二・二六事件と三島由紀夫…昭和維新思想の神髄

晩年、二・二六事件に研究に熱心に取り組んだ三島由紀夫は、事件の中に「昭和維新」の精神性の高さを見出していた。三島が打破を呼びかけた戦後体制のぬるま湯は今も変わらない。
画像

その日、帝都は30年ぶりの大雪に見舞われていた。

昭和11年2月26日未明

歩兵第一連隊約400人、歩兵第三連隊約900人が麻布の兵営より出陣。ほぼ同時刻に、主力の近衛歩兵三連隊約50人も襲撃目標に向かった。

我が国の近代史上最大のクーデター二・二六事件の始まりである。

青年将校に率いられた蹶起部隊は、首相官邸などを襲撃し、警視庁や陸軍省、参謀本部を占拠する。

高橋是清大蔵大臣、斉藤実内大臣、渡辺錠太郎教育総監ら政府要人に天誅を下し、鈴木貫太郎侍従長、牧野伸顕前内大臣にも重傷を負わせた。

蹶起部隊約1400人の兵士は機関銃などで完全武装。蹶起より以後4日間にわたって、政府機関中枢の置かれた霞ヶ関・三宅坂一帯を事実上制圧する。

蹶起のスローガンは「昭和維新、尊皇討奸」

憂国の至情に駆られ、天皇ご親政を目指した右派クーデターだ。

しかし、事態は蹶起部隊の思うように推移しなかった。戒厳令下の維新大詔は煥発されず、蹶起した青年将校らは逆賊の汚名を着せらて後に銃殺刑に処せられる。

二・二六事件については膨大な数の資料・研究書などが世に送られている。皇国派と統制派の反目など事件に至るまでのアウトラインは粗方浮き彫りにされているが、謎めいた部分も多く、現在でも熱の籠った論議の対象となっている。

その中で、異彩を放つのが三島由紀夫だ。

【二・二六事件の陰と陽】

三島由紀夫ほど二・二六事件に深い関心を寄せた文学者はいない。特に晩年は取り憑かれたように熱心な研究を行っていたことでも知られる。

三島には二・二六3部作と呼ばれる作品群がある。

『憂国』短編
『十日の菊』戯曲
『英霊の聲』短編

いずれも傑作だが、核心部分を描いたのは『英霊の聲』だ。この作品は「事件の体現者」と三島が断言する青年将校・磯部浅一陸軍一等主計と思しき霊が神道奥義「顕斎の法」によって降臨。逆臣として銃殺された青年将校の挫折と失意が語り尽くされる。

登場する青年将校の霊は執念に満ちているが、この一編から三島の青年将校観を抽出すると、誤解を招き易い。
画像

三島由紀夫の関心は事件における「青年将校と天皇」の一点に収斂され、そこには大東亜戦争終結時の「遂に神風は吹かなかった」という絶望感と共通する諦観が脈々と流れてる。

…たしかに二・二六事件の挫折によって、何か偉大な神が死んだのだった。(略)私には久しくわからなかったが、『十日の菊』や『憂国』を私に書かせた衝動のうちに、その黒い影はちらりと姿を現し、又、定からぬ形のままに消えていった。

それを二・二六事件の陰画とすれば、少年時代からの私のうちに育まれた陽画は、蹶起将校たちの英雄的形姿であった。その純一無垢、その果敢、その若さ、その死、すべてが神話的英雄の原型に叶っており、かれらの挫折と死とが、かれらを言葉の真の意味におけるヒーローにしていた。

(「二・二六事件と私」河出文藝選書233頁)

後半のセンテンスは、三島・森田事件の解釈などで度々引用されるものだが、三島由紀夫の青年将校への想いはそれほどストレートなものではない。

三島は事件当時11歳。2月26日は、四谷にあった学習院初等科に普段通り登校して事件発生を知る。襲撃された斉藤実内大臣の私邸は校舎の裏手に位置していた。

青年将校らが不逞華族にも批判的だったことから「精神的にも地理的にも『狙われた人たち』のごく近く」にいたのだった。

その時の様子を三島はこう描写している。

授業第一時間目に先生は休校を宣言し「学校からのかえり道で、いかなることに会おうとも、学習院生たる矜りを忘れてはなりません」という訓示をした。しかし、私たちは何事にも出会わなかった。

その雪の日、少年たちは取り残され、閑却され、無視されていた。少年たちが参加すべきどんな行為もなく、大人たちに護られて、ただ遠い血と硝煙の匂いに、感じ易い鼻をぴくつかせていた。

(前掲書225頁)

この「取り残された」感覚は、事件の当事者であった蹶起将校に通じるものがある。

【大詔を待ち続けた青年将校】

蹶起将校たちは、陸相私邸や参謀本部などで大詔の煥発をじっと待っていた。天皇大権の発動によって新内閣が樹立されればクーデターは成功となる。

三島由紀夫は二・二六事件の根本性格は「待つことの革命」だったと断言している。

二・二六事件はもともと、希望による維新であり、期待による蹶起だった。(略)蹶起ののちも「大御心に待つ」ことに重きを置いた革命であるという意味である。
(『「道義的革命」の論理』河出文庫『英霊の聲』所収)

2月26日午後、蹶起将校の元に「陸軍大臣告示」が口頭で伝達される。事件最大の謎とされる文書だが、そこにはこうあった。

一、蹶起ノ趣旨ニ就テハ天聴ニ達セラレアリ
二、諸子ノ行動ハ国体顕現ノ至情ニ基クモノト認ム
画像

蹶起に共感を示す内容で、それは義挙と認められ、大詔の煥発は近いと考えられた。しかし、待てども煥発はなく逆に、3日目には原隊復帰の奉勅命令下達。4日目には叛乱部隊と断定されて幕を閉じる。

蹶起将校は待ち続けたが、願いは届かなかった。そして、取り残され、逆臣の汚名を着せられた…

「待つことの革命」とは、余りにも受動的な考え方だが、そこに「革命と維新」の決定的な違いが存在する。

【革命と対立する維新の思想】

革命とは制度の全否定から始まる。現体制の転覆だ。ところが、維新は「本質」には問題がないとする。この場合の維新とは明治維新ではなく昭和維新を示す。

元にあるものは光り輝いているが、それが邪魔物によって汚れ、本来の輝きを失っていると捉える。三島はそれを「純粋性」と呼び、蹶起将校は「国体顕現」と言い表した。

通常、革命とは権力奪取の手段であり、目的は体制転覆後の権力機構の運営にある。

一方、維新は体制の変革を求めながらも、それに参加した者が権力の座を占めることを最終的に意図しない。

最初から捨て石になる覚悟が出来ている。

二・二六事件は、クーデター達成後の青図が明確でなかった。そのことから歴史家の一部には「稚拙だった」と説く者もいるが、三島由紀夫は、それを真っ向から否定した論陣を張ったのだ。

「純粋性」「道義的」というキーワードを用いて三島は、維新の精神性の高さを力説し、返す刀で共産革命を痛罵する。

制度(体制)全否定の変革は、その制度自体の純粋性に関わることがない。従って、敵である制度に対していかなる意味でも道義的責任を免れている。共産主義革命はこのような性格を担っている
(前掲書192頁)

二・二六事件の蹶起将校は、国家そのもの対して道義的責任を負っていた。無分別な叛乱とは違う。

もし自ら純粋性と道義的責任の確保を諦めれば、国家変革は共産革命と同様の権力奪取に終わるだろう
(前掲書194頁)

【昭和維新思想の神髄】

二・二六事件は、昭和5年の「桜会」結成に始まる青年将校運動の頂点であった。国家改造の為には武力行使も辞せずとする思想だ。

前年の昭和恐慌で国家が危機的な状況に陥る中、時の為政者が対処能力を失い、打開策を見出せなかった。更に、天候不順も続き、農村部も大打撃を受けていた。

同時期に共産主義者の不気味な影も増すが、二・二六蹶起趣意書に見られるように、青年将校らは、重臣・官僚・財閥などを国体破壊の元凶とする。

それら「不逞凶悪の徒族」を排除すれば、本来の輝きは取り戻せるものと考えた。その思想は、昭和維新の精神として戦後の民族派諸氏にも継承され、三島由紀夫もそのライン上に位置している。

これが維新思想の神髄だ。

二・二六事件は明治維新から68年後に起きている。

新政府の組織は先進的で優れたものだったが、システムは硬直化し、利権は一部に偏っていた。国家の危機的な状況にあっても惰眠を貪る輩を一掃する必要があったのだ。

それは、戦後62年を経た現在の状況にも似通っているだろう。揺さぶりをかけて、汚れを払わなければならない部分がある。

「桜会」の趣意書にはこう記されている。

帝国の現状を見るに…高級為政者の背徳腐敗、政党の腐敗、国家の将来を思わず国民思想の頽廃を誘導する言論機関、糜爛文化の躍進台頭(一部略)

これは、そのまま今の時世にも当て嵌まるのではないか。

【戦後体制のぬるま湯を嫌った三島】

二・二六事件の意義を懇々と説いた『「道義的革命」の論理』の結尾近くで、三島由紀夫は我が国のあり様について唐突に呪詛の言葉を投げかけている。

磯部浅一は遺稿で、事件の裁判中に一人の少佐裁官(裁判官に相当)が居眠りをしていたことを明かしているのだ。

その不届きな事態に、三島は珍しく激高し、こう書き残している。

昭和11年に居眠りをし、昭和11年に出鱈目の限りをつくしていた連中の末裔は、昭和42年にも居眠りをし、昭和42年にも出鱈目をつくしている。われれわのまわりは、仮寝の鼾に埋まっていて、豚小屋のようである。
(前掲書214頁)

昭和42年にイビキをかいていた連中が、その40年後の現在、覚醒しているとは到底、思えない。それどころか、ぬるま湯は更に心地の良い温度になっているように見受けられる。
画像

三島は具体的に示していないが、批判の対象は、戦後の政治家や官僚、そして戦後体制に安穏とする全ての者だと思われる。それを打破しようと叫んだのが三島の最後の言葉=檄文だった。

三島由紀夫は、自らを昭和維新の継承者と任じていたようだ。そして、昭和の御代が終わっても、昭和維新の精神は、より一層、必要とされているのではないか。


       〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

参考:
『二・二六事件と私』(『英霊の聲』河出文藝新書所収)
『「道義的革命」の論理』(『英霊の聲』河出文庫所収)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

ごんべえ
2007年02月27日 14:56
格調高い歴史講義をありがとうございます。
二・二六事件の史料は山ほどありますが、三島の鋭い分析に勝るものはないようですね。
「桜会」の趣意書はそのまま今に当てはまるが、当時の状況と比べると反日ファシストが大手を振って跋扈している分だけ今の程度の方が悪い…平成維新が必要か?
駱駝
2007年02月27日 15:05
月刊誌でも連載していますね。
謎の三島ですね小生には。ただ氏の言い分にはーなにかしらーかなりの共感を覚えます。

居眠りをし 惰眠をむさぼり 税金という生血を吸い続ける「不逞・悪の徒族」
戦後体制に安穏とする民。なかんずく官僚・政治家。
叫び続けてもイビキをかきつづける豚ども。
   天誅を下すべく死をもって我々に覚醒せよと叫ぶ!三島。
にもかかわらずますます溶解する日本。

