東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍艦島から愛と真実を込めて…捏造史覆す決定的証言

<<   作成日時 : 2017/12/26 23:34   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 1 / コメント 1

軍艦島では朝鮮人坑夫がダンス・パーティーを繰り広げていた…元島民が語る戦時中の実像は“東洋の楽園島”。そして反日プロパガンダ粉砕の決定打となる証言も飛び出した。
画像

「第2の従軍慰安婦問題にしてはならない」

南鮮が世界に向けて拡散する軍艦島の反日プロパガンダ。それを真正面から迎撃する集会が12月19日、都内で催された。主催したのは、藤岡信勝教授らが新たに立ち上げた団体だ。

「名前自体が一種のパロディと言ったら失礼ですが、カウンター組織です」
▽集会で視察報告する藤岡信勝教授(YouTube)
画像

新団体の名称は「『真実の種』を育てる会」。藤岡教授が説明する通り、日本国内の捏造派が挺対協と結託して新設した「希望のたね基金」をもじったものだ。

今年9月に産声をあげた『真実の種』は、慰安婦問題だけではなく、南京捏造宣伝などの反日謀略に幅広く対抗し行くという。迎撃の第1弾として選ばれたテーマが、軍艦島をめぐるデマだ。



「団体初の具体的なアクションとして、軍艦島の問題を取り扱うに当たり、自らの足で調査を行いました」

藤岡教授が団長を務める視察団は11月下旬、長崎市沖の軍艦島(端島)を始め関連施設を訪問し、元島民から話を聴いた。今回の集会は報告会を兼ねたものだったが、それだけに留まらない。

「この映画はやり過ぎだった。いくらでも反論できるツッコミ所が満載なんです」
▽資料を元に嘘を暴く松木国俊氏(同会HP)
画像

朝鮮近現代史の専門家・松木国俊氏は南鮮映画『軍艦島』の異様なフィクションを史実に照らして批判。テキサス親父日本事務局の藤木俊一氏は、ユネスコ対応を含む国際社会への影響に切り込んだ。

そして集会には、元島民の坂本道徳氏がゲストに招かれ、貴重な写真と共に昭和40年代の暮らしぶりが紹介された。坂本氏はNPO「軍艦島を世界遺産にする会」の理事長で、登録実現のキーマンでもある。
▽端島の実体験語る坂本道徳氏(同会HP)
画像

「私は島で育って、この島を愛してます。島に居る人達は皆、愛しながら、共有しながら生きていかなければならなかった。それが、この島なんです」

実際に暮らした人々は、南鮮が宣伝する荒唐無稽な物語の嘘を知っている。世界遺産登録をめぐる日南激突から約2年半。元島民たちは、軍艦島の真実を静かに語り始めた。

【同級生のパパは朝鮮人風俗王】

「何人か居ましたけど、みんな友達ですよ。差別したということはないですね」

軍艦島で幼少期を過ごした元島民の女性は、そう語る。戦時中、島内の学校には朝鮮人出稼ぎ工の連れ子も多く通っていた。子供心に、日本人も朝鮮人を分け隔てる意識はなかったという。
▽同級の朝鮮人について語る元島民(YouTube)
画像

「私と同級生の朝鮮人の子供がおって、ちょうど6年生の時に隣の席におったんですけど、一緒に並んで勉強して。仲良く」

元島民の貴重な証言が一挙に公開された。炭鉱労働に従事していた元坑夫から島で子供時代を過ごした人々が語る真実の歴史。これまで断片的だった戦前・戦中の軍艦島の実像が極彩色で浮かび上がった。

「普通なら先輩がずっとおるんですが、戦争で青年が軍隊に引っ張られてから、例えば電気交換の班長さんは、朝鮮人だったわけです」
▽朝鮮人の多様な職種明かす元島民(YT)
画像

軍艦島には坑夫以外の朝鮮人も働いていた。中には内科医の先生だった人物や朝鮮人看護婦も居たと明かす。反日捏造派が流布する「奴隷扱いの坑夫」とは全く異なる。

元島民の証言は、財団法人「産業遺産国民会議」が採取し、Webサイト上で12月24日までに相次いで公開したものだ。そこでは軍艦島の“暗部”も包み隠さず、紹介している。



「あの頃は軍艦島も遊郭が3つも4つもあったんですよ。そいけん性犯罪というのは全然聞いたことないですよ」

島南部の商店街の近くに風俗エリアが存在した。“監獄島”には絶対に有り得ない娯楽施設。その中の1店だった朝鮮人向け遊郭について、衝撃的な証言も飛び出した。

「中学では同級生だったんです。お父さんは端島で遊郭を経営しておった。それも朝鮮人専用の遊郭」
▽同級生の朝鮮人について語る元島民(YT)
画像

クラスメイトの朝鮮人は風俗王の御曹司or令嬢だったのだ。朝鮮人向け遊郭は、2年前もユネスコ騒動の際に一部マニアの間で話題になったが、改めて実在が裏付けられた。

「ある時、賑やかな声がしたので地下に行ってみると、チョゴリって言うんですか、男でも黄色とか青の派手なのを着て踊ってた」
▽朝鮮人の宴会を目撃した元島民(YT)
画像

目の当たりにした朝鮮人のパーティータイム。これでは楽園ではないか。高い報酬に整った福利厚生、独身男性向けアミューズメント施設…評判を聞きつけて半島から就労希望者が殺到するのも頷ける。

【捏造ネタ元はアルカトラズ監獄】

軍艦島を標的にした暗黒プロパガンダは、今夏に封切られたダークファンタジー映画だけではない。執拗に嘘を拡散する南鮮の大手メディアに加え、少数だが捏造本も出版されている。

その中のひとつが、’16年に発行された絵本『恥ずかしい世界文化遺産ー軍艦島』(尹ムニョン著・ウリ教育)だ。児童向けのネタ本だが、電波強度は高デシベルで、捏造っぷりは凄まじい。
▽南鮮製の恥ずかしい捏造絵本(file)
画像

主人公は、いきなり少年に置き換えられ、鉄格子付きの牢獄に収監されている。奴隷の少年坑夫なのだ。そして軍艦島には脱走者を捕らえる「監視兵」が大量配置され、夜の海をサーチライトが照らす…

「こんなもん全くの嘘ですよ。あった試しがないです。相当、悪意がないと描けないと思います」
▽南鮮産捏造絵本のイラスト(YT)
画像

絵本を読んだ元島民は、呆れ返る。軍艦島には留置所があったが、酔って暴れる者を一晩隔離する程度だったという。しかも、2人で満杯の極小規模。現在も朽ちた状態で島に残っている。

「身震いするね。こんな事あったって。こんな牢屋がどこにある」

逃亡を企てる者は実際に居た模様だが、遊郭で派手に遊んだ挙句の借金苦などだった。気まぐれな出勤拒否や職務放棄は、恵まれた現在の労働環境でも多発する事柄だ。 
▽捏造絵本に描かれた少年監獄部屋(YT)
画像

この絵本では逃亡者を「監視兵」がモーターボートで追跡するシーンも出てくる。時代設定からメチャクチャで、ジュブナイル伝奇作品としても陳腐で冷めた笑いを誘う。

映画を含め、南鮮が官民メディアを挙げて捏造する軍艦島。連中が夢想しているのは、米サンフランシスコ湾のアルカトラズ島だ。海上に浮かぶかつての軍事監獄で、その島影は似てなくもない。
▽監獄だった米アルカトラズ島(NYT)
画像

「部長と巡査がおりましたからね、2人。非常に昵懇にしてましたから良く知っとるんです」

島に駐在していた警察官は2人で、元島民は、どの警察署からの派遣だったも知っていた。グラバー邸の近くにある大浦警察署。今も署は同じ名称で存続し、保管庫には当時の資料も残るだろう。
▽現在の大浦警察署(長崎県警HP)
画像

次々に暴かれる労働者の楽園=端島の実像。具体的な固有名詞が語られる中、架空の朝鮮人が騙る時期不特定のホラ話が通用する余地はない。

【総連&南鮮政府の凶悪コラボ】

公開された証言動画は、悪質な捏造プロパガンダ作品の記述・描写を取り上げ、それに元島民が反証する形式で進行する。島を貶める嘘・デタラメ・捏造が南鮮産に限らないことも注目だ。

「正面には通称、地獄門と呼ばれる労務係の詰所があった。一旦この門をくぐると坑夫たちは一生そこから出ることができなかったといわれる」



極悪反日の自称ノンフィクション作家・林えいだいのデマ本にある記述だ。林は、プチ吉田清治とも呼べる捏造魔で、朝日新聞のお抱え作家・評論家だったことも共通している。

先述のデマ絵本に登場するサーチライトなどは、林の著作を下敷きにした模様だ。海外で拡大再生産される個人の妄想と空想。慰安婦のフィクションと同じ反日捏造史の構造だ。
▽晩年の林えいだい(朝鮮労働党機関紙)
画像

軍艦島に関する最初のエントリを執筆した際、ウィキペディアの「端島」項目が、林のネタ本典拠の記述でほぼ埋め尽くされていた。苦言を呈した所、有志が誤りの訂正に成功。現在は残滓すらない。

参照:H27年5月12日『軍艦島クロニクル…南鮮が捏造する“強制徴用”』

そして元島民が憤りと怒りを爆発させた出版物が、『軍艦島に耳を澄ませば 端島に強制連行された朝鮮人・中国人の記録』だ。著者の「長崎在日朝鮮人の人権を守る会」にピンと来る人もいるに違いない。
▽長崎捏造資料館の反日展示物(file)
画像

藤岡教授ら『真実の種』も視察した長崎市の「岡まさはる記念長崎平和資料館」。悪名高い軍艦島プロパガンダの発信基地だ。この捏造宣伝施設を作り上げたのが「長崎朝鮮人守る会」である。

この「守る会」最高幹部・高實康稔は朝鮮総連の飼い犬で、長崎周辺での反日運動を牽引する。仕掛けが二重三重だが、捏造本の元を辿ると総連に行き当たるのだ。
▽晩年の高實康稔(朝鮮労働党機関紙)
画像

参照:朝鮮新報’16年11月10日『金剛山歌劇団長崎公演/7年ぶりに開催、日本市民が全面サポート』

林えいだいのデマ本も総連プレゼンスのインチキ本も、意外なことに古くない。7〜8年前に相次いで出版された。軍艦島が世界遺産登録の暫定リストに入った直後である。

国際的な知名度が高まる前に、反日陣営は先手を打っていた。そこに、総連発の捏造史を疑うことなく南鮮政府がタダ乗りする。つまり、“強制連行”神話の拡散・伝播と同じルートだったのだ。



だが所詮は、付け焼き刃の捏造史にすぎない。続く元島民インタビューでは、軍艦島捏造プロパガンダを木っ端微塵に粉砕する決定的な証言が登場する。

【居残った朝鮮人の特定に成功】

貴重な証言動画は、嘘宣伝の拡散を検証する動画と共に、英語版・朝鮮語版もアップされた。リアルな元島民の言葉を南鮮政府やユネスコ関係者は、どう受け止めるのか…

世界遺産登録の際にも、元島民が語る戦前・戦中の生活は一部の書籍などで紹介済みだった。朝鮮人出稼ぎ工が家族連れで暮らしていたことも周知の事実である。

「一緒に机を並べて勉強していた」
▽軍艦島の実像を語る坂本氏(ABC)
画像

TV番組で島の学校が“共学”だったことを紹介した人物は「世界遺産にする会」の坂本理事長だ。しかし、これは戦後の話で、プロパガンダ破壊にはパンチ力に欠く。

参照:H27年7月10日『軍艦島歴史戦に反撃切り札…“地獄”に居座った朝鮮人』

関連エントリで、軍艦島の捏造ストーリーを吹き飛ばすには「1人の在日朝鮮人を発掘するだけで良い」と訴えた。戦中・戦後を通じて島で暮らした在日の存在。それが今回、見つかったのだ。

「虐待とか強制労働とか、そういう話は聞かないですけれども。それが証拠に、もと島におった連中がほとんど随分、帰ってきているんですもんね」
▽南鮮人の端島帰還を証言する元島民(YT)
画像

我が国の敗戦を機に、多くの朝鮮人は見送られて半島に還った。ところが、大半が舞い戻ってきたと言うのだ。“生きて出られぬ監獄島”に次々リターンする朝鮮人…そして島から離れなかった者もいた。

「昭和22年、端島に行ったときも、何人か韓国人いましたよ。残ってる」
▽朝鮮人の戦後残留を明かす元島民(YT)
画像

もし軍艦島が、総連や南鮮メディアが捏造する“監獄島”であったなら、何故、半死半生で逃げ延びた奴隷たちが揃って島に戻るのか。甚だしい矛盾。軍艦島ウソ物語は一撃で轟沈だ。

更に、個人を特定できる朝鮮人出稼ぎ工の情報も発掘された。戦後も引き続き残った朝鮮人は端まで長崎ちゃんぽんの店を経営。店の名称が「宝来亭」であることも判明した。
▽残留朝鮮人を良く知る元島民(YT)
画像

「宝来亭」は閉山後、駅前に移転。常連だった元島民の女性によると、店は小さいながらも繁盛し、長崎に大きな家を建てたという。奴隷労働の悲劇とは真逆の在日サクセス・ストーリーである。

この朝鮮人経営者は後に帰化し、子や孫は日本人として暮らしていることだろう。戦中・戦後の端島が生んだ成り上がり朝鮮人の代表だ。島の汚名を晴らす為にも子孫には是非、真実を語って欲しい。
▽南鮮でデマ宣伝続ける反日団体’15年(聯合)
画像

決定打となる証言は出揃った。軍艦島とは、捏造派が命名した“東洋のアウシュビッツ”とは大きく掛け離れた繁栄の島。明治以来、先人が築き上げた偉大なレガシーであり、我が国の矜りだ。

国際宣伝された“強制労働”は、どこにあったのか…キャンペーン開始から2年以上、捏造派は小さな痕跡さえも見付けていない。今、濡れ着は晴れ、疑惑のボールは打ち返された。
▽軍艦島の子供たちの多くが存命(file)
画像

南鮮政府、そして外務省は直ちに“強制労働”の証拠を示せ。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参照:
□一般財団法人「産業遺産国民会議」HP
□軍艦島の真実 - Gunkanjima Truth HP

□「真実の種」を育てる会HP
□NPO軍艦島を世界遺産にする会HP

参考動画:
□YouTube『「恥ずかしい世界文化遺産 軍艦島」を検証する』

参考記事:
□産経新聞12月24日『軍艦島旧島民ら「地獄島じゃない」証言動画公開で誤解に反論』
□ロイター(共同)12月26日『軍艦島、強制労働否定証言を公開』
□産経新聞2月8日『「軍艦島は地獄島…」韓国映画・絵本が強制徴用の少年炭鉱員を捏造 憤る元島民たち「嘘を暴く」』

関連エントリ:
□H27年6月8日『軍艦島“朝鮮人騒乱”実記…地元メディアが犯罪加担』
□H27年6月26日『廃墟の奥の朝鮮人捏造碑…反日施設を生む自虐外交』
□H27年7月7日『捏造機関ユネスコ脱退勧告…負の遺産築く“佐藤談話”』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか [ 西村幸祐 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/11/24時点)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シェルター整備〜国民保護の為の憲法改正を!
どうも政府の国民向けミサイル対応は、ちぐはぐの感を免れない。Jアラートなどの整備推進は良いのだが、今頃になって初の都内での避難訓練とは。産経新聞12月26日配信記事↓… … … … … … … … … … … … … … … … … …1月に都内で初の避難訓練 北ミサイル想定(http://www.sankei.com/politics/news/171226/plt1712260055-n1.html ) 政府は26日、弾道ミサイルによる「武力攻撃事態」を想定した住民避難訓練を来年1月22日に... ...続きを見る
賭人がゆく(excite ブログ)
2017/12/28 02:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
辛坊キャスターの光と影


■辛坊キャスターがまた事実を捏造して『韓国人は反日じゃないですよ工作』を行った。(「す・またん」17.12.28)


◆(日本人の)韓国に対する親近感グラフの、
「親しみを感じない約6割」を使って、韓国人の日本に対する親近感として説明した。

辛坊「実は韓国側の日本に対する親近感は6割ぐらいで結構高いんです。だからああいう活動してる人ってごく一部だったりする。」

↑その6割という数字は「日本人の韓国に対する【親しみを感じない】の数字なんですが…」

辛坊キャスターは以前にも韓国人の反日感情を少なく印象づける発言を『そこまで言って委員会』で行っている。
これは「韓国人イメージを悪くしたくないという狙いの印象操作」であり、K-POPの来日活動や人気を底上げするものであり、ジャーナリストとしてはやってはいけない印象操作である。捏造報道でもある。

慰安婦問題で韓国政府を批判するジャーナリズム精神があるなら、大多数の韓国人に反日感情がある事実も正直に報道してほしかった。

そもそも、韓国の国民感情が反日を極めているからこそ、余計に韓国政府は慰安婦合意を守ると言いにくいのである。

韓国は、苛烈な反日教育で国民に反日感情を持たせ、メディアまで反日姿勢であるため反日外交をやめにくく、自ら手足を縛っていて政府の自業自得なのだ。
今回は勘違いミスの感じもするが、先入観が...
2017/12/28 09:05

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

軍艦島から愛と真実を込めて…捏造史覆す決定的証言 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる