中川「脅威論」発言を激賞…親日モンゴルよ、ありがとう

中共の軍拡に懸念を示した中川政調会長の発言を絶賛する。現実の脅威を憂慮するのは当然だ。同じ日、モンゴル大統領が来日。中共など足蹴にして、この親日国と絆を強めたい。
画像

国士・中川昭一の発言を激賞する。

「日本は中国の何番目かの省になるかも知れない」

2月26日、中川昭一政調会長は名古屋市内の講演で「中国脅威論」の持論を展開した。これは“恐中発言”ではなく、我が国の将来を憂いた警告だ。

▽講演会での中川政調会長(NNN)
画像

「一衣帯水の目の前の巨大国家が年率10%で成長し、軍事費は15%、18%で成長している。15年で、多分その前に台湾がおかしくなっちゃったら、20年くらいの間に、ここ(日本)は中国のなかの何番目かの省になるかもしれない」

とりわけ、中共による台湾軍事侵攻の可能性に触れて、懸念を表明していることに注目する。中共の無分別な軍拡が東アジア地域の軍事バランスを崩す恐れがあることを的確に指摘しているのだ。

また中共軍による衛星破壊実験についても、こう語った。

「中国は地上からポンと撃てば、ぶっ壊せると(示した)。まさに日本の打ち上げを視野に入れてやった実験だと思っても不思議ではない」

我が国4番目となる偵察衛星の打ち上げが24日に成功したが、先の衛星破壊はそうした日本側の動きに睨んだものだったと指摘している。政治家としては率直な発言だ。

更に講演の後も憂国発言は続き、国士・中川昭一は、記者団に対して次のようにストレートに述べている。

「中国は今は平和的台頭でおとなしくしているが、2010年(の上海万博)が終わると、いよいよ“非平和的台頭”になる可能性がある」
「台湾が完全な勢力下に置かれた場合、次は日本になりかねない」


【シナご注進報道は相変わらず】

実に、国士・中川昭一の現状認識は正しい。

問題なのは、この発言を取り上げたメディアの扱い方だ。一部マスコミは、中川発言について不必要な懸念を真っ先に表明している。

「中国脅威論とも取れる発言をしたことで今後、波紋が広がる恐れがあります」(日テレ)
「中国側を刺激する可能性があり、波紋を広げそうだ」(西日本新聞)

これらを“ご注進報道”と見なして構わないだろう。中川発言は、中共牽制が本旨ではなく、我が国の国民に向けられたものである。
画像

国士・中川昭一は講演で、こう発言していた。

「日本がこの1~2年でできることは少ない。日本が平和に繁栄していけるよう真剣に議論していかなければならない」

この危機感は、是非とも我が国民が等しく共有したいものだ。

問題視すべきは、現実に進行している中共の軍拡であって、そこに温家宝来日などの外交スケジュールを加味する必要性は全くない。

しかし“ご注進報道”が功を奏してか、中共サイドは27日午前にさっそく脊髄反射している。

「面積も人口も小さい日本が膨大な軍事費を使っている。日本こそ透明性が必要だ」
▽画像:NNN
画像

噴飯ものの反論だ。

中共が破滅的な軍拡を継続していることは各種データでも明らかである。例えば、2006年のペンタゴンが米議会に提出した「中国の軍事力に関する年次報告」は、中共軍拡の暴走ぶりを明かしている。

そこでは、中共が18年連続で2ケタの国防費を増加し続けている事実。また、実際の国防費は公表額の2~3倍あるとして、透明性に著しく欠けるとの指摘がなされている。

中共軍が近代化のスピードを加速し、党の軍隊に膨大な軍事費を注ぎ込んでいることは火を見るより明らかだ。

また、この中川発言に敏感に反応したのは、中共だけでなく、日本国内媚中派も同じだった。

【中川発言に込められた皮肉】

27日朝のテレ朝系『スーパーモーニング』で、コメンテーター席に居座る鳥越俊太郎は、自分のコーナーで「ちょっと、ちょっと中川さん」と題し、脅威論は不必要な両国の非難合戦を招く、と主張。中川発言を許せないと断じていた。

問題は日支のどちらにあるか、理解できないはずがない。昨年度の中共は14%の国防費を増加を図っているているが、そこには全く問題がないとするのが鳥越の“正式見解”だ。ジャーナリストなら中川発言の核心部でも指摘せよ。

国士・中川昭一は、記者団との質問に答えて「非平和的台頭」という言葉を使っている。これがポイントだ。

2003年に国家主席に就任した胡錦濤は「平和堀起」を提唱した。これを日本語訳すると「平和的台頭」となる。
画像

中川政調会長は、そうした奇麗事のスローガンを打ち出しながらも陰で軍拡と武器輸出を増加させている中共の素顔に異議を挟んだのだ。つまり中共の二面性を指摘し、皮肉を言ったのである。

さて…反日メディは揃って伝えなかったが、同じ2月26日には東アジアの安定に欠かせない国から大統領がやってきた。

親日国モンゴルである。

【歓迎、モンゴル大統領来日】

モンゴルのエンフバヤル大統領が26日に来日。

さっそく夜には首相官邸で日・蒙首脳会談が行われ、地下資源開発での協力関係強化などを謳った共同声明が調印された。
画像

共同声明には、政策対話の拡大・強化や文化・教育面での協力などを柱とする「今後10年間の日本・モンゴル基本行動計画」が盛り込まれた他、拉致問題解決に向けた協力も明記された。

モンゴルのエンフバヤル大統領は先月24日に安倍首相と電話会談し、2009年からの国連安保理の非常任理事国選挙への立候補を取り下げ、日本が代わって立候補するよう要請していた。

立候補を譲ってくれるばかりか、支援するとの異例の申し出だ。任期を終えたばかりの日本としては実に有り難いことである。
画像

日・蒙首脳会談では安倍首相が改めて謝意を表明すると、エンフバヤル大統領は「日本の安保理入りを今後とも支持する」と力強く答えてくれたようだ。一国民としても感謝の意を捧げたい。

モンゴルは偉大なる親日国だ。

モンゴルで外務省が行った世論調査で、微笑ましい結果が出ている。一昨年の夏に発表されたものだが、親日度は異常に高い。

【初世論調査で分かった親日度】

諸外国の中で「最も好きな国」として日本を挙げたのは、33.4%で米国に次ぎ2位。「ぜひ行ってみたい国」でも31.8%で米国に続き2位。

そして「最も親しくすべき国」として日本を挙げたのは37.4%で堂々の第1位だ。

更にさらに、日本に「とても親しみを感じる」「やや親しみを感じる」と答えた割合は72.8%をマークしている。

我が国に対して実に正しい認識が広まっているようだ。こうした国家とこそ絆を深め、日本国民の側からも応えたい。

【危機を救った日本を忘れていない】

27日にエンフバヤル大統領は参院本会議で演説を行った。これがまた実に良い。
画像

「最近まで『近くて遠い国』だった両国が親密になったことは喜びだ」

「モンゴルのことわざで『苦しい時に真の友が分かる』と言う。
(日本は)モンゴルが困難な時代に友人として手を差し伸べてくれた。発展を加速させ、支援してくれる重要なパートナーであり、第三の隣国と位置付けている」


90年前半、モンゴルは社会主義を棄てて市場経済に移行したが、ハイパーインフレに直面。その時に、経済支援を行ったのが日本だった。

もう10数年前のことになるが、モンゴルはその時の感謝の気持ちを忘れていなかった。

90年代後半の通貨危機で我が国が膨大な緊急援助を行ったにも関わらず、国民にひた隠しにし、余計なお世話だったと言い放つ朝鮮半島のK国とは、大きな差だ。

国家、国民の品格が違い過ぎる。

余談ながら、同時期に通貨危機に見舞われたタイの財界人も「あの時、何も言わずに援助の手を差し伸べてくれた日本の恩を決して忘れない」と率直に語っているのを地元紙で読んだ覚えがある。

友人は選びたいものである。

【日本人が築いた美しい劇場】

蒙古襲来について未だに愚痴をこぼすような日本国民はいないだろう。実際に武装して攻めて来たのは半島人だったし…

それでも、近代になって我が国とモンゴル軍が正面衝突した不幸な歴史もあった。昭和14年、満州西部で起きた「ノモンハン事件」だ。

1939年5月11日、ソ連に唆された外蒙軍が、満蒙国境ホロンバイル草原を流れるハルハ河を越えて満州国領土に侵入したのが発端。

ただ、関東軍と激突したのはソ連軍で、結果、日本側は死傷者・行方不明1万7000人以上を出す事態となった。ちなみにソ連側は8,000人の死傷者としていたが、公開された新資料では2万人を越えていたという。

関東軍の大惨敗だったかどうか、現在は疑問符つきだ。

この軍事衝突について現在のモンゴル国民が、どう思っているのか?それも世論調査で問われていた。

Qノモンハン事件について
「すでに過去のことである」41.7%
「わからない」29.6%


モンゴル国民が日本に寄せる関心事は、最新文化やハイテク家電のようである。こうした点も、未だに壮絶な反日洗脳教育が続くC国とは、だいぶ様子が違う。

援助する国は選びたいものである。

もうひとつ、モンゴルと我が国の現代史には忘れてはならない1ページがある。ソ連侵攻で起きた膨大な抑留者の悲劇だ。

モンゴルの首都ウランバートル中心部に壮麗なオペラ劇場が建っている。1951年に完成したものだが、この劇場の建設に携わったのが、日本人抑留者だった。

▽国立オペラ・バレエ劇場
画像

使役に駆り出された日本兵捕虜は1万4,000人。しかも戦争が終結して6年後のことである。それでも強制労働を強いられた元日本兵は丹念な仕事をし、半世紀を経た今もオペラ劇場は壮麗な面影を残している。

首都市民にとって、この美しい劇場は誇りだという。

【チベット仏教の国・モンゴル】

モンゴルは総計300万人に満たない人口小国だ。ところが、モンゴル人の総数は軽く1,000万人を超えている。

その秘密は中ソの2大国によって引き裂かれた国土だ。
画像

シナの北方には東西に長く伸びる内蒙古自治区が存在するが、名が示すようにモンゴル人の土地である。

中共が打倒され、シナが適正規模の戻った暁には、東トルキスタン、チベットと同様に、南モンゴルも主権が回復されなければならない。

そして、そこに暮らすモンゴル人の信仰回復も必要だ。彼らが奉じるのはチベット仏教である。
▽モンゴルの僧侶(修行中)
画像

現在のシナの地図では分かりにくいが、チベット人とモンゴル人の居住エリアは隣りあっていた…遊牧地は緩やかに接していたのだ。

13世紀に世界史的にも異例の現象が起きる。

強大な力を誇る蒙古軍は分裂状態だったチベットに侵攻した。そこで和平工作のため1224年、チベットから大学者サキャ・パンディタが、蒙古に派遣されることになった…

その時、蒙古のクテン王子は密教に深い興味を抱き、仏法に帰依する。侵略国がその地の宗教を受け入れるという異常な事態が起こったのだ。これがモンゴルに密教をもたらす先駆的な出来事となった。

▽昨年8月の法王猊下モンゴル訪問
画像

もし、南モンゴルが中共のくびきから脱すれば、チベット仏教のエリアは一気に拡大することになろう。夢が広がる話である。

モンゴルはシナの後背地として戦略的にも重要だが、まず、損得勘定抜きに、我が国はこの国家を「新しい友人」としてより温かく迎え、固く握手すべきだ。

20世紀の100年間を通じて南北に隣接する大国に翻弄され続けたモンゴル…そして民族は分断されたまま。

大相撲や日蒙合作映画の公開など、最近は話題になることが多いが、アジアの友人として日本国・日本人が出来ることは、まだまだ他にもあるはずだ。


       〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

参考情報:
外務省「モンゴルにおける対日世論調査」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

山椒小粒
2007年02月28日 05:47
中川昭一先生の発言もTVでは【20年くらいの間に、ここ(日本)は中国のなかの何番目かの省になるかもしれない】この繰り返し・・。

モンゴル:どうしてこのような良い話が報道されないのか不思議でなりません。
反・反日
2007年02月28日 06:37
これから日本は
インドネシア・タイ・インド・ネパール・
モンゴルと
強烈に仲良くしないな。
理性のある人たちとお付き合いしたい。
ピッピ
2007年02月28日 08:22
こちらのエントリーで、モンゴルという国の大切さを初めて知ることができました。
このような話は、現在のマスゴミ報道にはまったく期待できません。
モンゴル大統領訪日も、テレビのワイドショー等ではまったく扱われていませんでしたね。
「化膿(かのう)姉妹の宝石」がどうした、こうした」とかくだらない話題ばかり・・・
東アジアの黙示録さん、これからも素晴らしい情報をよろしくお願いします!
爽秋
2007年02月28日 08:33
メディアによって骨抜きにされた情報ではなく、実際の言葉は背筋がぞくぞくします。
このままだと何も知らないまま日本は属国になってしまう。
tocho
2007年02月28日 09:52
博士の独り言 に入れないんだけど・・。
ソウカやザイニチからの攻撃か?
以前もブログ消えたよね・・・ 心配。
レイト
2007年02月28日 10:00
朝青龍の八百長報道も日本とモンゴルの仲に楔を打つ謀略なんだろうか?
相撲にインチキはあるだろうけど朝青龍は普通に強いと思う。
OK
2007年02月28日 10:57
中川昭一先生に応援メール送っておきました。
それにしてもこのブログは、本当に良く調べてあって勉強になります。上の人も書いてたけど、マスコミはマジで頼りにならない。完全に中共に侵略されてる。
茨鷹
2007年02月28日 11:40
外務省・政治家は、この吉岡氏に弟子入りした方がいいと思う位、判りやすく丁寧な本でした。
題名:中国人に絶対負けない交渉術
著者:吉岡 健
相撲ファン
2007年02月28日 14:24
相撲を通じて日本人はモンゴルに非常に親近感を抱いています。週刊現代によるモンゴル力士の八百長相撲報道は、モンゴルの資源を狙うシナが、日本とモンゴルの間を引き裂くべく書かせたデッチあげ記事と見て間違いないでしょう。
北之茂良助
2007年02月28日 14:43
はじめまして。いつも役に立つ記事をありがとうございます。

モンゴル国が親日(しかも反中共)で大事にしなければいけないことは、一般のメディアを読んでいても殆どわからないと思います。それどころか、毎日新聞のようにとんでもない記事を書くようなのまであります。(「非常任理事国:モンゴル辞退 裏に巧妙な日本の外交戦術」)

そして、中共や韓国とは同じアジアの国だから仲違いしてはいけない、という論調ばかり目立ちます。
そして、険悪になると「日本は孤立している」

反日メディアや政治家から目を覚ます人がもっと増えなければいけないですね。
駱駝
2007年02月28日 15:18
今日も勉強になります。
モンゴル大統領の顔つきがいいね!
反日国のパカとはえらい違いだ。
イザそのときはモンゴル人に背後から突いてもらうためにもがっちりと組まねばならぬ。

中川昭一氏に今以上に吼えてもらわねば。

毎度のことだが 戯け鳥越カラスのクラスがジャーナリストか。 シナの提灯持ちで一端のジャーナりストになれるか、アホー。
こういう糞野郎に限ってエリートと思い込んでおるから鼻持ちならない。糞を撒き散らすな。
ごんべえ
2007年02月28日 15:22
中川昭一氏はグッドタイミングで的確な発言をされる。
過去の発言も、今回の「何番目かの州」も実にタイミングがいい。かなり計算して発言している筈…啓蒙効果絶大だ。

モンゴルのことは殆ど知りませんが、オペラ劇場建設には日本人抑留者が携わったのでしたか、しかも戦後の1951年の完成とは…。

司馬遼などが日本の敗北を誇大に伝えたノモンハン事件も、中村黎氏らの研究で真相が明らかにされて来ました。現地の日本軍には「敗北したという意識すらなかった」という。
「日本が戦争を仕掛けられたら、私は無抵抗で敵に同化してしまう」とか「市谷での三島演説は大衆の政治感覚の前には見事に無力であった」などと発言した司馬遼は食えないヤツ。彼が大衆をミスリードした責任は重い。

それにしても戦争はやる以上勝たねばならない。盧溝橋も南京も何もかも「日本悪者」にデッチあげられ、挙句の果てに広島の原爆記念碑にまで「二度と過ちは繰り返しません」などと書く羽目になってしまう。
JSF
2007年02月28日 17:33
確かモンゴル鉄道がロシアから通るようですが、ロシアは何を考えているのでしょうか。モンゴルも再び覇権を強めるロシア殺し屋恐ろしあや中共に牛耳られてしまうのでしょうか。
現役保険営業マン
2007年02月28日 18:59
はじめまして。いつも拝見しております。
さて、中川氏の「中国脅威」発言ですが、至極当然のことではないかと存じます。
脅威と感じない人間が脅威でしょう。

また、管理人さんがおっしゃっているノモンハン事件ですが…精鋭の兵士と優秀な航空兵力を持っていた関東軍の勝ちですね。何しろ関東軍は、戦力2乗の法則で100倍にも達する兵力を擁していたソ連軍を地上戦でも航空戦でも撃退し続け、日ソ中立条約を締結させたのですから。
当時の関東軍の強さは対ドイツ戦の英雄ジューコフも「わが軍が最も苦戦したのはノモンハン戦である」と認めています。
それに侵攻してきたソ連軍の司令官は大損害を被った責任を問われ、スターリンによって粛清されております。
ねこぱんち
2007年02月28日 19:13
中川政調会長の発言、よく言ってくれました!GJ!
日テレのニュースたまたま見てたのですが、不満そうにみえました。
中川さんには安倍総理が立場上言いにくいことも代弁して言ってほしいです。
先日の伊吹大臣の発言、人権メタボもウマイ!と思いました。

インドの時もそうですが、モンゴル大統領の演説はニュースで見た覚えがないです。こう言ったすばらしいニュースを本来国民に発信しなければいけないのに、腹立たしいです。
月茶
2007年02月28日 20:50
今回のエンフバヤル・モンゴル大統領の演説内容ですが本当に有り難く思います。
普段、傍迷惑な隣国の言動に接していると、何かこうグッっと来ますね。
モンゴルも支那と国境を接していて何かと難しい対応を迫られているようですが、日・蒙が共に良き理解者であり続ける事を願っています。

それにつけてもマスゴミは・・・何とか資源ゴミ程度には活用する方法はないものだろうか。
2007年02月28日 21:17
>山椒小粒さま
保守論壇誌では以前から見られた警告の言葉ですが、メディアはま真意を汲み取らず、さも問題発言であるかのように報じていましたね。
>反・反日さま
朝日などは中朝韓だけがアジアとしていますが、本当はそれ以外の国々にアジア的なものがあるように思えます。それらへの連携は不可欠ですね。
>ピッピさま
有り難うございます。大統領は他にも様々な行事に出席しているはずですが、やはり情報不足。少な過ぎです。
>爽秋さま
中川政調会長の憂慮、つまりシナの軍拡はもっと国民が知るべき事実です。データだけ見ても危機的。
>tocho
確かに時々、異常に重たい時があってゾッとしますね。TB攻撃など心配しています。皆で応援しましょう。
>レイトさま
お相撲はよく知らないのですが、朝青龍関が強過ぎて不人気なはず。八百長なら横綱が負けるた方が都合が良いような…
2007年02月28日 21:17
>OKさま
有り難うございます。応援メールという手があったか。フジとNHKは多少報じてたのですが、他は殆どなしですね。大統領演説は参院だったので、ネット上でうまく見れないのが残念です。
>茨鷹さま
吉岡健さんはビジネスの現場にいた方ですね。シッポの振り方しか知らない政治家こそ、交渉の現実とテクニックを学ぶべきです。
>相撲ファン
そう言えば、ダライ・ラマ猊下に横綱が謁見したという話題もありました。反日暴走する現代が敵対しているのは、そういった見方も出来ますね。
>北之茂良助さま
こちらこそです。毎日新聞の見出しは悪意剥き出しですね。とてもアジア友好を絶叫して前総理を糾弾していた新聞と同じとは思えない。
>駱駝さま
エンフバヤル大統領は実に好印象です。今回は省きましたが地政学的にモンゴルは重要。鳥越は実に健康そうなんですが、最近は抜け殻の印象です。
2007年02月28日 21:18
>ごんべえ様
司馬史観は余り興味なく知識もないのですが、朝日好みらしいですね。エントリのノモンハンに関する部分は中村黎氏の「大東亜戦争への道」を参考にしました。必読の書です。
>JSFさま
いろいろな意味で衝撃的だ。
>現役保険営業マン様
有り難うございます。「脅威と感じない人間が脅威」…至言ですね。ノモンハン事件の敵軍司令官が粛清されていたとは。勉強になります。新資料から見直し論も出ているようですね。
>ねこぱんち様
中川発言は正論だった為か、反日マスコミが予想したような非難は出ていないようですね。論議になった方が得だった気もしますが。演説を報じたのは産経・読売など一部で信条がよく分かります。
>月茶さま
品位に欠けた隣国の言と比較すると、実に好感を持てました。モンゴルも大国に挟まれて苦しい立場ですが、日本が応援できることはしたいですね。
杉本
2007年02月28日 21:58
中川政調会長の発言は全く以て当然の話ですが、あたかもそれが火種になりそうだといったふうにしか報道できないわが国のメディアは腑甲斐無いにも程がある。

中川政調会長の発言が何を意味しているか、残念ながら多くの日本人は知りません。
この懸念、というより現実について知ってもらうために、自分は周囲に二冊の本を薦めています。
一冊は伊藤貫著「中国の「核」が世界を制す」で、もう一冊は平松茂雄著「中国は日本を併合する」です。
日本が近い将来直面する可能性が非常に高い脅威について、平松氏の本では主に軍事的側面から、伊藤氏の本はで主に国際政治の観点から語られています。
特に伊藤貫氏の「中国の「核」が世界を制す」については一人でも多くの日本人に読まれる事を強く願います。

伊藤氏は、2020年頃までに日本が自主的な核抑止力を持たなければ、日本は中国の属領に堕ちる運命だと警鐘を鳴らします。
2020年頃に日本が核兵器を戦略的に配備しているためには、今現在から取り組まねばなりません。

日本に迫りつつあるこの危機的現実をなぜ大手メディアは日本人に伝えないのか、不思議でなりません。
神谷晃良
2007年02月28日 22:53
中川昭一政調会長、いいですよね。安倍政権以降、次を担う政治家だと思います。しかし、彼の発言「あと20年もすれば、日本が中国の省になっているかも知れない」は、嫌です。戦う(あくまで比喩)前から、既に負けを覚悟している感じです。彼には、その様な言葉は相応しくないです。日本国日本人はぜったい負けない。しかし、人口規模で10倍。何れ近い将来、経済規模でも確実に中国に抜かれます。軍事力(自衛隊)の装備面でも、確実に凌駕される時が来ます。だからこその、核武装だと思うのです。日本領海内に、十隻前後、核弾頭付き弾道ミサイルを搭載した(原子力)潜水艦をズブズブと沈めておく。相打ち狙いの核戦略でいいと思うのです。「一発誤射」、その後万に及ぶ小艦艇による日本接岸。何でもやりそな中共の、軍事オプションを妄想してしまいます。中川政調会長の発言が、負け犬っぽかったから、マスコミも騒がなかったのだろうと感じます。安倍政権の使命は、憲法改正。来る中川昭一政権は、核武装。そんな夢みたいな話が現実になればよいのに、とか思ってしまいます。
神谷晃良
2007年03月01日 00:16
日蒙の親密な関係に、重要な役割を担っているのがドルゴルスレンダグワドルジです。何処が苗字で何処が名前か判りませんが、朝青龍だと思います。美しい日本語を話し、優勝の表彰式では、恐らく自身の苦しかった本場所中の取り組みを振り返っているのでしょう、うっすら涙を浮かべて、しっかりと君が代を歌ってくれる光景に、感動すら感じてしまいます。朝鮮人の日の丸焼きに慣れているせいですかね、外国籍の人に日の丸や君が代を尊重して貰うと、無性に嬉しくなりませんか?『モンゴルと、もっと仲良くしよう』と、考えるのは、人として自然な成り行きだと思います。「君が代・日の丸を強制するな」と言う、在日朝鮮人にはさっさと出て行ってもらうべきです。そのくせ、奴等は「在日の魅力や、韓国文化を知って欲しい」とか要求しています。不思議な精神構造の持ち主です。朝鮮人や中国人には、半世紀に及ぶ反日思想と「南京大虐殺」「強制連行」等の嘘吐きの対価を、しっかりと払ってもらうべきです。日蒙万歳。
北乃茂良助
2007年03月01日 02:51
>神谷晃良氏

あるサイトから

たとえば、横綱の朝青龍は、モンゴルでは「ドルゴルスレン・ダグワドルジ」と名乗っていますが、このうち「ドルゴルスレン」が父称(父親の名)、「ダグワドルジ」が名(本人の名)です。

ロシア式ですね。
書き込みに対しては、仰るとおりだと思います。
そういう感じですから、例の八百長の話に関しては、日蒙離反工作の一環じゃないのか?なんて穿った見方をどうしてもしてしまいます。彼が優勝を続けても、興行的には何の利益もないと思われますし。
矢丸 ウンテイ 上井
2007年03月01日 12:44
始めまして、
5年ほど前からモンゴル人と付き合いが始まりましたが、当初から対日感情はすごくいい人たちです。中国に対してはまったく逆です。何故ならばモンゴルは日本との戦いに負けたとの感覚は無いようです。どの国も戦争に負けた相手にはいい感情を持てませんね。付き合い始めて解った事は、当然ですがどの国にも悪はあるとゆうことです。マスコミもそうですがあまり良いことばかり報道するのはどうか?と思います。日本に国連常任理事国を譲る報道も本音のところは別にあると見たほうが自然なこともあります。あまりいいことばかりだと裏を知った時の反動が大きいですから・・・・。
私は2ヶ月に1度コンテナでリユース品を送っています。あちらでもコンテナが着く日は店が大賑わいだそうです。古着、電化製品、食器、たんす、建築材料、医療器具、自動車等々・・・・。悪もあることを織り込み済みで付き合うと喧嘩することも無く楽しい付き合いができています。これからは日本は少子化に合わせて学校の統廃合が検討されています。不要になった学校備品をモンゴルに送り、再利用しようと頑張っていますので賛同される方はよろしく!
長月
2007年03月01日 20:49
オペラ劇場と言えば、同じくシベリア抑留の日本人捕虜が建設したウズベキスタンのナヴォイオペラ劇場がありますね。

当時の日本人の勤勉さと、その後、1966年に起きたタシケント大地震で
他の建物は壊滅的被害を受けたのに、この劇場だけはビクともしなかった..ということで、
ウズベキスタンでは、日本人は今も尊敬され、親日感情の強い国なんだそうです。

又、中山恭子首相補佐官がウズベキスタン大使時代には、ご主人の中山成彬議員と共に、
日本への帰国が叶わず、異国ウズベキスタンの地に眠る1,000人近い日本人捕虜の為に
国内で募金を募って墓地を整備し、友好の印として1,000本以上の桜の植樹も行なって
現在は春に美しい花を咲かせ、花見の時期には日本とウズベキスタンとの友好の場ともなっているそうです。

でも、こういうことは、日本のマスコミは報道しません。
昨年末のインドのシン首相の来日の時もそうでした。
本当に腹立たしい限りです。

この記事へのトラックバック

  • 中国バブルは大丈夫か?

    Excerpt: 上海株が8.84%も暴落し、世界同時株安を招いた。中国バブルが崩壊を始めたのか?中国は世界中からの資金をかき集め、2桁の経済成長を長年続けている。これが、我が国で起きたようなバブル型の経済構造であり、.. Weblog: Think Ahead racked: 2007-03-01 11:18
  • 中国、中川昭一政調会長(酒)の発言に過剰反応!

    Excerpt: <a href="http://japanese.cri.cn/151/2007/02/27/1@87500.htm" target="_blank">中国外務省、「一定の軍事力を保つのは非難に当らない」(CRI)</a>  <font color="ffff00">中国外務省の秦剛報道官は27日、北京で行われた定例記者会見で、「中国は主権を持つ国として、長い海岸線を持つ国として、一定のレベル..</font> Weblog: ぱっとんな日々 racked: 2007-03-04 17:00
  • 中国の国防費の伸びに思う。

    Excerpt: 「中川「脅威論」発言を激賞…親日モンゴルよ、ありがとう」について 国防費、23%の大幅増=5兆円超、日本を上回る-19年連続2ケタ伸び・中国(時事通信)を見た。別に驚くようなニュースではない、と思う.. Weblog: 3番目の落書き帳 racked: 2007-03-05 03:25
  • Propecia merck propecia online uk.

    Excerpt: Propecia side effects bad. Propecia uk medix plus forum. Propecia baldness. Propecia. Propecia resul.. Weblog: Nzlive com propecia rally new zealand. racked: 2008-10-31 03:12
  • Fioricet cod.

    Excerpt: Info on fioricet abuse. Hard to annunciate fioricet codeine. Fioricet. Cheapest fioricet. Hard to ta.. Weblog: Cheapest fioricet. racked: 2008-11-01 00:54
  • Low fee payday loans.

    Excerpt: Payday loans. Weblog: Payday loans. racked: 2008-12-04 05:54
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 中川「脅威論」発言を激賞…親日モンゴルよ、ありがとう 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,???? ????? ???? ????? ????? ????????? ?????? ????? ??? .. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 23:00