東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS 在日派遣部隊の高江ゲリラ戦…墓穴の底でBPOが足掻く

<<   作成日時 : 2017/02/28 00:22   >>

ナイス ブログ気持玉 84 / トラックバック 5 / コメント 1

我那覇vsシン・スゴの対決構図で在日高江決戦の雌雄は決した。騒乱を煽動する敵の正体とは…狙われた番組のVTR出演者が猛反撃。そして、BPOへの“沖縄マネー”流入も発覚した。
画像

「マスクをした人達が急に車の前に現れ、帰れとかUターンしろとか、通りたいなら身分を証明しろとか行ってきた」

沖縄・東村の男性は昨年9月、仕事で地元を通行中、活動家の群れに襲われた。高江で活動する暴力集団が続ける不法な検問。外部からやって来た連中が、地元民の日常的な通行を阻み、脅したのだ。
▽違法検問で凄む高江の活動家H28年9月(FB)
画像

「子供が泣き出したので、車を降り、小突き合いのようになった所、胸を押されたので、僕も押し返した」

地元男性は完全な被害者である。ところが、翌日の琉球新報は「男が抗議市民殴る」の見出しを付け、男性側を一方的な加害者に仕立て上げて大きく伝えた。沖縄2紙の実態を象徴する記事である。
▽加害者デッチ上げの記事(9月18日付琉球新報)
画像

襲われた男性は、東村で宿泊体験型の農業・レストランを営む依田啓示さんで、当日も宿泊客の観光案内で近所をドライブしていたという。そして他にも、メディアが隠す高江の真実が次々に暴かれる…
▽会見する依田啓示さん2月24日(YouTube)
画像

反日勢力と新華社系メディアの標的となった『ニュース女子』の神回。VTRで現地の実態を語り、今も陰湿な攻撃を受ける有志らが2月24日、都内で反撃の記者会見を開いた。

「日本は他者の意見を尊重し、意見の異なる者の存在に寛容であることを良しとする国柄ではありますが、辛淑玉氏らの抗議のあり方は常軌を逸し、悪質な言論弾圧の様相を呈していると言わざるを得ません」

会見の中心的な役割を担ったのは、UN人権理の護国演説で脚光を浴びた我那覇真子さんだ。今回の会見でも舌鋒鋭く、論旨明確、敵陣営のあしらい方まで完璧だった。
▽会見する我那覇真子さん2月24日(ch桜)
画像

同じく、番組で高江の真実を暴露したボギーてどこん氏ら沖縄県民に加え、ケント・ギルバート氏と杉田水脈前衆院議員が脇を固める強力な布陣。単なる反論会見で終わるはずがない。

国境のりこえねっとを徹底追及しつつ、会見では隠れた敵が浮き彫りになった。

【会見場に乱入した反日ゴブリン】

「辛淑玉(シン・スゴ)氏らの東京MXへの抗議は、自らの活動実態が『ニュース女子』に暴かれ、それが地上波で全国に拡散されることを恐れ、封殺する為と考えます。『沖縄差別・ヘイト』は理由付けに過ぎません」

我那覇さんは、辛淑玉側の真の狙いを短いセンテンスで叩き斬った。連中を驚愕させた地上波放送。そして、“沖縄差別”というBPO申し立ての核心が偽りであることを我那覇さんは実体験で知っている。
▽会見する我那覇さんら2月24日(産経)
画像

この日の会見には、民進党有田しばき隊の構成員・野間易通と安田浩一が、記者席最前列に陣取っていた。周知の通り、2人は玄界灘のりこえねっとの実働部隊である。

『ニュース女子』放映後から有田しばき隊は、我那覇さんをターゲットにし、脅迫を開始。ストーカー行為を繰り返すようになった挙句、2月上旬には自宅に押しかける暴挙に出た。
▽会見“取材中”の野間易通(YouTube)
画像

これまでも有田しばき隊は、護国団体・花時計の街頭演説で暴れるなど女性を狙った事件を引き起こしている。しかも、今回の会見で無関係な我那覇さんの家族を恐怖に陥れていることも判った。

「彼らお二人というのは私が住んでいる名護まで来ました。そして取材の許可を出していないにも拘らず動画を撮影し、勝手に公開しています。私の家族も映っています」
▽凶悪ストーカー被害明かす我那覇さん(YouTube)
画像

悪質な脅しだ。無関係の家族や会社を巻き込む手法は、有田しばき隊の基本スタイル。自宅の地理が推測できる映像を公開し、追い込む。在日ヤミ金融の取り立て人よりも暗黒レベルは高い。
□会見後に粘着するゴブリンズ


我那覇さんらは、国境のりこえ側に公開質問状を送り、討論も呼び掛けている。それに対し、辛淑玉は完全無視。代わりに釘パイプがトレードマークの実行部隊員を差し向けた格好である。

しかも、安田&野間の盟友が、高江で連続暴行事件を起こし、別荘暮らしの最中というオマケ付きだ。

【在日勢力の新たなスポンサー】

「2人が集会の後に逮捕されています」

杉田前議員が紹介した画像は、TBS報道局のドン・金平茂紀も参加した集会の告知だ。ここで登壇した高橋が、連続襲撃犯の有田しばき隊・添田充啓と同一人物であることは一般的に余り知られていない。
▽用心棒を務める添田充啓容疑者H25年9月
画像

また同じ集会で辛淑玉が高江派遣メンバーに犯罪行為を呼び掛ける大ヒット動画も上映された。いずれもネット民には有名な「高江の真実」で、やや食傷気味と思った所、強烈パンチが来た。

「you die! die! die! die! 米兵死ね 死ね米兵!」



「死ね」を連呼する中年男は、高江の突撃隊長・山城博治容疑者だ。国道の不法検問で米国人の私有車を見つけて強制停車。窓ガラスなどを叩き巻きって脅す…本物の基地外である。

傷害事件などで山城の取り調べが続く中、日本アムネスティは1月、即時釈放を求める声明を発表。「you die!」は、日本アムネスティが推奨する“外国人おもてなしの挨拶”と心得た。
▽山城博治を崇める来県者2月24日(琉球新報)
画像

「基地に反対するデモは言論の自由で保障され、外国人も許されると思う。しかし、デモは平和的なもので、犯罪を含むもの暴動です」

ケント・ギルバート氏は、法的側面から分かり易く説明する。辛淑玉は抗議デモ・集会に手下を送り込んだのではなく、暴動を準備したのだ。更に、ギルバート氏はその破壊活動の背後にも言及する。

「お金を貰ってデモをすることは必ずしも悪いとは言えないが、出所が問題なんです。きちんと取材すれば判ります。中国です」
▽会見するケント・ギルバート氏2月24日(産経)
画像

奇抜な着想ではない。同じ会見で杉田前議員は、公安調査庁の発表を根拠に挙げる。内外の治安情勢について同庁が昨年末にまとめた「回顧と展望」には、こう記されている。

「沖縄においては、『琉球からの全基地撤去』を掲げる『琉球独立勢力』に接近したり、『琉球帰属未定論』を提起したりするなど、中国に有利な世論形成を図るような動きも見せた」
▽資料を提示する杉田水脈前衆院議員(YouTube)
画像

問題は、民潭幹部を含む在日勢力が全面参加し始めたことだ。辛淑玉に反米基地運動の闘士だった過去はなく、有田しばき隊が“沖縄差別”の解消に言及した事例もない。

昨年夏を皮切りに突如、沖縄の基地外騒ぎに加勢したのだ。推測だが、北本国や総連からの資金援助が先細る状況を見計らい、中共が朝鮮系の在日暴力集団の活用に乗り出したのではないか。
▽映像で紹介される辛淑玉の犯罪教唆演説(産経)
画像

南鮮では似たような従北勢力が、急に親中色を強め、THAAD配備では中共の手駒として活動している。金の切れ目が縁の切れ目。ケツ持ちがすり替わったのだ。

そして会見では、もうひとつの隠れた敵が血祭りに上げられる。

【墓穴の底でBPOが足掻く】

「杉田さんの持つ情報がこれだけあるが、日本のマスコミが取材すれば、もっと根の深い情報が出てくる。どうして、そういう仕事をしないのか? それとも沖縄に関心がないのか?」

会見登壇者の矛先は、既存メディアにも向けられる。沖縄2紙に加え、新聞・TV報道も「高江の真実」を隠し、暴力活動を支援してきた。質疑応答で噛み付いた捏造紙編集委員・北野隆一が好例だ。
▽質疑応答で説教始めた北野隆一(YouTube)
画像

「ビデオは確かにショッキングではあるが、いつ何処で誰が撮ったものなのか? 報道する以上は事実関係が必要なので、詳細な説明を願いたい」

見事な自爆だ。捏造魔・植村隆の“金学順スクープ”は裏取りなしの録音テープ書き起こしだった。しかも実際は、テープが存在せず、挺対協幹部の話を元に記事化した可能性が高い。

「朝日新聞さんがご質問されましたが、この情報源が何なのか怪しいという記事が恐らく書きたいんでしょう」
▽ケントvs捏造紙編集委員2月24日(ch桜)
画像

我那覇真子さんが図星をつく。捏造紙は編集委員を会見に送り、因縁を付けた挙句、さんざ悪態を付いたが、翌々日の紙面で紹介した登壇者のコメントは僅か11文字だった。

投げやりな紹介記事は、MXの「大きな問題はない」とした報告書に関するものだった。TV局の報告書は部外秘だが、捏造紙はBPOから独自ルートで入手した模様だ。さすが身内である。
▽執拗な『ニュース女子』攻撃2月25日(捏造紙)
画像

BPO放送倫理検証委のトップ・川端和治は、MX考査担当者の聴取を継続すると息巻くが、足元には火が燻る。委員の升味佐江子が、ネット放送で『ニュース女子』を糾弾していることが判明したのだ。



いきなり“沖縄ヘイト”と決め付ける酷い内容。それも当然、このネット番組は沖縄タイムスが共同制作しているのだ。升味の横で説教を垂れる親父は、沖タイ東京支社の編集部長・宮城栄作である。

結論ありきの偏向委員は、反日・極左の牙城PBOに相応しい人選と言える。だが、升味佐江子が沖タイの利害関係者であることは見逃せない。出演料を頂戴しているのだ。カネの流れこそ、倫理に反する。
▽沖タイ番組解説員の肩書きは隠蔽(BPO公式HP)
画像

『ニュース女子』は、これまでの放送で沖縄2紙を批判してきた。沖タイとって目障りな番組。業務関係のある委員を通じ、番組潰しに打って出たという仕組みだ。

利害関係者の発覚で今、BPO側は震え上がっているだろう。それでもBPOは『ニュース女子』を断罪する。朝日・毎日が社説で「最悪の番組」と断定した以上、組織として「問題なし」の太鼓判は捺せない…

視聴者も国民も関係ない。捏造機関=BPOが何よりも恐れているのは、反日・極左勢力から「使えない組織」と見放されることなのだ。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参考動画:
□沖縄国士 vs 辛淑玉(逃亡中),野間易通,安田浩一(反日極左テロリスト)「東京MXテレビ言論弾圧を 許さない沖縄県民記者会見」日本記者クラブ【4KウルトラHD】平成29年2月24日
□チャンネル桜2月25日【沖縄の真実】のりこえねっと辛淑玉氏等による東京MXテレビ『ニュース女子』報道弾圧に抗議する沖縄県民東京記者会見

参照:
□琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会HP
□のりこえねっとへの公開質問・公開討論申し入れ状(PDF)

参考記事:
□産経新聞2月24日『「辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場』
□Buzznews2月24日『「ニュース女子」出演3名が杉田水脈氏・ケント・ギルバート氏らと記者会見、今後東京で抗議集会も』
□Buzznews2月24日『朝日新聞の記者が「ニュース女子」会見で出席者を怒らせる「私達は釈明に来たわけじゃない」』
□朝日新聞2月25日『沖縄巡る番組、MX側「大きな問題ない」BPOへ報告』
□Bloomberg12月24日『中国が「琉球独立」求める団体関係者と交流−公安調査庁・回顧と展望』
□産経新聞12月28日『「『琉球独立』標榜する日本の団体関係者と学術交流」「日本国内の分断を図る戦略的な狙い」 公安調査庁「回顧と展望」で中国の動きに警鐘』



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 84
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
虎ノ門ニュース0227 青山繁晴
2017年2月27(月)に放送された、「真相深入り!虎ノ門ニュース」を、今週もアップしたい。 ...続きを見る
風林火山
2017/02/28 01:42
本日は川崎デモ言論弾圧裁判の判決言い渡しの日です
反日ハンター・神功正毅です。川崎デモが大量のパヨク・朝鮮人によって進路妨害され、中止に追い込まれた件で有田芳生・参議院議員が荒井泉氏に損害賠償を提起された裁判の判決言 ... ...続きを見る
反日ハンター
2017/03/01 07:12
「言論の自由を奪う憲法違反を許さない&#8252; 街宣in国会議事堂正門前」のお知らせ 第一報
言論の自由を奪う憲法違反を許さない&#8252; 街宣in国会議事堂正門前法務省はヘイトスピーチ対策法の運用基準について都道府県に通達しました。こうした法務省の姿勢は、言論の自由を ... ...続きを見る
反日ハンター
2017/03/02 20:51
有田芳生ヘイト裁判の第四回口頭弁論まであと20日
反日ハンター・神功正毅です。有田芳生・参議院議員が桜井誠・日本第一党党首にヘイトスピーチを行った件で桜井誠が彼に損害賠償を提起した裁判の第四回口頭弁論まであと20日とな ... ...続きを見る
反日ハンター
2017/03/03 15:00
反日主義者のたどる道39 〜添田充啓?いえ、知らない子ですね by 野間易道
反日ハンター・神功正毅です。添田充啓防衛省職員暴行傷害事件の開廷まであと半月に迫った一昨日、「どんなに最善を尽くしても添田に無罪もしくは執行猶予付きの判決は下らないだ ... ...続きを見る
反日ハンター
2017/03/03 19:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
アメリカではCNNなどがフェイク・ニュースと大統領から攻撃されていますが、我が国の腐れ報道機関は「本物のフェイク・ニュース」ですね。真の報道機関としての役割を果たした番組を攻撃するフェイク審査会…吐き気がします。
現役保険営業マン
2017/02/28 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

在日派遣部隊の高江ゲリラ戦…墓穴の底でBPOが足掻く 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる