東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS コーランと仏典を砕く中共…史上最悪の反宗教国家

<<   作成日時 : 2007/01/10 03:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 12

仏教団体の政治幹部が中共に微笑みかける自己矛盾…二者の共通項は「反日」だ。そして中共は東トルキスタンでも新たな虐殺を始めた。世界史上類例のないこの反宗教国家を放置してはならない。
画像

今年は中共の指導者が相次いで訪日する見込みだ。首相職の温家宝の4月訪日は確定的だが、問題は屠殺鬼・胡錦濤の訪日スケジュールだ。産經新聞などは「胡錦濤9月訪日」の可能性を伝えていた。

それによると中共指導部には、靖国神社の春秋の例大祭前後を狙って訪日予定を組み、首相の参拝を牽制する意図が見られるのだという。 まったく、姑息な手を使う。相互訪問の外交マナーさえも中共は利用するようだ。

これが小泉時代に反日メディアが声高に叫んでいた「アジア外交」の本当の姿なら“失われたまま”の方が良かった…

その一方で「9月訪日説」は、中共が7月の参院選後も安倍政権が続くと分析・予測していることを明かすものだろう。

その中「政府が6月の訪日を打診した」との報道が伝えられた。北京を訪れている公明党代表の太田昭宏が安倍首相の親書を胡錦濤に手渡したのだが、その場で明言は得られなかった。
画像

公明党代表など所詮「子供の使い」である。与党外交でも何でもない。だが、中共指導部は太田昭宏を歓迎し、要人との会談も次々に用意された。

戴秉国、王家端、唐家セン、そして胡錦濤…

僅かな日程で主要な人物と軒並み会談している。

なぜ、中共は創価学会を喜んで迎え入れるのか?

この二者の関係は、古く60年代から始まっているようだが、不透明な部分が多い。

創価学会は韓国などでSGI(創価学会インターナショナル)の信者獲得を行っているが、中共に接近したところで信者拡大はまったく見込めない。宗教組織として最大のメリットが存在しないはずだ。

それにも関わらず、公明党=創価学会と中共の蜜月は続いている。

胡錦濤は8日、こう語ったという。

「昨年7月に古い友人である創価学会の池田名誉会長から親書を頂いた。引き続き両国の友好のために今後も貢献するとの決意が述べられ、非常に感動した」
『公明新聞』1月9日

何故ここまで中共は学会カルトに媚を売る必要があるのか…謎だ。

中共と創価カルトを結ぶのは「反日」の一点だと考える。

「日本を根底から破壊する」という思想信条で、両者は完全に一致しているだろう。共犯関係だ。

【最悪の仏教破壊組織と微笑み合う】

そもそも最大の仏教団体を名乗る創価学会の悪魔のプリンス・太田明宏が、なぜ、世界最悪の仏教弾圧組織のトップと笑顔で握手が出来るのか?

学会員が、この巨大な自己矛盾に気が付かないはずがない。また、この握手を許すならば、創価学会が仏法とは無縁の悪魔崇拝カルトであることを自ら認めるものだ。
□写真:時事通信
画像

同時に、自国内や周辺侵略地で宗教組織弾圧を強める中共指導部にとっても、他国のカルトを歓待することは矛盾に満ちている。

こんなダブルスタンダードはどこから来るのか…

中共は長い文化大革命の時期に、徹底して仏閣を破壊した。その規模では世界史上最大、最悪だ。

かつて「南朝四百八十寺」と謳われた粱王朝の首都・建康に、今や往事を偲ぶ影はないという。

90年代になってからは残された寺院の再塗装などを行っているようだが、単に観光開発の一環で、本来の信仰とは無縁の拝金主義だ。

ちなみに建康とは現在の南京である。

中共が弾圧しているのは仏教や道教に限らず、キリスト教、イスラム教などすべての宗教だ。

その中で近年、加速しているのが、イスラム封じである。8日、中共の宣伝機関・新華社が“非情事態”を発信した。

【恐怖分子=テロリストはどっちだ】

東トルキスタン(ウイグル自治区)の制圧者たちが1月5日、パミール高原で東トルキスタン・イスラム運動(=ETIM)のキャンプを襲撃し、18人をその場で殺害、17人を拉致した。

新華社電は、殺害した18人等をテロリストと断定して、訓練基地を暴いたとしている。日本のメディアも8日夜に共同通信などが丸々引用した記事を配信しているが、新華社の短い記事の中にも、事実関係の矛盾が発見できる。

「自家製手榴弾22個、未完成手榴弾1500個を押収」

参照:人民網『テロ訓練基地を粉砕』
意味不明だ。30人以上が隠れていた基地に、人数より少ない22個の手榴弾しかなかった?どんなテログループだ。
□会見する公安幹部(人民網)
画像

また「未完成手榴弾」などという言葉は悪質な造語だ。爆薬が1500個相当あったということだろうが、それも額面通りには受け取れない。

東トルキスタン・イスラム運動(=ETIM)については、ウィキペディアでも解説が施されているが、実態があるかどうかさえ疑わしいのだという。

ウイグル関係の詳細な情報を提供している『真silkroad?』様によれば、ウイグル側はETIMという組織は今は存在していないと語っているようだ。パキスタン軍に抹殺されたとされる指導者ハッサン・マハフームが率いていたのはETIMではなくTIP(トルキスタン・イスラム党)と見られている。

参考情報:『真silkroad?』8日付け記事

つまりETIM=東トルキスタン・イスラム運動なる組織は、実態が定かではなく、中共はそんな幽霊団体を相手に「テロとの戦い」をしているのだ。

【独立運動とテロは180度違う】

国連安保理は2002年にETIMを「テロ組織」に認定したが、実態をどこまで把握していたのか…中共の一方的な資料に基づいて認定を行ったとしたら、暴挙だ。

国連テロ認定では米国の側面支援も受けていたようだが、それにはイラク戦争を前に中共の支持を取り付ける黒い意図もあったと見られる。付け焼き刃的な米国の身の振り方だ。

実際に中共がETIMをテロ組織と認定したのは、それから1年以上が経過した2003年12月のことだ。その際、中共はETIMがアル・カーイダと繋がっているとブチ上げている。

アル・カーイダと密接なテロ組織が手榴弾22個しか保有していなかったそうだ。

誰がウソを付いているかハッキリ分かるだろう。

5日に中共が襲撃したのは、高度なテロ組織ではなく、独立運動に関わる小規模グループだったと考えられる。例え小規模であっても、彼らには罪がない。

何しろ東トルキスタンは侵略され、住民は圧政を強いられているのだ。
□画像:同地域での公開処刑
画像

漢族支配が強化される中で独立運動が高まるのは自然な流れだ。

問題の本質は、中共が非情な植民地支配を続けていることにある。国際社会は、そのような独立運動と、無差別大量殺人を厭わない国際テロ組織を混同してはならない。

そして、東トルキスタンで起こっている悲劇を誰よりも憂慮しなければならないのは、世界13億のムスリムだ。

【イスラム冒涜国家=中共を裁け】

近年になって我が国では東トルキスタンの置かれた異常な状況が伝えられるようになってきた。これまでマスメディアが隠蔽した事実がネット上で暴露されたことが大きい。
画像

だが、世界に散らばるイスラム教徒たちは、アジアの片隅で中共が続けている反イスラム政策を、どれほど知っているのか?

例えば、昨年3月にブッシュがパキスタンを訪問したが、複数の大都市で反米デモが巻き起こった。その一方、胡錦濤が12月に訪問した際に反中デモが勃発したとは報じられていない。

確かにイスラエルの後ろ盾である米国は「アラブの敵」と見なされても仕方がないだろう。だが、米国でムスリムが弾圧され、コーランの所持が問題とされることはない。

では、中共はどうか…

明確な反イスラム国家である。

ムスリム弾圧を国家規模で進めている唯一の大国だ。米国に向けた憎悪の何割かを中共に差し向けるべきだろう。自己満足の反米運動に酔っている場合ではない。

本当のイスラムの敵は中共だ。

連中こそ真の冒涜者である。
画像

シンボルの新月が飾られた東トルキスタン国旗が、赤く塗り潰されている事実を黙って見ていてはならない。

イスラム世界と遠く離れた日本からも、悲劇の国を憂う声があがっているのだ。善良なムスリムは連帯せよ。

今後、我が国と中共の敵対関係は、より先鋭化するだろう。

その時、イスラム世界は、どちらの側に味方するのか、悩む必要などない。

答えは明白だ。


         〆

最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

******************
【side story】
YouTube上に複数ある東トルキスタン関連の映像をファイルしておきます。

「中共による東トルキスタンへの人権蹂躙」

「東トルキスタンの悲劇」

「UYGHUR TURKS」

「忘れられたムスリム」

いくつかの画像は上記映像からキャプしました。
BGMだけで綴られた映像などがイスラム世界で理解されることを祈ります。
また、『諸君』2月号で紹介されていた英ジャーナリスト製作の衝撃ドキュメンタリー『シルクロードの死神』もアップされています。
『真Silkroad?』様のエントリから御覧下さい。
「Death on the Silkroad シルクロードに散布された死の灰」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【News】一番のテロリストは中国の共産主義者たち by ノーベル平和賞候補者ラビヤ・カーディル
1 名前:Mimirφ ★[] 投稿日:2006/11/22(水) 23:39:36 ID:??? これが中国政府がひた隠すウイグル人「公開処刑パレード」と「核実験場の奇形乳児」だ  在米ウイグル人協会会長 ラビヤ・カーディル http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164206376/  ウイグル人のラビヤ・カーディルさん(58歳)は中国で最も成功した実業家の一人である。カーディルさんは1948年、東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)の... ...続きを見る
【時事とコピペ】
2007/01/10 21:28
中共の工作機関・公明党!
ランキング(政治)に参加中 最初から工作機関だった公明党 !胡錦濤総書記、公明党の太田代表と会談中日両国の政党間の友好交流は、両国人民の友好感情の増進、国家関係の健全な発展に、独特な役割を果たしている。中国共産党は両国の党間& ...続きを見る
博士の独り言
2007/01/10 22:04
新疆公安、「東トルキスタンイスラム運動」武装訓練基地を攻撃、続報
アネモネさんのブログからリンクをもらっている、07年1月8日に新疆公安に発表された「東トルキスタンイ ...続きを見る
真silkroad?
2007/01/11 00:01
新疆公安、「東トルキスタンイスラム運動」武装訓練基地を攻撃、続報
アネモネさんのブログからリンクをもらっている、07年1月8日に新疆公安に発表された「東トルキスタンイ ...続きを見る
真silkroad?
2007/01/13 11:36
福田はアジア軽視
http://news.livedoor.com/topics/detail/3308412/靖国参拝しないことがアジア外交を重視している証らしいが実際はアジア重視や友好などではではなく中国共産党、南北朝鮮、華僑への屈服に他ならない ...続きを見る
ラサのブログ
2007/09/15 18:03
Cheap generic 2mg xanax.
Generic xanax no prescription. Buy generic xanax information. Generic xanax 2 mg no prescription. Generic xanax. No prescription xanax generic. ...続きを見る
Generic xanax no pre...
2008/11/10 19:37
Buy xanax.
Buy xanax. Buy 180 xanax. Can you buy xanax without a prescription. ...続きを見る
Buy xanax without pr...
2008/11/11 12:40
Oxycontin online.
Purchase oxycontin generic online. Buying oxycontin online. ...続きを見る
Oxycontin online.
2008/11/12 13:41
Xanax.
Buy xanax online. Xanax. Buying xanax with mastercard. ...続きを見る
Xanax.
2008/11/25 07:37
Butalbital.
Butalbital vicoprofen. Butalbital. ...続きを見る
Butalbital order onl...
2009/02/12 15:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
世界最大のモスレム人口を擁するインドネシアは親日国です。また欧州とアジアにまたがる地政学的に重要なモスレム国家・トルコも親日国です。そして東トルキスタンは、その名の示すとおりトルコ系の国です。さらにイラク駐留の成功で日本はアラブ諸国によい印象を残したはずです。
いまこそこれらイスラム諸国と戦略的関係を築きシナを包囲しその西側から牽制することが我が国益にかなうことです。
安倍総理は、その著書『美しい国へ』で短いながらトルコとの戦略的関係について触れました。その安倍総理は今回の訪欧でNATOも訪問する予定です。NATOの東アジアへの拡大。まことに理にかなったことです。それとあわせて、シナ包囲網を築き上げ、その危険な覇権主義を封鎖し阿Q帝国主義を崩壊に追い込むまで戦うことが日本に期待される世界史的歴史的使命ではないでしょうか?特亜をのぞくすべてのアジア諸国(チベット、ウイグル、内モンゴルを含む)の期待を裏切ってはなりません。
マルコおいちゃん
2007/01/10 07:00
シナ指導部の訪日云々には反吐が出そうです。
安倍首相は「行く・行かない」を鮮明にしなくていいから、今春の例大祭には先手を打って参拝し、既成事実化すべきです。安倍政権になってからシナの態度が変わったというのは、どうせ作り物に過ぎないのだから。大田代表に親書を託すなどもってのほか。

シ・韓訪問に続く訪欧も大事だが、何を措いても訪米が先だったのでは?安倍親派の小生もスタンスを疑わざるを得なくなってきた。

東トルキスタンに関わる今回の殺人事件の報道も、事実を歪曲して伝えるシナの常套手段。何事によらず、事実を歪めたシナのプロパガンダには呆れるとともに、その徹底さには感心してしまう。そのトラップにかかったマスコミ報道だけを見ていたのでは、そのつもりがなくともトラップに嵌ってしまう。怖いことです。
ごんべえ
2007/01/10 14:23
>マルコおいちゃん
大国インドネシアの関係強化は急務ですね。1月から入れ替わった安保理の非常任理事国の中では頼りになるのはインドネシアくらいです。大島さはもう気が付いていると思いますが…
NATO接近も画期的です。特にロシアが暗黒パワーを増す中で、再びNATOの立ち位置も変わってきています。シナへの武器輸出問題で圧力を加えるチャンスですし…
アネモネ
2007/01/10 21:23
ごんべい様、麻生外務大臣の『自由と繁栄の弧』戦略を是非ご覧ください(※)
今回、日本の首相のNATO訪問が史上初であったことを思えば、今回の訪問の持つ重要性は論を待ちません。
しかも、英訪問でブレア首相は、日本の国連常任理事国入りに積極的な賛意を表明してくれました。
たしかに対米関係も大変重要ではありますが、同時に価値を同じくするユーラシアの国々との関係も緊密にしておいたほうが、日米安保以外にまたひとつ安全保障が担保されることになるのではないでしょうか。
中国・ロシア・イラン等は、上海協力機構によって、資源や軍事の包囲網を形成しようとしています。
であれば当然、日本も対抗措置を取るべきです。
アメリカを信頼しないわけでは決してないが、いつまでも親日的な共和党が政権を掌握しているわけでもなく、民主党が趨勢になりつつある今、歴史的に見ても日本に対して厳しい対応をする党であったことを忘れてはなりません。
(※)http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/18/easo_1130.html
yuukoku
2007/01/10 21:28
>ごんべえ様
悪辣なのは靖国を政治問題化した中共です。日本側が政治テーマから取り下げたのを睨んで再利用を企んでいます。その手にわざわざ引っ掛かる必要はないです。
小泉訪米が5月にあったので慣例的に一定の間隔を空ける必要があったようですね。
訓練基地の報道は、一方的なので思い切り超訳しました。こうした報道を丸まる引用することは危険です。ウソばかりですからね。
アネモネ
2007/01/10 21:30
>yuukokuさま
『自由と繁栄の弧』は注目です。これまでになかった外務省の戦略的な発想。その中でもやっぱり重要な位置を占めるのがインドネシアですね。今回の訪欧では恐らく重要な部分が表に出て来ないように思ってます。鍵はEUのソラーナ、そしておいちゃんの言うようにNATOでしょうか…
アネモネ
2007/01/10 21:36
日本の民主党は党大会で中国共産党の幹部を招くとのこと。
一党独裁、人権蹂躙、民族浄化、賄賂社会の支配階級の幹部を呼ぶというのです。
一体何を考えているのやら。自民党の政策に不満でも、これでは民主党に投票するわけにはいかない。情け無い野党だこと。
北斗
2007/01/10 22:16
やはり、このブログは私にピッタリ。こんなに自分と観点・価値観を同じくする日本人集団に巡り合えて嬉しいです。創価学会って明らかに神社信仰そのものを否定していますよね。身近にいる学会員は、暗に(やんわりと)神社の参拝を断ります。鳥居を潜れぬ者共等。去年の女系天皇推進の一翼を担ったのもこいつ等です。(他に在日、サヨク共等)私は、そう看做しています。でも、この教団って、日蓮宗からも破門されている筈です。古(いにしえ)より伝わる仏教各宗派に在って、排他の宗派とされる日蓮宗からも破門される教団って、一体どんなカルト教団よ?とビビってしまいます。その教団政党が日本国政権与党でしょ?有り得ないと思いません?私個人の思惑では、最終的には創価解体が一つの目標です。(今は味方、だから内緒)創価殲滅、無理かな?
神谷晃良
2007/01/10 22:20
>北斗さま
民主党も大胆な利敵行為をしますね。思い出しましたが太田昭宏が代表就任後に訪問したのはロシア…まともな国には行けないんでしょうかね。与野党ともに問題議員が多すぎます。

>神谷晃良さま
励ましのお言葉、恐縮です。今ハッと気付いたのですが、修学旅行などで神社に入らず外で待っている先生とは学会員なのかも知れませんね。日教組だとばかり思っていましたが、実は違うかも…
アネモネ
2007/01/10 23:09
靖国ネタで一つ。私個人の思惑で恐縮ですが、安倍政権(安倍総理)は、去年の訪中に拠って、靖国参拝を自身の強力な手持ちカードにした筈なのです。安倍総理大臣訪中の際の中国の歓迎振り。「自己陶酔の小泉とは異なり、安倍は知恵者」。ここで、派手に安倍総理大臣が靖国参拝を挙行したら、胡錦濤政権窮地に立ちませんか?だから中国は、安倍総理大臣に靖国参拝させない様な日程で、首脳訪日を果たそうとしているのでは無いのか?と勘ぐっています。今ここで、(派手な靖国参拝に拠って)中国と敵対するのは得策ではないけど、でも、靖国参拝は続けて欲しい。だから、ひっそりと人知れずの靖国参拝(曖昧戦略)、有りかな?とも思っているのですけれど。問題は糞サヨク反日マスコミ。空気読ませず、派手に報道させて胡錦濤政権に地雷を踏ませて見るのも、楽しげです。安倍総理大臣、安倍政権に果たしてその根性(どんな形でも良いから、兎に角「参拝」)が、有りや、無しや?ドキドキしてしまいます。
神谷晃良
2007/01/10 23:19
yuukoku様
ご意見ありがとうございます。
誤解されたかも知れませんが、私は日米安保丸投げ論者ではありません。むしろ、日米安保を補完するものとして、東方へ門戸を広げつつあるNATOへの加盟を真剣に検討すべきと考えています。日本の都合がどうであれ、アメリカの事情が日米安保を不履行せざるを得ないことだってあるわけですから。
私は、安倍首相のNATO訪問や麻生外相の『自由と繁栄の弧』構想を否定するどころか明確に肯定するものです。
私が言いたいのは、ものの順序のことです。
日本は、きょう明日にも現実になるかも知れない脅威に晒されています。これに対応するには日米安保しかないでしょう。差し当たって足元を固めたうえで長期的な観点からNATO諸国との関係を強化していくのが順序だと思うのです。(つづく)
ごんべえ
2007/01/11 11:13
yuukoku様(つづき)
今朝のニュースでは、ブッシュはドイツにいる安倍首相に電話して、新しいイラク政策を説明し協力を求め、なおかつ首相の早期訪米を要請したようです。
それでなくともブッシュ政権の足元は揺らいでいます。アメリカを頼りにするだけでなく、日米同盟に関してアメリカのスタンスを確認し、釘をさす意味においても、訪米が先だったのではないかと思うのです。
ごんべえ
2007/01/11 11:15

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

コーランと仏典を砕く中共…史上最悪の反宗教国家 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる