チベット侵略鉄道を覆う“死の匂い”

14日付の『人民日報』は、今年7月に全線開通した青蔵鉄道で初めての死亡者が出たことを認めた。死亡したのは77歳の男性で、死因は高山病だった。

この青蔵鉄道について一部の香港マスコミは、チベット侵略鉄道と呼んでいると言う。その通り、この軍事目的の鉄路は正しく侵略鉄道と呼ぶに相応しい背景と実像を持っている。
画像

【絶えない死亡者の噂…】

「高地を走るスカイトレイン」と言った観光客向けのイメージ戦略では日本の旅行代理店も片棒を担いでいる。
だが、5000㍍級の高地を走り抜くのことは、本来、高山病の危険と隣り合わせなのだ。

車両の設計を請け負ったカナダの「ボンバルディア社」は高山病対策は万全であるとしていた。標高に応じた酸素レベルの調整システムが完備され、座席には酸素ボンベが用意されているという。はなから、危険性があることを承知のうえだったのだ。
画像

開通後、乗客の何人かが体調不良で死亡したという情報が流れた。
8月末に『北京晩報』が、チベットを訪れた観光客9人が心臓発作などで死亡したと報じるなど、死亡者が続出しているとの噂が流れたが、当局は鉄道との関連性を否定したうえで、9月14日になって、やっと香港人男性の1人の死亡を認めたのだ。

ただ、不吉な噂が広まってもそう簡単に観光客が減少するとは思えないが…

【R・ギアの緊急声明】

「中共の青蔵鉄道は、チベットに苦難および暗黒をもたらす」

ハリウッドの著名な俳優であるリチャード・ギア氏は開通目前の6月、共産党政権に対して声明を発表した。

さらに彼はこう続ける…

「鉄道の本当の目的は政治上および戦略上のもので、真の受益者は中共占領軍と中国の企業、移民であってチベット人ではない」

この鉄路の開通はチベットの文化破壊を加速させ、漢民族の盲流を促すものだと指摘されてきた。

実際に鉄道の延伸によってチベット人が利益を得ることはなく、ただ政治犯として拘束されたチベット人が永久凍土の高地での強制労働に従事させられただけだった。
この鉄道はその端緒から、死の匂いに包まれていたのだ。

【侵略鉄道はネパールを目指す】

R・ギア氏が「戦略上」と指摘した意味が、開通2ヵ月後にハッキリした。
画像

チベット植民地の総督(自治区政府主席)がネパール副首相と会談し、侵略鉄道をネパール国境の町まで延伸する計画を明らかにしたのだ。更に、ネパール側から鉄道を延ばす為の支援も表明した。

中共のネパール支援に警戒感を抱いていたインドは直ちに反発した。これによって中共の軍事プレゼンスが一気に高まることは自明のことだからだ。

宮廷クーデターの発生以後、インド・米国とネパールは関係が冷え込み、米印は軍事支援を凍結。その隙を突いて中共は武器援助を行い、言葉巧みにネパールの各勢力を取り込んでしまった。

ここにも明らかな中共の軍拡傾向が見て取れる。

【雪に閉ざされない進軍ルート】

チベットは観光客を含む漢民族の流入を恐れている。

だが、それ以上にチベットの民は、中共の軍事支配の完成を危惧している。鉄道を保守管理する軍隊が沿線に展開し、鉄路保全のために公安が動員されることを恐れている。

侵略鉄道の開通は、厳冬期でも大量の兵員が運ばれてくることを意味する。もしラサで89年のような大規模な民主化要求の声があがれば、武装列車は速やかに新しいレールを使って兵士を送り込み、再び残虐の限りを尽くすだろう。

亡命チベット人たちは、中共の容赦ない弾圧と暴力を知っている。だからこそ、今回の開通に悲鳴に近い声をあげたのだ。
画像

このまま中共支配が続けば、北京からの機動兵力はネパールを挟んで、インドをも威圧することになる。

有史以来、インド文明と中華文明の緩衝地帯となっていたチベットを中共が軍靴で踏みにじった罪は余りにも深い。

中共は“世界の屋根”を武器と憎しみで埋め尽くしたいのだろうか?



~追記~~~~~~~
「iza!」にある民間人ブログ
『憂国のシャングリラ』はこの『東アジア黙示録』の妹ブログです。
http://indora.iza.ne.jp/
差別化を図ろうと考えているのですが、力不足のためネタがかなり重複してしまっています。
同じ問題に切り込んでも、展開はおろか結論まで違っているケースがあり、恥ずかしい限りです…笑ってください。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • チベットは中国か?

    Excerpt: 「党の舌」日本支部が、早速その任務を遂行しとりますw ▼天安門広場にチベットのポ Weblog: もちもちはまがっこう racked: 2006-09-16 22:08
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: チベット侵略鉄道を覆う“死の匂い” 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,E?er burada bilgileri goruntuleyebilirsiniz ilgili makaleler gor.. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 22:24