皇太子殿下に北京五輪の罠…媚中派の策略を許さず

ご皇室を政治利用する不穏な動きが浮上した。皇太子殿下の北京五輪開会式ご招請を中共が画策。日本側で動いているのは誰なのか?由々しき不敬謀略に断固反対する。
画像

天皇・皇后両陛下におかれては、2日、御静養先の葉山ご用邸近くの海岸「小磯の浜」を散策された。

穏やかな日差しの中、天皇・皇后両陛下は、相模湾や江ノ島を眺望され、地元の人々から「悠仁さまのご誕生おめでとうございます」と声をかけられる場面もあった。

▽小磯の浜・葉山:2日(代表撮影)
画像

また3日には秋篠宮・同妃両殿下も御用邸を訪れられ「葉山しおさい公園」をご家族そろって散策された。

悠仁親王殿下におかれては、9月の御誕生後、初めての東京を離れられる小旅行となった。公園を訪れられた際には、居合わせた近隣の住民が親王殿下を間近で拝し、歓声があがっていた。

▽しおさい公園・葉山:3日(代表撮影)
画像

快晴に恵まれた冬の一日の微笑ましい光景であった。

【北京五輪開会式へのご招請打診】

その一方、ご皇室をめぐって中共絡みの不穏な動きが表面化した。

北京五輪の開会式に、皇太子殿下・同妃殿下のご招待を中共指導部が打診してきたことが明らかになった。このニュースは、3日までに、産経新聞などいくつかメディアで取り上げられている。

2008年の北京五輪開会式への皇太子ご夫妻の出席を、中国側が王毅駐日大使らを通じて日本政府に非公式に打診していることが2日分かった。政府筋が明らかにした。(略)中国側としては、皇太子ご夫妻の訪中で日中関係の良好な関係を定着させる思惑があるとみられる。(共同通信)

中共による明らかなご皇室の政治利用である。

そして、北京オリンピックへに関わる政治策動であれば、二重に意味で妥当性を欠く御訪支となる。決して看過できるものではない。

北京五輪については、中共による人権弾圧などへの抗議から世界各国でボイコットの動きが続いている。五輪史上過去にない暗黒の祭典となる見通しだ。

その非道性を隠すために、中共指導部がご皇室を利用しようと謀議しているのは明白である。
断固、拒絶したい。

2日には、塩崎官房長官も会見で打診があったことを認め、こう述べている。

「北京オリンピック開会式への要人の出席は、非公式な場で、さまざまなやり取りが行われている」
▽画像:FNN
画像

中共の王毅・駐日大使が日本側の政府・与党に打診しているもようだ。

現在は水面下での交渉と見られるが、公式発表がなされてからでは手遅れになるのは確実だ。この不穏当な政治的野望を画策している中共側の代表者は、あの暗黒工作員・王毅である。
▽王毅・駐日中共大使
画像

そして、日本側で策動に与しているのは一体誰なのか…

FNNの報道では、外務省・宮内庁ともに「何ら耳にしていない」とコメントし、慎重に相手側の出方を見守っているという。

宮内庁すら預かり知らないところで、ご皇室の政治利用が謀られているようだ。由々しき事態である。

【政治利用に奔走する王毅工作員】

中共政府が王毅大使を通じ、政府・与党や日中友好団体などの関係者に伝えているという。 読売新聞は更に、具体的な動きを報じている。

複数の関係筋によると、大使は今年に入り、4月の温家宝首相訪日に向け、日中間の課題などについて各界と精力的に意見交換を行っている。一連の会談で大使は北京五輪に皇太子ご夫妻を招待する構想を明らかにし、側面支援を求めたという。
2月2日付け読売新聞(下記に参照URL)

ここで明かされている「一連の会談」とは何か…情報工作員・王毅の日本側のカウンターパートナーは誰なのか?

王毅の最近の動きを追ってみよう。

1月30日、王毅は開幕直後の国会を訪れている。この際には、扇千景・参院議長と懇談しているが、明かされているのは、温家宝の国会演説を要請のみだ。
画像

その2日後、2月1日に王毅は自民党本部に乗り込み、「アジア戦略研究会」の議員と接触している。

王毅はこの日、安倍首相の靖国参拝について「参拝があれば取り返しがつかなくなる」などと強く牽制し、媚中マスコミも大きく報じた。

問答無用の内政干渉だ。正面から脅し文句を吐くとは王毅は何様のつもりなのか。

この「アジア戦略研究会」は実に胡乱なグループだ。旧宮沢派=宏池会系3派で構成される媚中議員の巣窟と見て良い。

昨年3月に発足した背景には、「小泉総理の靖国参拝を牽制し、アジア外交を立て直す」意図があった。完全に中共寄りの政策集団で、設立総会には河野洋平や宮沢喜一ら“シナの番犬”が顔を揃えていた。

▽旗揚げ時の「アジア戦略研究会」会合
画像

王毅が、この与党内の媚中グループと深く結びついているのは確実だ。

【最大の媚中反日団体でも暗躍】

また、読売新聞の報道では「日中友好団体の関係者にも伝えている」としている。

王毅が今年に入ってから接触した“友好団体”としては「日中友好協会」が挙げられる。

1月25日、都内で開かれた「日中友好協会」の新年会に王毅が出席し、スピーチをしている。人民網によれば、この新年会には各界から300人が参加したという。

わが国には“日中友好”の恥ずかしい冠をつけた媚中工作団体が数多く存在するが、中でも「日中友好協会」は各地の系列組織をまとめ上げる上部組織だ。

もちろん政治信条は媚中・反日で、北京の代弁者でしかない。

現在も会長職は、画家の平山郁夫が努めている。中共に弱みを握られ、シッポを振り続ける売国画伯だ。
画像

そして、同協会の顧問には未だに村山富市と野中広務が居座り、昨年の8月15日には強硬な抗議声明を出すなど悪名を轟かせた。

友好団体と呼ぶのも愚かしい。完全な中共の日本支部だ。

ただし、現在の日中友好協会は昵懇な政治家が軒並み中央から去ったことで、やや実力を失っている。政府・与党を渡り歩いて、大きな計略を実現させる暗黒パワーは残されていないだろう。

【与党内大物がご訪支画策の黒幕か】

消去法で考えると、皇太子殿下・同妃殿下の北京五輪開催式ご臨席を画策しているのは、媚中議員グループなどではなく、もっと中枢部なのではないだろうか…

つい最近、非常に不気味な動きが明かされていた。

雑誌『WiLL』3月号の「上坂冬子vs小林よしのり激論」の中で、小林よしのり氏が、天皇ご訪支の動きがあることを明かしていたのだ。

「裏工作というと、今は自民党の幹事長の中川秀直がその役割をやっている。中国と通じて、首相の靖国参拝を控えさせる。そして温家宝と胡錦濤を呼ぶ。あるいは天皇の訪中までやらせようなんてことを中国と企んでいる」
(前掲書49頁)

どこからそんな情報を得たのか判然としないが、実にショッキングな発言だった。この対談を読んだ直後に、五輪開催式招請の動きが表面化した為、いっそう薄気味悪く感じたのだった…
画像

秀直ならば、実力者として申し分ない。北京と地下水脈で通じている可能性が大いにあるだろう。

筆者は以前のエントリで、中川秀直が新たな自民党のドン・黒幕に登り詰めたのではないか、との推論を展開した。

旧田中派が握っていた中共絡みの利権が、現在の平成研系議員から消えているように感じられる…その巨大利権が霧散したはずはなく、自民党内のどこかに継承されているのは確実だ。

媚中派の大物には、1月に北京詣をしたばかりの二階俊博がいる。
▽1月22日北京詣した二階(日経新聞)
画像

しかし、シッポを振る激しさとは裏腹に、自民党から長く離れていた二階に、対シナ利権は引き継がれていないと見る。

中川秀直は、やはり匂う。
そして、秀直が動いていたとしたら実現性が高く、危険極まりない。

【秀直シナ行脚前に決定の恐れ】

1月22日、皇太子殿下におかれては、都内・赤坂のホールにて「友情の架け橋コンサート2007」に出演され、ビオラを演奏された。

▽赤坂サントリーホールにて(代表撮影)
画像

この演奏会には、安倍首相夫妻も駆け付けていたが、会場では王毅の姿も確認されている。

中共と国内の不敬政治家は、天皇陛下ご訪支の前段階として皇太子殿下の政治利用を画策しているようにも見受けられる。

92年の天皇・皇后両陛下ご訪支は、外務省のチャイナスクールと親中政治家が水面下で激しく動き、時の総理・宮沢喜一によって実現されるに至った。

この際、自民党内に根強い反対論があったものの、結局、政権中枢に押し切られたようだ。

その悪夢を繰り返してはならない。

ご皇室の政治利用を国民が黙視してはならない。

両陛下のご訪支に先立って訪日した江沢民は、日本側をこう説得していた。

「中国としては前のことを忘れて未来を見ることが重要だ」

一部の反対論は、江沢民の甘い言葉に抑え込まれたが、江沢民がその後に行ったのは徹底した反日・侮日政策だった。

もう二度と日本国民は騙されまい。

読売新聞によれば、中共は日本側の感触を見極めたうえで正式な要請を行うという。

正式な通達がなされてからでは、全てが手遅れだ。今の段階で「絶対反対」の声を上げる必要がある。

恐らく、4月に訪日する温家宝への“返礼”ではなく、3月中に予定されている中川秀直のシナ訪問がタイムリミットだ。北京詣の手土産として、ご皇室を利用する算段ではなかろうか…

万死に値する不敬行為である。

絶対に許すことは出来ない。

          〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

***************
【side story】
今回も天皇・皇后両陛下、皇太子・同妃殿下、秋篠宮・同妃殿下ご一家の御写真を謹んで掲載致しました。

ご皇室の政治利用の動きに関しては、秀直が腐臭を放っていますが、背後にはカルトの影もちらついているように思えます。牽制するにあたっては、首相官邸と自民党本部に国民の声を伝えるのが急務と考えます。

天皇陛下、萬歳!

参照:『読売新聞』
北京五輪開会式に皇太子ご夫妻招待、中国政府が打診

『日中友好協会』靖国抗議声明文

参考エントリ:11月25日
『復党問題で因縁の対決…中川秀直は新たなドンか』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

ようちゃん
2007年02月04日 02:18
中国は宇宙空間にてミサイルによる衛星破壊実験を行いました。宇宙空間は同盟国ですら遠慮している米国の聖域です。米国の圧倒的な軍事力を支えているのは衛星など航空・宇宙技術です。イージス艦からミサイルまでほとんどGPSを使っているわけですから、それを潰されたら人海戦術が生きてくる可能性が出てくるので中国のような人口過剰国の遅れた装備の国が有利になる戦術の変化を狙ったと受け取られても仕方が無い。世界は衛星通信時代ですからスペースデブリの危険性もあり各国から厳しい目で睨まれた。其の緩和に利用するのでしょう。天安門事件の悪評を人民虐殺の非難を天皇訪中で上手く交わした経験が忘れれない。
神谷晃良
2007年02月04日 02:23
一番乗りかな!「リメンバーコウタクミン!江沢民を忘れるな!」です。天安門事件を引き起こした中国に対する国際社会の圧力は、今の北朝鮮の状況に似た物がありませんでしたか?経済封鎖。その最中に為された、天皇陛下の訪中。経済封鎖は、あっと言う間に解かれてしまいました。若かりし私は、国際社会に於ける、天皇陛下の権威の高さを知りました。それに対する江沢民の返礼が、愛国無罪であり訪日の際の、人民服での宮中晩餐会と反日スピーチです。日本の皇室、陛下に謁見した中華人民共和国最後の首脳が、江沢民、とすべきです。日本国日本人は、もう二度と極東アジア大陸の野蛮人国家中華人民共和国首脳の、チベット人の血でべっとり染まった手に、陛下や皇太子を触れさせては駄目だと思います。握手など誰がさせるか!天空(宇宙空間)を平気で汚す中国人。日本の皇室だって、平気で汚します。二度と近寄らせたくないです。しかし、中川幹事長が中国利権の黒幕なんて本当だろうか?もしそうならショックです。最近、彼を見直して来ただけに。確かに、悪そうな顔をしていますけれども。
神谷晃良
2007年02月04日 02:31
負けた、弐番手。王毅中国駐日大使曰く、「日本人は、歴史を勉強し直して、もっと反省しなければ駄目ですね。」反省したろやないか!もう二度と中国大陸に関わるか!中国人は、自身の殺伐とした心の象徴「黄砂」に埋もれて、滅びれば良いわ!(意識的な、プリズム発言のつもりです。ご容赦)
(^-^)風顛老人爺
2007年02月04日 08:06
拝啓、皇室のシナ訪問論外です。 日本が音頭を取り、北京五輪 上海万博不参加・ボイコットを呼び掛け核兵器をむやみやたらに拡散した一件にてシナと北朝鮮を一緒に経済制裁するべきです。 歴史に対する反省は日本では大いに不足しています、「結論はシナ・朝鮮・ロシアと関わるな、百害有って一理無しです。」 閑話休題、重複しますが皇室のシナ訪問には断固 反対致します。 最近の反日媚朝映画「あなたを忘れない」への天皇陛下御夫妻出席は残念でなりません、 皇室が北京五輪に利用されてはいけません。 乱文にて。草々
ごんべえ
2007年02月04日 11:03
故・山本夏彦氏の著書「オーイどこ行くの」に、平成4年10月の陛下ご訪中についての記録がある。それによれば、
①6月に「ご訪中検討」との報道があった。
②7月17日、産経が反対の意見広告掲載
③8月11日、「事実上決定」と各社が報道
④8月17・18日、政府は有識者14人を招いて形ばかりの意見聴取。
という順序だった。山本氏は「ご訪中は①の段階で決まっていた。党内外に反対があったのでごまかした」と喝破されている。

貴殿はいつぞやの記事で、当時、小沢が動いたと指摘された。小沢のほかには金丸・橋本なども動いたのであろうが、その例から見れば、今回の中川説は頷ける。
北京五輪まだはまだ日にちがあるので、皇太子殿下の件は未定だとは思うが、前回の例から見て、「大物が動いていること」および「かなり早い段階で事実上決定してしまう」ことは間違いない。大々的な反対キャンペーンが必要です。
最近、皇室の政治利用が顕著な一方で、皇室を貶める動きも甚だしい。放ってはおけない。
こころ
2007年02月04日 14:53
この話題を取り上げられてうれしく思います。
私もこの記事を新聞で読んだとき、あまりの怒りに、断固反対の意見首相官邸にメールしてしまいました。また他の関係部署にも意見を出そうとも思っています。
中国が日本の皇室を利用するなんて、厚顔無恥の極みに怒りを禁じえません。
断固反対の声を国民で上げていきましょう。
醜い捏造映画に皇室が利用されてしまったことを忘れてはなりません。
ねこぱんち
2007年02月04日 18:23
皇太子殿下には絶対行ってほしくありません。
「リメンバー 江沢民」です。

侮日映画、天皇皇后両陛下ご鑑賞の時もそうですが、宮内庁も外務省ももうだめです。
特に宮内庁は、皇室の皆様をお守りするための砦にならなければいけないと思うのですが、その役目を放棄し売り渡しているように感じる。
創価や反日勢力がかなり入り込んでいるという噂も聞きます。
皇太子殿下、同妃殿下に左翼的思想を植え込むべく画策しているんではないかと感じてしまう。

最近よく思うのです。昭和天皇はこんな時どうなさるのだろうかと。
みりん
2007年02月04日 19:40
桜花 -愛するニッポン-さんのブログhttp://news-japan.jugem.jp/?eid=251#comments
天皇陛下が訪中された時、中国は陛下に『金印』を授けようとしたという許されない事をした。侍従が気付いて回避出来たが、今の酷い宮内庁外務省はこのような事態が避けられるか?とありました。また皇太子妃殿下の父親はハンディキャップ論を唱えた小和田恆氏、やばい。とあります。
小和田氏もいまだなぜだか絶大な権力があるようですし、裏で何か動いている可能性もあるかもしれません。
皇室護衛官の試験になぜか東宮のお話相手が必要のような「乗馬、英会話、スキー」などに秀でた人材を今年から募集するなど、本当に今の宮内庁のとち狂った状態は異常です。
2007年02月04日 21:54
>ようちゃん様
92年の大失策を繰り返してはなりませんね。天安門批判を沈静化するのにどれほど利用されたか…騙し討ちを再度図っているのは明らかでしょう。
>神谷晃良さま
威光をそっくり借り受けて利用し尽くすのが中共の狙いでしょう。この辺りの精神構造は富田捏造メモと同様です。
>(^-^)風顛老人爺さま
中共は北京五輪への批判が高まっていることを相当懸念しているようにも見て取れます。その風圧を除ける壁として政治利用する魂胆が見え見えです。
2007年02月04日 21:55
>ごんべえ様
山本夏彦さんの著書は知りませんでした。面白そうですね。92年の時は、田中派全盛期でしたので、どうにでもなったと考えられます。今もその手が通用するか…最大限の牽制が必要です。
>こころ様
これほど政治的にデリケートな問題が地下で進められていることが問題です。国民の声がないと、そのまま正式決定される恐れが充分にあります。
>ねこぱんち様
宮内庁は最後の砦なのですが、どうもやられっ放しの印象を受けます。抜本的な改革を図らないと、悪徳政治家と売国官僚のなすがままです。
>みりん様
なるほど…柵封国家にしようとする策謀か。宮内庁は、外務省の外郭に思えるほど主体性がありません。警察官僚が多いはずなのに、どうも歪んでみえます。
ガセネタ
2007年02月04日 23:31
最近皇室を政治利用する陰謀が目立ちますね.こんな事が続くと,天皇制反対論が次第に増加しかねない.心配です.
ジェイムスキー
2007年02月05日 00:09
アネモネ様、はじめまして。ジェイムスキーと申します。
 昨年10月に貴ブログを初めて拝見して以来、他より一段深い考察の数々にすっかりファンとなってしまいました。
 忙しくて情報収集を怠っていたため、今回の愛知県知事選挙はほっといても神田さんが当選するだろうとたかをくくってしまっていたのですが、昨日のエントリーを拝見して、本日時間ぎりぎりで駆け込み投票して参りました。

>在日利権まみれの民主党愛知県連の支持を受けた知事の誕生なら、きっと朝鮮人好みの政策を打ち出してくれることだろう。

悪夢ですね。なんとか接戦をものにしてくれて、ほっとしています。
 毎日更新されるのを楽しみにしております。しかし決して無理をなされず、息の長いご活躍をなされますよう、微力ながら応援致しております。
神谷晃良
2007年02月05日 00:16
恐らく、極東アジアの中国人や朝鮮人達は、日本人が自分達に対する怒りや敵意を隠さなくなって来た事に、ビビり始めたのではないか?と妄想します。ここ(日本の皇室)に近づいて居れば、日本人は大人しく鎮まるだろうみたいな。しかし、奴等はまるで理解できていないのですよ。日本人は、盲目的に皇室に隷属している訳では無い様な気がします。逆に「皇室を政治利用するな!」とか、「汚い手で皇室に触るな!」とか、余計に日本人の怒りを買う事になろうとは考えも及ばない筈です。日本の皇室と日本国民との関係は、清の皇帝や李氏朝鮮王朝と、自国の民達のそれとはまるで異なる事は理解できていないと思います。これも彼等の自爆に見えます。在日といいサヨクといい、マスコミといい、中国人朝鮮人といい、日本人を今まで貶めて来た者共が、勝手に転がり落ちて行く様に見えます。
ごえもん
2007年02月05日 00:39
“特亜の詐欺師にビビル必要なし”はこれから加速するでしょうね。

どうにか手を打ちたいが為に皇室と法にどうにか絡んでいく手法をとるでしょうね(米での慰安婦再提出もその一環です。既成事実化してどうにか教科書に載せて、我が国の子孫を洗脳し、日本人を次世代の子供から奴隷化。これが慰安婦部隊に与えられている目標です)

とにかく、戦うしかありません。

【特亜との友好】が幻想であるのかを日本人はさらに身を持って判って行くと思いますよ。

我が国と特亜は何百年も前に断絶しているんです。その事を思い出しましょう。

経済と特亜と別の国とやっていくことを探す。

とにかく我が国は特亜とは違うのですから。
駱駝
2007年02月05日 16:03
will にありました。 腹黒秀やんなら 
(天皇の訪中企画も)やりかねないですね。

いまこそ安倍首相は靖国参拝を強行すればいいと思う。仕切りなおしが必要であろう。

小生 (風邪で)体調不良なり。
アネモネ様もご自愛してください。
ブルーフォックス
2007年02月12日 14:40
もしかしたら以前別のHNで投稿したかもしれませんが,改めてよろしくお願いいたします.
北京もさることながら,東宮一家の現状は憂うべきものがあります.
拙サイトもよろしくお願いいたします.

http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/