東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔女法廷でTBSが猛毒電波…反日メディアの大暴走

<<   作成日時 : 2007/01/31 03:01   >>

驚いた ブログ気持玉 17 / トラックバック 8 / コメント 19

「法廷ごっこ」裁判で噴飯判決が出された。更に判決を受けて朝日・TBSなど反日マスコミは狂喜乱舞…敵工作組織と一体化した妄言拡声器の標的は安倍首相だ。
画像

フィクションである“従軍慰安婦”を断罪したインチキ法廷。それを番組として宣伝したNHK。更には、政治家の圧力を“発見”したとウソを振りまく朝日新聞の開き直り…

わが国は果たして法治国家なのか?

不逞極左グループ「バウネッット」が起こしたNHK番組訴訟の控訴審判決で、1月29日、東京高裁はあろうことか、原告の訴えを一部認め、NHK本体と孫請け制作プロダクションに賠償命令を言い渡した。
画像

国賊裁判長・南敏文は「国会議員らの発言を必要以上に忖度して当たり障りのない内容に変えた」と経緯を認定。200万円の“見舞金”を極左団体にプレゼントすると約束した。

訴訟を起こした極左グループは大喜びだが、一方で、東京高裁は、2年前の『朝日新聞』の捏造報道を足蹴にしている。

「政治家か番組に直接介入した事実は認められない」

安倍首相、中川昭一政調会長がNHKに圧力をかけて言論の自由を阻害したとする『朝日新聞』の記事は「根拠なし」と見なされたのだ。

それでも、東京高裁の判決は言い逃れ出来ないほど粗雑で乱暴な内容だった。

今回の訴訟は「期待権の侵害」が争点で、NHK番組の狂気性を問い直すものではなかったが、敵=反日ファシストの術中に自らはまり込んだ白痴的な判決だった。

インチキ魔女法廷が、再現されたかのようだ…
画像

敵勢力=バウネットが裁判に乗り出した真の狙いは、判決内容よりも、訴訟そのものがニュースとして流されることにあった。

実際に、1審判決や29日の高裁判決では、醜悪な工作組織の長たらしい名称がマスメディアで連呼される結果となっている。

そこに秘められた大問題とは、日本社会の破壊を企む反日工作組織と、売国メディアが巧みに連携して、奴らの毒電波を増幅している事実だ。

判決を伝える報道には、我が国を汚す反日ファシズムの典型が垣間見られた…

【5面も使った朝日の発狂報道】

30日の『朝日新聞』は、低俗タブロイド紙も顔負けの判決マンセー記事で埋め尽くされた。

■1面では11段で、単純計算で70%を支配。見出しはNHKに賠償命令 東京高裁「議員の意図忖度」

■3面の社説も「裁かれた政治への弱さ」と題して、毒を吐いている。

■35面(第1社会面)は10段60%を割いて、原告側の主張を垂れ流し、更に「NHKが面会取り付け 安倍氏を巡り高裁認定」と自社の捏造報道で居直った。
▽30日付『朝日新聞』第1社会面
画像

■34面(第2社会面)でも8段を使い、識者の擁護発言を掲載。

■33面(第3社会面)にまで進出し、判決の要旨を8段で伝えている。

圧倒的なボリュームだ。目眩がした。
ちなみに総連ミサイル博士逮捕の記事は朝刊ではゼロ行だった…

『朝日新聞』がここまで即応キャンペーンを張る動機は、もちろん“圧力スクープ”記事をキッカケにしたHNKvs朝日の構図にある。だが、本当の矛先はHNKではなく安倍首相ひとりにあることは明白だ。

まさに安倍首相、袋叩きの様相である。

そうした反安倍キャンペーンなら、TBSも輪をかけて酷かった…猛毒電波だ。

【反日女の独演会…TBSが垂れ流す】

『NEWS23』は決して見ないが、30日未明に、TBSの24時間報道ch『ニュースバード』で、判決が報じられているのを瞥見した。

恐らく『NEWS23』のVTRと同一だろう。「異常に厚く伝えている」というのが見た目の印象で、その後、TBSのWebサイトに同じVTRがアップされているのを発見した。

最悪の内容だった…『朝日新聞』より悪質だ。

VTRは長さが、3分5秒。“力作”である。(以下6枚の画像はTBSニュースより)
まず、VTRはバウネットの反日女の喜びの声を延々伝える。
画像

これが20秒。
続いて、勝訴に湧く弁護団の会見。
画像

ここでやっと判決の概要を伝えたと思ったら、次は高裁前の大はしゃぎシーンが出現。

続いて、NHKの報じた問題番組を再放映して、ニセ慰安婦が涙で訴える場面が登場。ドサクサの印象操作だ。
画像

更に、NHKチーフ・プロデューサーの涙の会見。
画像

続いて、やっと中川政調会長のコメントが入る。
画像

午後8時過ぎの安倍首相の反応はブツ切りで、申し訳程度だった。
画像

これで最後の締めかと思ったら、バウネットの発狂女が再び登場…

エンディングは、NHKの上告の意向を紹介し無難にまとめたが、3分弱のVTR中、バウネットの西野瑠美子の喋りは、35秒もあった。

偏るにも程がある公平性のなさだ。まるでバウネットの独演会のようだった…

【北工作組織に言論の自由などない】

バウネット(VAWW-NET JAPAN)が、極端な反日集団・親北工作機関だったことが、そもそもの問題だ。

今回の報道で同グループのフロントに立ったのは、西野瑠美子というルポライターだった。
画像

この西野は『朝日新聞』の反日魔女・松井やよりの筆頭子分だったが、松井の死によって代表格に登り詰めた。

どんな思想の持ち主なのかは、頭蓋骨を開けなくても見当がつくが、今や非人権・女性差別を推進する急先鋒だ。

最新の仕事を紹介しておこう。
画像

1月26日発売の『週刊金曜日』で、香ばしいレポートを書いている。記事のタイトルは「朝鮮学校高級部生徒が語る 私たちが朝鮮と日本の架け橋になりたい」

非常に判り易いスタンスだ。西野のバックにはドス黒い在日ヤクザがついている。

そしてバウネットは本部の住所も公開できない団体だ。

移転している可能性もあるが、東京都文京区春日2丁目の「春日shimaビル」にあると見られている。

そこに公開できない理由があった。

2005年10月、西新井病院を舞台にした薬事法違反事件で朝鮮総連系「科協」の副会長が逮捕された。その「科協」副会長・鄭明洙(チョン・ミョンス)が社長を務める「メディア・コマース・リボリューション」が同じビル内に置かれていたのだ。

このビルには、もうひとつ朝鮮総連と密接な会社がある他、「全印総連」という労組の本部も置かれている。この労組は印刷・出版関連の巨大労組で、マスコミへの影響力が大きい。

極左の牙城だ。
バウネットの正体を明かすものだろう。

しかし、バウネットに対して「極左」といった表現は、まだ甘過ぎる。

HNKvs朝日の戦いが始まった時、様々な媒体で指摘されたが、朝鮮総連を飛び越えて北朝鮮と密接に関わっていることも判明している。

【宿命の闘い…安倍首相vs黄虎男】

小泉訪朝の際、安倍官房副長官は最高位通訳として現れた男と対峙した。宿敵・黄虎男だ。
▽中央が黄虎男(写真:産経新聞)
画像

バウネットの異常性が「WiLL」などで詳しく報じられた時、わけても衝撃的だったのが「魔女法廷」に北朝鮮の権力中枢が深く関わっていたことだった。

検事役として茶番に招かれた北朝鮮の黄虎男(ファン・ホナム)と鄭南用(チョン・ナミョン)の二人が工作員であることが暴かれたのだ。

現在でもバウネットのHPには堂々と両者の名前が掲げられてる。
画像

特に黄虎男については、2001年6月、安倍官房副長官(当時)が、 ヴィザ発給を止めたことが知られている。

黄虎男が「つくる会」の反対集会に招聘されたことを知って強硬姿勢を示したのだ。

それ以前は北朝鮮高官のヴィザ発給を司る外務省幹部が、何も調べずに入国を認めていたという。実際、黄虎男は2000年暮れの「魔女法廷」の際には、ヴィザを貰って入国している。

安倍首相は立場上、発言を控えているが、早い段階から黄虎男が北の密命を帯びた危険人物と知っていたようだ。

黄虎男のような人物が天皇陛下までを断罪する茶番に参加したことを苦々しく感じていたに違いない。

ましてや、工作員の裁く魔女裁判が日本の国営テレビで大々的に放映されることなど許せるはずがない。

【反日ファシズムの暴風圏】

東京高裁は、30日の判決で安倍首相が当時、NHKに「公平中立の立場で報道すべき」と指摘しただけで圧力と認定しなかった。

『朝日新聞』は、それを受けて鬼の首をとったかのように喜んでいるが、問題は「公正中立」などで済ませるレベルではない。

敵国の工作員が我が国のテレビで日本を断罪しているのだ。主権に関わる問題である。

それがバウネット魔女法廷問題の本質だ。

この完璧な反日ファシスト組織を「市民団体」などと表現したら、その瞬間にメディアとしては死を迎える。

ところが、TBSも『朝日新聞』も工作組織バウネットを「市民団体」として言論の自由を守る“英雄”扱いだ。

反日マスコミの優等生は、裁判にかこつけて、売国陣営の妄説を拡散する報道しかしなかった…これこそ、メディアを味方につけた反日ファシズムの典型的な事例だ。

現在、連中の矛先は安倍首相に一点集中している。
画像

19年前に有本さん夫妻と対面し、拉致事件に衝撃を受けた安倍首相は、古くから反日ファシズムの実態に気付いてた数少ない議員だ。

「教科書議連」などの活動を通じ、我が国を覆う反日勢力が、敵性国家と深く連携し、共鳴作用を起こしていることを知っていた節がある。

拉致問題への取り組みはその象徴であって、全てではない。外交はもとより、内政問題である教育改革も反日ファシズムと闘う姿勢で貫かれている。

安倍首相が「戦後レジーム」と言う時、そこには戦後体制に甘える反日勢力への敵愾心が垣間見られる

それを敏感に察知したのは、不幸にも保守陣営ではなく、当事者である反日勢力だった。今や連中が、安倍首相を最大の敵として挑んでいるのは明らかだ。

かつての対森政権を上回る反日ファシズムの暴風圏に、安倍首相は包み込まれている。普通なら耐えられる風圧ではない…そして、嵐が直ぐには止なまいと、安倍首相本人は心得ているだろう。

暴風雨の中、舟を漕ぎ続けなければならない。そして、暗雲を演出しているのもまた、売国マスコミである。

決戦だ。

敵勢力は一枚岩で直接対決に臨んで来ている。


        〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

参照:イザ!1月30日
「政治忖度して番組改編」NHKなどに賠償命令


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
左翼同士の内ゲバ判決
NHKに200万円賠償命令=元幹部らの番組改変認定−東京高裁 従軍慰安婦問題をめぐる民間の「女性国際戦犯法廷」を取り上げたNHK番組が政治的圧力で改変されたとして、主催者の市民団体がNHKと制作会社2社に4000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(南敏文裁.. ...続きを見る
渡部昇一的ココロだー!!
2007/01/31 09:04
雅子妃殿下の反日性・左翼性…反日皇后・左翼天皇誕生の危機(1/30 22:00)
(1月30日22時00分加筆修正) 雅子妃の愛読書は大江健三郎との疑惑. 仮説:祭祀欠席の真意は日教組教師の反「日の丸」「君が代」「愛国心」と同根? 余り知られていないことですが,雅子妃殿下は意外と反日・左翼勢力(韓国を含む)と”縁”があります. 言うまでもなく,これらは雅子妃殿下のご病気とは一切無関係です. 1.何故チッソ江頭豊の孫が皇太子妃になれたのか? 「Taurosのインターネット案内」様の記事より18 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4444/s... ...続きを見る
雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一...
2007/01/31 21:29
皇室侮辱罪・模擬裁判禁止法を作れ!
 2000年12月に東京で「女性国際戦犯法廷」というものが左翼団体VAWW-NE ...続きを見る
Empire of the Sun太陽の...
2007/01/31 23:26
東京高裁「政治家の圧力なし」認定で朝日は?
 バウネットジャパンがNHKを訴えていた裁判で、昨日1/29に東京高裁の判決が出ました。 各メディアの第一報を見ていて気づいたこと。 毎日、読売、産経、日経、TBS、NHKは伝えたが、朝日新聞、ANN(テレ朝)、共... ...続きを見る
ぼやきくっくり
2007/02/01 00:01
中国・尖閣諸島領有権を強く主張
 中国が尖閣諸島の領有権を強く主張し、中国の調査船の調査活動への日本側の抗議に対し不満を表明しました。 ...続きを見る
ネトウヨのブログ
2007/02/07 01:04
Anime.
Anime. ...続きを見る
Anime.
2008/05/31 10:15
Klonopin.
Klonopin. ...続きを見る
Klonopin.
2008/06/07 05:12
louis vuitton outlet
魔女法廷でTBSが猛毒電波…反日メディアの大暴走 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Haec autem scripta sunt prorsus, si vultis videre potes Suspendisse consequat dictum est:louis vuitton outlet,http://www.fortsask.ca/fortsask/lv.aspx ...続きを見る
louis vuitton outlet
2013/11/09 22:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
朝日と他紙を見比べてみた感じで「NHKとバウネット痛み分け、政府に責任無し」という結末になったと思ってます。
ただ、この「期待権」というのが引っかかりました。彼らは今後もこの権利を拡大解釈して、今後も振りかざして行くでしょうね。
蓮華
2007/01/31 03:27
>蓮華さま
仰る通り、原告が一方的に勝ったとは言えないようですね。特に裁判長の評価はマチマチです。医療過誤訴訟に使われるという「期待権」をかざす攻め方はテクニック的に巧妙。相変わらず反日訴訟の弁護団は強力です。
アネモネ
2007/01/31 04:21
公共放送に工作員が堂々と出演して反日宣伝をしているというのは一体どういうことでしょうか?裁判の判決以前にこのことのほうが大ニュースだと思います。国民から視聴料を強制徴収するメディアが、北朝鮮の工作員を出演させた。万死に値する行為です。

安倍首相の「国民を守ると言う声」を国民に届けるにはどうしたらいいものか。。。テレビや新聞の偏向報道に潰されるのではないかと心配でなりません。何かいい知恵はないものか。。。
うらら
2007/01/31 04:28
安倍総理におかれては総連関係の締め付けを黙々、粛々と進める事で反日ファシズムと戦うだけでなく、はっきりとした声をあげて国民に支持を呼びかけることが肝心かと愚考します。それには国会審議の場が最適かと。TV中継のある審議中の発言なら、反日メデイアの偏向を排して直接国民に訴えることができます。
いろいろご考慮のむきがおありになるのは当然でしょう。それゆえ総理就任とともに胸にしまいこんだその真意を、もうそろそろ表現される時期ではないでしょうか?
国民の注目と支持をしっかり集めた小泉的手法に学ぶべきところもあると思います。
マルコおいちゃん
2007/01/31 05:46
>TV中継のある審議中の発言なら、
>反日メデイアの偏向を排して直接国民に訴えることができます。

しかし、生中継以外だとカットされちゃうんですよね。その手の発言は。

辛坊治郎「『あるある』が捏造だって言うんだったら、この間の某局の夕方のニュース番組で、安倍総理の所信表明演説って45分あったんですけど、その中で「美しい国」と言ってるところだけつなぎ合わせて『総理の所信表明』ってやってる。これの方が立派な捏造だと思うんだけどなぁ」(07年1月27日「ウェークアップ!ぷらす」)
ミロ
2007/01/31 08:28
本間氏の女性スキャンダルに始まって、事務所費、そして閣僚の「不適切発言」と続き、
マスコミによる、嵐のような安倍バッシングが始まっています。
毎日のように『支持率が下落! 支持率が下落!』と狂喜乱舞する新聞・テレビ・・・
それは嬉しいことでしょうね。
なぜなら彼らが懸命に安倍バッシングをやった成果が、そこに現れているわけですから(笑)
こうしたことをネタに、針小棒大に印象操作するのは、彼ら『極左』の得意技です。
今、『安倍首相』『石原都知事』『産経新聞』と、右派を殲滅する為の工作活動が我々の眼前で実に巧妙に行われている。
今度の参院選は日本国の分水嶺となり、そこで日本人の意識が問われることになるでしょう。
今や日本は、本当の危機に立たされていることを我々は知らねばならないと思います。
アサピー嫌い
2007/01/31 08:58
今の左側の人間には子供はいないんでしょうね。
中・朝に取り込まれれば、粛清の対象は日本人ですからね。
自分達の子供達を死に追いやることも自身のイデオロギーの前では受け入れるんでしょうね。
同じ国民とは思えません。
私は内戦を覚悟しています。
悪魔に魂と子孫の未来を売る左・赤・全体思想の人間達と本気で日本人は戦うべきです。
我が国のメディアは既に敵国の共謀機関なのでしょうから。
我死するとも、子孫の未来は守る!!
2007/01/31 09:48
こんにちは。アネモネ様の力作ブログをいつも拝見しております。
私は安倍総理には納得いかないことも多々ありますが(靖国、河野談話、村山談話、山拓への対応、日中交流、経済政策)、反日勢力から敵視・攻撃されているということは、彼でいいということなんでしょう。とりあえず。
当方一介の庶民で、政治の内在論理とやらはさっぱりわかりません。でも国を憂えていると鬱鬱としてきます。ことに外国に媚びへつらう人間の多さには絶望しています。
須崎一馬
2007/01/31 10:43
この件の本質的問題点は次の2点。
@バウネットが「女性国際戦犯法廷」なる催しをしたこと。
AバウネットとNHKが共謀して、それを公共電波に乗せたこと。

番組作成過程で両者の間にズレが生じたわけだが、それを「政治家の圧力問題」に置き換えてしまった。
NHKが最初から、番組として取り上げたことの非を認めれば、問題の本質に迫れたのだが、この段階でもNHKは敵の罠に嵌ってしまった。

バウネットが提訴した目的は、@政治家の圧力があったことを裁判所に認めさせること、A売名行為の二つだっただろう。
全面勝訴などとはしゃいでいるが@が認められず臍をかんでいる筈、しかし、Aは十分すぎる効果があった。しかも、反安倍プロパガンダにまで利用できたのだから大成功だった。

高裁判決の結果、今度は「期待権」云々に問題がすげ変わってしまった。
問題の本質に迫らない限り、”日本の敵”を壊滅することは出来ない。
NHKは今からでも、バウネットと共謀した中身を開示すべしと思うが、無いものねだりか?
ごんべえ
2007/01/31 10:57
我死するとも、子孫の未来は守る!!氏が仰る通り、将来我が国で内戦が勃発する事も十分有り得ますね。支那王朝末期特有の崩壊過程の入口に立つ中共が、いづれ国民の不満を逸らす為に外へ打つて出るのは必定です。東アジア大乱を目前にした今、真当な日本人は国と共に滅びる覚悟を決めるべき秋だと思ひます。
キラーT細胞
2007/01/31 12:31
期待権の侵害。これ認めたら何でも有りになりますよね。これからどんどんマスコミが期待権侵害で訴えられる様になって、マスコミは困らないんですかね〜。


安倍さんには、マルコおいちゃんさんが仰るように、そろそろ国民にぶちまけちゃって欲しいです。
マスコミが編集しようが無いほどに、うまい事発信して欲しいです。
ねこぱんち
2007/01/31 15:46
我々国民には「期待権」なる権利が保証されていることを今日初めて知りました。
その割りにはマスコミが中立の立場に立って報道してくれることを期待する我々の権利は侵害されまくっているんですけどそのことについてマスコミはどう説明してくれるんでしょうか?
我々国民には有事の際には国が我々国民を守ってくれることを期待する権利があります。そして有事の際に国家が利敵行為をした者を処刑することを期待する権利があります。
そうですよね、アネモネさま?
真・愛国無罪
2007/01/31 18:10
>うらら様
原告側の正体を考えると、裁判以前の問題ですね。それをマスコミが隠すことに公平性の欠如があります。正攻法では太刀打ちできないですね。
>マルコおいちゃん
ここは角田事件について何かリークすべきと考えますが、なぜか自民サイドも沈黙してますね。塩崎官房長官の説明下手も祟っているように見受けられます。
>ミロさま
発言内容を意図的に組み合わせるのはTVの得意技ですが、それこそ印象操作ですね。その点、殆どの発言が録画・録音される大臣は不利で、野党党首は有利ですね。
>アサピー嫌い様
メディアの右派狩りは特にテレビで顕著です。論壇誌の売り上げでは圧勝しているのに、大メディアは旧態依然。この辺りに変革を呼び起こす必要がありそうです。
>我死するとも〜様
もう老害サヨクは、過去の正当性と自己満足に浸っているだけのようで、社会を破壊することしか見えていないようです。ほんとに自分の子供たちの将来をどう考えているのか…
アネモネ
2007/01/31 19:01
>須崎一馬さま
こんにちは。有り難うございます。反日勢力のベクトルの方向は逆に、誰が正しいことを言っているか判るケースがありますね。極左は外国勢力と一体化している所にこそ問題性が潜んでいます。
>ごんべえ様
意図していた@の目的は達成されませんでしたが、売名行為は大成功です。早い段階で、工作員を含んでいた事を理由に、NHKを提訴すべきでした。国営放送がテロ集団の広報をした事が最大の問題点です。
>キラーT細胞さま
反日ファシズムは単なる思想対立ではないので、特亜を巻き込んだ死闘となります。我が国も大混乱に陥りますが、これ以上やり過ごして後世の先送りことは許されません。
>ねこぱんち様
今日の産経新聞「主張」は、期待権の拡大解釈に懸念を示しています。1審に比べ2審の方が幅を広げているので、今後どうなるのか。朝日も喜んでいる場合じゃないと思いますが…
>真・愛国無罪さま
高裁判決はかなり異例のケースで、弁護団が狡猾だったようです。期待権の解釈を広げていったら、どんな事例にも適用できそうですが、その点ではこれまで国には期待を裏切られ続けていますね。
アネモネ
2007/01/31 19:02
物事の上面しか知らない私ですが、この判決は「面白い」判決だったと考えます。見た目、NHKの一人負け。朝日新聞が狂喜乱舞しているそうですが、(勝ち誇ったような社説を載せていましたね)「政治家の圧力は、有ったとはいえない」との判断。即ち「安倍、中川(昭一)両議員の圧力による番組改編」と報道したの朝日の記事は、両議員の追い落としの為の捏造、となりませんか?例の市民団体(バウネットと言うのですか)にしたって、故松井やよりが北朝鮮の工作員を検事の席に立たせ、昭和天皇を被告席に置いて、有罪判決を下す、と言う内容の番組をNHKとつくっていた事が、大々的に報じられてしまいました。喜んでばかりもいられない気がします。可愛そうなNHK、バウネットの希望通り、昭和帝を被告席に立たせた、「無修正」を放送してやれば良いのです。サヨクの自爆劇に見えます。深読みかもしれませんが・・・。
神谷晃良
2007/01/31 19:46
しかし今、TBS「ニュース23」見てますけれど、ホント編集の仕方が卑劣だわ。柳沢大臣が登壇する所で映像を打ち切って、後は、野外での女性キャスターの(恐らく相手を選んでの)インタビュー。私達の「期待を裏切らない」と言う点では、立派ですが、兎に角、編集方法が卑劣に過ぎますね。嫌だなあ、と思いながらも、つい見てしまう私は負け組?映像メディアでは確かに、テレビ朝日よりTBSの方が醜悪ですね。このキャスターが都知事になったら、日本は終りそうですね。
神谷晃良
2007/01/31 23:08
http://ameblo.jp/disclo/entry-10024528312.html (きち@石根)
[裁判官選定に問題があります。]
この南敏文裁判長はILO(国際労働機関)への出向経験者なのです。ILO(国際労働機関)というのは国連と連携する国際機関ですが実態は国連人権委員会と同じく国際人権屋ネットワークグループが国際的圧力を具現化するために利用する機関となっています。つまりこのILOこそが「強制連行・従軍慰安婦問題」を我が国政府に突きつける圧力組織そのものなのです。
ようちゃん
2007/02/01 00:35
正論の昨年12月号に載った、米国保守派ロバート・ボーク氏の発言が左翼陣営を鋭く評していました。 以下ボーク氏発言引用
詩人のイェーツが、「社会で最良の人々には、知的道徳的な確信が欠けている。しかし最悪の人々には、恐るべき情熱がある」と書いていましたが、その通りですね。フェミニストや左翼活動家の情熱は強烈なものです。彼らは自分達のイデオロギーを徹底的に社会に押し付けようとする、全体主義的メンタリティの持ち主です。保守的な人達はそれに押されっ放しになり、ファイト・バックしようとしない。(中略)我々が、「確信に満ちた道徳規範」を取り戻さないと、左翼グループによる社会破壊はますます進むでしょう。彼らは「人々の歴史観をコントロールすれば、現在の政治をコントロールできる」という政治戦略を意図的に実行しているのです。左翼陣営の「文化戦争」の活動方針は、国際間で共通しています。最近では左翼的な裁判官たちまで、国際共闘を始めています。左翼の法律家達は活発に国際会議を開き、彼らのイデオロギーを世界諸国に押し付けようと企てています。 引用終わり
日本などチョロイでしょうね・・・・はぁ。
梅昆布茶
2007/02/01 01:41
『ブログで ひとこと 言わせてちょ〜だい』 : ●ボロボロの安倍内閣に日本を任せられるのか?
http://sfjohndo.exblog.jp/6416729

上記は赤坂のテレビ局に勤務する40代毒男のブログだそうで、やっぱり、局の体質と同じ匂いがぷんぷんしてますね。ニュー速+で見つけましたw
朝日に匂ふ山櫻花
2007/02/04 11:51

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

魔女法廷でTBSが猛毒電波…反日メディアの大暴走 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる