東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS 中共封じるインド太平洋の夢…対北時間稼ぎが別つ明暗

<<   作成日時 : 2017/11/12 22:41   >>

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 8 / コメント 0

北朝鮮危機の陰で高速化する中共の南シナ海侵略。だが、習近平の“時間稼ぎ”作戦は思惑通りに進まない。歴史的なインド海軍の日本海進出で「海のダイヤモンド」は完成に近づく。
画像

トランプ大統領のアジア歴訪に先立つ11月3日、日本海に日米印3カ国の艦艇5隻が集結し、6日までの4日間に渡って共同訓練が行われた。連携を深める3カ国の海軍だが、日本海での訓練は初めてだ。

参加した艦艇は海自護衛艦「いなづま」と米原子力空母「ロナルド・レーガン」。そこにインド海軍のフリゲート「サプラツ」が加わる格好で陣形を組み、編隊や通信の手順などを確認した。
▽日本海の日米印共同訓練11月4日(海自提供)
画像

「サプラツ」は、ウラジオストク沿岸で行われたロシア海軍との合同演習の帰路だったが、往路では10月中旬、佐世保に寄港。護衛艦「きりさめ」と九州西方海域で共同訓練を実施していた。
▽佐世保入港の印海軍「サプラツ」10月12日(海自)
画像

この時は、インド海軍コルベット「カドマット」も参加。詳細な説明はないが、日本海で共同訓練を行なった5隻とは、インド艦艇2隻に米補給艦「ジョン・エリクソン」が編入されたものと見られる。

日米印3カ国海軍の連携は、大規模演習マラバールの海自正式参加で恒常化した。それでも、マラバールの舞台はインド洋・西太平洋で、日本海での共同訓練は特異だ。
▽マラバールの印空母と「いずも」7月(時事)
画像

「特定の国を念頭に置いた訓練ではない。3カ国の相互理解と信頼関係の促進を図る上で意義がある」

海自の村川豊海上幕僚長は、そう語った。一部のメディアは「対北訓練」と位置付けたが、不正確である。日米印3カ国の艦艇が牽制したの中共海軍に他ならない。
▽日本海で共同訓練中の「サプラツ」11月6日(印大使館HP)
画像

そして、ソ連時代からロシアの伝統的な友軍であるインド海軍が日本海に展開したことも意義深い。トランプ大統領アジア歴訪の露払いとして、実に強力な“随伴艦隊”だった。

【砕けないダイヤモンドの夢】

「独立した主権国家が各々の夢を希求する自由で開かれたインド・太平洋地域を目指す」

ベトナムを訪問したトランプ大統領は11月10日、APEC首脳会合を前にした演説で、そう述べた。就任後初めて表明した米国の包括的な対アジア外交政策。地域の連携を強調した上で更に、こう続けた。

「『インド・太平洋の夢』を実現する」
▽ダナンで演説するトランプ大統領11月10日(共同)
画像

この発言は、習近平が「中華民族の偉大なる復興」というスローガンと共に掲げる「中国の夢」を皮肉ったようにも聞こえる。前日に北京で会談を終えたばかりの便所前は、どう受け止めたのか。

自由で開かれたインド・太平洋…それは今回のアジア歴訪における最重要キーワードだ。まず、訪日の第一歩となった11月5日、日米将兵に向けた横田基地の演説で登場した。
▽横田基地のトランプ演説11月5日(産経)
画像

「日本と共に自由で開かれたインド・太平洋地域を構築して行く」

主要な議題ではなかったが、この「自由で開かれたインド・太平洋」は、ワーキングランチから首脳会談まで通底するテーマだった。会談後の共同記者会見で安倍首相は、こう語った。
▽首脳会談後の共同記者会見11月6日(AFP)
画像

「自由で開かれた海洋秩序の維持、強化はこの地域の平和と繁栄にとって死活的に重要であり、日米で自由で開かれたインド・太平洋の実現に向けた協力を強化することで一致しました」

日米会談最大の成果であったが、既存メディアは“報道しない自由”を発動し、論評されることもなかった。むしろ、南鮮が米南首脳会談の発表文を事実上反故にしたことが大きく伝えられる始末だった。
▽米南首脳会談後の会見11月7日(共同)
画像

参照:産経(共同)11月10日『新海洋戦略、韓国同意せず 中国刺激避ける狙いか』

文在寅が外交合意を一夜で撤回した背景には、中共の顔色を伺うと言うより、幼稚な“安倍憎し”があった。この重要な戦略構想は昨年8月、安倍首相がTICAD(アフリカ開発会議)で提唱したと解説される。

しかし、これが安倍首相が打ち出した「セキュリティーダイヤモンド構想」の発展形であることは一目瞭然。発表は5年前、第2次安倍政権の発足直後だ。
▽日米印豪を起点にするダイヤモンド(産経)
画像

参照:Project SyndicateHP2012年12月27日『Asia’s Democratic Security Diamond〜SHINZO ABE』

大半のメディアが、このセキュリティーダイヤモンド構想を徹底的に無視した。そのツケが今に回ってきている印象だ。更に細かく指摘すれば、原点は5年前ですらなく、10年も前に遡る。

【そして、二つの海が交わった】

「きのう私がグジャラートにやって来た時、約5万人の方々が街頭に出て私達を歓迎して頂きました。私も本当に、妻も感激しました」

安倍首相はスピーチで、そう感謝の気持ちを述べた。今年9月のインド訪問。西部クジャラート州の主要都市アーメダバードの空港から続く9qの沿道は、歓迎の人々で埋め尽くされた。



インドにおける安倍首相の知名度・人気の高さは、モディ首相との緊密な関係に頼るものではない。10年前の初訪問で鮮烈な印象を刻んだのだ。

2007年8月、デリーで国会に招かれた安倍首相は「二つの海の交わり」と題するスピーチを行なった。その題名は、文人としても知られるムガール朝のダーラー・シコー王子の著書名でもある。

「太平洋とインド洋は今や自由の海・繁栄の海として、一つのダイナミックな結合をもたらしています。これを広々と開き、どこまでも透明な海として豊かに育てる力と責任が、日印両国にはあるのです」
▽インド国会で演説する安倍首相’07年8月(官邸HP)
画像

参照:外務省HP平成19年(’07)8月22日『インド国会における安倍総理大臣演説「二つの海の交わり」Confluence of the Two Seas』

このインド訪問で体調を崩し、第1次安倍政権は突如終焉を迎える。だが安倍首相は、辞任後の雌伏の時代に海洋戦略構想を諦めず、第2次政権発足と共に、セキュリティーダイヤモンドとして花開く。

一方のインド側も「二つの海の交わり」を忘れていなかった。’14年に就任したモディ首相は東アジア重視政策「アクト・イースト」を提唱。安倍首相が掲げる海洋戦略との融合を図った。
▽歓迎パレードの日印首脳9月13日(AP)
画像

重要なのは、米・インドという大国の指導者が、安倍首相の提唱するアジア戦略に大きな影響を受けたことだ。特にホワイトハウスが我が国発の構想を下地にするなど、ひと昔前は想像もし得なかった。

蜜月といった安易な形容、あるいは米国追従というステロタイプの批評は最早、通用しない。米印が安倍外交に学んでいるのだ。同時に、それは日米印3カ国が危機感を共有している証左でもある。

【対北“時間稼ぎ”が変える潮目】

米空母「ロナルド・レーガン」の後方に海自護衛艦「いせ」が控える。その両脇には「セオドア・ルーズベルト」と「ニミッツ」。そして「いなづま」「まきなみ」など日米の艦艇が随伴する。
▽「作戦区域」に向かう日米艦隊11月12日(米海軍FB)
画像

11月12日、日本海に展開する米空母3隻と海自艦艇の合同演習が実施された。空母3隻は順次、在南米軍が設定するの「作戦区域」に入り、演習を続けるという。

「理性を失ったトランプらの無分別な戦争にはやる気持ちが、いつ侵略核戦争に火を付けるか分からない」
▽コスメ事業視察する3代目10月末(KCNA)
画像

北朝鮮側は空母打撃群の接近に発狂中だが、平常運転の範囲内である。滑稽なのは、我が国の朝鮮労働党系メディアが「半島危機を利用」などと時系列を組み替えた米国批判を繰り返していることだ。
参照:愛媛新聞社説11月12日『米大統領の日中韓歴訪 北朝鮮非核化へ具体的戦略示せ』

大規模演習が北の核・ミサイル挑発を引き起こす…本末転倒、支離滅裂なロジックだが、「危機の利用」という見方は必ずしも誤りではない。米政治評論の第一人者・藤井厳喜氏は、こう指摘する。

「米国が北朝鮮問題にいつまでも拘っていたら、軍事、経済的圧力は中国に掛かって来ない」
▽故宮をガイドする便所前11月8日(ロイター)
画像

米国は「航行の自由作戦」を継続しているが、今回のトランプ大統領歴訪で南シナ海問題が焦点になることはなかった。ASEAN諸国も同様で、中共の海洋侵略は半島危機に隠された格好だ。

金正恩が軍事威嚇を続ける中、習近平は南シナ海の人工島整備を急ピッチで進む。高射砲や最新鋭戦闘機の配備、更に海上浮動式原発の稼働も視野に入ってきた。
▽フェアリークロス暗礁近くの人工島6月(CSIS)
画像

明らかな時間稼ぎ。米軍による対北サージカル・ストライクの遅延は、今の所、中共の海洋侵略に有利に作用している。だが、中共の黒い思惑を粉砕するのが、日米を軸にした軍事的連携の強化だ。
▽日本海の空自F-15と米空母11月10日(空自提供)
画像

中共は、インド海軍が日本海で合同演習に参加する日が来ようとは想像もしていなかったに違いない。前世紀から続く、ロシア海軍との北方共同訓練とは意味合いが全く異なる。

北危機の継続に伴い、日米印の協力関係は深まる。遠からず、そこにオーストラリアが加わることは確実だ。豪海軍は11月上旬、半島南部で北船舶の臨検を想定した共同訓練に参加した。
▽釜山沖のアデレード級フリゲート11月(豪海軍)
画像

西太平洋から北上した豪海軍の艦影が日本海に浮かぶ。その時、安倍首相が謳った「二つの海」は澱みなく交わり、「ダイヤモンド」は硬度を増して、輝くだろう。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

関連エントリ:
□H19年8月24日エントリ『闘将ボース2年間の閃光…日印を繋ぐ巨星よ永遠なれ』
□H26年9月5日エントリ『安倍首相にダイヤの贈物…インドが開く新時代の扉』

参考記事:
□産経新聞11月7日『日米印3カ国が日本海で初の共同訓練 北朝鮮・中国を牽制』
□読売新聞11月7日『米空母と海自艦、インド艦艇が日本海で対北訓練』
□<産経新聞11月11日『中国、海洋進出で「北朝鮮を利用」 国際政治学者の藤井厳喜氏ら講演で警鐘』
□時事通信11月12日『米空母3隻と共同訓練=海自護衛艦、日本海で』
□産経新聞11月11日『日本海で米空母3隻の演習開始 「作戦区域」に順次展開、北朝鮮情勢緊迫も』
□毎日新聞11月10日『トランプ大統領「自由で開かれたインド太平洋地域を」』
□産経新聞11月12日『トランプ氏のアジア政策は安倍晋三首相の構想だった 保守本流に近づく米外交 古森義久』
□週刊ダイヤモンド11月10日『トランプ訪日最大の成果は「中国包囲網」の合意だ』
□産経新聞11月10日『印、日米と協力深化へ インド太平洋戦略で一帯一路に対抗』


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか [ 西村幸祐 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/11/12時点)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
葛飾区民の良識の勝利!鈴木信行氏、同区議選に当選す
&#160;ぱんぱかぱーん(愛宕/艦隊これくしょん) ...続きを見る
反日ハンター FC2猟友会
2017/11/13 18:53
虎ノ門ニュース1113 青山繁晴
11月13(月)、今週も青山繁晴氏の「真相深入り!虎ノ門ニュース」と関連動画をアップしておこう。 ...続きを見る
風林火山
2017/11/13 21:35
「しばき隊リンチ事件」に関する民事訴訟(VS野間)の控訴審判決言い渡しまであと2日
&#160;反日ハンター・神功正毅です。 野間易道による名誉毀損およびプライバシー侵害に対して主水が損害賠償請求を訴える裁判の控訴審判決言い渡しが11月16日に開催されます。 Twitter/主水 https://twitter.com/VENOMIST666/status/912650092267544577 <引用開始> 野間易通氏 @nomacrac による私に対する名誉毀損... ...続きを見る
反日ハンター FC2猟友会
2017/11/14 11:15
ミサの呪い?添田充啓沖縄防衛局職員暴行傷害事件の傍聴券抽選が行われず
&#160;反日ハンター・神功正毅です。 明日、11月15日に行われる予定の ...続きを見る
反日ハンター FC2猟友会
2017/11/14 22:31
「しばき隊リンチ事件」に関する民事訴訟(VS野間)の控訴審判決言い渡しまであと1日
&#160;反日ハンター・神功正毅です。 野間易道による名誉毀損およびプライバシー侵害に対して主水が損害賠償請求を訴える裁判の控訴審判決言い渡しが11月16日に開催されます。 Twitter/主水 https://twitter.com/VENOMIST666/status/912650092267544577 <引用開始> 野間易通氏 @nomacrac による私に対する名誉毀損... ...続きを見る
反日ハンター FC2猟友会
2017/11/15 13:16
添田充啓&山城博治防衛省職員強盗暴行傷害事件の判決公判まであと5日
&#160;反日ハンター・神功正毅です。 添田充啓&山城博治防衛省職員強盗暴行傷害事件、結審す で書いたように9月13日の第九回公判を以て結審した添田充啓&山城博治防衛省職員強盗暴行傷害事件の判決公判が11月20日に行われます。 那覇地方裁判所/傍聴券交付情報 http://www.courts.go.jp/app/botyokoufu_jp/list?id=412 <引用開始> ... ...続きを見る
反日ハンター FC2猟友会
2017/11/15 19:20
本日は「しばき隊リンチ事件」に関する民事訴訟(VS野間)の控訴審判決言い渡しの日です
&#160;反日ハンター・神功正毅です。 野間易道による名誉毀損およびプライバシー侵害に対して主水が損害賠償請求を訴える裁判の控訴審判決言い渡しが本日、11月16日に開催されます。 Twitter/主水 https://twitter.com/VENOMIST666/status/912650092267544577 <引用開始> 野間易通氏 @nomacrac による私に対する名... ...続きを見る
反日ハンター FC2猟友会
2017/11/16 06:36
反日主義者のたどる道64 〜「しばき隊リンチ事件」に関する民事訴訟(VS野間)の控訴審判決が下る
&#160;ぱんぱかぱーん!(愛宕/艦隊これくしょん) ...続きを見る
反日ハンター FC2猟友会
2017/11/16 19:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

中共封じるインド太平洋の夢…対北時間稼ぎが別つ明暗 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる