奉祝!皇紀2667年 紀元節…皇国1万年の地層

皇紀2667年。神武天皇を神話のひと幕とする歴史観がある一方、縄文から連綿と続く謎の王朝も見え隠れする。皇国の原型は古い列島の地層から立ち現れたものではないか…
画像

インドネシアの首都ジャカルタのムルデカ広場に聳え立つ高さ137メートルの独立記念塔。その中に納められた独立宣言書には、不思議な日付が記されている。

「05年8月17日」

この宣言書はインドネシア独立の英雄スカルノ(初代大統領)とハッタ(初代副大統領)の2人が、我が国の敗戦直後に署名したものだ。

昭和20年(1945年)の8月である。
▽インドネシア独立記念塔(monas)
画像

2人の英雄が記した「05」という年号は、皇紀2605年に因んだものであった。ポツダム宣言受諾後の我が軍が押し付けたものではなく、2人が自ら記したものだ。

現在でも、この宣言書はインドネシア独立の決意を示した国宝級の文書として大切に保管されている。

奉祝! 
2月11日 紀元節
画像

本年は皇紀2667年。西暦に660を加えると皇紀となる。

今年も紀元節にあわせて全国各地で奉祝式典が執り行なわれる。中曽根内閣発足後から続いていた政府主催の「建国記念の日の国民式典」は昨年から中止になったが、国民の自発的な奉祝式典は変わりなく開催される。

都内では「紀元節奉祝式典実行委員会」による式典が永田町・星陵会館で行われる他、神社本庁内「日本の建国を祝う会」が明治神宮会館で式典を催す。また、各地の神社でも紀元祭が執り行なわれる。

その中心に位置するのが、奈良の橿原神宮(かしはらじんぐう)だ。

特徴的な美しい神宮である。
画像

橿原神宮は、神武天皇・皇后を御祭神とし、明治23年に官弊大社として御創建された。国家が造り上げたかのような自虐史観の嘘が喧伝されているが、実際は違う。

民間有志の声の高まりを経て、明治天皇の御聖断によって元京都御所の神嘉殿などが下賜され、鎮座することとなった。

その場所は、東遷の途に赴いた神武天皇が、中津国を平定、畝傍(うねび)の橿原の宮にて即位の礼をあげた故事にちなんでいる。まさに国の礎が築かれた宮址である。

多くの神社が高台に築かれているが、橿原神宮の特徴は、畝傍山を借景とした平かな地に鎮座していることだろう。
▽畝傍山(奈良県HPより)
画像

畝傍山は、天香具山・耳成山と共に万葉集に登場する大和三山のひとつだ。

明治天皇の御製も残されている。

橿原の 宮のおきてに もとづきて
わが日本(ひのもと)の 国をたおたむ


我が国の長い伝統と高い文化性が、神武天皇ご即位の宮址に見られる。

【神話を超越した縄文期の発見】

神武天皇は神と人を結ぶ初代天皇とされる。イザナミ・イザナギ神より天照大神…その6代のちが神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)、即ち神武天皇となる。

戦後、唯物史観が幅を利かす中で、神武天皇以降9代は「神話の中の天皇」とする見方が定着しているようだが、それこそイマジネーションに欠けた歴史観だ。

神武天皇の父君・鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)に、日本古代史を解く鍵があるように感じられる…

まず、この20数年で青森の三内丸遺跡群など縄文遺跡の発掘が各地で相次ぎ、弥生以前の列島の姿が再検証され始めている。文明レベルの劣った縄文人が、高度な文化を誇る弥生人に征服された、といった構図では決してなかったようだ。

縄文人は適当に石を砕いて石器を造っていたのではなく、砕いた石を鋭く磨き上げていた。いわゆる新石器時代人だ。

古代オリエントで新石器時代がスタートしたのは8,000年前だが、日本列島でもほぼ同時期か、それ以前に新石器時代に突入していた。

弥生時代のシンボルでもあった高床式倉庫の跡も青森・三内丸遺跡で発掘され、周辺では環状配石墓(ストーンサークル)も見つかっている。
▽復元された6柱建造物(奥羽日報)
画像

弥生と縄文の間には大きな文化的格差があったという歴史観が崩れてきているようだ。そこでは「征服王朝」という考え方も立ち往生せざるを得ない。

弥生時代とは、縄文人の造った社会インフラの上に乗っかった可能性が否定できないのだ。縄文人とは氷河期(第4氷期)の終わった1万年以上前から日本列島で暮らしてきた人々である…

そこで、なぜ鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)にこだわるのか?

【奇書に描かれた幻のウガヤ王朝】

神武天皇は『古事記』『日本書紀』に描かれている古代の天皇だが、我が国にはそれ以外の歴史を記したとされる古文書が多数存在している。

東北の古代王朝の姿を描いた『東日流外三郡誌』や天照大神を男性神とする『秀真伝』など、いわゆる偽書・奇書の類いだ。近代に編纂されたことが明らかな書も多く、冥王星が登場するような単純ミスも見られる…

アカデミズムの世界では、これらの超古代奇書に触れた瞬間、笑い者にされ、学者としては一巻の終わりだそうだ。

筆者は以前、古神道に興味を惹かれ、古代奇書に関する解説本を読み漁った経験がある。そこに頻繁に登場するのが「幻のウガヤ王朝」だった。
▽神代からの系譜(ウィキペディアより)
画像

神武天皇に連なる鵜葺草葺不合命は『古事記』『日本書紀』では1代だが、複数の超古代奇書が、ウガヤ王朝が存在した伝えているという。しかも半端な長さではない。

『九鬼(くがみ)文書』…73代
『竹内文書』…73代
『富士宮下文書』…76代
『上記(うえつふみ)』…72代

額面通り受け取ると、ウガヤ王朝は1,200年以上も続いた計算になる。王朝の成立は実に紀元前1800年から2000年…

まさに伝奇ロマンの世界だが、それぞれの古史文書には、記紀に迫る壮大なスケールで「国生み」の物語が描かれている。『九鬼文書』などは全30巻以上だ。

こうした奇書を笑い飛ばすのは簡単だが、誰が何の利益があって膨大なエネルギーをそこに注ぎ込んだのか…不思議でならない。理屈では考えられない程、気が遠くなる作業だ。

『大東亜戦争肯定論』で知られる作家・林房雄は『神武天皇実在論』の中で、このウガヤ王朝の存在を強く主張したという。

ウガヤ王朝の謎に取り憑かれると、反作用として、続く神武天皇は神話の世界から飛び出し、具体的な歴史上の古代王として鮮明な姿を現す。

林房雄は、ウガヤ王朝を語ると同時に、神武紀元より更に遡る国体の連続性を見つめようと考えていたのではないか?

縄文期の高い文明レベルが判明しつつある現在、その方向は間違いではなかったろう。

【1万年の列島史に刻まれた祭祀王】

「幻のウガヤ王朝」の有無とは別に、天皇誕生には、記紀が示す時代よりも古い地層の叡智が秘められているように思える。古代天皇は、縄文時代の文化を背景に、日本列島に立ち現れたものと想像できるのだ。

「天皇」は世界でも類例のない、祭祀王=プリーストキングである。もとからシャーマニックな存在だった。

それは、神武年代に突然成立したものではなく、縄文期から発展してきたものと考える方が自然だ。つまり渡来文化との接触以前に形成された宗教的な価値観に根ざしているのではないだろうか。

天長節のエントリでも拙く説いたが、国体とは、この日本列島に育まれた文化・文明の根幹と密接に関係し、表層的なイデオロギーによって駆逐されるようなものではない。

わが国体は、1万年の地層の上に聳えている。列島の四季に寄り添って生きた人々の知恵の結晶だ。

皇紀はGHQの日本弱体化戦略によって、戦後、政府機関などが公に用いることを禁じられた。同時に、紀元節も廃止の憂き目に遭った。

それでも多くの国民の熱意を受け、昭和41年に「建国記念の日」として復活を遂げている。

国生み神話や記紀の伝承が、こよなく愛されている証拠だ。

比較するのは少々酷だが、韓国は一時、“檀君紀元”の使用を提唱。1911年に編纂された『桓檀古記』に基づき、西暦紀元前2333年を檀君紀元1年としたのだが、とっくに廃れてしまったようだ。

中共では、学者が黄帝の誕生年を出発点とする“黄帝紀元”を提唱しているようだが、見向きもされていない。そう言えば北朝鮮も独自の“主体年”を提唱していた…

元号との兼ね合いもあって、現在では皇紀が用いられる場面は少なくなった。しかし、記紀のような体系的な史書に基づく固有の紀元があることを誇りに感じる。

皇紀…
実に美しい響きだ。

そこには、建国の物語ばかりか、遥か昔から続く人々の祈りの風景が包みこまれているように思える。

       〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

参考情報:
紀元節奉祝式典実行委員会

参考文献:
上田篤著『1万年の天皇』(文春新書)
田中勝也著『異端日本古代史書の謎』(大和書房)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

この記事へのコメント

会社員
2007年02月11日 09:23
 東アジア黙示録様
いつも,誠実な,きちんとした記事を読ませていただき感謝しています。
 私も,縄文時代に遡ると一万年以上になろうかと思われる日本国、ヤマトの、光輝を誇りに思っています。
黙示録様が、まだ、読まれていないのであれば,是非、お勧めしたい本があります。
 1、縄文人の心を旅する  池田 満 薯
 2、ホツマツタエを読み解く  同じ
 3、ホツマ 縄文日本のたから  同じ
この3冊は
ホツマツタエ、ミカサフミ、フトマニ、の、縄文ヲシテ文字で書かれたヲシテ文献をもとに、私のような、初心者にわかりやすく、神武天皇以前の事が書かれています。私は目のさめる思いがしました。
 自分が日本人で本当に良かったと思いました。
日本書紀、古事記、では、納得できなかったことが、解明されます。記紀原書といわれる由縁がわかります。どこかなつかしいヤマトコトバが溢れていて,心を打ちます。
 漢字国字化文化以前3000年前から、既に日本本来の文字文化があったことは、今,世界にむけての、最強の武器であると思います。
神谷晃良
2007年02月11日 11:30
私は、よく神武天皇を思い浮かべる事が有ります。どんな人物(不謹慎かな、存在?)であったのだろう、と。見るからに他者とは違う神々しいオーラを放っていた方なのか、それとも、その辺にいた至極ありふれた平凡な古代人の一人で在られたのか。面白可笑しく想像してみる事が有ります。只私は、第三代安寧天皇が好きです。どんな方だったか全然知らないですが、『安寧』と言う贈り名?が、国家国民の安寧を祈り続ける天皇の「在り方」を象徴している様な気がするからです。いつも神武天皇ばかり話題にされて、ずるいニダ!たまには第二代、綏靖(すいぜい?)天皇の事も想おうよ。と考えてもいます。しかし、私の中では、神武天皇以降欠史八代の在位期間が長過ぎる、勿論神武帝以降の方々の存在を、否定揶揄するつもりはさらさらないけれど、何か釈然としないのです。
とみた
2007年02月11日 12:29
日本の皇室に怪しげな勢力が関わるようになってきていることを非常に憂慮しています。皇室を否定する勢力は逆にそれを利用するようになってきているように感じられます。
のり
2007年02月11日 13:21
 管理人様、はじめまして。
建国記念日に美しい文章を読ませていただいて、どうもありがとうございます。この日本に生まれたことを、改めて感謝しております。これからも応援しております。がんばってください。
ごんべえ
2007年02月11日 15:10
皇国、皇紀…すばらしい響きとともに日本が世界に誇る歴史が秘められています。
きょうの日を、真の日本人が皇国・皇紀の歴史に目を向けるきっかけの日にしたいと思います。
蓮華
2007年02月11日 15:36
建国記念日。
日本に生まれた事を改めて誇りに思い、
国の父母である天皇皇后両陛下に感謝と敬意の気持ちで一杯になります。
その子である国民が父母と家である国を護る為に尽力しなければいけませんね。
ホイド
2007年02月11日 17:27
去る40数年前大学入学の年ですが、初めて建国記念日が制定された今日この日。少し左前だった小生は建国記念日反対として学校に行った記憶があります。現在は普通の日本人になりました。昨年は孫も生まれ、孫の世代は本来の普通の日本にしたい。
そのような思いがいっぱいです。
日章旗も購入し非国民にならないようにと思っています。
ねこぱんち
2007年02月11日 18:36
アネモネさん、こんにちは。
会社員さんもコメントされていますが、池田満先生の研究はすばらしいです。
私は池田先生もご存知名2人のブロガーさんのブログを愛読しています。

びーちぇのヲシテのクニ
http://beace.mond.jp/index.html
私はこのびーちぇさんのブログを読んでヲシテの時代の天皇を中心として日本を知り、日本人としてとても嬉しく、誇りを感じました。うまく説明できないけど、なんかしっくりこないことが、このブログを読んで正に腑に落ちた感じでした。

真名の日本巡礼
http://blog.goo.ne.jp/manasanda/c/b44ac8ae217b57cbb1df6198aadcb9f1
ヲシテ文献を古事記、日本書紀と比較して解説されています。古い神社の写真も素敵です。

池田先生もブログを書かれています。
http://wosi.cocolog-nifty.com/?blog_id=1038581

お時間のある時に是非除いてみてください!
myuuta
2007年02月11日 18:58
初めまして。興味深いエントリーでTBさせてもらいました。竹内文献は3000億年前からの人類の歴史を書いていますから、スケールが違います。偽文書などと言われていますが、部分的には的を得ていると思います。確か中国の古文書には、中国の方が日本から教わった記録もあるから面白いです。意外にアメリカや中国は日本の古代について真剣に研究しているかもしれません。
キラーT細胞
2007年02月11日 19:34
身近なところから戦後脱却を図る為にも、皇紀をもつと広めたいですね。公の日付表示に積極的に用ゐるべきです。それにしても、皇紀どころか西暦優先元号括弧書きの日付表示をしてゐる新聞・マスコミは一体何を考へてゐるんでせうかね。聖書や十字架は日本人とは無関係だが、暦だけは別だと云ふ訳ですか。暦も歴とした文化ですけど、今の腐り切つたマスゴミに理解しろと言ふ方が愚かなのでせうね。
tea
2007年02月11日 19:48
NHKが変われば日本は変わる!
偏向放送を改めるために、庶民の知恵を集めよう!

【2ch:NHK板】NHK会長を視聴者による選挙で選出しよう
http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1170434533/
2007年02月11日 21:05
>会社員さま
こちらこそ情報ありがとうございます。秀真伝に関する新しい研究も出ているのですね。ヲシテ文字については知りませんでしたが、興味深い。参考になります。
>神谷晃良さま
2代から暫くは情報が欠けているようですが、その部分の研究もなさそうですね。確かに雰囲気の変わった御名が登場しています。
>とみた様
そんな印象を受けます。特に取り巻きの官僚に不審な点を抱かざるを得ない…注意が必要です。
>のり様
初めまして。有り難うございます。やっぱり、紀元節に他の国旗が踊るテーマは相応しくないと考えて急遽、記事を差し替えました…
>ごんべえ様
皇紀や皇国、皇軍…「すめらぎ」の冠がつくとビシッと緊張していい感じです。少なくとも紀元節は、国の成り立ちに思いを馳せる一日であって欲しいです。
>蓮華さま
どの民族でも共通ですが「国が建てられた日」は、長い歴史を鑑みて、過去と将来を同時に見つめる大切な日だと思います。
2007年02月11日 21:05
>ホイド様
学生運動が激しそうな昭和40年代に「建国記念の日」が復活していることも重要ですね。多くの方の努力と情熱があったと想像しています。
>ねこぱんち様
こんばんは。情報ありがとうございます。ざっくり閲覧しました。チャンネル桜でも放映するようですね。ヲシテ文字には、和風の数え方が出て来る…驚きです。
>myuutaさま
TB有り難うございます。毎エントリ拝読させて頂いております。偽文書の烙印をおされても、そこに含まれている知識量は凄い…神道系神様の目くるめくワールドが広がっていて、非常に奥深いと思います。
>キラーT細胞さま
皇紀はやっぱりイイですね。西暦が統一的な国際表現だという意見はイスラム世界を無視した妄言だと思っています。国にはそれぞれの紀年があってしかるべきです。
>teaさま
NHKは紀元節反対集会もたっぷり伝えていた…ガラガラの会場には笑いましたが、報じる意味があるはずない。
キラーT細胞
2007年02月11日 21:20
連投並びにエントリー違ひを御許し下さい。陸上自衛隊が近年市街戦の訓練に力を入れてゐるさうです。
http://wind.ap.teacup.com/netuyo/
朗報です。後は一刻も早く自衛隊を国軍にすべきです。
真・愛国無罪
2007年02月11日 21:58
神話を著した民族またはその王家が次々と歴史の表舞台から去って行くなかで天皇家のみが国の頂点に立ち続けてこられたことは人類史上の奇跡であり、この日本国に生を受けた私の誇りでもあります。
日本文化と皇室の伝統を守り、次世代へ受け継ぐことは全ての日本人に課せられた責務であります。

最後に日本国と天皇家に永遠の栄えあれ!
小龍景光
2007年02月12日 21:49
こんばんは!
すばらしいエントリーをありがとうございます。縄文から連綿と続く文明は日本語の研究からも明らかになってきているようです。
建国記念日もわかりやすい名称ですが、やはり紀元節に戻してもらいたいです。

大和(やまと)には、群山(むらやま)あれど、とりよろふ、天(あめ)の香具山(かぐやま)、登り立ち、国見(くにみ)をすれば、国原(くにはら)は、煙(けぶり)立ち立つ、海原(うなはら)は、鴎(かまめ)立ち立つ、うまし国ぞ、蜻蛉島(あきづしま)、大和の国は
ブルーフォックス
2007年02月17日 09:28
オーストラリアのベン・ヒルズなる人物の「プリンセス・マサコ」について
既に雅子妃殿下擁護,皇室中傷の内容であることが指摘されているが,

同人の妻の金森マユという人物がやはり反日であった.

Googleで「ベン・ヒルズ 金森マユ」検索してみると

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%AB%E3%82%BA+%E9%87%91%E6%A3%AE%E3%83%9E%E3%83%A6&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

ブルーフォックス
2007年02月17日 09:28
「パトス」様より
週刊朝日、雅子様記事でおわび
http://blog.goo.ne.jp/shuuto7/e/71071c4cfb3df0142513e17eeceea007

やはりここでも,雅子妃を擁護して皇室を貶める工作が行われている.
保守派よ,これ以上雅子妃そして東宮家の暴走に黙っていていいのですか?

【参考】

喜々とする朝鮮日報
http://megalodon.jp/?url=http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2007/02/16/20070216000039.html&date=20070217090947

J-CAST
http://www.j-cast.com/2007/02/15005558.html
ブルーフォックス
2007年02月17日 12:11
トラックバックできないので手動でトラックバックさせてください.
「プリンセス・マサコ」やはり雅子妃擁護型皇室解体工作だった
http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/118885/
愛国
2007年02月26日 04:13
はじめまして。紀元節を検証すると200年生きた天皇がいることになるし科学的にありえません。旧約聖書と同じで完全にうそですよ。でも私は天皇制賛成です。雅子さまも大好きなのです。
真名
2007年02月27日 18:35
国史、つまり「日本書紀」を含む「六国史」を否定することは、慎重に、合理的に行われなければなりません。
皇室は尊ぶが、しかし国史は事実を反映したものと認めない、という現代人によく見られる立場は、自己矛盾になりかねないものであるからです。

皇室の根拠は国史にあります。

「現代人が皇室を認めることに皇室の存在意義」という民主主義的意見は、近代人の傲慢でしょう。

日本書紀の年代には不合理があり,また古代スベラギのお名前などにも不審な点が見られます。
しかし、一方、近畿地方には、日本書紀に記載されたとおりの古跡、地名、墳墓が多数現存します。
それらの多くは発掘されていません。
しかし、発掘が進んでいる範囲では、日本書紀の記述の正確さが徐々に裏付けられている状況です。

もう一つ、少し時代が下りますが、「延喜式」などの膨大な宮中文書があります。
そして、日本全国に現存する膨大な数の神社が現存しています。
それらは、皇室の歴史的根拠を明らかにするものです。

この記事へのトラックバック

  • 東亜日報で紹介された“ノ・ムヒョンくんの狂乱発言録”

    Excerpt: 人気ブログ「依存症の独り言」の坂眞氏の著作 『 韓国 が世界に誇る ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録 』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870317.. Weblog: 東アジアニュース racked: 2007-02-11 11:17
  • 天皇と古文書

    Excerpt: 竹内文献の中の神代万国地図 天皇について違った視点で考えてみます。 古代の日本について書いた古文書で認められているのは、日本書紀と古事記ですが、他にもたくさんあり、竹内文献、富士古文書、九鬼文.. Weblog: The planet earth racked: 2007-02-11 18:48
  • 「建国記念の日」考

    Excerpt:  新風連の一員として、こんなことを書いてはおしかりをうけてしまうかもしれないが、「建国記念の日」について考えて見たい。  本日は「建国記念の日」である。ではこの日は何を祝うのだろうか。  .. Weblog: 歴史と日本人―明日へのとびら― racked: 2007-02-11 23:23
  • ●建国を祝う集い 憲法改正を訴える

    Excerpt:  皇紀2667年に当たる建国記念日であった昨日、全国各地で奉祝行事が行われました。すみきった快晴の下、東京・明治神宮会館では、私どもも加盟している「日本の建国を祝う会」(会長・小田村四郎前拓殖大総長).. Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN racked: 2007-02-12 12:57
  • [2/6 23:20]雅子妃殿下の言動”全てご病気のせい”の嘘

    Excerpt: 雅子妃殿下の不可解な行状に関して,すべて“ご病気のため”と片付けてしまおうとする空気があります. 片付けるだけでなく, そこから先の議論・批判を封じ込めようとする空気 が,保守と左翼の両方にあります... Weblog: 雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う racked: 2007-02-12 19:25
  • 雅子妃殿下の反日性・左翼性…反日皇后・左翼天皇誕生の危機(1/30 22:00)

    Excerpt: (1月30日22時00分加筆修正) 雅子妃の愛読書は大江健三郎との疑惑. 仮説:祭祀欠席の真意は日教組教師の反「日の丸」「君が代」「愛国心」と同根? 余り知られていないことですが,雅子妃殿下は意外と反.. Weblog: 雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う racked: 2007-02-12 19:28
  • 建国記念日

    Excerpt: すべての民族はそれぞれ固有の神話を持っている。フランスの神話学者であるデュメジルは「神話をなくした民族は命をなくす」と指摘しています。人間というものは、あらゆる損z内についてそのルーツを知りたがる。物.. Weblog: 大和心を人問はば・・・iZa版 racked: 2007-02-12 21:50
  • 伊藤博文の「日の丸演説」

    Excerpt:  今日は祝日の一つ、建国記念日であった。午前中街に出てみたが、殆ど日の丸を目にすることはなかった。戦前の祝日風景を、当時、筆者は小学生であったが良く覚えている。 各家の軒先に日の丸の旗がゆれてお.. Weblog: 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN racked: 2007-02-13 09:58
  • ■建国記念の日茨城県民大会に参加して!

    Excerpt: ■建国記念の日   茨城県民大会に    参加して! ★☆茨城県は全国で初めて公立高校に『道徳』    の時間を設け、今年4月より実施! ★☆小中.. Weblog: 日本の心を育むネットワーク racked: 2007-02-15 23:42
  • 建国記念の「日」を考えてみませんか

    Excerpt: 2月11日は建国記念の日です。国民の祝日に関する法律には、「建国をしのび、国を愛する心を養う。」とあります。 Weblog: 「大安は良い日」の大ウソ racked: 2007-02-19 10:13
  • 日本巡礼に、ようこそ

    Excerpt: 「真名の日本巡礼」がどういうブログかを、ここに初めて明らかにします。 それは、現代日本の迷走の根源を明らかにし、解決を与える「かもしれない」ものです。 一つ一つの問題を「もぐら叩き」のように潰して.. Weblog: 真名の日本巡礼 racked: 2007-02-27 18:07
  • プリンセス マサコさまの情報サイト

    Excerpt: 雅子さまの情報サイトです。 徳仁親王妃雅子(なるひとしんのうひまさこ、旧名:小和田 雅子(おわだまさこ)、1963年12月9日 - )は、日本の皇族。皇太子徳仁親王の妃。勲等は勲一等、学歴はハー.. Weblog: プリンセス マサコさまの情報サイト racked: 2007-04-08 23:04
  • pxunjpya

    Excerpt: pxunjpya Weblog: pxunjpya racked: 2008-02-10 03:07
  • 神武天皇って誰?

    Excerpt: 今日は何も予定がないから、9時までゆっくり寝た。パソコンをいじったり、本を読んだり、ヒーチャンの作った曲を聴いたりしているうちに、いつの間にか夕方になってた。ん~~~、こんなもんか、休日の過ごし方なん.. Weblog: 踊れ!鬱病サラリーマン racked: 2008-02-11 22:36
  • 博士の独り言さんに取り上げて頂きました

    Excerpt: 政治ブログランキングで現在2位の「博士の独り言」さんに、「よみがえる日本語 ことばのみなもと ヲシテ」を取り上げて頂きました。 ご専門は素粒子学であり、自然科学の造詣が深い方のようです。 それ.. Weblog: 真名の日本巡礼 racked: 2009-08-05 20:15
  • よみがえる日本語―ことばのみなもと「ヲシテ」 発刊のお知らせ

    Excerpt: お待たせしました。 これまでの研究成果の一部をまとめた書籍が発刊されたので、お知らせします。 「よみがえる日本語―ことばのみなもと「ヲシテ」」 これは、ヲシテ文献を書き表す文字で.. Weblog: 真名の日本巡礼 racked: 2009-08-08 16:49
  • 「よみがえる日本語」へようこそ

    Excerpt: {{{: ●使い捨てマスクの再利用法は、'''[http://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/58837567.html こちら]'&.. Weblog: オノコロ こころ定めて racked: 2009-09-22 15:51
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 奉祝!皇紀2667年 紀元節…皇国1万年の地層 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Scriobhadh an Airteagal seo an chruinne Mar sin fein, mas .. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 22:44