”。

呼びかけを!!
藤田達男
2007年03月12日 21:15
ご無沙汰しております。中国の航空母艦に関しては小生も、『草莽崛起PRIDE OF JAPAN』で書いたことがあります。去年の記事ですが、もしよろしければ何かの足しにでもして下さい。転載、引用自由です。

2006年04月12日
「中国に存在する“航空母艦”~軍事転用の可能性は捨てきれない」
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-326.html 

2006年05月16日
「中国に存在する“航空母艦”(2) ~ やはり軍事転用に」
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-358.html 

2006年05月30日
「中国に存在する航空母艦(3) ~ 台湾が中共の“不沈空母”となる悪夢」
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-372.html 
fuyuneko
2007年03月12日 21:50
CNN Yesが追い上げてる! Noが57%だ!
ウージー
2007年03月12日 21:58
>駱駝様
ゾンビならまだ良い方ですよ。寧ろ支那人は喰屍鬼(グール)かと。その喰屍鬼を大量生産し統率する共産党員及び人民解放軍はさながら吸血鬼。そして奴等が好む闇を立ち込めさせているのは朝日・社民をはじめとした日本の国辱共。例えが悪いですが漫画版「ヘルシング」のミレニアムと言う吸血鬼化したナチ残党の実写版といっても過言ではありません…。

そんな吸血鬼の軍団には、ブレない信念という「十字架」と事実と言う「聖水」を備え、国を守り切る軍事力…特に島国だけに特に重要な海軍力をつけて日本海を「渡れぬ河」にし、持つだけでも効果のある鬼札・核兵器という「銀の得物」を忍ばせて望むしか最早道はないと思います。
しかし……それを早期実現するためにはもうクーデターしかないのでしょうかねぇ……。(溜息)
fuyuneko
2007年03月12日 21:59
hunting time様

ほんと勃発説は何時の間にか定着してますね。不思議です。まーどちらにせよ、軍事膨張は間違えないので、注意する必要はありますね。
2007年03月12日 22:23
>蓮華さま
確かに正面切っての戦争は不得手そう。海洋軍事国家に変わることはないでしょうが、なり振り構わぬ海洋資源の獲得には打ってきそうで心配です。
>豆鉄砲さま
軍拡を猛スピードで続ける中共は隣にある脅威でしょう。敵国はあくまでも共産中国と考えます。自主防衛体制が数年内で完成すれば良いのですが…
>アサピー嫌い様
多くの日本国民が中共の素顔を知るべきです。マスコミが振りまく旅行代理店のパンフレット風のシナがイメージを混乱させているように思えます。
>fuyunekoさま
国防こそ最大の福祉と訴えても現実感に乏しいのでしょうね。その辺りの感覚こそ変えていかなければならないようですが、本当の危機が来ないと無理なのか…
>現役保険営業マンさま
こんばんは。「海洋国防思想」とは日露戦争時でしょうか。参考にしたいですね。今も列島の置かれた状況は変わりないように思えます。
2007年03月12日 22:24
>ssgnさま
複数建造するとの見方もありますが、製造・維持管理の能力を考えると2隻が限界か。それでも我が国のシーレーン防衛にとっては脅威でしょう。
>ごんべえ様
仰る通り武装する側が、自分が脅威だと言うわけありませんね。連中は常に逆のことを主張するので判り易い面もありますが、素直に受け取る者が多いのも事実か。
>直言し~様
中共は最終的に勝ちさすれば良いという考え方を持っていそうですね。非道ぶりは明らかです。10年後も国軍が持てなかったら我が国は危機的です。
>駱駝さま
正面から文句を言える政治家も極少数ですし、メディアもあてになりません。シナが本気で牙を剥く前に国内の邪魔物を整理出来るのかギリギリですね。
>北之茂良助さま
追放はなさそうですが、在北京の記者はプレッシャーを受けているようですね。仰せのとおり今の国際環境だと中共は延命するように思えてなりません。
2007年03月12日 22:24
>hunting timeさま
確かに、上海万博まで云々とはよく聞きますが、根拠というか出元は何なのでしょうね。危機の先送り論にも思えて何か妙な感じもします。
>藤田達男さま
こちらこそご無沙汰しております。昨春に相次いで警鐘を鳴らされていたのですね。参考にさせて頂きます。空母に関しては情報不足で困った部分もありました。
>ウージーさま
時間的に間に合わない感じもしています。今でも大量のミサイルが向いていますが、海上戦闘能力の格差は決定的な要素に思えます。
神谷晃良
2007年03月13日 00:20
私は、中国国産空母って、てっきりヴァリヤーグ弐番艦かなって思っていました。去年暮れにスホーイ33を50機、ロシアに発注かけたとのニュースを見ました。ヴァリヤーグ級は25機搭載可能だとの事。しからば2隻で50機か?と勝手に妄想していました。日本近海なら、空自F-2対艦攻撃機の只の的。対艦ミサイル4発搭載、10機前後の斉射(正式名称知りません)。40発防ぎ切れるものなら、防いでみい!お代わりもあるでよ、てな感じです。(その後の核ミサイルが恐ろしい)。しかし、この中国空母が、台湾以南に展開されたら、東南アジア諸国や、日本のシーレーンに与える脅威は、計り知れない気がします。その時、アメリカ合衆国が、例の反日民主党、ヒラリークリキントー政権政権だったりしたら日本終了の悪寒がします。だから、絶対自前の核武装が必要だって!そう云えば、来年中国は原潜5隻を、新たに配備するのじゃなかったですか?「憲法改正は、軍縮に向かっているの世界情勢に、逆行している」とか、護憲死民団体やみずぽ達が言っていませんでしたか?真剣に、みずぽ等や朝日、毎日TBS等を叩き斬らないと、日本が終ってしまう気がします。妄想かな?
あほにつける特効薬
2007年03月13日 00:22
ちょっと前まで、マスコミに煽られるたびに、
「親中の米国!米国と中国と親密になったら大変だ!」と雄叫びをあげていらっしゃる方がネツトでよくみられましたが、この記事をご覧になればよ~くお勉強になると思いました。
神谷晃良
2007年03月13日 01:06
>あほにつける特効薬様、だから何が仰りたい?言わんとする意図が汲み取れません。
米国
2007年03月13日 15:02
戦後一貫として、極東アジアの敵は中国であることにアメリカ合衆国の姿勢は崩れていない。
アメリカ国内で親中と判断されるアクションも、国益を考慮した、さまざまな外交は戦術【演出】の一つに過ぎない。

インターネットで自己満足に走るご時世に、当ブログのご活躍頼もしく思います。
とある師団一同
2007年03月13日 17:07
共産主義=資本主義の敵
協賛主義=プロパガンダの手法
踊る主義=ネット中毒者

踊るあほうに観るあほうの気の毒な人々が現実社会に対応できますように、東亜アジア黙示録のご活動、感謝しています。

とある師団一同

アシタコソ
2007年03月13日 18:19
アネモネさま ほんとにご苦労様です。
対岸の人民共和国の核も空母も平和目的だそうです。日本も平和と独立のために同程度の装備をすれば 極東はもっと平和になります。
米国様>
約70年前 似たような状態があったと思います。米国は大陸に肩入れし日本を敗戦させました。そのわずか数年後の朝鮮戦争の勃発でマッカーサ司令官は日本の立場を漸く理解し 日米戦争を後悔したと思える発言をします。
日米はぺりー、日露戦以来 分かり合える関係だと思います。歴史に学び今後絶対に反目しあってはいけないと考えます。
ワシントンより
2007年03月13日 21:03
①日米空海の対中スクランブル数を公表すべきでは?
②日米印の非公式対中戦略をちょっとは公表すべき時期では?
③中国バブル崩壊の秒読みは始まった?

管理人様の活動を素晴らしく感銘いたしました。


ナポレオン・ソロ
2007年03月15日 11:19
 「国防が米国任せ」で良かった時代は、そろそろお終いです、何時までも米軍の情報統制下で惰眠を貪っていてはイケナイのだと感じてます。

 シナの空母の件ですが、恥ずかしながらヴァリヤーク型がどんな空母なのか未だ知らない私には、一体どの様な危機が新たに産まれるのか判りませんので、横須賀のキティホークと比べたとします、神谷様の仰せではSu33を25機とのこと、世代的にも老朽艦のキティホークでもF18A/Fクラスが72機です、主力のニミッツ級なら搭載機は85機と更に増加します、ヴァリヤーク級が実戦配備されたと言う話は聞いたことがありませんし、シナが海軍を持ったのは清の時代まで遡らねば成りませんが、空母の作戦行動には、護衛艦隊が不可欠です、艦隊運用さえ一から始めなければ成りません、シナの空母群が本当の脅威となるには相当の時間が掛かると思って良いのではないでしょうか。
ナポレオン・ソロ
2007年03月15日 11:20
 パイロットの方でも、空母への離発着の錬度がソウ簡単には上がらないと言う、ドウしようもない問題もあります、訓練が出来る海域は、東シナ海若しくは黄海しか有りませんが、いずれも、緊張度が高い地域なんですから、轟音を伴う訓練を盛んにをやれば、一目瞭然でしょうから、何らかの抗議が発生するでしょう。

 そう言うことを念頭に置いて措いて、シーレーン防衛を考えると、極東=日本海~東シナ海よりも、南シナ海の方が重要度、喫緊性が高いと云えます、何せ、南沙諸島は、南シナ海のど真ん中に位置し、此の海域に航行制限を懸けられれば、如何なる商船も況や軍船は航行不能となりますから、領土問題で係争中の周辺諸国以外にも、米国海軍から強烈な反対が出てくるでしょう、つまり、米国海軍がこの問題を拱手傍観することは有り得ないのです、米国は必要と有れば、スービック海軍基地を復活するかも知れません。
ナポレオン・ソロ
2007年03月15日 11:21
 以上、願望や予想も混ざっていますが、シナの野望は、そう簡単には達成できないと言う証拠です。

 しかし、だからこの状況を日本に与えられた最後の猶予と捉えて、シーレーン防衛を自前で出来る海軍力を身につけるべきだと思うのです、既に老朽化が始まっているニーミッツ級で良いですから2~3隻売って貰いましょう、勿論、建艦技術に関してのノゥハゥを吸収させて貰うわけですから、それなりのプレミアを払わねばならないでしょうが。

 核武装に関して云えば、既に日本は、実質核武装しているのと同じ状態でしょう、在日米軍基地には間違いなく核兵器が貯蔵されている筈です、唯、日本のコントロールの対象外と言うダケの話、此処で、独自に核を持つとなれば、米軍の核も、米軍そのものの駐留が不要と言う事になります、そう言う事態に成った場合、米国は一応例外として、ロシアやシナに対抗できる軍事力を早晩日本が持てるとは思えないのです、ですから持つのなら、威力が限定的な戦術核だと思います、しかも、米軍支給と言う形で。
ナポレオン・ソロ
2007年03月15日 11:25
 情け無い話ではありますが、それ程、米国は潜在的に、嘗て味わった、日本の纏まった時の戦闘力の高さを懼れていると云えます、必要とされる戦闘力は訓練や経済力で何とかなりますが、それに見合った外交力を磨く事こそ、戦前の失敗を繰り返さない上で、真に必要な事です。
神谷晃良
2007年03月18日 01:52
ナポレオン・ソロ様、お詳しいですね。中国の国産空母が、今更ヴァリヤーグ弐番艦などと言うのは在り得ない話ですね。ヴァリヤーグはロシア空母クズネツォフ級弐番艦。まともな海軍など持った事無い中国が、独力で建造するとしたら、ロシアから海上ホテルにすると言って、購入した全通甲板を持つ、この「ミサイル巡洋艦」のコピーが、中国国産空母だろう、と素人が勝手に妄想していただけです。済みません。しかし、あの勝手気ままの、「並んで順番待ちをしよう」と政府が呼びかけねばなら無い中国人に、統率が必須条件の、艦隊運営などできるのだろうか?偉そうに勘ぐったりしてしまいます。日本固有の空母欲しいですね。夢、ロマンですね。名前は何と名付けられるのでしょうか?瑞鶴?しかし、有り得んて。予算が足らん!経費が掛かりすぎるらしいです。タイでも空母持っています。インドは将来5隻体制になると言うのに。でも私も、アメリカ海軍空母の様な、あんな巨艦は不必要な気がします。ニミッツ級三隻もあったら空自の飛行機が、全部積まれてしまいそうです。ニミッツ級一隻が搭載している戦闘機以上の数の戦闘機を保有している国家って幾つあるのだろうか?
神谷晃良
2007年03月18日 02:12
全通甲板の強襲揚陸艦、ヘリ空母は沢山欲しいです。しかしそれより、SLBM搭載原子力潜水艦が欲しいです。私は、アメリカが、自身が被る核報復服の危険を省みずに日本を守るとは思えません。日本本土に存在するであろう、アメリカの核はあくまで、アメリカ合衆国を守る為だけの核の様な気がします。特に民主党政権合衆国の糞ぶりは、あのマイクヒュンダイ決議からも容易に想像つきます。今度の従軍慰安婦決議は、アメリカを見限る、良いきっかけになり得ますね。原潜何隻在ればよいのでしょう?素人の私には検討付きませんが、二桁十隻が気持ちよさ気です。
バイバイ虫凶
2007年04月02日 22:21
NHKは今年中国鉄道の旅を 一年かけて放送する 当然 中国べったりの内容になるのは 当たり前だ  そして NHKの報道姿勢も べったら漬けになるのは あきらか

この記事へのトラックバック

  • 日本・オーストラリアに関する記事

    Excerpt: 【オーストラリア】ハワード首相訪日、安保共同宣言調印へ (NNA)を読んだ。安保「協定」ではなく、「宣言」の形ではあるが、日本にとっては十二分の成果だろう。なにより、オーストラリア首相が自ら日本に来.. Weblog: 3番目の落書き帳 racked: 2007-03-13 05:10
  • <仏国防相>中国との対話促進がアジアの安定化に(毎日新聞)

    Excerpt: <仏国防相>中国との対話促進がアジアの安定化に(毎日新聞)の記事を読んだ。短い記事なので、前文紹介する。 Weblog: 3番目の落書き帳 racked: 2007-03-14 03:57
  • 上海万博まで3年、建設工事が本格化 大阪上回る最大規模か

    Excerpt: 2010年5月1日に開幕する中国の上海万博まで3年となった。中国は万博を起爆剤として上海市をアジア経済の中核拠点に発展させる狙いで、市の中心部に近い巨大な会場予定地では建設工事が本格化しつつある。 .. Weblog: 中国ニュースブログ、まるごと中国ニュース racked: 2007-05-02 21:19
  • 中国軍、空母建設に本腰か ロシアから着艦制動装置購入

    Excerpt: 中国の軍事動向に詳しいカナダのシンクタンク「漢和情報センター」は27日、中国軍が昨年、空母の艦載戦闘機の着艦制動装置4セットをロシアから購入したと伝えた。経済発展を背景にした海上権益保護の必要性が高.. Weblog: 中国ニュースブログ、まるごと中国ニュース racked: 2007-07-29 19:48
  • Tramadol.

    Excerpt: Tramadol 93. Buy tramadol. Will tramadol hcl test positive in drug testing. Tramadol hcl. Tramadol. Weblog: Tramadol. racked: 2008-10-30 03:18
  • Ambien overnight.

    Excerpt: Internet-rx.com ambien. Ambien us pharmacy. Ambien sleeping pill. Ambien. Ambien empty stomach. Ambi.. Weblog: Ambien. racked: 2008-12-18 15:49
  • Zoloft.

    Excerpt: Zoloft. Generic name for zoloft. Zoloft side effects. Weblog: Prozac soma zoloft prozac onlineprescription.md. racked: 2008-12-19 09:51