領土・拉致・歴史問題など全てあやふや。
(やれ機械がどうだと)瑣末な言葉の遊びで明け暮れる議員。中共はわが国をレイプしようと虎視眈々だというのに。アホらしくて涙もちょちょぎらんは。
2007年02月27日 21:50
>ごんべえ様
こちらこそです。三島は一般的な二・二六解釈など気に懸けない境地で論じています。民族派として越えなければいけない壁があったのでしょう。昭和初期に巻き起こった懸念はいまでも通用すると同時に、いっそう悪化していますね。大掃除をしないと汚れ切ったままです。
>駱駝さま
かつての憂国の士が、我が国の現状を見たら卒倒するのではないでしょうか。腐敗した官僚機構や、地位の確保に汲々とする政治家ばかりなのは明らかです。そんな硬化したシステムは、動乱によって突き崩していかなければならないようですね。
神谷晃良
2007年02月27日 23:38
二・二六事件に際し、「皇軍を以って、皇軍を征するは忍び難し」と、クーデター軍に対し曖昧な対応しかしていなかった、帝国軍上層部に対し、若き日の昭和天皇は、「朕自ら、近衛兵を率いてこれを鎮圧せん」と仰せになられました。実は、私個人としては、前陛下のお言葉の中で(到底全てを知っている訳では無いですが)、一番好きなお言葉なのです。前陛下は決して、「乱」「戦」など望んで居られなかったと、思えてなら無いのです。否寧ろ、前陛下には珍しく、怒りの感情や思いを露わにされている様で、「民の安寧を祈り続ける天皇」と言う存在を、どこか象徴している気がして、いつも何故か私は、二・二六と来ると、昭和天皇の「その」お言葉を連想してしまいます。アネモネさんの記事に対して、私はいつもスレ違いですね。スイマセン。
神谷晃良
2007年02月28日 00:40
http://www.geocities.jp/furen1002/KoreaHistory.html
上記のアドレスは、併合前のソウルの状態を記録した画像です。私の嫌朝鮮の一つの根拠でもあります。朝鮮半島併合後、半島財政はその過半から3分の2を、日本からの持ち出しで賄われました。日本国内で公債と言う形で集められ「補充金」「立替金」と言う名目で、朝鮮半島のインフラ整備のために用いられました。年間約2000万円。真っ白な着物しかなく、一般人は字も読めなかった朝鮮人を引き揚げる為に、日本国内の東北地方の開発が遅れました。ガスや電気の設備も儘なら無い東北地方。不作の度に遊郭に売られる少女達。彼女達の兄弟や叔父たちが、起した事件が二・二六事件だ、と語っていた人がいました。その事件をきっかけに、大日本帝国は軍国主義化し、悲惨な戦争の時代へと向かって行きました。朝鮮人などに関わらなかったら、東北地方をもっと厚く出来た筈です。日本国日本人の最大の失敗。それこそ正に、朝鮮半島併合だと思えてなりません。
真・愛国無罪
2007年02月28日 00:45
憂国の情をもっているからといって反乱を起こした者を称揚するのは考え物だとおもいます。現に昭和天皇は反乱軍を支持しなかったし、戦後も浅沼社会党(現社民党)委員長暗殺事件や朝日新聞阪神支局銃撃事件が起きたせいで左翼勢力が力を盛り返したことがありました。
日本中に我々の思想を浸透させるには一時の激情にかられて暴発を起こすことは許されないと思います。
反乱軍の将兵たちも我々が自分たちと同じ過ちを起こすことを望んではいないと思います。
逆に追い詰められた左翼は政治舎弟(エセ右翼団体)などを使ってテロ事件を起こすかもしれません。
そのときは彼らが起こす事件の真実を暴き、ネットで日本中に知らしめましょう。

神谷晃良
2007年02月28日 01:07
朝鮮併合時代、日本から持ち出された「立替金・補充金」は公的資金だけで、20億7897万円。内公債未償還額14億3971万円。現在の貨幣価値に換算して、約60兆円強。兎に角、朝鮮半島に旧日本は、公的資金だけでも約100兆円前後を費やした事になるそうです。それでも彼等は、「悪辣な植民地支配だ」、「謝罪だ賠償だ」と喚き散らしています。「いっぺん、しめたろか?」と言う気分に私はなってしまいます。
2016年12月18日 17:39



ここで「嫌朝鮮」の輩、本当に頭悪すぎ!!


こんな知性・教養も全く無い奴らに韓国・朝鮮が批判できるかよ!


ニ・ニ六事件蹶起将校たちや三島由紀夫も、「嫌朝鮮の馬鹿野郎ども」に支持されても少しも嬉しくないよ!

この記事へのトラックバック

  • 長崎市長暗殺事件とアメリカバージニア大学射殺事件

    Excerpt: 長崎市長銃撃とバージニア大学銃撃事件JR長崎駅前で、長崎市の伊藤一長市長が、背後から近づいてきた男に拳銃で撃たれた。伊藤市長は病院に搬送されたが、心肺停止状態よいう。月曜の早朝、米国史上最悪の銃撃事件.. Weblog: 長崎市長暗殺事件とアメリカバージニア大学射殺事件 racked: 2007-04-18 00:55
  • Buy line link percocet.

    Excerpt: Buy line link percocet. Weblog: Buy line link percocet. racked: 2008-12-28 23:51
  • 西暦1936年 - 二・二六事件

    Excerpt: 1936年、軍部独裁を求める陸軍青年将校らがクーデターを起こすが、天皇の命により鎮圧される。 Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2009-11-05 21:40
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 二・二六事件と三島由紀夫…昭和維新思想の神髄 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,??? ?? ???? ??????? ??? ???? ??????? ??? ????? ????? ??? ??.. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 23:12