ご皇室“中傷”芝居の卑劣漢…『週刊金曜日』の暗黒宣伝

『週刊新潮』最新号で、醜悪な不敬寸劇が演じられていた事が告発された。主催したのは在日雑誌『週刊金曜日』だ。それは御皇室への中傷に留まらず、理性の片らすらない外道芝居であった…
画像

奉祝
画像

敬宮愛子内親王殿下におかれては12月1日、5歳の御誕生日を迎えられた。

それに合わせ、去る11月24日、赤坂御所にて白馬にお乗りになるお姿などが報道向けに公開された。
画像

画像

お健やかな御成長を心より願い、御誕生日を慶祝いたします。

また11月30日、秋篠宮文仁親王殿下におかれては41歳の御誕生日を迎えられ、記者会見の内容が新聞各紙などで詳しく伝えられた。

同時に、御一家の最新の報道写真も配信され、すくすくとご成長される悠仁親王殿下のお姿も拝むことが出来た。
画像

敬宮愛子内親王殿下、秋篠宮文仁親王殿下の御誕生日を国民の一人として慶祝すると共に、御皇室の千代八千代の栄えを謹んでお祈り申し上げます。

今年の最も喜ばしい報せが、悠仁親王殿下の御生誕であったことは言うまでもない。

しかし、そうした日本国民の感情を逆撫でする不敬な集会が開かれていたことを知るに及び、こみ上げる哀しみと怒りを禁じ得ない。

【不敬を越えた畜生道の集い】

『週刊新潮』12月7日号の巻頭に、由々しき集会を伝える記事が掲載された。「マスコミの報道を正す会」の本間尚代さんによる告発だった。
画像

■実際に会場を訪れて告発した本間さん。チャンネル桜に緊急出演し、実態を語った

11月19日、都内で『週刊金曜日』主催の緊急集会が開かれた。そこで我らが御皇室を中傷する芝居が演じられたと言う。

その小演劇は、内容の詳細を文字にすることさえ憚れる不敬で、卑劣なものであった。

皇后陛下に扮した石倉直樹というコメディアンが、舞台で他の主席者と様々な掛け合い芝居を行った。

その中身たるや戦慄すべきものだ。

本間女史によれば、親王殿下に模したという猿のぬいぐるみを高く放り投げたり、天皇陛下の過去の御病気を笑いの種にしたり、まことに信じ難い不敬な内容であったという。
画像

断じて許せるものではない。

また、御皇室への愚弄とは別に、赤ちゃんに見立てた人形を粗雑に扱ったり、病いを笑いものにすることは、人間として許容される範囲を越えている。

彼らは自分たちが畜生道に堕ちた人間であることを自白しているようなものである。

この集会は年に1回以上のペースで行われる『週刊金曜日』主催のイベントであったという。会場には2000人が集まったと伝えられるが、これを入場者や観客と表現するのは誤りである。
単に「動員数」という。

本間女史によれば、会場の席に居た殆どが「9条の会」バッジを付けていたそうだ。仮装した政治集会であり、こうした手法は古いサヨクが度々使うものである。

それでも、舞台上で御皇室への中傷が続く異常な事態に、会場は静まり返ることも多かったという。人間としての理性が僅かに残っているのだろう。

【国賊役者・石倉直樹とは誰か?】

『週刊金曜日』は、北朝鮮賛美の記事を掲載していることから『週刊金正日』の愛称を貰っていることなどは有名だ。

筑紫哲也や本多勝一ら老害サヨクの吹きだまりであり、傷を舐め合って喜んでいるような自虐雑誌だが、一般誌というより機関誌に近い。

まともな日本人なら一生縁のない雑誌である。

最大の不敬行為を働いた輩は、石倉直樹という無名コメディアンだが、どのような人物なのか?
画像

今後の公演予定を見ると、他言無用というグループで12月9日にも舞台出演がある。公演会場は「三宅坂ホール」となっている。
■他言無用Webサイトは1日夕方に緊急閉鎖されたもよう
画像

この名称では判らないが、実際は「社会文化会館5F大ホール」である。財団法人・社会文化会館は福島瑞穂が筆頭理事を務める社民党の牙城である。旧社会党時代に江田三郎が全国からカネを掻き集めて造った施設だ。

つまり、社民党シンパである石倉直樹は内輪で芝居をさせて貰っているに過ぎない。
画像

だが、そこが問題だ。

石倉は、皇后陛下の真似を持ちネタにしているという。社民党は今でもこうした不敬芝居の最大の支援者なのだ。公党としてそれは許されるものではない。

そして『週刊金曜日』もまた、社民党のシンパで固められている。

【姜尚中も出演者名簿に…】

御皇室の中傷集会に出席した反日文化人は…

佐高信 本多勝一 永六輔
上原公子(東京・国立市長) 中山千夏

などで、社民党シンパ・9条の会関係者で占められている。

筑紫哲也は急遽参加をキャンセルした模様だ。逃げ足だけは早いのがこの男の特徴である。

また、当日現れなかったが出演者名簿には姜尚中や粱石日の名前があった。
同罪である。
また右翼を自称する雨宮処凛も飛び入り参加したという。この女は『週刊金曜日』に寄稿する常連だ。

在日文化人としてNHKにも登場するようになった姜尚中を筆頭に、こうした不敬集会が在日文化人の手で立案・実行されている事態を重く見る。

佐高信や本多勝一も様々な媒体で在日であると指摘されているが、反論や告訴が一度もないことから事実を認めているに等しい。

在日外国人による他国のロイヤル・ファミリー罵倒が都内で堂々と行われて良いものか?
良いはずがない。

また同日の舞台では、在日外国人に対する興味深い“理解度”も見られた。

石倉直樹が園遊会での王監督の発言を揶揄した。

「王さんは“日の丸のおかげで優勝できました”と仰ってましたが、この人が日の丸のおかげなんて言うのは、おかしいじゃありませんか?」

どこが、おかしいのか?

王監督は、国籍こそ中華民国だが、台湾籍の父と日本人の母の間に生まれたハーフである。

ハーフが、日の丸を背にしたら問題でもあるのか?

決してそのようなことはない。

王監督は国民栄誉賞も授かり、日本のファンに支えられている存在だ。立派な紳士であり、日本国民の誇りだろう。我が国に暮らす全てのハーフへの侮辱発言だ。これも許されない。

こうした何気ない舞台での発言に、逆に、反日文化人のあからさまな差別感情が垣間見られる。

我が国で声高に“外国人差別”を訴えるものこそ、実は差別を助長し続け、列島住民の亀裂を呼び込み、そこから得られる利権をあさろうとする者たちだ。

つまり、彼らは「在日差別の解消」を謳う一方、背後では在日利権をしゃぶり尽くしているのだ。それが今後、わが列島にどのような禍根を残すか、冷静に顧みる時期に来ているだろう。

【佐高信の倒錯した言論の自由】

御皇室中傷芝居を告発した本間女史によれば、「週刊新潮」の担当記者は何日もかけて集会関係者に取材を申し込んだと言う。

そこでやっと得られたのが、当日に総合司会をした佐高信のコメントだった。
画像

「高貴な方の奥様と表現しただけなので皇室中傷ではない」
「受け取る側の問題でコメントする必要はない」
「そんなことを言うなら核議論と同じで、こっちも封殺するなと言いたいですね」

開き直るとはこのことだ。
無様な詭弁である。

しかし、ここに反日ファシストたちが叫ぶ「言論の自由」の正体がある。こんな稚拙なレトリックでしか「言論の自由」を主張できないのか…

老害サヨクの語る“言論の自由”が何か透けて見えるコメントだ。連中が大声で叫ぶとき、それは政治的なツールでしかない。

本当に「言論の自由」を訴えたいのなら、隣国で進行する壮絶な言論弾圧の風景を直視せよ。中共にシッポを振りながら、同じ口で「言論云々」などと口走る輩を信用する者は、今や極少数だ。

この佐高信は、数年前までTVでもコメンテーターとして各局に出演していたが、今や出演要注意指定を受けている。各社の報道トップが、この男の発言内容・信憑性を問題視した為だろう。こうしてテレビ画面から追放された識者・文化人は何人かいる。

今や佐高などは、旧左翼系の媒体に細々と登場するだけだ。完全に落ち目である。

そんな輩を祭り上げるのが『週刊金曜日』を吹き溜まりと呼ぶ所以である。
佐高信こそ、悪臭を振りまく己の醜態を呪え。

【反日ファシストの化けの皮】

新潮の記事は途中から読むに耐えないものであったが、同時に、『週刊金曜日』の実態、社民党支持者たちの腐った性根を白日の下に晒している。

見事に連中の化けの皮を剥ぎ、いかに老害サヨクがウソ偽りのプロパガンダを拡散しているか…正しく伝えている。

捏造宣伝機関であることを示す一文がある。

『週刊金曜日』編集人の北村肇は集会の模様についてこう書き記しているのだ。
~~~~~~~
受付を手伝ってくれた学生の言葉が印象的だった。「入ってくる人がみんなものすごい期待を持っているのがわかった。集会が終わり、帰って行く人の顔はキラキラしていた」
~~~~引用終わり~~~

キラキラしていたそうだ。

勘違いしていたが『週刊金曜日』という雑誌はお子様むけの雑誌なのか?まともな大人が書き、読む文章にはとても思えない。

お花畑サヨクの面目躍如たる表現パターンである。

言論の裾野が広がる中、こうした組織による反日謀略宣伝を額面通りに信じる日本国民は、急速に減っていくことだろう。

だが、奴らが先細るのを見守る余裕はない。朝鮮総連とタッグを組む組織は、例えそれが公党であろうとも我が民族の手で追い詰め、破壊しなければならない。

あと2年、3年…最終決戦は近いようだ。

          〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参考情報:
チャンネル桜『報道ワイド』
週刊金曜日主催・緊急市民集会の実態
**************
【side story】
御皇族方の画像を拝借し、掲載したことをお許し下さいませ。また、見苦しい単語と、愛らしい御姿が同じページ上にあることを御寛恕願う次第であります。

また宮内庁より天長節一般参賀の概要が発表されました。

参入門:皇居正門(二重橋)
(午前9時30分~午前11時20分)
お出まし(予定)
第1回 10:20頃
第2回 11:05頃
第3回 11:40頃

例年通り、午後の記帳も行われます。
場 所:皇居内 宮内庁庁舎前特設記帳所
参入門:坂下門(午後0時30分~午後3時30分)

天皇陛下萬歳!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

horibble
2006年12月01日 22:30
この話を聞いたとき驚愕しまた憎悪がこみ上げてきました。
一体こんなことが許されていいのか。ここまできたら皇室批判うんぬんの話ではありません。人道に外れる行為を彼らはしたことになります。このようなことが許されるのであれば侮辱或いは名誉毀損などという言葉は絵に描いた餅ではありませんか。
このことに関して宮内庁から注意或いは何らかの発言があったのでしょうか?。また政治家から何らかの発言があったのでしょうか?
なぜこのようなことが許されているのでしょうか?

ひさしぶりに憤怒で心の中が一杯です。
アサピー嫌い
2006年12月01日 23:03
この自称右翼(?)の『雨宮処凛』という人物は、いったいなにものでしょうか?
ためしにこの人のブログをのぞくと興味深い事実が次々わかってきました
__________________________
http://www.sanctuarybooks.jp/sugoi/blog/
2006,12,01, Friday
>ちなみに明日は韓国のお正月番組の取材で、テレビカメラが密着。
>今日はNHK「視点論点」の収録をしてきました。
>さて、26日、「反戦と抵抗のフェスタ」に来られた皆さん、お疲れさまでした。
>明日、24日はオールニートニッポン、公開生放送です! みんなふるって参加して下さい。
>ちなみに塩見さんは言わずと知れた元赤軍派議長です。60代を超えた革命家と、30代の革命家二人(もちろん私と外山さん)で、一体どんなバトルになるのでしょうか。
______________________
※この『自称右翼』なる人物は、明らかに極左ですね。しかも、NHK等に頻繁に出演している。
なにか非常に嫌なものを感じます。
   
アネモネ
2006年12月01日 23:05
>horibbleさま
未明にコンビに駆け込んで新潮を買って来たのですが、怒りが込み上げると同時に、こんな連中がまだのさばっているのかと思い、悲しくなりました。
御皇族方は、いかなる名誉毀損を受けても提訴できないと聞きます。それを承知で『週刊金曜日』の北村が仕掛けたと考えます。すぐ名誉毀損だ、告訴する、などと息巻く連中に限って、こうした卑劣な行為を企てるようですね。告発がなかったら闇に埋もれている所でした…これを受けてなんとかコーナーに追い詰める策はないのか、思案すれども途方に暮れてしまいます。
アネモネ
2006年12月01日 23:11
>アサピー嫌い様
情報ありがとうございます。
雨宮について多少調べましたが、反日メディアに頻繁に登場するようになっています。一体、本当はどんな思想の持ち主なんでしょうか…反戦反米右翼はあり得ますが、こと国体に限っては譲れないはずです。
メディア露出度も低くないので、今後の言論を注意深く見ていきたいと思います。小物過ぎますが…
国賊に死を
2006年12月02日 00:18
もし今回の件がコメディという人を笑わせることを目的としている場としてなら私は許せないがそこまで目くじらを立てまいとも思う。しかし今回はある政治的目的を持った会での事であるということからあからさまな悪意を感じる。戦後日本は余りにも皇室を軽視している。またはそのように仕向けられてきたのではないか。私は自分で色々な資料を読み、話を聞き、まだまだ不十分な知識ではあるがこの日本の皇室の素晴らしさを誇りに思う。皇族の方々は一般国民が想像するよりずっと質素に、そしてこの国の繁栄、国民の幸せを願って暮らしておられる。そのような方々を汚す連中はまさに国賊と言えよう。ただ私が少し安心したのは今回のこの件に嫌悪を覚える日本人が沢山いたということである。まだ日本人の魂を持った人間は沢山いるということだ。
ごんべえ
2006年12月02日 01:08
さすがアネモネさん。最初の部分にちゃんと、皇室を敬うお気持を書いていらっしゃる。

それにしても、とんでもない連中だ。
日本の法律は、そんな輩を野放しにしておくようにしか出来ていない。ここは法改正以外に手はないのではないか?

”国賊に死を”さんが仰るように、彼らに嫌悪感をもっている日本人が多いことだけが救いだが…放ってはおけない。

(別記の件、よろしくお願いします)

アネモネ
2006年12月02日 01:25
>国賊に死を様
そうですね。コメディというジャンルならタブーを破ることも許されると思います。米国ではコメディアンが、かなり厳しいユダヤ人ジョークを飛ばしてもお咎めなしだとか…
確かに、仰るようにこの集会は動員者が9条バッジを付けるなど、明らかな政治集会です。ジョークで済まされるものではありません。
私も、こうした不逞な輩の行為に対し、各ブログのコメ欄などで多くの方が声をあげるのを見て、平静さを取り戻しつつまります。国民の皇室への愛情は本当に深いものがあります。やっぱり、わが民族は棄てたものじゃない…と勇気付けられます。
アネモネ
2006年12月02日 01:38
>ごんべえ様
■取り急ぎ、緊急電文として送付いたしました。深夜なので反応は少し遅くなりましょうが…
イザのブロガー軍団は、エントリで反日人士らには痛烈な言葉を浴びせてますが、実際は優しいですね。

ご皇室の記事と対比させるのは心苦しいものがありましたが、慶事を祝うのが先だと考えた次第です。
■もし会場に居て、手元に日本刀があったら問答無用で斬り込んでいたかも!と思えるくらい不逞な輩による芝居です。『笑い』を取っても、それで傷付く多くの者がいることに気が付かないようでは人間失格ですね。
法律すら、なんのそので早く成敗しなければ…
■いつでも気軽にお立ち寄りくださいませ!では、では。
アネモネ
2006年12月02日 01:43
>ごんべえ様
おいちゃんからTBが来たー。急遽、新エントリを立てられました。深夜なのでリアクションは遅いと思いますが、どうぞ、ご覧になって下さいませ!
マルコおいちゃん
2006年12月02日 05:45
ウロアネさん、
なるほど、メール付きのブログは便利なもんですね。
勝手にエントリーを立ててすいませんでした。また伝言のお礼も申さず失礼しました。あらためてお礼いたします。ありがとうございました。

ごんべえさま、
いちおう今回で「騒ぎ」は終了です。皆様もそのお気持ちはよく汲んでくださると思います。あたしにも、よくわかっているつもりです。Take it easy. あとは時間が解決してくれるのを待つばかりです。ですよね?
どうぞ気楽に弊ブログにもお立ち寄りください。
ごんべえ
2006年12月02日 06:47
アネモネさん、おいちゃん。
おはようございます。
私は、「昨日のうちに寝て、翌朝早くに目覚める」のが生活パターンなのですが、今日に限っては、「今日寝て、今日起きる」ことになってしまいました。そのため、起床したのはつい今しがた。
あちらも、拝見しました。
お二人のご厚情に感謝、感激!!ひよちゃまにもよろしく。
一件落着。ありがとうございました。
@隼人正
2006年12月02日 07:46
アネモネさん
このエントリに対するコメントのかわりにTBさせていただきます



ごんべいさんが「昔の名前」で早期復活するのを待ち望みます!
そのときはizaの居酒屋にもお越しください。
ボトルキープをしておきましたから。
ようちゃん
2006年12月02日 09:49
http://empire.cocolog-nifty.com/sun/2006/12/post_9720.html#comment-10878063 (Empire OF ・・)さんが 
「これは侵略行為・破壊工作だ!」と書かれてます。外国人が他国の権威(崇拝する対象)を侮辱するのは道義的に慎まなければならない礼儀なのである。永六輔(帰化人)佐高信(韓吉竜)本多勝一(崔泰英)

外国人が他国の権威(崇拝する対象)を侮辱するのは道義的に慎まなければならない礼儀なのである。礼儀は知らない?
礼儀を知らぬ者が表現の自由や人権などと主張する権利はない!

今回のような一国の権威への侮辱は言論の自由・表現の自由の問題ではない!
 国際問題に発展する文明の衝突になる!
皇室侮辱罪 国旗・国歌侮辱罪 在日外国人・反日活動禁止法などを制定すべきだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー終わり。


ようちゃん
2006年12月02日 09:53
http://biglizards.net/strawberryblog/(苺畑より)「米初のモスレム議員聖書宣誓を拒否」を読むと、<来年の一月から議会が入れ替わるが、その前に新しい議員たちの就任式が行われる。アメリカでは公式な就任式ではかならず新約聖書の上に手を置き就任への宣誓をすることになっているが、今回イスラム教徒として初めてアメリカの下院議員に選ばれたキース・エリソン氏(ミネソタ州民主党)は自分はキリスト教徒ではないので聖書ではなく、コーランで宣誓式にいどみたいと言い出した。>
その行為はすべての当選した議員が同じ本に手をあてて就任の宣誓をする時、彼等はアメリカの文明の下敷きとなった価値観の元に団結するという確認をする行為」なのでアメリカの伝統と風習と価値観を認めない、イスラムの風習、伝統、価値観が米国より大切な至上原理だと主張する行為で、米国の建国から今日までの存在意義の全否定になる。確かに外国人が後から来てその国の根源の価値観を破壊する権利などは認める訳には行きませんね。。




ようちゃん
2006年12月02日 10:35
http://youmenipip.exblog.jp/ (この国は少しへんだよ。よーめん)さん
こちらのサイト↓で集会に参加してブサヨ劇を目の当りに見た人が出演して状況を語っている番組の動画があります。(チャンネル桜)30分以上あります時間のある時にどうぞ!
http://oiradesu.blog7.fc2.com/blog-entry-1587.html
これが本間女史の見た動画。

尚編集委員の顔写真の追加
落合恵子、 石坂啓、椎名誠、筑紫哲也 本多勝一

抗議先一覧 マスコミ各社に知らせ 行政官庁に抗議しましょう!
http://www.geocities.jp/kijyo2ch/sanseiken/kougisaki.html

多馬
2006年12月02日 14:35
>> 王監督は、国籍こそ中華民国だが、台湾籍の父と日本人の母の間に生まれたハーフである。
ハーフが、日の丸を背にしたら問題でもあるのか? <<

前置きですが、「私は左翼ではありません」。
しかし、ここは「ハーフでなく、ダブル…」で返すべきかと(笑

「つまり、王監督は台湾籍の父と日本人の母の間に生まれたダブルである。
ダブルが、日の丸を背にしたら問題でもあるのか?」と。
(左翼の論理なら、こうなるハズ)
アネモネ
2006年12月02日 16:48
>マルコおいちゃん
急遽エントリーを立てて頂き、素早い対応に感謝しています。さすがイザ・マルコ一家の頭領!
えーと、「秘密の会話」と書きましたが、ネット上のオープンな場のやり取りです。(どこかに…)
メール機能はスパム攻撃が下火になったらと考え言いますが、それ以前に仕組みがいまひとつ呑み込めない(笑)
では、お気楽に行きましょう!
アネモネ
2006年12月02日 16:52
>ごんべえ様
はい。「一件落着」とのコメントを聞いて安心しています。おいちゃんが大活躍してくれました。
お気楽に、お気楽に、またブロガーとして参戦してくださいませ。首を長くして待っております!
アネモネ
2006年12月02日 17:00
>ようちゃん様
正しく侵略行為ですね。佐高にも別名があったとは…
各ブログが一斉攻撃、集中砲火を浴びせる様は、痛快です。「週刊金曜日」も本気で慌てたのではないでしょうか…
ちなみに石倉の顔写真(カラー)は閉鎖されたHPの表紙にあったものです。保存していたのでギリギリ拝借できました。(どなたでもご自由に)
米下院に初のムスリム系議員ですか…これまで、いわゆるブラックムスリムの議員は居なかったという事か。
アネモネ
2006年12月02日 17:08
>多馬さま
お久しぶりです。お待ちしておりました。
なるほど…ダブルという表現方法があるのですか。混血では嫌な文字が入るし…と、引っ掛かるものがあったので、参考になります。
それにしても社民シンパの老害サヨクが「日の丸」という言葉に脊髄反射するのが、よく見えました。余り考えずに王さんを批判していたの手に取るように判ります。
無所属廃人
2006年12月02日 17:23
初めまして。

この鬼畜劇では他の保守系ブログでも観てきました。もうこれは思想以前に論理観・道徳の問題だと思います。もし戦中・昭和20~30年代の左翼がこれを見たら「我らの陛下と親王様を侮辱するとは貴様は何人か!!」と怒り狂うでしょう。
週刊金曜日の編集委員は人ではなく卵から生まれたエイリアンと認識しております。
駱駝
2006年12月02日 18:13
蛆虫でも病気の治療に役立っている事例がある。 この糞バカどもは蛆以下だ。糞の役にも立たないとはこのことだ。
踏み潰してもいいはずだ。火炎放射器で焼いてもいいんじゃないの。
泣きサル
2006年12月03日 00:45
はじめまして、アネモネさま
ぶしつけなお願いですが
http://www.asahi.com/politics/update/1201/013.html
外資50%超、政治献金OKへ、改正案が衆院委で可決4
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165066962/
臨時 外資系企業の献金規制緩和改正案まとめブログ
http://blog.livedoor.jp/phooo7/
徒然なるままに@甲斐田新町 政治献金外資規制緩和化
―新たな外国人参政権の手段か?
http://tk01050.blog27.fc2.com/blog-entry-48.html

これらを取り上げて頂けませんか?
これも立派な侵略に見えます。
迷惑をかけると思いつつも
いくつかのブログに書き込みをしてきました。
衆院の本会議は12月5日からです。
抗議先も張っておきます。
http://www.geocities.jp/kijyo2ch/sanseiken/kougisaki.html
何卒お願いします。
アネモネ
2006年12月03日 01:24
>無所属廃人さま
はじめまして。確かに、戦後のインテリ左翼は、真面目で筋の通ったことを言っていたと聞きます。
それに引き替え「週刊金曜日」に巣食っている連中は低俗ですね。倫理観のなさを如実に現しているようです。レベルが低いからと言って、攻撃しない手はありません。何とか連中を崖っぷちに追い込みたい!
アネモネ
2006年12月03日 01:27
>駱駝さま
火炎放射器で焼きつくした方がイイです。批判が集中していますが、それでもこちらの言っていることを理解していないと思いますよ。反動主義者が騒いでいる…くらいしか考えていません。本当にどうしようもない連中。
アネモネ
2006年12月03日 01:30
>泣きサルさま
迷惑なことはありません。情報を寄せて下さって有り難うございます。こんな法案が提出されていたとは…
法案の中身を探ってみます。純粋な経済問題は苦手なんですが…狙いが何なのかが重要ですね。
ごんべえ
2006年12月03日 06:58
既存法は、かくも汚い輩がいることを想定していなかった。こうした現実を前にしては、「想定」を変えねばならない。一般法での対応も無理。
よって、「皇室をお守りするための特別措置法」が必要になる。


キラーT細胞
2006年12月03日 11:33
初めまして。
この様な重大な不敬に対しては、国家が厳正に対処して然るべきだと思ひます。今後似た様な事が続けば、テロが起きかねませんよ。喧嘩は弱くて出来ない私でさへ本気で殺意を覚えた位ですから。
アネモネ
2006年12月03日 17:29
>ごんべえ様
>「皇室をお守りするための特別措置法」
いいですね。
なぜ必要かと言えば、御皇族方は占領憲法下の“基本的人権”の埒外に置かれて、司法に訴える権利が剥奪されているからです。これを逆手に取った今回の芝居のような表現を新法で防ぐことも検討されて良いのでは?
アネモネ
2006年12月03日 17:34
>キラーT細胞さま
はじめまして。
本当に殺意が芽生えてしまうような不敬行為ですね。なぜ、国体が汚されると直ぐに逆上してしまうのか…理屈を越えた部分に秘密があるようにも思えます。それは民族としてのDNAから来ているのかも。根が深いです。
キラーT細胞
2006年12月03日 19:34
アネモネ様、早速の御返事有難う御座います。
駱駝様は火炎放射器を御所望ですが、私はM16かカラシニコフが好いです。今それらの銃と弾倉を目の前に黙つて置かれたら「マジで」危険ですよ。政府が国粋テロを防ぎたければ、早く皇室の名誉を保護する法整備をすべきです。
アネモネ
2006年12月04日 01:35
>キラーT細胞さま
いや、ホントに…近いうちに街宣車が突入するような予感がしますが、まあ、煽ったりすると問題なので、公然とは主張しませんが、誰かが肉体言語を使うまで、新聞はこの問題で沈黙を決め込むと思います。
素心
2006年12月05日 20:24
吐き気が出るぐらい許せない、神の罰を受けろ。
nanasi
2013年10月14日 16:48
今更ではありますが、動画サイトに全文キャプがアップされました。
ttp://www.youtube.com/watch?v=01UVTfA3WE4
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm22023841

この記事へのトラックバック

  • これは侵略行為・破壊工作だ!

    Excerpt:  博士の独り言さんで詳しく紹介されているが  週刊新潮12月7日号は  特集:悠 Weblog: Empire of the Sun太陽の帝国 racked: 2006-12-02 00:10
  • ある伝言

    Excerpt: あたしの尊敬するブロガーのお一人、ウロボロスさんから以下のような書き込みがありましたので、皆さんに紹介します。 2006/12/02 00:49 Commented by ウロボロス 緊急電文です! .. Weblog: マルコおいちゃんのヤダヤダ日記 racked: 2006-12-02 01:19
  • 反日の縮図「週刊金曜日」

    Excerpt: &nbsp;&nbsp;10月2日にランキング(政治)に再参加 巧妙な日本侵蝕を許すな!&nbsp;日本の毒害-週刊金曜日週刊金曜日の最新号 ---------- 夜半の友人からの連絡  先稿で、読.. Weblog: 博士の独り言 racked: 2006-12-02 06:59
  • 「国防」=「国を守ること」について

    Excerpt: 「国防=国を守ること」とは 一般に国民の生命・財産および領土を守ることと定義される。 このうち国民の財産とは有形のものだけではなく無形のもの、つまり文化伝統も含まれるものと思う。 わが日本において.. Weblog: 渡部昇一的ココロだー!! racked: 2006-12-02 08:26
  • 品性下劣な國賊サヨクを許すな!

    Excerpt:  まず最初に言っておきますが、マジに腑が煮えくりかえっています! ・11月19日。日比谷公会堂で開かれた『週刊金曜日』主催 の「ちょっと待った!教育基本法改悪 共謀罪 憲法改悪 緊急.. Weblog: ステイメンの雑記帖 racked: 2006-12-02 09:52
  • マスコミの不純

    Excerpt: 報道の姿勢に色々と問題が多いことで知られている朝日新聞。 その姿勢は皆さんご承知のとおり、一部では『アカ日新聞』とまで揶揄れるほどです。 昨日、この朝日新聞社の組織改革が発表されました。 Weblog: 日出処の民 racked: 2006-12-02 14:43
  • 役人は無能の集まりなの?税金を何だと思ってやがる

    Excerpt: ('A`)もうね。。。。ありえない。。。 ('A`)税金で生かしてもらってるんだから、無駄遣いなんかすんな! Weblog: 勝手なニュース racked: 2006-12-02 18:46
  • 悠仁親王は「猿のぬいぐるみ」! 「陛下のガン」も笑いのネタにした「皇室中傷」芝居

    Excerpt: 体調を崩してしまい、ブログの更新が出来ずにおりました。すいません。 今回は、既にご存知の方も多いと思いますが、『週刊金曜日』が主催で11月19日に行われたトンデモ集会について、「週刊新潮」(12.. Weblog: 新・へっぽこ時事放談 racked: 2006-12-02 21:33
  • 人の心を踏みにじるとは何事

    Excerpt:  天皇陛下や皇族方を侮辱した寸劇に怒り狂ったばかりですが、またも人の心を踏みにじるような愚か者が出てきました。本当にもう、悲しくなります。そんなことをされて悲しむ親御さんの気持ちも考えない、凍り付いた.. Weblog: 新・平成徒然草 racked: 2006-12-03 21:26
  • Buy Viagra

    Excerpt: once again you outdid myself Weblog: Buy Viagra racked: 2009-03-18 14:38
  • buy tramadol

    Excerpt: an interesting take on a fun topic. Weblog: buy tramadol racked: 2009-04-07 00:59
  • buy simvastatin

    Excerpt: an interesting take on a boring topic. Weblog: buy simvastatin racked: 2009-06-04 04:35
  • buy simvastatin

    Excerpt: this is why i always pick my nose. Weblog: buy simvastatin racked: 2009-06-04 04:51
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: ご皇室“中傷”芝居の卑劣漢…『週刊金曜日』の暗黒宣伝 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Ця стаття була написана точна Однак, якщо ви хочете поб.. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 22:47