東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS 拉致事件“再捜査”の前哨戦…浮上した日朝交渉キーマン

<<   作成日時 : 2014/05/30 22:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 3 / コメント 11

水面下の日朝本格交渉は今年1月に始まっていた。舞台の表裏で鍵を握る「日本課長」の意外な正体が判明。日朝同時発表に至る経緯は、小泉訪朝&5人奪還劇をトレースするものだった。
画像

「日朝協議の結果、北朝鮮側は拉致被害者および拉致の疑いが排除されない行方不明の方々を含め、全ての日本人の包括的全面調査を行うことを日本側に約束をしました」

安倍首相の緊急会見は、5月29日午後6時25分過ぎから始まった。一方、朝鮮中央テレビは同じく午後6時半からのニュースで速報した。日朝同時発表のスタイルだったことに大きな意味がある。
▼緊急発表する安倍首相5月29日(共同)
画像

安倍政権発足後に行われた複数回の接触でも、北朝鮮側は拉致事件に関して「解決済み」との姿勢を譲らなかった。それが一転、特定失踪者を含めた調査で合意した。劇的な方向転換だ。

5月26日からストックホルムで始まった第三回日朝政府間協議は、目立ったの成果もなく、不調に終わったと見られていた。3日間の協議は本格交渉との呼び声が高く、政府関係者は、こう予告していた。

「途中で首相官邸に政治判断を仰ぐ場面があるかも知れない」
▼北局長を取り囲む報道陣5月28日(ロイター)
画像

日本メディアは大掛かりな取材団をスウェーデンに送り、協議を見守ったが、成果なしの「継続協議」に落胆した。協議終了後、岸田外相は記者団からのコメント要請にも応じなかった。

だが、それはフェイクで、実際には翌夕の日朝同時発表という大技が仕掛けられていたのだ。横田夫妻のモンゴル極秘訪問に続いて、またしてもメディアは官邸・外務省に出し抜かれた。
▼モンゴル対面語る横田夫妻3月17日(産経)
画像

拉致被害者の再調査は、福田政権下の2008年にも一度、北朝鮮が約束し、反故にした経緯がある。何度も煮え湯を呑まされてきたのだ。途中下車・うやむやフェードアウトは、北のお家芸である。

だが今回は、小泉訪朝に繋がった当時の交渉ラインと極めて筋が似ている。そこには、メディアが触れない北側の交渉キーマンが浮かび上がる。

【ミスターXを継ぐ男の出現】

「今、窓口が保衛部に移っているとすると、進展が起こりうる条件が一つ増えたのではないかとも思う」

4月10日、救う会が都内で開いた集会で、西岡力会長は、一連の交渉に国家安全保衛部が関わっていると指摘した。保衛部は、北朝鮮の秘密警察で、金正恩指導部の直轄機関だ。

3月上旬と中旬の2回に渡って瀋陽で日朝赤十字会談で開かれた。その際の非公式協議で、北側の外交部日本課長として交渉の席に現れた人物こそ、保衛部の幹部だったのだ。
▼瀋陽に現れた交渉キーマン3月20日(共同)
画像

キーマンの名前は、劉成日(リュ・ソンイル)という。北秘密警察のナンバー2で、実務面ではトップ格の副部長。外交部の小役人とは比較にならない。権力の中枢に近い人物である。

小泉訪朝を前に、田中均が要求を丸呑みし続けたミスターXことキム・チョル(実名:柳京)も、保衛部副部長だった。指導部の伝書鳩ではなく、一定の権限が与えられていることは確かだ。
▼左側3人目が劉成日3月19日(共同)
画像

劉成日は3月の瀋陽接触に続いて、4月12日には大連に現れ、外務省の小野啓一北東アジア課長と極秘協議を行った。また、その一週間前にも接触していたことが判明。北朝鮮ウォッチャーを興奮させた。

「保衛部は工作機関の外にある。拉致をし、その人たちを使っている統一戦線部や連絡部は2002年の時も拉致を認めることに反対した」

西岡会長は先月の集会で、そう期待を滲ませていた。更に、この保衛部は地方に居住する特定失踪者や日本人妻に関するデータを保持している部門だ。
▼ストックホルムの劉成日:右端5月26日(共同)
画像

90年代後半の大規模水害の際、旧指導部は全国民の生死・移動情報を保衛部に収集するよう命じた。この時、保衛部は“在留日本人”の所在を把握したと言われる。

10数年以上前の居住データが、どれほど役に立つか不明だが、北側が今回の合意文書で敢えて「行方不明者を含む全ての日本人」という表現を使ったことに注目だ。保衛部に有言実行の能力はある。

【ウランバートルの試験飛行】

国家保衛部副部長・劉成日(リュ・ソンイル)が初めて公然と姿を見せたのは、野田政権末期の2012年8月。北京で行われた予備協議に日本担当課長として出席した。謎の無名役人である。
▼日本大使館に入る劉成日’12年8月29日(AP)
画像

重村智計教授によると劉成日の正体を暴いたのは、公安など情報機関ではなく、外務官僚だったという。小泉訪朝時、劉はミスターXの部下として会談場所に現れた。それを外交官が覚えていたのだ。

そして、今年1月25日からベトナム・ハノイで行われた日朝極秘協議で確証を得た。産経新聞はハノイ極秘協議で、伊原純一局長と保衛部当局者が「糸口を探った」と報じていた。

参照:産経新聞3月2日『外務省局長 北の国家安全保衛部当局者と極秘会談 3日に赤十字会談再開 対話ムード進展』
▼北京局長級協議の劉成日:中央奥3月30日(聯合)
画像

国家保衛部ルートは日朝交渉の本筋だ。12年前の日朝交渉を詳しく知る安倍首相と斎木昭隆事務次官のコンビは、本格交渉につながる絶好の機会と直感したに違いない。

小泉時代の接触過程で、日本側はミスターXの実力を試したことがあった。平壌で不当拘束された日経新聞・杉嶋記者の釈放要求。ミスターXは、それに応え、信用を勝ち取ったとされる。
▼日朝首脳会談のミスターX'02年9月(NNN)
画像

劉成日に対する同じようなテストが、3月の横田夫妻とヘギョンさんのモンゴル対面劇だったのではないか。北の揺さぶりではなく、この対面舞台を要求したのは安倍首相だったという。

腑に落ちない舞台裏解説だったが、実力テストであれば、納得がいく。そして、劉成日はヘギョンさんをウランバートルに道案内しただけではなく、予想外の“秘蔵品”を日本側に見せつけた。
▼4月に公開された金正恩専用機(KCNA)
画像

ヘギョンさんを送迎したイリューシン62は、金正恩の専用機だったのである。高麗航空機とは異なる機体マーク。その事実は、4月2日に金正恩機が初公開されて判明した。

唐突に公開された三代目専用機の写真は、日本側に交渉担当者の実力を知らせる以上の意味があった。金正恩がヘギョンさん送迎に快諾したというサインだ。
▼尾翼のマークも特徴的(KCNA)
画像

今回ばかりは、平壌中枢の本気度が違う。だが、ここで浮き足立っては、またしても北に足を掬われることになる。

【日本世論が成果を左右する】

「新たな地域、国際情勢の深刻な変化により、我々は韓国をより緊密なパートナーとして選択する」

ソウルを訪れた中共の外相・王毅は5月26日、そう語った。ストックホルムで日朝協議がスタートした日でもあった。発言は我が国を念頭に置いたとされるが、北朝鮮への“決別宣言”にも等しい。
▼中南外相会談5月26日(ロイター)
画像

中共と北朝鮮は昨12月の張成沢処刑で、相互不信がマックスになったとも伝えられる。反正恩クーデター計画の真偽は別に、張成沢は中共の代理人であり、北京との太いパイプをほぼ独占していた。

劉成日(リュ・ソンイル)が本格交渉に登場したのは、今年1月のハノイ極秘協議だった。時期は符合する。平壌が苦肉の策で我が国との関係改善に乗り出したという見方は、恐らく正しい。
▼日本課長を名乗った劉成日'12年8月(共同)
画像

習近平が平壌より先にソウルで首脳会談を開けば、両国関係は史上最悪の状態に陥るだろう。だが、同時に中共の北懐柔策に日朝交渉が左右される可能性もある。バランス外交は北の伝統だ。

「委員会を立ち上げて、調査を開始した時点で日本側の制裁を解除する」

29日の臨時会見で菅義偉官房長官は、調査のスタートと同時に独自の対北制裁を解除すると説明した。これは、日朝合意文書にも明記されている。早ければ6月下旬までに一部制裁が解かれる見通しだ。
▼臨時会見の菅官房長官5月29日(ロイター)
画像

この「同時進行プラン」は日本側が譲歩した部分と思えるが、調査難航を理由に北が実利を掠め取ったタイミングで頓挫するリスクも負う。あらゆる局面で警戒を怠ってはならない。

「拉致問題の『進展』が『解決』にすり替えられないよう一層注意したい」

特定失踪者問題調査会の荒木和博代表は29日夜、緊急会見でクギを刺した。これまで拉致事件を追及してきた関係者こそ、「一歩も譲らない姿勢」を日本政府に求める必要がある。
▼緊急会見する荒木代表5月29日(産経)
画像

北朝鮮は中共と違い、日本世論の微妙な変化を汲み取り、交渉で押し引きする。かつて金正日があっさり拉致を自供し、最終的に5人の帰国を認めたのも、日本国内の声が強かった為だった。

安倍-斎木ラインの本気外交を応援しつつ、声を上げて行かなければならない。金正恩新指導部への要求は、あくまでも被害者全員の無条件帰国だ。
▼家族会に説明する古屋大臣5月30日(ロイター)
画像

悲願の奪還に成功するか否か、前哨戦は既に始まっている。




最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参考文献:
月刊『WiLL』6月号 重村智計〜朝鮮半島通信「日朝交渉 最高責任者の正体」

参照:
外務省HP5月30日『日朝政府間協議合意事項』(PDF)

参考記事:
□産経新聞5月29日『安倍首相「全面解決へ向けて第一歩となる」 ぶら下がり会見全文』
□産経新聞5月29日『北朝鮮制裁緩和「調査委組織を見極め」官房長官』
□時事通信5月29日『北朝鮮も拉致調査発表=「全ての問題解決」』

□時事通信5月29日『拉致、幕引き図る思惑=米中韓と行き詰まり日本へ?−北朝鮮』
□産経新聞5月29日『成果は「決裂回避」 拉致進展せず協議は2日目に事実上終了』
□産経新聞4月15日『月内にも拉致再調査合意の見通し 日朝課長級が大連で極秘協議』
□産経新聞4月13日『小泉訪朝以来のチャンス到来? ウンギョンさん面会で見えた北のサイン』
□日経新聞3月22日『拉致「解決済み」を強調 北朝鮮外務省日本課長』
□東スポ3月8日『張氏に続き北朝鮮No.2崔竜海氏も処刑へ』
□J-CAST2013年9月17日『日朝首脳会談の立役者「ミスターX」銃殺、黒幕は張成沢氏? 朝日新聞ソウル元特派員「北朝鮮秘録」で強く示唆』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今月の迷言「カジノは銀行じゃない!」
&nbsp; (マカオ、「 G2E Asia 2014 」にて) &nbsp; シンガポールやマカオで博奕を打っていて、いつも困るのが日本円⇔現地通貨の両替である。 &nbsp; シンガポールの場合、 「マリーナ・ベイ・サンズ」 のレートはシンガポール中で最悪の部類に入るから止めた方がよい。一見さんに対しては銀行のレートも良くないので、おすすめは街の両替商(特に繁華街オーチャード通り、高島屋シンガポール店向かいのラッキー・ビル地下 1F に数件ある両替屋... ...続きを見る
賭人がゆく
2014/05/31 05:51
国際政治のリアリズム
媚中を通り越して、もはや中共の代弁者といっても過言ではない反日左翼のテレ朝(朝日新聞系列)。 ...続きを見る
風林火山
2014/05/31 16:13
在特会からのお知らせ その204
★ 在特会各支部運営参加のお願い ★━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─在特会会員の皆さまには日頃より当会の活動にご理解とご支援を賜りありがとうございます。すでにご承知の通り、当会は各地に支部を設置し行動する保守運動の浸透拡大を図っています。… ...続きを見る
反日ハンター seesaa猟友会
2014/05/31 16:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
かねてより尊敬するアネモネさんは真のジャーナリストだ。切り込む視点が規制媒体とは全く異なる。増すゴミに普遍する自国政府を腐そうとする動機がないからだ。加えて深い洞察力とプレゼンテーションの素晴らしさ。北朝鮮問題は得意なテーマの一つだが今回は特別な展開直後だけにその読みと分析はとくにありがたい♪
丸山光三
2014/05/31 01:14
上のオイチャンの賛辞に大賛成!!アネモネさんの着眼点・洞察力には恐れ入りました。

従来は見劣りしていた我が国の外交力が安倍政権になって間違いなく強化されました。今回の「拉致再調査」も安倍総理あってこその成果と言えるでしょう。
したたかな北のことですから先行き楽観はできませんが、「中・韓野合」を利用して北に多少の飴玉をしゃぶらせるのも「敵の敵は味方」という意味であり得る戦法だと思います。

ところで私は、「拉致」と「総連会館の競売問題」がバーターされることを恐れています。
「競売問題は条件ではない」というのが表向きの政府見解ですが、北が死活問題を簡単にあきらめるとは思えません。今後、落札者による明け渡し作業が難航するのは必至ですが、政府はこの問題で弱腰になることなく、「法治国家たること」を貫いて欲しいものです。
風来坊
2014/05/31 08:51
誘拐犯に見返りを約束して被害者を奪還し、その上2兆円とも言われる金銭を与え国交を復興させることには反対です。北朝鮮の船は日本に入港させること無く、在日朝鮮人を祖国に帰還させることを交換条件に、日本人被害者を奪還して欲しいです。北朝鮮利権に群がる政治家や財界が国交復興を機に、様々な交流を画策するのは目に見えています。
何とか日本から北朝鮮や韓国の工作を一掃し、日本を取り戻したいものです。北朝鮮は日本に謝罪し、賠償金を支払うのが道理ではないですか?一切の資金、技術援助、人的交流に反対します。
日本人
2014/05/31 16:40
原口一博がJAL遅らせる:日本航空はやはり民主党銘柄
昨日の話。俺ではないが、相応の人物からの投稿である。
原口ごときの小物なんて置いていったっていいんだよ。JALはそんな運用をしているからダメなんだよいつまでも。
「福岡便の機材がが遅れたのは許せるのだが、特定の個人のために遅れるのは解せない。」
という話だ。遅れて乗ってきた男が一人・・・どこかで見たことがあると思ったら、なんと、原口一博だった。
全ての乗客が乗り終わり、搭乗口を閉めるとアナウンスがあり、いよいよ出発だと思ったら、数名の客が搭乗していないというアナウンスに変わり、それから、約10分近くが過ぎ、やっと原口様がただ一人遅れてのご搭乗となった。
「数名の客」というのは、「一人」というと目立つからであろう。JALはやっぱり民主党には気を遣うのか。だから路線がもらえないんだよ。
昨日の件に関しては、元々、機材が10分遅れだったから、乗客は待っていたはずなので、遅れて搭乗するはずがない。だから、遅れたのは原口を待ったせいだ。原口だけを待っていたのかと思うと、腹が立ってしかたなかった。
一般の客だったらまだ許せるが、国会議員はVIP待遇で、セキュリティ等で遅れることはまずない。
しかも、福岡便は30分おきに出ているから、ANAに変更すれば済む話なのに、JAL便を待たせて乗るとは、何様のつもりなのか、国会議員としての品性を疑うし、やはり、JALは未だに稲森を名誉会長としているし、民主党銘柄なのかと疑ってしまう。
反ミンス党
2014/05/31 17:46
パソナ南部代表、女性スキャンダル&セクハラ疑惑 秘書の覚せい剤逮捕生む企業体質
ASKAの覚せい剤逮捕はさまざまな方面に波紋を呼んでいるが、中でもクローズアップされたのは共に逮捕された愛人・栩内香澄美氏(37)の存在だった。
だが、実は今から25年ほど前、南部氏をめぐるスキャンダルが大きく報じられたことがあった。それも女性スキャンダルが--。
まだパソナ・グループがテンポラリーセンターという社名だった1989年、「週刊テーミス」(8 月2日号/現在は会員月刊誌)が『テンポラリーセンターの醜聞 南部靖之専務をめぐる「女性関係」を衝く』という5ページもの特集記事を掲載したのである。南部氏は当時37歳。関西大学時代に立ち上げたテンポラリーセンターの創業専務で、「ベンチャーの寵児」ともてはやされていた。
だがその南部氏について、元幹部や元女子社員のこんな告発が相次ぐ。
社内で、いきなり女の子に抱きつくんだ。『スキンシップだ』とかいって」
「やらせる子には、ボーナス時に、50〜60万円余計に出す」
「オフィスのなかで、平気でスカートをめくったり、胸やオシリさわったりしますからね」
「人妻だった女性社員との噂もありましたし、子供を堕ろさせた女性社員もいたといいます」
また、抵抗して南部氏をひっぱたいた女性がいたが、南部氏は怒って「クビにしろ!」と叫んだというエピソードも綴られている。さらにこんな興味深いくだりも。
反層化
2014/05/31 18:43
気に入られた女性は、同期でも異常に昇進が早い。関連会社の社長になったりする人もいました」
「お気に入りの子は、南部専務のチームがある広報室に連れていかれるケースが多いんです(略)。みんな専務好みのキレイな子ばかりですよ」
「役職がつくと、月々5万円が月給にプラスされるの。さらに、チームリーダー手当てというのもついて、洋服代も出る。毛皮を身につけて、ブランド物もよく着ていた」
まるで現在の“喜び組”報道を彷彿とさせる美人社員の抜擢エピソードが並ぶのだ。実際、当時の関連会社10社には、20〜30代中盤の女性が社長として就任している。
http://biz-journal.jp/2014/05/post_4990.html
反層化
2014/05/31 18:45
南部 靖之(なんぶ やすゆき、1952年1月5日 - )は、日本の企業家。パソナ創業者で、代表取締役グループ代表兼社長を小泉政権の総務大臣だった竹中平蔵をパソナ社の「取締役会長」及び「アドバイザリーボード」のメンバーとしている。
映画を制作するときのように、決まった期間だけ人やお金が集まり、終わったらぱっと解散する。僕はそれを「オーディション型雇用」と呼んでいる。正社員でいるとリストラや定年がある。フリーターのような立場なら本当の意味で一生涯の終身雇用が可能だ。だから今は不安定といわれているフリーターが安定した働き方になる。(「日本経済新聞」2005年10月21日付より)
パソナ南部代表が養う民主・前原グループ「落選10人組」
ASKA騒動が民主党にも飛び火している。ASKA(56)のスポンサーだったパソナグループの南部靖之代表(62)が、民主党の前原誠司元代表(52)から頼まれ、十数人の「民主党落選議員」を社員として雇い、大金を渡しているという話が一斉に広まっているのだ。
南部は創価学会員である、前原の妻は南部の秘書であった。
JCIA
2014/05/31 18:59
首相が叱責…ASKAの女に異常接近していた小野寺防衛相
こうなると、安倍内閣の閣僚は全員通ってたんじゃないかと思えてくる。パソナグループの迎賓館「仁風林」(東京都港区)。同社の南部靖之代表主催のパーティーに、田村憲久厚労相ら現職閣僚5人が出席したことをこれまでに伝えたが、小野寺五典防衛相(54)も“メンバー”だったことが日刊ゲンダイ本紙の調べで新たに分かった。覚醒剤使用でASKAが逮捕される直前まで通っていたようだ。
「二度と行かないように!」――ASKA事件がはじけた直後、安倍首相は小野寺大臣を呼びつけてこうクギを刺したという。パソナの迎賓館には安倍の“お友達”が何人も通っていた。小野寺が出入りしていたことは、すぐさまレーダーに引っ掛かったようだ。
野寺は宮城県職員から政治家に転じた。妻の父親が気仙沼市長などを歴任した地元政界の重鎮で、その地盤を引き継ぎ国政進出したが、威を借るわけでもなく、謙虚な真面目キャラに徹している。自民党の重鎮にも評判がよく、ある旧防衛庁長官経験者は「彼は安全保障をよく勉強している。将来の総理候補」と褒めていた。
薩摩隼人
2014/06/01 20:31
それがなぜ、政財界の怪しげな面々が集まる場所に顔を出すようになったのか。
「小野寺大臣の目的はASKAの“愛人”栩内香澄美だったそうです。栩内は青森出身で、小野寺大臣は宮城県出身。“同じ東北出身”をアピールして接近しようとしたけど、うまくいかなかったようです」(事情通)
シャブという武器を持っているASKA相手では、小野寺の“スクランブル”失敗も無理はない。
もっとも、妻子を仙台市内に残して単身赴任中の小野寺は独り身が寂しいのか、夜の世界は嫌いじゃないようだ。昨年5月、中国の潜水艦が沖縄・久米島の接続水域内に侵入して日中間に緊張が走った夜、銀座の和風キャバクラでホステスとのひとときを楽しむ様子を「週刊文春」に報じられた。
小野寺の国会事務所は「報道された容疑者と面識はございません」と栩内との関係を否定しつつ、「かなり以前に(仁風林に)伺ったことはありますが、最近はまったく伺っておりません」と回答した。
薩摩隼人
2014/06/01 20:35
北朝鮮との交渉は大変だと思うが、何故中国や韓国政府は拉致問題に無関心なのか?北朝鮮と裏で繋がっているからか?
大日本
2014/06/20 14:50
戦犯精神異常小杉辰男飯田俊之金山守今野余代小杉文子
ベストFAMサンエース合同アシストグルー...
2016/06/15 01:36

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

拉致事件“再捜査”の前哨戦…浮上した日朝交渉キーマン 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる