東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS 祝!天長節…サヨク学者が震えた天皇論

<<   作成日時 : 2006/12/23 03:45   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 13 / コメント 14

平成18年の天長節を迎えるにあたり、かつて左翼学者の間で交わされた天皇論を紹介する。そこには列島に刻まれた天皇と諸々の民の絆が解き明かされている。
画像

奉祝
画像

天皇陛下萬歳

12月23日、天皇陛下におかれては73歳の御誕生日を迎えられました。臣民のひとりとして心からお祝いの言葉を述べさせて頂きます。

天皇陛下の御誕生日を祝寿し、御長寿と皇国の益々の繁栄を祈願いたします。

〜國民歌『天長節』〜(明治27年)

今日の吉き日は大君の
うまれ給いし吉き日なり
今日の吉き日は御光(みひかり)の
さし出給いし吉き日なり
光遍(あまね)き君が代を
祝え諸人(もろびと)もろともに
恵み遍き君が代を
祝え諸人もろともに

〜作詞:黒川 真頼 作曲:奥 好義〜
参考:『天長節』(伴奏のみ)

【地に堕ちたサヨクの品格】

御皇室を中傷する寸劇の主催者『週刊金曜日』が天長節の前日、「読者のみなさまへ」として“謝罪文”を発表した。

社長・佐高信と編集者・北村肇の名義だ。

22日発表のおわび文 

鬼畜芝居については「人権およびプライバシー上、一部の表現に行き過ぎや不適切な言動があり」「誤解や不快の念を生じさせた」と言葉を濁している。

この“謝罪”は、読者に向けられた体裁だが、『週刊金曜日』を愛読するような鬼畜人に誤っても何ら意味がない。
佐高、北村をはじめ、筑紫哲也、本多勝一にいたるまで、両陛下に対する真摯な謝罪を要求する。

人間性の欠片が残っているなら誠意を見せよ。

また「タブー」という曖昧な表現を用いて、自己満足に過ぎない御皇室中傷を続けることは、今後、一切許されない。タブーを掲げるなら、本物のタブーに斬り込んでから発言すべきだろう。

一方、『週刊金曜日』事件で興味を引いたのが、老害サヨクと呼ばれる連中が、理論を放棄し、コントのような演出で国体攻撃を行ったことだ。

余りにも幼稚な手法で、敵として不足である。民族派が瞠目するようなハイレベルの議論が喪われたことを残念にさえ感じる。

かつての左翼人士は、真正面から国体問題を論議し、思想闘争に参戦していた。それらの『天皇論』をめぐる知的冒険は、民族派にとっても貴重なものだったろう。

その昔、2人のコミュニストによって戦わされた風変わりな『天皇論』の一部を紹介する。

会話がやや難解で取っ付きにくいが、導き出される結論はセンセーショナルだ。

【「国体」を英訳すると何になる?】

宗教学者・中沢新一が2年前に書いた『僕の叔父さん 網野善彦』の第三章は『天皇制との格闘』と題され、古い共産主義者が国体=天皇をどう捉え、悩んだかが記されている。

そこに2人のコミュニストが激論を繰り広げるシーンが登場する。

1人は網野善彦である。

網野善彦は、日本中世史の研究で、それまでの視点を大きく変える画期的な中世観を発表した歴史学者である。
その独自の歴史認識は衝撃を与え、「網野史観」と名付けられた。意外だったが甥の中沢新一によれば網野も当時は確信的なコミュニストだったという。

そしてもう1人は、中沢新一の父・厚だ。

中沢厚は日本共産党から除名されたのを機に、20数年間に及んだ政治活動を止め、農村で民俗学の研究に没頭していた。風変わりな知識人だが、徹底した共産主義者であった。

2人は中沢新一の祖父にあたる生物学者・毅一が残した『我国体の生物的基礎』にある奇妙な表現をめぐって天皇論をスタートさせる。

その論文では「国体」が本人の手による英訳で
country’s beingとなっていた…

通常は「国体」は「国家形態」として
the structure of a state
または national polity と訳され、
country’s beingを和訳すると「国の本性」となる。

孫の中沢新一は、「国体」には国家の構造を無理に形作る主体的・男性的な意味があるが、country’s beingとなると、日本の国土に充満する本性ないし霊性(sprit)のような受動的・女性的な意味に変貌する、と解説している。

そこに「天皇の本質」を明かす鍵があるのか…

論争で、父・中沢厚はこう語る。

「縄文時代以来のcountry’s beingという厚い土壌に天皇制は根を下ろした植物に過ぎない」

さらに「根は意外に浅い。その事実を隠蔽するために、さまざまな神話が動員されてきた」と説く。

それに対して網野善彦は独自の歴史観から、やんわりと否定していくのだ。

【天皇と直接つながった者たち】

「天皇がcountry’s beingに根を下ろすやり方が独特だったのです。天皇はいろいろな顔を持っています。律令制を支える官僚組織のトップにいるのも天皇ですし、穀物霊をお祀りする神主のトップに立つのも天皇です」

これはややステロタイプ的な歴史観で、対する中沢厚は「列島にはコメ作と関わりなかったヤクザや商人も多かった」と反論する。

ここから網野善彦の独自の歴史観が披瀝され、論争は意外な展開を見せ始める。

「日本人が米を食べるのが好きというのは神話ですからね。(略)農業でないもうひとつのcountry’s beingがあって、天皇はそこもみごとに支配していたんです。ヤクザや商人はその代表です」

この話を聞いて中沢親子も興奮し始める。網野善彦は続けて言う。

「country’s beingというのは一枚岩ではなく、(略)農業と非農業というふたつの要素があって、天皇はその両方をうまく支配していた。しかも、それぞれの支配のやり方が根本的に違っているようなんです」

非農業民を主人公に据えたのが網野史観である。

中沢厚は訊ねる。

「非農業民とは狩猟をしていた連中の末裔なのか」

「一概には言えません。山の民とか川の民と呼ばれれていた人たちも仲間ですし、海民などもその典型です。
また中世に諸職の民と呼ばれた職人も、非農業民に入ります(略)天皇はこういう連中からは、稲籾の形で租税を取るのではなく、山や川や海で採れる産物を、神様にたいするお供え物の形で、直接納めさせていました。

ですから、天皇と非農業民とのかかわりはダイレクトなものであって、あいだにいろいろな租税徴収請負人が立つ形で、間接的に天皇につながっていた農民とは、まったく違う感触をもって、天皇と関係していたんですね」

「すると、網野君はこう言いたいわけか。農民は保守的な心情で天皇とつながっているけれども、非農業民はもっとなんというか、生な、右翼的心情で結び合ってる、と。

網野君の言うとおりだとすると、今までこんがらがってよく分からなかった日本人の天皇制への心情が、きれいに解きほぐされていくかも知れないなあ」

“天皇制”が列島に下ろした根は浅いと断言していた中沢厚は次いで、こうつぶやく…

「しかしそうなると、天皇制の大地に下ろしている根は、思いのほか深いということにはならないかい…」

「そのとおりです」と網野は断言する。

「日本の農業がもっと解体してくるようになると、天皇制を支えてきた保守主義の部分はグズグズになってくるでしょうね。でも非農業民的なものは技術や商業に姿を変えて、むしろますます発展をとげつつあるわけです」

つまり、コメ作と天皇の結びつきだけではなく、職人的・技術者的な要素もまた国体と深く関係していると説いているのだ。

中沢新一は、こうした主張から、そうした人々は列島のもっと深い地層にまで繋がり、そこから日本型の資本主義もユニークな技術も生まれてきた…と補足している。

【山の民…逆転する非差別の構造】

2人のコミュニストが天皇論を戦わせたのは昭和40年代の初め頃だった。

特に政治活動を続けてきた中沢厚は、本気で国体を破壊し、共産国家を列島に誕生させたいと願っていただろう。当時の左翼は敵勢力を打倒する為に真剣に戦略を練り、研究を重ねていた。現在のカタカナ左翼とは質が違う。

この本の中で、網野善彦はコミュニストと定義されているが、唯物史観に毒された頑迷な共産主義者ではなかった。
画像

網野は後に後醍醐天皇を描いた『異形の王権』を世に送り、名声を博すが、その史観は左右両方から利用され、また非難されるといった複雑なものだ。

ただ、被差別団体を懐柔して味方につけた反天皇勢力にとっては、衝撃的だったようだ。

サヨクの一般認識では、天皇は身分制度の頂点に立ち、そのアンチとして非差別が存在するとしていた。

しかし、網野史観はまったく逆だ。

天皇の庇護者として非農業民や漂白の民が描かれている。定住を嫌って徳川体制から弾き出された山の民こそ、縄文時代から天皇とダイレクトに繋がっていた者たちだった。

非差別の歴史を見る時、この視点は画期的であったが、アカデミズムからは猛反発を受け、今も大きな脈にはなっていないようだ。

網野善彦は晩年になって数々の著作を出版した。全体像をコンパクトにまとめた一般書としては『日本の歴史をよみなおす』(ちくま学芸文庫)などがあるが、これでもまだ学術的である。

網野史観の信奉者で、しかもスリリングに活写したのが、歴史小説家の故・隆慶一郎だ。デビュー作の『吉原御免状』(新潮文庫)には、網野史観が判り易く説かれている。
画像

ネタバレになるが、主人公が後水尾天皇の御落胤という設定が痛快である。皇子がこれ程ヒロイックな活躍を見せる時代小説は類例がなく、愛国者にとっては堪らない英雄譚だ。

そこには網野が力説する非定住の民と天皇との不思議な絆が、活劇の縦糸として美しく縫い込まれている。

          〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1
************
【side story】
☆冒頭に掲げた画像を今年のものに差し替えました。産經Webサイトからの拝借です。(17:30)
日の丸の海が美しい…

今年は参賀できませんでしたが、小旗を配るボーイスカウトの皆さま方など、お疲れさまです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
天長節に思う
一般参賀に訪れた人たちに手を振る天皇、皇后両陛下 ...続きを見る
渡部昇一的ココロだー!!
2006/12/24 10:46
自分らの思い通りにならないからって清水寺の貫主にまで八つ当たりするなよ
12/19〜24の朝日川柳から(◇は選者のコメント)。 ...続きを見る
朝日歌壇鑑賞会【今週の作品】
2006/12/24 16:32
天長の日は和ましく
天長の 日は和ましく 笑み榮えむ世 彩れる空 天分けおほへ 貫き立つ冬を 守宮瀬に寝ず ...続きを見る
いろは 伊呂波 IROHA
2006/12/24 20:26
【まえがき】何故雅子妃殿下・東宮問題を論じるのか
ご承知の通り、今,雅子皇太子妃殿下への世論の風当たりが強くなってきています.同時に夫君であられる皇太子徳仁親王殿下,敬宮愛子内親王殿下に対しても同様の批判が目立ってきています. こうなってきたのは、2004年の皇太子殿下のお誕生日の記者会見での「雅子の人格やキャリアを否定するような動き・・・」発言以後のようです。一般の新聞やテレビでは表立って報じられていませんが、インターネット上や週刊誌ではかなり出てきています。 私自身もご皇室を崇敬しておりますが、東宮ご一家はどうしても崇敬できません。 その理... ...続きを見る
雅子皇太子妃殿下と東宮を憂う
2007/01/16 23:35
【続報】1月16日改題・加筆:雅子妃暴走を煽るプロ市民ら
★本稿更新継続中 旧題:主婦の日常生活のサイトなのに”皇室批判サイト”叩き・・・プロ市民か? その後の情勢推移に伴い改題しました. 1月16日付け続報を追記しました. 私はここを開設する前には方々のサイトにお伺いしていた. 本問題とそれに関する諸情報を一人でも多くの方に知っていただき,問題意識を持っていただいて,保守派に決起してもらうために. そうやってネットサーフィンする中で,去る 2007年1月3日, 気になるサイトを見つけた. http://blog.livedoor.jp/daily_d... ...続きを見る
雅子皇太子妃殿下と東宮を憂う
2007/01/16 23:37
ここは酷いベンチュリ効果ですね
タンカーに引き寄せられ衝突か 原子力潜水艦事故|米国|国際|Sankei WEB http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070114/usa070114000.htm ( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー と思っていたのだがこういうことらしい 海洋汚染情報 −海の事件簿−ペルシャ湾原潜海難 http://blog.canpan.info/maikohinako/category_26/ それでいいのか原潜w ...続きを見る
障害報告@webry
2007/01/17 23:00
【1月19日続報】雅子妃暴走を煽るプロ市民主婦,自作自演の末遂に閉鎖宣言
★本稿更新継続中 http://blog.livedoor.jp/daily_diary/ 先日以来お伝えしています,アットホームな主婦のサイトを装って雅子妃の暴走を煽る工作を行っていたプロ市民主婦のサイトですが,1月19日9時51分,ついにサイト閉鎖を宣言しました. そして同時にコメントを管理人承認制にし,私の反論まで封じ込めました. 管理人diary_diary氏は,去る15日,私の追及にサイト放棄を宣言しましたが,それに前後して先刻までに7つのHNが出現していました. 「はじめまして通りす... ...続きを見る
雅子皇太子妃殿下と東宮を憂う
2007/01/19 11:42
[1月25日]雅子妃の暴走を煽るプロ市民主婦diary_diaryの悪知恵
※字数制限のため独立しました※ 本稿も更新していきますので時々見てください. アットホームな主婦のサイトを装って雅子妃の暴走を煽る工作を行っていたプロ市民主婦diary_diaryのサイト 「日々の記録」 http://blog.livedoor.jp/daily_diary/ オープンの日は2006年9月22日19時27分「体のこと。」のカテゴリで「歯の治療」という記事でした. これはちょうと秋篠宮悠仁親王殿下ご生誕の直後です. (元記事は1月16日に証拠隠滅で削除されました.) そして, 天... ...続きを見る
雅子皇太子妃殿下と東宮を憂う
2007/01/25 21:47
雅子妃殿下と反日左翼のつながり
【この項は順次追記していきます】 なお,出所が不明確で文章でしか確認していないものはゴシップレベルと見なし記載しません. 1.何故チッソ江頭豊の孫が皇太子妃になれたのか? 「Taurosのインターネット案内」様の記事より18 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4444/surf18.html (記述における参考資料の出所が明記されるので引用させていただきました) 私は共産党は国賊と思うが,上記の疑念は尤もだと思う. 天皇家の血筋を一般庶民と同じような感覚で考... ...続きを見る
雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一...
2007/01/28 13:10
Oxycodone cr side effects.
Oxycodone hci cr. Buy oxycodone without a prescription. Oxycodone. ...続きを見る
Hydrocodone versus o...
2009/03/03 18:57
Ezetimibe.
Statin therapy with or without ezetimibe. Ezetimibe. Ezetimibe and market introduction. Medications with ezetimibe. ...続きを見る
Ezetimibe.
2009/03/23 03:45
Citalopram.
Citalopram side effects. Citalopram. ...続きを見る
Citalopram.
2009/04/02 04:14
louis vuitton outlet
祝!天長節…サヨク学者が震えた天皇論 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,E?er burada bilgileri goruntuleyebilirsiniz ilgili makaleler gormek istiyorsan?z bu makalede, Ancak tam yaz?lm??t?r:louis vuitton outlet,http://www.fortsask.ca/fortsask/lv.aspx ...続きを見る
louis vuitton outlet
2013/11/09 22:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
いやいや興味深くよませていただきました…ここのサイトのブログ群はほんとに勉強になります。
2PAC
2006/12/23 05:23
中沢氏のこの書は未読でした。網野善彦の名前で敬遠してしまいました。しかし、ご紹介いただいたような内容なら読む価値ありですね。
中沢氏の立場も微妙ですが、個人的には愛読しています。アネモネさんもきっとそうでしょうね。宗教学と文化人類学の二つの武器もすごいし、また文体がすばらしいですからね。あれっ、もしかしてアネモネさんのチベットは中沢氏経由ですか?
マルコおいちゃん
2006/12/23 05:55
少し前、石原新太郎(都知事)が東京MXテレビ(?)で…
「網野善彦をコミュニストだ、過激派だ、という連中がいるが、ちょっと違うよ」と発言したことがありましたが、「ああ、この事だったか」と思い出しました。
多馬
2006/12/23 11:30
週刊金曜日のお詫び文はお詫びになってない。彼らの口から「言論・表現の自由は、民主主義社会の存立・発展のために、他の諸権利に優位するものとされています」とは、聞きたくない。
今日の天皇論、勉強になりました。
細野史観が反天皇勢力を震え上がらせたと言う点、納得です。
ごんべえ
2006/12/23 13:07
いつもながら大変興味深い記事ありがとうございます。
故・隆慶一郎氏の作品はどれも大変面白く読後の爽やかさは素晴らしいものがあり、へこんでいる時に読むと元気になれる程です。
既出の「吉原御免状」は「影武者徳川家康」と合わせて読むのがオススメです。
他には「花と火の帝」も素晴らしいです。
「帝」への畏敬の念がますます高まります。
松浦武士
2006/12/23 14:07
>2PACさま
このサイトとは、政治ランキングのことかな…どれも参考になる意見があって良いですね。全般的に問題が網羅されていますし。
アネモネ
2006/12/23 17:13
『虹の階梯』一冊だけを抱えてインドに行った記憶が…
今回紹介した『僕の叔父さん』はやや網野史観解説としても中途半端で余りお薦めではありません。『悪党的思考』の方がベターです。中沢新一は守備範囲からややそれた著作の方が面白いですね。批判も多い人ですが、文章の巧さは小林秀雄並みで、惚れ惚れする表現があって、感心したりします。
アネモネ
2006/12/23 17:19
>多馬さま
石原都知事も網野ファンなんでしょうね。一般的な左翼とは違うと言いたかったのでしょう。中世史なので、余り「左右」とは関係なく評価されるべきと思います。
アネモネ
2006/12/23 17:22
>ごんべえ様
昔の左翼は深く考えて痛んだなあ、と感じます。『金曜日』の連中はサヨクでもなく反日ファシストという呼び方がしっくりきますね。今回も恥の上塗りをしています。
アネモネ
2006/12/23 17:24
>松浦武士さま
『影武者〜』も網野好きのキャラが相登場して面白いですね。仰せの通り、合わせて読むと深みがでます。『花と火の帝』には、後水尾天皇が英雄として描かれていて、これを読んだだけで熱烈な天皇ファンになりそう。クライマックス直前で急逝されているのが、残念…余りに惜しい。
アネモネ
2006/12/23 17:29
うむー そうですか。
今日も読ませるなー。

それにしても(このランキングの)皆様の評論は 甲乙つけがたいです。
アネモネ様 憂国日記(仮名)でも出版されたら購入しますよ。
駱駝
2006/12/23 18:22
>駱駝さま
お誉めの言葉、有り難うございます。
ランキングから巡回すると色々なニュースが網羅されているので参加している当人も楽しみです。
アネモネ
2006/12/24 03:33
いやー、勉強になりました。普段から、何かもやもやしていたものが、少し晴れました。私は、神社信仰と言うものは、誰でも何でも神様に奉って、拝んでしまう信仰心だと思っています。『八百万の神』の世界。誰でも神様になれる「平等」の世界観の信仰心。その信仰心の最高神官が、天皇陛下。共産主義者がどうして、天皇と言う存在を否定するのか?矛盾していないのか?と思えて仕方が無かったのです。しかし、『週刊金曜日』。彼等が同時に主張していた、共謀罪・憲法改正・教育基本法改正全て反対。が、如何に的が外れているかが伺えます。
神谷晃良
2007/01/06 22:59
>神谷晃良さま
連中は日本文化の破壊を意図していますが、そう簡単にはいきません。深い根っこに繋がっているというのが網野説です。ある程度の知識人は思想を放棄したものの一番俗っぽい連中が『週刊金曜日』のシンパですね。ただし、まだまだ声が大きいだけに危険な存在です。
アネモネ
2007/01/07 03:23

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

祝!天長節…サヨク学者が震えた天皇論 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる