東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS “強制連行”秒殺の新視点…溺れる総連を棒で叩く

<<   作成日時 : 2006/12/17 01:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 23

北朝鮮が840万人説をふりまく中、総連幹部が論評で“強制連行”妄言を取り下げた…北本国と総連の見事な分裂だ。この在日最大のウソ“強制連行”神話を一瞬で粉砕する攻撃方法を提示する。
画像

朝鮮総連の機関誌『朝鮮新報』が15日に配信した記事に風変わりな表現が紛れ込んでいた。11月の総連東京本部への捜索を非難する内容だが、その中で在日朝鮮人の来日の由来について、こう書き記している。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私たち在日朝鮮人は、日本の朝鮮植民地支配によりやむなく日本に居住するようになった人々とその子孫であります。
〜〜〜引用終わり〜

この記事は『イプサム』様の16日のエントリ「強制連行の文言を使えなくなった総連」で知ったのだが、そこで指摘されているように、朝鮮総連は旧来、堂々と“強制連行”という用語を用い、拡散に努めていた。

もともと総連シンパが広めた特殊用語で、北朝鮮本国も作為的に活用。売国メディアも好んで使ってきたキーワードだ。

「反日用語の基礎知識」としては巻頭を飾るような最重要の単語である。

わずか2週間前に配信された『朝鮮新報」の論説記事には、こう書かれていた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
周知のように、日本にいる朝鮮人は日帝によって強制連行され苦役を強いられた人々とその子孫である。
〜〜〜〜引用おわり〜〜

“強制連行”の四文字がしっかり刻み込まれている。

「周知のように…」などと言っていた割には、その2週間後には全く別の表現になっているではないか。『朝鮮新報』のメーンページにはまだ“強制連行”の文字が見えるが、かなりブレているように見える。

15日の記事は、総連東京本部の幹部・朴昌吉の署名入り記事だ。この朴は、12月1日にも総連の公式サイトでも同様の表現を使用している。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
もとより、在日朝鮮人は植民地支配の犠牲者として日本に住むことを余儀なくされた人々とその子孫であります。
〜〜〜〜引用おわり〜〜

朝鮮総連が公安警察の強制捜索に抗議集会

総連の完全な意思統一がなされたと考えるのは早計だが、一枚岩の威圧的政治組織で、このような表現の違いが出ることはない。
画像

しかも“強制連行”は、総連が金科玉条にしている造語である。善良な日本人を脅し続け、様々な特権を獲得した背景には常に、この造語があった。
在日朝鮮人が語る捏造史の根幹をなす四文字なのだ。
これを取り下げたら、在日が激しい要求を行う大前提が簡単に崩れ去ってしまう…

では、北朝鮮本国は在日の来歴について、どのような表現を使っているのか?

【北本国は840万人の大盤振る舞い】

12月11日付の労働新聞には、恥かしげもなくメチャクチャな主張が掲載されている。

「840万人余りの朝鮮人強制連行および拉致犯罪を認め、誠実な謝罪と補償をまず行うべきだ」

相も変わらず840万人の“強制連行”だ。しかも、拉致犯罪とまで言っている。

この840万というトチ狂った数は、3年前に突然出てきた数値だ。
労働新聞が新たに指摘−「日帝が強制徴発した青壮年数は840万人」
拉致事件が我が国で非難を集める中、北朝鮮本国が慌ててブツけてきた数字なのだが、余りの捏造ぶりに総連関係者さえも赤面したのではないか。

しかも、最近では840万の拉致犯罪とまで言っている。

本国さまがここまでなり振り構わぬ援護射撃をしているのに、当事者である朝鮮総連が“強制連行”を取り下げては失礼だ。

今さらブレてどうする。本国の主張を受けて「我々は拉致被害者だ」とでも言ってみたらどうか?

一方で“強制連行”をめぐる総連のブレは、本国の“拉致珍説”や“誇大妄説”に端を発しているようにも思える。

つまり、最近によく目にするのは「無理やり連れて来られたのなら、どうぞ、ご自由にお返り下さい」という論調だ。

正論と思える。

来歴に、連れて来られたという犯罪性があるのなら、それを解消するための基本的な対応は「原状回復」である。元の状態に戻すこと。

これが「拉致犯罪」だとすると、より鮮明になるだろう。“拉致被害者”の権利など拡大しても何ら意味がない。求められるのは“被害者”の原状回復。全員で北に帰国することだ。

こうした点からも総連サイドは、“強制連行”説を振りまくことが逆に自らを追い込む…と考え始めているのではないだろうか。

【“強制連行”を砕く新視点・序】

“強制連行”が在日朝鮮人と反日サヨクの連携による捏造ストーリーであることは、周知のとおりだ。

そこで、この造語を粉砕する新しい視点・手法を提示してみよう。

少々ややこしい論理展開になる…

「新しい教科書をつくる会」は、“強制連行”について「日本を糾弾するための政治的意味合いを持って造語された」と訴えている。

これでもまだ、甘い。

結論から言えば「強制連行」という言葉は、政治的な意図を含んだ完全な造語である前に、日本語として成立していない。

熟語としておかしいのだ。

まず、“強制連行”という四字熟語が登場した歴史的な経緯から見てみよう。
画像

首都大学東京の鄭大均教授の『在日・強制連行の神話』によれば、この四字熟語が広まった契機は、有名な朴慶植の『朝鮮人強制連行の記録』(未来社)であることは間違いない。

この本が出版されたのは1965年。朴は執筆時、朝鮮大学校歴史地理学の教員であった。朴はこの本を出版する3年前、1962年に『太平洋戦争中における朝鮮人労働者の強制連行について』と題した論文を発表している。
(一橋大学非常勤講師・外村 大さん論文より)

これに先立って、1960年に“強制連行”という言葉を使っている人物がいる。鄭大均教授が「管見するところ最も古い例」として挙げている者だ。

岩波書店『世界』60年9月号に発表された論文『朝鮮と日本人ー極東の緊張と日・米帝国主義』だ。執筆者は、藤島宇内という当時のコリア論者で、平壌にも何度か訪れている親北の研究者であった。
画像

また“中国人強制連行”については50年代から一部で使用され、外村氏の研究では、最初に活字となったのは60年に出された『中国人強制連行事件に関する報告書』だとしている。

四字熟語の歴史を確認したうえで、ここから本題に入る。

【教科書を開く前に辞書を読む】

そもそも“強制連行”という熟語は誤りである。
「連行」という単語の中に、既に強制性が含まれているのだ。

岩波国語辞典
☆れんこう《連行》=人を引っ張るようにつれていくこと

広辞苑
☆れんこう《連行》=Aつれて行くこと

角川類語辞典
☆れんこう《連行》=犯人などを強制的に連れて行くこと

広辞苑の説明はそのままだが、角川類語辞典にはハッキリと「強制」の意味が含まれることが明示されている。

これで「強制連行」を説明すると…「強制的に犯人などを強制的に連れて行くこと」になってしまう。

日本語として明らかな誤りがある。
熟語としては重複表現だ。そこが作為を証明できるポイントだ。

「誘拐」や「拉致」などにも元から強制の意味が含まれ、強制誘拐、強制拉致といった熟語は成立しない。

また、任意同行という言葉があるが「任意連行」は誤りだ。もし「連行」に強制の意味合いがなければ「任意連行」も成立するが、そんな言葉を国語学者は認めないだろう。

ちなみに「連行」は英語でtakingだ。
「強制連行」ならForcing taking となるが、そもそも英語のtakeは「〜を連れて行く」「〜を移す」といった軽い意味合いしかない。

Forcing kidnapping=無理やり誘拐…なんて熟語を使ったら、笑われるだろう。その同じ誤りである「強制連行」が我が国では平然と罷り通っている…

この認識が重要なのだ。
それが熟語の誤りにまで遡った深い理由である。

【教科書に政治的造語が氾濫する】

歴史教科書から“従軍慰安婦”は消えたが、やや古い平成16年度のデータでは未だに殆どの教科書に“強制連行”の四字熟語が踊っているという。

2004年にセンター試験では、解答に“強制連行”を選ばせる出題もあった。これに対して文科省は「9割近い教科書に記述があり問題はない」と答えたようだ。

問題ありだ。

“強制連行”が行政用語、専門用語として存在していたなら、百歩譲って諦めるが、現在判明している限りでは、一部勢力が使い出した明確な政治用語であり、プロパガンダの一種である。

そもそも日本語として誤りなのだ。

反日ファシストが産み出した造語、日本語として存在し得ない四字熟語である限り、教科書では使用できない。マスメディアも同じだ。

これは史実があったか、なかったかと言う以前に、言葉の問題である。

もし、歴史教科書を製作する各出版社が、日本語として成立しない四字熟語を今後も使用したいならば、“強制連行”なる用語が50年代以前に新聞、小説などで使われたケースを複数列挙しなければならない。

恐らく、ないだろう。

“強制連行”が史実ではないからNG、また政治的な意味合いが濃いからNGだ…という論法では完全に粉砕するまでに史学的・政治的論議を経なければならない。

だが、日本語として矛盾、誤りがあるのなら直ぐにでも粉砕できるだろう。

その勝算は充分にある。


         〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
在日朝鮮人が総聯東京都本部、警視総監に申入書
('A`)えっと、まず状況を把握できていません・・・ ...続きを見る
勝手なニュース
2006/12/17 12:37
見当違いの努力
在日朝鮮人が「迫害やめて」と街頭活動(西日本新聞) - goo ニュース 北朝鮮によるミサイル発射、核実験などの影響で、在日朝鮮人の子どもたちに対する嫌がらせなどが全国各地で相次 いでいることを受け、在日本朝鮮青年同盟福岡県本部(福岡市博多区)は16日、同市中央区天神で街頭活動を行い「在日朝鮮人に対する迫害はやめて」と訴え た。これまで大阪、京都、広島など全国の主要都市で実施されており、九州では初めて。---------------------------------------------... ...続きを見る
電脳空間「高天原」
2006/12/17 15:08
国内の敵性勢力に鉄槌を・・・
警察庁による犯罪動向と治安についての報告で、北朝鮮によるテロ活動の危険性が指摘され、その中で、朝鮮総連による破壊活動の危険性も指摘された。 ...続きを見る
手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ
2006/12/17 16:53
鮮人ネットワークを叩き潰せ
さて、前のエントリーでは我が国を蝕む犯罪者集団支那人に焦点を当てましたが、今度は鮮人です。 当然我が国にとっては、こちらも『害』ある人種。 支那人と比べても、勝るとも劣らないといっても過言ではありません。 ...続きを見る
日出処の民
2006/12/17 19:36
精神分裂症の左翼・うつ病の保守
 心理学の本を読んでいると現代日本のさまざまな問題(イジメなども)がよく理解でき ...続きを見る
Empire of the Sun太陽の...
2006/12/17 22:18
louis vuitton outlet
“強制連行”秒殺の新視点…溺れる総連を棒で叩く 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Hierdie artikel is geskryf om die presiese Maar, as jy wil verwante artikels wat jy kan die inligting hier sien om te sien:louis vuitton outlet,http://www.fortsask.ca/fortsask/lv.aspx ...続きを見る
louis vuitton outlet
2013/11/11 01:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
礼拝日の朝から清々しからざるコメントで恐縮ですが、学生時代に「臭い臭い」は適切なのかを半日議論したことがありました。好ましくはないが口語では区別のためにあっても良いのではないかとハッキリした結論が出ませんでした。「強制」と「連行」はたしかにそうですね。「アウシュビッツ強制収容所」はどうなんですかね。

2006/12/17 08:21
>>求められるのは“被害者”の原状回復。全員で北に帰国することだ。
こうした点からも総連サイドは、“強制連行”説を振りまくことが逆に自らを追い込む…と考え始めているのではないだろうか。

とのお説は核心を突いていると思います。そして総連はかなり追いつめられたとの自己認識があるのだと考えます。政府は法律に基付く総連への措置を粛々と進捗してほしいと思います。もう一歩だ。今までが甘すぎた。

シナとその属国の日本語による宣伝機関・朝日新聞は正しい日本語がご自慢なのですから、是非率先して「強制連行」の使用を停止すべきでしょう。
マルコおいちゃん
2006/12/17 08:34
「強制連行」されたと主張している人達はこれまでいくらでも祖国北朝鮮に戻る機会はあったのに決して戻ろうとしません。彼らの言うことが彼らに一番都合のよい作り話である証拠。
よしお
2006/12/17 11:18
「強制連行」なんてなかったこと知らない無知な日本人もまだまだいるようです。子供の学校で、さもあったかのように教えているのには、驚きをこえて爆発しそうでした。子供にはしっかりと本当の歴史を教えました、子供は答案に日本は朝鮮から感謝されることはあっても、謝罪する必要のないことをしっかり書きました。
ココア
2006/12/17 12:12
いや、実に明快、分かりやすい。歴史認識以前の問題だ。今まで気がつかなかったけど、こんな日本語がないことは確かだ。”捏造された事実”である従軍慰安婦や大虐殺とは次元が違う。
言葉を捏造し、事実を捏造してきた反日サヨどもに未来はあるまい。
ごんべえ
2006/12/17 14:25
連中は「強制」という形容詞がコトのほか気に入っているようです。
「徴用で…」といわず、「強制徴用で…」と表現する。
「徴用」なら「強制」に決まっとるだろが(笑

ついでに申せば、「徴用」も「徴兵」も英語では‘conscription’
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%BE%B4%E7%94%A8&stype=0&dtype=3
ならば、連中は自国の「徴兵」も「強制徴兵」というべき(笑

要するに、『従軍慰安婦』の「強制」とか「強制性」(=河野洋平)とか「言い逃れ」の後遺症だと思います。

極め付きは、「強占時代」…
http://www.ksyc.jp/sinsou-net/kyuumeihou.htm
連中は「日韓併合条約」を認めないから、「日本統治」は存在せず、従って「日本統治時代」も存在しない。
日本は朝鮮を「強制的」に「占領していた」だけだという理屈で、日帝強制占領時代(強占時代)だと。
多馬
2006/12/17 15:44
>豆さま
「収容所」には強制性の意味は含まれていませんが、確かにおかしいですね。任意収容所なんてあるはずがない。押し込むのだから、一様に強制でしょう。まだまだ考えると変な熟語がありますね。
アネモネ
2006/12/17 16:37
>マルコおいちゃん
総連の対マスコミ圧力の中には言葉の強制が多かったようです。その尻馬に便乗したが民潭サイド。“強制連行”
は北シンパの発案であることは明白。
圧力を突破する言語空間が出現したことで、嘘がバレつつありますね。もう二押し、三押し必要です。
アネモネ
2006/12/17 16:41
>よしお様
ホントにご都合主義です。結局、それが将来に禍根を残すと考えてなかったのでしょうね。今さら「やむなく住まわされた」なんて滅茶苦茶な理屈です。
アネモネ
2006/12/17 16:43
>ココアさま
歴史教科書が更に酷くなったのは80年代後半だそうですが、大人の気が付かない所で、反日謀略が進行していたとは…親が洗脳を解くなんて余計な苦労。教育の歪みを正すことは早急な課題のようです。
アネモネ
2006/12/17 16:47
>ごんべえ様
歴史認識以前の言葉の問題です。今まで誰も気がつかなったとは到底思えません。軍や政府の指令書がなかったと判明した時点でアウトのはずなんですが、言葉だけ先走った好例ではないでしょうか。
アネモネ
2006/12/17 16:50
>多馬さま
「強占時代」とは、酷い煽り方…なんでも「強」を付ければ印象を悪くできると考えているのか…そう言えば、「強○」も半島南のお家芸。「強〜」が好きなのは日本人ではないってことですね。
惜しいかな、河野妄言談話には、“強制連行”っていう熟語は出て来ない…もしかしたら、政府は用語の誤りを知っていたのか。手始めに潰したかったのは河野妄言なんですが、シッポを掴めなかった…無念。
アネモネ
2006/12/17 16:56
TBありがとうございます。
確信を突いた解釈ですね。
総連内部も混乱している
のは間違いないでしょうが
まだまだ、その影響力は
大きいと思われ、
さらに圧力をかける事は
重要だと思います。
イプサム
2006/12/17 18:44
>イプサムさま
わざわざ、コメント有り難うございます。
乱れもあるようですが、安心してはならないでしょうね。この組織が内部から崩壊するとは到底思えないので、一層の監視と圧力が必要と考えます。北の暴発の前に、総連の暴発が怖そうです。
アネモネ
2006/12/17 20:09
改正教育基本法」が与党の賛成多数で成立したことを受け、民族教育の権利確立や、人権保障などに取り組む「コリアNGOセンター」(大阪市東成区)は16日、「改訂教育基本法成立にかかわっての声明」を発表した。 教育基本法の審議が、在日コリアンをはじめとする多民族・多文化の子どもたちの教育や人権について「なんら触れられないまま進んだ」と批判。「改訂法では『愛国心』や『郷土愛』を徳目として位置づけており、多民族・多文化の子どもたちの存在がさらに軽んじられ、これまで以上に萎縮(いしゅく)を強いられないかと強い危惧(きぐ)を抱いている」としている。 その上で今後、学習指導要領や教育振興基本計画など、関連法規の改定論議では「日本政府も批准する国際人権諸条約の趣旨を踏まえた人権教育や多民族・多文化共生教育」を位置づけることを要望。その中で、「愛国心や郷土愛が強調されることのないよう」求めた。【中村一成】 ソース:毎日新聞(2006年12月17日)
ようちゃん
2006/12/17 22:03
漢字の意味なら、「政治」はどうでしょうか?
「正しい父が治める」ってなっていますよね。
これは漢字の組合せをばらしたら、こういう意味になるって事でエントリーの「連行」とはちょっと違いますが、面白い話だと思います。
「政治」って差別用語だったんですね。
差別の嫌いなサヨクの方は「セイジ」か「せいじ」と表現すべきですね。
通りすがり
2006/12/17 22:04
>「愛国心や郷土愛が強調されることのないよう」
とは、どういうことなのでしょうか! 我が国が我が国の伝統と文化に基づき、愛国を尊ぶ教育を行うことが、そんなにも脅威と感じ、生活できないことなのであれば祖国へ帰ればいいでしょう。 自国への愛国心も誇れる文化も持たず、傍若無人な振る舞いを続ける朝鮮人は我が国に居る必要ありません。 度々内政干渉や妨害破壊行為を声高に喚く暇があれば航空機でも来たように密航だろうと手段を選ばず帰国してください。人権擁護法案など我が国国民にとっては不要であり、鮮人が率先して確立を目指すなど、我が国に対する侵略行為以外なにものでもないでしょう。



ようちゃん
2006/12/17 22:08
 左翼はレトリックrhetoric美辞巧言が性癖なのです。
 観念論に陥る精神分裂症患者なのです。
柳生すばる
2006/12/17 22:16
>ようちゃん様
中村の悪行は、新エントリで軽く触れました。この男の正体=在日説は、いまひとつハッキリしていないようですが、ウトロでの暴走を早めにとめないと…
アネモネ
2006/12/18 04:29
>通りすがり様
なるほど、分解すると父権主義そのものになるのですね。ジェンダー問題で差別を振りまく連中にこそ知って貰いたいですね。
アネモネ
2006/12/18 04:31
>柳生すばる様
これは柳生殿。
TB慎んで送らさせて頂きます。分裂症とはおもしろい…彼らのレトリックは巧妙ですね。そればかり考えているとも言えますが…
アネモネ
2006/12/18 04:33
>“強制連行”が史実ではないからNG、また政治的な意味合いが濃いからNGだ…という論法では完全に粉砕するまでに史学的・政治的論議を経なければならない。

=================
「朝鮮人の強制連行神話」を見聞きするたびに思うのですが、一体これまで日本の大学の近現代史家は何をやっていたのか、と。
彼らは日本による朝鮮統治の実情や、現在の在日朝鮮人の大部分がどういう経緯で日本に定住するようになった、本当のところのことを知っていたはずです。でも何も行動を起こそうとしなかった。
むしろ「朝鮮人の強制連行神話」に積極的に加担してたように思えて仕方ありません。
現に今現在でも「朝鮮人の強制連行神話」を真っ向から否定している近現代史家というのは上記の鄭大均教授以外ほとんどいないのではないでしょうか
aaa
2006/12/24 23:30
連投ですんませんけど
>一体これまで日本の大学の近現代史家は何を>やっていたのか、と。

これ政治家もですね。
朝鮮総連や民団の妄言が今日のようにこれほど社会的影響が大きくなるまでなぜ放置していたのか。
多分かなり多くの日本人が感じている疑問ではないかと思います
aaa
2006/12/24 23:49

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

“強制連行”秒殺の新視点…溺れる総連を棒で叩く 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる