東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS 金正日の迂闊な裁可…映画でルーマニア女性拉致判明

<<   作成日時 : 2007/03/28 18:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 9

曽我さん夫妻が証言していたルーマニア女性拉致。現地新聞の取材で身元が判明した。その手掛かりとなったのは、余りにも意外なものだった。亡命米兵のドキュメント映画に映り込んでいたのは…
画像

3月27日、横田滋さんら拉致被害者家族会のメンバーが首相官邸を訪問。先の6ヵ国協議に出席した外務省の伊原参事官から、日本の立場を各国に伝えたことなどを説明した。

「日本が拉致問題を抱えていることを各国がどこまで理解しているのか、そのつど確認しながら交渉を進めてほしい」

田口八重子さんの兄・飯塚繁雄副代表は、このように述べて拉致問題が置き去りにされないよう釘を刺した。

飯塚副代表らは3月20日から25日までタイを訪れ、78年にマカオで拉致されたアノーチェさんの家族と連携を確認している。

「人をさらっていくのは、国家の指導者としてあってはならない。ひどい憤りを感じる。妹は健在だと信じている」

アノーチェさんの兄は、そう憤る一方で励ましを受けたことに「こんなに力強く思ったことはない」と答えていた。
アノーチェ・パンジョイさん(FNN)
画像

飯塚副代表らは、アノーチェさんの実家も訪れたが、部屋には衣服などがそのままの状態で置かれていた。

30年近くも手つかずになっているのだ…

家族会はタイ外務省高官とも会談。アノーチェさん拉致について北朝鮮と調査を求めたが、無視されているという。

タイ人拉致被害者アノーチェさんの存在は、2年前に出版されたジェンキンス氏の手記『告白』で浮かび上がった。

曽我ひとみさんも拉致されたタイ人女性が元米兵ラリー・アブシャと暮らしていたことを明かしていたが、手記には偶然に映り込んだアノーチェさんの写真も掲載されていた。
▽左端がアノーチェさん(FNN)
画像

さらに今月、曽我さん夫妻が証言していたルーマニア人拉致被害者の身元が明らかになった。それは余りにも意外な形での判明だった…

【ルーマニア紙のスクープ報道】

3月20日付けルーマニア紙『エベニメントル・ジレイ』は、北朝鮮に残存する元米兵の2番目の妻が、ルーマニア人芸術家ドイナ・ブンベアさんと確認されたと報じた。
▽ドイナさん(FNN)
画像

2005年5月の「救う会」による曽我ひとみさんジェンキンスさんへの聞き取り調査では「ドイナ」という姓しか判っていなかったが、今回、同紙の報道で、身元が完全に明らかになった。
参照:『エベニメントル・ジレイ』該当記事

記事によると、ドイナ・ブンベアさんは1970年、ブカレストの美術大在学中にイタリアへ渡航。ローマで美術を学んでいたという。その後、アーティストとなったドイナさんは78年、イタリア人からオファーを受ける。

「日本で展覧会を開かないか」

ドイナさんはその話に喜び、興奮した口調でルーマニアの両親に国際電話を掛けていたという。拉致されたのは、その直後だった。78年10月を最後にドイナさんは消息を絶っている。
▽画像:FNN
画像

行方不明となってから20数年、ルーマニア西部に暮らすドイナさんの弟ガブリエル・ブンベア氏の元に知人から連絡が入った。

「本に“ルーマニア出身の女性・ドイナ”という記述がある」

その本がジェンキンスさんの手記だった。今から約1年半ほど前のことだった。それは同時に、姉の死を仄めかす情報でもあったろう。
▽弟のガブリエル・ブンベアさん(FNN)
画像

曽我さん夫妻は「ドイナ」という名前の東欧女性が97年に癌で亡くなっていることも明かしてる。

しかし、2005年の段階では何の確証もなかった…

【休戦ラインを越えた最後の米軍兵】

北朝鮮に残る最後のアメリカ人として今年、脚光を浴びた人物がいる。

ジェームズ・ドレスノク、66歳。
▽画像:CBS『60ミニッツ』より
画像

1962年8月、ドレスノク二等兵は38度線を越えて北朝鮮に入域した。朝鮮戦争の停戦合意から9年後の平時だ。亡命の理由は、隊内で軍紀違反を問われ、自暴自棄になった為だったという。

現在よりも緊張度の高かったDMZをどうやって無事に越えたのか不明だが、そこには北朝鮮特有の何らかの情報工作もあったのではないか?

望んだ環境とは違ったのか、ドレスノクらは亡命後まもない66年には平壌のソ連大使館に駆け込む。しかし、あっさり拒絶…
▽若き日のドレスノク(CBS『60ミニッツ』)
画像

その後、北朝鮮当局に抹殺されることなく、従順な姿勢を示して延命している。ジェンキンスさんによれば、ドレスノクは“北の犬レベル”が高かったようだ。

再亡命失敗後は「革命の歴史や偉大な指導者の卓越した美点」を学習し、映画俳優としてもスクリーンに登場。北朝鮮制作の反米プロパガンダ映画『名もなき英雄たち』では、鬼畜米兵役を演じている。

1月末に放映された米CBSの人気番組『60ミニッツ』に登場したドレスノクは、インタビューでこう放言したという。

「自国にいるように感じる」「10億ドルを積まれても、帰国するつもりはない」

元俳優だけにカメラを前にした演技なのか、本心なのか?平壌で暮らすこの元米兵は、本気でそう思っているのかも知れない…

完璧な洗脳に自信があったからこそ、北朝鮮当局はドレスノクの外国映画出演にGOサインを出したのではないか。

【スポットライトは別人に当たった】

北朝鮮に拉致されたルーマニア女性ドイナ・ブンベアさんの弟ガブリエル氏は、北朝鮮を舞台にしたドキュメンタリー映画を鑑賞して確信を得た。

英国人ダニエル・ゴードン監督の『Crossing the Line(休戦ラインを越えて)』
画像

北朝鮮に亡命したドレスノクの半生を、インタビューを中心に構成した作品で、サンダンス映画祭にも出品されて話題になった。
参照:『Crossing the Line』公式サイト

ガブリエル氏が観たのは、映画の断片を紹介した『60ミニッツ』だったようだが、その一場面に登場したドレスノクの息子に、ショックを受ける。
▽妹のドイナさんと甥のガブリエル君
画像

その顔立ちが姉のドイナさんにそっくりだった。そして、名前は自分と同じガブリエル…

「目・鼻・唇が姉にそっくり。ギリシャ正教の信者だった姉は私をとても可愛がってくれました。それで恐らく自分の息子に私と同じ名をクリスチャン・ネームとして付けたのでしょう」(朝鮮日報)

映画に映り込んだ息子の面影から、北朝鮮の国家犯罪が明らかになった瞬間だ。

英国人監督の入国を認めて撮影を許可したのは、北朝鮮当局だ。最終的には金正日の裁可も受けただろう。

『Crossing the Line』の公式HPによると2年間の交渉の後、2004年6月から撮影を開始したという。
▽写真:同映画公式サイトより
画像

フィルムの中でドレスノクは北朝鮮を絶賛し、米国を口汚く罵っているようだが、何らかの宣伝効果があると期待したに違いない。しかし、それは拉致被害者を確定させる逆効果となった。

映画では亡くなった妻ドイナさんの詳細には振れていないというが、まさか、息子に母親の面影が残っていることまで想定していなかったのだろう。

北朝鮮当局、そして金正日も脇が甘かったな。

また、この事件には従来の拉致事案にない奇妙なバックグラウンドが存在する。

【ドイナさんの意外な素性】

ドイナさんが拉致された70年代は、もちろんルーマニアは共産国だった。そればかりかチャウシェスク大統領による独裁は、金親子の手本ともなる暗黒体制、密告社会でもあった。

菅直人の同志・辛光洙(シン・グァンス)もルーマニア滞在が長い。辛光洙は朝鮮戦争後の1954年に北朝鮮当局の意向を受けてブカレスト工業大学に入学。技師の資格を取っている。

ルーマニアは北朝鮮の友好国である。そして、その国家の軍隊もまた味方に等しかったろう。

ところが『朝鮮日報』によれば、ドイナさんの父親はルーマニア国軍の将軍クラスの大物だったという。決して貧しい家庭ではなかったようだ。逆に共産国家ではトップエリートの部類に入るだろう。
▽ドイナ・ブンベアさん(ANN)
画像

北朝鮮の工作機関は、拉致対象者の身元を丹念に調べ上げる。日本人拉致でも本人の特性に加え、家族の職業を確認していた疑いが濃い。ドイナさんの父親の役職に気が付かなかったはずはない。

北朝鮮は友好国の高級位軍人の娘まで拉致していたのだ。そこからは異常な背景も嗅ぎ取れる。ドイナさん拉致事件にはもう1枚ウラがあるのではないか…

敵国(日本)に潜入しての拉致も異常なら、友好国の軍人の家族を拉致することも常軌を逸している。

これまでにない特異なケースと言えそうだ。

【日本政府は完全バックアップせよ】

20日の拉致被害者確定を受けてルーマニア政府は、まだ公式なコメントを出していない。2005年にウングレアーヌ外相が北朝鮮側に口頭で回答を求めたものの返答はなかったという。

一方で、我が国はルーマニアに対して拉致問題での連携を重ねて求めている。

昨年11月、ウングレアーヌ外相が来日した際、それまでの情報を元に拉致問題を提起した他、今年1月の東欧歴訪でルーマニアを訪れた麻生外相が、緊密な連携を確認している。
▽日本・ルーマニア外相会談(日経新聞)
画像

また2月22日に都内で行われた日本・ルーマニア首脳会談では、安倍首相が拉致問題での協力を要請。同国のポペスク=タリチャーヌ首相は、こう表明していた。

「解決のため政治的、技術的な無条件の協力を約束する」
▽日本・ルーマニア首脳会談(官邸HPより)
画像

先月の段階では、ドイナさんの家族が名乗り出ることは想定されていなかっただろうが、一歩一歩積み重ねて行く外交の重要性が再確認される事態となった。

たいへん不幸なことに、曽我さん夫妻の証言からドイナさんの物故は確実と見られる。それでも拉致問題で国際的な関心を広げるにあたって、今回の身元判明は貴重だ。

家族会の増元事務局長が急遽ルーマニアを訪れて、実弟と面会することが決まったが、官邸も素早く動くべきであろう。日本に親族を招請して会見を開くなどバックアップする態勢を整えて欲しい。

拉致CMに1億円以上投じるよりも説得力があり、北朝鮮への強いメッセージとなる。

機密費とはこういう時にこそ使うものだ。


      〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1


参考記事:
『エベニメントル・ジレイ』該当記事(英語版)

デイリーNK『拉致被害者のルーマニア人女性は画家、ドイナ・ブムベア』

朝鮮日報3月22日『拉致:身元判明はジェンキンス氏の自伝がきっかけ』

朝鮮日報3月22日 『拉致:北朝鮮、1978年にルーマニア人女性を拉致』

朝鮮日報3月22日『ルーマニア人拉致:「平壌にいるおいに会いたい」(上)』

朝鮮日報3月22日『ルーマニア人拉致:「平壌にいるおいに会いたい」(下)』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
米国の慰安婦決議案は中国ロビーの成果
 米国でホンダ議員の提出しようとしている、慰安婦に関する対日決議案ですが、これは米国内の、中国ロビーの活動の結果でした。産経新聞より転電します。 ...続きを見る
ネトウヨのブログ
2007/03/29 01:08
米国の慰安婦決議案は中国ロビーの成果
 米国でホンダ議員の提出しようとしている、慰安婦に関する対日決議案ですが、これは米国内の、中国ロビーの活動の結果でした。産経新聞より転電します。 ...続きを見る
ネトウヨのブログ
2007/03/29 01:09
「アメリカが拉致問題に及び腰なワケ」
東京新聞(夕刊)2007年2月1日(2面) ...続きを見る
江戸摩呂日記 〜メディア千本ノック〜
2007/03/29 15:38
louis vuitton outlet
金正日の迂闊な裁可…映画でルーマニア女性拉致判明 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Denne artikel blev skrevet den pracise Men hvis du onsker at se relaterede artikler kan du se de oplysninger her:louis vuitton outlet,http://www.fortsask.ca/fortsask/lv.aspx ...続きを見る
louis vuitton outlet
2013/11/09 21:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
新潟がピンチだそうです。スペースお借りします。

『日本人限定、やめます』
職員採用の国籍条項、完全撤廃へ…新潟・上越市
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/947267.html?1175067544

新潟県は、外国籍でも公務員に受け入れる様です。テロリスト予備軍の北朝鮮人を日本の公務員に受け入れ、国家機密を流す気でしょうか?
日本人より外国籍を優先する、しかもスパイを・・・。しかも新潟と言えば、拉致された被害者がいる県です。
正気の沙汰とは思えません。(つづく)
新潟のピンチ
2007/03/28 19:30
(つづき)
こんな事が実際になれば、日本は終わりです。
中国、朝鮮からスパイが流れ込んでくるでしょう。個人情報も朝鮮・中国に筒抜けになります。
皆さん、新潟県に抗議メールを送りましょう!!!!

抗議の送り先
魚沼市:reference@gov.city.uonuma.niigata.jp
新潟市:joho@city.niigata.lg.jp
上越市:info@city.joetsu.lg.jp

日本の未来、子供の未来の為にご協力お願いします。

コピペ拡散お願いします。
新潟のピンチ
2007/03/28 19:30
>新潟のピンチさんへ

新潟県民の多くが、あれだけ『拉致問題』で神経を尖らせたというのに、
この『ノー天気』ぶりはナゼ???

ところで去年の11月に車が線路内に放置され、京王線が脱線した事故を引き起こした加害者が、本日書類送検されたニュースが流れたが、
これはどうもテロくさい気がする。
線路内で車がエンコしたならやもうえないが、
故障もしてない車をわざわざ線路内に置き去りにするドライバーはまずいないと思う。
この『韓国籍の女』の供述は、明らかにおかしい。
これに類するようなことが、日本では日常的に発生しているんじゃないか?
(つづく)
 
アサピー嫌い
2007/03/28 21:03
(つづき)

  ◎踏切侵入し、車放置して逃げた韓国籍の女(氏名非公表)を書類送検
           …京王線脱線事故
 去年11月に東京・杉並区の京王線の踏切内で電車と乗用車が衝突し電車が脱線した事故で、警視庁は26日、乗用車を運転していた40歳の女を書類送検した。
道路交通法違反などの疑いで書類送検されたのは、東京・江東区に住む韓国籍の女(40)。
調べによると、女は去年11月、杉並区の京王線の踏切内に乗用車を停止させるなどした疑いが持たれている。
女は踏切内に車を放置したまま逃げたため、直後に走ってきた電車が車と衝突し、
先頭車両が脱線する事故になっていた。
調べに対し、女は「カーナビに気を取られていたら踏切内に入ってしまった。
遮断機が下りてきて気が動転し、外に飛び出した」と供述している。
http://www.news24.jp/80278.html
http://www.news24.jp/80278.html
アサピー嫌い
2007/03/28 21:04
寝てしまってました。TBSやテロ朝視たかったです。(そんなに嫌いなら、視なきゃいいのに、私は典型的な負け組み、ですね。)何れにしても、TBSやテロ朝は、自分達が置かれている状況の自覚をすべきです。奴等は、『あの法則』適用されし者共。日本人が引き絞る「破邪の弓矢」の正面に在ります。そこへ、引き摺り出して来たのは、恐らくは目覚めた神々の見えざる手、何ちゃって。でも、TBSも、朝ズバ!に捏造があったみたいですね。フジのあるあるは汚い捏造。TBSのそれは綺麗な捏造。あの有名なキャスターなら、まじ言いそうで恐いです。誹謗が過ぎますね。自重自嘲。
ルーマニアって、北朝鮮と極めて仲の良かった国ではなかったですか?その国の高級軍人の子女も拉致ですか?ルーマニア政府とも、拉致で協力、共同歩調を取る安倍総理大臣って、何気に凄い総理大臣の様な気がします。皆、安倍総理大臣を見くびり過ぎ、馬鹿にし過ぎです。日本は、二代に渡って、(総理として)有能な政治家を得た様な気がします。安倍総理大臣って、周囲から小突き廻されふらふらしながらも、ちゃっかり為すべき事は済ましている。そんなイメージありますね。
神谷晃良
2007/03/29 02:32
上越市のそれは、現場の方々も危惧されて居る様です。恐らく陰では、朝鮮人共の集団での圧力恫喝行為がありそうですね。家族に対する暴行脅迫とか。帝国日本時代には、「朝鮮人取り扱いマニュアル」の様な物がって、朝鮮人と対立・争議する場合は、家族特に婦女子の貞操(強姦)には、十分注意すべし。と言うのがあったそうです。あと、家への放火とか。此処に出没する『私達日本人は』の輩の、厚顔無恥さを鑑みると、さもありなんの悪寒です。朝鮮人は、所謂「フリーライダー」なのですよ。綺麗な公園、消防ごみ収集、安全な治安社会。それらを今まで無償で只で享受させて来ました。しかし、それらに対する対価・費用(地方税他)を払えよ。と言ったら、それなら地方参政権よこせ、地方公務員にならせろ。と言い出して来た流れの様ですね。朝鮮人と竹島辺りで、国境戦の一つでもすべきかも知れませんね、本来は。『強制収容所・強制送還』。無理だわな。それより、不法に入国して、風俗店で性売買(売春)行為をしている韓国人女性が急増しているそうです。三万人突破とか。此れが従軍慰安婦だろうが!(怒髪天突)。大声で全世界に向かって、糾弾すべきです。
神谷晃良
2007/03/29 03:18
朝日新聞不売運動開始!!!! 4月1日より朝日新聞の不売運動を始めます。 模造した記事を書き、国民に事実を伝えない売国万歳の朝日新聞の新聞を買わないだけでいいです。 朝日新聞を購読している人がいれば朝日新聞の売国記事が日本を混乱させていると教えてあげ、購読を控えるように言ってあげましょう。 売国新聞、朝日に日本国民が鉄槌を振りかざしてやりましょう!!!!!!!!!!!!! これをコピーしていろんな掲示板に貼ってくれれば幸いです。ご協力おねがいします。 スペース失礼しました。
愛国者
2007/03/29 04:36
映画の一場面に出た男が姉の顔立ちにそっくりだった…金正日が幾ら隠し立てしても真実は暴かれる。
早速にルーマニアに行かれる増本氏のフットワークの良さには感心する。拉致問題の国際化を図るチャンスだ。日本政府にも迅速な対応を望む。

新潟のピンチさま
了解しました。早速抗議メールします。

愛国者さま
まだ朝日を購読していましたか?
自慢じゃないが私はこの40年来、自腹を切って朝日を読んだことはない…朝日にカネを払わないことが何よりのバッシングだと信じて。朝日を目にしなければ情緒が安定すること間違いなし。ネットでも見れるし、その気になればヒト様のものでも十分間に合う。40年間、不都合を感じたことはありません。
ごんべえ
2007/03/29 06:14
>新潟のピンチさま
素早い情報提供有り難うございます。大変な事態だ。背後関係を少々調べましたが、まだ決定的材料はなし…
>アサピー嫌いさま
総連捜索との関係も指摘されていますが、余りにも妙な事件。氏名はなぜ公表されないのか…
>神谷晃良さま
将軍クラスの娘とは韓国紙が軽く触れている程度。やや疑念もありますが、本当なら異常な事態。今後も注目して行きます。
>愛国者さま
次エントリの末尾で、不買に関するコメントを記しました。ご覧下さい。草の根的に何が出来るか、思案しています。
>ごんべえ様
写真をふたつ並べてみましたが、確かに鼻などがソックリ。ただ、欧米人の顔って東洋人が見ると同じように見えるのですよね。実弟の発言が最も重いですが。
アネモネ
2007/03/29 18:29

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

金正日の迂闊な裁可…映画でルーマニア女性拉致判明 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる