東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS パク・クネ告げ口外交始末記…「笑顔で握手」舞台裏の変

<<   作成日時 : 2014/03/27 22:29   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 56 / トラックバック 7 / コメント 10

靖国参拝から僅か3ヵ月で初会談が実現した。仏頂面の会見とは裏腹に会談の席でクネは安倍首相と笑顔で握手。告げ口外交と同時に告げ口報道も終りを迎え、運命の“慰安婦協議”が始まる。
画像

「2発の弾道ミサイルは朝鮮半島の東約500キロの日本海上に落下したと想定されるが、ミサイルの種類も含めて詳細は現在分析中だ」

菅義偉官房長官が官邸に入ったのは、午前7時前だった。日米防衛当局は、発射直後に中距離弾道ミサイルだと把握していたはずだ。首相不在の中、官邸を預かる最高責任者として対応は遅かった。
▼官邸に入る官房長官3月26日(JNN)
画像

朝鮮人民軍は3月26日、午前2時35分から42分にかけ、ノドンと推定される中距離弾道ミサイル2基を連射した。日米南3ヵ国首脳会談が始まった時刻とぴったり一致する。

発射ポイントは、平壌北部の粛川(スクチョン)。ここに弾道ミサイル発射施設が確認されていないことから、移動式発射台が用いられた可能性が高い。
▼ノドンの推定軌道(読売)
画像

北朝鮮は3月3日のスカッドC発射などミサイル連射モードに突入。それらは米南の野外戦術機動演習「フォールイーグル」に対抗するもので、毎年恒例“春のミサイル祭り”といった趣きだ。

しかし、ノドンの発射は、UN安保理決議1874・1695号や6ヵ国合意、果ては日朝平壌宣言に違反する。更に今回、北朝鮮当局は航行制限エリアの事前通知を一切行っていなかった。
▼移動式ランチャーのノドン'13年7月(共同)
画像

日本列島の大部分を覆うレンジ1,300kmのIRBMは、我が国にとって具体的な脅威に他ならない。PAC3が緊急展開するテポドン迎撃態勢と大きな開きがあることが気掛りだ。

「我が国の立場をしっかり主張する機会にしたい」

菅官房長官は、今月末に北京で予定される日朝局長級協議には支障がないとの方針を示した。この日朝協議の発表は、総連本部の売却先決定と重なった。
▼立ち退きを拒む総連本部1月(産経)
画像

躍動し始めた対朝鮮外交。水面下で何が動き出しているのか…

【親朝鮮派の妨害も逆効果】

「パク大統領、お会いできて嬉しいです」

共同会見の冒頭、安倍首相は矢庭に朝鮮語でパク・クネに呼び掛けた。総理の口から聞きたくない言語だが、これはオバマも予想しなかった“不規則”挨拶で、正に安倍首相の奇襲戦法だった。

安倍首相はオバマ越しに顔を向けたが、パク・クネは引きつった表情で下を向くだけの完全フリーズ状態。余裕スマイルの安倍首相とは対照的だ。今の両国関係を象徴するシーンでもある。
▼パクに呼び掛ける安倍首相(聯合)
画像

ハーグの日米南3ヵ国首脳会談は、約45分間だった。通訳を介していることから、それぞれの持ち時間は10分以下。テーマは北朝鮮対応などに限定され、歴史問題への言及はなかった。

「歴史はさておき」のケリー訪問で道筋が付けられたマルチ・テーブルだ。パク・クネが「謝罪と補償」を言い始めたら、沸点の低いオバマはその場でブチ切れたかも知れない。

「パク大統領が気にしている」
▼ソウルで暗躍する河村建夫3月25日(JNN)
画像

自民党の親朝鮮派・河村建夫は前日の25日、そう明かした。河野談話の検証結果で次第で新たな談話も有り得るとした萩生田光一総裁特別補佐の発言。パク・クネは外遊先で脊髄反射したという。

河村は新談話を牽制したつもりだったが、逆に南鮮側を追い込む格好になった。パク・クネは、初めての公式会談の席で、安倍首相に面と向って一言の抗議も出来なかったのだ。
▼記者会見に臨む安倍首相ら3月25日(読売)
画像

1年以上も延々と各国首脳らに向けて語った安倍首相批判。それが本人を目の前にして何も言わなかった事実は、インパクトが大きい。しかも、急に無口になったのはクネ独りではない。

メディアは報じないが、今回の3ヵ国会談には外通商部長の尹炳世(ユン・ビョンセ)も同席していた。クネ以上に各国との外相会談などで口汚い対日批判を続けてきた“過激派”である。
▼クネに同行する尹炳世3月24日(AP)
画像

ハーグ3ヵ国首脳会談での2人の沈黙。それは南鮮の誇る「告げ口外交」が座礁した瞬間だった。

【告げ口外交の自壊写真】

「記念館は、友好協力の象徴になる」

パク・クネは、そう感謝の言葉を述べた。核セキュリティ・サミット出席のためオランダに入ったクネは、現地時間の23日夜、真っ先に習近平と会談。ハルピン安重根記念館の開設に関して、媚を売った。

この時は、まだ勢いがあった。クネは翌24日、独の高級紙とのインタビューで慰安婦問題を持ち出し、「戦後ドイツに学べ」などと狂人目線で説教を垂れる。この時も、まだ勢いがあった。
▼習近平との会談3月24日(EPA)
画像

そして悲願の安倍首相との対面で、いきなり黙った。前夜、オランダ国王主催の晩餐会を「体調不良」でキャンセルしたのも、この為の布石だったのか…オバマ主役の共同会見は終始、具合が悪そうだった。

パク・クネの下手な演技にも見えた。安倍首相当人に何のクレームも出来なかった事実は、反日を主要“政策”にして支持率を稼いできたクネにとって大きな痛手だ。後で体調を言い訳にする気満々である。
▼日米南3ヵ国首脳の記者会見(共同)
画像

会見では報道陣から3人の握手ポーズを求められたが、応じることはなかった。その絵面は、支持率を低下を促すだけだ。クネは1月のダボス会議で安倍首相との握手すら拒絶する発言をしていた。

参照:日経新聞1月13日『日韓首脳会談は困難 朴大統領、ダボス会議で認識 「握手の問題ではない」』

ところが、意外なことが起こる。会談から数時間後、安倍首相と笑顔で握手するクネの写真が公開されたのだ。撮影したのは、南鮮・聯合通信のカメラマンだった。
▼会談場ではへつらうクネ3月25日(聯合)
画像

会談の冒頭か終了直後か、キャプション説明はないが、会談場内の撮影&ショット公開には3ヵ国の許可が必要となる。そして、この1枚は、青瓦台が積極的に公開を促したと考えるのが妥当だ。

クネ・スマイルは多少引きつっているにせよ、会見時の仏頂面・握手拒否とは別人。こんな支持率急降下+チキン呼ばわり確定の記念写真をオープンにした真意は何か…どうも読みかねる。

少なくとも、この1枚でクネの告げ口外交は破綻した。各国首脳に安倍首相の悪口を並べ立てても「本人に言ってくれ」で、ジ・エンド。路線変更を余儀なくされる決定的な証拠写真である。
▼ベルリンの壁跡を視察3月27日(AP)
画像

効果は早くも翌日に現れた。独メルケル首相との会談でクネは「告げ口」を封印。朝鮮紙はベルリンの戦争犠牲者施設視察に「日本批判の意味合いがある」と解説するが、苦し過ぎる弁明だ。

そして、クネの告げ口外交と一蓮托生の「告げ口報道」も終焉に向っている。

【告げ口報道の手の平返し】

アムステルダムに到着した安倍首相は3月23日午後、市内の運河沿いにある「アンネ・フランクの家」を訪れた。都内で確認された関連本の破損事案を踏まえ、足を運んだという。
▼アンネの家訪れた安倍首相(AP)
画像

「安倍首相の感動的な言葉と行動」

このお宅訪問を手放しで絶賛する者がいた。ユダヤ系圧力団体SWC副所長のクーパーだ。手の平返しの称賛ぶりが気色悪い。しかも、クーパーの賛辞を伝えたのは共同通信であった。

参照:共同通信3月25日『安倍首相のアンネの家訪問を称賛 ユダヤ系団体』

アンネ本の“事件”を最初に報じたのが共同通信だ。反日洗脳組織「日本図書館協会」からのリーク情報を元に2月20日、大規模な破損行為が続いていると掻き立てた。
▼激怒するSWCのクーパー13年7月(JNN)
画像

この情報を共同通信は直ちにロサンゼルスのSWC本部にぶつける。そして、SWC側は思惑通りに半狂乱で猛批判。安倍政権下で激化する告げ口報道の手法だ。

「ホロコーストの記憶を侮辱する組織的な試みだ」

SWCは、犯人像が絞り込めない中、組織犯と断定。これを皮切りに、反日メディアでは我が国の「右傾化」を軸にした妄想モードの批評が大量出現。海外メディアも同様の論調で“事件”を問題視した。
▼アンネの家で開かれた会見3月25日(AFP)
画像

昨年7月の麻生発言でも、SWCに告げ口して火にガソリンを注いだのが、共同通信だった。その際、共同の記者は、講演発言の全録ではなく、意図的な抄訳をSWC側に渡して反応を探ったと見られる。

そして懲りずに、アンネ本をめぐって再びSWCを焚き付けた。反日陣営は“事件”を「社会の病理」と捉えたが、容疑者確保で動機は、中二病的なアプローチによる「個人の病理」と判った。
▼アンネの家訪ねる安倍首相(AFP)
画像

SWCのクーパーは、2度も誤った情報で暴言を吐いたのだ。その失態を取り繕う為に、共同と連名形式で絶賛記事を作成したと考えられる。告げ口報道の大失敗。暫くは自粛気味になるだろう。

そもそもアンネと捏造慰安婦を同列にしたのは、パク政権だった。仏アングレーム漫画祭訪問後の2月2日、南鮮・女性家族部長が「アンネの日記」を例に慰安婦捏造話の「世界遺産登録」を呼び掛けたのが皮切りだ。
▼アングレームに乗り込んだ趙允旋1月(時事)
画像

安倍首相のお宅訪問は、都内の“事件”よりも南鮮の新プロパガンダを牽制する意味合いが強かったのではないか。そうであれば、これまでの日本外交には見られなかった攻撃的なスタイルである。

【対南鮮外交は通算勝率0%】

今回の3ヵ国首脳会談について、反日メディアは一斉に「忘れたふり」をしている。それは安倍首相とクネの初会談が、あの靖国神社参拝から僅か3ヵ月という猛スピードで実現したことだ。

安倍首相による昨年末の参拝で、反日メディアは「日韓関係に致命的な打撃」と声高に主張した。だが現実は逆で、信念を貫く果敢な行動が、米国と南鮮を揺さぶり、3ヵ国会談へと突き動かしたのだった。
▼防衛大で訓示する安倍首相3月22日(共同)
画像

核サミット開幕直前、外務省が南鮮との局長級協議で調整に入っていることが判明した。4月中旬をメドに協議をスタートし、議題には当然のように慰安婦問題が含まれるという。

「過去の慰安婦事業に対する韓国政府の不誠実な対応など、日本も主張したいことがある」

協議に応じた理由について、外務省幹部はそう語る。また菅官房長官は3月27日、「色々な懸案」と述べ、協議に竹島問題を含める意向を明らかにした。これも実に攻撃的な外交スタイルだ。
▼パク政権が強行した竹島演習10月(FNN)
画像

慰安婦問題に関して、日本政府は河野談話合作の証拠となる平成5年8月2日付の外交電文などをキープしている。歴史的な国会質疑と世論の高まりを背景に、これまでになく有利な状況にある。

だが、竹島問題を容認する度量の広さが、南鮮側にあるのか…そして、慰安婦問題でパク政権が求めているのは、国家による新たな謝罪と補償だ。落し所は初めから存在しない。
▼自称慰安婦の際限なき要求(file)
画像

「何をすれば最終解決になるのか教えてくれ」

野田政権下で密かに慰安婦問題を担当した外交官は、南鮮側にそう尋ねたという。挺対協がイニシアチブを握った後の政府間交渉だ。その問いに対し、南鮮側の担当官は、こう言い放った。

「自分たちで考えろ。我々は被害者であり、許すかどうかは我々が決める」

参照:読売新聞11月26日『決断せぬ韓国へ「疲れ」』(長島昭久公式HP保存用PDF)

外交交渉ではない。これは、被害者を騙る集団の恫喝・強請・タカリだ。河野談話の検証結果すら出ない中、慰安婦問題の協議が日本側に有利なペースで進むことは有り得ない。危うい香りが漂う。
▼ソウル入りした伊原純一局長2月(共同)
画像

外務省が対南鮮外交のハンドルを握ったのは、児玉誉士夫の没落後だった。そして、いきなり教科書誤報問題に巻き込まれ、ジャンピング土下座で幕引きをはかった。

以来、南鮮との交渉で外務省は連戦連敗なのだ。唯の一回も勝っていない。前人未到の領域に挑む安倍-斎木ラインに勝算はあるのか…
▼核サミットの安倍首相3月24日(ロイター)
画像

協議のテーブルで、日本側が南鮮の歴史捏造を糾弾するようなシーンがあれば、それは土下座外交の伝統を打ち破る大きな転換点となる。




最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参照:
外務省HP3月26日『日米韓首脳会談(概要)』

参考記事:
■産経新聞3月26日『日韓「慰安婦」で4月中旬にも局長級協議 「日本にも主張したいことがある』
■読売新聞3月27日『日韓局長級協議開催へ…「慰安婦」巡り議題調整』
■NHK3月27日『日韓局長級協議では領土問題含め懸案を』
■ロイター3月26日『北朝鮮ミサイル発射、極めて問題ある行為で厳重に抗議=官房長官』

■AFP3月26日『日米韓首脳会談、オバマ米大統領の仲介で実現』
■時事通信3月26日『3カ国安保協力は強化=歴史では妥協せず−韓国』

■AFP3月24日『安倍首相がアンネの家訪問、「歴史の事実と向き合いたい」』
■共同通信2月20日『アンネの日記、都内で破損相次ぐ 各図書館で200冊超』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 56
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
米軍中枢で大激論! 青山繁晴
3月26日のアンカー、「ニュースDEズバリ!」は、本当に必見だ。 ...続きを見る
風林火山
2014/03/28 01:38
元首相の裏切り 青山繁晴
青山繁晴が国民を裏切った元首相を叩き斬った。 ...続きを見る
風林火山
2014/03/28 01:39
茶話会のお知らせ
茶話会のお知らせ 在特会会員の皆様へ 在特会兵庫支部は基本的に三ノ宮定例街宣を中心に活動を展開してまいりましたが、行政交渉を含め、これからの活動をどのように展開していくか、今一度会員の皆さまとお食事をかねての意見交換会を開催したいと思います。とくに、今… ...続きを見る
反日ハンター seesaa猟友会
2014/03/28 20:27
「韓国のつけあがりを許すな、日本政府は早急に日韓断交を実現せよ! 街宣 in 元町」のお知らせ
韓国のつけあがりを許すな、日本政府は早急に日韓断交を実現せよ! 街宣 in 元町 先月の26日に日米韓首脳会談が行われ、北朝鮮の核開発やミサイル問題に緊密に連携して対処することを確認するといった内容で報道されておりますが、結局のところ表向きは連携を強化すると… ...続きを見る
反日ハンター seesaa猟友会
2014/03/28 21:15
【絶望の中韓】韓国、3回目の破綻へ秒読み 「反日路線」爆走で中国と心中か
【絶望の中韓】韓国、3回目の破綻へ秒読み 「反日路線」爆走で中国と心中か   夕刊フジ2014.03.28 . ...続きを見る
草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
2014/03/29 06:03
在特会からのお知らせ その195
★ 在特会各支部運営参加のお願い ★ ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 在特会会員の皆さまには日頃より当会の活動にご理解とご支援を賜りありがとうございます。すでにご承知の通り、当会は各地に支部を設置し行動する保守運動の浸透拡大を図っています… ...続きを見る
反日ハンター seesaa猟友会
2014/03/29 09:48
親日国パラオ ペリリュー島の戦い
アメリカからの独立後も、日本統治時代を懐かしみ、親日である美しいパラオ共和国。 ...続きを見る
風林火山
2014/03/30 02:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
安倍首相の「韓国は基本的価値と戦略的利益を共有する最も重要な隣国」との発言は多分にお世辞であったろうし、会談のお膳立てをしたオバマへの義理立てでもあったのでしょう。
私は日韓が基本的価値観を共有する間柄だとは思いません。それどころか生理的に相容れない間柄だとさえ思っています。
南鮮の告げ口外交が行き詰まっていることは確かでしょうが、これで終焉を迎えることはないでしょう。会談の後で訪問したドイツでもトーンは緩んだとはいえ反日ポーズは変わりませんでした。
身も心も反日教育に染まったパクでなくとも、誰が大統領になっても反日を唱えなければ票にならない国なのです。日本がお付き合いする相手であろう筈がありません。
【対南鮮外交は通算勝率0%】という事実は、我が国の対南鮮スタンスの見直しを求めている何よりの証左だと思います。
今こそ、「河野談話の見直し」などというみみっちいことではなく、「日韓関係の見直し」こそが喫緊の課題だと思うのです。

【追】総連ビルの今回の落札者は本モノだと信じています。今後総連の政治的駆け引きに惑わされることなく、スムーズに明け渡しが進むよう日本政府は毅然とした態度をとりつづけて欲しいものです。
風来坊
2014/03/28 09:13
>風来坊さま

メルケルとの会談で歴史云々とかの発言はあったようですが、確かにトーン低い…また、告げ口はセーブされても、反日は決して終わらないでしょう。それはクネ以降の大統領も変わらないかと。
RCCの債務回収処理は、他に類似ケースがなく、日本人が立て替えている朝銀の借金残額とか、よく分からない部分が多過ぎです。
アネモネ
2014/03/28 13:07
://twitter.com/kaminoishi/statuses/448315638394523648
井上太郎‏@kaminoishi
アイススケートのワールドカップが始まるようですが、アイススケート連盟が稼ぎ頭の数人には強引に出場するよう仕向けたそうです。引退をほのめかすことすら許されず、しばらくの休養も認められないようです。平昌五輪への資金協力も進められているようで、日本選手が南朝鮮の犠牲になっています。
13:29 - 2014年3月25日
反キムチ
2014/03/30 18:45
井上太郎 @kaminoishi
アイススケート連盟のワールドカップ収益や浅田真央ちゃん、高橋・羽生選手らの
CM上前はね収益は相当な金額になるそうですが、平昌五輪の協力資金として南朝鮮に助成されるようです。
スケート連盟のメインスポンサーはロッテであり、会長は南朝鮮からの帰化人です。文科省に行政指導求める抗議を!
スケート連盟、浅田真央らのCM上前はね収益を平昌五輪の協力資金として韓国に助成か
://twitter.com/kaminoishi/status/448717096747167744
井上太郎‏@kaminoishi
日本スケート連盟の件で少し間違って伝えられています。浅田真央ちゃんらのCMのギャラではなく、CM出演させるマネージメント料です。仮に一本2000万円でもギャラは低く、マネージメント料としてのピン撥ねが多いということです。ギャラを撥ねているのではありません。悪質は変わりませんが。
.co.jp/article/detail/44301277/
父親の不動産投資の尻ぬぐいか 日本で荒稼ぎを狙うキム・ヨナ
2014年03月28日 13時01分、週刊実話
反キムチ
2014/03/30 18:47
福沢諭吉「脱亜論」
日本の不幸は中国と朝鮮だ。
この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。
地球規模で情報が行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。
国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。
「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
日本人は今こそ、福沢諭吉の遺訓に従うべきである。
韓国は敵だ!直ちに断交せよ。
2014/03/30 18:56
韓国と会談しても、歴史問題で一切譲歩することなく、韓国に対するあらゆる支援は断る。戦後放置してきた在日朝鮮人の祖国帰還実現に向けた協議を始めて欲しい。まずは犯罪を犯した在日朝鮮人、生活保護でしか日本社会で生きていけない在日朝鮮人、反日言論をし、日本人と日本で強制していけない在日朝鮮人の国外追放を実行に移して欲しい。

日本への滞在を引き続き希望する在日朝鮮人の特別永住資格を廃止し、他の外国人と同様の処遇を与える。
日本人
2014/03/30 19:00
福沢諭吉の『脱亜論』は正しかった…。礼節を欠く国が隣国なのは日本にとって不幸極まりない=産経抄
▼礼節という言葉をすっかり忘れた国々がお隣なのは、日本にとって不幸極まりない。
かの福沢諭吉が、脱亜論を唱えたのも今となってはよくわかる。
しかも今年は甲午(きのえうま)に当たる。
▼120年前の朝鮮半島では、李王朝の苛政に農民が反旗を翻した「東学党の乱」が起きた。
これを機に出兵した日清両国はほどなく衝突、日清戦争が勃発したのが甲午の年だった。
干支を2回りして今また日中関係と半島がきな臭くなっている。
歴史は繰り返す、とは信じたくないが、万が一の備えだけはしっかりしておきたい。
福沢諭吉
2014/03/30 19:10
もう散々韓国は日本の名誉を傷つけることなどを世界に向けて発信済みだし、中国もドイツで捏造話を拡散させている。

もう日本はいくらオバマが日本の自重とかを求めて、韓国との関係改善を求めて来ても「韓国は日本にこれほどの嫌がらせやウソの告げ口をしている、日本にどうこう言うよりも韓国を非難してくれ」とはっきり安倍首相も言えないものなのか。
それは日中韓の北朝鮮問題などへの対応と別の話だと思うのですが。

言うべき事を言わないとウソが幅を利かせると思います。
AD
2014/03/30 19:25
朝鮮、パクウネの外交告げ口は、日本語では、股座膏薬またぐらこうやく、と言うが、漢字を読めない、朝鮮人には、無理かあ?あっちに媚び売り、こっちに媚び売り、と、まるで股に張った膏薬の如しペタペタくっ付く、股座膏薬外交と言う。もう100年以上も前からそう、清にロシアにアメリカに中国に媚び売り、へつらい尻尾を振る。此こそ・股座ら膏薬ー外交と言う。
馬鹿畝
2015/05/19 06:54
戦犯精神異常小杉辰男飯田俊之金山守小杉文子今野余代
ベストFAMサンエース合同アシストグルー...
2016/06/15 01:19

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

パク・クネ告げ口外交始末記…「笑顔で握手」舞台裏の変 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる