東アジア黙示録  

アクセスカウンタ

zoom RSS 尖閣諸島に再び“侵犯船”…TBSの売国報道を糾す

<<   作成日時 : 2006/10/24 01:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

我が国との融和ムードを演出する一方で中共は尖閣諸島侵入を目指す香港人グループにお墨付きを与えた。不法上陸を二度と許さない為にも断固たる処置が必要だ。そして注目すべきは、それを報じるTBSの言葉遣いだ…
画像

【中共の二つの顔】

最も過激な反日組織と呼ばれる「香港保釣行動委員会」の漁船が22日に尖閣諸島に向けて出航した。早ければ25日未明にも領海を侵犯し、魚釣島に接近する恐れがある。

小泉前首相の靖国神社参拝に合わせて、今年8月にも台湾の「保釣行動小組」の漁船が尖閣諸島に接近し、追い払われたことは記憶に新しい。

その時も「香港保釣行動委」は連携し、香港からも漁船を出そうと計画していたが、直前に漁船が差し押さえられ、出港できなかった。

中共政府が圧力をかけて出港を防いだと一般的には見られている。

小泉参拝で険悪なムードが漂う中で、北京は敢えて反日行動を封じたのだ。
しかし、先の日中首脳会談で融和ムードを醸し出す中で、一転、中共政権は反日組織を鉄砲玉代わりに使ってプレッシャーをかけようとしている。

中共の二面性を如実に示すものだろう。

今回の動きに対して、大陸在住のシナ人メンバーが9人が出国禁止になった事から、中共当局は関係改善を意図した措置を取ったとの見方がある。

しかし、中共当局は強硬な姿勢を崩していない。外交部は22日の報道官会見で「中国側の人員に危害を加えたり、 船舶の安全を脅かさないよう求める」と強く牽制している。

【大掛かりな反日侵犯船】

「香港保釣行動委」が組織した今回の行動は、かなり大掛かりだ。漁船に乗り組んでいるのは総勢20人以上。その中には、香港メディアのカメラクルーも含まれている。

尖閣諸島に近い海域で必ず起こる日本側治安機関との押し問答を映像に納めるの為のものだが、真の目的は、故意に深刻なトラブルを引き起こしたうえで編集・加工し、今後の反日材料に使用することだろう。

海保は策略に引っ掛かってはならない。

また、今回も「台湾保釣行動小組」と連携し、尖閣諸島近くで合流する予定としていたが、計画には狂いが生じているようだ。

8月の抗議行動では台湾当局が強く警戒して事前に尖閣付近への接近を禁じ、罰金を科す旨を通達していた。今回、台湾当局は漁船の持ち主がグループに貸さないよう圧力をかけているという。

さすが台湾。不当な抗議活動に対し、先回りして牽制してくれる。

【ガス田盗掘と連動する抗議活動】

そもそも尖閣諸島問題など存在していない。

それが我が国のスタンスであり、今後も問題視しないことが重要だ。しかし、中共の戦略を甘く見て、ソフトな対応を取ってはならない。

まず、尖閣諸島への実力抗議が白樺ガス田の盗掘作業とセットになっている事実を認識する必要があるだろう。

中共側は日本の動きに対する反発と主張しているが、言い掛かりだ。
画像

90年代にあった日本青年社による尖閣諸島・北小島での灯台建設(魚釣島灯台は78年建設)や、97年の西村慎吾議員の上陸などは最近の抗議行動とは無関係と言っていい。

過激な行動が起こった背景は、2003年暮れに福建省アモイで「世界華人保釣フォーラム」が中共の肝いりで開かれ、「中国民間保釣連盟」が結成されたことだ。

長い歴史などないのだ。
画像

「保釣運動」は単純に東シナ海のガス田盗掘とセットになるものだ。

中共が白樺(春暁)ガス田の本格開発に着手したと判明したのは2004年6月。

その直前にアモイで連盟が結成され、更に結成から僅か1ヵ月後の2004年1月に抗議船2隻が魚釣島に接近。

そして2ヵ月後の3月に活動家7人が魚釣島に不法上陸している。純民間の組織がこれほど素早い動きを繰り出せる筈がない。

中共が東シナ海を“争いの海”に変え、日本に揺さぶりをかけたことは明白だ。それ故に、我が国の政府はより強硬に対処する必要がある。

【不法上陸者は厳罰に処せ】

2004年3月に起きた不法上陸事件は、我が国の沿岸治安機関の隙を突いたもので、対応にも乱れが出てしまった。
画像

浙江省温州の港から出た活動家7人は途中で大型船から手漕ぎボートに乗り換え、夜陰に乗じて魚釣島への侵入、五星紅旗を打ち立てる。
画像

そのリーダーが2001年に靖国神社の狛犬に落書きをした人物(馮錦華)だったことは有名だ。

沖縄県警は、こうした不敬なテロリストが率いた集団であることを知りながら、逮捕後に送検せず、強制送還で済ませてしまった。

これが逆だったら大変な犯罪だろう…

例えば、北京で毛沢東の肖像を汚し、更に団体を組織して不法侵入をした日本人がいたとしたら、即日銃殺刑である。

外交に配慮する必要はない。甘さを微塵でも見せてはならない。

今回の侵犯船の乗員にしても日本当局が軽微な対処方針で臨んでいることを承知している。

手ぬるい対応は、今後も新たな侵犯船を招き込むだけだ。

【TBSの暴言を許すまじ】

8月に台湾の漁船が尖閣諸島に接近した際、TBSの報道は最悪の反日表現を用いていた。関連のニュースで、こう伝えたのだ。

「日本と中国、そして台湾が領有を主張する尖閣諸島に…」

何たることか。

尖閣諸島は我が国固有の領土であり、他国にも領有権が存在するかのような報道は許されない。TBSの表現は売国・反日の域を越え、国家に挑戦状を叩き付けるようなものだ。

その時のニュースは、本編のVTRを沖縄の系列局が作り、TBSのアナウンサーが前ふりをしていた。

専門的な表現だと、報道番組でニュース項目の初めにアナウンサーが顔出しで伝える部分を「リード」と言う。その後、画面がVTRに切り替わった部分は「本編」。

この「リード」部分は在京のキー局が勝手に表現を変更できる。その為、尖閣諸島をめぐる表現の文責はTBSの報道局長にあると断定できる。今、最も反日的なマスコミ幹部のひとりがTBSの金平茂紀報道局長だと指摘しておこう。

前回は録画できなかったが、今回は証拠に録画する。TBSには抗議をしないが、BROに通報するから金平は心しておけ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
みんなのしらない 沖ノ鳥島!
沖の鳥島ってどんな島でしょう? 一度は名前を聞いたこともあるはずの・・・あの島です たま〜に話題に上がる沖ノ鳥島 無人島なのに・・・アレやアレのある面白い島 沖ノ鳥島を覗いてみてください! ...続きを見る
沖ノ鳥島 知らないことあれこれ・・・
2006/11/10 22:39
louis vuitton outlet
尖閣諸島に再び“侵犯船”…TBSの売国報道を糾す 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,?????????????????????????? ???????????????????????????????????????????????????????????????????:louis vuitton outlet,http://www.fortsask.ca/fortsask/lv.aspx ...続きを見る
louis vuitton outlet
2013/11/09 22:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Links

尖閣諸島に再び“侵犯船”…TBSの売国報道を糾す 東アジア黙示録  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる